日曜日, 11月 25, 2018

矛盾:メモ(楕円)

矛盾:メモ

資本論 第1部
第3章 貨幣または商品流通
第二節 流通手段  
a 商品の変態
  商品の交換過程は、矛盾したお互いに排除し合う関係を含んでいることを知った。商品の発達は、これらの矛盾を
止揚しないで、それが運動しうる形態を作り出している。これがとりもなおさず、一般に現実の矛盾が解決される方法
である。例えば、ある物体が不断に他の物体に落下しながら、同じく不断にこれから飛び去るというのは、一つの矛盾
である。楕円は、その中でこの矛盾が解決され、また実現されてもいる運動形態の一つである。

岩波文庫より

>>
>資本論 第1部
>第3章 貨幣または商品流通
>第二節 流通手段  
>a 商品の変態…
>楕円は、その中でこの矛盾が解決され、また実現されてもいる運動形態の一つである。

マルクスは資本論第2部19章3,4でもスミス関連の記述(v+mのドグマ批判19:2の直後)で
楕円の比喩を使う。

19:3
《A・スミスは、みずから自説をのちに放棄しながら、しかも、自分のもろもろの矛盾を
意識していない。だが、これらの矛盾の源は、まさに彼の科学的出発点に求めるべきである。》

19:4
《.…商品のこの価値部分[労賃]の本性または大いさを変化させないのは、生産手段が資本価値
として機能することが、生産手段の価値を変化させないのと同じであり、また、一直線が三角
形の底辺または楕円形の直径として機能することが、この直線の本性および大いさを変化させ
ないのと同じである。》

ただし第3部では楕円の比喩は使わない

3:48:3
《…すべてが多かれ少なかれ、もろもろの
前後撞着、中途半端、および、未解決の矛盾におちいっている。ところが、他面、現実の
生産当事者たちが、資本──利子、土地──地代、労働──労賃、というこれらの疎外された
不合理な諸形態においてすっかり気安さを感ずることも、同じように自然である。というのは、
これこそは、まさに、彼らがその中で運動し、それと日々かかりあわねばならぬ仮象の諸姿容
だからである。》

「資本──利子、土地──地代、労働──労賃」と中心が三つの楕円?になったのではなく
三つの諸矛盾(contradictions)、諸楕円があると考えられる。楕円の比喩は有効だろう。

https://qiita.com/momosetkn/items/7cf471e60d7c473858f9

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○商○○○○○○○貨○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○品○○○○○○○幣○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○○○○○商品○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○貨幣○○○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

○●
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


>>970
「資本--利子、土地--地代、労働--労賃」と中心が三つの楕円?になったのではなく
三つの諸矛盾(contradictions)、諸楕円があると考えられる。楕円の比喩は有効だろう。

https://qiit a.com/momosetkn/items/7cf471e60d7c473858f9

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■○○○○○○○○○○■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■○○○○○○○○○○○○○○■■■■■■■■■
■■■■■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■■■■■
■■■■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■■■■
■■■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■■■
■■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■■
■■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■■
■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■
■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■
■○○○○○○○○○○○○○○商品○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■
■○○○○○○○○○○○○○○貨幣○○○○○○○○○○○○■■
■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■
■■○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○■■■
~~~~~~~

>>
>楕円は、その中でこの矛盾が解決され、また実現されてもいる運動形態の一つである。

マルクスは資本論第2部19章3,4でもスミス関連の記述(v+mのドグマ批判19:2の直後)で
楕円の比喩を使う。

19:3
《A・スミスは、みずから自説をのちに放棄しながら、しかも、自分のもろもろの矛盾を
意識していない。だが、これらの矛盾の源は、まさに彼の科学的出発点に求めるべきである。》

19:4
《.…商品のこの価値部分[労賃]の本性または大いさを変化させないのは、生産手段が資本価値
として機能することが、生産手段の価値を変化させないのと同じであり、また、一直線が三角
形の底辺または楕円形の直径として機能することが、この直線の本性および大いさを変化させ
ないのと同じである。》

ただし第3部では楕円の比喩は使わない

3:48:3
《…すべてが多かれ少なかれ、もろもろの
前後撞着、中途半端、および、未解決の矛盾におちいっている。ところが、他面、現実の
生産当事者たちが、資本──利子、土地──地代、労働──労賃、というこれらの疎外された
不合理な諸形態においてすっかり気安さを感ずることも、同じように自然である。というのは、
これこそは、まさに、彼らがその中で運動し、それと日々かかりあわねばならぬ仮象の諸姿容
だからである。》河出書房新社訳

「資本──利子、土地──地代、労働──労賃」と中心が三つある楕円?になったのではなく
三つの諸矛盾(contradictions)、諸楕円があると考えられる。楕円の比喩は有効だろう。

https://qiita.com/momosetkn/items/7cf471e60d7c473858f9

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○○○○○商品○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○貨幣○○○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
~~~~~~~

ーーーー



ーーー



  資本論 第1部
第3章 貨幣または商品流通
第二節 流通手段  
a 商品の変態
  商品の交換過程は、矛盾したお互いに排除し合う関係を含んでいることを知った。商品の発達は、これらの矛盾を
止揚しないで、それが運動しうる形態を作り出している。これがとりもなおさず、一般に現実の矛盾が解決される方法
である。例えば、ある物体が不断に他の物体に落下しながら、同じく不断にこれから飛び去るというのは、一つの矛盾
である。楕円は、その中でこの矛盾が解決され、また実現されてもいる運動形態の一つである。

岩波文庫より

>資本論 第1部
>第3章 貨幣または商品流通
>第二節 流通手段  
>a 商品の変態…
>楕円は、その中でこの矛盾が解決され、また実現されてもいる運動形態の一つである。

マルクスは資本論第2部19章3,4でもスミス関連の記述(v+mのドグマ批判19:2の直後)で
楕円の比喩を使う。

19:3
《A・スミスは、みずから自説をのちに放棄しながら、しかも、自分のもろもろの矛盾を
意識していない。だが、これらの矛盾の源は、まさに彼の科学的出発点に求めるべきである。》

