火曜日, 10月 15, 2019

東京防災

ワルラス安定とマーシャル安定


参考:
http://homepage1.nifty.com/gujyo-economic-res/micro.files/w-antei.htm リンク切れ
ワルラス安定とマーシャル安定:

 P|
  |D       S
P0|_\a___b/
  |  \ ▽ /
  |   \ /
  |    Xe
  |   / \     
P1|__/_△_\
  |S/c   d\D
 0|____________
          Q

上図の場合で考えてみよう。価格がP0の水準にあるとき、abだけの超過供給が生じているために
均衡点eに向かって価格は下落▽します。
 一方、価格がP1のときにはcdだけ超過需要の存在のために価格はeに向かって上昇△します。
 このように価格の変動を通して、需給が均衡することをワルラス安定といいいます。均衡への収束が
生じないケースはこれに反してワルラス不安定と呼ばれます。

 P|
  |D       S
P0| \     /
  | a\   /c
  | | \ / |
  | |▷ X ◁|
  | | /e\ |     
P1| b/   \d
  |S/     \D
 0|_|_____|________
    Q0    Q1   Q

上図で取引量がQ0の水準にあるときには需要価格PDが供給価格PSをabだけ上回っているために
超過需要価格が生じていることから、取引量は均衡eの方向に移動▷して需給均衡が成立します。
 一方、取引量がQ1の水準にあるときにはcdだけ超過需要価格が発生していることから、取引量は
eに向かって減少◁し需給均衡が成立します。
 このように、取引量(数量)の調整によって、市場均衡が成立することをマーシャル安定といい、
数量調整が需給を均衡させる方向に作用しない場合にはマーシャル不安定と呼びます。

追記:
(上の図を雇用に置き換えるとデフレ時には給料を下げる▽のではなく解雇◁で対応する方が
資本家にとって簡単なので長期的には供給能力が毀損されると言われる。
イノベーションのきっかけになるという学者もいる。)

Stephanie Kelton For President The HeisenbergOct. 14, 2019 5:56 PM ET



Stephanie Kelton For President

Irrespective of what happens from here in the Sino-US trade dispute, investors believe the damage to the global economy is done.

Trade uncertainty is probably here to stay, as is populist politics in one form or another.

Central banks were already constrained in their capacity to rescue the world, and persistent trade uncertainty makes it mission impossible with rates already so close to the lower bound.

Ironically, populism may have the solution for the economic malaise that was in part precipitated by protectionism run amok.

Here's a look at the nexus between trade wars, monetary policy at the limits and the current political environment.

By 9:30 a.m. in New York on Monday, sentiment around the "Phase One" trade "deal" announced during a glorified Oval Office photo op on Friday afternoon had deteriorated so much that Global Times editor Hu Xijiin (whose tweets are generally seen as Party pronouncements) had to step in.

"Based on what I know, China-US trade talks made [a] breakthrough last week and the two sides have the strong will to reach a final deal," Hu said, adding that although the "initial statement of the Chinese side is moderate... it doesn't mean China's real attitude is not positive."

Hu was clearly responding to a Bloomberg sources story which suggested that Beijing is already seeking another round of talks before anything is finalized with regard to the nebulous agreement unveiled in Washington late last week. I documented the "deal" in a Friday evening post for readers here. Suffice to say that in the 48 hours since, the sellside hasn't been able to divine anything above and beyond what was mentioned by President Trump at the White House.

To give you an idea about the general tone across desks as it relates to the "Phase One" agreement, Goldman called it " fairly straightforward [in] certain aspects," which sounds like a euphemistic way of saying "clear as mud."

I'm editorializing there - the bank was pretty charitable in their brief assessment delivered in a Saturday note, but the point is simply that the President and Chinese Vice Premier Liu He didn't give market participants much to chew on, probably because not much was actually accomplished beyond China committing to ramp up farm purchases. Here's an excerpt from a BofA note out Sunday:

What we don’t know..? A lot, but watch the markets. A lot of details are still missing and much still needs to be agreed upon such as China subsidies and support to SOEs, enforcement mechanisms. The tone from China is cautious and government media news agencies still characterize the situation as facing many uncertainties, but have called the deal rational and pragmatic. However, they have not confirmed whether President Xi will sign the deal at the November APEC Summit. This paradox of known knowns and remaining unknowns is reflected in markets.

Steve Mnuchin on Monday morning told CNBC that barring further progress between now and then, 15% tariffs on $160 billion in additional Chinese goods will still go into effect on December 15. That's a source of consternation for markets and also for Beijing which, according to Bloomberg's reporting, wants that threat taken off the table. Here's an updated breakdown of the tariffs vis-à-vis China:

(Heisenberg)

Note that in addition to being skewed towards consumer goods (which is obviously a problem for a US economy that's now running almost solely on the consumer) the timing of the December escalation coincides with the last FOMC meeting of the year.

I've mentioned this previously, but it bears repeating: Donald Trump's primary source of leverage over Fed policy is his ability to engineer rate cuts with tariff escalations. The reason he has been so "successful" (if that's how you want to frame things) in that regard has more to do with market pricing than it does with business uncertainty. A recent study by Goldman found that Trump's trade tweets were far more impactful at moving market pricing towards additional Fed cuts than tweets about monetary policy itself. When market pricing moves in that direction, it corners the Fed. Here's why (via a July Goldman note):

It starts from the observation that Fed officials now seem to put greater weight on bond market pricing in making monetary policy decisions than in the past, partly because they worry more about the consequences of disappointing market expectations for cuts and partly because some of them put a significant amount of weight on bond market signals in gauging the outlook for growth and inflation. This can lead to a positive feedback loop between more dovish bond market pricing and more dovish central bank decisions. This feedback loop might not be broken until the economic data signal very decisively that further easing is inappropriate.

As to whether President Trump understood that in July of 2018 when he began to criticize the Jerome Powell Fed just as the trade war got going in earnest, you can color me skeptical.

But, the President has doubtlessly figured it out. Indeed, he's now an expert in playing the game. How many times, over the past six months, have you heard Peter Navarro and Larry Kudlow tell CNBC, Bloomberg and Fox Business that the "market thinks Trump is right on the Fed" (or some riff on that general theme)? They have said that on too many occasions to document, and that's indicative of the extent to which the White House is using the dynamic described above by Goldman to their advantage.

I do not believe that the President would (or even "should") give up that leverage by taking the December tariff escalation off the table with China.

The reference to "should" is just me looking at things from a strategic perspective. From a normative perspective, all of these tariffs should be lifted, because they are deep-sixing the global economy. Both the IMF and the OECD project the slowest pace of growth since the crisis in 2019. In their latest update, the OECD was emphatic. Here's an excerpt from a scathing assessment by OECD chief economist Laurence Boone:

The proliferation of tariffs and subsidies and the increasing unpredictability of trade policies have destroyed growth in international trade, triggering a sharp slowdown in industrial output and investments. When companies do not know what tomorrow will bring, they exercise their “wait-and-see option”. Given that an investment is a long-term commitment, they are waiting for this insidious trade war to settle down in order to know where to invest. However, when temporary uncertainty is recurrent and rooted, large amounts of investments are withheld, thereby affecting not just present day demand but also tomorrow’s growth potential and employment.

The problem now is that even if the US and China were to miraculously strike a comprehensive deal that removes all tariffs and non-tariff barriers immediately, it would be too late - not necessarily too late to avert a catastrophe, but certainty too late to avoid a deepening of the current global slump.

If you don't believe me (or the IMF or the OECD), just ask the 57 fund managers across multiple continents who participated in the latest edition of BofA's FX and rates sentiment survey. Asked to choose from a variety of statements regarding the prospects for the flagging global economy, respondents overwhelmingly chose "The global uncertainty shock has been so persistent that lasting damage has been done and policy action will be too little, too late."

(BofA)

Together, the participants in the survey control more than $800 billion in AUM.

Obviously, the plunge in global bond yields in 2019 telegraphed something about the outlook for growth and inflation, although it shouldn't be lost on readers that the plunge in long-end Treasury yields in August was at least partially attributable to hedging flows. The same BofA survey mentioned above found 55% of respondents saying a fundamental reassessment of the global growth and inflation outlook has been the driving force behind the rates rally.

It seems unlikely that trade tensions are going to abate entirely anytime soon. Indeed, the US on Monday got the final green light from the WTO to impose tariffs on Europe in the long-running dispute over Airbus subsidies. A parallel case involving Boeing is expected to be adjudicated early next year, at which point Brussels will likely retaliate, although Europe continues to beg Washington to reconsider.

