日曜日, 8月 18, 2019

転載:サッチャー時代はこう見えた by ウォーレン・モズラー(2013年4月10日)

モズラー 名刺マネー 2013

https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2021/05/9-2013.html?m=1

モズラー ワイマール論 2020

https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2021/02/httpmoslereconomics.html?m=1

#88

https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2021/02/89-warren-mosler-phil-armstrong-weimar.html?m=1

#89

https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2021/02/the-mmt-podcast-with-patricia-pino_24.html?m=1


Spending Necessary for Economic Recovery - Fox Business video.foxbusiness.com › ... · このページを訳す warren mosley Varney CAN MORE GOVERNMENT SPENDING GET US OUT OF THE ECONOMIC SLUMP? FOXBUSINESS.COM の動画検索結果 Center for Economic and Public Policy's Warren Mosler argues further government spending is necessary ... 2011/05/06 

https://video.foxbusiness.com/v/4250679/#sp=show-clips x

Spending Necessary for Economic Recovery
May. 07, 2011 - 6:16 - Center for Economic and Public Policy’s Warren Mosler argues further government spending is necessary to improve the economy.

https://video.foxbusiness.com/v/934577691001?playlist_id=937116503001#sp=show-clips

要登録

Mosler: "When you have a non-convertible currency and a floating exchange rate, all government spending is merely changing numbers in banking accounts" ... Varney: "I gotta go cause I'm out of time, and my head's spinning!" 🙃


KUREALCR

CAN MORE GOVERNMENT SPENDING GET US OUT OF THE ECONOMIC SLUMP?

FOXBUSINESS.COM/CHANNELFINDER BUSINESS

 

influential nobel laureate paul krugman says and we've been reporting this all week he says we need to keep on spending a lot more money to get this economy working well our next guest agrees with paul krugman he is warren mosler he's associate fellow with the center for economic and public policy he joins the company now so we've got a series of people on this program who support more spending now more stimulus okay and you do too i believe my lead proposal was a full payroll tax holiday for the government to stop taking fica taxes out of everyone's paycheck but let me start with um hold on hold on okay you want more spending in whatever form it comes that's spending net new spending and you want a payroll holiday yes that will be the social security taxes yes you want a holiday for everybody yes okay so pumps money into the economy it's the federal government stops taking it out of people's paychecks people working for a living but that is different from a whole new stimulus plan where we extend unemployment benefits or where we bail out the states that's different the difference is largely political now let me lead with one statement okay i'm going to appeal back to your llc days oh you googled me haven't you okay go ahead i'll do that with professor goodheart yeah yeah were you that i met i sat in on one of your classes ladies and gentlemen um our guest is warren mosler and he's referring to the london school of economics where i did attend along with mick jagger by the way ladies and gentlemen sir make your point sir for the u.s government government spending is not operationally constrained by revenues and therefore taxes function to regulate aggregate demand and not to collect revenue per se well you totally lost us all now oh i didn't always use that okay now just put put put the fica thing on one side put that on one side do you support the current spending plans which are before congress namely an extension of unemployment benefits and a bailout of the state to tens of billions of dollars now that's flat out spending yes you support that i i support the short answer is yes but i support 150 billion dollars of revenue distributions to the states on a per capita basis okay okay so wait let's get this straight that is federal money 150 billion dollars distributed around to all of the states on a per capita basis helicopter money throw it out the door okay so let me get back that's what you want that's your stimulus there's only one kind of money as chairman bernanke told us a year ago when he was asked where the hundreds of billions came for from the banks and he said quote we use the computer to mark up the numbers in their accounts that's where all government spending comes from right now to the last social security check i got to nail this one okay before you go on yes look we've already spent a trillion dollars and i don't care how you define money in all the rest we spent a trillion bucks on the sim plan one yes it didn't work as advertised you can tell you say all day long that it helped preserve two million jobs i don't care it didn't create net new jobs now you're proposing another big spending plan more of the same how can you guarantee that this will create net new jobs it can't be guaranteed okay but why would you assume that it would when the first plan didn't okay the first we're suffering from a massive lack shortfall of aggregate demand due to a failure of the credit system which is fine any shortfall of aggregate demand for any reason can always be handled by an adjustment in either taxes or spending now my politics caused me to want to adjust the tax side down and yours you probably would agree with that okay but yeah but i'm looking at the spending side yeah the numbers the numbers will work let's let charleston yeah i mean because you know you said money all money is money but there is a distinct difference between spending and investment if you go back to eisenhower what they did was something tangible they built 46 000 miles of highway that people could use and they created commerce you know giving someone unemployment 40 million people on food stamps that doesn't really generate the kind of aggregate demand that we need to get us out of this slump okay look if we generate the aggregate demand with the payroll tax holiday i agree with the payroll tax holiday but i think we're talking about just the kind of spending we've seen so far on sperm research and puberty research i don't support any of those okay and and the um revenue distribution to the states then the transfer payments fall off as these people get employed in a private sector
 
 4:28
V:
wait a minute in the meantime huge assumption that he said you distribute 150 billion dollars to all the states on a per capita basis you are assuming that that increase in demand that you stimulate with that money.
M:
 with the payroll private sector jobs with the apparel the reason we lost private sector jobs is one reason because sales fell off.

