月曜日, 12月 09, 2019

CHAIN-LINKS

「21」 
チェーンリンク 

フリギス・カリンシー 作



私たちは世界がそうであるかどうかについて精力的に議論していました 
実際に進化している、特定の方向に向かっている、または 
宇宙全体はただのリズムのゲームの復活であり、 
永遠。 「非常に重要なものがなければならない」と私は

議論の最中に言った。 どうすればいいのか分からない

新しい方法で表現します。 繰り返すのが嫌いです。」 
このように言えば、惑星地球は今までにないほど小さくなったことがありません 
今。 縮んでるーーと言うと当然ーーー 
身体的コミュニケーションと言葉によるコミュニケーションの両方のパルスを速める、 
このトピックは前に出てきましたが、私たちはそれをまったく命名しませんでした 
こちらです。 私たちは地球上の誰もが 
私や誰の意志でも、ほんの数分で私が何を学べるか 
考えたりやったり、何をしたいか、何をしたいのか。 上記の事実を自分で納得させたいと思った場合、数日で私はホカス・ポーカスになれるかもしれません! ーなりたいところ。
今、私たちはおとぎの国に住んでいます。 わずかに残念なこと 
この土地については、現実の世界よりも小さいということです 
されました。 
「22」 
チェスタトンは小さくて親密な小さな宇宙を賞賛し、発見した 
コスモスを非常に大きなものとして描くのは鈍いです。 思います 
この考え方は、輸送の時代に特有のものです。 ながら 
チェスタトンは技術と進化を拒否し、ついに彼は 
彼が夢見ていたおとぎの国が来ることしかできないことを認めざるを得なかった 
科学革命を通して彼はとても激しく 
反対。 
すべてが戻り、それ自体を更新します。 今の違いは 
これらのリターンの割合は、空間と時間の両方で増加しています。 
前代未聞のファッション。 今、私の考えは地球を一周できる 
分。 世界史の一節は、 
数年。 
この一連の思考から何かが生じるに違いありません。 私が知っていれば 
何! (私はこのすべての答えを知っているように感じますが、私は忘れていました 
それが何であったか、または疑いで克服されたもの。 たぶん私は近すぎました 
真実に。 北極の近く、彼らは言う、の針 
コンパスはぐちゃぐちゃになって、輪になって回っています。 まるで 
私たちが近づきすぎると、私たちの信念にも同じことが起こります 
神。) 
この議論から魅力的なゲームが生まれました。 我々の一人 
次の実験を実行して、 
地球の人口は今、彼らが持っているよりも近くにあります 
かつてない。 1.5から任意の人を選択する必要があります 
地球の10億の住民ー誰でも、どこでも。 彼は賭けた 
5人以下の個人を使用し、そのうちの1人は 
個人的な知り合い、彼は選択した個人に連絡することができます 
個人的な知り合いのネット​​ワーク以外は何も使用しません。 ために 
例、「見て、君はミスターXYを知っている。 
彼が知っている友人のQZなど。」 
「面白いアイデアです!」ー誰かが言ったー「試してみよう、 
セルマ・ラジェロフにどのように連絡しますか?」(1) 
_________________ 
ノーベル賞を受賞したスウェーデンの小説家セルマ・ラゲルロフ(1858ー1940) 
1909年に文学賞を受賞し、retumまたはスウェーデン語のチャンピオン 
神秘的な倍音を持つロマン主義。 彼女は子供向けの小説も書いています。 



