金曜日, 12月 22, 2017

Introduction to Modern Economic Growth Kindle版 Daron Acemoglu (著) 2008


   ( 経済学リンク::::::::::
マクロ

Introduction to Modern Economic Growth Kindle版 Daron Acemoglu (著) 2008

http://nam-students.blogspot.jp/2017/12/blog-post_22.html


Introduction to Modern Economic Growth Kindle版

As long as a branch of science offers an abundance of problems, so long is it alive. —David Hilbert, Paris, 1900

定番:
形式: ハードカバー|Amazonで購入
____
アセモグルは以下のような一般向け書籍も書いている。

参考:

世界を破綻.…ジェフ・マドリックより


大ざっぱにいえば、豊かになった国々は、自由放任主義の市場をうまく機能させるのに適した制度を築いていたと、アセモグルとロビンソンは主張する

[共著『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(邦訳・早川書房)2013]。具体的には、私有財産と契約の保護が確立されていること、効率的な金融システムが存在すること、事業の開業に対する規制が最低限にとどまっいることなどが必要だという。…


アセモグルとロビンソンは、経済発展を遂げている社会が擁している制度の例を挙げる際に、自由市場を保護・促進するような制度ばかりに光を当てる傾向がある。また、ある種の制度が経済発展を生むのか、経済発展がある種の制度を生むのかという因果関係も十分に立証できていない。因果関係の連鎖の始まりがなんだったのかが明らかでないのだ。




【目次】 上
 
第一章 こんなに近いのに、こんなに違う
      アリゾナ州ノガレスとソノラ州ノガレスは、人も、文化も、地勢も同じだ。
      それなのに、一方が裕福でもう一方が貧しいのはなぜだろうか。
 
第二章 役に立たない理論
      貧しい国々が貧しいのは、地理や文化のためではないし、
      国民を豊かにする政策を指導者が知らないためでもない。
 
第三章 繁栄と貧困の形成過程
      いかにして、制度から生じるインセンティブによって繁栄と貧困が決まるのか。
      また、いかにして、政治を通じて国家がどんな制度を持つかが決まるのか。
 
第四章 小さな相違と決定的な岐路 ~歴史の重み~
      政治的対立を通じて制度はいかに変化するか、
      過去はいかにして現在を形成するか。
 
第五章 「私は未来を見た。うまくいっている未来を」 ~収奪的制度のもとでの成長~
      スターリン、シャーム王、新石器革命、
      マヤ族の都市国家のすべてに共通するものは何か。
      そしてそれは、中国の目下の経済成長が長続きしない理由をどう説明するか。
 
第六章 乖離
      制度は時とともにいかに発展し、往々にしてゆっくりと乖離していくのか。
 
第七章 転換点
      一六八八年の政治改革はイングランドの政治制度をいかに変え、
      産業革命に結びついたのか。
 
第八章 領域外 ~発展の障壁~
      多くの国で政治力を持つ人々が産業革命に反対したのはなぜか。
 

【目次】下
 
第九章 後退する発展
      ヨーロッパの植民地主義は、
      いかにして世界の多くの地域を貧困に陥れたか。
 
第一〇章 繁栄の広がり
       世界の一部の地域は、
       いかにしてイギリスとは異なる道筋で繁栄に至ったのか。
 
第一一章 好循環
       繁栄を促す制度はいかにして、
       エリート層の妨害を避ける正のフィードバック・ループを生み出すのか。
 
第一二章 悪循環
       貧困生む制度はいかにして、
       負のフィードバック・ループをつくって持続するのか。
 
第一三章 こんにち国家はなぜ衰退するのか
       制度、制度、制度。
 
第一四章 旧弊を打破する
       いくつかの国家はいかにして、
       制度を変えることによってみずからの経済的軌道を変更したか。
 
第一五章 繁栄と貧困を理解する
       世界はいかにして異なるものになったのか、
       そしてこれを理解することが、
       貧困と闘おうとするほとんどの試みが失敗してきた理由をいかにして説明できるのか。


注記:

ちなみにアセモグルとサージェントとでは立場及び主張が分かれる。
サージェントの主張は以下でわかる

 “Some Unpleasant Monetarist Arithmetic” Thomas Sargent,Neil Wallace (1981)

https://www.minneapolisfed.org/research/qr/qr531.pdf 邦訳あり 全19頁

邦訳「ある不愉快なマネタリスト算術」は『合理的期待とインフレーション』1988/11に所収

https://www.amazon.co.jp/dp/4492311785/



サージェントLSはケインズ一般理論#2:2賃金理論に着目する。賃金決定は外生的なのだ。


サージェントと近いのはシムズだ。

Sims, C.A.(1994),“A Simple Model for Study of the Determination of the Price Level and the Interaction of ...
http://web.mit.edu/14.461/www/part1/sims.pdf
(シムズは思想はフリードマン寄りだったが現状認識がケインズ寄りになった)


国家を擁護するサージェントに対してアセモグルは国家を衰退する べ き ものとする。

アセモグルの主張は以下でよくわかる。

アセモグル『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(共著。邦訳・早川書房)。

学者としての代表作とは言えないが主張はわかりやすい。

『世界を破綻させた経済学者たち』(ジェフ・マドリック)にアセモグルへの批判がある。

厳密にはフリードマンへの批判だが。


《大ざっぱにいえば、豊かになった国々は、自由放任主義の市場をうまく機能させるのに

適した制度を築いていたと、アセモグルとロビンソンは主張する。…

[共著『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(邦訳・早川書房)2013]…

具体的には、私有財産と契約の保護が確立されていること、効率的な金融システムが存在

すること、事業の開業に対する規制が最低限にとどまっていることなどが必要だという。…


アセモグルとロビンソンは、経済発展を遂げている社会が擁している制度の例を挙げる際に、

自由市場を保護・促進するような制度ばかりに光を当てる傾向がある。また、ある種の制度が

経済発展を生むのか、経済発展がある種の制度を生むのかという因果関係も十分に立証でき

ていない。因果関係の連鎖の始まりがなんだったのかが明らかでないのだ。》



FTPLについては:



https://www.amazon.co.jp/dp/4492311785/

合理的期待とインフレーション 単行本 – 1988/11

2011年ノーベル経済学賞受賞者のトーマス・J・サージェントの論文集です。

収録論文
1.「合理的期待とマクロ経済学の再構築」
2.「レーガノミックスとクレディビリティ」
3.「4大インフレーションの終焉」
4.「緩やかなインフレーションの抑制」
5.「ある不愉快なマネタリスト算術」ウォレスとの共著
6.「香港ドル投機についての考察」ビアーズとウォレスとの共著