V:
 okay but you've got to admit that the deficit simply explodes at that point the deficit gets larger yes it explodes and
M:
you understand what the deficit is from your school days right well look that's all theoretical this is operational fact i'm not talking any theory or philosophy here
V:
go on.
M:
 okay when the government spends it adds balances to reserve accounts at the fed these are checking accounts at the fed okay.
 and when the government taxes it subtracts money from checking accounts at the fed net spending deficit spending is a net ad of uh dollar net financial assets to the system.
 it's an accounting identity that the government deficit equals so with private sector savings that we print non-government safety

V:
we print it.

M
 printing is a word that goes back to the gold standard it's the ratio between printed money and the gold supply it's not an applicable term the applicable term is weak.

V:
 smart and internal and theoretical.

M:
 this is a fundamental error that's been made and why we're in the situation we're in now okay when you have a non-convertible currency and a floating exchange rate.
 all government spending is merely changing numbers and bank accounts the person at the treasury who changes numbers up.
 and he's the spending is operationally independent from the taxing there's no operation.

V:
 i've got to go because i'm out of time and my head's spinning.

M:
 i've been under roads by the way oh really yes but not on this program in this program
V:
 that was interesting .
and we appreciate you being with us Warren thank you very much.

 影響力のあるノーベル賞受賞者の ポール・クルーグマン氏が 今週もお伝えしています 彼は経済をうまく機能させるためには もっと多くのお金を使い続ける必要があると言っています 次のゲストはポール・クルーグマン氏に 同意するウォーレン・モズラー氏 経済公共政策センターのアソシエイトフェローです 彼は会社に入社しました この番組ではもっと多くの人に支持されています 私の提案は、政府がみんなの給料からFIFAの税金を取るのを止めるために、完全な給与所得税の休暇を取るというものだったと思いますが、まず、ちょっと待ってください、あなたはどんな形であれ、もっと支出を増やしたいと思っています。みんなのための休暇ですね。連邦政府は生活のために働く人々の給料から お金を吸い上げるのを止めます。 しかし、それは全く新しい刺激策とは違います。失業給付を拡大したり、州を救済するのとは違います。LC時代を思い出してください ググったんですね? グッドハート教授に聞いてみます あなたの授業を聞いたことがあります 皆さん ゲストは ウォーレン・モスラーさんです ロンドンの経済学部のことを話してくれました ミック・ジャガーと一緒に通っていた ロンドンの経済学部のことです 政府の支出は収入によって運営上の制約を受けることはありません。したがって、税金は総需要を調整するために機能し、収入を集めるために機能するのではありません。何百億ドルもの州を救済することになりましたが、それは全くの出費です あなたは支持しています 私は支持しています 簡潔な答えはイエスですが、私は支持しています 1500億ドルの収入を州に分配することを支持しています 一人当たりの州への分配額ですが、これは連邦政府のお金です 1500億ドルを州全体に分配しています 一人当たりの州へのヘリコプターマネーです これが刺激策です。バーナンキ議長が1年前に言ったように、お金の種類は一つしかありません。バーナンキ議長は何千億ものお金が銀行からどこから来たのかと聞かれた時に 1兆ドルを使ったが、それ以外のすべてのお金の定義はどうでもいい。SIMプラン1に1兆ドルを使ったが、広告通りにはいかなかった。それが200万人の雇用を維持するのに役立ったと一日中言っていてもいい。最初の計画では大丈夫だったのに、なぜそうなると思うのですか?最初の計画では大丈夫だったのに、最初の計画では、信用システムの破綻による総需要の大規模な不足に悩まされていました。私は支出面を見ています 数字はうまくいくでしょう チャールストンに行かせてみましょう お金はすべてお金と言いましたが 支出と投資には明確な違いがあります アイゼンハワーに戻ると 彼らがしたことは具体的なものでした 46,000マイルの高速道路を建設し 商業を創出しました 誰かの失業者を4,000万人にしたのです 給料減税には賛成ですが、これまで見てきたような精子の研究や思春期の研究への支出のことを言っているのだと思いますが、私はそれらを支持していません。この人たちが民間企業に就職すると 振り込まれた資金が減ります 州への歳入分配は、民間企業に雇用されている人が増えれば、移転の支払いは減ります。

 
4:28
V:
ちょっと待ってください 彼が言っていた大前提ですが、一人当たり1500億ドルを 全州に分配すると言っていました そのお金で刺激を与え、需要が増加することを前提にしています
M:
 給料の民間部門の仕事とアパレル部門の仕事です 民間部門の仕事を失った理由の一つは、売上が落ちたからです

