金曜日, 8月 28, 2015

ソネット第二番(『焔の女 ルイーズ・ラベの詩と生涯』より)


ルイーズ・シャルラン・ペラン・ラベ(Louise Charlin Perrin Labé, 1525年 - 1566年4月25日)は、16世紀フランスの女性詩人。モーリス・セーヴなどと並び、ルネサンスリヨンで活動した代表的な詩人であり、「ラ・ベル・コルディエール」(La Belle Cordière, 綱屋小町)と呼ばれた。




Ô beaux yeux bruns, ô regards détournés,
Ô chauds soupirs, ô larmes épandues,
Ô noires nuits vainement attendues,
Ô jours luisants vainement retournée !

Ô tristes plaints, ô désirs obstinés,
Ô temps perdu, ô peines dépendues,
Ô milles morts en mille rets tendues,
Ô pires maux contre moi destiné !

Ô ris, ô front, cheveux bras mains et doigts !
Ô luth plaintif, viole, archet et voix !
Tant de flambeaux pour ardre une femelle !

De toi me plains, que tant de feux portant,
En tant d'endroits d'iceux mon cœur tâtant,
N'en ait sur toi volé quelque étincelle.

Louise Lab (1524-1566)



ソネット 第二番

ああ褐色の美しい瞳よ、そむけられた眼差(まなざ)しよ、

熱いため息、あふれ落ちる涙よ、

空しく待ち明かした暗い夜よ、

空しくまた還り来る明る朝よ、


悲しい嗟嘆(なげき)よ、かたくなな欲望(のぞみ)よ、

失笑れた時よ、あだとなった苦悩(くるしみ)よ、


数知れぬ網にかかった数知れぬ死よ、

この身に向けられたこの上ない災禍(わざわい)よ、


笑顔、額(ひたい)、髪、腕(かいな)、それに指よ、

嘆き歌うリュート、楽弓(ゆみ)、ヴィオル、それに歌声よ、

ひとりの女の胸を灼くのにこれほどの数の松明(たいまつ)が!


あなたゆえにわたしは嘆く、これほどにも多くの火を手にして、

わが心に隈(くま)なく触れ、かきたてているあなたの身に

そのわずかな火花すらも振りかからぬことを。


(『焔の女 ルイーズ・ラベの詩と生涯』20~21頁より)





参考:
NAMs出版プロジェクト: グレマス詩論
http://nam-students.blogspot.jp/2015/07/blog-post_30.html

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home