金曜日, 1月 05, 2018

ネストリウス派キリスト教



「たけしの新・世界七不思議大百科」2018/1/5

http://video.9tsu.com/videos/view?vid=117534 19:00~
http://o.x0.com/m/655516

今回は歴史を切り開いた英雄たちの死の謎に迫る!



聖徳太子は表向きは仏教を信じていましたけどもキリスト教(景教)を信じていた、
と思われるふしがあります。
なんと太子は聖徳太子は馬小屋で生まれたっていう意味ですから。
これはキリストが馬小屋で生まれたっていう伝説とも通じるわけですね。
太子にキリスト教を伝えたのは側近の秦河勝ではないかという
秦氏は大陸からの渡来人で京都の太秦に拠点を置いていた。
設立した神社にはキリスト教の影が見え隠れする
かつてはこのように記されダビデと読むこともできる
古代イスラエルのダビデ王を意味するといわれるのだ
更に太秦という地名。
当時中国ではキリスト教を大秦景教…
と呼んでいた。
太秦は大秦に由来するというのだ。
時代を先取りし広い世界を見つめていた太子は秦氏の影響を受け西洋のキリスト教に関心を抱いたのではないか
仏教を国の柱とする馬子にとってそれは許しがたい裏切りだった
邪教の信徒め。
もっと前に入った西洋でこういう邪悪な思想はキリスト教じゃないと言って追い出されたキリスト教ですから。
中国で根付いたのがまさに景教っていったわけです。
馬子の毒牙は容赦なく襲いかかった
うっ…うっ…。
病死に見せかけた毒殺だった。




ネストリウス派キリスト教 2 聖徳太子とキリスト教 | o m n i v e r s e

http://sun.ap.teacup.com/voidphrenia/408.html


秦氏は景教(ネストリウス派キリスト教)を信仰する一族であったとする説がある。


ネストリウス派キリスト教 2 聖徳太子とキリスト教 | o m n i v e r s e

http://sun.ap.teacup.com/voidphrenia/408.html
さてここで時代はグルリと飛鳥時代へ飛ぶ。
聖徳太子である。
子供の頃から聖徳太子の伝説には不思議な親近感を感じていた。それは幼少期に俺がキリスト教系の幼稚園に通っていた事と関係のあることであった。聖徳太子の厩戸王子伝説は俺が当時教えたれたキリスト教教育の中で、いつしか聖徳太子とキリストを同一視していたように思う。。聖徳太子の母は、夢に救世観音が現れ、太子の誕生を予告したとなっているが、これはマリヤに天使のガブリエルが現れ、イエスの誕生を予告したことに通じる。それは俺個人のたんなる思い違いの問題なのだろうか。この数年ずっと気になっていた事のひとつであった。ネストリウス派キリスト教を調べるうちに、聖徳太子とキリスト教、日本へのキリスト教伝来の隠された歴史に突き当たる事になった、

アラキラボ [日本人の思想とこころ]
http://www.araki-labo.jp/shiso21.htm

「聖徳太子も不思議な名前であるが、太子の生前から使われていたと思われる厩戸皇子(うまやとのみこ)は、さらに不思議な名前である。この名は、日本書紀の推古天皇条の冒頭に、厩戸豊聡耳皇子(ウマヤトノトヨミミノミコ)という名で書かれている。「厩戸」に続く「豊聡耳」は、太子が8人~10人の人々の願い事などを一度に聞き分けることができたとする、太子の聡明さを示す今ひとつの名前であり、これも生前からの名前であったと思われる。

 聖徳太子は、父を用明天皇、母を穴穂部間人皇女(アナホベノハシヒト)とし、敏達天皇3(574)年甲午に生誕された。両親ともに皇族であり、用明天皇の母はキタシヒメ、間人皇女の母はオアネギミ、共に蘇我稲目の娘であるから、太子は蘇我氏の一族であるこの太子の生前からの名前の一つである厩戸皇子(うまやとのみこ)は、用明天皇の皇妃であるアナホベノハシヒトノヒメミコ妃が宮廷の厩の戸に当たって不意に産気つき、聖徳太子が誕生されたとする伝説からきている。

