日曜日, 9月 30, 2018

ピラミッドと星信仰、住吉大社

Bauval :
everything here attests to a grand unified plan a master plan and yet there's something very perplexing about this plan we have three pyramids two of which are almost identical sides and are set along a diagonal line and yet here's the curious thing the third pyramid is much smaller and is offset to the left of this diagonal line why what were the pyramid builders trying to do.
N:
Bauval wondered if the alignment of the pyramids on the ground might be clues pointing to a larger purpose.
Bauval :
the problem had been like me for years.
and on a night like this sitting in the desert with a friend of mine.
he was telling me how the star series would rise and then he pointed in the sky and showed me the belt of orion right above.
and he said you notice how the three stars run in the row but at the top star the smaller star is slightly offset to the left.
and suddenly i had it.
N:
Bauval had realized the pyramids might be a terrestrial map of orion's belt.
but not as it would have looked in the skies in 2450 bc when the pyramids were built interestingly.
 the position of the stars in the sky doesn't stay the same century after century when viewed from earth the constellations appear to move.
 a phenomenon called precession caused by the wobbling of the earth on its axis the movement progresses at a snail's pace about one degree over a human lifetime.
Bauval :
 egyptologists and students of eurocliffis ignored recession but without it certain problems simply cannot be solved because it is precession that is the key that will unlock the mysteries of the pyramids.
N:
recession appears as a change in altitude of the stars from the moment orion rises from its starting position 11 degrees above the horizon until the time it returns takes 26 000 years.
 the pyramids alignment with orion's belt was close but not exact the nile corresponded to the milky way in the pyramids to orion but neither was perfectly matched with their position in 2500 bc bauvel looked to other time periods.
Bauval :
 now let's look at the three stars in the ryan's belt in relation to the milky way now in order to get a perfect match with the pyramids on the ground the sky needs to be rotated slightly anti-clockwise this means going back in time 3000 bc 4000 bc 5000 bc.
N:
the computer follows orion back over the millennia of its precessional cycle.
Bauval :
 seven thousand eight thousand nine ten and in ten thousand five hundred bc that's when we get the perfect match it's absolutely amazing well the whole arrangement freezes the time of 10 500 bc.
N:
the pyramid builders made their terrestrial map to reflect orion as it looked and only as it looked in 10 500 bc but why hancock has a theory he knows sounds incredible he likes to speculate that the idea of the pyramids was inherited from another culture one that existed in 10 500 bc that culture disappeared but somehow their advanced knowledge of architecture mathematics and science was passed down through the ages with that knowledge the egyptians of 2500 bc built the pyramids the monuments hancock suggests are part of a legacy from a lost civilization.
英語 (自動生成)

