水曜日, 11月 15, 2017

アイヌ関連


             (リンク::::::::::民俗学
NAMs出版プロジェクト: アイヌ関連

高倉健がアイヌの英雄を演じた
森と湖のまつり 予告編 1958年

NAMs出版プロジェクト: 折口信夫の文学史「日本文学系図」

http://nam-students.blogspot.jp/2009/11/blog-post.html

【日露】ロシアの声「刀も腹切りも元はアイヌ文化」「我々は650年間、日本の侵略と戦ってきた」「クリル諸島はアイヌのものだ」[2/7] 
:2012/02/07(火) 
ソース(ロシアの声) http://japanese.ruvr.ru/2012/02/06/65448380.html 

かなり古い時代から日本にはアイヌ人たちが住んでいたということだ。考古学的発掘によれば、アイヌ人が日本列島に現れたのは 
紀元前約1万3千年頃だという。そのアイヌ人たちが縄文文化を創り出した。彼らは琉球から北海道にわたる日本列島だけではなく、 
サハリンの南半分、クリル諸島、カムチャッカの南3分の1にも居住していた。その証拠は日本の地名にも残っている。対馬はツイマで、 
遠い、という意味。富士はフツィで、おばあさん、の意。筑波はツ・ク・パで、2つの出っ張りをもった頭、つまり2つの頂上をもった山、 
という意味。邪馬台はヤ・マ・タ・イで、海が陸を分断する場所、という意味となる。 

… 

腹切りもアイヌ人によって考えられたものなのです!私たちの信仰によれば、魂はお腹のなかに住んでいると考えられています。そして 
それは細い糸によって結び付けられています。死んで魂を解放するためには、腹を開いて、その糸を切る必要があります。そうしないと 
人間は生まれ変わることができません。 

 それに、日本式のお辞儀がどこから生まれたものか知っていますか?私たちの神話には、カパ・コズという水の精がいます。その精は 
人間の姿をして、誰かを水に引き込もうとして陸に現れます。頭の上にはくぼみがあり、そこにある水がこぼれてしまうと、精は死んで 
しまいます。カパ・コズの問題は、とても性格がよいということです。ですから森で人に出会ったときに、私がお辞儀をすれば、向こうも 
お辞儀をします。お辞儀は深ければ深いほど、礼儀正しいものになります。そして頭の上の水もたくさんこぼれてしまいます。ですから、 
深いお辞儀というのは実は、相手がカパ・コズではないかどうかを調べるためのものなのです。 



【北海道】マニアの胸躍る アイヌの城が人気、観光客は60倍に 根室市[11/16]

14コメント5KB
全部
1-100
最新50
★スマホ版★
■掲示板に戻る■
★ULA版★

1のっぺらー ★ 2017/11/16(木) 12:16:55.79ID:CAP_USER
北海道根室市にあるアイヌ民族の城「根室半島チャシ跡群」(国史跡)がひそかな人気を呼んでいる。 
「日本100名城」に選ばれた2006年度は観光客の姿もほとんどなく、07年度も50人だったが、ここ数年増加。 
今年度は3千人を突破する見込みだという。 
本土最東端の歴史ロマンに城マニアの胸も躍る。 

「チャシ」とはアイヌ語で砦(とりで)や柵による囲いの意味。 
16~18世紀に造られ、見張りや祭事のほか、地域同士の談合(チャランケ)や集会、 
サケの遡上(そじょう)を監視する場所としても使われたといわれている。 

根室市歴史と自然の資料館によると、市内では32カ所のチャシ跡が確認されており、 
24カ所(計9万4千平方メートル)が1984年、国史跡に指定された。 
ほとんどがオホーツク海に臨む崖の上に築かれ、半円形か四角い壕(ほり)が巡らされている。 

「さまざまな性質の土を積み重ねているが、今もしっかり残っている。 
 アイヌの土木技術の高さがうかがえる」とチャシの研究を進めている福田光夫・文化財主査(55)。 
だが、地域住民にもあまり知られていなかった。 

注目されるきっかけは06年。 
財団法人日本城郭協会(東京)が 
「北方の歴史や文化を考える上で重要」として「日本100名城」に選んだことだった。 
城をリストアップしたスタンプ帳(同協会監修)も翌年発行。 
北から順に番号が付けられたため、根室のチャシ跡群が1番目になった。 

写真:「根室半島チャシ跡群」のひとつ、ヲンネモトチャシ跡。上空からは供え餅のような形にも見える 
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171116000653_comm.jpg 
写真:イメージキャラクター「チャシ女子(チャシガールズ)」。根室市観光協会の職員がデザインを手がけた。 
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171116000660_comm.jpg 

以下ソース:朝日新聞 2017年11月16日10時34分 
http://www.asahi.com/articles/ASKC7646VKC7ULZU00Q.html

2 Comments:

Blogger yoji said...


梅原猛によればアイヌは家が物理的に小さいから長子から順に家を出て
結果、残った末子が家を継ぐことになるという(『日本の原像』)。
家が小さい場合はアイヌ以外でも同じ。
末子が男か女か?が重要
双系制に必然的になる

ハウスがイエを規定する

11:52 午後  
Blogger yoji said...

【北海道】アイヌ語でバスの車内放送 あすから開始 平取町 「ラパン ルスイ チキ ウンヌレ ヤン」

804コメント243KB
全部
1-100
最新50
★スマホ版★
■掲示板に戻る■
★ULA版★

1みつを ★2018/03/31(土) 19:29:21.62ID:CAP_USER9>>17>>22>>70>>87
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180331/k10011386891000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

3月31日 18時53分
札幌などと北海道の日高地方を結ぶ都市間バスが、アイヌ文化の伝承活動が盛んな平取町を走る際、アイヌ語での車内放送が1日から行われることになり、31日、町の人たちにアナウンスの内容がお披露目されました。

アイヌ語による車内放送は内閣官房アイヌ総合政策室などが企画したもので、31日、平取町で町の人たちを集めてバスの中でアナウンスの内容がお披露目されました。

このうち、「お降りの方はお知らせください」という日本語の案内のあとには「ラパン ルスイ チキ ウンヌレ ヤン」とアイヌ語でアナウンスがあり、参加した人たちはスピーカーから流れる音声にじっと耳を傾けていました。

アイヌ語の音声は、地元のアイヌ民族の女子高校生が担当し、先月に収録されました。

平取アイヌ協会会長の木村英彦さんは「アイヌ民族にとって最も大事な言葉を知ってもらうことが、アイヌ文化への理解が広まるきっかけになる」と話していました。

内閣官房アイヌ総合政策室北海道分室の佐藤久泰さんは「日常の中でアイヌ文化に触れる機会を増やすために、公共交通での放送を増やしていきたい」と話していました。

このアイヌ語の車内放送は、札幌市や苫小牧市などと北海道の日高地方を結ぶ都市間バスが平取町内を走る際に聞くことができます。

9:50 午前  

コメントを投稿

<< Home