V:
 しかし、赤字はその時点で単純に爆発的に拡大していることを認めなければなりません。
M:
お前は学生時代から 赤字の意味を理解しているだろうが それは理論的なことであって 運用上の事実であり 理論や哲学の話をしているのではない
V:
進んでください。
M:
 政府が支出する時には、連邦政府の準備口座に残高を追加しますこれは連邦政府の当座預金です
 政府が税金を課す時には、連邦政府の当座預金からお金を引きます。支出純額の赤字支出は、システムへの金融資産の純額です。
 政府の赤字は、民間部門の貯蓄と等しく、政府以外の安全性を印刷しています。

V:
私たちはそれを印刷します。

M
 印刷という言葉は、金本位制に遡る言葉です。印刷されたお金と金供給量の比率です。

V:
 賢くて、内部的で、理論的な言葉です。

M:
 これは、今までの根本的な誤りであり、なぜ今の状況になっているのかということです。
 すべての政府支出は、単に数字と銀行口座を変えているだけなのです 国庫の人が、数字を変えているのです。
 政府の支出は、ただ単に数字を変えているだけで、その人は数字を変えているだけなのです。

V:
 時間がないし、頭がクラクラするから 行かないと。

M:
 仝仝そうなんだけど、このプログラムの中では、このプログラムではないんだよね。
V:
 面白かったわ
ウォーレン、ありがとうございました。



www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



ケロッグ1849:モズラーTwitterより
モズラー、ワイマールを語る 2021/02/17podcast#88
学部通貨・バッカルー THE BUCKAROOS MODEL ミッチェル2019#2 & モズラー自然利子率ゼロ
モズラー2021/02/17

転載:サッチャー時代はこう見えた by ウォーレン・モズラー(2013年4月 10日)
モズラー「命取りに無邪気な嘘」「“名刺”経済」


THE TALE OF100 DOGS AND 95 BONES
https://nam-students.blogspot.com/2019/11/the-tale-of100-dogs-and-95-bones.html

#14:213 “The tale of 100 dogs and 95 bones”(&5:69):箱
https://nam-students.blogspot.com/2019/06/14213-tale-of-100-dogs-and-92-bones.html
https://youtu.be/OPbgbr2Mk6I 2013
http://mmtitalia.info/


Gower Initiative for Modern Money Studies (@GowerInitiative)
⁦‪@wbmosler‬⁩ was one of the founders of MMT, and what is known as `Mosler's law' states: "No financial crisis is so deep that a sufficiently large increase in public spending cannot deal with it."

#MMT #LearnMMT

cnbc.com/2020/04/29/op-…
https://twitter.com/gowerinitiative/status/1255773562260111361?s=21



MMT White Paper(ウォーレン・モスラー)
https://docs.google.com/document/d/1gvDcMU_ko1h5TeVjQL8UMJW9gmKY1x0zcqKIRTZQDAQ/edit


ものぽーる (@monopole0001)
MMT White Paper(ウォーレン・モスラー)
docs.google.com/document/d/1gv…

モスラーの「MMT White Paper」です。ちょくちょく更新されています。最終更新日は、2020/4/9 です。

https://twitter.com/monopole0001/status/1253348426462515200?s=21






#MMT In Under A Minute (@in_mmt)
Thanks largely to the conscious awareness of Messrs Mosler, Mitchell & Wray, their understanding of the monetary system has disrupted mainstream #economics forever.

#MMT has taught us about the operational realities of federal govt spending, taxation & so called “debt”

#auspol pic.twitter.com/9Qrwe8DSsS
https://twitter.com/in_mmt/status/1246732783688400896?s=21




Warren B. Mosler #MMT (@wbmosler)
Now in one 10 minute video- MMT for You and Me!
Please distribute!!!
youtube.com/watch?v=vryfJl…

https://twitter.com/wbmosler/status/1181228501455790081?s=21




Warren B. Mosler #MMT (@wbmosler)
My proposals for the crisis (draft) pic.twitter.com/OgamOfh5Dn

https://twitter.com/wbmosler/status/1240578788393713665?s=21


1.失われた税金を相殺するために、州政府および準州に一人当たり1,000ドルを即座に分配
州および地方自治体の収入と公共サービスの維持
2.運輸製造業を含む公共目的の促進に戦略的に重要と思われる財政的に失敗した企業を国有化し、株主と取締役からの支配権を握り、破産と同様のすべての運営経費と収入を想定する。企業の経営陣と従業員は、それがさらなる公共の目的であると見なされる場合は、そのままにしておくことができます。
危機は株主のせいではないかもしれませんが、投資する際のリスクです。
3.社会保障の最低支払い額を月額2,000ドルに増やし、損失を相殺する
無保険の年金から、そしてアメリカ人であることを誇りに思うレベルで高齢者をサポートすることから。
4.最小失業補償を1週間あたり500ドルに増やし、すべての失業者に制限なく提供できるようにします。
5.適格な非営利組織がその賃金で喜んで働くことができる人を雇用できるようにするために、適格な非営利団体のために1時間あたり15ドルの仕事に資金を提供します。
6.無料のメディケアの対象年齢を65歳から0歳に引き下げ、十分な資金を提供して
アメリカ人であることを誇りに思う医療。
7.関税を撤廃します。
8.望ましくない排出を排除し、持続可能な成長を促進するための提案を補足する。