19:4
《.…商品のこの価値部分[労賃]の本性または大いさを変化させないのは、生産手段が資本価値
として機能することが、生産手段の価値を変化させないのと同じであり、また、一直線が三角
形の底辺または楕円形の直径として機能することが、この直線の本性および大いさを変化させ
ないのと同じである。労働力の価値は、かの生産手段の価値と同じように独立的に規定されている。》


ただし第3部で楕円の比喩は使わない

3:48:3
《とはいえ、古典派経済学の最もすぐれた代弁者たちでさえ、──ブルジョア的立場からは
そうあらざるをえないのだが、──依然として多かれ少なかれ、彼らによって批判的に分解
された仮象の世界にとらわれており、したがって、すべてが多かれ少なかれ、もろもろの
前後撞着、中途半端、および、未解決の矛盾におちいっている。ところが、他面、現実の
生産当事者たちが、資本──利子、土地──地代、労働──労賃、というこれらの疎外された
不合理な諸形態においてすっかり気安さを感ずることも、同じように自然である。というのは、
これこそは、まさに、彼らがその中で運動し、それと日々かかりあわねばならぬ仮象の諸姿容
だからである。》

「資本──利子、土地──地代、労働──労賃」と中心が三つの楕円?になったのではなく
三つの諸矛盾(contradictions)、楕円があると考えられる。楕円の比喩は有効だろう。

https://qiita.com/momosetkn/items/7cf471e60d7c473858f9

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○○○○○商品○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○貨幣○○○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○商品or労働価値○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○貨幣or限界効用○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○商品or労働価値○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○貨幣or限界効用○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●



NAMs出版プロジェクト: マルクス『資本論』:メモ及び目次
II
http://nam-students.blogspot.jp/2011/10/blog-post_29.html?m=0#_2-19

 19. 対象についての従来の諸叙述
  第一節 重農学派
  第二節 アダム・スミス
   一 スミスの一般的観点
   二 スミスによるv+mへの交換価値の分解  (v+mのドグマ、正解はc+v+m)
   三 不変資本部分
   四 アダム・スミスにおける資本と収入
   五 要約
  第三節 スミス以降の論




マルクスは資本論第2部19:4(A・スミスにおける資本と収入)でも楕円の比喩を使う。
スミス経由の用法かもしれない。

19:3
A・スミスは、みずから自説をのちに放棄しながら、しかも、自分のもろもろの矛盾を意識していない。だが、これらの矛盾の源は、まさに彼の科学的出発点に求めるべきである。

19:4
《.…商品のこの価値部分[労賃]の本性または大いさを変化させないのは、生産手段が資本価値として機能することが、生産手段の価値を変化させないのと同じであり、また、一直線が三角形の底辺または楕円形の直径として機能することが、この直線の本性および大いさを変化させないのと同じである。労働力の価値は、かの生産手段の価値と同じように独立的に規定されている。》


ただし第3部で楕円の比喩は使わない

3:48
《とはいえ、古典派経済学の最もすぐれた代弁者たちでさえ、──ブルジョア的立場からは
そうあらざるをえないのだが、──依然として多かれ少なかれ、彼らによって批判的に分解
された仮象の世界にとらわれており、したがって、すべてが多かれ少なかれ、もろもろの
前後撞着、中途半端、および、未解決の矛盾におちいっている。ところが、他面、現実の
生産当事者たちが、資本──利子、土地──地代、労働──労賃、というこれらの疎外された
不合理な諸形態においてすっかり気安さを感ずることも、同じように自然である。というのは、
これこそは、まさに、彼らがその中で運動し、それと日々かかりあわねばならぬ仮象の諸姿容
だからである。》

資本──利子、土地──地代、労働──労賃、と中心が三つになったのではなく
楕円が三つになったと考えられる。楕円の比喩は有効だろう。


《Cependant - il ne pouvait guère en être autrement dans le monde bourgeois - les meilleurs de 
ses écrivains n'ont pas pu se dégager entièrement de ce monde des apparences qui a sombré 
sous leurs critiques, et ils tombent tous plus ou moins dans des inconséquences, des solutions imparfaites et des contradictions. D'autre part il est naturel que les agents effectifs de la 
production se trouvent très bien de la formule irrationnelle Capital - Intérêt, Terre - Rente, 
Travail - Salaire, qui réflète fidèlement les apparences an milieu desquelles ils se meuvent et 
avec lesquelles ils se trouvent journellement en contact. 》


Cependant - il ne pouvait guère en être autrement dans le monde bourgeois - les meilleurs de ses écrivains n'ont pas pu se dégager entièrement de ce monde des apparences qui a sombré sous leurs critiques, et ils tombent tous plus ou moins dans des inconséquences, des solutions imparfaites et des contradictions.…
D'autre part il est naturel que les agents effectifs de la production se trouvent très bien de la formule irrationnelle Capital - Intérêt, Terre - Rente, Travail - Salaire, qui réflète fidèlement les apparences an milieu desquelles ils se meuvent et avec lesquelles ils se trouvent journellement en contact. … Et il est incontestablement tout aussi naturel que les écrivains de l'Economie vulgaire,qui ne font que mettre sous une forme didactique, plus ou moins doctrinale et systématique, les conceptions journalières des agents de la production, se soient jetés sur cette trinité économique,qui masque la connexion intime des choses, comme sur la base absolument appropriée à leur plate suf 
432 SEPTIÈME PA RTIE. - LES REVENUS ET LEURS SOURCES  fisance. Enfin c
とはいえ、古典派経済学の最もすぐれた代弁者たちでさえ、──ブルジョア的立場からはそうあらざるをえないのだが、──依然として多かれ少なかれ、彼らによって批判的に分解された仮象の世界にとらわれており、したがって、すべてが多かれ少なかれ、もろもろの前後撞着、中途半端、および、未解決の矛盾におちいっている。…ところが、他面、現実の生産当事者たちが、資本──利子、土地──地代、労働──労賃、というこれらの疎外された不合理な諸形態においてすっかり気安さを感ずることも、同じように自然である。というのは、これこそは、まさに、彼らがその中で運動し、それと日々かかりあわねばならぬ仮象の諸姿容だからである。…だから、俗流経済学──これは、現実の生産当事者たちの平凡な諸表象の、教師じみた、多かれ少なかれ教義