この伝説はキリストの誕生伝説と非常に似ており、そのことは、既に戦前の太子研究の第1人者である久米邦武氏により、「上宮太子実録」(明治36年出版)の中で指摘されていた。ところが中国へネストリウス派のキリスト教が伝来して景教と呼ばれるようになるのは、太子の逝去より8年後、唐の太宗の貞観9(635)年である。その太子の生前の名前が、キリスト伝説を思わせる「厩戸皇子」であったことは、キリスト教が中国へ入る60年も前に太子にその名前が使われたことになり、大きなナゾであるが、従来、これに明快な見解を出した人はいなかった。

日本にキリスト教が伝来したのは、1549(天文18)年にフランシスコ・ザビエルが来日して布教を始めたときと考えられている。それ以前にネストリウス派の原始キリスト教団が日本で活動していたことについては全く分らない。太子伝説には、聖徳太子の名前だけでなく、いくつものキリスト伝説に類似した点がある。そのことから梅原猛氏が1972年に出された有名な法隆寺論の題名を、「隠された十字架」とされたほどである。
 
その「隠された十字架」の30年後に、景教の研究者のケン・ジョセフ氏が『隠された十字架の国・日本』という著書を出された。この著書には、非常に面白いことがいくつか書かれている。

●聖徳太子以前の景教の伝来
まず同書によると、『新撰姓氏録』が記す4世紀中葉の仲哀天皇8年に、「弓月の君・巧満」が朝廷を訪問したとき、景教が日本に伝えられた可能性があるとしている。また日本書紀によると、応神天皇の14年(=4世紀末頃?)、弓月の君が百済経由で来日したとき、自国の人夫120県を連れてきた。それが新羅に邪魔をされ、加羅にとどまった、と記されている。そこで朝廷は葛城襲津彦を遣わし、弓月の人夫を加羅から召されたという。

ジョセフ氏によると、シルクロードにおける絹の交易は、ユダヤ人とキリスト教徒によりほぼ独占されていたという。弓月の君とその子孫である秦氏は、その絹の交易に関わっていた。彼らは、その後、倭国に帰化して京都、大阪の周辺に住み、水利事業、機織り、製紙の仕事に従事したとされている。

しかしこの状況から、聖徳太子とキリスト教を結びつけることは、まだできない。そこには、さらにいくつかの証拠を加える必要がある。その第一は、聖徳太子の重要なブレーンの一人であった秦河勝という人物が、弓月の君に繋がる秦氏の人物であり、彼は蘇我・物部戦争以来、太子側近としてつかえた。彼は推古11(603)年に制定された官位12階のうちで、第2位の小徳位に任ぜられたほどである。その秦河勝が原始キリスト教の導入をした中心的人物とされる。

秦河勝の公式の業績は、次のようなものである。
推古11(603)年に、聖徳太子から尊像を拝受して、蜂岡寺(=広隆寺)を創建
推古18(610)年に、外客の来朝に際し、新羅使の接伴役となる
推古31(623)年に、新羅・任那使が貢上した仏像を、秦氏が造立した広隆寺へ安置
皇極3(644)年に、東国の富士川で起こった新興宗教を鎮圧する
          (出典)今井啓一「秦河勝」13頁
つまり聖徳太子の片腕となって働いた秦河勝という人物は、宗教と外交にかかわる帰化人の政府高官であったことがわかる。」

「秦河勝は、平安京が造られる200年前の飛鳥時代の帰化人である。彼は7世紀の始め、聖徳太子により法隆寺が建立されるのと同じ頃、京都の葛野の地に広隆寺(=蜂岡寺)を建立した。スペインから来日したカトリックの宣教師マリオ・マレガ神父の研究によると、この広隆寺(603着工-622竣工)は、もともと仏教の寺ではなく古代キリスト教の教会であったといわれる。この教会は、窓がなく大きな入口が一つあるシンプルな構造で、黒い十字架が一つついていたといわれる。

江戸後期の儒学者の大田錦城(1765-1825)は、広隆寺を見たとき、これは仏教寺院ではないといった。著書「吾窓漫筆拾遺」の中で、広隆寺は中国の長安にある景教寺院、大秦寺に倣って建立されたものであり、本尊の脇時は景教の神像であると書いている。(ケン・ジョセフ「前掲書」、64頁)

聖徳太子の「法隆寺」は、「仏法を興隆する寺」として建立された。これに対して、同じ時期に秦河勝により、「広く宗教を興隆する寺」として景教の「広隆寺」が建立されたとすれば、飛鳥時代の国際化を象徴する画期的な出来事であったと思われる。ただし「広隆」は河勝の本名といわれる。
 