1. Immediate $1,000 per capita distribution to state governments and territories to offset lost tax
revenues of state and local governments and sustain public services
2. Nationalize financially failing enterprises deemed strategically important to the promotion of
public purpose, including transportation manufacturing businesses, by taking control from
shareholders and directors, and assuming all operating expenses and incomes similar to that of
bankruptcy. Corporate management and employees can be left in place, should that be
deemed to further public purpose.
The crisis may not be the fault of the shareholders, but it is a risk they take when investing.
3. Increase the minimum social security payment to $2,000 per month, offsetting the losses
from uninsured pensions and supporting our seniors at a level that makes us proud to be
Americans.
4. Increase the minimum unemployment compensation to $500 per week and make it available
without restriction to all of the unemployed.
5. Fund $15 per hour jobs for qualifying non profit organizations to allow them to employ
anyone willing and able to work for that wage.
6. Lower the eligibility age of free Medicare from 65 to 0 and adequately fund it to provide
medical care that makes us proud to be Americans.
7. Eliminate the tariffs.
8. Supplement with proposals to eliminate undesired emissions and channel sustainable

growth.





サッチャー時代はこう見えた by ウォーレン・モズラー(2013年4月10日)

モズラーブログより。
ケルトン祭りで一部で盛り上がったKestrelさんのネタ。
MMTの人が「中央銀行がインフレ制御しているなんて、嘘ですよ(もちろん失業率も)」と言うときにしばしば使うネタということですか。
以下は私の記憶をすっかり書こう。
改めての調査はしていない、憶が重要だから。
第二次世界大戦から1973年頃までは 「黄金時代」 と言われる。比較的低いインフレ率および失業率、高い生産性でアメリカの中産階級は時代を謳歌していた。これが可能だった理由は?ケインズ政策?ケネディ減税があった。しかし、その背景にはアメリカの豊富な原油生産能力があったという事実は見落とされている。テキサス鉄道委員会は価格を二・五〇ドルから3.0ドルの範囲に維持するために割当量などを設定していた。この価格は彼らの 「必要」 よりは少し高いかったかもしれないが、コスト上昇効果をもたらしたので、結果としてゆるやかな物価上昇という安定状態ができていた。あらゆる物品の価格は直接的にしろ間接的にしろ原油価格の影響を受けていたのだ。
ところが1970年初頭、米国の原油需要が生産能力を上回った。テキサス鉄道委員会代わって価格設定者の地位に就いたのはサウジアラビアだった。当然ながら、彼らの主たる目的は物価の安定ではない。まず彼らは確か1975年までに価格を10ドルにまで引き上げ、世界的なパニックを引き起こした。そこで小休止があったとは言え、彼らは間もなく20ドルまで引き上げ、1980年には40ドルまで引き上げていた。
原油価格がコスト構造に組み込まれていたので、消費者物価指数 (インフレ) は70年末までに二桁に跳ね上がった。ケインズ主政策の看板手法は価格および賃金のコントロールだ。ニクソン大統領はしばらくこれを実行した。しかし有権者たちにとっては、自分たちの取り分(組織労働等の賃金規制)が政府によって決められるよりもインフレの方が嬉しかった。アーサー・バーンズ時代にFRB金利は確か6%くらまで引き上げられた。後任のミラーはこれを引き継いだが、間もなく人気を失った。1979年、ノッポのポールが実行した借入準備預金目標政策は、貨幣オペレーションへの無知ぶりを証明した最大級の事例だろう。ところがその約一年後、石油価格が暴落し続いて物価が下落し、ノッポのポールは「勇気を持ってインフレに打ち勝った男」との称号を得ることになった。