シムズFTPLに関しては以下を参照、

グローバル・インバランスと国際通貨体制 Kindle版

____


Introduction to Modern Economic Growth Kindle版


神書:

評判がいいので購入してみてPart2のみだいたい読みましたが神書ですw

Part'2は代表的個人からなる動学的一般均衡モデルの基本設定と

離散、連続の非確率的なダイナミックプログラミングを

変分法、最適制御を交えて解説してあります。


まあLucasの前半を簡略化して連続時間をくっつけた感じです。


数学的な予備知識としては邦書の浦井憲か岡田章の経済数学を

講義などでかじったことがあり、そこに書いてある微積分、

微分方程式、位相、凸解析の知識をなんとなく把握していて、

追加で多価写像がなんなのかくらい知っていれば読めると思います。


マクロ経済学の上級の教科書というのはローマーにせよサージェントのrecusiveにせよ、

モデルの根本的な、ある種暗黙の前提や、数学的な処理などで、

「当然お前ら俺らの言ってることわかるだろ?」

というくらいにたいした説明もなく話が進んでいって、

要は著者の言ってることを信じて慣れるしかないという

イラっとくる仕様になっているものですが、

この本はくどいくらいに丁寧に説明してくれますw


一般均衡動学に基づくマクロ経済学、経済成長論を真面目に学びたい人は必携だと思います。



http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=_IgY5Tf1WfcJ&p=Contents+Preface+Part+I%3A+Introduction+Chapter+1+Economic+Growth+

and+Economic+Development%3A+The+Questions&u=www.econ.ku.dk%2Fokocg%2FVV%2FVV-

2016%2FMaterial%2FIntroduction%2520to%2520Modern%2520Economic%2520Growth%2520Table

%2520of%2520contents.pdf



Introduction to Modern Economic Growth 
Daron Acemoglu 


TABLE OF CONTENTS: 
Preface xv 

Part I: Introduction 

Chapter 1: Economic Growth and Economic Development: The Questions 3 
1.1 Cross-Country Income Differences 3 
1.2 Income and Welfare 7 
1.3 Economic Growth and Income Differences 9 
1.4 Origins of Today's Income Differences and World Economic Growth 11 
1.5 Conditional Convergence 15 
1.6 Correlates of Economic Growth 18 
1.7 From Correlates to Fundamental Causes 19 
1.8 The Agenda 21 
1.9 References and Literature 23 

Chapter 2: The Solow Growth Model 26 
2.1 The Economic Environment of the Basic Solow Model 27 
2.2 The Solow Model in Discrete Time 34 
2.3 Transitional Dynamics in the Discrete-Time Solow Model 43 
2.4 The Solow Model in Continuous Time 47 
2.5 Transitional Dynamics in the Continuous-Time Solow Model 51 
2.6 A First Look at Sustained Growth 55 
2.7 Solow Model with Technological Progress 56 2.8 Comparative Dynamics 67 
2.9 Taking Stock 68 
2.10 References and Literature 69 
2.11 Exercises 71 

Chapter 3: The SolowModel and the Data 77 
3.1 Growth Accounting 77 
3.2 The Solow Model and Regression Analyses 80 
3.3 The Solow Model with Human Capital 85 
3.4 Solow Model and Cross-Country Income Differences: Regression Analyses 90 
3.5 Calibrating Productivity Differences 96 
3.6 Estimating Productivity Differences 100 
3.7 Taking Stock 105 
3.8 References and Literature 106 
3.9 Exercises 107 

Chapter 4: Fundamental Determinants of Differences in Economic Performance 109 
4.1 Proximate versus Fundamental Causes 109 
4.2 Economies of Scale, Population, Technology, and World Growth 112 
4.3 The Four Fundamental Causes 114 
4.4 The Effect of Institutions on Economic Growth 123 
4.5 What Types of Institutions? 136 
4.6 Disease and Development 137 
4.7 Political Economy of Institutions: First Thoughts 140 
4.8 Taking Stock 140 
4.9 References and Literature 141 
4.10 Exercises 143 

Part II: Toward Neoclassical Growth 

Chapter 5: Foundations of Neoclassical Growth 147 
5.1 Preliminaries 147 
5.2 The Representative Household 149 
5.3 Infinite Planning Horizon 156 
5.4 The Representative Firm 158 
5.5 Problem Formulation 160 
5.6 Welfare Theorems 161 
5.7 Proof of the Second Welfare Theorem (Theorem 5.7) * 168 
5.8 Sequential Trading 171 
5.9 Optimal Growth 174 
5.10 Taking Stock 176 
5.11 References and Literature 176 
5.12 Exercises 178 

Chapter 6: Infinite-Horizon Optimization and Dynamic Programming 182 
6.1 Discrete-Time Infinite-Horizon Optimization 182 
6.2 Stationary Dynamic Programming 185 
6.3 Stationary Dynamic Programming Theorems 187 
6.4 The Contraction Mapping Theorem and Applications * 190 
6.5 Proofs of the Main Dynamic Programming Theorems * 194 
6.6 Applications of Stationary Dynamic Programming 201 
6.7 Nonstationary Infinite-Horizon Optimization 211 
6.8 Optimal Growth in Discrete Time 215 
6.9 Competitive Equilibrium Growth 219 
6.10 Computation 221 
6.11 Taking Stock 221 
6.12 References and Literature 222 
6.13 Exercises 223 