There is virtually no chance that the structural issues at the heart of the Trump administration's dispute with China will ever be resolved once and for all. Indeed, if you read Elizabeth Warren's trade plan, it is entirely possible to argue that although Warren would likely be easier for other nations to deal with on a personal basis, her actual terms would be even more onerous than Trump's. You can probably make a similar argument with regard to Bernie Sanders.

With monetary policy having reached the apparent limits of its effectiveness, this all makes for a rather vexing quandary. BofA's Barnaby Martin (he's technically head of the bank's European credit team, but his weekly notes are expansive in terms of topics addressed) recently warned that trade uncertainty poses a "daunting headwind" to new QE in Europe. Implicit in his take was that monetary easing the world over is being hamstrung not just by mechanical constraints associated with the lower bound for rates and the various operational and political hurdles to more asset purchases, but by persistent and seemingly intractable trade frictions.

Global trade volumes, he wrote, "are now contracting at their fastest rate since late 2009" and, worryingly, that's unfolding at a time when world GDP growth is still positive. That juxtaposition is a relative rarity over the last two decades.

(BofA)

For Martin, the future is what he calls "public-private policy partnerships," wherein QE effectively frees up governments to borrow.

I've been over this before (both here and elsewhere) but it bears repeating ad nauseam. "If QE is sizable enough, the transformation in debt-to-GDP ratios can be meaningful," Martin wrote in a separate note last month. Have a look at the following two charts which illustrate the point:

(BofA)

The idea is that as central banks onboard government debt, it theoretically de-risks the market, reducing the odds of tantrums, and making "higher sovereign debt levels attainable," to quote BofA.

Of course, there's a (compelling) argument to be made that the more beholden a given government bond market is to the central bank, the higher the tantrum risk given that market functioning becomes impaired as ownership becomes more concentrated in the hands of the benefactors with the printing presses.

That rather important caveat aside, though, the thrust of this is that monetary policy will eventually become an extension of fiscal policy, as politicians borrow to finance ambitious agenda items in a world where the old "rules" (e.g., the Phillips curve) no longer apply.

If that sounds like central banks directly financing spending by their own governments, that's because it is and, increasingly, it's seen as the only arrow left in the quiver when it comes to reviving moribund inflation and engineering robust growth.

This is the ultimate irony of populism both on the left and right.

The protectionist bent on trade and the policy prescriptions which generally accompany a narrative that revolves around rescuing "our" workers and "our" industries and "our" middle class (that narrative is shared by President Trump, Elizabeth Warren and Bernie Sanders), are detrimental to global growth in a world that has, for decades, run on the assumption that globalization would continue apace, making markets and supply chains ever more interconnected and borders less and less relevant.

But, paradoxically, populism also has what might be the only viable prescription when it comes to making a serious run at reviving global growth and engineering robust expansions. That prescription involves pairing monetary policy with fiscal stimulus in MMT-esque fashion ("MMT" is, of course, the acronym for Modern Monetary Theory). Here's BofA's Martin one more time:

In fact, low rates and QE will become essentials in helping governments create ‘fiscal space’ and manage the transition to higher debt levels. At the extreme [they may] participate in ideas such as MMT, in our view.

You're reminded that while the likes of Bernie Sanders and Alexandria Ocasio-Cortez are the politicians most associated with MMT in the US, Donald Trump is arguably implementing it in real-time, on Twitter. This might rub some readers the wrong way, but the fact of the matter is that when you are issuing debt to finance tax cuts while simultaneously demanding the central bank cut rates to zero and restart QE (as the President has explicitly done on dozens of occasions), you are by definition calling for MMT, albeit a kind of perverse, supply-side variant.

My good buddy Kevin Muir (formerly head of equity derivatives at RBC Dominion and currently head of research at East West Investment Management and the author of The Macro Tourist) has called Trump "the first MMT president."

For what it's worth, Kevin and I are at least somewhat credible on this subject. After all, Stephanie Kelton herself (the patron saint of MMT and Bernie Sanders's senior economic advisor) tweeted the following back in April:

Where does all of the above leave investors going forward?

Well, it leaves market participants facing what is becoming an increasingly binary set of outcomes.

One one hand, it's possible that western politics suddenly pivots away from the extremes and centrists reclaim the narrative, ushering in a return of what, until 2015, was the status quo.

That doesn't seem likely.

If you assume that centrist politics will be on the back foot for years to come as right- and left-wing populists battle for votes, then I would argue that trade tensions are going to be the "new normal." When it comes to offsetting the deleterious growth effects of a more inward-looking approach to politics (and that can either manifest itself in combative, "us versus them" populism or populism that looks to foster global cooperation on things like climate change and immigration, while still preserving a nationalistic stance on trade and the economy), monetary stimulus will be wholly insufficient after having exhausted itself after the crisis.

But it won't just be insufficient, it will also be politically untenable in its current form, given that one obvious side effect of QE is the perpetuation of inequality (that's not a secret - central banks have openly discussed the subject).

Irrespective of whether you're inclined to point out the obvious contradiction in today's populists being themselves wealthy (Trump is a billionaire and even Bernie Sanders is a millionaire), populism is sold to voters as a remedy for the purportedly dire plight of the everyman and everywoman. QE as it currently operates won't serve that purpose, as it merely inflates the price of financial assets which are disproportionately concentrated in the hands of the wealthy.

(Deutsche Bank; this is a few years old, but it gets the point across)

So, monetary policy will instead be rolled out in the service of supporting policies that directly benefit "the people." In other words, MMT (or some variant thereof) is inevitable, especially as traditional models linking inflation to employment break down.

"It was significant recently that the high-profile Democrat Congresswoman Alexandria Ocasio-Cortez lambasted Fed Chair Powell about the Fed being consistently too hawkish," SocGen's Albert Edwards wrote last week, conjuring a famous exchange from July, when AOC asked Powell about the increasingly "faint heart beat" (as he described it) of the relationship between inflation and labor market slack.

Assuming inflation remains subdued and especially if it collapses in a downturn, Edwards writes that "the Fed will take the blame for unnecessarily killing this economic cycle and a bipartisan consensus will usher in monetary madness like we have never seen before."

"Monetary madness theory" is Albert's play on "MMT."

Once this plays out, the general assumption is that the decades-old bond bull market will meet its end in dramatic fashion. If there's anything that would shake even the most ardent deflationists out of their convictions it's the actual implementation of MMT.

Fearmongers will tell you that it wouldn't be the "good" kind of inflation, but rather the Weimar type. Lacy Hunt, for instance, argued in April that everyone would be literally "miserable" under an MMT regime. Frankly, that kind of analysis isn't very useful. If you believe, as Lacy professed to, that MMT in the US would "destabilize the entire global system in very short order," then there's really no point in trying to trade it. Just buy physical gold and canned goods.

For those interested in a non-doomsday scenario, MMT informs many a steepener thesis in addition to being the basis for what, as of now anyway, are still contrarian calls for a sudden resurgence of left-for-dead inflation pressures.

Importantly, this isn't just some thought experiment for the long-run. This is potentially imminent (the market discounts things ahead of time, after all). Here, for example, is what BofA's Michael Hartnett wrote earlier this month:

2020s: Investors soon to discount new policy regime of MMT, fiscal stimulus, debt forgiveness, Green New Deal, all very positive for “value”, negative for “yield”; but decisive policy & investment shifts await.

One person who is pretty sure she knows where all of this is heading is Kelton.

"Greater coordination between fiscal and monetary authorities is almost certainly the wave of the future," she told Bloomberg in a July interview from (appropriately) Tokyo.

While Kelton said central banks won’t admit to having lost their independence, the bottom line is that "you’re going to see central banks responding in more accommodative, coordinating ways."

If you're in the deflation camp and she's even half right, you're going to be all the way wrong.

Disclosure: I/we have no positions in any stocks mentioned, and no plans to initiate any positions within the next 72 hours. I wrote this article myself, and it expresses my own opinions. I am not receiving compensation for it (other than from Seeking Alpha). I have no business relationship with any company whose stock is mentioned in this article.


