木曜日, 2月 23, 2017

宗教は阿片である - NAVER まとめ - Die Religion …ist das Opium des Volkes.



宗教は阿片である - NAVER まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2136700928674174701


ノヴァーリス

Den höchsten Grad seines poetischen Daseyns erreicht der Philister bey einer Reise, Hochzeit, Kindtaufe, und in der Kirche. Hier werden seine kühnsten Wünsche befriedigt, und oft übertroffen.


Ihre sogenannte Religion wirkt blos, wie ein Opiat


: reizend, betäubend, Schmerzen aus Schwäche stillend. Ihre Früh- und Abendgebete sind ihnen, wie Frühstück und Abendbrot, nothwendig.

出典

Novalis Blüthenstaub


「俗人が、最高度に詩的になる時というのは、旅行の時とか、結婚式、洗礼式、あるいは教会の中でである。そういう時にこそは、彼等のどんな思い切った望みでも満たされ、往々望み以上のことが実現されさえもする。」

「”彼等のいわゆる宗教は、単に阿片のように作用するだけである。”

心をひきつけさせ、しびれさせ、人の弱みにつけこんで、心の痛みを和らげる作用をするだけである。」

出典

ノヴァーリス論 (五)

断章集『花粉』 (Blüthenstaub)(1798)


_____


ハイネ

Heil dieser Erfindung! 

Heil einer Religion, die dem leidenden Menschengeschlecht in den bittern Kelch einige susse, einschlafernde Tropfen goss, geistiges Opium.

出典

言問い亭 11月号 (1997年)第59号 -- Religion and Opium -- 1997.11.03


1840

Heine

"Ludwig Borne iv"

287 Fur Menschen, denen die Erde nichts mehr 

bietet, ward der Himmel erfunden

「宗教は救いのない苦しむ人々のための精神的な阿片である」

出典

ブログテーマ[正常心理学・超心理学]|《太陽水素文明への道》

ハインリヒ・ハイネ『Ludwig Boerne iv』(1840)

_____


ハイネとマルクスの交友

(ハイネは)1843年、パリで25歳のカール・マルクスと親交を結び、1845年のマルクスの出国まで頻繁に会う。マルクスはハイネの『ドイツ。冬物語』(13年ぶりのドイツ旅行を題材にしたもの)の出版の手助けをするなど援助に務め、ハイネもマルクスに多くの詩を読み聞かせて意見を求めた。

出典

ハインリヒ・ハイネ - Wikipedia


_____


一八四四年五月一日――イエニーは女の子を産んだ(略)

カールと『独仏年誌』を中心としてその家に集る亡命者の中には、卓抜な諸部門のチャンピオンたちにまじって、当時四十八歳だった詩人ハイネがいた。カール・マルクスより二十一歳も年長であったハイネとカールとの間には、真実な友情がむすばれていた。カールが徹夜しながら「書物の海」に埋れて社会発展の歴史とその理論を学んでいる時、ハイネは一つの詩を創るごとにカールに見せに持って来た。時々、カールに辛い点をつけられると、ハイネはその詩を夫人イエニーにみてもらった。こうしてハイネの生涯をかざった「一つの冬の物語」「織匠」などが書かれた。伝記のなかには、たった二三行で書かれているこの話は、最も暗示深くマルクス夫妻とその友人たちとの生活の雰囲気を語っている。カールがイエニーを全く独立の見識をもった一婦人として敬愛し、友人の間にもそれが承認されていたことがうかがわれる。

出典

「カール・マルクスとその夫人」宮本 百合子 5/12ページ


マルクス

Karl Marx: Zur Kritik der Hegelschen Rechtsphilosophie. Einleitung

http://www.mlwerke.de/me/me01/me01_378.htm

MLWerke | Marx/Engels Seitenzahlen verweisen auf: Karl Marx/ Friedrich Engels - Werke. (Karl) Dietz Verlag, Berlin. Band 1 . Berlin/DDR. 19 76 . S. 378-391 . 1,5. Korrektur Erstellt am 30.08.1999 Kar…

Die Religion ist der Seufzer der bedrängten Kreatur, das Gemüt einer herzlosen Welt, wie sie der Geist geistloser Zustände ist. Sie ist das Opium des Volkes.

Die Religion ist der Seufzer der bedrangten Kreatur, das Gemuth einer herzlosen Welt, wie sie der Geist geistloser Zustande ist. 

Sie ist das Opium des Volks.

出典

言問い亭 11月号 (1997年)第59号 -- Religion and Opium -- 1997.11.03


1844

Marx

'Zur Kritik der Hegel'schen Rechts-Philosophie' 

in Deutsch-Franzo-sische Jahrbucher Feb. 72

マルクス 独仏年誌「ヘーゲル法哲学批判に向けて」2月 72ページ


___


「宗教的悲惨は現実的悲惨の表現でもあれば現実的悲惨に対する抗議でもある。宗教は追いつめられた者の溜息であり、非情な世界の情であるとともに、霊なき状態の霊でもある。

"それは民衆の阿片である。"


民衆の幻想的幸福としての宗教を廃棄することは、民衆の現実的幸福を要求することである。彼らの状態に関する諸々の幻想の廃棄を要求することは、それらの幻想を必要とするような状態の廃棄を要求することである。かくて宗教の批判は、宗教を後光に持つ憂き世の批判の萌しである。」

