金曜日, 12月 12, 2008

プルードン交換銀行定款

以下,下記ブログ記事からの転載です。 http://blog.livedoor.jp/yojisekimoto/archives/50800239.html  プルードン交換銀行の定款(「人民の代表」1848.5.10)を『自由経済研究』vol.11,1997.8より引用します。森野栄一さんの訳です。 抄訳ですが、興味を持った方は、ぱる出版に問い合わせて購入してください(郵便振替による後払いで購入できます。一冊1000円です。森野さんに問い合わせれば、半分WAT払いで買えます)。  国民通貨による出資を求めた民間資本による人民銀行(交換銀行案が議会で否決されたあとの1848年)や、ナポレオン三世政権下のパリ万博後の永続博覧会計画(1850年代)は、また別の「後退戦」として研究されるべきかと思われます。  第十九条にあるように貸付と交換は業務としては分かれていますが、信託と交換を同時に行なうというアイデアが画期的でした(これは今日のLETS・地域交換信託制度につながります)。また市民による集合的信用は、市民バンクにつながります。第三三条には競売のアイデアもあります。金貨は小銭としてしか流通しないようになるというのは先駆的なアイデアだと思います。  交換銀行、人民銀行はプルードンにルイ・ボナパルト侮辱の罪で逮捕状が出て実動されないまま終わります。プルードンは亡命先のベルギーから清算のため帰国したところを逮捕されます。  プルードンに関しては推薦サイトがいくつかありますが(下に付記します)、復刊ドットコムが最重要かも知れません。 http://www.grsj.org/colum/colum/prouhdon_kaheikaikakunitsuite.htm http://www.thought.ne.jp/html/text/socio/07anc4.html 河出書房新社『神もなく主人もなく1』より、人民銀行株券↓ (交換銀行に株券はない。) 仏版『社会問題の解決』より、人民銀行流通券↓(『人間の経済』78号森野栄一「プルードンの夢」*に詳しい。 http://www.grsj.org/book/booklibrary/ningennokeizai_78.pdf*以下、参考までに、『人間の経済』第78号p26より、流通券の記載事項の翻訳。 「人民銀行の「流通券」見本には、券面にこうあります。 5フランシリーズ 人民銀行 No.*** 5フラン流通券 加入者各位 一覧後、支払指図に対して、人民銀行が受領した総額5フランの、 諸君の産業の商品や生産物、用益で持参人に支払う 署名 P.J.PROUDHON et Co. 経理人 ****(署名) <上記の他に、左右に、人民銀行という協会の約款、18条、20条が記載されています> 18条(左端に記載) 通常の正貨で支払われる銀行手形と異なり人民銀行券は永遠の社会的性格をもつ引渡指図であり、あらゆる組合員ないし全加入者によって、その事業や職業の生産物あるいは用益によって支払われる。 20条(右端に記載) 流通券は協会の全加入者にあらゆる支払いで受領される。協会は正貨での払い戻しを行わない。協会ヘ任意のものでしかないが、加入者のところでの受領の義務を保証する。加入者の名称、職業、住所地の一覧は協会の事業所に掲示されるであろう。」 注: 上記銀行券は、担保のある人民銀行のもので、交換銀行のものとは違うが、その計画の原案として交換銀行があり、定款の検討としてはこちらでも十分参考になるので以下を引用する。 /////////////////////////////////////  交換銀行設立計画  国有交換銀行  基本定款  下記署名者の、卸売商人、職人、企業家、産業家、所有者、経済学者、法律家、教師、著述家、芸術家、あらゆる種類の、またすべての身分、職業の生産者たちの間で、下記事項の合意、決定をみた。 