ステファニーケルトンフォープレジデント

|
 概要: S&P 500インデックス(SP500)
概要

米中貿易紛争でここから何が起こるかに関係なく、投資家は世界経済への損害が生じたと信じています。

何らかの形でのポピュリスト政治と同様に、貿易の不確実性はおそらくここにとどまるでしょう。

中央銀行はすでに世界を救う能力に制約されており、持続的な貿易の不確実性により、すでに下限に近い金利ではミッションが不可能になっています。

皮肉なことに、ポピュリズムは、保護主義の暴走によって部分的に引き起こされた経済的mal怠の解決策を持っているかもしれません。

貿易戦争、極限での金融政策、現在の政治環境の結びつきを見てみましょう。

月曜日のニューヨークの午前9時30分までに、金曜日の午後の栄光に満ちた楕円形のオフィスでの写真撮影で発表された「Phase One」取引「取引」に関する感情が悪化し、Global Timesの編集者Hu Xijiin(ツイートは一般的に党の宣言)が介入しなければなりませんでした。

「私が知っていることに基づいて、中国と米国の貿易協議は先週突破し、双方は最終取引に到達する強い意志を持っている」と胡主席付け加えた。 ...それは、中国の本当の態度が前向きでないという意味ではありません。」

胡主席は、先週ワシントンで発表された曖昧な合意に関して何かが最終決定される前に、北京がすでに別のラウンドの交渉を求めていることを示唆するブルームバーグの情報源の話に明らかに答えていた。 金曜日の夕方の投稿で読者のために「取引」を文書化しました。 それから48時間で、セルサイドはホワイトハウスでトランプ大統領が言及した以上のことを神聖にすることができなかったと言えば十分です。

「フェーズ1」契約に関連するデスク全体の一般的なトーンについてのアイデアを提供するために、ゴールドマンは「特定の側面ではかなり単純明快」と呼びました。

私はそこで編集しています-銀行は土曜日のメモで提供された簡単な評価でかなり慈善的でしたが、ポイントは単に大統領と中国副首相が彼が市場参加者に噛むことをあまり与えなかったということです実際には、中国を超えて農場の購入を増やすことを約束しました。 以下は、日曜日のBofAのメモからの抜粋です。

わからないこと..? たくさんですが、市場を見てください。 中国の補助金や国営企業への支援、執行メカニズムなど、まだ多くの詳細が欠落しており、まだ多くの合意が必要です。 中国からの口調は慎重であり、政府のマスコミ報道機関は依然として多くの不確実性に直面していると状況を特徴づけているが、取引は合理的かつ実際的であると呼んでいる。 しかし、11月のAPECサミットで習近平がこの契約に署名するかどうかは確認されていません。 既知の既知および残りの未知のこのパラドックスは、市場に反映されています。

月曜日の朝のスティーブ・ムニチンはCNBCに、現在とそれ以降のさらなる進展を禁じると、追加の中国製品の1600億ドルの15%の関税が12月15日にまだ有効になると述べた。それは、市場と北京にとって、ブルームバーグの報告は、その脅威をテーブルから取り除くことを望んでいます。 中国に対する関税の最新の内訳は次のとおりです。

(ハイゼンベルク)

12月のエスカレーションのタイミングは、消費財に偏っていることに加えて(これは明らかに消費者のみを対象とする米国経済にとって明らかに問題であることに加えて)、今年の最後のFOMC会議と一致することに注意してください。

これについては以前にも言及しましたが、繰り返しますが、ドナルド・トランプのFRB政策に対するレバレッジの主な源は、関税エスカレーションを伴う利下げを設計する能力です。 その点で彼がとても「成功」した理由は(もしそれがあなたが物事を組み立てたい方法なら)その点で、ビジネスの不確実性よりも市場価格に関係している。 ゴールドマンの最近の調査によると、トランプの貿易ツイートは、金融政策自体に関するツイートよりも、FRBの追加カットに向けて市場価格を移動させる際に、はるかに影響力があることがわかりました。 市場価格がその方向に動くとき、それは連邦機関を追い詰めます。 理由は次のとおりです(7月のゴールドマンメモによる)。

これは、FRBの当局者が現在、金融政策の決定において債券市場の価格設定を過去よりも重視しているように見えることから始まります。これは、カットに対する市場の期待を失望させた結果や、一部の成長とインフレの見通しを測る上で、債券市場のシグナルにかなりの重みがあります。 これは、よりハチの債券市場の価格設定とハチの中央銀行のより多くの決定の間の正のフィードバックループにつながる可能性があります。 このフィードバックループは、経済データがさらなる緩和が不適切であることを非常に決定的に示すまで中断されない可能性があります。

トランプ大統領が、貿易戦争が本格的に始まったようにジェローム・パウエル連銀を批判し始めた2018年7月に、私が懐疑的になることを理解したかどうかについて。

しかし、大統領は疑いなくそれを理解しました。 実際、彼は現在、ゲームをプレイする専門家です。 過去6か月間に、ピーター・ナバロとラリー・クドローがCNBC、ブルームバーグ、フォックス・ビジネスに「市場はトランプがFRBに正しかったと考えている」(またはその一般的なテーマのリフ)と言うのを何回聞いたことがありますか? 彼らは、文書化する機会が多すぎると言っており、それはホワイトハウスがゴールドマンによる上記のダイナミクスを有利に使用している範囲を示しています。

大統領は、12月の関税引き上げを中国とのテーブルから外すことにより、そのレバレッジをあきらめる(または「すべき」)とは思わない。

「すべき」とは、私が戦略的な観点から物事を見るということです。 規範的な観点からは、これらの関税はすべて世界経済に深く関わっているため、すべて解除する必要があります。 IMFとOECDは両方とも、2019年の危機以来最も遅い成長を予測しています。最新の更新では、OECDは強調されていました。 OECDのチーフエコノミストであるローレンスブーンによる厳しい評価からの抜粋を以下に示します。

関税と補助金の急増と貿易政策の予測不可能性の増加は、国際貿易の成長を破壊し、産業生産と投資の急激な減速を引き起こしました。 企業が明日何をもたらすかわからないとき、彼らは「待機オプション」を行使します。 投資は長期的なコミットメントであるため、投資先を知るために、このinな貿易戦争が収まるのを待っています。 しかし、一時的な不確実性が再発し根ざしている場合、大量の投資は差し控えられ、それによって現在の需要だけでなく、明日の成長の可能性と雇用にも影響を与えます。

問題は、米国と中国がすべての関税と非関税障壁を即座に撤廃する包括的な取り決めを奇跡的に打ったとしても、それは遅すぎるということです-大惨事を回避するには必ずしも遅すぎるわけではありませんが、避けるには遅すぎます現在の世界的な不況の深まり。

あなたが私(またはIMFまたはOECD)を信じない場合は、BofAのFXおよび金利センチメント調査の最新版に参加した複数の大陸の57人のファンドマネージャーに尋ねてください。 フラグを立てる世界経済の見通しに関するさまざまな声明から選択するように求められた回答者は、圧倒的に「世界的な不確実性ショックは非常に根強いため、永続的な損害が発生し、政策措置は少なすぎて遅すぎる」と選択しました。

(BofA)

合わせて、調査の参加者はAUMで8000億ドル以上を管理しています。

明らかに、2019年の世界の債券利回りの急落は、成長とインフレの見通しについて何かを伝えましたが、8月の長期国債利回りの急落は少なくとも部分的にヘッジフローに起因することを読者に失ってはなりません。 上記と同じBofA調査では、回答者の55%が、世界的な成長とインフレの見通しの根本的な再評価が金利上昇の原動力となっていると答えました。

貿易の緊張がすぐに完全に緩和されるとは考えにくい。 実際、米国は月曜日に、エアバス補助金をめぐる長期にわたる紛争で欧州に関税を課すために、WTOから最終的な承認を得ました。 ボーイングが関与する並行事件は来年初めに裁定されると予想され、その時点でブリュッセルは報復する可能性が高いが、ヨーロッパは引き続きワシントンに再考を求めている。

トランプ政権の中国との論争の中心にある構造的問題が一度も解決される可能性はほとんどありません。 確かに、エリザベス・ウォーレンの貿易計画を読んだ場合、ウォレンは他の国にとって個人的に対処する方が簡単だろうが、彼女の実際の条件はトランプよりもさらに厄介であると主張することは完全に可能です。 あなたはおそらくバーニー・サンダースに関して同様の議論をすることができます。

金融政策がその有効性の明らかな限界に達したため、これはすべて厄介な困惑を招きます。 BofAのバーナビーマーティン(彼は技術的には銀行のヨーロッパの信用チームのヘッドですが、彼の週刊メモは扱われているトピックに関して広範です)貿易の不確実性がヨーロッパの新しいQEに「気が遠くなる逆風」をもたらすと最近警告しました。 彼の考えの暗示は、世界の金融緩和が、金利の下限とより多くの資産購入へのさまざまな運用上および政治的ハードルに関連する機械的制約だけでなく、永続的で一見扱いにくい貿易摩擦によって妨げられていることでした。

世界貿易量は「2009年後半以来、最速で縮小している」と彼は書いたが、心配なことに、それは世界のGDP成長率が依然としてプラスであるときに展開している。 この並置は、過去20年間で比較的まれです。

(BofA)

マーティンにとって、未来は彼が「官民政策パートナーシップ」と呼んでいるものであり、そこでQEは事実上政府を自由に借りることができます。

私は以前にこれを終えました(ここと他の場所の両方で)が、繰り返しうんざりします。「QEが十分な大きさであれば、債務対GDP比率の転換は有意義なものになる可能性がある」とマーティンは先月別のメモに書いた。 ポイントを説明する以下の2つのチャートをご覧ください。