「23」 
「いいでしょう、今、セルマ・ラゲルロフ」ゲームの支持者は答えました、 
「これ以上簡単なことはありません。」そして彼は2つのソリューションを展開しました。 
秒:「セルマ・ラゲルロフはノーベル賞を受賞しました 
文学。だから彼女はスウェーデンのグスタフ王を知るに違いない、 
原則として、彼は彼女に賞を渡すだろうから、 
そして、グスタフ王はテニスをするのが大好きで、 
国際テニストーナメントに参加しています。 彼はプレイした 
カーリング氏(2)ので、彼らは知人でなければなりません。 そして、たまたま私は 
私自身もケーリング氏をよく知っています。」(提案者は 
彼自身は良いテニス選手です。 「今回必要だったのは2つだけでした 
5つのリンクのうち。 それは常に簡単なので、それは驚くことではありません 
いくつかよりも有名なまたは人気のある人物を知っている人を見つける 
目立たない、取るに足らない人。 さあ、もっと頑張って 
解決すべきもの!」 
lより難しい問題を提案しました:連絡先のチェーンを見つける 
フォードモーターの匿名のリベッターと自分をつなぐ 
会社ーと私は4つのステップでそれを達成しました。 働く人 
フォード氏を知っています。彼はフォード氏自身を知っています。 
ハーストの局長と良好な関係にある 
出版帝国、私には親しい友人、アルパッド・パストル氏がいました。 
最近、監督と知り合いになりました 
ハーストパブリッシング、それは私の友人に一言だけかかります 
ハーストの総監督にケーブルを送って 
順番にフォアマンに連絡することができたフォードに連絡し、誰ができる 
その後、リベッターに連絡します。 
私にとっては、自動車が必要です。 
そして、ゲームは続きました。 私たちの友人は絶対に正しかった: 
グループの誰もチェーン内にnve個以上のリンクを必要としませんでした 
知り合いの方法を使うだけで 
私たちの惑星の。 
_______________ 
2 Bel Kehrling、(1891-1937)は有名なハンガリーのスポーツマン、サッカー、 
ピンポンとテニスプレーヤー。 テニスでは、彼は1923年に勝利した 
Gothenberg、Sweden、屋内と屋外の両方。 彼は 
ウィンブルドンは倍増します。 彼はサッカーとアイスホッケーもしました。

「24」 
そして、これは別の質問に私たちを導きます。 
これが不可能だったとしたら、人類の歴史は? ジュリアス 
たとえば、シーザーは人気の男でしたが、 
マヤの一人から司祭に連絡を取ろうとする彼の頭 
その時にアメリカ大陸に住んでいたアステカ族、彼はできませんでした 
成功しましたー5段階でなく、300でもです。 
当時のヨーロッパ人はアメリカとその 
火星とその住民について今私たちが知っているよりも住民。 
ここで何かが起こっています。収縮のプロセスと 
リズムと波を超えた拡張。 何か 
合体、サイズの縮小、他の何かが外側に流れる 
そして成長します。 このすべての拡張と素材がどのように可能ですか 
成長は、燃え上がった小さなきらめく斑点から始まった可能性があります 
数百万年前に原始の神経の塊で 
人間の頭? そして、今までに、これはどのように可能ですか? 
継続的な成長には、全体を減らす浸水能力があります 
物理的な世界は灰に? 電力が征服できる可能性 
問題は、魂が肉体よりも強力な真実を作ること、 
人生には人生そのものを生き延びる意味があります。 その善は悪を生き抜く 
人生が死を生き抜くと、結局のところ、神は 
悪魔? 
馬鹿げているように見えるので、認めるのは恥ずかしいです。 それ 
よく接続されたゲームだけでなく 
人間と一緒ですが、オブジェクトはweIIです。 私は非常になった 
上手な。 もちろん役に立たないゲームですが、私は中毒だと思います 
それに、彼のお金のすべてを失い、のために遊ぶギャンブラーのように 
本当の利益を望んでいない乾燥豆 
カードの色。 私のすべてに散らばる奇妙なマインドゲーム 
時間は次のようになります。3、4、または最大で、どのようにリンクできますか 
チェーンの5つのリンク、些細な、毎日の生活。 どうやって 
ある現象を別の現象にリンクしますか? どうすれば親relativeに参加できますか 
安定した恒久的なものを持つ一時的なものーどのように結びつけることができるか 
全体の部分? 
ただ生きて、楽しんで、そして、 
物事の有用性:どれだけの喜びや痛みが私を引き起こすか。 ああ、 
不可能です。 私はこのゲームが、私に微笑む目や拳を打つ目で何か他のものを見つけるのに役立つことを願っています

私、前者に近づきたい衝動を超えた何かと 
後者から恥ずかしがり屋、ある人は私を愛し、別の人は私を嫌い、 
どうして? なぜ愛と憎しみ?


