月曜日, 10月 03, 2016

<ノーベル賞>細胞内不要物リサイクル…オートファジーとは (毎日新聞) -Yahoo!ニュース


サイエンスZERO オートファジー 9月13日 バラエティ動画を視聴

NHKニュース7 20161004
____




<ノーベル賞>細胞内不要物リサイクル…オートファジーとは (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000079-mai-soci

<ノーベル賞>細胞内不要物リサイクル…オートファジーとは

毎日新聞 10月3日(月)21時55分配信
 ◇生命維持の根幹

 生き物の体は日々変わらないように見えるが、細胞そのものや、その中身は絶えず入れ替わっている。そのためには、新たな物質の「合成」とともに、「分解」が重要な鍵を握る。

【写真特集】ノーベル賞の大隅良典・東工大栄誉教授 「オートファジー」発見

 オートファジー(自食作用)は、不要物などを分解してリサイクルもする細胞内の働きだ。単細胞生物から人に至るまで、生物が生き延びるために持っている共通の「基本戦略」と言える。名称は、ギリシャ語で自分を表す「オート」と、食べるという意味の「ファジー」に由来する。

 オートファジーの働きによって、たんぱく質はアミノ酸というエネルギー源になったり、たんぱく質生成の材料に変化したりする。また、不要となった物質や病原体も分解することで、生命活動を維持している。細胞内にこうした働きがあることは、1960年代にベルギーのドデューブ博士(74年ノーベル医学生理学賞受賞)が発見していたが、詳細は未解明だった。

 それを打開したのが大隅氏だ。大隅氏は、大きな膜でほぼ無差別に不要となったたんぱく質などが包み込まれ、その後、分解酵素を含んだ袋と結合し、膜内でたんぱく質などがバラバラに分解され、再利用されることを分子レベルで解き明かした。これらは液胞と呼ばれる小器官に蓄積。エネルギー源や自分自身を作る材料として再利用されているとされる。【渡辺諒】

1 Comments:

Blogger yoji said...

【漫画】トリコ:ノーベル賞「オートファジー」題材の3話分を緊急無料公開 [無断転載禁止]©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1475656288/-100
【漫画】トリコ:ノーベル賞「オートファジー」題材の3話分を緊急無料公開 [無断転載禁止]©2ch.net

1 : 朝一から閉店までφ ★ がんばれ!くまモン!©2ch.net2016/10/05(水) 17:31:28.49 ID:CAP_USER
2016年10月05日
「オートファジー」をテーマにした「トリコ」の48~50話が1週間無料公開された「少年ジャンプ+」
http://storage.mantan-web.jp/images/2016/10/05/20161005dog00m200003000c/001_size6.jpg

 集英社は5日、大隅良典(おおすみよしのり)・東京工業大栄誉教授のノーベル医学生理学賞受賞決定を記念して、島袋光年さんの人気マンガ「トリコ」で、
大隅さんの研究「オートファジー(自食作用)」を題材にした3話分のエピソードを、マンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で緊急無料公開した。12日までの1週間限定。

 2009年に掲載された「トリコ」の第48~50話では、細胞が自分のたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー」を題材にした。
ジャンプで取り上げられたときに、文部科学省新学術領域研究の「細胞内ロジスティクス」のニュースレターで、「作者の島袋さんはどうやってオートファジーを知ったのか。
不思議。しかも大変正確に把握されている。(研究者でも間違って解釈している人が多いのに)」と太鼓判を押しながら「(専門誌の)『ネイチャー』や
『サイエンス』に論文を出すよりずっとインパクトがある」と高く評価されたという逸話がある。

 「トリコ」は、07年から同誌で掲載されており、コミックスは1~11巻で480万部を発行している。
高い戦闘力を持つ美食家のトリコと、ホテルの料理長の小松が、未知の食材を見つけるため世界各地を冒険するというストーリー。
「ジャンプ+」では、無料公開の第48~50話について、「トリコを読めば話題のオートファジーが分かる」とアピールしている。 

http://mantan-web.jp/2016/10/05/20161005dog00m200003000c.html
2 : なまえないよぉ~2016/10/05(水) 17:34:40.64 ID:CD744xWR
ノーベル漫画賞

2:53 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home