(BofA)

中央銀行が政府債務に乗ると、理論的には市場のリスクを取り除き、かんしゃくの可能性を減らし、BofAを引用するために「より高いソブリン債務レベルを達成可能にする」という考えです。

もちろん、与えられた国債市場が中央銀行にとってより魅力的なものであるほど 、所有権が恩恵者の手に集中するにつれて市場機能が損なわれることを考えると、かんしゃくリスクが高くなるという(説得力のある)議論があります印刷機。

しかし、かなり重要な注意点は別として、政治家は古い「ルール」(たとえば、フィリップス曲線)が存在しない世界で野心的な議題項目を融資するために金融政策が最終的に財政政策の延長になるということです。長く適用されます。

中央銀行が自国の政府による支出に直接資金を提供しているように思えるのは、それがinflation死のインフレの回復と堅調な成長の実現に関して、震えに残された唯一の矢印であるためです。

これは、左右のポピュリズムの究極の皮肉です。

貿易と、一般に「私たちの」労働者と「私たちの」産業と「私たちの」中産階級(トランプ大統領、エリザベス・ウォーレン、バーニー・サンダースが共有する)を救うことを中心とする物語に付随する政策規定に焦点を当てた保護主義者は、何十年もの間、グローバリゼーションが急速に進み、市場とサプライチェーンの相互接続性が高まり、国境がますます重要でなくなるという前提で世界の成長に悪影響を及ぼしています。

しかし、逆説的に、ポピュリズムには、世界的な成長の復活と堅実な拡張のエンジニアリングを真剣に実行することになる唯一の実行可能な処方箋もあります。 その処方箋には、金融政策とMMT 風の財政刺激策の組み合わせが含まれます(「MMT」は、もちろん、現代通貨理論の頭字語です)。 BofAのMartinをもう一度紹介します。

実際、低金利と量的緩和は、政府が「財政空間」を作り、より高い債務水準への移行を管理するのに不可欠です。 私たちの見解では、極端に[彼らは] MMTなどのアイデアに参加します。

あなたは、バーニー・サンダースやアレクサンドリア・オカシオ・コルテスなどが米国でMMTに最も関連する政治家である一方、ドナルド・トランプはおそらくTwitterでリアルタイムでそれを実装していることを思い出します。 これは一部の読者を間違った方向にこするかもしれませんが、問題の事実は、中央銀行の削減率をゼロに要求し、同時にQEを再開すると同時に債務を発行して減税を行う場合です(大統領が明示的に何十回も行っているように) )、あなたは定義上 、MMTを要求しています。

私の良き相棒、ケビンミュア(以前はRBC Dominionのエクイティデリバティブの責任者で、現在はイーストウエストインベストメントマネジメントの調査責任者であり、 マクロツーリストの著者)は、トランプを「 最初のMMT社長 」と呼んでいます。

それが価値があることについては、ケビンと私は少なくともこの主題に関していくらか信頼できる。 結局、ステファニーケルトン自身(MMTの守護聖人であり、バーニーサンダースの上級経済顧問)は、4月に次のようにツイートしました。

上記のすべてが投資家の将来をどこに残すのでしょうか?

まあ、市場参加者は、ますますバイナリの結果になりつつあるものに直面しています。

一方で、西側の政治が突然極端から遠ざかり、中心主義者が物語を取り戻し、2015年までの現状の復活をもたらした可能性があります。

それはありそうにない。

右翼と左翼のポピュリストが票をめぐる戦いとして何年にもわたって中心主義の政治が後進するだろうと仮定するなら、貿易の緊張は「新しい常態」になるだろうと私は主張するだろう。 政治に対する内向きのアプローチの有害な成長効果を相殺することになると(そしてそれは、気候変動や移民のようなもので世界的な協力を促進するように見える、戦闘的な「私たち対彼ら」ポピュリズムまたはポピュリズムに現れる可能性があり、貿易と経済に対する国家主義的なスタンスを維持しながら)、金融刺激策は危機後に疲弊した後は完全に不十分です。

しかし、それだけでは不十分ではなく、現在の形では政治的に受け入れられません。QEの明らかな副作用の1つは、不平等の永続化です(秘密ではない-中央銀行はこの問題について公然と議論しています)。

今日のポピュリスト自身が裕福であること(トランプは億万長者であり、バーニー・サンダースさえ億万長者である)の明らかな矛盾を指摘する傾向があるかどうかに関係なく、ポピュリズムは皆の悲惨なp状に対する救済策として有権者に販売されていますみなさん。 現在稼働しているQEは、富裕層の手に不均衡に集中している金融資産の価格を単に上昇させるだけなので、その目的には役立ちません。

(ドイツ銀行。これは数年前ですが、重要な点があります)

そのため、金融政策は「人々」に直接利益をもたらす支援政策の代わりに展開されます。言い換えれば、特にインフレと雇用を結びつける伝統的なモデルが崩壊するにつれて、MMT(またはそのいくつかの変形)は避けられない。

SocGenのアルバート・エドワーズは先週、7月からAOCがパウエルにますます質問した有名な交換を招集し、「有名な民主党下院議員のアレクサンドリア・オカシオ・コルテスが、FRが一貫してタカ派すぎることについてFED議長を非難したことは重要でした」インフレと労働市場のスラックとの関係の「 かすかなハートビート 」(彼が述べたように)。

インフレが抑制されたままであり、特に景気低迷で崩壊した場合、エドワーズは「FRBはこの景気循環を不必要に殺し、超党派のコンセンサスが今まで見たことのない金銭的狂気の到来を告げるだろう」と書いている。

「金銭的狂気理論」は、アルバートの「MMT」に関する演劇です。

これがいったん実行されると、一般的な仮定は、数十年前の債券強気市場が劇的な形でその終わりを迎えることです。 最も熱心なデフレ専門家でさえも確信を揺るがすものがあれば、それはMMTの実際の実装です。

Fearmongersは、それが「良い」種類のインフレではなく、ワイマール型であることを教えてくれます。 たとえば、レイシーハントは4月に、MMT政権の下では誰もが文字通り「悲惨」であると主張しました。 率直に言って、この種の分析はあまり有用ではありません。 レイシーが公言したように、米国のMMTが「グローバルシステム全体を非常に短い順序で不安定化する」と信じるなら、それを取引しようとしても意味がありません。物理的な金と缶詰を買うだけです。

終末のないシナリオに興味のある人のために、MMTは、現在のとにかく、まだ死んだままのインフレ圧力の突然の復活の逆説的な呼び出しの基礎であることに加えて、多くのスティープナーの論文を通知します。

重要なのは、これは単なる長期的な実験ではないということです。 これは差し迫っている可能性があります(結局、市場は物事を事前に割引します)。 たとえば、BofAのMichael Hartnettが今月初めに書いたものは次のとおりです。

2020年代:投資家は、MMTの新しい政策体制、財政刺激策、債務免除、グリーンニューディールをすぐに割引き、「価値」に非常に肯定的、「利回り」に否定的。しかし、決定的な政策と投資のシフトが待っています。

このすべてがどこに向かっているのかを知っている人は、ケルトンです。

「財政当局と金融当局の連携強化はほぼ間違いなく未来の波だ」と彼女ブルームバーグに(適切に)東京からの7月のインタビューで語った。

ケルトン氏は、中央銀行が独立性を失ったことを認めないだろうと述べたが、一番下の行は「中央銀行がより緩和的で調整的な方法で対応するのを見ることになる」ということです。

あなたがデフレキャンプにいて、彼女が半分でも正しいなら、あなたはずっと間違っているでしょう。

開示: 記載されている株式のポジションはなく、今後72時間以内にポジションを開始する予定はありません。 この記事は自分で書いたもので、自分の意見を表しています。 私はそれに対する補償を受け取っていません(Seeking Alphaから以外)。 この記事で在庫が記載されている会社とは取引関係がありません。

月曜日, 10月 14, 2019

エスター・デュフロ 「中国における一人っ子政策の諸帰結」 Esther Duflo, “China’s demographic imbalance: Too many boys”(VOX, August 18, 2008)


早過ぎたノーベル賞―貧困への実験アプローチ…の周りの人達

今年もノーベル賞の季節が来ましたね。今年はMITのバナジー教授・デュフロ教授とハーバードのクレマー教授がノーベル経済学賞を受賞しました、おめでとうございます。授賞理由は、開発経済学におけるフィールド実験によって、貧困と戦うための知を切り開いたという点にあります(より詳しい授賞理由はこちら)。このお三方の功績は国際教育協力をやっていれば本当に日々実感する所であり、それはこのお三方がこの賞をいつか受賞しなければおかしいレベルだったので、選考委員会は良い仕事をしたなと思います(余談ですが、デュフロ教授のTEDトークは素晴らしいので、ぜひ見てみて下さい)。

