月曜日, 12月 25, 2017

サミュエル・ボウルズ


NAMs出版プロジェクト: サミュエル・ボウルズ
http://nam-students.blogspot.jp/2017/12/blog-post_92.html@
                   ( 経済学リンク::::::::::
NAMs出版プロジェクト: Thorstein Veblen, 1857-1929.
http://nam-students.blogspot.jp/2016/03/thorstein-veblen-1857-1929.html
NAMs出版プロジェクト: 宇沢弘文(1928~2014):メモ
http://nam-students.blogspot.jp/2016/03/blog-post_10.html
NAMs出版プロジェクト: コースの定理 Coase's theorem
http://nam-students.blogspot.jp/2016/07/coase-theorem.html
 エリノア・オストロム Elinor Ostrom 1933-2012(コモンズ関連)1990
http://nam-students.blogspot.jp/2016/12/elinor-ostrom-1933-2012.html( @)

NAMs出版プロジェクト: サミュエル・ボウルズ
http://nam-students.blogspot.jp/2017/12/blog-post_92.html
梶谷懐『中国経済講義』(中公新書) 2018/9 #6
https://nam-students.blogspot.com/2018/12/2018_39.html
複数均衡


平等主義の政治経済学 ボールズ、ギンタス 大村書店 2002.07|そのたびごとにただ一つ、世界のはじまり~瀧本往人のブログ
平等主義の政治経済学 市場・国家・コミュニティのための新たなルール
サミュエル・ボールズ、ギンタス
エリック・オリン・ライト 編
遠山弘徳 訳
大村書店
2002.07

Recasting Egalitarianism: New Rules for Communities, States and Markets
The Real Utopias Project
Samuel Bowles, Harry Brighouse, & Herbert Gintis (eds)
Verso
1999.01

本書でいう「平等主義」というのは一般的に想定される「所得」に対するものではなく、「財産権」を再分配するものである。

・労働者所有
・住宅所有
・子供の権利
・就学保証金証書

これらを再分配することによって、平等性と経済的な効率性の両方に影響を及ぼすと考えている。


wiki
ボウルズは、長年の盟友となるハーバート・ギンタスと同様、もともと新古典派経済学を学んだが、
1960年代から1970年代にかけての激動期を通じて、正統派経済学に対して根元的な懐疑を抱くようになり、
マルクス経済学の概念的枠組みにつよく傾斜し、ラディカル・エコノミックスという新しい経済学の考え方を
定式化し、発展させてきた。
主な研究としては、教育を通じて不平等が是正されないメカニズムを精緻に分析した『アメリカ資本主義と学校教育』[1]、
また現代アメリカの直面する経済的困難の原因を、アメリカ経済を支える広範な社会的・制度的構造にまで遡って
えぐり出し打開策を提示した『アメリカ衰退の経済学』[2]などがある。
また資本主義的労働過程に内在する権力関係の構造を分析するモデルとして抗争交換モデルを提示して[3]、
労働現場への参加の決定権(採用/解雇の権限)を握る雇用者が、労働者による労働努力の発揮態度を自己に
有利な方向に誘導することを示し、同じく雇い主−労働者の間の情報の非対称性の点から出発するが、
交渉の参加主体の構成を所与と考える取引費用経済学やプリンシパル=エージェント理論とは異なる分析視座を提供した。
抗争交換モデルは、労働市場だけでなく、借り手がどのような条件を提示しても資金を調達できない現象が生じる
資本市場の分析にも用いられる。
抗争交換モデルは、初出論文の副題「資本主義の政治経済学のための新しいミクロ的基礎」が示す通り、
これまでマクロ・レベル(階級間レベル)でとらえられがちだった資本主義内の権力関係を、
ミクロ・レベル(個人間レベル)から分析し得るツールである。
現在でも不平等の原因とその帰結についての研究は、ボウルズの中心的関心の一つだが、最近ではそれに加えて、
最新の行動経済学や進化心理学の成果を下にした「互恵的利他行動」の研究[4]にも力を注いでいる。 