3:48:3
《だからこの意味では、資本──利子(利潤)、土地──地代、労働──労賃、という範式は、均等で均斉のとれた矛盾を呈する。》
事実上では、賃労働が社会的に規定された一労働形態としては現象しないで、すべての労働が、その本性上賃労働として現象する(資本制的生産諸関係にとらわれた者にはそう見える)ことによって、対象的な労働諸条件─

矛盾が複数形か原文を参照すべきだが一読して
中心が三つになったのではなく楕円が三つになったと考えられる
楕円の比喩は有効だろう


原文が複数形か当たるべきだが

Il n'y a rien de contradictoire à ce que eette surproduction de capital soit accompagnée d'une surpo

le recul de l'exploitation au-dessous d'un niveau donné devant provoquer des troubles, des arrêts d

Capital-Intérêt
Même l'expression « Capital - Profit » est incorrecte. Lorsque l'on prend le capital dans la seule relation où il est producteur de plus-value, c'est-à-dire dans son rapport avec la force de travail,dans lequel il extrait de la plusvalue par la pression qu'il exerce sur l'ouvrier, on est amené à considérer la plus-value totale, c'est-à-dire le profit (profit d'entreprise -1- intérêt) et la rente. Or, dans l'expression « Capitat-Profit », il n'est en rapport qu'avec la partie de la plus-value qui représente le revenu du capitaliste, et toute relation s'efface encore davantage dès que l'expresc  sion. prend la forme « Capital - Intérêt ».  
  Par conséquent, si nous avons été amenés en premier lieu à signaler le disparate des trois sources, nous sommes conduits maintenant à constater que leurs produits, les revenus, appartiennent tous à la même sphère, celle de la valeur. Le rapport entre des grandeurs, non seulement incommensurables mais incomparables, a donc pu s'éta

424 SEPTIÈME PARTIE. - LES REVENUS ET LEURS SouRcES  

blir, parce que l'on a envisagé le capital, de même que la terre, de même que le travail, uniquement au point de vue matériel, comme moyen de production, et que l'on a fait abstraction de ses rapports avec les travailleurs et de son existence comme valeur. 

Dans ce sens la formule CapitalIntérêt (profit), Terre - Rente, Travail - Salaire, manque de coïncidence. En effet, pour ceux dont la conception est limitée par le cadre de la production capitaliste, le travail salarié n'est pas une forme socialement déterminée du travail, mais tout travail est de par sa, nature un travail salarié ; il en résulte que pour eux les formes sociales sp





2:19
四 A・スミスにおける資本と収入
(3)
 労働者が受けとる貨幣は、彼の労働力を維持するために、つまり──資本家階級と労働者階級とをその全体において考察すれば──資本家だけが資本家としてとどまりうるための道具を資本家のために維持するために、労働者によって支出される。
 だから、労働力のたえざる売り買いは、一方では、労働力を資本の要素として永遠化するのであって、そのことによって、資本が商品・価値をもつ使用財・の創造者として現象するのであり、さらにまた、そのことにより、労働力を購買する資本部分が労働力それじしんの生産物によってたえず生産されるのであり、したがって労働者そのものが、じぶんの支払ってもらう元本たる資本をたえず創造するのである

他方では、労働力のたえざる販売は、たえず更新される労働者の生活維持源泉となるのであり、したがって彼の労働力は、彼が生活するための収入をひきだす資産として現象する。ここに収入というのは、一商品(労働力)のたえず反復される販売によって生ずる価値の取得──といっても、

この価値そのものは、販売されるべき商品のたえざる再生産に役だつにすぎない──の意味に他ならない。そしてその限りでは、A・スミスは正当にもいう、──労働者じしんが創造した生産物の価値のうち、資本家が労働者に労賃の形態でそれの等価を支払う部分は、労働者の収入の源泉となる、と。だが、このことが、
商品のこの価値部分の本性または大いさを変化させないのは、生産手段が資本価値として機能することが、生産手段の価値を変化させないのと同じであり、また、一直線が三角形の底辺または楕円形の直径として機能することが、この直線の本性および大いさを変化させないのと同じである。労働力の価値は、かの生産手段の価値と同じように独立的に規定されている。商品のこの価値部分がそれを構成する自立的一要因としての収入から成りたつのでもなければ、また、この価値部分が収入に分解するのでもない。労働者によってたえず再生産されるこの新価値が彼のために収入の源泉をなすからといって、その逆に、彼の収入が彼の生産する新価値の成分をなすわ

河出
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○○○○○商品○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○貨幣○○○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○○○○労働価値○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○効用価値○○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●
●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●
●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●
●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●●●●○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
三平方の定理による解法と、
三角関数+2分探索による解法で実装してみました。
※三角関数+2分探索による解法が若干出力がおかしいですが、力尽きました…。
デジタル微分解析といって加減算とシフトだけで描画するのもできるらしい…。
円を描く (1)円弧描画のアルゴリズム
この中では、たぶん三平方の定理が一番分かりやすいかなと思います。


疎外は資本主義における物象化を意味する
(そもそも資本論のテキストそのものが疎外だ)
階級闘争ではなく集合力が疎外の対義語
集合力使用法を普段から考えてないと階級闘争に勝っても意味はない


疎外 - ウィクショナリー日本語版


ja.wiktionary.org/wiki/疎外
哲学:ドイツ語の哲学用語Entfremdungの訳語)あるものから生じたものが、そこから離れて、生じた元と対立関係を生ずること。


弁証法は幻想だが疎外は現実にあるので
現実的に対処しなければならない
(物象化と意味は同じだが物象化は哲学の文脈)
人間の疎外は集合力で解消するしかない


ゲゼルは一方で世界通貨を考えていた
通帳方式というか大福帳のようなもの
ケインズはここからヒントを得てバンコール案を提出したのだろう
採用はされなかったが…
今のドル支配を脱するにはこれしかないと思う