ここで見落とされたことがある。1978年、ジミー・カーター大統領が天然ガスの規制緩和を行い、供給量が大幅に増加していたのだ。米国の電力事業者は石油から天然ガスにシフトした。対抗してOPECは必死に1500万バレル/日の生産量を削減したが、とうとう30ドルを維持することもできなくなった。この巨大な供給ショックため、原油はだぶつき、その後サウジが再び有利な立場に戻るまでの20年近くは10ドル台をうろつくことになった。この間グリーンスパンはゴルディロックス経済の立役者という評価を得た。しかしこれは安定した原油価格の産物に過ぎずFRBの功績ではないのだ(少なくともく自分の認識では)。
70年代の原油価格は外国の独占企業により継続的に上昇していた。どの国もそっくりなインフレ状態だった。そしてこのインフレは原油価格の下落とほぼ同時期に終わった。「英雄たち」 はたまたまそこにいただけだった。私の考えでは、彼らは余計なことをしてむしろ事態を悪化させていた。ところが環境の方が 「良く」なったので英雄と呼ばれるようになった。そのタイミングでその地位にいたということによって。
この70年代、外国の独占企業が原油価格を引き上げたときの選択肢は二通りあっただろう。第一は、相対的な価値変動を許容(今日FRBがやろうとしているのと同様に)し、原油価格の上昇が他の財(その最大のものは賃金)の価格水準に波及しないようにする道だ。これは「実質交易条件の悪化」になる。この選択肢の場合、サウジは石油と引き換えにもっと多くの商品とサービスを手に入れることになった。第二の選択肢は、他のすべての財の価格を情報に調整することで相対的な価値を一定に保ち、実質交易条件が悪化しないようにする道だ。驚くべきこととと思うが、当時こうした議論を耳にしたことはなかったし、今も聞かない。悪い方法ではないはずだ。実際の選択は両者の折衷だった。価格調整がなされた財と実質交易条件を悪化させた財が混在した。このの過程で、すべてが醜いことになった。
インフレの原因は労働組合だと決めつけられた。組合が組合員のために待遇を改善しようとしたり将来の保障を確保しようとするからだと。もそそも組合の力とは、企業が持った価格決定力の派生物であることが忘れられた。だから企業が対外競争上の価格設定力を失うにつれ、組合も交渉力を失って行った。そもそも外国の独占企業による価格上昇に対処するという目的のために、不況と高失業/生産ダウンは必要な薬だったのか??? フォード大統領は「今こそインフレを叩け」 という大スローガンを掲げ、カーター大統領は人質問題もあり脆弱感が増した。そしてこのインフレを真にインフレを終息させたもの、1978年の天然ガスの規制緩和は、当時、そして今日に至るまでほとんど注目されて来なかった。
今と同じく当時も誰一人として貨幣システムを理解していなかった。長く知的指導者であった主流のケインズ主義者もそうだった。ケインズ主義者が取り返しのつかない失敗をしでかした後、マネタリストが台頭したが回復することはなかった。今日に至っても、物価安定の名の下での物価や賃金の抑制、為替レートの固定などを求める声が健在らしい。
こうした流れにおいてレーガンやサッチャーのタイプが台頭することは実に自然なことだ。そしてサッチャー流の政策に批判的な人たちは今に至っても、私に言わせれば、有効で包括的は提案ができていない。彼らは皆、我々には長期的な財政赤字問題があると信じ、それに基づいた提案をする。皆、貨幣システムを全然知らないまま我らの文明を破壊している。彼らがそうする理由はわからないが、本当にただただ破壊している。
サッチャー?
盲人が盲人を率いていた時代の話だし、それは現状も同じ。
以上が私が記憶していることだ。
気になっているのはこれから起こることであって、当時起こったことじゃあないし。
と思ったら、ご本人から補足が!
原油価格の下落は、インフレが収まったいくつかの要因の一つで、でかいのは緊縮財政だったとのこと。
勉強になりましたー
https://twitter.com/wbmosler/status/1151825190076190720

14 Comments:

Blogger yoji said...


ケルトンがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!  ステファニー・ケルトン講演会潜入記
https://note.mu/tagomago712/n/nd87dc3780b97
2019/07/19 19:01
.…
スタグフレーションに対する対応
「MMTは1970年代に起こったようなコストプッシュインフレについて政府はどう対応 すれぼ良いと考えて
いるのか?」という会場に居たsorata31氏からの質問。ケルトンは「良い質問です」と褒めていた。
自分もこれは質疑応答で一番鋭い質問だったと思う。これに対するケルトンの回答がとても面白かった!
80年代のアメリカのスタグフレーション鎮圧に関して、通説では当時FRB議長だったポール・ボルガーに
よって強引な利上げによって鎮圧されたとするが、その通説には疑問が残るようだ。ケルトン
が言うには、ボルガーの裏に当時の大統領だったジミー・カーターによる天然ガスの規制緩和があり、それが
石油カルテルの瓦解につながったとする。…

サッチャー時代はこう見えた by ウォーレン・モズラー(2013年4月10日)
http://econdays.net/?p=10692

と思ったら、ご本人から補足が!
原油価格の下落は、インフレが収まったいくつかの要因の一つで、でかいのは緊縮財政だったとのこと。
勉強になりましたー
https://twitter.com/wbmosler/status/1151825190076190720

3:34 午前  
Blogger yoji said...