ボーヴェル:
 ここにあるすべてのものが 壮大な統一された計画を証明しています マスタープランなのですが この計画には非常に不可解な点があります 3つのピラミッドがあります そのうちの2つのピラミッドは ほぼ同じ側面を持ち 対角線に沿って配置されています しかし不思議なことに 3つ目のピラミッドはずっと小さく この対角線の左にずれています ピラミッドを作った人たちは何をしようとしていたのでしょうか?
ナレーション :
地面上のピラミッドの配置が、より大きな目的を指し示す手がかりになるのではないかとボーヴェルは考えた。
ボーヴェル:
問題は何年も前から私にとりついていた。
このような夜に友人と砂漠に座っていると
彼は、星のシリーズがどのように上昇していくかを話していました。そして、彼は空を指さして、真上にあるオリオンのベルトを見せてくれました。
彼は言ったのです。3つの星が並んでいるのに、一番上の星では、小さい星が少し左にずれているのに気づくでしょう。
そして、突然、私は理解しました。
ナレーション :
ボーヴェルは、ピラミッドがオリオンのベルトの地上地図である可能性に気づいていました。
しかし、ピラミッドが建設された紀元前2450年の空には、興味深いことに、そうではなかったのです。
  空の星の位置は何世紀たっても同じではなく、地球から見ると星座が動いているように見える。
  地球を軸にしてぐらつくことで起こる「歳差運動=プリセッション」と呼ばれる現象で、人間の一生のうちに1度くらいのペースで運動が進行していきます。
ボーヴェル :
  エジプトの学者やユーロクリフの学生は、後退を無視していましたが、ピラミッドの謎を解き明かす鍵が後退であるので、それなしでは、ある種の問題は単に解決できません。
ナレーション :
退行は、オリオンが地平線上11度の位置から上昇した瞬間から、それが戻るまでに26000年かかるまでの間に、星の高度の変化として現れます。
  ピラミッドとオリオンのベルトの位置関係は近いが、正確ではなく、ナイルはピラミッドのミルキーウェイとオリオンに対応していたが、どちらもBC2500年の位置と完全に一致していなかったボーヴェルは他の時間帯を見た。
ボーヴェル :
  次に、地上のピラミッドと完全に一致するためには、空をわずかに反時計回りに回転させる必要があります。
ナレーション :
コンピュータは、千年周期でオリオンを追いかける。
ボーヴェル:
  7,000 8,000 9,000 9,10 10,000 そして、10,000 5,500 紀元前に完全に一致した時です。
ナレーション :
ピラミッドを作った人たちはオリオンが紀元前10500年に見た姿を反映するように地上地図を作ったのですが、なぜかハンコックは信じられないような理論を持っていて、ピラミッドのアイデアは紀元前10500年に存在した別の文化から継承されたのではないかと推測しています。
英語 (自動生成)

 
Pyramid and Orion, Robert Bauval 1995
https://youtu.be/cm4eUPNo3_8
16:10~





ボーヴェルのアイデアをグラハムは実体化するが、これは危険だ。歳差による測定は実体化する必要はない。

Graham Hancock, Robert Bauval, John Anthony West, Secrets of the Pyramid... 
1995
16:10〜



What is the Purpose of the Great Pyramid - Robert Bauval
2018


Ancient Aliens: Astronomy and Alien Structures (Season 12, Episode 4) | ...

3:00~


オリオン信仰はメキシコなどエジプト以外にも見られる
住吉大社もその一つだろう

ピラミッドと円周率

ピラミッドとオリオン座

明るさの順番は正確ではないが星信仰は確かにあった
シリウスは王それ自体ではないか?



Image from Gyazo
https://i.gyazo.com/6168cdd2999929d4cb829e2dc427525c.gif

 神秘主義
http://nam-students.blogspot.com/2012/12/blog-post_5233.html
ピラミッドと星信仰と住吉大社
http://nam-students.blogspot.com/2018/09/blog-post_33.html@



        ☆ 


       ☆
      ☆
     ☆



             ☆
              
    ☆

オリオン・ミステリー―大ピラミッドと星信仰の謎 | ロバート ボーヴァル, エイドリアン ギルバート, Robert Bauval, Adrian Gilbert, 近藤 隆文
1995
https://www.amazon.co.jp/オリオン・ミステリー―大ピラミッドと星信仰の謎-ロバート-ボーヴァル/dp/4140802154



商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
砂漠に点在するピラミッド。建設の裏には、王が星の世界へ再生するためのマスター・プランがあった。

内容(「MARC」データベースより)
古代エジプト人はかなり高度な天文学の知識をもって文明を築いたのだとして、天文学の見地からピラミッドの謎にいどむ。発表後イギリスで反響を呼び、NHKテレビでも放映された「星相関説」を紹介する。
登録情報
単行本: 370ページ
出版社: 日本放送出版協会 (1995/03)
言語: 日本語
ISBN-10: 4140802154
ISBN-13: 978-4140802151




5つ星のうち4.0基本文献
投稿者yo2009年1月4日
形式: 単行本
ボーヴァルの発見は、ピラミッド番組などで紹介されるが、その意義は正当に評価されているとは言えない。

(メンカウラー王の小ピラミッドは、本当は、ほかの二基と同じ大きさにする予定だったのだろう、という反論も、本書で証明された当時のオリオン信仰〜それはシュメール経由であり太陽神ラーと対立し消滅寸前だったと思われる〜を否定できない。)

