火曜日, 4月 18, 2017

平成文学年表

年号小説・詩歌・戯曲 批評         社会動向・文学事項  
1989 
(昭・64
/平・元)

4「アジアという鏡」(川村湊・思潮社)
6「探究Ⅱ」(柄谷行人・講談社)
7「宮沢賢治」(吉本隆明・筑摩書房)
1 昭和天皇崩御

6天安門事件


11 ベルリンの壁崩壊
12 米、パナマ侵攻
12 ルーマニア、チャウシェスク政権崩壊
1990 
(平・2)
1 「文学部唯野教授 」 (筒井康隆・岩波書店 ) 6 廣松渉 『今こそマルクスを読み返す 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》
1991 
(平・3)
鈴木光司 『リング 』 →映画化 ( 9 8 ・ 1 ) 10 山下悦子 『マザコン文学論 』 (新曜社 )2 文学者の反戦声明 
3 浅田彰 ・柄谷行人編 『批評空間 』 (福武書店 )創刊 ▼第 Ⅰ期 ( ~ 9 4 ・ 1 )
 4  Représentation(筑摩書房 )創刊 ( ~ 9 3 ・ 4 ) ▼編集 =高橋康也 ・蓮實重彥 ・渡邊守章
1992 
(平・4)
9「石の聲」(李良枝・講談社) 1 小林よしのり 「ゴ ーマニズム宣言 」 ( 『 S P A ! 』 )連載開始 ( 〜 9 5 ・ 8 )
6 丸山眞男 『忠誠と反逆 』 (筑摩書房 )
4 尾崎豊死去(4・25)
8 中上健次死去(8・12)
1993 
(平・5)
 3 「貨幣論 」 (岩井克人・筑摩書房 )
1994 
(平・6)
9 「姑獲鳥の夏」(京極夏彦・講談社)12 大江健三郎ノーベル文学賞受賞講演 「あいまいな日本の私 」 1 0大江健三郎がノ ーベル文学賞受賞 
1995 
(平・7)
1 加藤典洋 「敗戦後論 」 ( 『群像 』 )1 阪神・淡路大震災(1・17)
3 地下鉄サリン事件(3・20)
10 新世紀エヴァンゲリオン放映(10~'96・3)
11 ジル・ドゥルーズ死去(11・4)
1996 
(平・8)
8 くっすん大黒(町田康・文學界)5 岡田斗司夫 『オタク学入門 』 (太田出版 )『思想の科学 』 (思想の科学社 )休刊 ( 4 6 ・ 5 ~ )
『現代思想の冒険者たち 』全 3 1巻 (講談社 )刊行開始 ( 〜 9 9 ・ 3 ) 

1997 
(平・9)
3 浅田彰監修 『マルチメディア社会と変容する文化 』 ( N T T出版 )
 → 2 ( 9 8 ・ 3 ) ・ 3 ( 0 0 ・ 3 )
7 宮崎駿監督作品、もののけ姫公開
12 伊丹十三死去
12 星新一死去 
1998  
(平・10)
1 飛魂(多和田葉子・群像)
8 日蝕(平野啓一郎・新潮)
10 「存在論的 、郵便的 」 (東浩紀・新潮社 )5 ドキュメンタリー「A」上映
9 黒澤明死去(9・6)
1999  
(平・11) 
7 渡部直己 『不敬文学論序説 』 (太田出版 ) 
2000 
(平・12)
12 「取り替え子」(大江健三郎・新潮社)1  「可能なるコミュニズム 」(柄谷行人編・太田出版 )
4 「作家の値うち」(福田和也・飛鳥新書)
4 「映画の世紀末」(浅田彰・新潮社)
11 「 N A M原理 」 (柄谷行人他・太田出版 )

6 NAM設立(~'03・1)
2001 
(平・13)
11 「インストール」(綿矢りさ・河出書房新社)
5 高橋源一郎 『日本文学盛衰史 』 (講談社 )
7 岡﨑乾二郎 『ルネサンス経験の条件 』 (筑摩書房 )
9 「スロー・イズ・ビューティフル」(辻信一・平凡社)
10 「トランスクリティーク 」 (柄谷行人・批評空間社 )
11 動物化するポストモダン 」(東浩紀・講談社 ) 
9 9・11事件
2002 
(平・14)
9 「海辺のカフカ」(村上春樹・新潮社)4 米沢嘉博 『藤子不二雄論 』 (河出書房新社 )
4 柄谷行人ほか 『必読書 1 5 0 』 (太田出版 ) 
11 
小熊英二 『 〈民主 〉と 〈愛国 〉 』 (新曜社 ) 
2003 
(平・15)
11 蛇にピアス(金原ひとみ・すばる) 5 絓秀実 『革命的な 、あまりに革命的な 』 (作品社 )2  NAM解散
2004 
(平・16)
 5 浅羽通明 『ナショナリズム 』 『アナ ーキズム 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》
2005 
(平・17)
3 「半島を出よ」(村上龍・幻冬舎)3 佐藤優 『国家の罠 』 (新潮社 )
5 中沢新一 『ア ースダイバ ー 』 (講談社 )

5 鈴木謙介 『カ ーニヴァル化する社会 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》 
1 1柄谷行人 『近代文学の終り 』 (インスクリプト )
5 『季刊 a t 』 (オルタ ー ・トレ ード ・ジャパン )創刊 ( ~ 0 9 ・ 4 )
2006 
(平・18)
9 「玉砕」(小田実・岩波書店。1998年新潮社版の再編集)
9 「浅井健一詩集」(Sexy Stones。2002年に続く3冊目)
12 イ ・ヨンスク 『 「国語 」という思想 』 (岩波書店 )
2007 
(平・19)
6 「虐殺器官」(伊藤計劃・早川書房)3 東浩紀 『ゲ ーム的リアリズムの誕生 』 (講談社 )
3 雨宮処凛 『生きさせろ ! 』 (太田出版 )
7 小田実死去(7・30)
2008 
(平・20)
4 湯浅誠 『反貧困 』 (岩波書店 ) 《岩波新書 》『思想地図 』 (日本放送出版協会 )創刊 
6 土本典昭死去(6・24)
9 リーマン・ショック
2009 
(平・21)
5 「眼の奥の森」(目取真俊・影書房)
5 「1Q84」(村上春樹・新潮社~'10・4)
11 「天地明察」(冲方丁・角川書店)
12 「クウォンタム・ファミリーズ」(東浩紀・新潮社)
7 佐々木敦 『ニッポンの思想 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》
7 毛利嘉孝 『ストリ ートの思想 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》
11  内田樹 『日本辺境論 』 (新潮社 ) 《新潮新書 》
11 津田大介 『 T w i t t e r社会論 』 (洋泉社 )
『 a tプラス 』 (太田出版 )創刊 
2010 
(平・22)
9 きことわ (朝吹真理子・新潮)

11 「下町ロケット」(池井戸潤・小学館)

12 苦役列車(西村賢太・新潮)
1 Any:建築と哲学をめぐるセッション―1991~2008 (磯崎新, 浅田彰 )

6 「世界史の構造」(柄谷行人・岩波書店)
2011 
(平・23)
10 共喰い(田中慎弥・すばる)國分功一郎 『スピノザの方法 』 (みすず書房 ) 
8 上野千鶴子 『ケアの社会学 』 (太田出版 )
9 古市憲寿 『絶望の国の幸福な若者たち 』 (講談社 )
12 東浩紀 『一般意志 2 ・ 0 』 (講談社 )
『思想地図 β 』 (コンテクチュアズ →ゲンロン )創刊 ▼全 5冊 ( ~ 1 3 ・ 1 1 )
3 3・11大震災
7 小松左京死去
2012 
(平・24)
9 渡部直己 『日本小説技術史 』 (新潮社
1 1柄谷行人 『哲学の起源 』 (岩波書店 )
3 吉本隆明死去(3・16)
 12 山中伸弥教授、iPS細胞でノーベル生理学・医学賞受賞
2013 
(平・25)
2 想像ラジオ(いとうせいこう・文藝10 「動きすぎてはいけない 」 (千葉雅也・河出書房新社 )
2014 
(平・26)
 6 蓮實重彥 『 「ボヴァリ ー夫人 」論 』 (筑摩書房 )9 宇沢弘文死去(9・18)
2015 
(平・27)
2 火花(又吉直樹・文學界)
3 スクラップ・アンド・ビルド(羽田圭介・文學界)
大澤聡 『批評メディア論 』 (岩波書店 )7 鶴見俊輔死去(7・20)
2016 
(平・28)
2  佐々木敦 『ニッポンの文学』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》
 2 佐藤嘉幸 ・田口卓臣 『脱原発の哲学 』 (人文書院 )
10 ボブ・ディランにノーベル文学賞(12 授賞式)
2017 
(平・29)
4 加川良死去(4・5)
2018 
( ・)

2019 
( ・)
2020 
( ・ )
2021 
( ・ )
ーーー
年表現代日本の批評 1 9 8 9 2 0 0 1作成 │大澤聡月トピックス

1989
 2小倉千加子 『松田聖子論 』 (飛鳥新社 )ねじめ正一 『高円寺純情商店街 』 (新潮社 ) 3島弘之 『 〈感想 〉というジャンル 』 (筑摩書房 ) 『明治文學全集 』全 1 0 0巻 (筑摩書房 )完結 ( 6 5 ・ 2 ~ ) 4宮台真司 『権力の予期理論 』 (勁草書房 )江藤淳 『リアリズムの源流 』 (河出書房新社 )吉本隆明 『ハイ ・イメ ージ論 Ⅰ 』 (福武書店 ) → Ⅱ ( 9 0 ・ 4 ) ・ Ⅲ ( 9 0 ・ 4 )高橋源一郎 『文学がこんなにわかっていいかしら 』 (福武書店 )鷲田清一 『分散する理性 』 (勁草書房 )鷲田清一 『モ ードの迷宮 』 (中央公論社 )蓮實重彥 『小説から遠く離れて 』 (日本文芸社 ) 5大塚英志 『物語消費論 』 (新曜社 )大塚英志 『少女民俗学 』 (光文社 ) 《カッパ ・サイエンス 》川村湊 『アジアという鏡 』 (思潮社 )竹田青嗣 『夢の外部 』 (河出書房新社 ) 6柄谷行人 『探究 Ⅱ 』 (講談社 ) 『 S A P I O 』 (小学館 )創刊 7江藤淳 『昭和の文人 』 (新潮社 )吉本隆明 『宮沢賢治 』 (筑摩書房 )渡部直己 『読者生成論 』 (思潮社 )蓮實重彥 ・三浦雅士 ・浅田彰 ・柄谷行人 「共同討議近代日本の批評 」 ( 『季刊思潮 』 )開始 『季刊都市 』 (都市デザイン研究所 )創刊 ( ~ 8 9 ・ 1 1 ) 8江藤淳 『閉された言語空間 』 (文藝春秋 )上野千鶴子 『スカ ートの下の劇場 』 (河出書房新社 ) 9浅羽通明 『 「逆襲版 」ニセ学生マニュアル 』 (徳間書店 ) →死闘篇 ( 9 0 ・ 1 0 ) 1 0鈴木貞美 『 「昭和文学 」のために 』 (思潮社 )高橋源一郎 『ペンギン村に陽は落ちて 』 (集英社 )