第一編 《一般条項》 第一条 署名者および本約款に同意するもの全員が、国有交換銀行の名称のもとに商業組合を構成する。 第二条 組合員の目的は下記の通り。  一、交換銀行を設立することで、組合の各成員に、貨幣の助けなしに、特にまた即刻に、あらゆる生産物や食料品、商品、サービス、労働を獲得させ、  二、その後、生産者の条件を変更して、農業および産業労働の再組織化をもたらす。 第三条 組合は万人のものである。  全市民は、例外なく、これに属するよう要請される。組合員であるためには、いかなる出資も必要ではなく、本定款に同意し、交換銀行の信用紙券でのあらゆる支払を受け入れるだけで十分である。 第四条 組合は資本を有しない。 第五条 その有効期間は無制限である。 第六条 その所在地はパリに置く。
第七条 交換銀行は本質的に共和制的な制度であり、人民による人民の統治の典型である。また、位階制的で封建的な原理のどのような復興にも敵対する活力ある抗議であり、市民的なまた政治上のあらゆる不平等の事実を廃止する。金の特権は廃止され、すべての特権が消滅する。交換の相互性の必然的帰結である交換における平等が、翻って、労働における平等、現実的な連帯性、個人の責任性、絶対的自由の基礎となる。結局、交換銀行は、無限の富と全般的で永遠の平和の原理としての用具、また保証である。 《交換銀行の構成原理》            第八条 国有交換銀行は以下の諸原理を立てる。  労働するとは無から生み出すことである。  信用を与えるとは交換することである。  交換するとは資本化することである。  これは定式として相互性を有する。    第九条 従って、交換銀行は貨幣の助けなしにあらゆる生産物の交換を実行し、貨幣を出資することなく生産物を無限に増加させるための信用の制度である。 第十条 貴金属貨幣の代わりに、交換銀行は社会的な紙券を使用する。 第十一条 この紙券は普通の銀行券のように貴金属貨幣を代泰しない。組合の各 成員のさまざまな個々の債務とその根拠となる種々の生産物とを代表する。 第十二条あらかじめ全組合員に受け入れられた交換銀行の紙券は、次々と循環し、各組合員の生産物をうるのに役立つ。つまり、交換手段としての貨幣に取って代わるのである。組合員であることと交換券の拒否とは両立しない。第十三条 交換券の過剰発行はありえない。生産物の引き渡しに応じて、また引き受け手形ないし引き渡しに由来する債務の代わりに発行されるからである。 第十四条 要するに、その減価は不可能である。  紙券はつねに、これの発行の原因である生産物と生産者および裏書人の責任によって担保されているからである。 第十五条 交換銀行は利益をあげない。 《交換券について》 第十六条 銀行の紙券は交換券と呼ばれる。交換券の種類は、二十、百、五百、千フランである。 第十七条 交換券は銀行とあらゆる組合員の間で、あらゆる種類の商品およびサービスといつでも交換でき   る。  逆にあらゆる種類の商品およびサービスは銀行で交換券と交換できる。 第十八条 交換券は現金で編纂できない。  少額の差額のみが通貨で精算される。 《交換銀行の業務》 第十九条 交換銀行の主要業務は次の通り。  一、交換券と呼ばれる社会的な紙券の発行。  二、二名の署名のある商業手形の割引、この手形の期限は問わない。  三、引き受け証書ないし手形の割引。  四、委託品の販売および購買。  五、有担保貸付。  六、所有者および耕作者に対する不動産信用。  七、無料の支払および取り立て。  八、融資。 第二十条 交換銀行の組合員に限り、その種々の特典を認められる。 《割引について》 第二一条 組合員の有価証券は個人的な性格しかもたないが、割引とはこれを一般的性格をもつ組合の紙券と交換することである。 第二二条 普通の銀行では、割引は現金ないしその典型である銀行の銀行券で行われる。これは、通貨と呼ばれる領主の名において行われる流通に対する先取、料金徴収権、領主権である。   交換銀行では、流通は媒介物なしに行われる。