  1. ^ H. Gintis & S. Bowles (1976). Schooling in Capitalist America : Education Reform and the Contradictions of Economic Life. New York: Basic Books. 宇沢弘文訳『アメリカ資本主義と学校教育1,2』(岩波現代選書 1986年-1987年
  2. ^ S. Bowles , D.M. Gordon, T.E. Weisskopf (1983-1985). Beyond The Waste Land : A Democratic Alternative to Economic Decline. Garden City, N.J.: Anchor Press/Doubleday. 都留康・磯谷明徳訳 『アメリカ衰退の経済学—スタグフレーションの解剖と克服』(東洋経済新報、1986年
  3. ^ H. Gintis & S. Bowles (1990). “Contested Exchange: New Microfoundations of the Political Economy of Capitalism”. Politics & Society 18(2).
  4. ^ 例えばサンタフェ研究所を中心に活躍しているボウルズたちが編者として編集した次のアンソロジーはこの分野の良き「中間報告」となっている。H. Gintis ,S. Bowles , R. T. Boyd , E. Fehr (2005). Moral Sentiments And Materials Interests: The Foundations Of Cooperation In Economic Life. Cambridge, Mass.: MIT Press.
  5. ^ Bowles, S. and Valerie I. Nelson, 'The Inheritance of IQ and the Inter-generational Reproduction of. Economic Inequality,' Review of Economics and Statistics, LVI (1974), pp. 39-51
  6. ^ Gintis, H. & Bowles, S (1972〜1973). “IQ in the U.S. class structure” , Social Policy, November-December and January-February. In Karabel, J. & Halsey, A.H.(eds.) 1977, Power and Ideology in Education (New York, Oxford University Press). =(「アメリカ階級構造におけるIQ」青木昌彦編著 『ラディカル・エコノミックス』中央公論社、1973年)
  7. ^ 『アメリカ資本主義と学校教育』第I巻、87〜88ページ

著作編集

  • Planning Educational Systems for Economic Growth (Harvard University Press, M.A., 1969).
  • Schooling in Capitalist America: Educational Reform and the Contradictions of Economic Life, co-authored with Herbert Gintis (Basic Books, N.Y., 1976).
    • 『アメリカ資本主義と学校教育―教育改革と経済制度の矛盾 (2) (岩波モダンクラシックス)』宇沢弘文訳(岩波書店、2008年)
  • Notes and Problems in Microeconomic Theory, co-authored with David Kendrick, 1st ed., with Peter Dixon, 2nd ed. (North Holland Texts in Mathematical Economics, Amsterdam, 1980).
  • Democracy and Capitalism: Property, Community, and the Contradictions of Modern Social Thought, co-authored with Herbert Gintis (Basic Books, N.Y., 1986).
  • The Politics and Economics of Power, with M. Franzini and U. Paguano (Routledge, London, 1998).
  • Recasting Egalitarianism: New Rules for Markets, Communities and States, with Herbert Gintis (Verso, London, 1999).
    • 『平等主義の政治経済学―市場・国家・コミュニティのための新たなルール』遠山弘徳訳(大村書店、2002年)
  • Meritocracy and Economic Inequality, co-edited with Kenneth Arrow and Steven Durlauf (Princeton University Press, N.J., 2000).
  • Foundations of Human Sociality: Economic Experiments and Ethnographic Evidence from 15 small-scale societies, co-authored and co-edited with Joe Henrich, Robert Boyd, Colin Camerer, Ernst Fehr, and Herbert Gintis (Oxford University Press, Oxford, 2004).
  • Microeconomics: Behavior, Institutions, and Evolution (Princeton University Press, N.J., 2004).
  • Unequal Chances: Family Background and Economic Success, co-edited with Herbert Gintis and Melissa Osborne Groves (Princeton University Press and Russell Sage Foundation, 2005).
  • Moral Sentiments and Material Interests: The Foundations of Cooperation in Economic Life, co-edited with Robert Boyd, Ernst Fehr and Herbert Gintis (MIT Press, M.A., 2005).
  • Poverty Traps, co -authored and co-edited with Steven Durlauf and Karla Hoff (Princeton University Press, N.J., 2005).
  • Understanding Capitalism: Competition, Command, and Change, with Frank Roosevelt and Richard Edwards, 3rd ed. revised (Oxford University Press, Oxford, 2005).
  • Globalization and Egalitarian Redistribution, co-edited with Pranab Bardhan and Michael Wallerstein (Princeton University Press and Russell Sage Foundation, 2005).
  • Inequality, Cooperation, and Environmental Sustainability, co-edited with Jean-Marie Baland and Pranab Bardhan (Princeton University Press, N.J., 2006).
  • The New Economics of Inequality and Redistribution (Cambridge University Press, 2012)