Chapter 7: An Introduction to the Theory of Optimal Control 227 
7.1 Variational Arguments 228 
7.2 The Maximum Principle: A First Look 235 
7.3 Infinite-Horizon Optimal Control 240 
7.4 More on Transversality Conditions 250 
7.5 Discounted Infinite-Horizon Optimal Control 253 
7.6 Existence of Solutions, Concavity, and Differentiability * 259 
7.7 A First Look at Optimal Growth in Continuous Time 268 
7.8 The q-Theory of Investment and Saddle-Path Stability 269 
7.9 Taking Stock 274 
7.10 References and Literature 275 
7.11 Exercises 278 

Part III: Neoclassical Growth 

Chapter 8: The Neoclassical Growth Model 287 
8.1 Preferences, Technology, and Demographics 287 
8.2 Characterization of Equilibrium 293 
8.3 Optimal Growth 298 
8.4 Steady-State Equilibrium 300 
8.5 Transitional Dynamics and Uniqueness of Equilibrium 302 
8.6 Neoclassical Growth in Discrete Time 305 
8.7 Technological Change and the Canonical Neoclassical Model 306 
8.8 The Role of Policy 312 
8.9 Comparative Dynamics 313 
8.10 A Quantitative Evaluation 315 
8.11 Extensions 317 
8.12 Taking Stock 317 
8.13 References and Literature 318 
8.14 Exercises 319 

Chapter 9: Growth with Overlapping Generations 327 
9.1 Problems of Infinity 328 
9.2 The Baseline Overlapping Generations Model 329 
9.3 The Canonical Overlapping Generations Model 335 
9.4 Overaccumulation and Pareto Optimality of Competitive Equilibrium in the Overlapping Generations Model 336 
9.5 Role of Social Security in Capital Accumulation 339 
9.6 Overlapping Generations with Impure Altruism 342 
9.7 Overlapping Generations with Perpetual Youth 345 
9.8 Overlapping Generations in Continuous Time 348 
9.9 Taking Stock 353 
9.10 References and Literature 354 
9.11 Exercises 355 

Chapter 10: Human Capital and Economic Growth 359 
10.1 A Simple Separation Theorem 359 
10.2 Schooling Investments and Returns to Education 361 
10.3 The Ben-Porath Model 363 
10.4 Neoclassical Growth with Physical and Human Capital 367 
10.5 Capital-Skill Complementarity in an Overlapping Generations Model 371 
10.6 Physical and Human Capital with Imperfect Labor Markets 374 
10.7 Human Capital Externalities 379 
10.8 The Nelson-Phelps Model of Human Capital 380 
10.9 Taking Stock 382 
10.10 References and Literature 384 
10.11 Exercises 384 

Chapter 11: First-Generation Models of Endogenous Growth 387 
11.1 The AK Model Revisited 388 
11.2 The AK Model with Physical and Human Capital 393 
11.3 The Two-Sector AK Model 395 
11.4 Growth with Externalities 398 
11.5 Taking Stock 402 
11.6 References and Literature 404 
11.7 Exercises 404 

Part IV: Endogenous Technological Change 
  
Chapter 12: Modeling Technological Change 411 
12.1 Different Conceptions of Technology 411 
12.2 Science and Profits 414 
12.3 The Value of Innovation in Partial Equilibrium 416 
12.4 The Dixit-Stiglitz Model and Aggregate Demand Externalities 422 
12.5 Individual R&D Uncertainty and the Stock Market 428 
12.6 Taking Stock 429 
12.7 References and Literature 430 
12.8 Exercises 431 

Chapter 13: Expanding VarietyModels 433 
13.1 The Lab-Equipment Model of Growth with Input Varieties 433 
13.2 Growth with Knowledge Spillovers 444 
13.3 Growth without Scale Effects 446 
13.4 Growth with Expanding Product Varieties 448 
13.5 Taking Stock 452 
13.6 References and Literature 453 
13.7 Exercises 453 

Chapter 14: Models of Schumpeterian Growth 458 
14.1 A Baseline Model of Schumpeterian Growth 459 
14.2 A One-Sector Schumpeterian Growth Model 468 
14.3 Innovation by Incumbents and Entrants 472 
14.4 Step-by-Step Innovations * 479 
14.5 Taking Stock 489 
14.6 References and Literature 490 
14.7 Exercises 491 

Chapter 15: Directed Technological Change 497 
15.1 Importance of Biased Technological Change 498 
15.2 Basics and Definitions 500 
15.3 Baseline Model of Directed Technological Change 503 
15.4 Directed Technological Change with Knowledge Spillovers 514 
15.5 Directed Technological Change without Scale Effects 518 
15.6 Endogenous Labor-Augmenting Technological Change 519 
15.7 Generalizations and Other Applications 522 
15.8 An Alternative Approach to Labor-Augmenting Technological Change* 523 
15.9 Taking Stock 526 
15.10 References and Literature 527 
15.11 Exercises 529 

V: Stochastic PartGrowth 

16: Stochastic Dynamic Programming 537Chapter 
16.1 Dynamic Programming with Expectations 537 
16.2 Proofs of the Stochastic Dynamic Programming Theorems * 544 
16.3 Stochastic Euler Equations 549 
16.4 Generalization to Markov Processes * 552 
16.5 Applications of Stochastic Dynamic Programming 554 
16.6 Taking Stock 561 
16.7 References and Literature 561 
16.8 Exercises 562 

17: Stochastic Models 566ChapterGrowth 
17.1 The Brock-Mirman Model 567 
17.2 Equilibrium under Uncertainty 571Growth 
17.3 Application: Real Business Cycle Models 579 
17.4 with Incomplete Markets: The Bewley Model 583Growth 
17.5 The Overlapping Generations Model with Uncertainty 586 
17.6 Risk, Diversification, and 588Growth 
17.7 Taking Stock 603 
17.8 References and Literature 604 
17.9 Exercises 605 