貨幣はそこではただ、通貨ではなく、製造され、購入され、受領された生産物を代表する標章である。その支払いは生産者、消費者、そして裏書人全員によって保証される。そこではつまり、これを相互に受領しあうことから、交換者各自は銀行に対して株主ないし資本家の役割を果たし、割引に際しなにも先取されず、ただ銀行の運営費の ための手数料のみが徴収される。 第二三条 この手数料のみが徴収される。 第二四条 本行は、購入されるか販売されるかした、また引渡しが終るか近々引 き渡される生産物を表す証券ないし債券のほかには割引かない。 第二五条 割引は二名の署名のあるものに、またどのような期日のものに対しても行われる。 第二六条 割引信用は実際の取引、つまり信頼できる購買者が前もって生産物を引き受けるような場合、制限されない。 第二七条 二名の署名のある証券ないし債券はつねにもたらされる商品の内容と数量とを明示しなければならない。 第二八条 この点に関してなされたあらゆる不正行為およびごまかしは詐欺で告訴される。 第二九条 まさしくこうした考えから、本行は割引に際し、注文品や受領された送り状を受け取る。 《委託品の販売および購買について》 第三十条委託品の販売および購買は商店の混雑をなくし、商業と産業を安全なものとし、販路のない生産物を市場にもたらす手段である。 第三一条 本行は、状況に応じてまた組合員の商品の内容にしたがって、原価の二分の一、三分の二、四分の三、五分の四で購入する。組合貝はこれらを特恵委託品に関する法規(民法、1932条)によって委託する。 第三二条 委託証書で定められた期日まで、委託販売人は、可能な限り最良の条件で販売することができ、本行が前払いした金額しか返済しなくてよい。 第三三条 期日経過後は、本行は、委託品を、組合員であると非組合員であるとを問わず安値の機会を利用したいとする全市民の競売にかけ、売却させる。 第三四条 委託品の固定価格を超、量販売で、去れた価格の超過分は、当該超過分の5パーセントを本行の手数料として控除して、商品所有者のものとなるであろう。 第三五条 販売が実行されて、委託品の保有者は委託された商品の引渡しをおこなう。 第三六条 国家はその債券をもって、製造薯はその生産物をもって、商業者はその商品をもって、労働者はその力能をもって、芸術家はその作品をもって、所有者はそのアパートや家屋、土地、機械の賃貸料をもって、持参人はその国債をもって、要するに全市民が前払いをうるためのこの結合から利益をあげることができるし、お互いに、万人がなるたけ安く生産したいとしている原料価格やまた機械の賃貸料、サービスの大幅な切下げを手にいれて利益をあげることができる。 《保証人信用貸付》 第三七条 本行は信用貸付を開設する。 第三八条 必要な担保は保証人の推薦だけであるが、本行が間違いのない人で有効と判断するかどうかによって、二人ないし数人が必要である。 第三九条 保証人は連帯責任を負い、その一人ひとりが全員の責任を負う。 第四〇条 本行は組合員のほかは保証人として認めない。 第四一条 信用供与された組合員が返済を行わない場合、本行は償還について保証人と協議する。 《不動産信用》 第四二条 本行は土地所有者および耕作者に、長期、年賦払いの契約に基づき前貸しを行う。 第四三条 長期、年賦払いのこの契約は抵当によって保証されるが、これは、委託商品の購入、販売のそれと類似の責務である。 第四四条 本行は所有地をその価値の四分の三で先物で購入し、これを所有者に委託する。所有者は全収穫物を我が物にするにもかかわらず、その責任ある管理者になる。 第四五条 指定された期日に土地所有者が貸与された前払いを返済しない場合は、本行は所有地の引渡しを受け、耕作者に引受けさせる。 第四六条 土地を失っても所有者は、自身とその家族のために、本行が定めた条件で小作農ないし管理者としてその所有地に居住し耕作する特権を有するであろう。 