外部リンク編集


wiki
ボウルズは、長年の盟友となるハーバート・ギンタスと同様、もともと新古典派経済学を学んだが、
1960年代から1970年代にかけての激動期を通じて、正統派経済学に対して根元的な懐疑を抱くようになり、
マルクス経済学の概念的枠組みにつよく傾斜し、ラディカル・エコノミックスという新しい経済学の考え方を
定式化し、発展させてきた。
主な研究としては、教育を通じて不平等が是正されないメカニズムを精緻に分析した『アメリカ資本主義と学校教育』[1]、
また現代アメリカの直面する経済的困難の原因を、アメリカ経済を支える広範な社会的・制度的構造にまで遡って
えぐり出し打開策を提示した『アメリカ衰退の経済学』[2]などがある。
また資本主義的労働過程に内在する権力関係の構造を分析するモデルとして抗争交換モデルを提示して[3]、
労働現場への参加の決定権(採用/解雇の権限)を握る雇用者が、労働者による労働努力の発揮態度を自己に
有利な方向に誘導することを示し、同じく雇い主−労働者の間の情報の非対称性の点から出発するが、
交渉の参加主体の構成を所与と考える取引費用経済学やプリンシパル=エージェント理論とは異なる分析視座を提供した。
抗争交換モデルは、労働市場だけでなく、借り手がどのような条件を提示しても資金を調達できない現象が生じる
資本市場の分析にも用いられる。
抗争交換モデルは、初出論文の副題「資本主義の政治経済学のための新しいミクロ的基礎」が示す通り、
これまでマクロ・レベル(階級間レベル)でとらえられがちだった資本主義内の権力関係を、
ミクロ・レベル(個人間レベル)から分析し得るツールである。
現在でも不平等の原因とその帰結についての研究は、ボウルズの中心的関心の一つだが、最近ではそれに加えて、
最新の行動経済学や進化心理学の成果を下にした「互恵的利他行動」の研究[4]にも力を注いでいる。



^ H. Gintis & S. Bowles (1976). Schooling in Capitalist America : Education Reform and the Contradictions of Economic Life. New York: Basic Books. 宇沢弘文訳『アメリカ資本主義と学校教育1,2』(岩波現代選書 1986年-1987年)