国家の再分配機能はなくならないが
国家の存続自体が今のままでは怪しい



マル系の協同組合は生産主義の枠内
消費組合が100ないと1つの生産協同組合は存続出来ないのに…
マルクスが生産協同組合を推奨したからだが
その結果消費と生産を繋ぐ理論が欠如したままになった
これは有効需要の原理発見がマルクス陣営で遅れたことと理論的には関連する
消費協同組合の考え方の鍵は共同購入ではなく共同備蓄にある
飢饉がないからリアリティがないが
現在も状況は変わってない
石油や米がなくなったらどうするの?ということである   



http://www.chinese-lab.com/search/cc.php
 《在此、马克思将私人所有与个人所有区别开来、意味着什么呢? 近代
的私有权利乃是以交付課税为代价由绝对主义国家所賦予的。私有,毋宁
说是一称国有,反辺来说,国有制正見私有財布制度。因此,把私有財产
的度除等同于国有化是完全错误的。私有財布的度除必須以国家的度除为
前提。対马克思来说,共产主义意味着新的 “个体所有” 的倫立,因为他
将共产主义視为一种生产合作社的联合。
 这种思考明湿地建立在蒲鲁东的思想基确上。仕青年马克思賛収不已
的蒲鲁东《什么是所有权》,因 “所有权就是盗窃” 一句名言而著名。但
是,蒲鲁东并没有否定一般的所有。他批判的是 “不劳而获,即不劳动而
前益的力量” 。因此严格地说,他区分了所持和所有。“诸位先生,保全所
持而除所有,仅靠这种修正就可以改変法律、政治、経済和一切制度。
就可以消除地上的所有罪悪。”(《什么是所有权》)対他更没有把 “不劳而
获” 等同于封建的掠奪。他所谓的 “不劳而获” 乃是資本主义生产所固有
的东西。例如,毎个劳动者状資本家那里荻得劳动所得的工資,而它们通
过协作即 “集合力” 所得到的利益之多出部分則为資本家所夺取。亚当・
斯密将此視为正当利潤的源泉,而蒲鲁东却称其为 “盗窃” 。英国的李嘉
图左派早已将比称作剰余价値了,由此产生了政治上激烈的劳动运动。対
此,蒲鲁东反対政治性的俎前,他提侶在通道分工和俳作以提高生产力的
同吋建立尤以产生 “盗窃” 的劳动合資公司,认为这种伦理一経済的交換
体系的拡大,将消灭資本和国家。
  如此观之,很清楚马克思从来没有放弃道早期状蒲鲁东那里学来的思
想。他所謂与 “私人所有” 相対立的 “个人所有” ,是蒲鲁东所说的 “所
持”。》
(柄谷行人『跨越性批判一康德与马克思』中央编译出版社出版 127-8頁)


《ここでマルクスが私的所有と個人的所有を区別したのは、何を意味するのか。近代的な
私有権は、それに対して租税を払うということを代償に、絶対主義的国家によって与えら
れたものだ。私有はむしろ国有なのであり、逆にいえば、国有制こそ私有財産制なのであ
る。それゆえに、私有財産の廃止=国有化と見なすことはまったくまちがっている。むし
ろ、私有財産の廃棄は国家の廃棄でなければならない。マルクスにとって、コミュニズム
が新たな「個体的所有」の確立を意味したのは、彼がコミュニズムを生産協同組合のアソ
シエーションとして見ていたからである。
 こうした考えは、明らかにプルードンの考えにもとづいている。若いマルクスが絶賛し
たプルードンの『所有とは何か』という著作は、「所有とは盗みである」という言葉で有
名である。しかし、プルードンは所有一般を否定したのではない。彼が否定したのは、
「不労収益権、すなわち働かずに利得する力」である。よって厳密には、彼は所持と所有
を分ける。《所持を保全しながら所有を廃止せよ。ただそれだけの修正によって諸君は法
律、政治、経済、諸制度の一切を変えるだろう。諸君は地上の悪を除きさるのだ》(『所
有とは何か』「ブルードン」長谷川進・江口幹訳、三一書房)。さらに、彼は「不労収益」を封
建的収奪と同一視したのではない。むしろ、彼のいう「不労収益」とは、資本制生産に固
有のものである。たとえば、個々の労働者は資本家から労働に対して賃金を支払われるが、
彼らの協業、すなわち「集合力」によって得られる利益の増加分は、資本家によって奪わ
れる。アダム・スミスはこれを正当な利潤の源泉と見なしたが、プルードンはそれを「盗
み」と呼んだのである。すでにイギリスのリカード左派はそれを剰余価値と呼んでおり、
そこから激しい政治的労働運動が生じた。それに対して、プルードンは政治的活動に反対
し、むしろ分業と協業によって生産力を上げながら同時にそれが「盗み」を生み出さない
ような、労働合資会社を作ることを提唱した。そのような倫理ー経済的な交換システムの
拡大が、資本と国家を死滅させる、と。
 このように見ると、実際上、マルクスが初期にブルードンから学んだ考えを一度も放棄
したことがないことがわかる。彼が「私的所有」に対立させる「個体的所有」は、プルー
ドンが「所持」と呼んだものに他ならないのである。》
(柄谷行人『トランスクリティーク』現代文庫246−8頁、定本253-4頁)



62考える名無しさん2018/11/25(日) 01:24:19.010
参考: 
宇野弘蔵『経済原論』における、剰余価値率/利潤率/利子率: 
宇野はヘーゲル『小論理学』の構成を参考にしている 
(『「資本論」と私』2008年、お茶の水書房)。図解するなら(☆=起点)、 

        /\ 
       C利子\ 
      /(分配論) \ 
     B利潤__地代\ 
    /\宇野弘蔵・ 資本の再 
   /資本\経済原論/生産過程A 
  / (流通論)\  /(生産論)\ 
 /商品__貨幣\/生産__流通\ 
☆         過程  過程 