高くて儲かるRCTが氾濫を起こす

ですが、タイミングとしては割と最悪だったように思います。それはなぜかと言うと、今現在この実験アプローチ(主流はRCTなので、以下RCT)が国際協力(日本を除く、重要なので二度言いますが、日本を除く)で氾濫していて、それを悪化させるのではないか、という懸念があるからです。

RCTの特徴の一つに、高いコストが挙げられます。わざわざ途上国まで出向いて、プロジェクト実施前にデータを取って、参加者(学校だったり、村だったり、個人だったりするので「者」という表現も変ですが)をランダム化して、またデータを取るわけですから、高いコストがかかるのは想像に難くないと思います。具体的にどの程度いくかというと、ある程度の規模のRCTであれば、自前のプロジェクトが多くはないような小規模から中規模程度のユニセフのオフィスの、教育部門の予算の1年分を上回ります。

そして、この高いコストが局地的にRCTの資金がジャブついている理由ともなっています。一般的に国際機関がプロジェクト評価をする時には、第三者に依頼するわけですが、この第三者の取り分はオーバーヘッドと呼ばれ、プロジェクトの額に対してX%をかけたものになります。つまり、プロジェクト評価のコストが大きいほど、第三者の実入りも良くなるというものです。オーバーヘッドを無視しても、大きなプロジェクト程人件費を大きくしやすいので、受注側としては儲けやすいのですが。

これだけだと、なぜ資金が局地的にジャブつくのか分からないと思いますが、モーメンタムを持つ儲かる場所にはロビーイングありです。

プロジェクト評価は、あるプロジェクトがどういう結果を導いたのかを知るものなので、RCT程はコストがかからない他の因果推論の方法(IV, DiD, RD, and Panel)が実施可能であれば、これらでもそこまで悪くはないんですよね(※RCTと比べると、やはり仮定が強くバイアスが入りやすい、推計がノイジーになりやすいといった点があるので、コストを度外視すればRCTがベストなのは間違いないですし、米国の少人数学級に関する研究で、この点が示されていました)。

しかし、国際機関の本部で勤務していると、因果推論を理解していないほぼほぼ全てと言ってよい国連職員やドナーに対して、RCTじゃないとダメなんだ、とロビーイングしている団体達の存在に気が付くはずです(そもそも因果推論を理解していないので、一般的な国連職員にとっては、よくあるアドボカシー程度にしか映っていないと思われますが)。

この結果、ドナーはエビデンスという誰もが良いものだと思ってしまう錦の旗の下、というかジャーゴンの下にRCTにジャブジャブお金をつけるようになっていますし(DFIDのValue for Moneyなんかは分かりやすいと思います。あれも、現場の職員はVfMとは何ぞやというのを理解していないので、費用対効果ではなく安物買い競争になっていて酷いものですが…)、援助機関も積極的にRCTを実施するようになっています。

まあ、現場の職員からしても、お金を取ってこないと誰かのクビを切らなければならなくなるので、お金が付くところに注力してしまうのは仕方がないと言えば仕方が無いのですが。

これにより、現在ではRCTが局地的に氾濫を起こしていて、「RCTをする資金は付いたのですが、何かすることありませんか?」と営業にやってくる人を見かけるようになりましたし、Comparative and International Education Societyに行くと、資金が付いたが故に本当にしょうもない事でRCTをしてその結果を発表している団体・NGOをよく見かけます。

「しょうもない」RCT

少し「しょうもない」について解説もしておきましょう。ノーベル賞を受賞された先生方が実施したRCTは、それを実施して新たな知を得ない事には局面が切り開かれないというものばかりでした。それに対して、「しょうもない」RCTというのは、先行研究を読めばわかるうえに、追試をする必要もないようなことを、わざわざ高いお金をかけて、先行研究と変わらない結果を出している物を指します。例えば教員研修のRCTは、CIESや他の教育系の学会でもよく見かけて、カスケード方式の教員研修は上手くいきませんでしたみたいな発表をしていますが、カスケード方式は研修を通じて伝えなければならない情報が伝言ゲームになるので、カスケードの段階が増すほど効果は落ちる、なんていうのはずっと昔から分かっていることで、それを今さらRCTで追試して同じことを発見するというのは、リソースの無駄でしかありません。似た事は現金給付の分野でも見られて、ユニセフの研究部門がRCTを用いた現金給付の研究を進めていますが、国際機関が実施するにしては、正直言ってメキシコで実施された条件付き現金給付の研究結果で十分で、新たにやる必要はないだろうと感じられます。

世銀にいた時に、幹部候補生試験の担当官にinformation interviewをした時に、「教育分野のやつはマジで勉強しない」と文句を言われましたが、国際教育協力でのRCTの氾濫を見ていると、それから10年以上経ったけど、やはり教育分野の人は他分野の人と比べて勉強を全然していながために、しょうもないRCTを通じて車輪の再発明を繰り返し続けているなと感じます。まあ、エビデンスエビデンスと無批判に有難がる多くの国連職員にもこれはそのまま当てはまりますが。モーメンタムを持つ儲かる場所にロビーイングあり、というか援助貴族は貧困に巣食う、というのは何も評価や教育分野に限った事ではないので、新たなジャーゴンやモーメンタムが出てきたら常に疑ってかかるぐらい、もっとしっかりとしてもらいたいものです(自分が体験したわけではなく、本部勤務の際に聞いた話ですが、最近話題の環境問題の分野ですらそういった存在があります。そのカラクリを聞いた時は、自分なんか足元にも及ばない天才がいるものだなと思いました)。

援助貴族は貧困に巣食う

RCTは倫理的に問題があるとよく言われます。しかし、実際の所、RCTには様々なやり方があり、時間差を利用するなど、ランダムにトリートメントを受けられないという倫理的な問題を最小化するための努力や改善が日々為されています。むしろ、今日においてはRCTの倫理的な問題は無作為にトリートメントを受けられない事よりも、このリソースの無駄遣いの方が大きくなっていると感じます。

RCTを推進して、実際にその実施を請け負っている存在達に支払う人件費は、1人当たりでも月に100万円を超えてきます。もちろん、RCTの実施など一人でできる訳がないので、月収100万を超える人達を何人も使うことになります。そして、その人達は往々にしてビジネスクラスのフライトで優雅にフィールドにやってくるわけです。その援助貴族たちの懐に入るお金は、本来、途上国の貧困にあえぐ人たちが受け取るはずだったものです。なんなら現金給付は効果が高いし多岐に渡るというのは既にRCTで分かっているので、しょうもないRCTをやるぐらいならフィールドで現金のバラマキをやった方がよっぽど効果的なようにも思われます。

ないしは、私が実施していた統計のキャパビルプロジェクト(Web-basedのシステムを構築して、それを使いこなせるように地方と中央の教育行政官をトレーニングして、地方の教育事務所にPCとソーラーパネルを配布して、etc.)の総予算がそれなりの規模のRCT1.5回分程度でしたが、StudentやSchool IDを用いた強固なadministrative dataを整備すれば、DiDやRDのようなもう少しコストのかからない因果推論の実施可能性も高まるものですし、RCTでは出来ないモニタリングの機能を果たすことも出来ます(教育行政官が研修によって算数に強くなると、南アや別のセクターに頭脳流出するという課題は残されたままでしたが。。。)。

そのRCTが貧困に巣食う援助貴族を利しているだけではないのか、しょうもないRCTになっていないかチェックするためにも、RCTが行う費用対効果分析、それの費用対効果分析が必要なのかもしれませんね。

RCT自体は必要だし、ノーベル賞の授与は完全に妥当

こう書くと、なんだRCTは高い上に援助貴族の巣窟なのかと思われるかもしれませんが、私はRCTの肯定派ではあります。今現在、途上国における幼児教育や障害児教育の研究をしていますが、1990年からずっと国際的に普遍的な初等教育が念仏のように唱えられてきたため、これらの分野は研究どころか、データもそもそもないという状況になっています(実際に今回のノーベル賞受賞者の先生方も、教育に関しては基礎教育レベルでの実験アプローチが主流です)。このため、intuitiveにもcontradictingなものがいくつもいくつもあり、これをRCTを使って解明しないと、最もmarginalizeされている子供達や、最も重要な教育段階への効果的かつ効率的な支援が出来ないという状態です(データが無いので、他の因果推論の方法をそもそも用いられない…)。