「25」 
お互いを理解していない二人がいますが、私は 
両方を理解することになっています。 どうやって? 誰かがブドウを販売しています 
私の若い息子が他の部屋で泣いている間、通り、 
知人の妻は彼をonした 
ロメン、デンプシーの試合を15万回観戦 
ローランド(3)の最後の小説は爆撃され、私の友人Qは彼の 
ミスター・Y・リング・ア・リング・オ・ローズ、ポケットの一杯のポイズを思い浮かべてください。 
接続のチェーンをどのように構築できますか 
これらのランダムなものの間に、 
哲学、合理的な推測のみを行います。 チェーン 
問題から始まり、その最後のリンクはソースとして私につながります 
すべての。 
まあ、ちょうどこの紳士のように、彼は私のテーブルにステップアップ 
今書いているカフェ、彼は私に近づき、 
些細な些細な問題で私の考えを中断しました 
そして、私が言っていたことを忘れさせました。 なぜ彼は来たの 
ここで邪魔しますか? 最初のリンク:彼はあまり考えていない 
彼が走り書きを見つけた人、二番目のリンク:この世界は 
わずか4分の1 
世紀前、有名な世界観とマークした考え 
19世紀の終わりは今日では役に立たない。 今、軽daする 
知性。 3番目のリンク:この軽daは、 
今日のヨーロッパを掴む恐怖と恐怖のヒステリー、そして 
4番目のリンク:世界の秩序は破壊されました、 
さて、それから、新世界秩序を出現させましょう! 新しいメシアをしましょう 
世界の 宇宙の神に身を見せて 
燃えるローズヒップブッシュをもう一度 平和がありましょう 
戦争があり、革命がありましょう。 
______________ 
3フランスの有名な小説家であるロマン・ローランドは、1866年から1944年まで住んでいた。 
1915年に文学のためのノーベル賞を受賞し、ほぼすべての作品 
セルマ・ラゲルロフの場合と同様に、ハンガリー語に翻訳されました。 
「26」 
5番目のリンクー誰かが敢えてすべきことは二度と起こらない 
プレイ中に邪魔をします。 のファントムを解放するとき 
私の想像力、私が考えるとき! 
ハンガリー語からの翻訳および注釈付き 
アダム・マッカイ 

エニコ・ヤンコ編


「21」

CHAIN-LINKS

   by

 Frigyes Karinthy

We were arguing energetically about whether the world is
actually evolving, headed in a particular direction, or whether the
entire universe is just a returning rhythm's game, a renewal of
eternity. "There has to be something of crucial importance," I

said in the middle of debate. I just don't quite know how to

express it in a new way; I hate repeating myself."

Let me put it this way: Planet Earth has never been as tiny as it is
now. lt shrunk ーrelatively speaking of course ー due to the
quickening pulse of both physical and verbal communication,
This topic has come up before, but we had never named it quite
this way. We never talked about the fact that anyone on Earth, at
my or anyone's will, can now learn in just a few minutes what I
think or do, and what l want or what l would like to do. 

If Iwanted to convince myself of the above fact: in couple of days I could be ー Hocus pocus! ー where l want to be.

Now we live in fairyland. The only slightly disappointing thing
about this land is that it is smaller than the real world has ever
been.

「22」

Chesterton praised a tiny and intimate, small universe and found
it obtuse to portray the Cosmos as something very big. l think
this idea is peculiar to our age of transportation. While
Chesterton rejected technology and evolution, he was finally
forced to admit that the fairyland he dreamed of could only come
about through the scientific revolution he so vehemently
opposed.

Everything returns and renews itself. The difference now is that
the rate of these returns has increased, in both space and time, in
an unheard-of fashion. Now my thoughts can circle the globe in
minutes. Entire passages of world history are played out in a
couple of years.