日本書紀には、推古11(603)年11月に、聖徳太子が「我れに尊き仏像あり、将に誰かこの像を得て恭い拝せむ。時に秦造河勝進みて曰く、臣、拝みまつらむ。即ち、仏像を受けて、因りて以って蜂岡寺(=広隆寺)を造る」という記事がある。この聖徳太子から与えられた仏像が十字架にかかったキリスト像であれば、この記事は画期的な記事になるが、残念ながらこの尊像が何であったか分らない。

ただ秦氏が祭った稲荷神社とキリストが非常に関わっているという話がある。江戸時代の学者・松浦静山の「甲子夜話」の中に、群馬県上野村の多胡羊太夫の碑に、和銅4(711)年3月の年号とJNRIという文字、そしてその下に十字架が書かれた古代碑文があった話が書かれているという。しかし、この文字は、残念ながら松浦静山にはその意味が読解できなかった。

 ケン・ジョセフ氏によると、JNRIは、ラテン語のJesus Nazarenus、Rex Iudaeorm の頭文字からとったものであり、「ユダヤ人の王ナザレのイエス」の意味の略語であるという。それは、十字架につけられた主イエスの頭上にかかれた言葉である。これが和銅4年の石碑に書かれていたことは驚くべきことである。この場合、JNRIは、INRIと書かれることもあるという。稲荷をアルフアベットで書くと、まさにINaRIになる。つまり稲荷は景教のキリストを意味する、ということになる。」

秦河勝 wiki

クリックすると元のサイズで表示します
秦河勝(はた の かわかつ)は、6世紀後半から7世紀半ばにかけて大和王権で活動した秦氏出身の豪族。生没年不詳。秦氏は6世紀頃に朝鮮半島を経由して日本列島の倭国へ渡来した渡来人集団と言われ、そのルーツは秦の始皇帝ともいい、古代イスラエルという説もある。河勝は秦氏の族長的人物であったとされ、聖徳太子のブレーンとして活躍した。また、富裕な商人でもあり朝廷の財政に関わっていたといわれ、その財力により平安京の造成、伊勢神宮の創建などに関わったという説もある。聖徳太子より弥勒菩薩半跏思惟像を賜り広隆寺を建てそれを安置した。没したのは赤穂の坂越で、坂越浦に面して秦河勝を祭神とする大避神社が鎮座し、神域の生島には秦河勝の墓がある。本拠地とした京都市右京区太秦(うずまさ)や、秦河勝の墓のある大阪府寝屋川市太秦にその名を残す。さらに右京区西京極には川勝寺とよばれる寺があり、近隣には「秦河勝終焉之地」の碑がある。この地域は明治の初めまで川勝寺村と呼ばれ、住民の多くは自らを河勝の子孫と認識していた。秦氏の後裔を称するものは甚だ多く、幕臣川勝氏も河勝の子孫を称した。また、現在楽家として知られる東儀家は河勝の子孫であるという。

景教との関係

秦氏は景教(ネストリウス派キリスト教)を信仰する一族であったとする説がある。秦一族が渡来する6世紀以前にすでに唐に東方キリスト教の「景教」が伝わっており(彼らはそれらを伝来した人々であるといわれ、唐の時代の景教の寺院は大秦寺と呼ばれていた)


太秦がペルシアを指し、景教寺院が大秦寺といわれていたことからも、秦氏ユダヤ人景教徒説は日ユ同祖論のなかでは大きな柱であるらしい。いずれにしても、秦河勝と聖徳太子の間柄が蘇我、物部の戦いで共に戦った側近中の側近という関係故、聖徳太子とキリスト教を結びつける糸はここで繋がる。
そして河勝に建立させた広隆寺の謎もここに開かれよう。

広隆寺 wiki


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
広隆寺に奉られる弥勒菩薩像。ミトラ教から転じてミロク(666)。その指はキリストの三位一体を示すともいわれる。ゾロアスター教、ミトラ教、景教に連なる太陽信仰の流れ。


そもそも秦河勝をネストリウス派キリスト教徒説を唱え、広隆寺が景教の教会なのではという説を有名にしたのは、東京文理化大学の佐伯好郎だ。彼は別名、景教博士 と呼ばれるほどのネストリウス派キリスト教の権威。その彼が秦氏はユダヤ人景教徒だと 主張したのである。これは当時の学会としても、ちょっとした事件だった。後に、騎馬民 族征服王朝論で名を知られるようになる東大の江上波夫は、佐伯氏の弟子である。