1 2大塚英志 ・中森明夫ほか 『 Mの世代 』 (太田出版 )福田和也 『奇妙な廃墟 』 (国書刊行会 ) 『別冊宝島 1 0 4 「おたくの本 」 』 ( J I C C出版局 )

1990
 1筒井康隆 『文学部唯野教授 』 (岩波書店 )加藤典洋 『日本風景論 』 (講談社 ) 『 i m a g o 』 (青土社 )創刊 ( ~ 9 6 ・ 1 2 ) 3蓮實重彥 『饗宴 I 』 (日本文芸社 ) → Ⅱ ( 9 0 ・ 5 ) ▼対談集日本文藝家協会が永山則夫死刑囚の入会を拒否 →筒井康隆 ・中上健次 ・柄谷行人らが退会 ( 9 0 ・ 5 )同時代ライブラリ ー (岩波書店 )創刊 ( ~ 9 8 ・ 7 ) 4大澤真幸 『身体の比較社会学 Ⅰ 』 (勁草書房 ) → Ⅱ ( 9 2 ・ 9 )子安宣邦 『 「事件 」としての徂徠学 』 (青土社 ) 『季刊思潮 』 (思潮社 )終刊 ( 8 8 ・ 6 ~ ) 『別冊宝島 1 1 0 「 8 0年代の正体 ! 」 』 ( J I C C出版局 ) 5柄谷行人 『終焉をめぐって 』 (福武書店 ) 6廣松渉 『今こそマルクスを読み返す 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》法月綸太郎 『頼子のために 』 (講談社 ) 《講談社ノベルス 》 『フォ ーラム 9 0 ' s 』 (フォ ーラム 9 0 ' s )創刊 → 『月刊フォ ーラム 』 ( 9 2 ・ 5 ~ 9 7 ・ 1 2 ) 7青木保 『 「日本文化論 」の変容 』 (中央公論社 )小倉千加子 『アイドル時代の神話 』 (朝日新聞社 ) → P A R T I I ( 9 1 ・ 8 ) ・完結編 ( 9 2 ・ 1 1 )西谷修 『不死のワンダ ーランド 』 (青土社 ) 『情況 』第二期 (情況出版 )創刊 ( ~ 0 0 ・ 8 ) →第三期 ( 0 0 ・ 1 0 ~ ) 8絓秀実 『小説的強度 』 (福武書店 ) 9上野俊哉 『音楽都市のパラジット 』 (洋泉社 )絓秀実 『詩的モダニティの舞台 』 (思潮社 )水村美苗 『続明暗 』 (筑摩書房 )保坂和志 『プレ ーンソング 』 (講談社 )ドゥマゴ文学賞創設 ▼第 1回選考委員 =蓮實重彥 1 0上野千鶴子 『家父長制と資本制 』 (岩波書店 )川村湊 『異郷の昭和文学 』 (岩波書店 )川本三郎 『大正幻影 』 (新潮社 ) 1 1相原コ ージ ・竹熊健太郎 『サルでも描けるまんが教室 』 1 (小学館 ) ▼全 3巻 ( ~ 9 2 ・ 5 )柄谷行人 ・岩井克人 『終りなき世界 』 (太田出版 )網野善彦 『日本論の視座 』 (小学館 ) 1 2柄谷行人編 『近代日本の批評昭和篇 』上 (福武書店 ) →下 ( 9 1 ・ 3 ) 『ニュ ー ・フェミニズム ・レビュ ー 』 (学陽書房 )創刊 ( ~ 9 5 ・ 4 )

1991
2 「文学者の反戦声明 」 3浅田彰 ・柄谷行人編 『批評空間 』 (福武書店 )創刊 ▼第 Ⅰ期 ( ~ 9 4 ・ 1 )井上章一 『美人論 』 (リブロポ ート ) 『カイエ ・デュ ・シネマ ・ジャポン 』 (フィルムア ート社 )創刊 ( 0号 ) →勁草書房 ( ~ 0 1 ・ 2 ) 4 『 R e p r é s e n t a t i o n 』 (筑摩書房 )創刊 ( ~ 9 3 ・ 4 ) ▼編集 =高橋康也 ・蓮實重彥 ・渡邊守章 5荒俣宏 『大東亜科學綺譚 』 (筑摩書房 ) 6椹木野衣 『シミュレ ーショニズム 』 (洋泉社 )港千尋 『群衆論 』 (リブロポ ート )笠井潔 ・加藤典洋 ・竹田青嗣 『村上春樹をめぐる冒険 』 (河出書房新社 )伏見憲明 『プライベ ート ・ゲイ ・ライフ 』 (学陽書房 )石原千秋 ・小森陽一ほか 『読むための理論 』 (世織書房 ) 『マルコポ ーロ 』 (文藝春秋 )創刊 ( ~ 9 5 ・ 2 )鈴木光司 『リング 』 →映画化 ( 9 8 ・ 1 ) 7香山リカ 『リカちゃんコンプレックス 』 (太田出版 )三浦雅士 『小説という植民地 』 (福武書店 )今福龍太 『クレオ ール主義 』 (青土社 ) 8中島梓 『コミュニケ ーション不全症候群 』 (筑摩書房 )福田和也 『遥かなる日本ルネサンス 』 (文藝春秋 )谷川健一 『南島文学発生論 』 (思潮社 ) 9立川健二 『誘惑論 』 (新曜社 ) 《ノマド叢書 》野崎六助 『北米探偵小説論 』 (青豹書房 )綾辻行人 『時計館の殺人 』 (講談社 ) 《講談社ノベルス 》 「朝まで生テレビ ! 」テ ーマ 「激論 !宗教と若者 」 (テレビ朝日 ) 1 0川村二郎 『アレゴリ ーの織物 』 (講談社 )山下悦子 『マザコン文学論 』 (新曜社 ) 《ノマド叢書 》浅羽通明 『天使の王国 』 ( J I C C出版局 ) 1 1大澤真幸 『資本主義のパラドックス 』 (新曜社 ) 《ノマド叢書 》 1 2 『 S P A !特集 「サブカルチャ ー最終戦争 」 』 (扶桑社 )


1992
 1小林よしのり 「ゴ ーマニズム宣言 」 ( 『 S P A ! 』 )連載開始 ( 〜 9 5 ・ 8 )

→ 「新 ・ゴ ーマニズム宣言 」 ( 『 S A P I O 』 ) ( 9 5 ・ 9 ~ )柄谷行人編 『近代日本の批評明治 ・大正篇 』 (福武書店 )上野千鶴子 ・小倉千加子 ・富岡多惠子 『男流文学論 』 (筑摩書房 ) 3野口武彦 『日本近代批評のアングル 』 (青土社 )島田雅彦 『彼岸先生 』 (福武書店 )コミック表現の自由を守る会が性表現規制に反対するアピ ール ▼代表 =石ノ森章太郎 4 『季刊インタ ーコミュニケ ーション 』 ( N T T出版 )創刊 ( ~ 0 8 ・ 5 )村井紀 『南島イデオロギ ーの発生 』 (福武書店 )長山靖生 『コレクタ ーシップ 』 ( J I C C出版局 ) 5 『 A n y o n e 』 (福武書店 ) ▼ 『批評空間 』臨時増刊号 『柄谷行人 &高橋源一郎 』 (講談社 ) ▼ 『群像 』臨時増刊号 『朝日ジャ ーナル 』 (朝日新聞社 )休刊 ( 5 9 ・ 3 ~ ) 6丸山眞男 『忠誠と反逆 』 (筑摩書房 )巽孝之 『現代 S Fのレトリック 』 (岩波書店 )高橋哲哉 『逆光のロゴス 』 (未来社 )渡部直己 『谷崎潤一郎 』 (新潮社 )桶谷秀昭 『昭和精神史 』 (文藝春秋 )夏目房之介 『手塚治虫はどこにいる 』 (筑摩書房 ) 《ちくまライブラリ ー 》大西巨人 『三位一体の神話 』 (光文社 ) 『季刊リテレ ール 』 (メタロ ーグ )創刊 ( ~ 9 6 ・ 1 2 ) ▼編集長 =安原顯ちくま学芸文庫 (筑摩書房 )創刊 7四方田犬彦 『月島物語 』 (集英社 )佐藤健志 『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義 』 (文藝春秋 )アクロス編集室編 『ポップ ・コミュニケ ーション全書 』 ( P A R C O出版局 ) 《アクロス ・ブックス 》 8中上健次死去 9渡部直己 『 〈電通 〉文学にまみれて 』 (太田出版 )吉見俊哉 『博覧会の政治学 』 (中央公論社 ) 《中公新書 》中野孝次 『清貧の思想 』 (草思社 ) 1 0中沢新一 『森のバロック 』 (せりか書房 )西谷修 『戦争論 』 (岩波書店 ) 1 1吉見俊哉 ・若林幹夫 ・水越伸 『メディアとしての電話 』 (弘文堂 )リ ービ英雄 『日本語の勝利 』 (講談社 ) 『岩波講座 「近代日本と植民地 」 』 (岩波書店 ) ▼全 8巻 ( ~ 9 3 ・ 6 )


