水曜日, 2月 01, 2017

セカンドベストの一般理論

   ( 経済学リンク::::::::::
NAMs出版プロジェクト: 経済学日本人著者入門書
http://nam-students.blogspot.jp/2016/10/blog-post_9.html  @
NAMs出版プロジェクト: 経済学大図鑑 ナイアル・キシテイニー
http://nam-students.blogspot.jp/2017/01/blog-post_27.html@@ 220頁
《1956年→リチャード・リプシーとケルヴィン・ランカスターが、市場の失敗を正そうとする市場介入によって事態がいっそう悪くなるばあいのあることを示す。》185頁

NAMs出版プロジェクト: セカンドベストの一般理論
http://nam-students.blogspot.jp/2017/02/blog-post_1.html@@@


ケルヴィン・ランカスター
リチャード・リプシー(セカンドベストの一般理論1956年)

Major Works of Richard G. Lipsey

  • "The General Theory of Second Best", with K.J. Lancaster, 1957, RES.



リプシー


cruel.org/econthought/profiles/lipsey.html
Major Works of Richard G. Lipsey. "The General Theory of Second Best", with K.J. Lancaster, 1957, RES. "The Theory of Customs Unions, Trade Diversion and Welfare", Economica, 1957. "Monetary and Value Theory: A critique of Lange and  ...

ジョセフ・ヒース著 『資本主義が嫌いな人のための経済学』

《本書のエッセンスを最もよく表しているのが第3章で取り上げられる、1956年に『レビュー・オブ・エコノミック・スタディーズ』に発表されたケルヴィン・ランカスターとリチャード・リプシーによる「次善の一般理論」という論文をめぐってだろう。
この論文は「レッセフェール(自由放任)資本主義への最大級の強力な反対論を左派に与え」ることになった……はずであった。
この論文発表後、「経済学会はこぞって被害対策モード」に入り、リプシーの推定では「反論しようとする二〇〇ほどの論文が発表」され、中には著者たちの人格を攻撃するようなものもあったという。
しかし「パニックはほどなく鎮まった。結局のところ心配するほどのことではないと、右派は気づいた。その理論に欠陥があったのではなく、左派の誰一人として『レビュー・オブ・エコノミック・スタディーズ』を読んでいないようだった」ためだ。
はたしてこの論文がそれほどの破壊力を秘めていたのかを僕には判断することはできないが、少なくとも左派は右派を動転させた有力な武器をみすみす見逃してしまったことは間違いないのだろう。》


次善の理論 – Termwiki, millions of terms defined by people like you
http://ja.termwiki.com/JA/second-best_theory

次善の理論

我々は完璧な世界に住んでいないとして、どのように有用な我々が行うという前提に基づいて、経済理論のですか?リチャードリプシーとケルビンランカスター(1924年〜1999年)によって1956年に定められた次善の理論は、経済モデルの前提条件が完全に満たされていないときに何が起こるかを調べます。それは可能な限り他の条件の多くに会い、である - - 最適な解が得られないことが、彼らはすべての条件が満たされている状況で、次善の状況がことがわかった。確かに、リプシーとランカスターを侮れない、一般的に、一つの最適平衡条件が成立しない場合、他の平衡条件のすべてが変更されます。潜在的に、次善の均衡は、政府の介入によってもたらされる新たな均衡よりも劣っているかもしれないが、いずれの不均衡になっている市場に均衡を取り戻すために、または離れて次善の条件から他の市場に移動する。経済学者は、特定の物品に課税すると、他の助成金から自由貿易を制限するに至るまで、経済に介入のすべての種類を正当化するためには、この洞察を押収した。市場の失敗があるたびに、次善の理論は、それが経済厚生を増加させる政府の政策を設計することが常に可能だと言う。悲しいかな、政府の介入の歴史は、セカンドベストは、実際には、理論的には上が改善されることがありますが、セカンドベストはしばしば、少なくとも最悪であることを示唆している。

関連論文:


TITLE セカンド・ベスト定理と経済政策 AUTHOR 鈴木, 守 ... - KOARA

 
(Adobe PDF)

koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/.../download.php?file_id...
リプシーランカスターによる. セ力ンド . ベスト定理. 3. デイヴィス= ウィンストンによる その修正. 4. 一般化されたセ力ンド. ベスト定理とその政策的含意. 1. はじめに. 完全 競争がある種の条件の下で資源の最も効率的な. 利用を保証するという命題は,厚生 経済学 ...


Welfare economics II: Second best | Policonomics
http://www.policonomics.com/lp-welfare-economics2-second-best/

Welfare economics II: Second best

Kelvin Lancaster and Richard G. Lipsey, in their article “The General Theory of Second Best”, 1956, following an earlier work by James E. Meade, treated the problem of what to do when certain optimality conditions (which must be considered in order to arrive at a Paretian optimum solution in a general equilibrium system) cannot be satisfied. The main idea in this article is that, when a constraint prevents the fulfilment of one of these conditions, the other conditions are in general no longer desirable. The optimum situation in this case can be attained only by neglecting the other conditions. Indeed, this new optimum is called “second best” because a Paretian optimum cannot be attained.

Second Best
This can be easily understood using the diagram depicted in the article. We start by considering a typical optimization problem, with a given production possibility frontier(PPF) considered as a boundary condition, indifference curves (green curves, in this case representing a welfare function, ω) and the optimum where the PPF is tangent to ω (point P). Since this points lies on the transformation line and an indifference curve, it defines the production and consumption optima.
When we draw a new constraint condition (red curve), it can be easily seen that point P is no longer attainable. Q could be a second best solution, since it lies both on PPF and NewCC. However, as the authors point out, the second best point would be R, inside the transformation line. This is so because an improvement on welfare can be attained by moving to point R, since it lies on a further indifference curve (ω’’), and therefore means higher welfare.
The segment MN is technically more efficient than R, but since the points on this segment cannot be attained, R is the second best solution.
In this Learning Path we’ve learned about compensation criteria, used in order to avoid looking for Pareto efficiency when none can be reached. We’ve seen how Kaldor’s and Hicks’ criteria work well, except when Scitovsky’s paradox appear. We’ve also learned about Little’s and Samuelson’s criteria, which keep in mind redistribution of wealth. Finally, we’ve seen how Lancaster and Lipsey’s Second Best theory works.

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home