《当座勘定での信用、無料の支払いおよび取り立て》 第四七条 本行は全組合員のために無償でパリと地方での支払いおよび取り立てを行う。 第四八条 本行はこのために組合員各自の当座勘宴開設する。支払いの大部分を要するのには、たんなる一方の当座勘定から他方のそれへの移転で十分である。 《現金注文について》 第四九条 交換銀行はその影響力、知性の権威、前貸し金をもって、農業上、産業上、商業上、科学上等々のあらゆる企て、労働者協同組合および労働者組織のあらゆる試みを教唆し、かき立て、これに助言を与え、助成し、後援し、出資する。これはごく当り前の与件のなかで、成功への申し分のない保証であろう。 第五〇条 各地方の最も一般的な利害を代表する交換銀行は、従って集合理性の表現であり、また体制のあらゆる偏見から解放されてもいる。交換銀行は、いかなる理念にも、どのような学派に同情心も敵対心も抱かず、いずれの教義の判断にも基づくものではない。 第五一条 その上、交換銀行は流通と信用の特殊嘉官であり、あらゆる生産的諸力の集中点であるが、どのような企てにも専心することはなく、いまあるいくつかの種類のいかなる取引や事業にも、直接的にも間接的にも干渉しない。交換銀行はそれ自身の事業の責任のほかは認めないし、引き受けない。 第五二条 交換銀行は、計画が富の生産、分配、消費の主要な諸原理に従っているかを判断するだけであり、それ自体が自由、平等、相互性、非人格性が高度に結合しているのがみられる組織の典型と自認している。  これで定款の第一部がやっと終わりである。第二部(五三条から八〇条)は、《本行の組織と管理》と題され、交換銀行の組織的側面が扱われているが、これは省略する。 ////////////////////////////////
付録として、1848年5月8日「人民の代表」に発表された「政治問題と経済問題の同一性、解決の方法」より。LETSの原理との近さがわかると思います。 資料集として一部翻訳されていますが(『フランス社会主義資料集』)、以下は「自由経済研究」vol.20.2001.12より、森野さんの訳です。 「(中略)誰もが認めることは、異なった場所に居住する三人以上の交換者が、同じ時に、それぞれ他の人間の生産物を知り、欲するならば、彼らの生産物と役務を直接に貨幣の助けなしに交換するような方法で交換することができるということである。  このことはおのずから明らかであり、理論上明白である。なぜなら三人以上の交換者は二者で交換するのと同様であるからである。また実践上もあきらかである。口座振替でいつでも行われるからである。従って、この点で少しの困難もない。  この原理はただ貨幣の廃止を意味しているだけであるが、これにしたがって交換銀行の観念が獲得される。  交換銀行は交換者に対して、諸国のあらゆる生産者や消費者の事業状況や能力、支払い能力、生産の重要度、そして特に重要な彼らのもつ欲求を個人的に知っているかのように現れる。  いかなる政治上の激動も決して生産者と消費者の関係を断ち切り、生産物の交換を中断しえないにしても、交換銀行がお互いに関わりあうには時間がかかるすべての生産者と消費者に無償で生産物と販路を提供するのは、この知識によってこそなのである。  交換銀行はその組織によって交換銀行なのである。随所に現れ、誰にでも情報を与え、交換銀行は各交換者にこう言うのである。当行に諸君の請求書、交換券、約束手形を与えよ、当行に諸君の商品針委託せよ、当行のもつ無数の関係によって、補償金もいらず、割引料もなく、利子もなく、諸君のあらゆる取引を引き受けましょう。  従って、ここでは貴金属貨幣の銀行が交換の銀行に転換され、間接的交換は直接的交換に代えられ金属の役割は廃止され、一種の振替に転換される。否定が肯定に転換されるのだ。  我々はこの改革からどのような利益を引き出すことができるのであろうか。これが労働者にもたらすものはなんであろうか……。」 //////////////////////////////////
 