1 2大塚英志 『仮想現実批評 』 (新曜社 ) 《ノマド叢書 》

1993
2福田和也 『日本の家郷 』 (新潮社 ) 3岩井克人 『貨幣論 』 (筑摩書房 )奥泉光 『ノヴァ ーリスの引用 』 (新潮社 ) 『文化評論 』 (新日本出版社 )休刊 ( 6 1 ・ 1 2 ~ ) 5永瀬唯 『疾走のメトロポリス 』 ( I N A X出版 )北川透 『詩的レトリック入門 』 (思潮社 ) 『別冊宝島 1 7 6 「わかりたいあなたのための社会学 ・入門 」 』 (宝島社 ) 7鶴見済 『完全自殺マニュアル 』 (太田出版 )小林よしのり 『ゴ ーマニズム宣言 』 1 (扶桑社 )福田和也 『 「内なる近代 」の超克 』 ( P H P研究所 )切通理作 『怪獣使いと少年 』 (宝島社 ) 『月刊金曜日 』 (金曜日 )創刊 → 『週刊金曜日 』 ( 9 3 ・ 1 1 〜 ) 8柄谷行人 『ヒュ ーモアとしての唯物論 』 (筑摩書房 )絓秀実 『文芸時評というモ ード 』 (集英社 )中上健次 『異族 』 (講談社 ) 9中沢新一 『三万年の死の教え 』 (角川書店 )清水良典 『作文する小説家 』 (筑摩書房 )伊藤公雄 『 〈男らしさ 〉のゆくえ 』 (新曜社 )内田春菊 『ファザ ーファッカ ー 』 (文藝春秋 )筒井康隆断筆宣言 →解除 ( 9 6 ・ 1 2 ) 1 0宮台真司 ・石原英樹 ・大塚明子 『サブカルチャ ー神話解体 』 ( P A R C O出版局 )江藤淳 『漱石とその時代第 3部 』 (新潮社 ) 《新潮選書 》 ▼全 5部 ( 〜 9 9 ・ 1 2 )高橋英夫 『小林秀雄 』 (小沢書店 ) 『漱石研究 』 (翰林書房 )創刊 ( ~ 0 5 ・ 1 1 ) ▼編集 =石原千秋 ・小森陽一 1 1巽孝之 『メタフィクションの謀略 』 (筑摩書房 ) 《ちくまライブラリ ー 》井口時男 『悪文の初志 』 (講談社 )絓秀実 ・渡部直己 『それでも作家になりたい人のためのブックガイド 』 (太田出版 ) 『発言者 』 (西部邁事務所 →秀明出版会 )創刊 ( ~ 0 5 ・ 4 ) 1 2藤井良樹 『女子高生はなぜ下着を売ったのか ? 』 ( J I C C出版局 )

1994
 1小谷真理 『女性状無意識 』 (勁草書房 )


2蓮實重彥 『絶対文芸時評宣言 』 (河出書房新社 ) 3浅田彰 『 「歴史の終わり 」と世紀末の世界 』 (小学館 ) ▼対談集大塚英志 『人身御供論 』 (新曜社 ) 《叢書物語の冒険 》加藤典洋 『日本という身体 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》島弘之 『小林秀雄 』 (新潮社 )磯崎新 ・浅田彰監修 『 A n y w h e r e 』 ( N T T出版 ) →以降 A n y会議シリ ーズ続刊村上龍 『五分後の世界 』 (幻冬舎 ) 4小林康夫 ・船曳建夫編 『知の技法 』 (東京大学出版会 ) →以降関連書籍続刊村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル 』第 1部 ・第 2部 (新潮社 ) →第 3部 ( 9 5 ・ 8 )柄谷行人編著 『シンポジウム Ⅰ 』 (太田出版 ) 《批評空間叢書 》 →以降続刊松浦寿輝 『平面論 』 (岩波書店 )佐伯啓思 『 「アメリカニズム 」の終焉 』 ( T B Sブリタニカ ) 『批評空間 』 (太田出版 )第 Ⅱ期発刊 ( ~ 0 0 ・ 4 ) 『メフィスト 』 (講談社 )創刊 5芳川泰久 『漱石論 』 (河出書房新社 ) 『 1 0 + 1 』 ( I N A X出版 )創刊 ( ~ 0 8 ・ 3 ) 『ダ ・ヴィンチ 』 (メディアファクトリ ー )創刊 6斎藤美奈子 『妊娠小説 』 (筑摩書房 )中沢新一 『はじまりのレ ーニン 』 (岩波書店 )四方田犬彦 『漫画原論 』 (筑摩書房 )野口武彦 『三人称の発見まで 』 (筑摩書房 )池田雄一 「原形式に抗して 」 ( 『群像 』 ) ▼群像新人文学賞阿部和重 「アメリカの夜 」 ( 『群像 』 ) ▼群像新人文学賞岡崎京子 『リバ ーズ ・エッジ 』 (宝島社 ) 7渡部直己 『日本近代文学と 〈差別 〉 』 (太田出版 ) 《批評空間叢書 》大塚英志 『戦後まんがの表現空間 』 (法藏館 ) 8絓秀実 『 「超 」言葉狩り宣言 』 (太田出版 ) 9京極夏彦 『姑獲鳥の夏 』 (講談社 ) 《講談社ノベルス 》 『 Q u i c k J a p a n 』 (太田出版 )創刊ちくま新書 (筑摩書房 )創刊柳美里 「石に泳ぐ魚 」 ( 『新潮 』 ) →モデル問題で損害賠償 ・出版差し止め訴訟 ( 9 4 ・ 1 2 ) 1 0大江健三郎がノ ーベル文学賞受賞 →受賞講演 「あいまいな日本の私 」 ( 9 4 ・ 1 2 ) 1 1宮台真司 『制服少女たちの選択 』 (講談社 )


大澤真幸 『意味と他者性 』 (勁草書房 )三浦雅士 『身体の零度 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》井上輝子 ・上野千鶴子 ・江原由美子編 『日本のフェミニズム 』 (岩波書店 ) ▼全 7巻 ( ~ 9 5 ・ 4 ) 『 W I R E D 』 (同朋舎出版 )創刊 ( ~ 9 8 ・ 1 1 ) 1 2川村湊 『海を渡った日本語 』 (青土社 )川村湊 『南洋 ・樺太の日本文学 』 (筑摩書房 ) 『大航海 』 (新書館 )創刊 ( ~ 0 9 ・ 6 ) 『シアタ ーア ーツ 』 (晩成書房 )創刊 

1995
1加藤典洋 「敗戦後論 」 ( 『群像 』 ) →高橋哲哉との論争へ笠井潔 『球体と亀裂 』 (情況出版 )京極夏彦 『魍魎の匣 』 (講談社 ) 《講談社ノベルス 》 『マルコポ ーロ 』事件 →廃刊 1浅田彰 ・岡﨑乾二郎 ・松浦寿夫編 『モダニズムのハ ード ・コア 』 (太田出版 ) ▼ 『批評空間 』臨時増刊号山口昌男 『 「挫折 」の昭和史 』 (岩波書店 )鈴木貞美編 『大正生命主義と現代 』 (河出書房新社 )佐藤健二 『流言蜚語 』 (有信堂高文社 ) 4絓秀実 『日本近代文学の 〈誕生 〉 』 (太田出版 ) 《批評空間叢書 》山城むつみ 『文学のプログラム 』 (太田出版 ) 《批評空間叢書 》小林康夫 『出来事としての文学 』 (作品社 )西谷修 『夜の鼓動にふれる 』 (東京大学出版会 )見田宗介 『現代日本の感覚と思想 』 (講談社 ) 《講談社学術文庫 》瀬名秀明 『パラサイト ・イヴ 』 (角川書店 ) →ホラ ー小説ブ ーム 『 R o n z a 』 (朝日新聞社 )創刊 → 『論座 』 ( 9 7 ・ 1 1 ~ 0 8 ・ 1 0 ) 5福田和也 『甘美な人生 』 (新潮社 )吉見俊哉 『 「声 」の資本主義 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》井上章一 『狂気と王権 』 (紀伊國屋書店 )と学会編 『トンデモ本の世界 』 (洋泉社 ) →以降続刊 6大澤真幸 『電子メディア論 』 (新曜社 ) 《メディア叢書 》松浦寿輝 『折口信夫論 』 (太田出版 ) 《批評空間叢書 》松浦寿輝 『エッフェル塔試論 』 (筑摩書房 )若林幹夫 『地図の想像力 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》苅谷剛彦 『大衆教育社会のゆくえ 』 (中央公論社 ) 《中公新書 》吉本隆明 ・梅原猛 ・中沢新一 『日本人は思想したか 』 (新潮社 ) 7宮台真司 『終わりなき日常を生きろ 』 (筑摩書房 )小熊英二 『単一民族神話の起源 』 (新曜社 )山口昌男 『 「敗者 」の精神史 』 (岩波書店 )後藤明生 『小説は何処から来たか 』 (白地社 ) 『映画秘宝 』 (洋泉社 )創刊 ▼編集 =町山智浩ほかロフト


プラスワン開店 8高橋哲哉 『記憶のエチカ 』 (岩波書店 ) 9水村美苗 『私小説 』 (新潮社 ) 1 0小林よしのり 『ゴ ーマニズム宣言差別論スペシャル 』 (解放出版社 ) 『頓智 』 (筑摩書房 )創刊 ( ~ 9 6 ・ 7 ) 1 1猪瀬直樹 『ペルソナ三島由紀夫伝 』 (文藝春秋 )山之内靖ほか編 『総力戦と現代化 』 (柏書房 )笠井潔 『国家民営化論 』 (光文社 ) 《カッパ ・サイエンス 》竹熊健太郎 『私とハルマゲドン 』 (太田出版 )見沢知廉 『天皇ごっこ 』 (第三書館 )見田宗介ほか編 『岩波講座 「現代社会学 」 』 (岩波書店 ) ▼全 2 6巻 + 1 ( ~ 9 7 ・ 3 ) 1 2岡田斗司夫 『ぼくたちの洗脳社会 』 (朝日新聞社 )関井光男編 『 「国文学解釈と鑑賞 」別冊柄谷行人 』 (至文堂 )

1996
 1 『思想特集 「カルチュラル ・スタディ ーズ 」 』 (岩波書店 ) 2上野俊哉 『シチュアシオン 』 (作品社 )吉見俊哉 『リアリティ ・トランジット 』 (紀伊國屋書店 )柄谷行人 『坂口安吾と中上健次 』 (太田出版 ) 《批評空間叢書 》酒井直樹ほか編 『ナショナリティの脱構築 』 (柏書房 )李孝徳 『表象空間の近代 』 (新曜社 ) 3稲葉振一郎 『ナウシカ解読 』 (窓社 )柳田理科雄 『空想科学読本 』 (宝島社 ) 『現代思想特集 「カルチュラル ・スタディ ーズ 」 』 (青土社 )シンポジウム 「カルチュラル ・スタディ ーズとの対話 」 ▼主催 =東京大学社会情報研究所 +ブリティッシュ ・カウンシル →書籍化 (新曜社 、 9 9 ・ 5 ) 4姜尚中 『オリエンタリズムの彼方へ 』 (岩波書店 )渡部直己 『中上健次論 』 (河出書房新社 )桂英史 『メディア論的思考 』 (青弓社 )森博嗣 『すべてが Fになる 』 (講談社 ) 《講談社ノベルス 》 『野性時代 』 (角川書店 )休刊 ( 7 4 ・ 5 ~ ) 5岡田斗司夫 『オタク学入門 』 (太田出版 )酒井直樹 『死産される日本語 ・日本人 』 (新曜社 ) 『思想の科学 』 (思想の科学社 )休刊 ( 4 6 ・ 5 ~ ) 『現代思想の冒険者たち 』全 3 1巻 (講談社 )刊行開始 ( 〜 9 9 ・ 3 ) 6大澤真幸 『虚構の時代の果て 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》


