日曜日, 10月 04, 2015

トービン税



国際的な資本移動に、直接的な商業投資や金融資産の売買と
いう形で、これまでになく活発になっている,责累の移動は、
生殖性の高い事業に世界の貯甚を投入することによって、場所
がどこであっても、直接の当事国ぱかりでな(世界経济全协を
覇すことができる。资本集約的な国D預金哲0とって、投質先
は費本が乏しい地城のほうが高収益が朋寿できるからである。

だが、世平の貯畜配分を効李的h:道めるために巻要な費本の
移動は、舣で1日1宛ドルといゎれる金世難の為替市場での
取引のなか7は、ゎずかな割合を占めるr:過ぎない,過儒手段
の発違느コンピューターという文明D利霧の君かげで、外国為
替取引は箇単なうえに安翩になった。そして金融市場に夜にな
い。香港、アランクフルト、ロンドン、ニューヨーク、東京と
っ帖にどこp‘の市場が開いてら!る。また先進国は、とうの昔に
為替管理制度を断念し、開発途上国の多くも規制をゆるめつつ
ある,



地球上の人閥生活のほかの分野でもほ置問ニだが、この分野
でも科学技術の發违に政治 · 社会制蜜の琵違が追いっけずにい
る,弼亮ドルという為曾取引の大部分は、為1 · ートの霞魯や
国家間の金利建を利用して、手りと9早。‘仓储けc扭予投機中
利がや糖ぎ“ある。の糖の寧引は、台刃的な县胡的捗资阳分
にはほヒんど寄与しない。為替レートは興大な資金を動かす員
聞没檢家の思懸に図弘され、為替市場が佬信する長期投资や贸
易匈けの情報fn号は謹めちれる。金利芝を利用した利ぎや稼ぎ
のfcめこ各围の中央橱行は単孩でi2赠戏策をおこなえなくな
り、liかの上雙旧の中央韻行との政策協罚を余儀なくきれる。

舍融誉本の国際移動件が高も嗽翩土、孙善ノー · 力与呵場の起
勢によって自由I:変動する場含も、政府岡の協定Eよって囲定
きれてぃる場合でも等しく問題になる。旧73年以置のせ界経济
の経験た困苦により、ブレトン · ウッズ体制への回铛、さら
に觜の耆奉位制への復帰专家のる声3え出てぃる。だが、どの
ようなシス尹ムでも、投檢のa会や国家乃會融政策を锌除した
り購じた9はできない。しかL最近ヨーコッパの為替レート市
場を餐った寇檢では、各刨の中央嘏行が单独ではもちろん、た
とえ連費しても、弱い通貸の覇下が9を见込んで猛攻を仕掛け
る没置家に対抗できるだけの甲備金を持って\)なt\ことがは,
き9した中

アメリカの种州のように、不変の甲一適貸を用いていれば、
この糖の大谜乱1主避けらt,るかもLれなしあ。アメリカの例は、
中央通貨当局だけでなく他の共通機構により通貨が支えられて



いれぱ、大きな幼果が胡传 · Cき6ことを示LCいる。この&う
なa携bcなければ、不可逆的な単一쌘t界通貸が出現す6のは弼
十年も先のことcなるだろう。

1978年に、私は現買的な次善の繁を耀东した。スポット的な
外国為替取引(光物낏的やオプション取引を含む:に世界一律
の国際税を踩す案である。この提案の基本的な目的は二っあっ
た。ーンは市場#翩が日光の投欄的な取引に比睦Lて、婕期
的で基本的む取引备量韫するように仕向け8こと、もうー1は
各通货の短胡金利の芝が多少周いても意に介きな\1ことで、各
国の通W政策の恤立性を高めそニとである,

外国為替取引に对して0.596の税を輝せぱ、3か月ものの為替
手黟の年刊が436复助したのと岡じである。電期の為督往强光
買をもくろむ者はこれで二の足を隊むはずである、この税の狙
いけ投偿的む蜜本移勘を抑制tることであり、この鄣度の税事
なら商品買為中真则な国擴資本參加への影響はほとんどないと
層ゎれる,二のaを導入すれぱ買大な稅职が見込める,税率0.S 
夕6として、脫収は年間1羯,000億ドルモ超えるはずて:ある、