このように、RCT自体は必要かつ素晴らしいものですし、ノーベル賞を受賞された先生方が実験アプローチで明らかにした知は、当時は現在の幼児教育や障害児教育並みによく分からなかったもので、現在では途上国の教育問題に取り組むために欠かせないものとなっています(短期契約の教員の話の様に、知の受け手側に問題があって、無茶苦茶な状態になってしまっている物もありますが、これもRCTや先生方に問題があるのではなく、不勉強な国連職員などの問題です)。

ただ今回の授与は、「しょうもない」RCTが氾濫してしまっている今じゃなくても良かったのにな、氾濫が収まってむしろモーメンタムが必要になった時に授与してくれたらよかったのにな…とは思います。むしろ、絶対にノーベル賞受賞間違いなし&デュフロ教授の指導教官であったアングリスト教授(分野は因果推論)よりも先にデュフロ教授が賞を取ってしまわれたので、師匠であるアングリスト教授がひょっとして受賞できないのでは?などと心配になってしまう順番でしたよね。

さてさて、今回の授与により、しょうもないRCTの氾濫は今後どうなっていくのでしょうか。まあ、その前に、明日の計量経済学の中間試験の心配をした方が良いのですが。。。




121 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2019/10/15(火) 09:42:39.01  ID:XsuDZV9E 
 ノーベル経済学賞に米研究者3人 世界の貧困削減へ実験的手法
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191014/k10012131111000.html

ノーベル経済学賞の選考委員会は、授賞の理由について、
世界的な貧困の削減のために、途上国の実際のデータを使い、
因果関係を分析する実験的なアプローチを取り入れたことを評価したとしています。

このうちデュフロ氏は46歳。ノーベル経済学賞としては、最年少の受賞者で、女性では2人目となります。

デュフロ氏は受賞が決まったあと電話会見に臨み「受賞できるとは思っておらず恐縮だ。
3人の受賞は貧困問題に取り組むたくさんの研究者を代表するものだ」と喜びを語りました。

また「貧しい人たちは絶望的で怠惰だと考えられがちだが、
私たちの研究のゴールは科学的な証拠に基づいて貧困に立ち向かうことだ」と述べました。

ことしのノーベル経済学賞の受賞者に決まった3人が評価された「実験的なアプローチ」とは、
実際に途上国の特定の町や村を実験のフィールドとして使い、
そこにあるさまざまな社会的条件と貧困の緩和の因果関係を探る手法です。

たとえば、貧困を緩和するのに何が必要かを探るため、
ビジネスを行う際に少額の資金を貸し出してもらった人と、
資金の貸し出しを受けなかった人の両方のグループを観察し、
結果にどのような違いが生じるか分析したということです。

その結果、資金の提供を受けたかどうかは、
貧困の緩和に欠かせない人々の健康や教育、
それに女性の社会参加などといった要素には、あまり影響を与えないことがわかったということです。

ことしのノーベル経済学賞に、世界の貧困の削減に関する研究を続けた
アメリカの大学の研究者3人が選ばれたことについて、
ノーベル経済学賞に詳しい慶應義塾大学の坂井豊貴教授は
「3人は発展途上国で徹底したフィールドワークを行って、
貧困を削減するにはどういった政策が効果的なのかを明らかにした。
世界的に貧富の差が広がる中、こうした研究に光があたったのかもしれない」と評価しました。  


125 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2019/10/15(火) 10:10:59.69  ID:XsuDZV9E 
ノーベル経済学賞、米の大学の3氏に 貧困との戦い前進
https://www.asahi.com/articles/ASMBG6J7DMBGUHBI00R.html

3人は、国レベルの問題と考えられがちだった貧困を個人や小さな集団が抱える問題の積み重なりととらえ直し、
どう対処したら効果的に解消に導けるかを実験的手法で検証した。

例えば、初期の研究では、貧困につながる教育の問題は、
教科書の不足や子どもが空腹で登校することに起因すると仮説を立てた。
NGOなどと協力してケニアで改善を試みたが、物品の提供による効果は薄かった。
代わりにインドで行った実験で、勉強が苦手な子どもへのきめ細かい学習支援が効果を生むことを突き止めた。

3人は貧困対策として途上国での教育や予防医療などの向上を提唱した。
インドでは、500万人以上の子どもが研究成果を踏まえた教育プログラムを受けたという。

フィールドワークはこの約20年間で、途上国の貧困軽減効果を研究する手法の一つとして定着した。
アカデミーは3人の研究を「世界の貧困とのたたかいを大きく前進させた」と評価した。
発表会見に電話で参加したデュフロ氏は「問題を一つ一つほどき、
精力的かつできるだけ科学的に対処するよう努めた」と話した。

会見では、デュフロ氏が2人目の女性受賞者となったことも注目された。
デュフロ氏は「女性でも成功できる姿を見せられた。女性が働き続けることを後押しできたら良いし、
男性は彼女たちに、すべての人が得られるべき敬意を表してほしい」と話した。


128 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2019/10/15(火) 10:27:57.89  ID:XsuDZV9E 
ノーベル経済学賞、MITのバナジー氏ら 貧困を緩和
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50967130U9A011C1I00000/

クレマー氏を含めた3氏は、実験により効果を確かめた貧困の具体的な解決手段を提唱。
注目したのは学校教育や子どもの公衆衛生の改善だ。

1990年代半ばにケニア西部で実際に子どもの成績を改善するための実験を繰り返すなど
「小さくても実践的な問題に取り組んだ」(同アカデミー)ことが評価された。

発展途上国への支援は財源が限られるため、3氏はより有効な手法に実験で迫った。
貧困に直面する生徒たちに「教科書」か「無料の食事」のどちらを与えるのが学習への効果が大きいか、
条件をそろえて比較した。

実験結果からは、弱い立場の生徒に支援を絞ると効果が表れたという。

一橋大学の黒崎卓教授は
「発展途上国の現場で社会実験を繰り返し、貧困を解消するための最適な政策を導入する基礎を築いた。
医学で薬の効果を試すような厳密な実験手法を貧困問題に導入した功績は大きい」と話す。

研究成果は現実の貧困問題にも応用された。
同アカデミーによると、インドでは500万人以上の生徒が、受賞者らが築いた教育プログラムの成果を享受したという。

アレックス・タバロック「今年のノーベル経済学賞はバナジー,デュフロ,クレマーが受賞」

Alex Tabarrok “ The Nobel Prize in Economic Science Goes to Banerjee, Duflo, and Kremer” Marginal Revolution, October 14, 2019

今年のノーベル経済学賞は,開発経済学でのフィールド実験を理由にアビジット・バナジーエステル・デュフロマイケル・クレマー(リンク先は各人のホームページ)に与えられた。デュフロはジョン・ベイツ・クラーク賞,マッカーサー「天才」賞を受賞し,今やノーベル経済学賞を受賞した史上2番目の女性で,これまでの受賞者の中で群を抜いて一番若い(これまで一番だったのはアロー1 )。デュフロとバナジーは夫婦なのでノーベル経済学賞を受賞した最初の夫婦ということになるが,ノーベル賞を受賞した最初の夫婦というわけじゃない。過去に夫婦でノーベル賞を受賞してそのうち片方がノーベル経済学賞受賞者だった夫婦がいる。さて,どの夫婦かわかるかな?2

私の大好きな論文の中にマイケル・クレマーの書いたのがふたつランクインしている。ひとつはPatent Buyouts[特許買収]で,私の『Entrepreneurial Economics: Bright Ideas from the Dismal Science』にも収録している。Patent Buyoutsの考えは,政府が特許を買い取ってそれを放棄し,パブリックドメインにそのアイデアを公開するというものだ。政府はどれだけ支払う必要があるだろうか。それを決定するために,政府はオークションを開くことができる。オークションにはだれでも参加できるけれど,落札者は特許をその存続期間の例えば10%だけ受け取り,残りの90%の期間は政府が市場価格で特許を買い取るとしよう。この手続きの価値は,90%の期間私たちはその特許のあらゆるインセンティブ財産を特許の独占によって生じる費用をなんら支払うことなしに得られるということだ。つまりは,イノベーションのトレードオフをなくせるのだ。実際には政府はイノベーションのインセンティブを上昇させるために例えば買取価格に15%上乗せしたっていい。特許買収の考えは非現実的だって思うかもしれない。しかし実のところクレマーはこの考えをさらに推し進め,重要な発展版であるthe Advance Market Commitment for Vaccines[ワクチンのための先進市場委員会]という先駆的業績につなげた。これは今や1億4300万人の子供たちに支給されている肺炎球菌ワクチンの市場を保証するために利用された。ビル・ゲイツもこのプロジェクトの支援のために政府と協力している。