ワイド版世界の大思想 第3期〈5〉エンゲルス - Google ブック検索結果
https://books.google.co.jp › books

エンゲルス, ‎岡崎次郎 · 2005 · ‎Philosophy
すでに一八四二年にロートベルトゥスが発見した構成価値が回復されるべきだというのです。ところが、この提案がブレーやプルードンの交換銀行に立ち遅れたのは、悲惨の極みです。労働者は生産物の四分の一だけをもつべきだ、だがそれは ...

https://fr.wikipedia.org/wiki/Pierre-Joseph_Proudhon#Banque_du_peuple
 
プルードン人民銀行1848の参加者は2万人近く、その家族を含めると6万人の登録があったらしい。(ルソーの考える広場?での直接民主政参加者の数と奇妙なことに一致している。プルードンはさらに家に残した家族を組み込んでいるが。)
主体である各組織は最小単位を維持するべきだがインフラである銀行の登録者は多い方がいいとプルードンは考えていたようだ。
開業前に当局に解散を強いられ、精算業務をしていたことをプルードンは意外にも幸福だったと回想している。
 
Sous la Deuxième République[modifier | modifier le code]


Proudhon à l'assemblée nationale en 1848.
Pendant la Deuxième République, Proudhon développe ses activités de journaliste. Avec l'aide de ses amis Alfred Darimon et Georges Duchêne, il est impliqué dans quatre journaux différents : Le Représentant du Peuple (février 1848 - août 1848)69 ; Le Peuple (septembre 1848 - juin 1849)70 ; La Voix du Peuple (octobre 1849 - mai 1850)71 ; Le Peuple de 1850 (juin 1850 - octobre 1850)72,73. Ces journaux sont tous condamnés et supprimés successivement. Il s'illustre par son style polémique, combatif, ses incessantes critiques des politiques du gouvernement. Le 28 mars 1849, il est condamné à trois ans de prison et à 3 000 francs d'amende pour un de ses pamphlets publié dans le journal Le Peuple et qualifié par le tribunal d'incitation à la haine du gouvernement, de provocation à la guerre civile et d'attaque à la Constitution et à la propriété74.


Le Peuple du 23 mars 1849
Parallèlement, il publie deux livraisons de la Solution du problème social (22 et 26 mars), dans lesquels il affirme que la solution du problème social est seulement dans l'organisation du crédit mutuel et gratuit. La solution du problème politique est dans la restriction progressive du gouvernement jusqu'à l'établissement de l'anarchie. La démocratie du suffrage universel n'est qu'une fausse image du pays. Il faut établir une république sans constitution et sans limitation de la liberté individuelle27.
Banque du peuple[modifier | modifier le code]
Dans L'Organisation du crédit et de la circulation (31 mars 1848), il développe son projet d'une « banque d'échange » ou « banque du peuple » qui doit permettre de réaliser une véritable démocratie économique grâce au crédit mutuel et gratuit qui donne la possibilité aux travailleurs de posséder le capital qui leur manque pour s'affranchir des propriétaires. Cette banque doit reposer sur trois principes essentiels : la gratuité du crédit grâce à une suppression progressive du taux d'intérêt ; la suppression de la monnaie basée sur l'or remplacée par un « billet d'échange » affranchi de la condition de remboursement en espèces ; la généralisation de la lettre de change payable à vue contre des marchandises ou des services. Ce « socialisme du crédit » laisse cependant de côté la question de l'organisation de la production et de la consommation5.
En janvier 1849, il dépose devant notaire à Paris, les statuts d'une Banque du Peuple. Pour répondre aux exigences de la législation en vigueur, la Banque doit avoir un capital monétaire de 5 millions, divisé en un million d'actions de 5 francs. Les coupons sont de 50 centimes.
En six semaines, le chiffre des adhésions, dont le montant de souscription doit s'étaler sur 10 mois, s'élève à près de 20 000 personnes qui représentent, selon Proudhon, « une population d'au moins 60 000 personnes ». Les souscripteurs sont principalement des artisans, qui face à la crise monétaire, trouvent là une alternative aux usuriers75,76.
L'article 10 de la Banque précise qu'elle n'est définitivement constituée que lorsque 10 000 actions sont souscrites soit 50 000 francs. C'était là une obligation légale, Proudhon ayant toujours estimé que la Banque du Peuple n'avait pas besoin d'un capital propre. En fait, Proudhon compte également sur les bénéfices du journal Le Peuple pour lancer sa banque. Mais le journal est frappé coup sur coup de 20 000 francs d'amendes pour des bénéfices de 8 000 francs au moment même où il ordonne la fabrication du papier en circulation de la Banque76.
Deux mois après son lancement, en avril 1849, la Banque n'a réuni qu'un capital de 18 000 francs répartis en 3 600 actions principalement chez des petits porteurs dont certains ont cotisé « sou par sou ». Malgré ce succès populaire, parce que l'actif du journal Le Peuple s'est transformé en passif, ce fut un échec76. Le 28 mars 1849, Proudhon est condamné à trois ans de prison pour ses articles contre L.-N. Bonaparte. Il se cache et continue d'écrire. Il sera arrêté et incarcéré le 5 juin. Certains collaborateurs de la banque (en particulier des saint-simoniens) en profitent pour tenter de dénaturer le projet. Le 16 avril les scellés sont apposés sur les bureaux de la banque. Proudhon annonce que « le projet de Société pour la Banque du Peuple, sous la raison sociale P.-J. Proudhon et Cie, ne recevra pas son exécution ».

