火曜日, 9月 26, 2017

日野原重明さん“最後のメッセージ”


NHKニュース おはよう日本[字] ウェブ検索
9/27 (水) 7:00 ~ 7:45 (45分) この時間帯の番組表
NHK総合・東京(Ch.1)
ニュース/報道 - 定時・総合 , ニュース/報道 - 特集・ドキュメント , スポーツ - スポーツニュース

番組概要

▼御嶽山噴火から3年▼日野原重明さん“最後のメッセージ”▼主人公は80歳!話題の漫画「傘寿まり子」が描く高齢者の今

番組詳細

▼死者・行方不明者63人、戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火から3年▼ことし7月に105歳で亡くなった日野原重明さん。死の半年前に行われたインタビューで語ったこととは。“最後のメッセージ”を「けさのクローズアップ」で▼「check!エンタメ」は、主人公は80歳!話題の漫画「傘寿まり子」が描く高齢者の今を、作者のおざわゆきさんに聞く。

【キャスター】高瀬耕造,近江友里恵,【スポーツキャスター】上原光紀,【気象キャスター】酒井千佳



生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉 (幻冬舎単行本) Kindle版

「人間は弱い。死ぬのは僕もこわいです。」105歳の医師、日野原重明氏が、死の直前まで語った、希望と感謝の対話20時間越。最後の力を振り絞り伝えたかった言葉とは。生涯現役、渾身最期の一冊。

「死ぬのは僕でも怖いんだよ。」だからこそ、朝起きて自分が生きていることが、心から嬉しい。105歳になっても尚、僕にはまだ自分でも知らない未知の自分がたくさんあると感じているのです。
今、最後の力を振り絞って私がしたいのは、あなたとの対話です。人生の中で、いつも私と共にあったのは言葉でした。
私が言葉によって支えられてきたように、迷い傷ついたあなたへ、私の最期の言葉を伝えたいのです。(本書より抜粋)

2017年7月18日この世を去られた日野原重明さん。2016年年末からはじまった本書のインタビューは、亡くなる直前まで、時にはベッドに横たわりながら20時間以上行われました。言葉を軸にしながら、死と生、病と健康、出会いと別れ等々、人生の深淵について語ります。
【本書の内容】
第1章 死は命の終わりではない
第2章 愛すること
第3章 ゆるすことは難しい
第4章 大切なことはすぐにはわからない
第5章 未知なる自分との出会い

著者について

1911年山口県生まれ。 1937年京都帝国大学医学部卒業。1941年聖路加国際病院内科医となる。以来、内科医長、院長代理、院長を経て、現在は、学校法人聖路加国際大学名誉理事長、聖路加国際病院名誉院長、一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長など。 1998年東京都名誉都民、1999年文化功労者、2005年文化勲章を授与された。
  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6979 KB
  • 紙の本の長さ: 161 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2017/9/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B075F1SNP8

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home