水曜日, 1月 10, 2018

スピノザと動物たち アリエル・シュアミ:著, アリア・ダヴァル:著, 大津真 作:訳 2017 Ariel Suhamy & Alia Daval, Spinoza par les bêtes, Paris,Ollendorf & Desseins, 2008.

                     ( スピノザリンク:::::::::

スピノザと動物たち アリエル・シュアミ:著, アリア・ダヴァル 2017 Ariel Suhamy & Alia Daval, Spinoza par les bêtes, 2008.

http://nam-students.blogspot.jp/2018/01/2017-ariel-suhamy-alia-daval-spinoza.html



スピノザと動物たち アリエル・シュアミ:著, アリア・ダヴァル:著, 大津 真 作:訳 2017/12
 Ariel Suhamy & Alia Daval, Spinoza par les bêtes, Paris, Ollendorf & Desseins, 2008.

http://red.ap.teacup.com/izumisz/118.html


スピノザと動物たち

  • 単行本: 173ページ
  • 出版社: 法政大学出版局 (2017/12/22)
  • 言語: 日本語
想像以上に文字が多くスピノザ有段者向け…(その分訳者による註は充実しているが)
絵の比率が低い
例えば13話で紋章の話が出るが以下の図版は採用されていない
#1
「蜘蛛が張る蜘蛛の巣は,人間には非常な困難をもってしか作ることはできない。一方,人間は,おそらく天使にさえ不可能な,実に多くのことをきわめて容易になし遂げる」。*
*『デカルトの哲学原理』第1部,定理7,備考。52頁。
#8
それでは,いま~~とスピノザは言う~~線分の一端を動かないようにして,線分が回転するとわざと仮構してみたら,そのときには,円についての真の観念を私は生成することになる。特性(諸点の等距離性)のほうは,そこから必然的に出てくる。虚構だとはスピノザも認める。なぜなら, どのような円も自然からは生まれないからだ。とはいえ,虚構は現実と再び一緒になっている。というのも, この虚構は,円の本質を生み出すことができるもつとも簡単な方法を表現しているからだ。*
『知性改善論』(95)75頁。「……こうした定義は,円のある特性を明らかにするに過ぎない……」。
起成原因なる語は使われない。

#24
「都市国家の平和が臣民の無気力の結果にすぎず,臣民がまるで家畜のように導かれていて,単に隷属することのみを知っているにすぎない場合には,都市国家というよりはむしろ荒野の名がふさわしい」
『国家論』第5,第4節,57頁。

 Ariel Suhamy & Alia Daval, Spinoza par les bêtes, Paris, Ollendorf & Desseins, 2008.
 こちらは、ちょっと楽しい本。題名通り、蜘蛛から(書簡32に出てくる)イソップの山羊に至るまで、スピノザと関わりがあったり、スピノザの著作に出てくる動物たちとの関係でスピノザの思索を見ていくもの。スピノザと非人間主義的思考を考えるためにも、何かインスピレーションを与えてくれるかも知れない。


内容紹介

蜘蛛、馬、犬、獅子、ネズミ、そしてペガサスやセイレン……。テキストに登場する動物やキマイラたちの寓話と、たくさんの美しいイラストを通じて、スピノザ哲学の核心をみごとに解説する全30話の入門書! 無限の力である〈神=自然〉の外には何もないスピノザ的宇宙にあって、人間とはどんな生き物なのか? 迷える人びとに知的幸福をもたらしてくれる、哲学の不思議な動物園へようこそ。

内容(「BOOK」データベースより)

蜘蛛、馬、獅子、ネズミ、そしてペガサスやセイレン…。テキストに登場する動物やキマイラたちの寓話と、たくさんの美しいイラストを通じて、スピノザ哲学の核心にいざなう全30話の入門書。