2次パパ (@2dim_papa)
2019/08/21 8:21
eia.gov/totalenergy/da…

リンクは1982年のAnnual Energy Reviewです。
70年代末から80年代初頭にかけての天然ガスの生産量・消費量とも、殆ど伸びがありません。
「重要なのは天然ガスの量ではなく、天然ガス規制緩和によりシェア低下を恐れた石油業界が値下げした」ということなのでしょうか?

https://twitter.com/2dim_papa/status/1163954290458673153?s=21


MMT gang (@KF0612)
2019/08/21 8:42
モスラーも言及してた。規制緩和に対抗してOPECが価格を下げたみたいだね。
それ以上に緊縮財政の影響が大きかったとモスラーは見てるみたいだけど。

https://twitter.com/kf0612/status/1163959436865495040?s=21

4:53 午後  
Blogger yoji said...

Kestrel (@tagomago712)
2019/11/17 23:58
ブラインダー『ハードヘッドソフトハート』にて、80年代ボルガーFRBについて、当時の証言を交えてかなりページ数が割かれてたはず。

12:43 午後  
Blogger yoji said...

コストプッシュについては
ミッチェル2019
#17
,260
参照

2:18 午後  
Blogger yoji said...


ケルトンがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!  ステファニー・ケルトン講演会潜入記
https://note.mu/tagomago712/n/nd87dc3780b97
2019/07/19 19:01
.…
スタグフレーションに対する対応
「MMTは1970年代に起こったようなコストプッシュインフレについて政府はどう対応すれば良いと考えて
いるのか?」という会場に居たsorata31氏からの質問。ケルトンは「良い質問です」と褒めていた。
自分もこれは質疑応答で一番鋭い質問だったと思う。これに対するケルトンの回答がとても面白かった!
80年代のアメリカのスタグフレーション鎮圧に関して、通説では当時FRB議長だったポール・ボルガーに
よって強引な利上げによって鎮圧されたとするが、その通説には疑問が残るようだ。ケルトン
が言うには、ボルガーの裏に当時の大統領だったジミー・カーターによる天然ガスの規制緩和があり、それが
石油カルテルの瓦解につながったとする。…

参考:
サッチャー時代はこう見えた by ウォーレン・モズラー(2013年4月10日)
http://econdays.net/?p=10692
https://twitter.com/wbmosler/status/1151825190076190720
[モズラーによれば]原油価格の下落は、インフレが収まったいくつかの要因の一つで、
でかいのは緊縮財政だったとのこと。

https://twitter.com/2dim_papa/status/1163954290458673153?s=21
2次パパ (@2dim_papa)
2019/08/21 8:21
https://www.eia.gov/totalenergy/data/annual/archive/038482.pdf
リンクは1982年のAnnual Energy Reviewです。
70年代末から80年代初頭にかけての天然ガスの生産量・消費量とも、殆ど伸びがありません。
「重要なのは天然ガスの量ではなく、天然ガス規制緩和によりシェア低下を恐れた石油業界が
値下げした」ということなのでしょうか

https://twitter.com/kf0612/status/1163959436865495040?s=21
MMT gang (@KF0612)
2019/08/21 8:42
モスラーも言及してた。規制緩和に対抗してOPECが価格を下げたみたいだね。
それ以上に緊縮財政の影響が大きかったとモスラーは見てるみたいだけど。

8:43 午後  
Blogger yoji said...

参考:
ステファニー・ケルトン講演会潜入記 
「MMTは1970年代に起こったようなコストプッシュインフレについて政府はどう対応すれば良いと考えて
いるのか?」という会場に居たsorata31氏からの質問。ケルトンは「良い質問です」と褒めていた。
自分もこれは質疑応答で一番鋭い質問だったと思う。これに対するケルトンの回答がとても面白かった!
80年代のアメリカのスタグフレーション鎮圧に関して、通説では当時FRB議長だったポール・ボルガーに
よって強引な利上げによって鎮圧されたとするが、その通説には疑問が残るようだ。ケルトン
が言うには、ボルガーの裏に当時の大統領だったジミー・カーターによる天然ガスの規制緩和があり、それが
石油カルテルの瓦解につながったとする。…

https://twitter.com/wbmosler/status/1151825190076190720
[モズラーによれば]原油価格の下落は、インフレが収まったいくつかの要因の一つで、
でかいのは緊縮財政だったとのこと。

https://twitter.com/2dim_papa/status/1163954290458673153?s=21
リンクは1982年のAnnual Energy Reviewです。
70年代末から80年代初頭にかけての天然ガスの生産量・消費量とも、殆ど伸びがありません。
「重要なのは天然ガスの量ではなく、天然ガス規制緩和によりシェア低下を恐れた石油業界が
値下げした」ということなのでしょうか

https://twitter.com/kf0612/status/1163959436865495040?s=21
モスラーも言及してた。規制緩和に対抗してOPECが価格を下げたみたいだね。
それ以上に緊縮財政の影響が大きかったとモスラーは見てるみたいだけど。

8:49 午後  
Blogger yoji said...