佐伯好朗博士と「日ユ同祖」論
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/6832/jud.html

江上波夫氏と三笠宮崇仁殿下
http://www.ne.jp/asahi/pasar/tokek/TZ/C-IL-egami.html

しかし江波浪夫氏が古代オリエント博物館の館長を任ぜられ、昭和天皇の前で騎馬民族日本征服説の概要を解説をされたということ、彼が秦河勝をネストリウス派キリスト教徒説を唱え、広隆寺が景教の教会なのではというを唱えた佐伯好朗の弟子であったという事実は興味深い。

ネストリウス派キリスト教、太子とキリスト教の関係を辿るうちにいささか深みに入りすぎたようだ。
最後に太秦に残る三本鳥居の写真を示しておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

 4
Twitterで共有はてなブックマークに登録


古代エジプトから日本へ 聖徳太子仏教はキリスト教を象徴する

www5.hp-ez.com/hp/zaphnath-paaneah/page33

聖徳太子仏教はキリスト教を象徴する. 聖徳太子の記事の続き。 聖徳太子は日本の 仏教の祖として知られている。 蘇我馬子とともに仏教に反対していた物部守屋を討ち、 数々の仏教寺院を建立するなど仏教の導入と普及に努めたとされている。 聖徳太子は 天皇家なのだが(なぜか天皇にならなかったが)、他の皇族と違って仏式で埋葬されて いる。 まったくもって仏教徒といえる。 その一方で、キリスト教の一派である景教徒で あったともいわれている。 厩戸皇子という名前や冠位十二階など、キリスト教の影響が あるとの ...

聖徳太子 - Wikipedia

ja.wikipedia.org/wiki/聖徳太子

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。 (2017年2月); 正確性に疑問が呈されています。(2017年2月). この項目には、一部の コンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212、JIS X 0213など)が含まれ ています(詳細)。 聖徳太子 (厩戸皇子). Umayado Miko.jpg. 聖徳太子像(菊池容斎『 前賢故実』より). 続柄, 用明天皇第二皇子. 称号, 上宮王、豊聡耳、 上宮之厩戸豊聡耳 命、 ...

名称-日本書紀に見られる記述-そのほかの伝説-ゆかりの寺院

聖徳太子が伝えた仏教はキリスト教だったのかもしれない

www.millnm.net/qanda4/57FaUyXn59whM65007.htm

聖徳太子が日本仏教の祖ということになっているが、厩戸皇子という名前、お母さん穴穂 部間人皇女が間人(=波斯人=ペルシャ人)であることなど、どうもユダヤ人 クリスチャンっぽい。 ひょっとして、導入した仏教なるものは、実はキリスト教なのでは ないか。 景教が中国に伝播したと考えられているのが7世紀だから、聖徳太子(6世紀) よりも時代が後だが、しかし、エペソ公会議5世紀で禁止されたネストリウス派が6世紀に 中国に、そして、日本に到達しなかった可能性は否定できない。 そもそも、聖書的に ...

聖徳太子の謎

yohane.natsu.gs/00%200%200%20syoutokutaisi.htm

厩戸皇子は、用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女であり、敏 達天皇、推古天皇のもと、蘇我馬子と協調して政治を行ったとされる。ただし、蘇我氏も ペルシャ系の渡来人であったことから、”仏教派の蘇我氏によって聖徳太子一族は滅亡 させられた”というのは、後世の作り話である可能性が高い。 このように、厩戸皇子は、 ペルシャ系の景教徒(ネストリウス派のキリスト信者)ではなかったかと考えられる。 1. 仏教徒による文献捏造の証拠: ・ 聖徳太子伝暦(917年)によると、墓に2つの棺を指示 した ...

日本の仏教はキリスト教だった!!(2) ( 宗教 ) - 安倍晴明の一番弟子 ...

blogs.yahoo.co.jp/onmyonokami/18898412.html

聖徳太子が冠位十二階や十七条憲法を定めたことは教科書で学びますが、その後太子 が一族もろとも蘇我氏によって滅ぼされたことはあまり知られていません。彼は結局 蘇我氏に利用され捨てられたわけです。 余談ですが、太子の人物像はあいまいで、 実在しなかったという説も立てる人がいるほどですが、身長百八十センチの巨人で目が 青く、赤茶髪、景教宣教師との混血であったという説もあります。父は用明天皇、母は 蘇我馬子の妹(蘇我稲目の娘)で、この稲目の父は高麗(こま)で帰化人( ...