VI: Technology Diffusion, Trade, and Interdependences Part 

18: Diffusion of Technology 611Chapter 
18.1 Productivity Differences and Technology 611 
18.2 A Benchmark Model of Technology Diffusion 613 
18.3 Technology Diffusion and Endogenous 619Growth 
18.4 Appropriate and Inappropriate Technologies and Productivity Differences 623 
18.5 Contracting Institutions and Technology Adoption 630 
18.6 Taking Stock 642 
18.7 References and Literature 643 
18.8 Exercises 644 

19: Trade and 648ChapterGrowth 
19.1 and Financial Capital Flows 648Growth 
19.2 Why Does Capital Not Flow from Rich to Poor Countries? 653 
19.3 in a Heckscher-Ohlin World 655EconomicGrowth 
19.4 Trade, Specialization, and the World Income Distribution 663 
19.5 Trade, Technology Diffusion, and the Product Cycle 674 
19.6 Trade and Endogenous Technological Change 678 
19.7 Learning-by-Doing, Trade, and 680Growth 
19.8 Taking Stock 684 
19.9 References and Literature 685 
19.10 Exercises 687 

VII: and PartEconomicDevelopmentEconomicGrowth 

20: Structural Change and 697ChapterEconomicGrowth 
20.1 Nonbalanced : The Demand Side 697Growth 
20.2 Nonbalanced : The Supply Side 703Growth 20.3 Agricultural Productivity and Industrialization 715 
20.4 Taking Stock 719 
20.5 References and Literature 720 
20.6 Exercises 721 
21: Structural Transformations and Market Failures Chapter 
in 725Development 

21.1 Financial 726Development 
21.2 Fertility, Mortality, and the Demographic Transition 729 
21.3 Migration, Urbanization, and the Dual Economy 736 
21.4 Distance to the Frontier and Changes in the Organization of Production 744 
21.5 Multiple Equilibria from Aggregate Demand Externalities and the Big Push 752 
21.6 Inequality, Credit Market Imperfections, and Human Capital 758 
21.7 Toward a Unified Theory of and ? 764DevelopmentGrowth 
21.8 Taking Stock 768 
21.9 References and Literature 769 
21.10 Exercises 771 

VIII: The Political Economy of PartGrowth 

22: Institutions, Political Economy, and 781ChapterGrowth 
22.1 The Impact of Institutions on Long-Run 781Development 
22.2 Distributional Conflict and in a Simple Society 784EconomicGrowth 
22.3 The Canonical Cobb-Douglas Model of Distributional Conflict 792 
22.4 Distributional Conflict and Competition 793 
22.5 Subgame Perfect versus Markov Perfect Equilibria 799 
22.6 Inefficient Institutions: A First Pass 802Economic 
22.7 Heterogeneous Preferences, Social Choice, and the Median Voter * 805 
22.8 Distributional Conflict and : Heterogeneity and the Median Voter 814EconomicGrowth 
22.9 The Provision of Public Goods: Weak versus Strong States 817 
22.10 Taking Stock 822 
22.11 References and Literature 823 
22.12 Exercises 825 

23: Political Institutions and 831ChapterEconomicGrowth 
23.1 Political Regimes and 832EconomicGrowth 
23.2 Political Institutions and -Enhancing Policies 834Growth 
23.3 Dynamic Trade-offs 837 
23.4 Understanding Endogenous Political Change 850 
23.5 Taking Stock 856 
23.6 References and Literature 857 
23.7 Exercises 858 
Epilogue: Mechanics and Causes of 861EconomicGrowth 
What Have We Learned? 861 
A Possible Perspective on and Stagnation over the Past 200 Years 864Growth 
Many Remaining 872Questions 

IX: Mathematical Appendixes Part 

Appendix A: Odds and Ends in Real Analysis and Applications 
to Optimization 877 
A. Distances and Metric Spaces 8781 
A.2 Mappings, Functions, Sequences, Nets, and Continuity 880 
A.3 A Minimal Amount of Topology: Continuity and Compactness * 885 
A.4 The Product Topology * 889 
A.5 Absolute Continuity and Equicontinuity * 891 
A.6 Correspondences and Berge's Maximum Theorem 894 
A.7 Convexity, Concavity, Quasi-Concavity, and Fixed Points 898 
A.8 Differentiation, Taylor Series, and the Mean Value Theorem 900 
A.9 Functions of Several Variables and the Inverse and Implicit Function 
Theorems 904 
A.10 Separation Theorems * 907 
A.11 Constrained Optimization 910 
A.12 Exercises 915 Appendix B: Review of Ordinary Differential Equations 917 

B. Eigenvalues and Eigenvectors 9171 B.2 Some Basic Results on Integrals 918 
B.3 Linear Differential Equations 920 
B.4 Solutions to Linear First-Order Differential Equations 921 
B.5 Systems of Linear Differential Equations 924 
B.6 Local Analysis and Stability of Nonlinear Differential Equations 926 
B.7 Separable and Exact Differential Equations 927 
B.8 Existence and Uniqueness of Solutions 929 
B.9 Continuity and Differentiability of Solutions 930 
B.10 Difference Equations 930 
B.11 Exercises 932 

Appendix C: Brief Review of Dynamic Games 934 
C. Basic Definitions 9341 
C.2 Some Basic Results 937 
C.3 Application: Repeated Games with Perfect Observability 941 
C.4 Exercises 942 

Appendix D: List of Theorems 944 
2 944Chapter 
5 944Chapter 
6 944Chapter 
7 945Chapter 
10 945Chapter 
16 945Chapter 
22 946Chapter 

Appendix A 946 
Appendix B 947 
Appendix C 947 
References 949 
Name Index 971 
Subject Index 977

現代経済成長の紹介 
ダロン・アースモグル

目次: 
序文xv

パートI:はじめに

第1章:経済成長と経済発展:質問3 
1.1クロスカントリーの収入差3 
1.2所得と福祉7 
1.3経済成長と所得格差9 
1.4今日の所得格差と世界経済成長の起源11 
1.5条件付き収束15 
1.6経済成長の相関関係18 
1.7相関関係から基本的な原因へ19 
1.8アジェンダ21 
1.9参考文献と文献23