10,500年前の星の位置を意図しただけであってピラミッド製造年がその年とは限らないとは思うが、、、

その説は十分科学的であり、トンデモ本として回収するべきではない。

今日ではメキシコのテオティワカンのピラミッドも相似系だとされているし、世界各国のオリオン信仰(あるいは太陽信仰との相克)の再発見は途上にある。

ちなみに、より厳密には魂の再生を願う民間信仰は以下の推移をたどっていると思う。
トーテム信仰(スフィンクスを含む)→星信仰(航海での位置把握手段。北極星信仰を含む)→太陽信仰(権力者の統制の強化と併行)→歴史忘却及び再発見(現代)。

日本では住吉大社、古代古墳にオリオン信仰の跡がみられる。

視覚に訴える説なので、決定版としてBBC番組のDVD発売が待たれる。

ピラミッド from slowslow2772 on Vimeo.


住吉大社は海の神として信仰されているが、もともとは「みたらし星」の神だったのではないかという説がある。

みたらし星とはオリオン座の三つ星のことである。
三つ星のそばにもうひとつ小さい星があって、本当は三つ星ではなく四つ星なのだが。

住吉大社の境内には同じ大きさ、同じ作りの社が四つあり、そのいずれもが本宮とされている。
奥から、

底筒男命 (そこつつのをのみこと)を祀る第一本宮、
中筒男命 (なかつつのをのみこと)を祀る第二本宮、
表筒男命 (うわつつのをのみこと)を祀る第三本宮、
第三本宮の東が神功皇后=息長足姫命 (おきながたらしひめのみこと)を祀る第四本宮

となっている。

その社の配置がみたらし星の配置に似ているというのだ。 



また底筒男命・中筒男命 ・表筒男命の神名にある『筒』は星の神であることを示すものだという説もある。
どういうわけか、記紀神話には星の神はたった一柱・天津甕星しか登場しない。

ところが『上記(うえつふみ)』という文書の中には多くの星の神が登場する。
そして星の神は、トムツツ(北極星)、アカユツツ(ペテルギウス)、イユキツツ(スピカ)などのように、ツツという音がついている。 




6 Comments:

Blogger yoji said...

文字起こし everything here attests to a grand unified plan a master plan and yet there's something very perplexing about this plan we have three pyramids two of which are almost identical sides and are set along a diagonal line and yet here's the curious thing the third pyramid is much smaller and is offset to the left of this diagonal line why what were the pyramid builders trying to do bobel wondered if the alignment of the pyramids on the ground might be clues pointing to a larger purpose the problem had been like me for years and on a night like this sitting in the desert with a friend of mine he was telling me how the star series would rise and then he pointed in the sky and showed me the belt of orion right above and he said you notice how the three stars run in the row but at the top star the smaller star is slightly offset to the left and suddenly i had it pavel had realized the pyramids might be a terrestrial map of orion's belt but not as it would have looked in the skies in 2450 bc when the pyramids were built interestingly the position of the stars in the sky doesn't stay the same century after century when viewed from earth the constellations appear to move a phenomenon called precession caused by the wobbling of the earth on its axis the movement progresses at a snail's pace about one degree over a human lifetime egyptologists and students of eurocliffis ignored recession but without it certain problems simply cannot be solved because it is precession that is the key that will unlock the mysteries of the pyramids recession appears as a change in altitude of the stars from the moment orion rises from its starting position 11 degrees above the horizon until the time it returns takes 26 000 years the pyramids alignment with orion's belt was close but not exact the nile corresponded to the milky way in the pyramids to orion but neither was perfectly matched with their position in 2500 bc bauvel looked to other time periods now let's look at the three stars in the ryan's belt in relation to the milky way now in order to get a perfect match with the pyramids on the ground the sky needs to be rotated slightly anti-clockwise this means going back in time 3000 bc 4000 bc 5000 bc the computer follows orion back over the millennia of its precessional cycle do seven thousand eight thousand nine ten and in ten thousand five hundred bc that's when we get the perfect match it's absolutely amazing well the whole arrangement freezes the time of 10 500 bc the pyramid builders made their terrestrial map to reflect orion as it looked and only as it looked in 10 500 bc but why hancock has a theory he knows sounds incredible he likes to speculate that the idea of the pyramids was inherited from another culture one that existed in 10 500 bc that culture disappeared but somehow their advanced knowledge of architecture mathematics and science was passed down through the ages with that knowledge the egyptians of 2500 bc built the pyramids the monuments hancock suggests are part of a legacy from a lost civilization 英語 (自動生成)

9:34 午前  
Blogger yoji said...