平等主義の政治経済学 市場・国家・コミュニティのための新たなルール
著者名等  サミュエル・ボールズ/他著  ≪再検索≫
著者名等  エリック・オリン・ライト/編  ≪再検索≫
著者名等  遠山弘徳/訳  ≪再検索≫
出版者   大村書店
出版年   2002.07
大きさ等  21cm 327,20p
注記    Recasting egalitarianism.
NDC分類 331.85
件名    分配  ≪再検索≫
要旨    「全ての人にとって豊かな社会」を可能にする平等主義の展開とは?著名な米ラディカル
経済学の中心理論家たちが提案する「ケインズ主義的な再分配に代わる、資産ベースの平
等主義的再分配を軸にした、ラディカルな社会改革への試み」である。
目次    第1部 平等主義的市場の提案(効率的再分配:市場、国家およびコミュニティのための
新たなルール);第2部 提案の一般的評価(平等性、コミュニティ、および「効率的再
分配」;ノルムと効率性 ほか);第3部 具体的な制度的文脈(対立と協調:再分配と
効率性の必要性を経験的な観点から見る);第4部 経済モデルへの批判(私有財産ベー
スの平等主義の限界;資産の再分配vs所得の再分配 ほか);第5部 再考(平等主義
を作り直す)
内容:
平等主義的市場の提案 効率的再分配:市場、国家およびコミュニティのための新たなルール サミュエル・ボールズ/著 ハーバート・ギンタス/著. 
提案の一般的評価 平等性、コミュニティ、および「効率的再分配」 エリック・オリン・ライト/著.
 ノルムと効率性 エリノア・オストロム/著. 
効率性の政治学 アンドリュー・レヴァイン/著. 
具体的な制度的文脈 対立と協調:再分配と効率性の必要性を経験的な観点から見る デーヴィッド・M.ゴードン/著. 
経済モデルへの批判 私有財産ベース
の平等主義の限界 ジョン・E.ローマー/著. 
資産の再分配vs所得の再分配 カー
ル・オーヴ・モーン/著 マイケル・ウォーラーステイン/著. 
平等主義的政策の危機と資産ベースの再分配の見込み ピーター・スコット/著. 
再考 平等主義を作り直す サミュエル・ボールズ/著 
ハーバート・ギンタス/著.  
文献あり



アメリカ衰退の経済学 スタグフレーションの解剖と克服  
著者名等  S.ボールズ/〔ほか〕著  
著者名等  都留康,磯谷明徳/訳  
出版者   東洋経済新報社  出版年   1986.10  大きさ等  22cm 281p  注記    Beyond the waste land./の翻訳  NDC分類 332.53  件名    アメリカ合衆国-経済-歴史-1961~ 
 件名    アメリカ合衆国-経済政策  
  目次   
第1章 たるみのある経済とゼロ・サム錯覚
第2章 経済衰退の実態
第3章 経済衰 退の諸説
第4章 戦後コーポレート・システムの興隆と瓦解
第5章 スタグフレーシ ョンの発生プロセス
第6章 生産性のパズルを解く
第7章 企業支配力を維持するた めのコストの計測
  ISBN等 4-492-31162-9



75頁

平等主義の政治経済学 ボールズ、ギンタス 大村書店 2002.07|そのたびごとにただ一つ、世界のはじまり~瀧本往人のブログ
平等主義の政治経済学 市場・国家・コミュニティのための新たなルール
サミュエル・ボールズ、ギンタス
エリック・オリン・ライト 編
遠山弘徳 訳
大村書店
2002.07

Recasting Egalitarianism: New Rules for Communities, States and Markets
The Real Utopias Project
Samuel Bowles, Harry Brighouse, & Herbert Gintis (eds)
Verso
1999.01

本書でいう「平等主義」というのは一般的に想定される「所得」に対するものではなく、「財産権」を再分配するものである。

・労働者所有
・住宅所有
・子供の権利
・就学保証金証書

これらを再分配することによって、平等性と経済的な効率性の両方に影響を及ぼすと考えている。

また、経済的統治構造として、以下の3点を挙げる。

・国家
・市場
・コミュニティ(地域)

たとえば「市場の失敗」という言い方はよくされるが、「国家の失敗」もまたありえる。多くの議論においては、いずれかの失敗だけを強調するが、それでは十分ではない。

さらに言えば、そこに「コミュニティ」というもののもつ役割を軽視してはならないということである。

この三者には、長所もあれば短所もある。いずれかにのみ偏らずに、バランスをとることが求められている。つまり相互補完的関係になるべきだとする。

市場
個々のエージェントが自分自身の行動の結果を受け止めるため、規律の執行において優れている。

しかし、そうした行動に関する情報は私的なものであり、所有権が集中化されていると、市場は深刻なコーディネーション問題に突き当たってしまう。

国家
上記のような問題を克服するためのゲームのルールを執行できる点において優れている。

しかし、国家が情報にアクセス制限がある場合、立ち行かなくなる。

コミュニティ
上記のような問題が起こった場合、ルールやノルムを執行する際に優れている。諸個人が社会的ノルムを身につけているコミュニティにおいては、諸個人はコストの要するモニタリングや制裁には依存せずに、長期的な合意に達するかもしれない。