第2章:ソロー成長モデル26 
2.1基本ソローモデルの経済環境27 
2.2離散時間におけるソローモデル34 
2.3離散時間ソローモデル43における遷移ダイナミクス 
2.4連続時間におけるソローモデル47 
2.5 Continuous-Time Solowモデル51における遷移ダイナミクス 
2.6持続的な成長を見据えた55 
2.7技術進歩によるソローモデル56 2.8比較力学67 
2.9ストックを取る 
2.10参考文献と文献69 
2.11エクササイズ71

第3章:SolowModelとデータ77 
3.1成長会計77 
3.2ソローモデルと回帰分析80 
3.3人的資本を用いたソローモデル85 
3.4ソローモデルとクロスカントリー収入差:回帰分析90 
3.5生産性の差をキャリブレーションする96 
3.6生産性の差の見積もり100 
3.7ストックを取る105 
3.8参考文献と文献106 
3.9エクササイズ107

第4章:経済成果の差の基本的な決定要因109 
4.1近似対根本原因109 
4.2規模、人口、技術、世界成長の経済112 
4.3 4つの基本的な原因114 
4.4制度の経済成長への影響123 
4.5どのような種類の機関ですか? 136 
4.6病気と開発137 
4.7機関の政治経済:最初の考え140 
4.8ストックを取る 
4.9参考文献と文献141 
4.10練習143

第2部:新古典派の成長に向けて

第5章新古典派の成長の基盤147 
5.1予備実験147 
5.2代表家149 
5.3無限計画期間156 
5.4代表企業158 
5.5問題の定式化160 
5.6福祉の定理161 
5.7第2福祉定理の証明(定理5.7)* 168 
5.8逐次取引171 
5.9最適成長174 
5.10在庫を取る 
5.11参考文献と文献176 
5.12演習178

第6章:無限遠水平最適化と動的プログラミング173 
6.1離散時間無限地平線最適化182 
6.2静止ダイナミックプログラミング185 
6.3定常的な動的プログラミング定理187 
6.4縮退写像定理と応用* 190 
6.5主な動的プログラミング定理の証明* 194 
6.6定常的な動的プログラミングの応用201 
6.7非定常無限 - 水平最適化211 
離散時間215における最適成長 
6.9競争均衡の成長219 
6.10計算221 
6.11在庫を取り除く221 
6.12参考文献と文献222 
6.13練習223

第7章:最適な制御理論の紹介227 
7.1変容的引数228 
7.2最大原則:最初の見方235 
7.3無限地平線最適制御240 
7.4横断条件250の詳細 
7.5割引無限地平線最適制御253 
7.6解、凹凸、微分可能性の存在* 259 
7.7連続的な時間における最適な成長の第一歩268 
7.8投資と鞍乗り安定性のq理論269 
7.9ストックを取る274 
7.10参考文献と文献275 
7.11演習278

第3部:新古典派の成長

第8章:新古典派成長モデル287 
8.1環境設定、技術、および人口統計287 
8.2平衡の特徴293 
8.3最適成長298 
8.4定常均衡300 
8.5遷移のダイナミクスと均衡の一意性302 
8.6離散時間305における新古典派の成長 
8.7技術的変化と正準古典モデル306 
8.8ポリシーの役割312 
8.9比較ダイナミクス313 
8.10定量的評価315 
8.11拡張機能317 
8.12ストックを取る317 
8.13参考文献と文献318 
8.14練習問題319

第9章:世代が重なった成長 
9.1無限の問題328 
9.2ベースライン重複世代モデル329 
9.3 Canonical Overlapping Generationsモデル335 
9.4重複世代モデルにおける競争均衡の過蓄積とパレート最適性336 
9.5資本蓄積における社会保障の役割339 
9.6不純な愛国主義を伴う重複世代342 
9.7永遠の青年を持つ重複世代345 
9.8連続した世代の重複348 
9.9ストックを取る 
9.10参考文献と文献354 
9.11演習355

第10章人的資本と経済成長359 
10.1簡単な分離定理359 
10.2学校への投資と教育への復帰361 
10.3ベン・ポラスモデル363 
10.4物理的および人的資本による新古典派の成長367 
10.5重複世代モデルにおける資本スキル相補性371 
10.6不完全な労働市場を持つ身体的および人的資本374 
10.7人的資本の外部性379 
10.8人的資本380のネルソン・フェルプスモデル 
10.9在庫を受け取る 
10.10参考文献と文献384 
10.11エクササイズ384

第11章:内生的成長の第一世代モデル387 
11.1 AKモデルの再訪388 
11.2物理的および人的資本を伴うAKモデル393 
11.3 2セクターAKモデル395 
11.4外部性を伴う成長398 
11.5ストックを取る 
11.6参考文献と文献 
11.7演習404

パートIV:内生的技術変化

第12章:技術変化のモデリング411 
12.1技術の異なる概念411 
12.2科学と利益414 
12.3部分均衡におけるイノベーションの価値416 
12.4ディキシット・スティグリッツモデルと総需要外部性422 
12.5個人の研究開発の不確実性と株式市場428 
12.6ストックを取る429 
12.7参考文献と文献430 
12.8エクササイズ431

第13章:VarietyModelsの拡張433 
13.1入力品種による成長のラボ機器モデル433 
知識流出による成長 
13.3スケール効果のない成長 
拡大する品種による13.4成長 
13.5ストックを取る452 
13.6参考文献と文献453 
13.7演習453

第14章:Schumpeterian成長のモデル458 
14.1 Schumpeterian成長のベースラインモデル459 
14.2ワンセクターSchumpeterian成長モデル468 
14.3現職者と参入者によるイノベーション472 
14.4ステップバイステップイノベーション* 479 
14.5ストック取得489 
14.6参考文献と文献490 
14.7エクササイズ491