長山靖生 『偽史冒険世界 』 (筑摩書房 )丹生谷貴志 『ドゥ ールズ ・映画 ・フ ーコ ー 』 (青土社 ) 7大澤真幸 『性愛と資本主義 』 (青土社 )宮崎哲弥 『正義の見方 』 (洋泉社 )川村湊 『 「大東亜民俗学 」の虚実 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》 「朝まで生テレビ ! 」テ ーマ 「激論 !日本異常事態宣言 ・若者編女子高生とニッポン ! 」 (テレビ朝日 ) 8藤岡信勝 ・自由主義史観研究会 『教科書が教えない歴史 』 (扶桑社 ) 「 B Sマンガ夜話 」 ( N H K ・ B S 2 )放送開始丸山眞男死去宮沢賢治生誕 1 0 0年 →賢治ブ ーム 9佐藤俊樹 『ノイマンの夢 ・近代の欲望 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》川村邦光 『セクシュアリティの近代 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》川本三郎 『荷風と東京 』 (都市出版 )清涼院流水 『コズミック 』 (講談社 ) 《講談社ノベルス 》川上弘美 『蛇を踏む 』 (文藝春秋 ) 1 0見田宗介 『現代社会の理論 』 (岩波書店 ) 《岩波新書 》加藤典洋編 『イエロ ーペ ージ村上春樹 』 (荒地出版社 ) → P a r t 2 ( 0 4 ・ 4 ) 1 1香山リカ 『テクノスタルジア 』 (青土社 )鶴見済 『人格改造マニュアル 』 (太田出版 )井口時男 『柳田国男と近代文学 』 (講談社 )関川夏央 『二葉亭四迷の明治四十一年 』 (文藝春秋 )村上龍 『ラブ &ポップ 』 (幻冬舎 ) 『海燕 』 (ベネッセコ ーポレ ーション )休刊 ( 8 2 ・ 1 ~ ) 1 2大塚英志 『 「彼女たち 」の連合赤軍 』 (文藝春秋 )福田和也 『人でなし稼業 』 (新潮社 )イ ・ヨンスク 『 「国語 」という思想 』 (岩波書店 )樋口覚 『三絃の誘惑 』 (人文書院 )港千尋 『記憶 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》西谷修 ・鵜飼哲 ・港千尋 『原理主義とは何か 』 (河出書房新社 )


1997
 1 「新しい歴史教科書をつくる会 」結成 ▼中心人物 =西尾幹二 (初代会長 ) ・藤岡信勝ら 2大塚英志 ・田島昭宇 「多重人格探偵サイコ 」連載開始石川忠司 『現代思想パンク仕様 』 (中央公論社 )島田雅彦 ・笠井潔ほか 『電脳売文党宣言 』 (アスキ ー )埴谷雄高死去 3村上春樹 『アンダ ーグラウンド 』 (講談社 )酒井直樹 『日本思想という問題 』 (岩波書店 )赤坂真理 『蝶の皮膚の下 』 (河出書房新社 )町田康 『くっすん大黒 』 (文藝春秋 )浅田彰監修 『マルチメディア社会と変容する文化 』 ( N T T出版 ) → 2 ( 9 8 ・ 3 ) ・ 3 ( 0 0 ・ 3 )



『文学史を読みかえる 』 (インパクト出版会 ) ▼全 8巻 ( ~ 0 7 ・ 1 ) 4茂木健一郎 『脳とクオリア 』 (日経サイエンス社 )坪内祐三 『ストリ ートワイズ 』 (晶文社 )蓮實重彥が東京大学総長就任 ( ~ 0 1 ・ 3 ) 5森川嘉一郎編 『エヴァンゲリオン ・スタイル 』 (第三書館 )小森陽一ほか編 『メディア ・表象 ・イデオロギ ー 』 (小沢書店 )三浦信孝編 『多言語主義とは何か 』 (藤原書店 ) 『早稲田文学 』第 9次 (早稲田文学会 )開始 ( ~ 0 5 ・ 5 )阿部和重 『インディヴィジュアル ・プロジェクション 』 (新潮社 ) 7五十嵐太郎編 『エヴァンゲリオン快楽原則 』 (第三書館 ) 『季刊 ・本とコンピュ ータ 』 (大日本印刷株式会社 I C C本部 )創刊 ( ~ 0 5 ・ 6 ) 8加藤典洋 『敗戦後論 』 (講談社 )宮台真司 『世紀末の作法 』 (メディアファクトリ ー )川村湊 『満洲崩壊 』 (文藝春秋 )永山則夫死刑囚の刑執行 9中沢新一 『ポケットの中の野生 』 (岩波書店 )岡田斗司夫 『東大オタク学講座 』 (講談社 )鵜飼哲 『抵抗への招待 』 (みすず書房 ) 「青空文庫 」開設 1 0赤間啓之 『分裂する現実 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》小谷野敦 『男であることの困難 』 (新曜社 )村上龍 『インザ ・ミソス ープ 』 (読売新聞社 ) 1 1夏目房之介 『マンガはなぜ面白いのか 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kライブラリ ー 》矢作俊彦 『あ ・じゃ ・ぱん ! 』 (新潮社 ) 1 2宮台真司 『まぼろしの郊外 』 (朝日新聞社 )宮台真司 ・藤井良樹 ・中森明夫 『新世紀のリアル 』 (飛鳥新社 ) 《ライタ ーズ ・デン ・ブックス 》小林敏明 『西田幾多郎他性の文体 』 (太田出版 ) 《批評空間叢書 》 『思想特集 「一九三〇年代の日本思想 」 』 (岩波書店 ) 『試行 』 (試行社 )休刊 ( 6 1 ・ 9 ~ )伊丹十三死去星新一死去 

1998
1椹木野衣 『日本 ・現代 ・美術 』 (新潮社 ) 2木村直恵 『 〈青年 〉の誕生 』 (新曜社 )梁石日 『血と骨 』 (幻冬舎 ) 3藤本由香里 『私の居場所はどこにあるの ? 』 (学陽書房 )高橋哲哉 『デリダ 』 (講談社 ) 《現代思想の冒険者たち 》



青木保 『逆光のオリエンタリズム 』 (岩波書店 )川村湊 『戦後批評論 』 (講談社 )上野千鶴子 『ナショナリズムとジェンダ ー 』 (青土社 ) 4大江健三郎 『私という小説家の作り方 』 (新潮社 )呉智英 『危険な思想家 』 (メディアワ ークス ) 5巽孝之 『日本変流文学 』 (新潮社 )福田和也 『日本人の目玉 』 (新潮社 )小森陽一 ・高橋哲哉編 『ナショナル ・ヒストリ ーを超えて 』 (東京大学出版会 )吉本隆明 『アフリカ的段階について 』 (春秋社 )平凡社新書創刊 6大澤真幸 『恋愛の不可能性について 』 (春秋社 )原武史 『 「民都 」大阪対 「帝都 」東京 』 (講談社 ) 《選書メチエ 》鎌田哲哉 「丸山真男論 」 ( 『群像 』 ) ▼群像新人文学賞千葉一幹 「文学の位置 」 ( 『群像 』 ) ▼群像新人文学賞福田和也ほか 『皆殺し文芸時評 』 (四谷ラウンド )宮部みゆき 『理由 』 (朝日新聞社 ) 7小林よしのり 『戦争論 』 (幻冬舎 ) ▼全 3巻 ( ~ 0 3 ・ 7 )小熊英二 『 「日本人 」の境界 』 (新曜社 )斎藤美奈子 『紅一点論 』 (ビレッジセンタ ー出版局 )大澤真幸 『戦後の思想空間 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》福田和也 『南部の慰安 』 (文藝春秋 )成田龍一 『 「故郷 」という物語 』 (吉川弘文館 ) 『現代思想総特集 「柄谷行人 」 』 (青土社 ) 8宮崎哲弥 『 「自分の時代 」の終わり 』 (時事通信社 ) 『文藝別冊 9 0年代 J文学マップ 』 (河出書房新社 ) → J文学の潮流 9斎藤環 『文脈病 』 (青土社 )中原昌也 『マリ &フィフィの虐殺ソングブック 』 (河出書房新社 ) 『 A 』公開 ▼監督 =森達也 1 0東浩紀 『存在論的 、郵便的 』 (新潮社 )中島梓 『タナトスの子供たち 』 (筑摩書房 )鈴木貞美 『日本の 「文学 」概念 』 (作品社 )平野啓一郎 『日蝕 』 (新潮社 )乙武洋匡 『五体不満足 』 (講談社 ) 1 1村上春樹 『約束された場所で 』 (文藝春秋 )読売新聞の買収により中央公論新社発足 1 2笠井潔 『探偵小説論 』 1 ・ 2 (東京創元社 )斎藤環 『社会的ひきこもり 』 ( P H P研究所 ) 《 P H P新書 》上野俊哉 『紅のメタルス ーツ 』 (紀伊國屋書店 )集英社新書創刊 『音楽誌が書かない Jポップ批評 』 (宝島社 )シリ ーズ開始

1999
 1小谷野敦 『もてない男 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》坪内祐三 『靖国 』 (新潮社 )


2だめ連編 『だめ連宣言 ! 』 (作品社 ) 4笠井潔 『物語の世紀末 』 (集英社 )上野俊哉 『ディアスポラの思考 』 (筑摩書房 )赤川学 『セクシュアリティの歴史社会学 』 (勁草書房 )高見広春 『バトル ・ロワイアル 』 (太田出版 ) →映画化 ( 0 0 ・ 1 2 ) 5匿名掲示板 「 2ちゃんねる 」開設 ▼管理人 =西村博之 (ひろゆき )加藤典洋 『日本の無思想 』 (平凡社 ) 《平凡社新書 》石川九楊 『二重言語国家 ・日本 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》 6小森陽一 『小説と批評 』 (世織書房 )村上龍 『存在の耐えがたきサルサ 』 (文藝春秋 ) ▼対談集 『サイゾ ー 』 (インフォバ ーン )創刊プライバシ ー侵害で柳美里 『石に泳ぐ魚 』に出版差し止め判決柄谷行人が群像新人文学賞選考委員を降板 ▼加藤典洋 ・川村湊へ 7渡部直己 『不敬文学論序説 』 (太田出版 ) 《批評空間叢書 》江藤淳死去稲葉振一郎 『リベラリズムの存在証明 』 (紀伊國屋書店 )江藤淳 『妻と私 』 (文藝春秋 ) 8東浩紀 『郵便的不安たち 』 (朝日新聞社 )浅田彰 ・田中康夫 『憂国呆談 』 (幻冬舎 ) →以降続刊山城むつみ 『転形期と思考 』 (講談社 )成田龍一 ・上野千鶴子ほか 『戦争はどのように語られてきたか 』 (朝日新聞社 ) 9丹生谷貴志 『天皇と倒錯 』 (青土社 ) 1 0宮台真司 『野獣系でいこう ! ! 』 (朝日新聞社 )山田昌弘 『パラサイト ・シングルの時代 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》西尾幹二 『国民の歴史 』 (産経新聞ニュ ースサ ービス ) 「思考のフロンティア 」シリ ーズ (岩波書店 )創刊 ( 〜 0 9 ・ 3 ) 1 1加藤典洋 『戦後的思考 』 (講談社 )小谷真理 『おこげノススメ 』 (青土社 )笙野頼子 『ドン ・キホ ーテの 「論争 」 』 (講談社 ) ▼純文学論争 「日本ゼロ年 」展 (水戸芸術館 ) ▼企画 =椹木野衣 1 2高橋哲哉 『戦後責任論 』 (講談社 )三浦雅士 『考える身体 』 ( N T T出版 )小谷野敦 『江戸幻想批判 』 (新曜社 ) 