聖徳太子の偶像、古代日本の隠蔽工作

bewithgods.com/hope/doc/4-8.html

このように太子がイエスやモーセと同じように偶像化されてしまったのは、白村江の戦い で大和朝廷が唐・新羅連合軍に敗れ、唐の植民地支配を受け入れたことによるものです (補足参照)。その時、占領軍は大宰府に駐屯し、漢字化と中国化を強要され、国史[ 記紀]を漢字で書いて唐に提出した。しかも、唐末期に至ると、これまで景教を擁護し ていたにもかかわらず、景教への厳しい弾圧と迫害が行われ、原始キリスト教徒、 ユダヤ教徒、景教徒が日本に大挙して帰化した。一度はメシア仏教派の蘇我氏を滅ぼし たものの、 ...

支那に渡来したユダヤ人、聖徳太子と天武天皇、大秦景教

bewithgods.com/hope/doc/1-32.html

つまり、僧侶、寺などは、ユダヤ教の中国語訳だった。その後、中国に仏教が入り、仏教 にもユダヤ教の用語を使った、拝借した。その為、日本ではユダヤ教・キリスト教・仏教 の区別がつかなくなってしまい、日本式仏教として日本に定着してしまった。しかも、大 虐殺の文化大革命を経て、中国の古代文明が破壊されてしまったことの影響もあり、 元々の中国の国教が、ユダヤ教、そして景教だったことが歴史から抹殺されてしまった。 西方浄土と言えば、インドの事と思うのだが、そうでは無い。中国から西に向かえば シナイ ...

聖徳太子の正体: ∀N I CHRIS 完全FILE3【アセンションへの道】

kemono666.seesaa.net/article/277452319.html

景教徒説もあるが、年代やその他の細かい点を検証すると、 やはり「原始キリスト教徒」 の系譜である可能性が高い。 いずれにしても、聖徳太子の伝説がイエス・キリスト伝説 の投影であることは否定できない。 また、聖徳太子蘇我氏とも深い繋がりを持ってい たが、 蘇我馬子も「我は蘇った馬小屋の子」という意味で、 イエス・キリスト伝説を投影し ている。 蘇我氏は崇仏派だが、それが聖徳太子仏教奨励のイメージと結びついている のではないだろうか。 51AKlSY-hxL__SX230_.jpg また、聖徳太子は ...

仏教の中のユダヤ文化―聖書から見た釈迦の教えと聖徳太子伝説 (ムー ...

www.amazon.co.jp/ ...

Amazonで久保 有政の仏教の中のユダヤ文化―聖書から見た釈迦の教えと聖徳太子 伝説 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)。アマゾンならポイント ... 仏教と東方キリスト教 の出会い、また仏教の中に取り込まれたキリスト教の教えや風習をはじめ、聖徳太子と 景教徒(ネストリウス派キリスト教徒)とのかかわり、日本仏教の深層に刻まれたユダヤ 文化などを紹介する。 使徒トマスがインドへ ..... 従って、日本国の仏教化を推進し、それ を支配権力のテコとして活用したのが蘇我氏であるとは限らない。なぜなら、聖徳太子 は、 ...

歴史はミステリー(その3) -聖徳太子のナゾ - アラキラボ 【日本人の思想 ...

www.araki-labo.jp>Home>日本人の思想とこころ1

聖徳太子の時代は、大変な国際化の時代であり、仏教だけではなく原始キリスト教、 道教、儒教、ゾロアスター教などいろいろな思想が日本に上陸してきている。 聖徳太子 は、これらの ... 両親ともに皇族であり、用明天皇の母はキタシヒメ、間人皇女の母は オアネギミ、共に蘇我稲目の娘であるから、太子は蘇我氏の一族である この太子の 生前からの ... ところが中国へネストリウス派のキリスト教が伝来して景教と呼ばれるよう になるのは、太子の逝去より8年後、唐の太宗の貞観9(635)年である。 その太子の 生前の名前 ...

Q.

聖徳太子の母の穴穂部皇女や用明天皇は古代キリスト教である景教を...

A.

景教の中国伝来は公式には635年です。それまで全く伝わっていなかったとは言えないですが、少...

解決済み-回答数:4-質問日時:2014年4月26日

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home