著者について

(Ariel Suhamy)
高等師範学校卒(ノルマリアン)で、哲学教員資格者ならびに哲学博士。学位論文『スピノザにおける善のコミュニケーション』(ガルニエ)のほかに、共著で『スピノザ』(エリプス)、共同編集で『自由なマルチチュード、『国家論』の新しい読み方』(エディシヨン・アムステルダム)など、スピノザに関する数本のエッセーと論文の著者。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

シュアミ,アリエル
ノルマリアンで、哲学教員資格者ならびに哲学博士。学位論文『スピノザにおける善のコミュニケーション』(ガルニエ)のほかに、スピノザに関する数本のエッセーと論文の著者

ダヴァル,アリア
ニース国立芸術高等学院卒。科学画家として長年先史研究所に勤務。2002年からマルチメディア集団セルヴォヴァルヴの一員。『スピノザと動物たち』は初めての著作

大津/真作
1945年大阪府生まれ。西欧社会思想史専攻。甲南大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



スピノザと動物たち

Ariel Suhamy, Alia Daval, 

スピノザと動物たち

A5判変型 172ページ 並製
定価:2,700円+税
ISBN978-4-588-15087-6 C1010
奥付の初版発行年月:2017年12月 / 発売日:2017年12月下旬


蜘蛛、馬、犬、獅子、ネズミ、そしてペガサスやセイレン……。テキストに登場する動物やキマイラたちの寓話と、たくさんの美しいイラストを通じて、スピノザ哲学の核心をみごとに解説する全30話の入門書! 無限の力である〈神=自然〉の外には何もないスピノザ的宇宙にあって、人間とはどんな生き物なのか? 迷える人びとに知的幸福をもたらしてくれる、哲学の不思議な動物園へようこそ。


目次

第1話 蜘 蛛
第2話 二匹の犬
第3話 人間、ロバ、象
第4話 血のなかにいる虫
第5話 海の魚
第6話 天使とネズミ
第7話 翼のある馬の観念
第8話 キマイラ
第9話 驚 き
第10話 痕 跡
第11話 前 兆
第12話 奇 蹟
第13話 隣人の雌鶏
第14話 作者の考え
第15話 神の法
第16話 石の落下
第17話 ビュリダンのロバ
第18話 陶工の神
第19話 馬のリビドー
第20話 蜜蜂と鳩
第21話 獅 子
第22話 蛇
第23話 憂鬱な気分の人
第24話 家 畜
第25話 記憶喪失に陥った詩人
第26話 二匹の犬
第27話 子 供
第28話 社会的動物
第29話 セイレンたち
第30話 イソップのヤギ


文献抄
訳者あとがき

2 Comments:

Blogger yoji said...

スピノザと動物たち

 こちらは、ちょっと楽しい本。題名通り、蜘蛛から(書簡32に出てくる)イソップの山羊に
至るまで、スピノザと関わりがあったり、スピノザの著作に出てくる動物たちとの関係で
スピノザの思索を見ていくもの。スピノザと非人間主義的思考を考えるためにも、何か
インスピレーションを与えてくれるかも知れない。
http://www.ajup-net.com/bd/ISBN978-4-588-15087-6.html
第1話 蜘 蛛/第2話 二匹の犬/第3話 人間、ロバ、象/
第4話 血のなかにいる虫/第5話 海の魚
第6話 天使とネズミ/第7話 翼のある馬の観念/第8話 キマイラ
第9話 驚 き/第10話 痕 跡
第11話 前 兆/第12話 奇 蹟
第13話 隣人の雌鶏/第14話 作者の考え
第15話 神の法/第16話 石の落下
第17話 ビュリダンのロバ/第18話 陶工の神
第19話 馬のリビドー/第20話 蜜蜂と鳩
第21話 獅 子/第22話 蛇
第23話 憂鬱な気分の人/第24話 家 畜
第25話 記憶喪失に陥った詩人/第26話 二匹の犬
第27話 子 供/第28話 社会的動物/第29話 セイレンたち/第30話 イソップのヤギ

4:15 午前  
Blogger yoji said...

文字が多くスピノザ有段者向け

3:49 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home