Something must result from this chain of thoughts. If only I knew
what! (l feel as if I knew the answer to all this,but I've forgotten
what it was or was overcome with doubt. Maybe I was too close
to the truth. Near the North Pole, they say, the needle of a
compass goes haywire, turning around in circles. It seems as if
the same thing happens to our beliefs when we get too close to
God.)

A fascinating game grew out of this discussion. One of us
suggested performing the following experiment to prove that the
population of the Earth is closer together now than they have
ever been before. We should select any person from the 1.5
billion inhabitants of the Earth ー anyone, anywhere at all. He bet
us that, using no more than five individuals, one of whom is a
personal acquaintance, he could contact the selected individual
using nothing except the network of personal acquaintances. For
example,“Look,you know Mr. X.Y.,please ask him to contact
his friend Mr.Q.Z.,whom he knows, and so forth.”
“An interesting idea!” ー someone said ー “Let’s give it a try,
How would you contact Selma Lagerof?”(1)

________________

1 Swedish novelist Selma Lagerlof(1858ー1940),who received the Nobel
Prize for literature in 1909, was a champion of the retum or Swedish
romanticism with a mystical overtone. She also wrote novels for children.



「23」

“Well now, Selma Lagerlof, " the proponent of the game replied,
“Nothing could be easier." And he reeled off a solution in two
seconds: “Selma Lagerlof just won the Nobel Prize for
Literature, so she's bound to know King Gustav of Sweden,
since, by rule, he's the one who would have handed her the Prize,
And it's well known that King Gustav loves to play tennis and
participates in international tennis tournaments. He has played
Mr. Kehrling(2) so they must be acquainted. And as it happens I
myself also know Mr. Kehrling quite well." (The proponent was
himself a good tennis player. “ All we needed this time was two
out of five links. That's not surprising since it's always easier to
find someone who knows a famous or popular figure than some
run-of-the-mill, insignificant person. Come on, give me a harder
one to solve!"

l proposed a more difficult problem: to find a chain of contacts
linking myself with an anonymous riveter at the Ford Motor
Company ー and I accomplished it in four steps. The worker
knows his foreman,who knows Mr. Ford himself, who, in turn,
is on good terms with the director general of the Hearst
publishing empire, l had a close friend, Mr. Arpad Pasztor, who
had recently struck up an acquaintance with the director of
Hearst publishing,It would take but one word to my friend to
send a cable to the general director of Hearst asking him to
contact Ford who could in turn contact the foreman, who could
then contact the riveter,who could then assemble a new
automobile for me, should l need one.

And so the game went on. Our friend was absolutely correct:
nobody from the group needed more than nve links in the chain
to reach, just by using the method of acquaintance, any inhabitant
of our Planet.

______________

2 Bel Kehrling, (1891-1937)was a noted Hungarian sportsman, soccer,
ping-pong and tennis player. In tennis, he emerged victorious in l923 in
Gothenberg,Sweden,both indoors and in the open; he placed third in the
Wimbledon doubles. He also played soccer and ice hockey.

「24」

And this leads us to another question: Was there ever a time in
human history when this would have been impossible? Julius
Caesar,for instance, was a popular man, but if he had got it into
his head to try and contact a priest from one of the Mayan or
Aztec tribes that lived in the Americas at that time, he could not
have succeeded ー not in five steps, not even in three hundred.
Europeans in those days knew less about America and its
inhabitants than we now know about Mars and its inhabitants.