2000 
1柄谷行人編 『可能なるコミュニズム 』 (太田出版 )岩波現代文庫 (岩波書店 )創刊 2柄谷行人 『倫理 2 1 』 (平凡社 )川村湊 『作文のなかの大日本帝国 』 (岩波書店 )

小林康夫 ・松浦寿輝編 『表象のディスク ール 』 (東京大学出版会 ) ▼全 6巻 ( ~ 0 0 ・ 1 0 ) 3北田暁大 『広告の誕生 』 (岩波書店 ) 《現代社会学選書 》蓮實重彥 『映画狂人 』シリ ーズ (河出書房新社 )全 1 0冊 ( ~ 0 4 ・ 9 )四方田犬彦 『モロッコ流謫 』 (筑摩書房 )村上龍 『共生虫 』 (講談社 ) 『批評空間 』第 Ⅱ期 (太田出版 )終刊 ( 9 4 ・ 4 ~ ) 4斎藤環 『戦闘美少女の精神分析 』 (太田出版 )青山真治 ・阿部和重 ・黒沢清ほか 『ロスト ・イン ・アメリカ 』 (デジタルハリウッド出版局 )福田和也 『作家の値うち 』 (飛鳥新社 )大杉重男 『小説家の起源 』 (講談社 )若林幹夫 『都市の比較社会学 』 (岩波書店 ) 《現代社会学選書 》 『環 』 (藤原書店 )創刊 『大航海特集 「反 ・現代思想 」 』 (新書館 )村上隆 「 S U P E R F L A T 」展 5浅田彰 『 2 0世紀文化の臨界 』 (青土社 ) ▼対談集巽孝之編 『日本 S F論争史 』 (勁草書房 )三宅芳夫 『知識人と社会 』 (岩波書店 ) 《現代社会学選書 》 6 N A M設立 ( ~ 0 3 ・ 1 ) ▼柄谷行人ら浅羽通明 『野望としての教養 』 (時事通信社 )佐藤俊樹 『不平等社会日本 』 (中央公論新社 ) 《中公新書 》桶谷秀昭 『昭和精神史戦後篇 』 (文藝春秋 )丸川哲史 『台湾 、ポストコロニアルの身体 』 (青土社 ) 7仲正昌樹 『貨幣空間 』 (情況出版 )村上龍 『希望の国のエクソダス 』 (文藝春秋 )柳美里 『命 』 (小学館 )宮崎哲弥 『新世紀の美徳 』 (朝日新聞社 ) 9宮台真司 『援交から革命へ 』 (ワニブックス )吉見俊哉 『カルチュラル ・スタディ ーズ 』 (岩波書店 ) 《思考のフロンティア 》上野俊哉 ・毛利嘉孝 『カルチュラル ・スタディ ーズ入門 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》尹健次 『現代韓国の思想 』 (岩波書店 ) 『明治の文学 』 (筑摩書房 )刊行開始 ▼全 2 5巻 ( ~ 0 3 ・ 4 ) 1 0宮台真司 ・速水由紀子 『サイファ覚醒せよ ! 』 (筑摩書房 )立岩真也 『弱くある自由へ 』 (青土社 )雨宮処凛 『生き地獄天国 』 (太田出版 ) 1 1東浩紀 『不過視なものの世界 』 (朝日新聞社 ) ▼対談集柄谷行人 『 N A M原理 』 (太田出版 )猪瀬直樹 『ピカレスク太宰治伝 』 (小学館 )小林よしのり 『台湾論 』 (小学館 )原武史 『大正天皇 』 (朝日新聞社 ) 《朝日選書 》中島一夫 「媒介と責任 」 ( 『新潮 』 ) ▼新潮新人賞 『トレイシ ーズ 』 (岩波書店 )創刊 ▼別冊 『思想 』

1 2大塚英志 『物語の体操 』 (朝日新聞社 )斎藤美奈子 『モダンガ ール論 』 (マガジンハウス )川村二郎 『白山の水 』 (講談社 )大江健三郎 『取り替え子 』 (講談社 )

2001
 1山口昌男 『内田魯庵山脈 』上 ・下 (晶文社 ) 『早稲田文学 』リニュ ーアル W i k i p e d i a開設 2五十嵐太郎 『終わりの建築 /始まりの建築 』 ( I N A X出版 )上野千鶴子編 『構築主義とは何か 』 (勁草書房 )品田悦一 『万葉集の発明 』 (新曜社 )神保哲生 ・宮台真司 「マル激ト ーク ・オン ・ディマンド 」 (ビデオニュ ース ・ドットコム )配信開始 3坪内祐三 『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り 』 (マガジンハウス )中沢新一 『フィロソフィア ・ヤポニカ 』 (集英社 )内田樹 『ためらいの倫理学 』 (冬弓舎 )舞城王太郎 『煙か土か食い物 』 (講談社 ) 《講談社ノベルス 》 4小森陽一 『ポストコロニアル 』 (岩波書店 ) 《思考のフロンティア 》 5大塚英志 ・ササキバラ ・ゴウ 『教養としての 「まんが ・アニメ 」 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》井口時男 『批評の誕生 /批評の死 』 (講談社 )高橋源一郎 『日本文学盛衰史 』 (講談社 )
 7岡﨑乾二郎 『ルネサンス経験の条件 』 (筑摩書房 )
酒井隆史 『自由論 』 (青土社 )絓秀実 『 「帝国 」の文学 』 (以文社 )田中和生 『江藤淳 』 (慶応義塾大学出版会 )原武史 『可視化された帝国 』 (みすず書房 )佐藤友哉 『フリッカ ー式 』 (講談社 ) 《講談社ノベルス 》大塚英志 『戦後民主主義のリハビリテ ーション 』 (角川書店 ) 8切通理作 『宮埼駿の 「世界 」 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》阿部和重 『ニッポニアニッポン 』 (新潮社 ) 9三浦雅士 『青春の終焉 』 (講談社 )福田和也 『地ひらく 』 (文藝春秋 )芹沢一也 『 〈法 〉から解放される権力 』 (新曜社 ) 『エクスタス 』 (講談社 )創刊 ( 〜 0 3 ・ 9 ) ▼ 『群像 』別冊 1 0柄谷行人 『トランスクリティ ーク 』 (批評空間 )姜尚中 『ナショナリズム 』 (岩波書店 ) 《思考のフロンティア 》 『批評空間 』第 Ⅲ期 (批評空間 )発刊 ( ~ 0 2 ・ 7 ) 1 1東浩紀 『動物化するポストモダン 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》


大塚英志 『江藤淳と少女フェミニズム的戦後 』 (筑摩書房 )米澤穂信 『氷菓 』 (角川書店 ) 《角川スニ ーカ ー文庫 》 1 2山田広昭 『三点確保 』 (新曜社 )竹田青嗣 『言語的思考へ 』 (径書房 )佐々木敦 『テクノイズ ・マテリアリズム 』 (青土社 )


年表現代日本の批評 2 0 0 1 2 0 1 6 [出版の動向 ]作成 │大澤聡本年表は共同討議 「平成批評の諸問題 2 0 0 1 2 0 1 6 」の参考資料として作成された 。委員 ・編集部の討議を経たうえで各事項の重要度を 4段階に区画した 。ここではその結果をフォントサイズで表現してある 。なお 「 ▼ 」は備考を 「 → 」は時間の推移を意味する 。

2001
月 
1高橋哲哉 『歴史 /修正主義 』 (岩波書店 ) 《思考のフロンティア 》浅田彰 ・田中康夫 『新 ・憂国呆談 ─ ─神戸から長野へ 』 (小学館 ) 『早稲田文学 』リニュ ーアル ▼編集 =市川真人矢部史郎 ・山の手緑 『無産大衆神髄 』 (河出書房新社 ) 2 『カイエ ・デュ ・シネマ ・ジャポン 』 (勁草書房 )休刊五十嵐太郎 『終わりの建築 /始まりの建築 』 ( I N A X出版 ) 3中沢新一 『フィロソフィア ・ヤポニカ 』 (集英社 )内田樹 『ためらいの倫理学 』 (冬弓舎 )笠井潔 『ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか ? 』 (早川書房 ) →以降シリ ーズ続刊平井玄 『暴力と音 』 (人文書院 ) 4小森陽一 『ポストコロニアル 』 (岩波書店 ) 《思考のフロンティア 》 5大塚英志 ・ササキバラ ・ゴウ 『教養としての 〈まんが ・アニメ 〉 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》井口時男 『批評の誕生 /批評の死 』 (講談社 ) 「 W a s e d a B u n g a k u o n C D 」 ( 『早稲田文学 』 ) 6阿部嘉昭 『精解サブカルチャ ー講義 』 (河出書房新社 ) → 『実戦サブカルチャ ー講義 』 ( 0 2 ・ 3 )高田里惠子 『文学部をめぐる病い 』 (松籟社 ) 7岡﨑乾二郎 『ルネサンス経験の条件 』 (筑摩書房 )酒井隆史 『自由論 』 (青土社 )大塚英志 『戦後民主主義のリハビリテ ーション 』 (角川書店 )絓秀実 『 「帝国 」の文学 』 (以文社 )原武史 『可視化された帝国 』 (みすず書房 )

8切通理作 『宮崎駿の 〈世界 〉 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》永江朗 『批評の事情 』 (原書房 ) → 『新 ・批評の事情 』 ( 0 7 ・ 5 ) 『 D / s i g n 』 (筑波出版会 →太田出版 )創刊 ( ~ 1 0 ・ 1 0 ) 『 N O B O D Y 』 ( N O B O D Y編集部 )創刊 9三浦雅士 『青春の終焉 』 (講談社 )芹沢一也 『 〈法 〉から解放される権力 』 (新曜社 ) 1 0柄谷行人 『トランスクリティ ーク 』 (批評空間 )田中純 『アビ ・ヴァ ールブルク記憶の迷宮 』 (青土社 )竹内洋 『大学という病 』 (中央公論新社 ) 《中公叢書 》 『批評空間 』第 Ⅲ期 (批評空間 )発刊 ( ~ 0 2 ・ 7 ) 1 1東浩紀 『動物化するポストモダン 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》 1 2松浦寿輝 『物質と記憶 』 (思潮社 )佐々木敦 『テクノイズ ・マテリアリズム 』 (青土社 )