文字起こし ここにあるすべてのものが 壮大な統一された計画を証明しています マスタープランなのですが この計画には非常に不可解な点があります 3つのピラミッドがあります そのうちの2つのピラミッドは ほぼ同じ側面を持ち 対角線に沿って配置されています しかし不思議なことに 3つ目のピラミッドはずっと小さく この対角線の左にずれています ピラミッドを作った人たちは何をしようとしていたのでしょうか?
地面上のピラミッドの配置が、より大きな目的を指し示す手がかりになるのではないかとバウヴァルは考えた。

問題は何年も前から私のようなものだった。
このような夜に友人と砂漠に座っていると
彼は、星のシリーズがどのように上昇していくかを話していました。そして、彼は空を指さして、真上にあるオリオンのベルトを見せてくれました。
彼は言ったのですが、3つの星が並んでいるのに、一番上の星では、小さい星が少し左にずれているのに気づくでしょう。
そして、突然、私はそれを手に入れました。

バウヴァルはピラミッドがオリオンのベルトの地上地図であることに気づいたのです
ピラミッドが建設された紀元前2450年の空には見えていたであろう、興味深いことに、空の中の星の位置は何世紀にもわたって同じではありません。
エジプトの学者やユーロクリフの学生は、後退を無視していましたが、ピラミッドの謎を解き明かす鍵が後退であるので、それなしでは、ある種の問題は単に解決できません。

退行は、オリオンが地平線上11度の位置から上昇した瞬間から、それが戻るまでに26000年かかるまでの間に、星の高度の変化として現れます。
ピラミッドとオリオンのベルトの位置関係は近いが、正確ではなく、ナイルはピラミッドのミルキーウェイとオリオンに対応していたが、どちらもBC2500年の位置と完全に一致していなかったバウベルは他の時間帯を見た。

次に、地上のピラミッドと完全に一致するためには、空をわずかに反時計回りに回転させる必要があります。

コンピュータは、千年周期でオリオンを追いかける。

7,000 8,000 9,000 9,10 10,000 そして、10,000 5,500 紀元前に完全に一致した時です。

ピラミッドを作った人たちはオリオンが紀元前10500年に見た姿を反映するように地上地図を作ったのですが、なぜかハンコックは信じられないような理論を持っていて、ピラミッドのアイデアは紀元前10500年に存在した別の文化から継承されたのではないかと推測しています。
英語 (自動生成)

9:43 午前  
Blogger yoji said...


Saisa
Precession

4:30 午後  
Blogger yoji said...

歳差運動

4:31 午後  
Blogger yoji said...

ピラミッド ヘムイウヌ  
 ヘムオンではなく
ヘムイウヌが正確らしい

8:29 午前  
Blogger yoji said...