PodcastでThe MMT Podcast with Patricia Pino & Christian Reillyの#59 Warren Mosler: What Do Central Banks Do?を聴いてみてください。https://podcasts.apple.com/jp/podcast/the-mmt-podcast-with-patricia-pino-christian-reilly/id1375093518#episodeGuid=805c1a1d-5316-4ffa-8444-dea21a56f626

2020/07/15

2:36 午後  
Blogger yoji said...

114 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (ササクッテロル Sp51-wYOH)[sage] 2020/08/31(月) 09:05:59.74 ID:cA2dNyiBp
http://econdays.net/?p=10692
『70~80年代のスタグフレーション鎮圧にはボルガーの裏にカーターの存在がある。カーターは
天然ガスの規制緩和を進めた結果として、それが石油カルテルの瓦解につながった。』

http://moslereconomics.com/2013/04/10/my-story-of-the-thatcher-era/
…1970年初頭、米国の原油需要が生産能力を上回った。テキサス鉄道委員会代わっ
て価格設定者の地位に就いたのはサウジアラビアだった。当然ながら、彼らの主たる目的は
物価の安定ではない。まず彼らは確か1975年までに価格を10ドルにまで引き上げ、世界的
なパニックを引き起こした。そこで小休止があったとは言え、彼らは間もなく20ドルまで
引き上げ、1980年には40ドルまで引き上げていた。
原油価格がコスト構造に組み込まれていたので、消費者物価指数 (インフレ) は70年末までに
二桁に跳ね上がった。ケインズ主政策の看板手法は価格および賃金のコントロールだ。ニクソン
大統領はしばらくこれを実行した。しかし有権者たちにとっては、自分たちの取り分(組織
労働等の賃金規制)が政府によって決められるよりもインフレの方が嬉しかった。アーサー・
バーンズ時代にFRB金利は確か6%くらまで引き上げられた。後任のミラーはこれを引き継い
だが、間もなく人気を失った。1979年、ノッポのポールが実行した借入準備預金目標政策は、
貨幣オペレーションへの無知ぶりを証明した最大級の事例だろう。ところがその約一年後、
石油価格が暴落し続いて物価が下落し、ノッポのポールは「勇気を持ってインフレに打ち勝っ
た男」との称号を得ることになった。
ここで見落とされたことがある。1978年、ジミー・カーター大統領が天然ガスの規制緩和を行い、
供給量が大幅に増加していたのだ。

5:08 午後  
Blogger yoji said...

インフレ的でない巨額財政赤字が現出する理由はこれだったのだ。

実際、議会が作り出す、支出(「需要漏出」と言われる)を減らそう減らそうとする税のインセンティブ構造こそが、私たちの購買力の多くを奪うものなのであり、結局はそれこそが、完全雇用を維持するために多額の財政赤字が必要になる事態を引き起こしている、当のものだったのだ。皮肉なもので、議会が貯蓄奨励税制を推し進めるのは、投資のためのお金と貯蓄しようと考えてのことのはずだった。財政赤字とは真逆のことをしたかったのに。

もちろん、もっと悪いことが起こる! 巨大な資金プール(この致命的に無邪気な嘘6で誕生したプールだ。貯蓄は投資されなければならない)は、将来の受益者のために管理され複利運用されなければならない。問題は、連邦政府の赤字が必要になることに留まらない。これら、複利運用される何十億ドルもの資金が、あの恐ろしい金融セクターの基盤になることが問題だ。金融セクターは何千人ものファンドマネジャーを雇っている。大部分は政府の規制対象になってはいる。ほとんどの資金は上場株式、格付き債券に投資されるが、一部は多角投資として他の戦略、たとえばヘッジファンドや商品パッシブ運用戦略に向かう。そして、これら「肥大化したクジラ」を飼っていれば、必ずサメが現れる – 何千もの仲介や金融管理産業のプロフェッショナルというサメを生きながらえさせるのが、この第6の命取りに無邪気な嘘だったのだ。

http://econdays.net/?p=10584

MMT(現代金融理論)のエッセンス! ウオーレン・モズラー「命取りに無邪気な嘘 6/7」

この文書の原文の説明および、ガルブレイス教授による序言はこちら

これまでの目次

嘘1:政府は支出するために、まず税金や借入によって資金を調達しなければならない。 あるいは、政府支出は、徴税能力と借入能力に制限されている。
嘘2:政府赤字は、子供たちの世代に債務という負担を残すことになる
嘘3:政府赤字が貯蓄を奪う
嘘4:社会保障制度は崩壊している
嘘5:貿易赤字は、職業や産出を奪う
命取りに無邪気な嘘 その6:
投資には、先立つ貯蓄が必要だ


事実:
投資が貯蓄を増やすのだ


嘘は残すところあと二つとなったが、これは大事だ。この嘘がこの経済全体を覆っているために、実物資源の議論が実物部門から逸らされ、金融部門の議論にすり替えられてしまっているからだ。その結果、実物投資が公共の利益から切り離されてしまっている。私の見立てでは、この嘘のために有用な産出と雇用の20%以上が毎年毎年捨てられている。これは人類史上、比類のない規模だ。そしてまた、いま経験中の金融危機を直接導いたものは、これなのだ。