2002 
 1中沢新一 『人類最古の哲学 』 (講談社 ) 《講談社選書メチエ 》 →以降 「カイエ ・ソバ ージュ 」シリ ーズ ▼全 5巻 ( ~ 0 4 ・ 2 )福田和也 ・大塚英志 『最後の対話 』 ( P H P研究所 )武田徹 『若者はなぜ 「繋がり 」たがるのか 』 ( P H P研究所 ) 2 『重力 』 ( 「重力 」編集会議 )創刊上野千鶴子 『差異の政治学 』 (岩波書店 )氷川竜介 『フィルムとしてのガンダム 』 (太田出版 ) 《オタク学叢書 》斎藤美奈子 『文章読本さん江 』 (筑摩書房 ) 3笠井潔 『探偵小説論序説 』 (光文社 )宮台真司 ・宮崎哲弥 『 M 2われらの時代に 』 (朝日新聞社 ) →以降続刊上野千鶴子 ・小倉千加子 『ザ ・フェミニズム 』 (筑摩書房 ) 「 G E I S A I # 1 」開催 ▼主催 =村上隆 、前年には 「芸術道場 G P 」 4仲正昌樹 『ポスト ・モダンの左旋回 』 (情況出版 )米沢嘉博 『藤子不二雄論 』 (河出書房新社 )柄谷行人ほか 『必読書 1 5 0 』 (太田出版 ) 『わしズム 』 (幻冬舎 ・小学館 )創刊 ( ~ 1 2 ・ 7 ) ▼責任編集長 =小林よしのり 5椹木野衣 『 「爆心地 」の芸術 』 (晶文社 )佐藤俊樹 『 0 0年代の格差ゲ ーム 』 (中央公論新社 )

6大塚英志 「不良債権としての 『文学 』 」 ( 『群像 』 ) →純文学論争 、文学フリマ開始 ( 0 2 ・ 1 1 〜 ) 『舞台芸術 』 (京都造形芸術大学舞台芸術研究センタ ー )創刊斎藤美奈子 『文壇アイドル論 』 (岩波書店 )大澤真幸 『文明の内なる衝突 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》 7 『考える人 』 (新潮社 )創刊 9香山リカ 『ぷちナショナリズム症候群 』 (中央公論新社 ) 《中公新書ラクレ 》 『新現実 』 (角川書店 →太田出版 )創刊 ▼責任編集 =東浩紀 (創刊号のみ ) ・大塚英志中条省平 『反 =近代文学史 』 (文藝春秋 ) 1 0小熊英二 『 〈民主 〉と 〈愛国 〉 』 (新曜社 ) 

2003
1東浩紀編 『網状言論 F改 』 (青土社 ) 2大塚英志 『キャラクタ ー小説の作り方 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》森川嘉一郎 『趣都の誕生 』 (幻冬舎 ) N A M解散 3 『 e n t a x i 』 (扶桑社 )創刊 ( ~ 1 5 ・ 1 1 ) 4坪内祐三 『一九七二 』 (文藝春秋 )子安宣邦 『 「アジア 」はどう語られてきたか 』 (藤原書店 )東浩紀 ・大澤真幸 『自由を考える 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》 5絓秀実 『革命的な 、あまりに革命的な 』 (作品社 )谷沢永一 『文豪たちの大喧嘩 』 (新潮社 )澁谷知美 『日本の童貞 』 (文藝春秋 ) 《文春新書 》 6小谷野敦 『反 =文藝評論 』 (新曜社 )第 1回 「カルチュラル ・タイフ ーン 」開催 7竹内洋 『教養主義の没落 』 (中央公論新社 ) 《中公新書 》 9仲正昌樹 『 「不自由 」論 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》斎藤環 『心理学化する社会 』 ( P H Pエディタ ーズグル ープ )

1 0 『ファウスト 』 (講談社 )創刊 ▼編集 =太田克史北田暁大 『責任と正義 』 (勁草書房 ) 1 1渋谷望 『魂の労働 』 (青土社 )姜尚中 ・宮台真司 『挑発する知 』 (双風舎 ) 1 2毛利嘉孝 『文化 =政治 』 (月曜社 ) 

2004
1稲葉振一郎 『経済学という教養 』 (東洋経済新報社 )加藤典洋 『テクストから遠く離れて 』 (講談社 )加藤典洋 『小説の未来 』 (朝日新聞社 )斎藤環 『解離のポップ ・スキル 』 (勁草書房 ) 『定本柄谷行人集 』 (岩波書店 )刊行開始 ▼全 5巻 ( ~ 0 4 ・ 9 ) 2大塚英志 『サブカルチャ ー文学論 』 (朝日新聞社 )大塚英志 『 「おたく 」の精神史 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》斎藤美奈子 『文学的商品学 』 (紀伊國屋書店 ) 3大森望 ・豊﨑由美 『文学賞メッタ斬り ! 』 ( P A R C O出版 ) →以降続刊大杉重男 『アンチ漱石 』 (講談社 )四谷ア ート ・ステュディウム創設 ( ~ 1 4 ・ 3 ) 4 『噂の眞相 』 (噂の真相 )休刊 5浅羽通明 『ナショナリズム 』 『アナ ーキズム 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》酒井隆史 『暴力の哲学 』 (河出書房新社 ) 《シリ ーズ道徳の系譜 》ササキバラ ・ゴウ 『 〈美少女 〉の現代史 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》 6千葉一幹 『クリニック ・クリティック 』 (ミネルヴァ書房 )山本貴光 ・吉川浩満 『心脳問題 』 (朝日出版社 ) 7内田樹 『街場の現代思想 』 ( N T T出版 ) 8 『美少女ゲ ームの臨界点 』 (波状言論 ) ▼編集 =東浩紀 9三浦展 『ファスト風土化する日本 』 (洋泉社 ) 《新書 y 》茂木健一郎 『脳と仮想 』 (新潮社 )宮台真司 『亜細亜主義の顛末に学べ 』 (実践社 )高原英理 『ゴシックハ ート 』 (講談社 ) 1 0 『季刊前夜 』 (影書房 )創刊 ( ~ 0 7 ・ 7 ) ▼編集委員 =高橋哲哉ほか


1 1斎藤環 『文学の徴候 』 (文藝春秋 )福田和也 ・坪内祐三 『暴論 ・これでいいのだ ! 』 (扶桑社 ) →以降続刊 『ファウスト v o l ・ 4特集 「文芸合宿 ! 」 』 (講談社 ) 1 2安藤礼二 『神々の闘争 』 (講談社 )和田伸一郎 『存在論的メディア論 』 (新曜社 )仲俣暁生 『極西文学論 』 (晶文社 )

2005
 1芹沢一也 『狂気と犯罪 』 (講談社 ) 《講談社 + α新書 》 2北田暁大 『嗤う日本の 「ナショナリズム 」 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》森岡正博 『感じない男 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》絓秀実ほか 『 L E F T A L O N E 』 (明石書店 ) 3稲葉振一郎 『オタクの遺伝子 』 (太田出版 )小谷野敦 『恋愛の昭和史 』 (文藝春秋 )丸川哲史 『冷戦文化論 』 (双風舎 )佐藤優 『国家の罠 』 (新潮社 )上野俊哉 『ア ーバン ・トライバル ・スタディ ーズ 』 (月曜社 ) 4高橋哲哉 『靖国問題 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》道場親信 『占領と平和 』 (青土社 )中島岳志 『中村屋のボ ース 』 (白水社 ) 5中沢新一 『ア ースダイバ ー 』 (講談社 )鈴木謙介 『カ ーニヴァル化する社会 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》 『季刊 a t 』 (オルタ ー ・トレ ード ・ジャパン )創刊 ( ~ 0 9 ・ 4 ) 6萱野稔人 『国家とはなにか 』 (以文社 )笙野頼子 『徹底抗戦 !文士の森 』 (河出書房新社 ) 『表現者 』 (イプシロン出版企画 )創刊 7山野車輪 『マンガ嫌韓流 』 (晋遊舎 ) →以降続刊増田聡 『その音楽の 〈作者 〉とは誰か 』 (みすず書房 ) 『大航海特集 「現代日本思想地図 」 』 (新書館 ) 8佐藤泉 『戦後批評のメタヒストリ ー 』 (岩波書店 ) 9伊藤剛 『テヅカ ・イズ ・デッド 』 ( N T T出版 )三浦展 『下流社会 』 (光文社 ) 《光文社新書 》 1 0杉田俊介 『フリ ータ ーにとって 「自由 」とは何か 』 (人文書院 )宮台真司 ・北田暁大 『限界の思考 』 (双風舎 )


1 1柄谷行人 『近代文学の終り 』 (インスクリプト )本田透 『萌える男 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》本田由紀 『多元化する 「能力 」と日本社会 』 ( N T T出版 ) 《日本の 「現代 」 》フリ ーペ ーパ ー 『 W B 』 (早稲田文学会 )創刊 『水声通信 』 (水声社 )創刊 ( ~ 1 1 ・ 8 )表象文化論学会設立 1 2 『 P L A N E T S 』 (第二次惑星開発委員会 )創刊 ▼編集 =宇野常寛生田武志 『 〈野宿者襲撃 〉論 』 (人文書院 )

2006
 1本田由紀 ・内藤朝雄 ・後藤和智 『 「ニ ート 」って言うな ! 』 (光文社 ) 《光文社新書 》 2梅田望夫 『ウェブ進化論 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》木原善彦 『 U F Oとポストモダン 』 (平凡社 ) 《平凡社新書 》陣野俊史 『フランス暴動 』 (河出書房新社 ) 『 R A T I O 』 (講談社 )創刊 ▼別冊 『本 』 3第 1回 「日本 S F評論賞 」発表 ( 『 S Fマガジン 』 ) ▼全 9回 ( ~ 1 4 ・ 3 ) 4稲葉振一郎 『モダンのク ールダウン 』 ( N T T出版 )高原基彰 『不安型ナショナリズムの時代 』 (洋泉社 ) 《新書 y 》柄谷行人 『世界共和国へ 』 (岩波書店 ) 《岩波新書 》絓秀実 ・花咲政之輔編 『ネオリベ化する公共圏 』 (明石書店 )新城カズマ 『ライトノベル 「超 」入門 』 (ソフトバンククリエイティブ ) 《ソフトバンク新書 》 5佐藤優 『自壊する帝国 』 (新潮社 ) 『 V O L 』 (以文社 )創刊 6村上隆 『芸術起業論 』 (幻冬舎 )原宏之 『バブル文化論 』 (慶應義塾大学出版会 ) 7小泉義之 『 「負け組 」の哲学 』 (人文書院 )宮沢章夫 『東京大学 「 8 0年代地下文化論 」講義 』 (白夜書房 )白田秀彰 『インタ ーネットの法と慣習 』 (ソフトバンククリエイティブ ) 《ソフトバンク新書 》双風舎編集部編 『バックラッシュ ! 』 (双風舎 ) 『 S I T E Z E R O / Z E R O S I T E 』 (メディア ・デザイン研究所 )創刊 ▼編集 =田中純 8稲葉振一郎 ・立岩真也 『所有と国家のゆくえ 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》 『 C R I T I C A 』 (探偵小説研究会 )創刊