A.剰余価値率: 
《いわゆる労働日をできうる限り延長することが…資本にとっては…基本原理となる。 
…マルクスはこれを剰余価値率m/v(vは可変資本[労賃]、mは剰余価値[利潤])をもってあらわし、 
労働力の搾取度を示すものとするのである。》(宇野弘蔵『経済原論』岩波文庫版78頁) 

B.利潤率: 
《剰余価値率がm/vとして、資本家と労働者との関係をあらわすのに対して、利潤率は 
m/(c+v)として、剰余価値の全資本に対する分配率を示し、資本家と資本家との関係を 
あらわすものになる。》(同151頁) [c不変資本は固定資本を含む生産手段]

C.利子率: 
《利潤率に対する利子率の関係は、前者が一般に個々の資本にとってその投資部面を 
決定する基準となるのに対して、後者は個々の資本の運動中に生ずる遊休貨幣資本を 
資金として資本家社会的に共同的に利用しつつ、利潤率の相違を補足的に均等化する 
ものといってよいのであって、この資金は、個々の資本家の資金でありながら、銀行 
を通して社会的資金として、上述のように資本の蓄積に対する社会的規制をなすもの 
となる。》(同225頁)



使用価値は質だが、交換価値は量であるとマルクスは言っている。
要するに、使用価値は量的に計れるものじゃない。
この点も効用と似ている? 


1:1:1:2
第二節 商品で表示される労働の二重性格

商品に含まれている労働は、使用価値に関連しては質的にのみ意義をもつが、価値の大いさに関連しては、すでに、質のどんづまりたる人間的労働に還元されているので、量的にのみ意義をもつ。

あくまで効用は比率、関係の問題。
マルクスは労働を基準に質と量を規定し、
さらに効用ではなく費用を問題にしている。
繰り返すが効用価値は質でも量でもなく関係、相対的なもの。
多くの商品を得ること、多様性によって初めて効用理論が可能になる。
空腹時と満腹時の食物の価値は、質として捉えられるが、実は欲望の多様性の重要性を示している。
一般的等価形態の一般的は多様性を前提にしているが、多様性は自明ではありえない。
(マルクスは労働の多様性に還元してしまうが)
消費者側の効用と労働者側の効用があり、
マルクスは労働者側だが効用ではなく費用を基準にしている。

~~~

あくまで効用は比率、関係の問題。
空腹時と満腹時の食物の価値は、質として捉えられ得るように見えるが、
実は個人の欲望の多様性の重要性を示している。
つまり多くの商品を得ること、多様性によって初めて効用理論が可能になる。

対してマルクスが問題にするのは効用ではなく費用。
一般的な価値形態の「一般的」なる言葉は多様性を前提にしているが、
実はその多様性も自明ではありえない。
それなのにマルクスは商品の多様性を労働の多様性に還元し、
最終的には労働の費用として合算してしまう。
利潤/利子/地代も階級闘争へと還元される。

追記すると効用には消費者側の効用と労働者側の効用とがあり、
マルクスは労働者側だが効用ではなくあくまで費用を基準にしている。

参考:
越村信三郎著『四元的価値のパラダイム マルクス経済学と近代経済学の統一のために』

越村の言う四元は以下[記号を改変、追加]、

   消費者  生産者
費用  B    A
効用  C    D

Aはマルクス
Bはマルサス
Cはワルラス
[Dはプルードン]


越村の分類は抽象的なものではなくそれぞれの立場における差益の基数的測定を可能にする。

越村信三郎著『四元的価値のパラダイム マルクス経済学と近代経済学の統一のために』28頁
四つの元と四つの差益[記号改変]

 ____C|_ 
 効用差益 | |
     〜〜〜〜
     〜〜〜〜
[消費者] | |  
    _B|_|
  費用差益|_|_価格
      |P|  費用差益
      |_|A__    [生産者]
      | |          
      | |     効用差益
      |_|D____
      | |
      |_|________

第一の効用差益はマーシャルだけが認識した。通常は生産者の費用差益しか認識されない。
C,B>P[価格]>A,D

マルクスは支配労働Bと投下労働Aを同一視した。

https://lh3.googleusercontent.com/-ZeTti0G_ltc/W6hbv9NbyII/AAAAAAABeqQ/W7IOoGlT1VkJ-j8m_OuoTDIbrTzo36Z1wCHMYCw/s640/blogger-image--162528641.jpg

8頁価値学説の系譜

28:

     
ゲーム理論が基数的になれるのは全体が閉じているからだ
限界効用は閉じていないから序数的になる
限界効用は一般的になりすぎたので批判も一般的に広まった

ウェーバー客観性論文1904より、メンガーへの嫌み

(メンガーは限界効用の提唱者でドイツ歴史学派を批判した。客観性論文はメンガーへの反論。)
 《…たとえば、現在の「抽象理論」が今後どこまで展開せられねばならぬかという疑問は、結局に
は、科学的研究の経済の問題でもある。科学的研究にたいしては、ほかに諸問題も解決をせま
って待ちかまえているのが実情なのであるから。「限界効用理論」もまた、「限界効用の法則」
にしたがうというわけである。──》
(ワイド版 世界の大思想Ⅱ-12 ウェーバー 政治・社会論集  二〇一三年十一月三〇日 河出書房新社)

限界効用の肝は多様性が大事という結論である。この認識を忘れると危機の増大に気づかなくなる。

「われわれの欲求は、量よりはむしろ多様性を目ざすことは明瞭である」
シーニョア (邦訳ジェボンズ『経済学の理論』41頁より孫引き)
An Outline of the Science of Political Economy - 133 ページ
Nassau William Senior - 1836 - [シーニョア 経済学概説 1836]
《It is obvious, however, that our desires do not aim so much at quantity as at diversity. Not only are there limits. 》

エンゲルス執筆の箇所ですが、

「…共産主義社会では、各人は一つの排他的な活動範域をもたず、
各〔範域〕を任意の各部門で自己形成をとげることができるのだが、共産
主義社会においては社会が生産の全般を規制しており、まさしくそのゆえに可能に
なることなのだが、私は今日はこれを、明日はあれをし、朝はそして昼には
午後には庭師、夕方には俳優になる、〔私の気のおもむくままに〕狩りをし、
午後には漁をし、夕方には家畜を追い、そして食後には批判をする-狩師、漁夫、
あるいは牧夫あるいは批判家〔という固定的な専門家〕になることなく、私の
気のおもむくままにそうすることができるようになるのである。」
(廣松渉版 ドイツイデオロギー邦訳テキスト篇p.34)
https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/17054/2/010081091.pdf
~~~~~~