経済学の教科書で「倹約のパラドックス」と呼ばれている話がスタートだ。こんな感じだ。経済全体の中で、産出物が全部売れたときの総支出は必ず総所得(利益を含む)と等しい。(次の文に行く前に、これを理解したかどうか必ず確認せよ)。もし誰かが消費を所得以下に抑えようとすれば、他の誰かが所得以上に消費しない限り、産出物に売り残りが生じることになる。

売れ残った産出物は過剰在庫になり、売上不足から生産調整そして雇用カットとなり、結果、総所得が減少する。この所得減少分は、貯蓄のために使わないことにした金額と等しい。こう考えてみよう。ある人が貯蓄(収入以下の支出しかしないようにする)しようとすれば、それは失業しつつあることになる。売れ残りが出るなら雇用主はもうその人を雇わない。

つまり、このパラドックスはこうだ。「収入の一部を使わずに貯蓄しようとすることが、収入を減らし貯蓄を不可能にする」。反対に、借金して収入以上の支出をしようとすると、収入が増え、実物投資と貯蓄ができるようになる。極端な例で考えてみよう。国民全員が国内自動車業界に新型ハイブリッドカーを注文したとする。自動車業界も、突然それほど多くの車を製造することはできないので、私たちを雇用し、新しい需要を満たすべく、まず新工場を建てるための借金をする。そうすると、私たちは皆、新しい工場と設備(これらは資本財だ)を使って働き、所得を得るようになるだろう。しかし、まだ世界には買いたい車が存在していないので、新車が組み立てラインから出てくるまでは、得たお金を「貯蓄」しておかなければならない。新車を買おうと決めた結果、しまいには支出より貯蓄が多くなっている。同時に、生産用の資本財への支出を賄ったのは、まさに実物投資であり、これは貯蓄と等しい。

私はこのことをよくこう表現する。「貯蓄とは、帳簿に記録された投資だ」

5:14 午後  
Blogger yoji said...

"How will you pay for that?": A conversation with Warren Mosler
2021/02/17

https://youtu.be/OGk-pWBsRsQ

6:42 午前  
Blogger yoji said...

Spending Necessary for Economic Recovery
May. 07, 2011 - 6:16 - Center for Economic and Public Policy’s Warren Mosler argues further government spending is necessary to improve the economy.
https://video.foxbusiness.com/v/934577691001?playlist_id=937116503001#sp=show-clips

3:40 午前  
Blogger yoji said...

http://video.foxbusiness.com/v/4250679/

3:44 午前  
Blogger yoji said...


110 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (ワッチョイ c724-t6zs)[sage] 2020/01/26(日) 06:55:45.79 ID:ZUETUQS70
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1194572707184070656/pu/vid/1280x720/VHIuz0sfocHgyxvb.mp4
OK、フィル・ハーヴェイは失業を骨の話で説明しています
部屋に95本の骨を入れてから、骨を得させるために100匹の犬を送ります。
5匹の犬は骨を取得しません
経済学者と社会学者は5匹の犬を脇に連れて行きます。
特別な訓練コースを受けさせ
確実に骨を得る技能を身につけさせる
そしてまた実験をする
彼らは骨を取得させるために100匹の犬を送ります
これらの5匹の犬は今回、骨を持って戻ってきます。
彼らは一生懸命働けば誰でも骨を得られるという
別の5匹が今度は骨を得られない
失業率は5%、5匹は職を得られない
これをマクロの問題と呼びます
訓練によって解決するのはミクロの問題
マクロの問題をミクロのレベルで解決出来ません

唯一の解決策は5本の骨を与えることです

Warren Mosler MMT: Unemployment, dogs and bones.
https://youtu.be/2vTjLwYCi24

2:59 午後  
Blogger yoji said...


Credit and State Theories of Money, というタイトルでイネスの論文集を
レイが2004年に出している。

レイはConclusion: The Credit Money and State Money Approachesなる論文を寄稿している。

http://arno.daastol.com/books/wray/Wray,%20Credit%20and%20State%20Theory%20of%20Money%20%282004%29a.pdf

中野自身はクナップを紹介するなかで国定信用貨幣論という言葉を使ったが、
上のレイの命名による論文集タイトルが念頭にあったろう。

イネスの論文自体は1913,1914年に書かれた。
なおクナップの言う国定は受領面が強調されている。
一般にはクナップが国定貨幣を、イネスが信用貨幣を論じたとされる。
序文(p.12)を読むとレイとケルトン(ベル名義)はケインズが両者をつなげるべきだった?と考えているようだ。
レイは1998年に同様の主張からなる本を書いていてこれがモズラーSoft Currency Economics(1994)と共にMMTの嚆矢であろう。

1:02 午前  

コメントを投稿

<< Home