9佐藤亜紀 『小説のストラテジ ー 』 (青土社 ) 1 0阿部真大 『搾取される若者たち 』 (集英社 ) 《集英社新書 》千野帽子 『文藝ガ ーリッシュ 』 (河出書房新社 ) 「文化系ト ークラジオ L i f e 」 ( T B Sラジオ )放送開始 ▼パ ーソナリティ =鈴木謙介 1 1中沢新一 『三位一体モデル 』 (東京糸井重里事務所 )永山薫 『エロマンガ ・スタディ ーズ 』 (イ ースト ・プレス )仲正昌樹 『集中講義 !日本の現代思想 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》

2007
 1赤木智弘 「 『丸山眞男 』をひっぱたきたい 」 ( 『論座 』 ) → 『若者を見殺しにする国 』 (双風舎 、 0 7 ・ 1 0 )東浩紀 ・北田暁大 『東京から考える 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》大塚英志 『怪談前後 』 (角川学芸出版 ) 《角川選書 》 3東浩紀 『ゲ ーム的リアリズムの誕生 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》雨宮処凛 『生きさせろ ! 』 (太田出版 )蓮實重彥 『 「赤 」の誘惑 』 (新潮社 )若林幹夫 『郊外の社会学 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》 『述 』 (明石書店 )創刊 ▼近畿大学国際人文科学研究所紀要 ( ~ 1 3 ・ 3 ) 「シノドス 」設立 ▼代表 =芹沢一也 4 『表象 』 (表象文化論学会 )創刊 5鈴木謙介 『ウェブ社会の思想 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》白井聡 『未完のレ ーニン 』 (講談社 ) 《講談社選書メチエ 》安藤馨 『統治と功利 』 (勁草書房 )原武史 『滝山コミュ ーン一九七四 』 (講談社 )岡﨑乾二郎編 『芸術の設計 』 (フィルムア ート社 ) 6大澤真幸 『ナショナリズムの由来 』 (講談社 )難波功士 『族の系譜学 』 (青弓社 ) 『フリ ータ ーズフリ ー 』 (フリ ータ ーズフリ ー )創刊 ▼編集 =大澤信亮 ・杉田俊介 ・生田武志 ・栗田隆子 7上野千鶴子 『おひとりさまの老後 』 (法研 ) →以降関連書続刊


水谷真人 『批評と文芸批評と 』 (試論社 )宮沢章夫 『東京大学 「ノイズ文化論 」講義 』 (白夜書房 ) 8講談社文芸 X編集部編 『 F I C T I O N Z E R O / N A R R A T I V E Z E R O 』 (講談社 ) 9大屋雄裕 『自由とは何か 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》小森健太朗 『探偵小説の論理学 』 (南雲堂 )池上高志 『動きが生命をつくる 』 (青土社 ) 1 0荻上チキ 『ウェブ炎上 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》雨宮処凛 『プレカリア ート 』 (洋泉社 ) 《新書 y 》斎藤環 『メディアは存在しない 』 ( N T T出版 ) 1 1田中純 『都市の詩学 』 (東京大学出版会 )鈴木謙介ほか 『文化系ト ークラジオ L i f e 』 (本の雑誌社 )新潮新人賞評論部門終了 1 2 『エクス ・ポ 』 ( H E A D Z )創刊 ▼編集 =佐々木敦


2008
 1限界小説研究会編 『探偵小説のクリティカル ・タ ーン 』 (南雲堂 ) →以降シリ ーズ続刊 2 『 R e v i e w H o u s e 』 (レビュ ーハウス編集室 )創刊 ▼編集 =伊藤亜紗 ・黒瀬陽平 ・筒井宏樹 3 「東浩紀のゼロアカ道場 」開始 ( ~ 0 9 ・ 8 )稲葉振一郎 『 「公共性 」論 』 ( N T T出版 )前田塁 『小説の設計図 』 (青土社 )田村哲樹 『熟議の理由 』 (勁草書房 )土井隆義 『友だち地獄 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》泉信行 『漫画をめくる冒険上巻 ・視点 』 (ピアノ ・ファイア ・パブリッシング ) → 『下巻 ・ T H E B O O K 』 ( 0 9 ・ 5 ) 『 1 0 + 1 』 ( I N A X出版 )休刊 4湯浅誠 『反貧困 』 (岩波書店 ) 《岩波新書 》大澤真幸 『不可能性の時代 』 (岩波書店 ) 《岩波新書 》円堂都司昭 『 「謎 」の解像度 』 (光文社 ) 『思想地図 』 (日本放送出版協会 )創刊 ▼編集 =東浩紀 ・北田暁大 、全 5号 ( ~ 1 0 ・ 3 ) 5大澤真幸 『 〈自由 〉の条件 』 (講談社 )中島一夫 『収容所文学論 』 (論創社 ) 『ロスジェネ 』 (かもがわ出版 )創刊 ▼全 4号 ( ~ 1 0 ・ 4 ) 『季刊インタ ーコミュニケ ーション 』 ( N T T出版 )休刊 6速水健朗 『ケ ータイ小説的 。 』 (原書房 )栗原裕一郎 『 〈盗作 〉の文学史 』 (新曜社 ) 7宇野常寛 『ゼロ年代の想像力 』 (早川書房 )森岡正博 『草食系男子の恋愛学 』 (メディアファクトリ ー )


8福田和也 『昭和天皇第 1部 』 (文藝春秋 ) ▼全 7部 ( ~ 1 4 ・ 4 )二木信 ・松本哉編 『素人の乱 』 (河出書房新社 ) 9貝澤哉 『引き裂かれた祝祭 』 (論創社 )大澤真幸編 『アキハバラ発 』 (岩波書店 )佐々木俊尚 『ブログ論壇の誕生 』 (文藝春秋 ) 《文春新書 》 『 P O S S E 』 (堀之内出版 )創刊 1 0濱野智史 『ア ーキテクチャの生態系 』 ( N T T出版 ) 「早稲田文学十時間連続公開シンポジウム ─ ─文芸批評と小説あるいはメディアの現在から未来をめぐって 」開催 『論座 』 (朝日新聞社 )休刊 『悍 』 (白順社 )創刊 ( ~ 1 0 ・ 5 ) 1 1水村美苗 『日本語が亡びるとき 』 (筑摩書房 )佐々木中 『夜戦と永遠 』 (以文社 )安藤礼二 『光の曼陀羅 』 (講談社 ) 1 2田中純 『政治の美学 』 (東京大学出版会 )岩崎稔編 『戦後日本スタディ ーズ 』 (紀伊國屋書店 ) ▼全 3巻 ( ~ 0 9 ・ 9 )岡真理 『アラブ 、祈りとしての文学 』 (みすず書房 ) 

2009
3笠井潔 『例外社会 』 (朝日新聞出版 )五十嵐太郎編 『ヤンキ ー文化論序説 』 (河出書房新社 ) 4宮台真司 『日本の難点 』 (幻冬舎 ) 《幻冬舎新書 》 5廣瀬純 『シネキャピタル 』 (洛北出版 )仲正昌樹 『 〈学問 〉の取扱説明書 』 (作品社 ) →以降シリ ーズ続刊 6 『大航海 』 (新書館 )休刊 7佐々木敦 『ニッポンの思想 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》毛利嘉孝 『ストリ ートの思想 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》小熊英二 『 1 9 6 8 』上 ・下 (新曜社 )都甲幸治 『偽アメリカ文学の誕生 』 (水声社 ) 8高原基彰 『現代日本の転機 』 (日本放送出版協会 ) 《 N H Kブックス 》 『 a tプラス 』 (太田出版 )創刊 『演劇人 』 (演劇人会議 )休刊 9門林岳史 『ホワッチャドゥ ーイン 、マ ーシャル ・マクル ーハン ? 』 ( N T T出版 ) 1 1内田樹 『日本辺境論 』 (新潮社 ) 《新潮新書 》


津田大介 『 T w i t t e r社会論 』 (洋泉社 ) 《新書 y 》 1 2 『利賀から世界へ 』 (舞台芸術財団演劇人会議 )創刊

2010
 2前島賢 『セカイ系とは何か 』 (ソフトバンククリエイティブ ) 《ソフトバンク新書 》 4福嶋亮大 『神話が考える 』 (青土社 )コンテクチュアズ設立 →ゲンロン ( 1 2 ・ 4 ~ ) ▼のち代表 =東浩紀黒瀬陽平 「カオス *ラウンジ宣言 2 0 1 0 」 5東浩紀 ・濱野智史編 『 i s e d情報社会の倫理と設計 』倫理篇 ・設計篇 (河出書房新社 ) 『 . r e v i e w 』 ( . r e v i e w )創刊 ▼編集 =西田亮介ら 6柄谷行人 『世界史の構造 』 (岩波書店 ) 8古市憲寿 『希望難民ご一行様 』 (光文社 ) 《光文社新書 》 9 『 K o t o b a 』 (集英社 )創刊 『ユリイカ特集 「 1 0年代の日本文化のゆくえ 」 』 (青土社 ) 1 0佐々木中 『切りとれ 、あの祈る手を 』 (河出書房新社 )大澤信亮 『神的批評 』 (新潮社 )小谷野敦 『現代文学論争 』 (筑摩書房 ) 《筑摩選書 》黒岩比佐子 『パンとペン 』 (講談社 )遠藤知巳編 『フラット ・カルチャ ー 』 (せりか書房 ) 1 1山城むつみ 『ドストエフスキ ー 』 (講談社 ) 1 2平倉圭 『ゴダ ール的方法 』 (インスクリプト )

2011
 1 『思想地図 β 』 (コンテクチュアズ →ゲンロン )創刊 ▼全 5冊 ( ~ 1 3 ・ 1 1 )國分功一郎 『スピノザの方法 』 (みすず書房 ) 2佐々木俊尚 『キュレ ーションの時代 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》 3池田純一 『ウェブ ×ソ ーシャル ×アメリカ 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》 4 『朝日新聞 』 「論壇時評 」の担当が高橋源一郎に ▼前担当 =東浩紀



