月曜日, 6月 12, 2017

入門 環境経済学 環境問題解決へのアプローチ (中公新書) Kindle版 日引聡 (著), 有村俊秀 (著)


入門 環境経済学 環境問題解決へのアプローチ (中公新書) 日引聡 (著), 有村俊秀 (著)2002

http://nam-students.blogspot.jp/2017/06/kindle-5-47-10.html


取引費用の問題を改善しながら、コースの定理を応用した環境政策として、排出量取引という制度があり、アメリカではすでに用いられている。


排出量取引導入前の排出需要曲線:

  

  価↑                        ↑価

  格|\                      |格

   | \                     |

   |  \                    |

   |   \                _- ̄|

   |    \            _- ̄   |

   |     \        _- ̄      |  

   |      \    _- ̄         |  

  ←|_______\_- ̄____________|→

   OA                      OB 

       ←温室効果ガス排出量→



温室効果ガス排出量をĒにするということは、この図全体の幅をĒに縮めるということである(図下)。このとき、排出枠の需要と供給が釣り合う市場での価格は、2ヵ国それぞれの需要曲線の交点Gの高さPになる。このとき、A国の需要量はEA*、B国の需要量はEB*となり、両国の需要量を合わせると図の横幅、つまり、Ēに等しくなる。価格がPより高ければ、需要が供給より小さくなるため価格が低下し、逆であれば価格は上昇し、均衡価格Pが実現すると考えられる。


排出量取引導入後の排出需要曲線:


  価↑                  ↑価

  格|\                |格

   | \               |

   |  \              |

   |   \          _- ̄|

   |    \      _- ̄   |

   |    |\G _- ̄      |  

 P*|-----_- ̄---------|

  ←|___-|__\_________|→

  OA                OB

    EA*      EB*   

      ←温室効果ガス排出量Ē→


排出量取引の結果、排出削減の容易なB国では排出が多く削減され、そうでないA国では、排出削減はそれほどでもない、ということなのである。







入門 環境経済学 環境問題解決へのアプローチ (中公新書)2002





1 Comments:

Blogger yoji said...

入門 環境経済学 環境問題解決へのアプローチ (中公新書) Kindle版 日引聡 (著), 有村俊秀 (著) 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

排出量取引導入前の排出需要曲線:
  
  価↑                        ↑価
  格|\                      |格
   | \                     |
   |  \                    |
   |   \                _- ̄|
   |    \            _- ̄   |
   |     \        _- ̄      |  
   |      \    _- ̄         |  
  ←|_______\_- ̄____________|→
   OA                      OB


排出量取引導入後の排出需要曲線:

  価↑                  ↑価
  格|\                |格
   | \               |
   |  \              |
   |   \          _- ̄|
   |    \      _- ̄   |
   |    |\  _- ̄      |  
   |-----_- ̄---------|
  ←|___-|__\_________|→
   OA                OB

排出量取引の結果、排出削減の容易なB国では排出が多く削減され、そうでないA国では、排出削減はそれほどでもない、ということなのである。

10:38 午後  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home