次に気に入っているクレマーの論文はPopulation Growth and Technological Change: One Million B.C. to 1990〔人口成長と技術変化:紀元前100万年から1990年まで〕だ。ひとりの経済学者が経済を100万年にわたって検証したんだ!私は人類についてふたつの見方があると思ってる。ひとつは人々とは胃であるというもの,もうひとつは人々は頭脳であるというものだ。人々は胃だという見方では,より多くの人々はより多くの食い手,より多くの消費者,みんなの取り分が減るということを意味する。人々は頭脳だという見方では,より多くの人々はより多くの頭脳,より多くのアイデア,人々の取り分が増えるということを意味する。私の見方は人々は頭脳だのほうで,これはポール・ローマーの見方(アイデアは非競合的)でもある。クレマーはこのふたつの見方を検証した。彼は長期では経済成長が人口成長とともに増大していることを示した。

おっとクレマーの論文をもうひとつ加えてもいいかな3 。O-Ring Model of Development〔開発のOリングモデル〕は偉大かつ奥深い。(Oリングモデルに関するMarginal Revolution大学の動画はこちら)

ノーベル賞が与えられた業績は,開発経済におけるフィールド実験だ。この研究分野におけるクレマーの第一歩はケニアでの教育政策に関するランダム化実験だ。デュフロとバナジーはフィールド実験の利用をさらに広げて深堀りし,2003年にはPoverty Action Lab〔貧困行動実験室〕を立ち上げた。これは世界中の数百人もの研究者が行った開発経済学のフィールド実験の結節点となっている。

フィールド実験によって,何がうまくいって何がうまくいかないのかについて多くのことが分かった。Incentives Work〔インセンティブはうまくいく〕という論文において,デュフロ,ハンナ,ライアンはインドにおける教師の慢性的な欠勤を監視・減少させるのに成功したプログラムを作り上げた。この教師の欠勤問題はマイケル・クレマーがMissing in Action〔行方不明〕という論文示したように,ふつうの日において約30%の教師が出勤しないという深刻なものだった。しかし,彼らがPutting a Band-Aid on A Corpse 〔遺体にバンドエイドを貼る〕という論文で同様のプログラムを看護師用にはじめたときは,そのプログラムは地元政治家によってすぐに阻まれ,「発足から18か月後,プログラムは完全に無効になった」。同様に,バナジー,デュフロ,グレナースター,キンナンはマイクロファイナンスは良いものだけれど奇跡を起こしはしないということも見出した(ノーベル賞仲間のムハマド・ユヌスにはお気の毒な話だ)。この分野における教訓でもどかしいのは,結果が文脈に依存するという性質と外部への妥当性を見つけることが難しいというものだ。(ラント・プリチェットは「ランダム屋」の批判のなかで,本当の開発はミクロ実験ではなくマクロ政策に基づくと主張している。ワシントン・コンセンサスの成功に関するビル・イースタリーの論文も読んでほしい)。

デュフロ,クレマー,ロビンソンは「肥料の収益率はどれほどか:ケニアでのフィード実験による証拠」について研究した。これは特に面白い研究論文で,というのも収益率は非常に高いのに農家は肥料をあまり使わないということを彼らは見つけたんだ。なんでだろうか。その理由は合理性よりも行動バイアスに関係しているようだ。いくつかの介入には効果がある。

私たちの発見は,肥料の費用にも利益にも影響しない単純な介入が肥料の使用を大きく増大させうることを示唆している。特に,収穫の直後に農家に対して肥料を購入するという選択肢(完全な市場価格,ただし無料配送で)を提供することで,肥料を使用する農家の割合が少なくとも33%引き上げられる。これは肥料価格を50%引き下げた時の効果と同等である(対照的に,追肥用に肥料が実際に必要となる時期に無料配達を提供しても肥料使用率には何の効果もない)。この発見は,低い資料率は低いリターンや信用の制約のせいであるという考えとは非整合的であり,生産に関する意思決定を説明するにあたって非完全合理的な行動が役割を果たしうることを示唆している。

これは途上国の人々が退職貯蓄制度の貯蓄率を調整せず,企業拠出分を活用しないことを思い起させるものだ(セイラーの業績と関係している)。

デュフロとバナジーは彼らのフィールド実験の多くをインドで行い,従来の開発経済学の問題に限らず,政治にも焦点を当てた。1993年,インドは各州における村落評議会議長のうち3分の1を女性に割当てなければならないとする憲法上の制度を導入した。一連の論文において,デュフロは女性が評議会議長となった村のランダム化による自然実験の研究を行った。(チャトパディヤイと共著の)Women as Policy Makers〔政策決定者としての女性たち〕において,彼女は女性政治家が資源配分を女性に関係するインフラへと割り振ることを見出した。(ビーマン他との共著の)Powerful Women〔力強い女性たち〕において,一度女性が村のリーダーになった村では,将来女性がリーダーになる見込みが増大することを彼女は発見した。すなわち,曝露がバイアスを減少させるのだ。

バナジーはランダム屋となる前は理論家だった。彼のA Simple Model of Herd Behavior[群衆行動の単純モデル]も私のお気に入りだ。このモデルのキモは(この論文にある)単純な例で説明できる。2つのレストランAとBがあるとしよう。事前確率では,AはBよりも良いレストランである可能性が若干高いが,実際のところはBのほうが良いレストランだ。人々は順番にレストランを訪れ,それぞれどちらのレストランが良いかのシグナルを受け取るとともに,自分の前の人がとった選択も見る。列の最初の人がレストランAのほうが良いとのシグナル(事実とは異なる)を得たとしよう。この人はAを選ぶ。次に2番目の人はレストランBのほうが良いというシグナルを受け取る。列の2番目の人は最初の人がAを選ぶのも見ているので,この時点でAに1シグナル,Bに1シグナルとなっていて,事前確率ではAの方が良いとなっているので証拠を載せた天秤はAに傾いているので2番目の人もレストランAを選ぶ。列の次の人もBのシグナルを受け取るが,同じ理由でAを選ぶ。実際のところ,100のうち99のシグナルがBであっても全員がAを選ぶのだ。これが群衆というものだ。この連続的な情報構造は情報が無駄になっていることを意味している。したがって,どのように情報が配布されるかによって何が起きるか大きく左右されうる。ツイートやFacebookをするのにたくさん学ぶところがあるだろう。

バナジーはインドの経済史に関する独創的かつ重要ないくつかの論文の著者でもあり,その中でも(アイヤーとの共著の)History, Institutions, and Economic Performance: The Legacy of Colonial Land Tenure Systems in India〔歴史,制度及び経済パフォーマンス:インドにおける植民地時代の土地保有制度の遺産〕が有名だ。 

デュフロのTED Talk動画はこちら。当ブログのデュフロクレマーバナジーに関する過去記事はそれぞれリンク先から。

去年のノーベル賞発表の前にタイラーは以下のように書いた4 。

これまでに予想が的中したことは一度としてない。候補に挙げた人物が後になって(別の年に)受賞した例はあれど、「今年の受賞者は誰々」という予想がばっちり的中した試しは一度としてないのだ。そんなわけでこれまでに候補者として勝手に名前を挙げてしまった面々には大変申し訳なく思うばかりだ(ボーモル、ごめんよ)。・・・と言いつつ懲りずに今年も予想させてもらうとすると、エスター・デュフロ(Esther Duflo)&アビジット・バナジー(Abihijit Banerjee)の二人に一票といかせてもらうとしよう。マイケル・クレマー(Michael Kremer)も一緒に付け加えてもいいかもしれないが、開発経済学の分野にランダム化比較試験(RCT)を持ち込んだ第一人者というのが受賞理由だ。

タイラーの予想どおり,彼は間違っていたけど正しかった。というわけで今年の受賞は時機を得たものだし,十分に彼らの功績は十分にそれに見合うものだ。3人ともおめでとう。

  1. 訳注;アローの受賞は51歳のとき,デュフロは46歳 []
  2. 訳注;正解はhicksian氏訳の過去記事を参照。 []
  3. 訳注;この一文は当初掲載時にはなく,後から書き足された。 []
  4. 訳注;以下の引用部分はhicksian氏による訳を使用した。 []



エスター・デュフロ 「中国における一人っ子政策の諸帰結」

●Esther Duflo, “China’s demographic imbalance: Too many boys”(VOX, August 18, 2008)


中国で実施されている一人っ子政策は1980年代から90年代にかけて出生性比(出生児の男女比)の急激な上昇をもたらすことになった。「一人っ子」世代が大人になるにつれて、犯罪の増加をはじめとした様々な問題が表面化し始めている。

中国は目下のところ共産主義の過去から抜け出そうとしている最中にあるが、それと同時に1980年代から90年代にかけての時期に仕掛けられた時限爆弾が今まさに破裂しそうな瀬戸際に立たされてもいる。かつての人口政策(人口抑制策)の影響が徐々に表面化し始めているのだ。