5大澤真幸 ・橋爪大三郎 『ふしぎなキリスト教 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》山崎亮 『コミュニティデザイン 』 (学芸出版社 ) 6開沼博 『 「フクシマ 」論 』 (青土社 )大野更紗 『困ってるひと 』 (ポプラ社 ) 7宇野常寛 『リトル ・ピ ープルの時代 』 (幻冬舎 ) 8中沢新一 『日本の大転換 』 (集英社 ) 《集英社新書 》上野千鶴子 『ケアの社会学 』 (太田出版 )高山宏 『新人文感覚 1 』 (羽鳥書店 ) →第 2巻 ( 1 1 ・ 1 1 )多根清史 『教養としてのゲ ーム史 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》西谷真理子編 『ファッションは語りはじめた 』 (フィルムア ート社 ) 9古市憲寿 『絶望の国の幸福な若者たち 』 (講談社 )大澤真幸 『 〈世界史 〉の哲学古代編 』 (講談社 ) →以降続刊村上裕一 『ゴ ーストの条件 』 (講談社 ) 《講談社 B O X 》 1 0國分功一郎 『暇と退屈の倫理学 』 (朝日出版社 )速水健朗 『ラ ーメンと愛国 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》池田雄一 『メガクリティック 』 (文藝春秋 )芹沢一也 ・荻上チキ 『日本を変える 「知 」 』 (光文社 ) → 「シノドス ・リ ーディングス 」以降続刊 1 1與那覇潤 『中国化する日本 』 (文藝春秋 )浜崎洋介 『福田恆存思想の 〈かたち 〉 』 (新曜社 )市田良彦ほか 『脱原発 「異論 」 』 (作品社 ) 『アルテス 』 (アルテスパブリッシング )創刊 ( ~ 1 5 . 9 ) 1 2東浩紀 『一般意志 2 ・ 0 』 (講談社 )佐々木敦 『未知との遭遇 』 (筑摩書房 )


2012
 1井上明人 『ゲ ーミフィケ ーション 』 ( N H K出版 )宇野常寛 ・濱野智史 『希望論 』 ( N H K出版 ) 《 N H Kブックス 》磯部涼 『音楽が終わって 、人生が始まる 』 (アスペクト )大塚英志 ・宮台真司 『愚民社会 』 (太田出版 ) 「新世代が解く !ニッポンのジレンマ 」 ( N H K Eテレ )放送開始


2絓秀実 『反原発の思想史 』 (筑摩書房 ) 《筑摩選書 》 3江中直紀 『ヌ ーヴォ ー ・ロマンと日本文学 』 (せりか書房 ) 『 f a s h i o n i s t a 』創刊 → 『 v a n i t a s 』 (アダチプレス ) (第 2号 ~ ) 4津田大介 『動員の革命 』 (中央公論新社 ) 《中公新書ラクレ 》五野井郁夫 『 「デモ 」とは何か 』 ( N H K出版 ) 《 N H Kブックス 》安田浩一 『ネットと愛国 』 (講談社 )飯田一史 『ベストセラ ー ・ライトノベルのしくみ 』 (青土社 ) 5坂口恭平 『独立国家のつくりかた 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》橘玲 『 (日本人 ) 』 (幻冬舎 )新雅史 『商店街はなぜ滅びるのか 』 (光文社 ) 《光文社新書 》小森健太朗 『探偵小説の様相論理学 』 (南雲堂 ) 6三浦哲哉 『サスペンス映画史 』 (みすず書房 )斎藤環 『世界が土曜の夜の夢なら 』 (角川書店 ) 7カルチュラル ・スタディ ーズ学会設立 8小熊英二 『社会を変えるには 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》小林よしのり ・中森明夫 ・宇野常寛 ・濱野智史 『 A K B 4 8白熱論争 』 (幻冬舎 ) 《幻冬舎新書 》 9渡部直己 『日本小説技術史 』 (新潮社 )原武史 『レッドアロ ーとスタ ーハウス 』 (新潮社 )さやわか 『僕たちのゲ ーム史 』 (星海社 ) 《星海社新書 》松谷創一郎 『ギャルと不思議ちゃん論 』 (原書房 )阿部公彦 『文学を 〈凝視する 〉 』 (岩波書店 )平野啓一郎 『私とは何か 』 (講談社 ) 《講談社現代新書 》 『 n e o n e o 』 ( n e o n e o編集室 )創刊 1 1柄谷行人 『哲学の起源 』 (岩波書店 )津田大介 『ウェブで政治を動かす ! 』 (朝日新聞出版 ) 《朝日新書 》池田純一 『デザインするテクノロジ ー 』 (青土社 )今野晴貴 『ブラック企業 』 (文藝春秋 ) 《文春新書 》 1 2濱野智史 『前田敦子はキリストを超えた 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》渡邉大輔 『イメ ージの進行形 』 (人文書院 )野間易通 『金曜官邸前抗議 』 (河出書房新社 ) 


2013
1鈴木健 『なめらかな社会とその敵 』 (勁草書房 )藤田直哉 『虚構内存在 』 (作品社 ) 2 「ゲンロンカフェ 」オ ープン ▼代表 =東浩紀

3白井聡 『永続敗戦論 』 (太田出版 ) 《 a tプラス叢書 》開沼博 『漂白される社会 』 (ダイヤモンド社 ) 『子午線 』 (子午線編集部 )創刊 4木村草太 『憲法の創造力 』 ( N H K出版 ) 《 N H K出版新書 》 「荻上チキ ・ S e s s i o n 2 2 」 ( T B Sラジオ )放送開始 5大澤信亮 『新世紀神曲 』 (新潮社 )西田亮介 『ネット選挙 』 (東洋経済新報社 ) 6鈴木涼美 『 「 A V女優 」の社会学 』 (青土社 ) 「岩波現代全書 」 (岩波書店 )創刊 ▼第 1巻 =國分功一郎 『ドゥル ーズの哲学原理 』 7岩下朋世 『少女マンガの表現機構 』 ( N T T出版 ) 8中島岳志 『血盟団事件 』 (文藝春秋 )ドミニク ・チェン 『インタ ーネットを生命化する 』 (青土社 ) 9國分功一郎 『来るべき民主主義 』 (幻冬舎 ) 《幻冬舎新書 》東島誠 ・與那覇潤 『日本の起源 』 (太田出版 ) 《 a tプラス叢書 》 1 0千葉雅也 『動きすぎてはいけない 』 (河出書房新社 )福嶋亮大 『復興文化論 』 (青土社 )中森明夫 『午前 3 2時の能年玲奈 』 (河出書房新社 ) 1 1立木康介 『露出せよ 、と現代文明は言う 』 (河出書房新社 )木村朗子 『震災後文学論 』 (青土社 )中田健太郎 『ジョルジュ ・エナン 』 (水声社 ) 《シュルレアリスムの 2 5時 》 1 2黒瀬陽平 『情報社会の情念 』 ( N H K出版 ) 《 N H Kブックス 》

2014
 1小林よしのり 『ゴ ーマニズム宣言 S P E C I A L大東亜論 』 (小学館 )三輪健太朗 『マンガと映画 』 ( N T T出版 ) 4絓秀実 『天皇制の隠語 』 (航思社 )古谷経衡 『若者は本当に右傾化しているのか 』 (アスペクト ) 5松浦寿輝 『明治の表象空間 』 (新潮社 ) 6蓮實重彥 『 「ボヴァリ ー夫人 」論 』 (筑摩書房 )石岡良治 『視覚文化 「超 」講義 』 (フィルムア ート社 )西川アサキ 『魂のレイヤ ー 』 (青土社 )


7東浩紀 『弱いつながり 』 (幻冬舎 ) 9佐々木敦 『あなたは今 、この文章を読んでいる 。 』 (慶應義塾大学出版会 )藤村龍至 『批判的工学主義の建築 』 ( N T T出版 ) 1 0吉川浩満 『理不尽な進化 』 (朝日出版社 ) 『角川インタ ーネット講座 』 (角川学芸出版 )刊行開始 ▼全 1 5巻 ( ~ 1 5 ・ 1 0 ) 1 1安藤礼二 『折口信夫 』 (講談社 )山本貴光 『文体の科学 』 (新潮社 ) 


2015
1大澤聡 『批評メディア論 』 (岩波書店 ) 『 n y x 』 (堀之内出版 )創刊 2小谷野敦 『江藤淳と大江健三郎 』 (筑摩書房 )中田考 『カリフ制再興 』 (書肆心水 )九龍ジョ ー 『メモリ ースティック 』 ( D U B O O K S )内田樹 ・白井聡 『日本戦後史論 』 (徳間書店 ) 『すばる特集 「批評の更新 2 0 1 5 」 』 (集英社 ) 3石岡良治 『 「超 」批評視覚文化 ×マンガ 』 (青土社 ) 4松本卓也 『人はみな妄想する 』 (青土社 )武田砂鉄 『紋切型社会 』 (朝日出版社 ) 5岸政彦 『断片的なものの社会学 』 (朝日出版社 )高橋源一郎 『ぼくらの民主主義なんだぜ 』 (朝日新聞出版 ) 《朝日新書 》 『環 』 (藤原書店 )第 Ⅰ期終刊 6渡部直己 『小説技術論 』 (河出書房新社 ) 9高橋源一郎 ・ S E A L D s 『民主主義ってなんだ ? 』 (河出書房新社 ) 1 0 S E A L D s 『 S E A L D s民主主義ってこれだ ! 』 (大月書店 )森田真生 『数学する身体 』 (新潮社 )加藤典洋 『戦後入門 』 (筑摩書房 ) 《ちくま新書 》 『岩波講座現代 』 (岩波書店 )刊行開始 ▼全 9巻 1 1落合陽一 『魔法の世紀 』 ( P L A N E T S ) 1 2 『ゲンロン 』 (ゲンロン )創刊

さやわか 『キャラの思考法 』 (青土社 ) 『シネ砦 F o r t C i n e m a 』 (ソリレス書店 )創刊

2016
 1佐々木敦 『ゴダ ール原論 』 (新潮社 )市田良彦 ・王寺賢太編 『現代思想と政治 』 (平凡社 ) 2佐藤嘉幸 ・田口卓臣 『脱原発の哲学 』 (人文書院 )藤田直哉編 『地域ア ート 』 (堀之内出版 ) 3栗原康 『村に火をつけ 、白痴になれ 』 (岩波書店 )吉見俊哉 『視覚都市の地政学 』 (岩波書店 )藤井光 『タ ーミナルから荒れ地へ 』 (中央公論新社 ) 4石川義正 『錯乱の日本文学 』 (航思社 )速水健朗 『東京 β 』 (筑摩書房 ) 6ブレイディみかこ 『ヨ ーロッパ ・コ ーリング 』 (岩波書店 ) 7福嶋亮大 『厄介な遺産 』 (青土社 )工藤庸子編 『論集蓮實重彥 』 (羽鳥書店 )










0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home