G-W-G'
これは通時的には正しいが、協業を含めた資本主義の剰余価値(-')を説明していない
共時的には分業、協業を含めた労働力Aの個数nを掛け合わせたもの、集合力がすべてだ
A^n-(nA)

剰余価値は複利と単利の差に等しい

NAMs出版プロジェクト: 逃走論 1984,1986

http://nam-students.blogspot.jp/2017/02/19841986.html 

182頁

岩井 はっきり構造的に決まっている。漫才の「ツッコミ」と「ボケ」なん

ですね。(笑)

浅田 「ツッコミ」が「資本家」で「ボケ」が「労働者」だと。

柄谷 でもそこには悲劇性はないわな。(笑)

浅田 まあとにかく、そういう説明が成り立つと思うんですよ。岩井さんが

あえてそれを取らなかったのは「利潤」と「利子」を区別したかったからだ

と思うんです。置塩·森嶋·ローマーの「マルクスの基本定理」というのが

あって、「各産業が正の利潤率をもつような価格体系の存在と搾取率が正に

なるような価値体系の存在は同値である」という。ここで言っている「利潤

率」というのは事実上「利子率」なんですよね。

 

21 Comments:

Blogger yoji said...



マルクス自身変質している
法学から経済学へと
ただマルクスはどうでもいい
肝心なのはスピノザ

7:52 午後  
Blogger yoji said...

四つの元と四つの差益
https://lh3.googleusercontent.com/-ZeTti0G_ltc/W6hbv9NbyII/AAAAAAABeqQ/W7IOoGlT1VkJ-j8m_OuoTDIbrTzo36Z1wCHMYCw/s640/blogger-image--162528641.jpg
     価格
 _____|_ C
 効用差益 | |
     〜〜〜〜
     〜〜〜〜
[消費者] | |  
     _|_|B
  費用差益|_|_価格
      |P|  費用差益
      |_|A__    [生産者]
      | |          
      | |     効用差益
      |_|D____
      | |
      |_|________量

第一の効用差益はマーシャルだけが認識した。通常は費用差益しか認識されない。
C,B>P[価格]>A,D
BA
CD


[記号改変]

 ____C|_ 
 効用差益 | |
     〜〜〜〜
     〜〜〜〜
[消費者] | |  
    _B|_|
  費用差益|_|_価格
      |P|  費用差益
      |_|A__    [生産者]
      | |          
      | |     効用差益
      |_|D____
      | |
      |_|________

第一の効用差益はマーシャルだけが認識した。通常は生産者の費用差益しか認識されない。
C,B>P[価格]>A,D
BA
CD
[記号改変]

マルクスは支配労働Bと投下労働Aを同一視した。

5:23 午前  
Blogger yoji said...

越村信三郎著『四元的価値のパラダイム マルクス経済学と近代経済学の統一のために』28頁
四つの元と四つの差益[記号改変]

 ____C|_ 
 効用差益 | |
     〜〜〜〜
     〜〜〜〜
[消費者] | |  
    _B|_|
  費用差益|_|_価格
      |P|  費用差益
      |_|A__    [生産者]
      | |          
      | |     効用差益
      |_|D____
      | |
      |_|________

第一の効用差益はマーシャルだけが認識した。通常は生産者の費用差益しか認識されない。
C,B>P[価格]>A,D

マルクスは支配労働Bと投下労働Aを同一視した。

https://lh3.googleusercontent.com/-ZeTti0G_ltc/W6hbv9NbyII/AAAAAAABeqQ/W7IOoGlT1VkJ-j8m_OuoTDIbrTzo36Z1wCHMYCw/s640/blogger-image--162528641.jpg

8頁価値学説の系譜
https://lh3.googleusercontent.com/-jbeaKQpRgYM/WXWmaxcMfNI/AAAAAAABSFI/6A_mLPDptak_TSzer7cFMreTO_qbQRgOQCHMYCw/s640/blogger-image--788209631.jpg

5:24 午後  
Blogger yoji said...

越村信三郎著『四元的価値のパラダイム マルクス経済学と近代経済学の統一のために』28頁
四つの元と四つの差益[記号改変]

 ____C|_ 
 効用差益 | |
     〜〜〜〜
     〜〜〜〜
[消費者] | |  
    _B|_|
  費用差益|_|_価格
      |P|  費用差益
      |_|A__    [生産者]
      | |          
      | |     効用差益
      |_|D____
      | |
      |_|________

第一の効用差益はマーシャルだけが認識した。通常は生産者の費用差益しか認識されない。
C,B>P[価格]>A,D

マルクスは支配労働Bと投下労働Aを同一視した。
https://lh3.googleusercontent.com/-ZeTti0G_ltc/W6hbv9NbyII/AAAAAAABeqQ/W7IOoGlT1VkJ-j8m_OuoTDIbrTzo36Z1wCHMYCw/s640/blogger-image--162528641.jpg

8頁価値学説の系譜
https://lh3.googleusercontent.com/-jbeaKQpRgYM/WXWmaxcMfNI/AAAAAAABSFI/6A_mLPDptak_TSzer7cFMreTO_qbQRgOQCHMYCw/s1600/blogger-image--788209631.jpg

5:28 午後  
Blogger yoji said...



>>2のルイスの指摘みたいに農業と工業を分けて分析しないと
成長すればいいと一時だけの徒花に経済学が加担するだけになる

ただ農家は自分たちで加工する設備と能力を持つ必要がある
重工業というわけにはいかないが
加工までやれば搾取はされない
販路の問題はあるが
農工連合は身近なところから始められる

結局先進国は自国農業を大事にしているし
ワイン生産地がブランド化しているのも単に原料供給に終わっていないからだ

4:53 午前  
Blogger yoji said...