第15章:指揮された技術変化497 
15.1偏向された技術変化の重要性498 
15.2基本と定義500 
15.3指揮された技術変化のベースラインモデル503 
知識流出による指導的技術変化514 
15.5スケール効果なしの指揮技術変化518 
15.6内生的な労働増進の技術変化519 
15.7一般化と他のアプリケーション522 
15.8労働増進の技術的変化への代替アプローチ* 523 
15.9ストックを取る526 
15.10参考文献と文献527 
15.11エクササイズ529

V:確率的パートグロース

16:確率的動的プログラミング537章 
16.1期待どおりの動的プログラミング537 
16.2確率的ダイナミックプログラミング定理の証明* 544 
16.3確率的オイラー方程式549 
16.4マルコフ過程への一般化* 552 
確率的な動的プログラミングの応用 
16.6ストック取得561 
16.7参考文献と文献561 
16.8エクササイズ562

17:確率モデル566ChapterGrowth 
17.1 Brock-Mirmanモデル567 
17.2不確実性の下での均衡571成長 
17.3アプリケーション:実際のビジネスサイクルモデル579 
不完全な市場の17.4:The Bewley Model 583Growth 
17.5不確実性を伴う重複世代モデル586 
17.6リスク、多様化、588成長 
17.7ストックを取る603 
17.8参考文献と文献604 
17.9エクササイズ605

VI:技術普及、貿易、および相互依存関係

18:テクノロジーの普及611章 
18.1生産性の違いと技術611 
18.2技術普及のベンチマークモデル613 
18.3技術普及と内生619成長 
18.4適切で不適切な技術と生産性の差異623 
18.5契約機関と技術の採用630 
18.6在庫を取り込む642 
18.7参考文献と文献 
18.8エクササイズ644

19:貿易と648チャプター成長 
19.1と金融資本フロー648成長 
19.2なぜ資本は豊かな国から貧しい国に流れないのか? 653 
ヘックシャー・オリン世界の65.3EconomicGrowthにおける19.3 
19.4貿易、専門化、世界所得分配663 
19.5貿易、技術普及、製品サイクル674 
19.6貿易と内在的技術変化678 
19.7学習と貿易と680成長 
19.8ストック取得684 
19.9参考文献と文献685 
19.10エクササイズ687

VII:経済成長と経済成長

20:構造変化と697章経済成長 
20.1不均衡:需要サイド697成長 
20.2不均衡:供給側703成長20.3農業生産性と工業化715 
20.4ストック取る719 
20.5参考文献および文献720 
20.6エクササイズ721 
21:構造変革と市場の失敗 
725の開発で

21.1金融726開発 
21.2出生率、死亡率、人口推移729 
21.3移住、都市化、二重経済736 
21.4フロンティアまでの距離と生産組織の変化 
21.5集計需要外部性とビッグプッシュによる複数均衡752 
21.6不平等、信用市場の不完全性、人的資本758 
21.7との統一理論に向けて 764DevelopmentGrowth 
21.8ストック取る768 
21.9参考文献と文献 
21.10エクササイズ771

VIII:PartGrowthの政治経済

22:機関、政治経済、781チャプター成長 
22.1長期的な781開発への制度のインパクト 
22.2流通紛争とシンプルな社会の間で784EconomicGrowth 
22.3標準的なコブ・ダグラスの流通競合モデル792 
22.4分配紛争と競争793 
22.5サブゲームパーフェクト対マルコフパーフェクト平衡799 
22.6非効率な制度:ファーストパス802E経済 
22.7異機種間嗜好、社会的選択、メディアン投票者* 805 
22.8分配紛争と異種性と中央集権者814EconomicGrowth 
22.9公共財の提供:弱い国と強い国の間で817 
22.10ストックを取る 
22.11参考文献と文献823 
22.12練習825

23:政治機関と831ChapterEconomicGrowth 
23.1政治レジームと832EconomicGrowth 
23.2政治的機関と - 奨励政策834成長 
23.3ダイナミックトレードオフ837 
23.4内在的政治的変化の理解850 
23.5ストック取得856 
23.6参考文献と文献857 
23.7エクササイズ858 
エピローグ:861EconomicGrowthの力学と原因 
私たちは何を学びましたか? 861 
過去200年間の可能な視点と停滞864成長 
多くの残りの872件の質問

IX:数学的補遺パート

付録A:実際の分析とアプリケーションにおける不確実性と終わり 
最適化へ877 
A.距離とメートル法の間隔8781 
A.2マッピング、関数、シーケンス、ネット、および連続性880 
A.3トポロジの最小量:連続性とコンパクト性* 885 
A.4製品トポロジ* 889 
A.5絶対連続性と等価性* 891 
A.6対応とBergeの最大定理894 
A.7凹凸、凹凸、準凹凸、および固定小数点898 
A.8微分、テイラー級数、平均値定理900 
A.9複数の変数と逆関数と暗黙関数の関数 
定理904 
A.10分離定理* 907 
A.11制約付き最適化910 
A.12演習915付録B:常微分方程式の解説917

B.固有値と固有ベクトル9171 B.2積分に関する基本的な結果918 
B.3線形微分方程式920 
B.4線形1次微分方程式に対する解法921 
B.5線形微分方程式のシステム924 
B.6非線形微分方程式の局所解析と安定性926 
B.7分離可能および正確な微分方程式927 
B.8ソリューションの存在と一意性 
B.9ソリューションの継続性と差別化性930 
B.10差分方程式930 
B.11演習932

付録C:ダイナミックゲームの概要934 
C.基本定義9341 
C.2いくつかの基本的な結果937 
C.3アプリケーション:パーフェクトな観察可能性を備えた繰り返しのゲーム941 
C.4エクササイズ942

付録D:定理リスト944 
2 944章 
5 944章 
6 944章 
7 945チャプター 
10 945章 
16 945章 
22 946章

付録A 946 
付録B 947 
付録C 947 
参考文献949 
名前インデックス971 
テーマインデックス977
____

ちなみにバロー成長論旧版の邦訳なら比較的安く入手出来ます

(書名で検索しても新版しか引っかからない。ISBNで検索すると出てくる)


内生的経済成長論〈1〉 

R.J. バーロ, X. サラ‐イ‐マーティン, Robert J. Barro, Xavier Sala‐i‐Martin, 大住 圭介 

https://www.amazon.co.jp/dp/4873785251/ 

〈2〉 は数学に興味がある人なら…

7 Comments:

Blogger yoji said...