出典

ブログテーマ[正常心理学・超心理学]|《太陽水素文明への道》

マルクス論文「ヘーゲル法哲学批判序論」


___


「宗教上の不幸は、一つには現実の不幸の表現であり、一つには現実の不幸に対する抗議である。宗教はなやめるもののため息であり、心なき世界の心情であるとともに精神無き状態の精神である。

"それは民衆の阿片である。"


 民衆の幻想的幸福としての宗教を廃棄することは、民衆の現実的幸福を要求することである。民衆が自分の状態についてえがく幻想をすてろと要求することは、その幻想を必要とするような状態をすてろと要求することである。宗教の批判は、したがって、宗教を後光とするこの苦界の批判をはらんでいる。」


出典

宗教 - 科学的社会主義の古典を読む

マルクス「ヘーゲル法哲学批判、序説」

マルクス・エンゲルス全集、第1巻、p415


__________

__________


宗教は阿片である - NAVER まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2136700928674174701

ノヴァーリス

Den höchsten Grad seines poetischen Daseyns erreicht der Philister bey einer Reise, Hochzeit, Kindtaufe, und in der Kirche. Hier werden seine kühnsten Wünsche befriedigt, und oft übertroffen.

Ihre sogenannte Religion wirkt blos, wie ein Opiat

: reizend, betäubend, Schmerzen aus Schwäche stillend. Ihre Früh- und Abendgebete sind ihnen, wie Frühstück und Abendbrot, nothwendig.

「俗人が、最高度に詩的になる時というのは、旅行の時とか、結婚式、洗礼式、あるいは教会の中でである。そういう時にこそは、彼等のどんな思い切った望みでも満たされ、往々望み以上のことが実現されさえもする。」
「”彼等のいわゆる宗教は、単に阿片のように作用するだけである。”
心をひきつけさせ、しびれさせ、人の弱みにつけこんで、心の痛みを和らげる作用をするだけである。」

断章集『花粉』 (Blüthenstaub)(1798)

ハイネ

Heil dieser Erfindung! 
Heil einer Religion, die dem leidenden Menschengeschlecht in den bittern Kelch einige susse, einschlafernde Tropfen goss, geistiges Opium.

1840
Heine
"Ludwig Borne iv"
287 Fur Menschen, denen die Erde nichts mehr 
bietet, ward der Himmel erfunden

「宗教は救いのない苦しむ人々のための精神的な阿片である」

ハインリヒ・ハイネ『Ludwig Boerne iv』(1840)

ハイネとマルクスの交友

(ハイネは)1843年、パリで25歳のカール・マルクスと親交を結び、1845年のマルクスの出国まで頻繁に会う。マルクスはハイネの『ドイツ。冬物語』(13年ぶりのドイツ旅行を題材にしたもの)の出版の手助けをするなど援助に務め、ハイネもマルクスに多くの詩を読み聞かせて意見を求めた。

一八四四年五月一日――イエニーは女の子を産んだ(略)
カールと『独仏年誌』を中心としてその家に集る亡命者の中には、卓抜な諸部門のチャンピオンたちにまじって、当時四十八歳だった詩人ハイネがいた。カール・マルクスより二十一歳も年長であったハイネとカールとの間には、真実な友情がむすばれていた。カールが徹夜しながら「書物の海」に埋れて社会発展の歴史とその理論を学んでいる時、ハイネは一つの詩を創るごとにカールに見せに持って来た。時々、カールに辛い点をつけられると、ハイネはその詩を夫人イエニーにみてもらった。こうしてハイネの生涯をかざった「一つの冬の物語」「織匠」などが書かれた。伝記のなかには、たった二三行で書かれているこの話は、最も暗示深くマルクス夫妻とその友人たちとの生活の雰囲気を語っている。カールがイエニーを全く独立の見識をもった一婦人として敬愛し、友人の間にもそれが承認されていたことがうかがわれる。

マルクス

Die Religion ist der Seufzer der bedrangten Kreatur, das Gemuth einer herzlosen Welt, wie sie der Geist geistloser Zustande ist. 
Sie ist das Opium des Volks.

1844
Marx
'Zur Kritik der Hegel'schen Rechts-Philosophie' 
in Deutsch-Franzo-sische Jahrbucher Feb. 72
マルクス 独仏年誌「ヘーゲル法哲学批判に向けて」2月 72ページ

「宗教的悲惨は現実的悲惨の表現でもあれば現実的悲惨に対する抗議でもある。宗教は追いつめられた者の溜息であり、非情な世界の情であるとともに、霊なき状態の霊でもある。
"それは民衆の阿片である。"

民衆の幻想的幸福としての宗教を廃棄することは、民衆の現実的幸福を要求することである。彼らの状態に関する諸々の幻想の廃棄を要求することは、それらの幻想を必要とするような状態の廃棄を要求することである。かくて宗教の批判は、宗教を後光に持つ憂き世の批判の萌しである。」

マルクス論文「ヘーゲル法哲学批判序論」

「宗教上の不幸は、一つには現実の不幸の表現であり、一つには現実の不幸に対する抗議である。宗教はなやめるもののため息であり、心なき世界の心情であるとともに精神無き状態の精神である。
"それは民衆の阿片である。"

 民衆の幻想的幸福としての宗教を廃棄することは、民衆の現実的幸福を要求することである。民衆が自分の状態についてえがく幻想をすてろと要求することは、その幻想を必要とするような状態をすてろと要求することである。宗教の批判は、したがって、宗教を後光とするこの苦界の批判をはらんでいる。」

マルクス「ヘーゲル法哲学批判、序説」
マルクス・エンゲルス全集、第1巻、p415


0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home