第二共和国時代

1848年、国民議会でのプロードン。
第二共和制時代、プルードンはジャーナリストとしての活動を展開していた。友人のアルフレッド・ダリモンやジョルジュ・デュシェーヌの助けを借りて、4つの異なる新聞社に関わった。Le Représentant du Peuple(1848年2月~1848年8月)69 Le Peuple(1848年9月~1849年6月)70 La Voix du Peuple(1849年10月~1850年5月)71 Le Peuple de 1850(1850年6月~1850年10月)72,73 これらの新聞はすべて非難され、弾圧された。これらの新聞は次々と非難され、弾圧された。闘争的なスタイルで、政府の政策をひたすら批判することで知られていました。1849年3月28日、新聞「Le Peuple」に掲載されたパンフレットの一つが、政府への憎悪を煽り、内戦を誘発し、憲法と財産を攻撃するものとして裁判所に認定され、3年の禁固刑と3,000フランの罰金が科せられた74。


1849年3月23日のLe Peuple
同時に、『社会問題の解決』を2号(3月22日、26日)発行し、社会問題の解決は、自由な相互信用の組織にのみあると主張していた。政治問題の解決は、無政府状態になるまで政府を徐々に制限することにあります。皆勤賞の民主主義は、あくまでも虚像である。憲法のない、個人の自由を制限しない共和国を設立することが必要である27。

People's Bank
彼は『信用と流通の組織』(1848年3月31日)の中で、「交換銀行」または「人民銀行」のプロジェクトを展開しています。このプロジェクトは、相互の自由な信用によって、真の経済民主主義を実現することを可能にするもので、労働者が所有者から自由になるために不足している資本を所有する可能性を与えるものです。この銀行は、3つの基本原則に基づいていなければなりません。すなわち、金利を段階的に抑制することによる自由な信用、金を基にした貨幣の抑制、現金返済の条件から解放された「為替手形」に代わるもの、商品やサービスに対してその場で支払われる為替手形の一般化です。しかし、この「信用社会主義」では、生産と消費の組織化の問題が残されていた5。

1849年1月、彼はパリの公証人に人民銀行の法令を提出した。有効な法律の要件を満たすために、銀行は500万の通貨資本を有し、5フランの100万株に分割されなければなりません。クーポンは50セント硬貨です。

6週間で、加入量を10ヶ月間に分散させなければならない接着剤の数は2万人近くにのぼり、プルードンによれば「少なくとも6万人の人口」を代表していることになる。加入者は主に職人で、金融危機に直面していたため、使用者の代わりになるものを探していました75,76。

銀行の第10条では、10,000株、つまり50,000フランの申し込みがあった場合にのみ、銀行が正式に設立されると定めている。これは法的な義務であり、プルードンは常に人民銀行には自己資本は必要ないと考えていた。実は、プルードンも新聞「Le Peuple」の利益をあてにして、銀行を立ち上げていた。しかし、この新聞は、銀行の紙を流通させるように命じたのと同時に、8,000フランの利益に対して20,000フランの罰金を次々と科せられた76。

発足から2ヵ月後の1849年4月には、わずか1万8,000フランの資本金を3,600株に分割しただけだったが、その中には「1円単位」で出資した小口株主もいた。このように人気を博したものの、新聞「Le Peuple」の資産が負債に変わってしまったため、失敗に終わった76。1849年3月28日、プルードンはL.-N.ボナパルトに対する記事で3年の禁固刑を言い渡された。彼は身を隠して執筆活動を続けた。6月5日に逮捕され、投獄されました。銀行の一部の協力者(特にサン・シモン派)は、これを利用してプロジェクトを歪めようとします。4月16日には、銀行の事務所にシールが貼られました。プルードン、「P.-J. Proudhon and Co.名義の人民銀行協会のプロジェクトは実行されない」と発表。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

2 Comments:

Blogger yoji said...

リンク

     スピノザ
プルードン    ヘーゲル
 マルクス 空海 カント
 坂本龍馬    フロイト
      柄谷

9:48 午前  
Blogger yoji said...

ゲゼルの『自然的経済秩序』におけるプルードン再評価は歴史的に重要だ。

4:38 午後  

コメントを投稿

<< Home