質問失礼します。外国部学部2年です。現在独学でミクロ(神取2014→ヴァリアン入門)、マクロ(齊藤他→マンキューマクロ経済学)と勉強しました。
この先のテキストを調べたところ、次のテキストがよさそうだと分かり、この矢印の流れで学習していきたいのですが、いかがでしょうか?
ミクロ:ヴァリアン分析→Silberberg&Suen→MWG、マクロ:Romer→Adda&Cooper→DaronAcemoglu→LS
ちなみにミクロは全範囲を広く浅く、マクロは経済成長論をやりたいです。また、そのあと余裕があれば、ファイナンス・計量・金融論もやりたいのですが、いいテキストあれば教えて下さい。



ヴァリアン、silberbergとmwg全部やるのは流石に冗長かな

アセモグルとローマーもどっちか選択でいいような。
むしろ成長論ならバローサライマーチンを含んだ方が

マクロ:
計量経済学を どのの程度やるか?
DSGEをどの程度やるか?

ミクロ:
行動経済学、ゲーム理論をどの程度やるか?

3:37 午前
Blogger yoji said...
追記なんとニコルソンの出版社のページから1,2,3章を無料でダウンロードすることが できます(情報提供頂いた曲さん、どうもありがとうございました)。 また、旧版のサイト からは、アクセスコードなしで全てのスライドをダウンロードすることができるようです。 2 章 The Mathematics of Optimization Dixit (1990) “Optimization in Economic Theory, 2nd ed.” A complete and modern treatment of optimization techniques. Use relatively advanced analytical methods. Silberberg and Suen (2001) ...
Silberberg and Suen (2001), The Structure of Economics (3rd) - Scribd
www.scribd.com/.../Silberberg-and-Suen-2001-The-Str...
評価(評価: 5)評価:5-2件のレビュー

3:39 午前
Blogger yoji said...
Adda and Cooper (2003)

Dynamic Economics: Quantitative Methods and Applications
Jerome Adda (著), Russell W. Cooper (著)
ハードカバー: 296ページ
出版社: Mit Pr (2003/09)
言語 英語
ISBN-13: 978-0262012010
ASIN: 0262012014

3:41 午前
Blogger yoji said...

4:56 午前  
Blogger yoji said...

あと、計量はWoodridgeが入門・応用どちらでもいまだにグローバルスタンダードだ。
GreeneやHayashiもいいが、そこまでいるかといわれるとその必要はないと思う。
あと、なぜか日本で人気のVarian、MWGは今はあまり使われてないと思う。もちろんゼロではないが。
Romer(2010)は良書だが一部理論に穴がある。AddaCooperは使ったことないのでわからん。
あと金融ならWoodfordもなかなか良い(ただしCh5かな、誤りがある)
StokeyLucasもよいが、まずはLSだ。
マクロの定番のBFや成長論の定番BarroSalaimartinは古い。定評のある数学補論もAcemoguluで代用できるはず。

有望な彼が(くそみたいな回答でがっかりして、ここを見限らず)まだ見ているといいんだがな。

12:37 午前  
Blogger yoji said...

春から院に行くのですが、分野は管理会計です。希望のゼミ(専攻)ではありません。
① その中で、Ljungqvist-Sargentを完全に独学でやりたいのですが、LSの前準備、または、補助としてAcemogluとSundaramで十分ですか?
② また、それ以前の準備として、(主流マクロ)D・ローマー上級、(経済数学)チャン動学、(NK・一般均衡モデル)加藤涼で足りてますかね?
③ 学習ロードマップは(マクロ)D・ローマー→Acemoglu→LS、(数学)チャン動学→Sundaram→SLP、(NK)加藤→Woodford or Gali or walsh?
こんな感じだと把握しているのですが、勘違いがあれば教えてください。
ぜひご回答お願いします。

2:31 午前  
Blogger yoji said...





ちなみにアセモグルとサージェントは立場と主張が分かれる。

サージェントの主張は以下でわかる

[マネタリストにとっては少々不愉快な算術]
https://www.minneapolisfed.org/research/qr/qr531.pdf 邦訳なし 全19頁

サージェントLSはケインズ一般理論#2:2賃金理論に着目する。賃金決定は外生的なのだ。
国家を擁護するサージェントに対してアセモグルは国家を衰退するべきものとする。

アセモグルの主張は以下でよくわかる。
アセモグル『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(共著。邦訳・早川書房)。
学者としての代表作とは言えないが主張はわかりやすい。


世界を破綻.…ジェフ・マドリックより

大ざっぱにいえば、豊かになった国々は、自由放任主義の市場をうまく機能させるのに適した制度を築いていたと、アセモグルとロビンソンは主張する
[共著『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(邦訳・早川書房)2013]。具体的には、私有財産と契約の保護が確立されていること、効率的な金融システムが存在すること、事業の開業に対する規制が最低限にとどまっいることなどが必要だという。…

アセモグルとロビンソンは、経済発展を遂げている社会が擁している制度の例を挙げる際に、自由市場を保護・促進するような制度ばかりに光を当てる傾向がある。また、ある種の制度が経済発展を生むのか、経済発展がある種の制度を生むのかという因果関係も十分に立証できていない。因果関係の連鎖の始まりがなんだったのかが明らかでないのだ。

2:32 午前  
Blogger yoji said...