***

なお、マクロ経済学のモデルに対して本書は、かなり本質的な疑問を投げかけている。以下の3点に対してである。

1)国民経済の算出高水準が財とサービスに対する総需要によって制約される

2)総需要が国内市場に一致する

3)所得分配が平等主義的であればあるほど、総需要水準がますます高くなる
 

***

内容
第1部 平等主義的市場の提案

効率的再分配:市場、国家およびコミュニティのための新たなルール
サミュエル・ボールズ、ハーバート・ギンタス

第2部 提案の一般的評価

平等性、コミュニティ、および「効率的再分配」
エリック・オリン・ライト

ノルムと効率性
エリノア・オストロム
 
効率性の政治学
アンドリュー・レヴァイン

第3部 具体的な制度的文脈

対立と協調:再分配と効率性の必要性を経験的な観点から見る
デーヴィッド・M.ゴードン

第4部 経済モデルへの批判

私有財産ベースの平等主義の限界
ジョン・E.ローマー

資産の再分配vs所得の再分配
カール・オーヴ・モーン、マイケル・ウォーラーステイン

平等主義的政策の危機と資産ベースの再分配の見込み
ピーター・スコット

第5部 再考

平等主義を作り直す サミュエル・ボールズ、ハーバート・ギンタス


「全ての人にとって豊かな社会」を可能にする平等主義の展開とは?著名な米ラディカル経済学の中心理論家たちが提案する「ケインズ主義的な再分配に代わる、資産ベースの平等主義的再分配を軸にした、ラディカルな社会改革への試み」である。





これまでの経済政策の問題点は、コーディネーションの失敗を国家もしくは市場のいずれか方にしか認めて
いない点にある。ケインズ政策はコーディネーションの失敗を市場だけに見、同政策にとって代わったネオ・リ
ベラル政策はコーディネーションの失敗を国家だけに認める。

訳者解題322頁


297頁:
図9-3:個別労働者にとっての自己維持的な富の再分配
望ましい富
リー面(cr)
水口cF(面)
望ましいリスク
crb
Cfa
6Da 6oc b
労働者の富
スク準


298頁:
図9-4=企業のコントロールと富における複数均衡
労働者によって保有される富の比率

図9-5:信用市場の制約を低下させる政策の効果
労働者所有

の範囲
6'1-_
◆ (u"(0'(U* (0** (0
労働者によって保有される富の比率





参考:
マンキューの経済学者としての貢献は、根井雅弘編『わかる現代経済学』(2007)#5が参考になる。
以下のローマーとの共著書1991がある。★

New Keynesian Economics 1,2 (1991)
(The New Keynesian Economics and the Output-Inflation Trade-Off 他)


NAMs出版プロジェクト: マンキュー マクロ経済学 第4版 9th ed

ニューケインジアンのアプローチ
①コストの存在からの価格硬直性の説明
②価格変更のタイミングのズレによる価格の粘着性
③独占的競争による価格設定行動
④労働市場の特異性による失業の説明
⑤信用の割り当てによる非効率性の説明
⑥財市場におけるマークアップ率の変動
⑦市場の密度の外部性や収穫逓増の存在による調整の失敗

A.価格硬直性 ①~⑤ price rigidities
B.調整の失敗 ④~⑦ coordination failures

①~③はミクロ


ポピュリズムを回避するには出来るだけ小さな行政単位を維持すべきだ
封建時代の持つ地域主義には独裁者を抑えつける機能があった