中国における人口政策として最も有名なのは何と言っても「一人っ子政策」である。中国で一人っ子政策が開始されたのは1978年のことだが、それ以降何度か緩和に向けた見直しがなされながらも現在も依然として続行中である。現行制度の下では、夫婦がどちらとも1人っ子である場合は子供を2人まで持つことが許されており、農村部においては第1子が女児である場合はもう1人子供をもうけてもよいことになっている。しかしながら、1980年代から90年代にかけては――地域ごとに若干の違いはあるものの――非常に厳格な運用がなされており、「上限数」を超える子供を抱えた夫婦には罰則が科せられたのであった。「上限数」を超える子供を抱えた夫婦は罰金を支払わねばならなかっただけではなく、「上限を超過した」子供の教育費や医療費を全額自己負担せねばならなかったのである。

一人っ子政策は鄧小平の指揮の下で導入されたわけだが、この積極的な産児制限策はそれ以前の毛沢東時代における「人が多いのはいいことだ」(“more people, more power”)とする方針と真っ向から対立するものだった。中国の今後は経済をうまく管理できるかどうかにかかっており、経済を管理する上では産児制限が重要な鍵を握っている。鄧小平はそう考えた上で一人っ子政策を推進したのである。

産児制限という目的に照らす限りでは一人っ子政策は大きな成功を収めたと言える。しかしながら、中国は元々男児選好の強い文化的な伝統を持つ国であったという事情も重なって、一人っ子政策は女児と男児の数の面で大きなアンバランスを生み出す格好となった。さらには、胎児の性別判断が技術的に可能となった結果として男女を産み分けるための中絶手術が普及することにもなったのである。

男児選好や女児の中絶、幼い女児の高い死亡率といった現象は中国に特有のものというわけではなく、さらには一人っ子政策だけにその責が帰せられるというわけでもない。同様の現象はインドや台湾、パキスタンといった国々でも見られるものであり、さらにはそれらの国々からアメリカに移住した移民の間でも広く観察される現象である1。しかしながら、一人っ子政策は男児を持ちたいと望む夫婦に最初に生まれてくる子供(そして唯一持つことが許されている子供)が女児とはならないように「強いる」ことで男女の数のアンバランスを加速する役割を果たした可能性はある。例えば、産児制限が実施されていない台湾では1986年に中絶が法的に認められてからというもの男女の産み分けが盛んとなったが、中絶手術が試みられているのはあくまでも第3子以降であることがわかっている2。また、中国では制度の運用が緩い地域があったり、80年代以降になると農村部では第1子が女児である場合は第2子の出産が認められることになったが、そういったケースでは第1子に関しては出生性比(出生児の男女比)は標準的な水準とほぼ同じであるが、第2子に関しては出生性比が飛びぬけて高くなっている(女児に比べて男児の数が飛びぬけて多くなっている)のである3

一人っ子政策に加えて男児選好や中絶手術の普及といった要因が重なった結果として中国では1980年代から90年代にかけて男児の数が女児の数を大きく上回ることになった。1978年の時点では100人の女児に対しておよそ102人の男児が存在する計算(男児の数が女児の数の1.02倍)だったが、1998年の時点になると100人の女児に対して112人を上回る男児が存在する(男児の数が女児の数の1.12倍以上)という状況になったのである。そして今現在は100人の女児に対して120人もの男児が存在する状況(男児の数が女児の数の1.2倍)となっており、数にして男児が女児よりも3700万人も多くなっているのである。

「一人っ子」世代も年をとり続々と大人の年齢に達しつつある(例えば1980年に生まれた子供は現在(2008年現在)28歳である)わけだが、それに伴って出生性比のアンバランスの影響が徐々に表面化しつつある。例えば、16歳~25歳の年齢層に目を向けると100人の女子に対しておよそ110人の男子がいる計算(男子の数が女子の数の1.1倍)になるが、その結果として(女性の数が相対的に少なくなっているために)若い男子(男性)が結婚相手を見つけることがますます難しくなっている。若い男子(男性)――とりわけ独身の男性――は若い女子(女性)に比べると行動上の問題を抱えがちであり犯罪を犯しやすいと言われている。例えば、アメリカの西部開拓時代に暴力に向かう傾向が強く見られた理由は(若い男性が中心となって体現していた)フロンティア精神(“frontier town” mentality)にその原因があるとはよく指摘されているところである。中国では1998年以降に犯罪件数が平均して年率13%のペースで増えているが、逮捕者の70%が16歳~25歳の若者であり、そのうちの90%は男性という結果になっている。

若い男性の数が(同世代の女性の数と比べて相対的に)増えていることと犯罪件数が増えていることとの間には一体どのようなつながりがあるのだろうか? 中国籍とアメリカ籍の研究者たちが手を組んで行ったつい最近の研究4でまさにこの問いが検証されている。この研究では1998年~2004年の期間を対象として一人っ子政策が厳格に適用されている地域とそうではない地域(第1子が女児の場合は第2子の出産が認められており、その結果として出生性比が標準的な水準とほぼ変わらない地域)との間の犯罪状況が比較されており、精緻な実証分析の結果として犯罪が増加している原因のうち7分の1は一人っ子政策5によって説明できるとの結論が導き出されている。

人口全体に占める若い男性(犯罪を犯す可能性の高い存在)の割合が高くなっていることに加えて、(女性の数が相対的に少なくなっているために)若い男性が結婚相手を見つけにくくなっていることも犯罪が増えている理由の一つとなっている可能性がある。

つい最近のニュー・リパブリック誌でも引用されているが6、ベトナム帰還兵を対象に長いスパンにわたって行われた実験がその手掛かりをいくつか与えている。テストステロンと言えば攻撃性や暴力と深い関わりのある男性ホルモンの一種として知られているが、被験者である帰還兵の男性が結婚するとテストステロンの濃度が低下する一方で、反対に離婚するとテストステロンの濃度は増加する傾向にあったという。実験の期間を通じてずっと独身のままであった男性のテストステロンの濃度は高い水準を保っていたというが、独身の男性がとりわけ攻撃的である理由はテストステロンの濃度が高いことと関係があるのかもしれない。

一人っ子として育てられること自体も何かしら関係があるかもしれない。中国の農村部においては第1子が女児の場合は第2子の出産が認められる地域があるということはこれまでに何度か触れてきたが、そのような地域に暮らしている第1子の(弟ないしは妹を持った)少女は子供の出産が1人しか認められていない地域の子供(第1子)に比べて学校に在籍する期間が長い傾向にあるという7。兄弟姉妹の数が増えることは競争(あるいは対立)をいたずらに煽る結果になるわけではなく、むしろお互いのためになるようである。「1人っ子」世代は「孤独な」世代と言えるのかもしれない。

ともあれ、将来的に一人っ子政策が更なる緩和の方向に向かうようなことがあったとしても、中国は今後しばらくの間にわたって(過去の)一人っ子政策(の影響)に頭を悩まされ続けることだろう。

  1. 原注;詳しくは以下の論文を参照のこと。 ●Jason Abrevaya(2009), “Are There Missing Girls in the United States? Evidence from Birth Data”(American Economic Journal: Applied Economics, vol.1(2), pp.1-34)/●Almond, Doug and Lena Edlund(2008), “Son-biased sex ratios in the 2000 United States Census”(Proceedings of the National Academy of Sciences, vol.105, pp.5681-5682) []
  2. 原注;詳しくは次の論文を参照のこと。 ●Lin, Ming-Jen, Liu, Jin-Tan and Qian, Nancy(2008), “More women missing, fewer girls dying: The impact of abortion on sex ratios at birth and excess female mortality in Taiwan”, CEPR Discussion Paper 6667. []
  3. 原注;詳しくは次の論文を参照のこと。 ●Nancy Qian, “Quantity-Quality: The Positive Effect of Family Size on School Enrollment in China(pdf)”, Brown University mimeograph. []
  4. 原注;Lena Edlund, Hongbin Li, Junjian Yi, and Junsen Zhang, “Sex ratio and crime: Evidence from China’s one-Child Policy(pdf)”(IZA Discussion Paper No. 3214, December 2007;その後、The Review of Economics and Statisticsに掲載) []
  5. 訳注;一人っ子政策の影響で若い男性が同世代の女性に比べて相対的に増えていること []
  6. 原注;“No Country for Young Men”, by Mara Hvistendahl, New Republic, July 9, 2008. []
  7. 原注;詳しくは次の論文を参照のこと。 ●Nancy Qian, “Quantity-Quality: The Positive Effect of Family Size on School Enrollment in China”, NBER Working Papers No. 14973 []