なぜ、神社は直線に並ぶのか?: 『レイライン』ガイドブック 失われた秘剣 Kindle版
榊正志 (著) 形式: Kindle版
2019

https://www.amazon.co.jp/dp/B07NTX857H/


24.住吉大社の秘密  秦氏のレイライン(図41)が示していたものは、スサノオだった。  そのレイラインの上に、住吉大社が乗っている。だが、調べるほどこの神社は秦氏とは異質で、あまり関係しているようには思えない。住吉大社が祭っている神々は、底筒男(ソコツツノオ)、中筒男(ナカツツノオ)、表筒男(ウワツツノオ)という三神と神功皇后である。  筒男三神はオリオン座の三ツ星を表しているとされる。この三ツ星は航海の神であり、オリオン座の三ツ星が水平線から現れるときこの順で「縦に並んで」現れ、水平線下に沈むとき、再び底筒男を先頭に縦に並んで沈む。その間、南中時にはほぼ水平になり、したがって水夫はこの三ツ星の傾きから方角を知ることができたのである。  神功皇后がどうかかわっているかといえば、神功皇后が三韓征伐に出かけた時にこの住吉三神に戦勝を祈ったからだ。
 話は変わるが、ロバート・ヴォ―バルという人がいて、この人はギザの三大ピラミッドがオリオンの三ツ星と関係しているということを見抜き、本を書いた『オリオンミステリー』。そこで主張されたのは、クフ王、カフラー王、メンカフラー王という三人の王のピラミッドがオリオンの三ツ星を大地に降ろしたもので、ピラミッドの大きさがそれぞれの星の光度と対応していて、その配置はなんと一万二千五百年前のものだというのだ。星の相対的な見かけの位置は、地球の歳差運動で変化し、それは計算できるからわかったのだ。
 その後驚くべきことに、中国西安でも同様の三つのピラミッドが発見されている(ただしギザとは左右対称の配置)。そして、メキシコ、ティオティワカンの遺跡では月のピラミッド、太陽のピラミッド、ケツァルコアトルの神殿がまさにこの配置になっているという。  つまり洋の東西を問わず、オリオンの三ツ星は南天に輝く目印なのだ。これらが互いに関連しているかどうかはわからない。ただ、日本でも見つかる同様のモニュメントが住吉大社にもあるということだ。  
 住吉大社の第一神殿(底筒男)、第二神殿(中筒男)、第三神殿(表筒男)は直線に並び、住吉大社の正門をくぐるとこの順と反対に拝むことになる。ここからが僕の発見なのだが(他の文献には現れないという意味において、もしかしたら調べられていないだけかもしれない)、次の三つの図を見てもらいたい。  
 最初の図43はオリオン座を示したものだ。  
 オリオン座のα星はベテルギウスで赤い巨大な年老いた恒星だ。その右となりがγ(ガンマ)星、そして三ツ星(ゼータ、イプシロン、デルタ)がある。左下がカッパ星、右下がリゲルで青い若い星だそうだ。  三ツ星の一番右、ゼータ星の下にも星があることに注意してもらいたい。 図43 オリオン座  そして次の図44が、住吉大社配置図をgoogle mapからコピーしてきたものだ。  まず三つの神殿が中央に見える。そして驚くべきことに一番西側(左側)の神殿の下にやはり神殿が立っているのが見える。この神殿は、神功皇后を祀る拝殿なのだが、この配置はゼータ星の下に見える星と三ツ星との関係に酷似しているではないか。  これに気がついた僕は、この二つの図を重ねてみた。


図44 住吉大社の配置図(google map)  それが次の図だ。  仰天したなんてものではなく、興奮に躍り上がった。  どうみても住吉大社の拝殿のそれぞれの配置と、オリオン座の三ツ星以外の配置とが一致している。大海神社拝殿は、ベテルギウスであり、后土社はガンマ星に一致する。カッパ星は南西の端をあらわし、β星は南東の境界にほぼ一致する。

そしてリゲルは、マップからはみ出ているように見える。  だが、この位置にはどうやら丸山大明神を指し示しているようだ。この丸山大明神の説明書き(現地)を読むと、住吉大社の祭神の一柱である神功皇后から二代後の応仁天皇の治世に、応仁天皇皇子の墨江中王という方がおり、この方が住吉一族(安曇族)とともに後の履中天皇に対して反乱を起こしたのが鎮圧されたというエピソードがある。この墨江中王という方を住吉大社に寄り添う安曇族が祀ったというのが、オリオン座のリゲルに見立てられているのだ。  住吉大社を建てた人々は、オリオン座そのものを大地に降ろした。その配置が今も残されていることに、驚きと敬服を憶える。  この住吉大社のオリオン座もレイラインを構成していると思うと、神秘的ですらある。

4:59 午後  

コメントを投稿

<< Home