So something is going on here, a process of contraction and
expansion which is beyond rhythms and waves. Something
coalesces,shrinks in size, while something else flows outward
and grows. How is it possible that all this expansion and material
growth can have started with a tiny, glittering speck that flared
up millions of years ago in the mass of nerves in a primitive
human's head? And how is it possible that by now, this
continuous growth has the inundating ability to reduce the entire
physical world to ashes? ls it possible that power can conquer
matter, that the soul makes a mightier truth than the body, that
life has a meaning that survives life itself; that good survives evil
as life survives death, that God, after all, is more powerful than
the Devil?

l am embarrassed to admit ー since it would look foolish ? that
l often catch myself playing our well-connected game not only
with human beings, but with objects as weII. l have become very
good at it. lt's a useless game, of course, but l think I'm addicted
to it,like a gambler who, having lost all of his money, plays for
dried beans without any hope of real gain ーjust to see the four
colors ofthe cards. The strange mind-game that clatters in me all
the time goes like this: how can l link, with three, four, or at most
five links of the chain, trivial,everyday things of life. How can I
link one phenomenon to another? How can I join the relative and
the ephemeral with steady, permanent things ー how can l tie up
the part with the whole?

It would be nice to just live, have fun, and take notice only of the
utility of things: how much pleasure or pain they cause me. Alas,
it's not possible. I hope that this game will help me find something else in the eyes that smile at me or the fist that strikes

me, something beyond the urge to draw near to the former and
shy away from the latter, One person loves me, another hates me,
Why? Why the love and the hatred?


「25」

There are two people who do not understand one another, but I'm
supposed to understand both. How? Someone is selling grapes in
the street while my young son is crying in the other room,An
acquaintance's wife has cheated on him while a crowd of
hundred and fifty thousand watches the Dempsey match, Romain
Roland's (3) last novel bombed while my friend Q changes his
mind about Mr. Y. Ring-a-ring o' roses, a pocketful of posies.
How can one possibly construct any chain of connections
between these random things, without filling thirty volumes of
philosophy, making only reasonable suppositions. The chain
starts with the matter, and its last link leads to me, as the source
of everything.

Well, just like this gentleman, who stepped up to my table in the
cafe where l am now writing,He walked up to me and
interrupted my thoughts with some trifling, insignificant problem
and made me forget what l was going to say. Why did he come
here and disturb me? The first link: he doesn't think much of
people he finds scribbling, The second link: this world doesn't
value scribbling nearly as much as it used to just a quarter of a
century ago, The famous world-views and thoughts that marked
the end of the 19th century are to no avail today. Now we disdain
the intellect. The third link: this disdain is the source of the
hysteria of fear and terror that grips Europe today, And so to the
fourth link: the order of the world has been destroyed,

Well,then,let a New World order appear! Let the new Messiah
of the world come! Let the God of the universe show himself
once more through the burning rosehip-bush! Let there be peace,
let there be war, let there be revolutions, so that ー and here is

______________

3 Romain Roland, the noted French novelist, lived from 1866 until 1944. He
was awarded the Nobel Prize for literature in 1915, Nearly all of his works
were translated into Hungarian, just as in the case of Selma Lagerlof.

「26」

the fifth link ー it cannot happen again that someone should dare
disturb me when I am at play. when set free the phantoms of
my imagination, when I think !

         Translated from Hungarian and annotated by
                 Adam Makkai
               Edited by Eniko Janko

1 Comments:

Blogger yoji said...

『新ネットワーク思考』に記述された「六次の隔たり」の背景 : NDO::Weblog
naoya.dyndns.org>トップ>ブックレビュー
... フリジェシュ・カリンティが、46冊目の著作『同じものはひとつもない』の中の短編「鎖」 の中で、まるで六次の ...

3ページ目
六次の隔たり(ろくじのへだたり) - ITmedia エンタープライズ
www.itmedia.co.jp>...>情報マネジメント用語辞典
... ハンガリーの作家カリンティ・フリジェシュ(Karinthy Frigyes)の短編小説『鎖』(1929 年)が最古といわれる。
『東欧SF傑作集 (上) (創元SF文庫)』(カリンティ)の感想(2 ... - ブクログ
booklog.jp/item/1/4488658016
未読◎「金になる人脈」p.110で「私に近い6人の他人」という考えを述べたカリンティ・ フリジェシュの著書。 「?」を述べた小説「鎖」 ...

11:32 午後  

コメントを投稿

<< Home