残念ながら資本主義下での競争は独占を生みやすい
需要が少なくなればなおさら
競争が均衡を生むなら独占禁止法など必要ない
ポイントは市場経済と資本主義経済は違うということ
これを判別するために再生産表式が有効

5:57 午前  
Blogger yoji said...

265 a[sage] 2019/01/31(木) 04:41:36.90 ID:0
矛盾した構造そのものを温存したままその中で勝ち組になれと教えるのか
その構造そのものを問題視し分析するのか
大きく違う

11:43 午前  
Blogger yoji said...

268 a[sage] 2019/01/31(木) 12:57:23.79 ID:0
>>267
再生産表式が重要だが
資本論第二部は大概労働運動の中では軽視される
正確には矛盾を吸収し先延ばしにしそれ自体を増殖させるシステムだ

7:59 午後  
Blogger yoji said...

250 考える名無しさん[] 2019/03/19(火) 02:42:20.05 ID:0
参考:
以下、スピノザ 神学・政治論 下 光文社文庫 20:10より

《すべてを法律によって定めようとする人は、悪癖を正すよりもむしろ呼び起こして
しまうだろう。禁じるのが不可能なことは、たとえそこから往々にして害悪が生じ
るとしても、やはり認めるしかないのである。たとえば見栄やねたみや貪欲や泥酔
や、その他似たようなことからどれほどの災いが生じることだろうか。にもかかわ
らず、こうしたことは大目に見られている。これらは本当に悪癖だけれども、法律
上の命令で禁じるのが不可能だからである。だとすると判断の自由は、なおのこと
認められなければならない。こちらは間違いなく美徳であり、しかも抑圧すること
ができないからである。 》

上記はマルクスが抜書した部分らしい(鷲田小彌太『スピノザの方へ』163頁参照)

10:43 午前  
Blogger yoji said...

1,6
最近のプロイセンの検閲で引用

Verum index sui et falsi
In einer anderen Sprache lesen
Seite beobachten
Bearbeiten
„Est enim verum index sui et falsi“ schrieb Baruch Spinoza in seinem 74. Brief an Albert Burgh, mit dem er auf dessen Brief vom 10. September 1675 antwortete: Denn das Wahre ist der Prüfstein seiner selbst und des Falschen.[1] Ähnlich äußerte er sich im 2. Buch seiner Ethik: „Sane sicut lux seipsam et tenebras manifestat, sic veritas norma sui et falsi est“, „Wahrlich wie das Licht sich selbst und die Finsternis offenbart, so ist die Wahrheit die Norm ihrer selbst wie des Falschen.“[2]

4:16 午前  
Blogger yoji said...

„Est enim verum index sui et falsi“ schrieb Baruch Spinoza in seinem 74. Brief an Albert Burgh, mit dem er auf dessen Brief vom 10. September 1675 antwortete: Denn das Wahre ist der Prüfstein seiner selbst und des Falschen.[1] Ähnlich äußerte er sich im 2. Buch seiner Ethik: „Sane sicut lux seipsam et tenebras manifestat, sic veritas norma sui et falsi est“, „Wahrlich wie das Licht sich selbst und die Finsternis offenbart, so ist die Wahrheit die Norm ihrer selbst wie des Falschen.“[2]

Die Verwendung des Ausdrucks durch Karl Marx
Bearbeiten
Karl Marx kritisierte in seinem ersten publizierten Aufsatz Bemerkungen über die neueste preußische Zensurinstruktion[3] u. a. Artikel II Satz 1 der Preußischen Zensur-Verordnung vom 18. Oktober 1819, den er wie folgt zitierte: „Nach diesem Gesetz soll die Zensur keine ernsthafte und bescheidene Untersuchung der Wahrheit hindern, [...]“[4] Marx kommentierte: „Die Wahrheit ist so wenig bescheiden als das Licht, und gegen wen sollte sie es sein? Gegen sich selbst? Verum index sui et falsi. Also gegen die Unwahrheit?“[5]

Literatur
Bearbeiten
Henry Deku: Wahrheit und Unwahrheit der Tradition. Metaphysische Reflexionen. Herausgegeben von Werner Beierwaltes. EOS-Verlag, St. Ottilien 1986, ISBN 3-88096-033-X.
Fußnoten
Bearbeiten
↑ Benedicti de Spinoza Opera quae supersunt omnia, herausgegeben von Karl Hermann Bruder, vol. II. Leipzig 1844. p.351 books.google; Übersetzung Arthur Buchenau. Leipzig 1907. p.234 books.google

4:16 午前  
Blogger yoji said...

スピノザの方法論 (Adobe PDF) -htmlで見る
repository.tsuyama-ct.ac.jp/.../津山工業高等専門学校紀要_22...
enim verum index Sui et falst.)というスピノザの真理観 ... (エチカ』第四部・定理二十五)(2.41)といわれるが、「自己. の利益の追求の ...... tenebras munifestat, sic veritas morma sui, et falsi est). (15). (第二部・定理 ...

4:18 午前  
Blogger yoji said...

 定理二五 何びとも他の物のために自己の有を維持しようと努めはしない。
 証明 おのおのの物が自己の有に固執しようと努める努力は単にその物自身の本質によって規定される(第三部定理七により)。この本質が与えられただけでそれから各自が自己の有の維持に努力するということが必然的に起こるのであり(第三部定理六により)、それは他の物の本質に促されて起こるのではない。その上、この定理はこの部の定理二二の系からも明らかである。なぜなら、もし人間が他の物のために自己の有を維持しようと努めるとしたら、その他の物こそ徳の第一の基礎となるであろう(それ自体で明白なように)。このことは(今引用した系により)不条理である。ゆえに何びとも他の物のために云々。Q・E・D・

4:19 午前  
Blogger yoji said...