ちなみにアセモグルとサージェントとでは立場及び主張が分かれる。
サージェントの主張は以下でわかる

[マネタリストにとっては少々不愉快な算術]
https://www.minneapolisfed.org/research/qr/qr531.pdf 邦訳なし 全19頁

サージェントLSはケインズ一般理論#2:2賃金理論に着目する。賃金決定は外生的なのだ。

サージェントと近いのはシムズだ。
Sims, C.A.(1994),“A Simple Model for Study of the Determination of the Price Level and the Interaction of ...
http://web.mit.edu/14.461/www/part1/sims.pdf
(シムズは思想はフリードマン寄りだったが現状認識がケインズ寄りになった)

国家を擁護するサージェントに対してアセモグルは国家を衰退する べ き ものとする。
アセモグルの主張は以下でよくわかる。
アセモグル『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(共著。邦訳・早川書房)。
学者としての代表作とは言えないが主張はわかりやすい。
『世界を破綻させた経済学者たち』(ジェフ・マドリック)にアセモグルへの批判がある。
厳密にはフリードマンへの批判だが。

《大ざっぱにいえば、豊かになった国々は、自由放任主義の市場をうまく機能させるのに
適した制度を築いていたと、アセモグルとロビンソンは主張する。…
[共著『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(邦訳・早川書房)2013]…
具体的には、私有財産と契約の保護が確立されていること、効率的な金融システムが存在
すること、事業の開業に対する規制が最低限にとどまっいることなどが必要だという。…

アセモグルとロビンソンは、経済発展を遂げている社会が擁している制度の例を挙げる際に、
自由市場を保護・促進するような制度ばかりに光を当てる傾向がある。また、ある種の制度が
経済発展を生むのか、経済発展がある種の制度を生むのかという因果関係も十分に立証でき
ていない。因果関係の連鎖の始まりがなんだったのかが明らかでないのだ。》

2:50 午前  
Blogger yoji said...


ちなみにアセモグルとサージェントとでは立場及び主張が分かれる。
サージェントの主張は以下でわかる

[マネタリストにとっては少々不愉快な算術、ある不愉快なマネタリスト算術」]*
https://www.minneapolisfed.org/research/qr/qr531.pdf 邦訳あり 全19頁

邦訳「ある不愉快なマネタリスト算術」は『合理的期待とインフレーション』1988/11に所収
https://www.amazon.co.jp/dp/4492311785/


サージェントLSはケインズ一般理論#2:2賃金理論に着目する。賃金決定は外生的なのだ。

サージェントと近いのはシムズだ。
Sims, C.A.(1994),“A Simple Model for Study of the Determination of the Price Level and the Interaction of ...
http://web.mit.edu/14.461/www/part1/sims.pdf
(シムズは思想はフリードマン寄りだが現状認識がケインズ寄りになった)

国家を擁護するサージェントに対してアセモグルは国家を衰退する べ き ものとする。
アセモグルの主張は以下でよくわかる。
アセモグル『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(共著。邦訳・早川書房)。
学者としての代表作とは言えないが主張はわかりやすい。
『世界を破綻させた経済学者たち』(ジェフ・マドリック)にアセモグルへの批判がある。
厳密にはフリードマンへの批判だが。

《大ざっぱにいえば、豊かになった国々は、自由放任主義の市場をうまく機能させるのに
適した制度を築いていたと、アセモグルとロビンソンは主張する。…
[共著『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(邦訳・早川書房)2013]…
具体的には、私有財産と契約の保護が確立されていること、効率的な金融システムが存在
すること、事業の開業に対する規制が最低限にとどまっいることなどが必要だという。…

アセモグルとロビンソンは、経済発展を遂げている社会が擁している制度の例を挙げる際に、
自由市場を保護・促進するような制度ばかりに光を当てる傾向がある。また、ある種の制度が
経済発展を生むのか、経済発展がある種の制度を生むのかという因果関係も十分に立証でき
ていない。因果関係の連鎖の始まりがなんだったのかが明らかでないのだ。》

3:19 午前  
Blogger yoji said...

ちなみにアセモグルとサージェントとでは立場及び主張が分かれる。
サージェントの主張は以下でわかる

“Some Unpleasant Monetarist Arithmetic” Thomas Sargent,Neil Wallace (1981)*
https://www.minneapolisfed.org/research/qr/qr531.pdf 邦訳あり 全19頁

邦訳「ある不愉快なマネタリスト算術」は『合理的期待とインフレーション』1988/11に所収
https://www.amazon.co.jp/dp/4492311785/


サージェントLSはケインズ一般理論#2:2賃金理論に着目する。賃金決定は外生的なのだ。

サージェントと近いのはシムズだ。
Sims, C.A.(1994),“A Simple Model for Study of the Determination of the Price Level and the Interaction of ...
http://web.mit.edu/14.461/www/part1/sims.pdf
(シムズは思想はフリードマン寄りだったが現状認識がケインズ寄りになった)

国家を擁護するサージェントに対してアセモグルは国家を衰退する べ き ものとする。
アセモグルの主張は以下でよくわかる。
アセモグル『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(共著。邦訳・早川書房)。
学者としての代表作とは言えないが主張はわかりやすい。
『世界を破綻させた経済学者たち』(ジェフ・マドリック)にアセモグルへの批判がある。
厳密にはフリードマンへの批判だが。

《大ざっぱにいえば、豊かになった国々は、自由放任主義の市場をうまく機能させるのに
適した制度を築いていたと、アセモグルとロビンソンは主張する。…
[共著『国家はなぜ衰退するのか──権力・繁栄・貧困の起源』(邦訳・早川書房)2013]…
具体的には、私有財産と契約の保護が確立されていること、効率的な金融システムが存在
すること、事業の開業に対する規制が最低限にとどまっていることなどが必要だという。…

アセモグルとロビンソンは、経済発展を遂げている社会が擁している制度の例を挙げる際に、
自由市場を保護・促進するような制度ばかりに光を当てる傾向がある。また、ある種の制度が
経済発展を生むのか、経済発展がある種の制度を生むのかという因果関係も十分に立証でき
ていない。因果関係の連鎖の始まりがなんだったのかが明らかでないのだ。》

3:25 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home