Althusser’s decision to place the Spinozist conception of the true—verum index sui et falsi (the true is its own sign, and that of the false)—at the heart of his contribution to Reading Capital was a veritable rebuttal of a conception of Marxist philosophy indebted to a renovated Hegelian dialectical philosophy of history and inspired by Giambattista Vico’s verum-factum principle, the latter of which claimed that man can know his history precisely because he has made it. In this reading, history is man’s creation. (145)

4:20 午前  
Blogger yoji said...

[16] Ethics, bk. 2, prop. 43, in Curley, Collected Works of Spinoza, vol. 1, 479.

4:24 午前  
Blogger yoji said...

エチカ
2:43備考
真理は真理自身と虚偽との規範である。

http://nam21.sakura.ne.jp/spinoza/#note2p43n

4:26 午前  
Blogger yoji said...

verum index sui et falsi

4:27 午前  
Blogger yoji said...

マルクスが1842年引用

4:27 午前  
Blogger yoji said...

verum index sui et falsi Spinoza Marx




エチカ
2:43備考
真理は真理自身と虚偽との規範である。

http://nam21.sakura.ne.jp/spinoza/#note2p43n

マルクスが1842年引用
全集1,6ページ

verum index sui et falsi

https://legalform.blog/2017/11/06/marx-the-state-and-spinoza-against-hobbes-and-schmitt-bill-bowring/
[16] Ethics, bk. 2, prop. 43, in Curley, Collected Works of Spinoza, vol. 1, 479.

Althusser’s decision to place the Spinozist conception of the true—verum index sui et falsi (the true is its own sign, and that of the false)—at the heart of his contribution to Reading Capital was a veritable rebuttal of a conception of Marxist philosophy indebted to a renovated Hegelian dialectical philosophy of history and inspired by Giambattista Vico’s verum-factum principle, the latter of which claimed that man can know his history precisely because he has made it. In this reading, history is man’s creation. (145)

1,6
最近のプロイセンの検閲で引用

https://de.m.wikipedia.org/wiki/Verum_index_sui_et_falsi
Verum index sui et falsi
In einer anderen Sprache lesen
Seite beobachten
Bearbeiten
„Est enim verum index sui et falsi“ schrieb Baruch Spinoza in seinem 74. Brief an Albert Burgh, mit dem er auf dessen Brief vom 10. September 1675 antwortete: Denn das Wahre ist der Prüfstein seiner selbst und des Falschen.[1] Ähnlich äußerte er sich im 2. Buch seiner Ethik: „Sane sicut lux seipsam et tenebras manifestat, sic veritas norma sui et falsi est“, „Wahrlich wie das Licht sich selbst und die Finsternis offenbart, so ist die Wahrheit die Norm ihrer selbst wie des Falschen.“[2]

„Est enim verum index sui et falsi“ schrieb Baruch Spinoza in seinem 74. Brief an Albert Burgh, mit dem er auf dessen Brief vom 10. September 1675 antwortete: Denn das Wahre ist der Prüfstein seiner selbst und des Falschen.[1] Ähnlich äußerte er sich im 2. Buch seiner Ethik: „Sane sicut lux seipsam et tenebras manifestat, sic veritas norma sui et falsi est“, „Wahrlich wie das Licht sich selbst und die Finsternis offenbart, so ist die Wahrheit die Norm ihrer selbst wie des Falschen.“[2]

Die Verwendung des Ausdrucks durch Karl Marx
Bearbeiten
Karl Marx kritisierte in seinem ersten publizierten Aufsatz Bemerkungen über die neueste preußische Zensurinstruktion[3] u. a. Artikel II Satz 1 der Preußischen Zensur-Verordnung vom 18. Oktober 1819, den er wie folgt zitierte: „Nach diesem Gesetz soll die Zensur keine ernsthafte und bescheidene Untersuchung der Wahrheit hindern, [...]“[4] Marx kommentierte: „Die Wahrheit ist so wenig bescheiden als das Licht, und gegen wen sollte sie es sein? Gegen sich selbst? Verum index sui et falsi. Also gegen die Unwahrheit?“[5]

Literatur
Bearbeiten
Henry Deku: Wahrheit und Unwahrheit der Tradition. Metaphysische Reflexionen. Herausgegeben von Werner Beierwaltes. EOS-Verlag, St. Ottilien 1986, ISBN 3-88096-033-X.
Fußnoten
Bearbeiten
↑ Benedicti de Spinoza Opera quae supersunt omnia, herausgegeben von Karl Hermann Bruder, vol. II. Leipzig 1844. p.351 books.google; Übersetzung Arthur Buchenau. Leipzig 1907. p.234 books.google
↑ s:Ethica - Pars secunda - De natura et origine mentis, Übersetzung Arthur Buchenau 1841 http://gutenberg.spiegel.de/buch/ethik-5217/6
↑ entstanden 1841/42, Erstdruck 1843
↑ Im Original: „Die Zensur wird keine ernsthafte und bescheidene Untersuchung der Wahrheit hindern, [...]“. http://www.heinrich-heine-denkmal.de/dokumente/zensurgesetz.shtml
↑ Karl Marx: Bemerkungen über die neueste preußische Zensurinstruktion. Von einem Rheinländer. In: Marx-Engels-Werke, Bd. 1: 1839–1844, Dietz, Berlin, 10. Aufl. 1976, S. 3–27, Zitat S. 6. http://www.zeno.org/nid/20009220712

4:33 午前  
Blogger yoji said...

結論はこれであった。法関係も国家形態も、それ自体で理解することはできず、またいわゆる人間精神の発展ということからも理解できず、むしろ物質的生活関係-ヘーゲルが市民社会と名づけているもの-に根底をもっており、市民社会の解剖は経済学にもとめなければならない。-マルクス1.ⅹⅹⅲ

4:27 午後  
Blogger yoji said...

852 考える名無しさん[sage] 2019/04/27(土) 06:56:56.43 ID:0
ここはマルクス・スレッドなので、どうしてもヘーゲルによる
「自由とは必然性の洞察である。„Freiheit ist Einsicht in die Notwendigkeit“ 」
について語らぬわけにはいかない。

3:07 午後  

コメントを投稿

<< Home