J.M,ケインズは1936年に、株式市場に取引观を尋人7れぱ、
目亢の曲きt號んだ投檢家の思感壳賢による降価の歪みを抑制
し、長期的で基本的な取引による株恼の比電を高めることにな
ると主張した。同じことが外国為替市場にも当てはまる。

外国為替収引税は、全世界のすH;ての市場で同一税寧で鳳税
する必Eがある,郭保脱または低8l事の地城で取引するという
钕け六な酌ぐためでa6.きちんと舞殺巻れるかどうかは、為
曾の大部分の取引を强うa行と市場扭櫓にかかって\\#。この
取引税は国鬃為替市場のあ9方を是正し、各図が鹰切な範翩で
猛立した金哒政震、マクロ経济政策を取れるようにすることを
目的としてぃる。しかし、だからといって、各国政府や中央蟹
行が国際的な彭唇を無複した政策決定ができるゎけではな\ 
G7は今後も政旗路羽が必要だし、G了の政策はそ乃他の国0経
满に対Lても強い影響力と祠東方を持ち統けるに建いなしし

国際税である以上、収益は国際的な问的に当てるこヒとし、
tli際置閔に懸闻をゆだねるのが妥些である。以上が、1978年の
私の提案だった。税取を得ることは当初の主な狙;r‘ではな胪っ
たが、瓠大な税股が见込40るという点が、この提苌に对する最
近の開心の高ま9に大きく作阳してぃることは事実である,

ジヱームス · トービン

1981年ノーべ焓轻8t学賞受賞哲


Amazon.co.jp: アングロサクソン資本主義の正体 ―「100%マネー」で日本経済は復活する: ビル・トッテン: 本


あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

38 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 tao 投稿日 2010/8/29
形式: 単行本
信用創造という方法で、銀行が自己資金以上のお金を無か創りだしている現在の制度が、いまの経済の根本問題であることが分かりやすく説明されている。

民間企業である銀行が勝手にお金を創りだせる現状の制度を止めて、国が責任を持ってお金の供給量を調整する。
銀行は、集めた預金額以上の貸し出しはできない=100%マネー。

これによって、日本の経済は復活するというビル・トッテン氏の説明は、とても合理的である。それに比べて、現状の制度の方がよほど非合理である。

そのほかにも、投機目的の為替取引への課税(トービン税)の導入や、アメリカへの貸付(アメリカ国債の購入)をドル建てから円建てにすること。あるいは政府が最後の雇用提供をすることで完全雇用を実現することなど、どれも説得的で、効果の高い政策の提言もしている。

わかりやすく書かれているので、現状の経済について、素朴に何かおかしいと感じている人には、是非読んでもらいたいと思います。
なぜおかしいのかの理由がはっきりわかると同時に、どうすれば、みんなが豊かになる新しい経済の姿も見えてきます。
コメント  このレビューは参考になりましたか?  はいいいえ  不正使用の報告
20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 ライト 投稿日 2011/5/12
形式: 単行本
トービン税と呼ばれる(株や先物取引に対して、0.1%以上の税率をかける)制度の紹介があり、興味深かった。
著者は、日本国内だけでの導入でも効果があると述べている。現在起こっている、
食料価格の高騰による飢餓をなくすためには必要な税制である。

ロックフェラーやロスチャイルドに支配されている資本主義体制では、人々の貧困度はますます深まるばかりである。

世界銀行やIMFが機能しない中、もはや世界を救う手段はトービン税の実施しかない。

世界から貧困をなくすため、一刻もはやいトービン税の導入、そしてベーシックインカムの実現が望まれている。
コメント  このレビューは参考になりましたか?  はいいいえ  不正使用の報告
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 oh-osusume 投稿日 2012/4/11
形式: 単行本 Amazonで購入
アメリカで、格差社会に怒りを上げる市民達による大きなデモがあったことは、まだ記憶に新しいことと思います。日本でも一人でも多くの大人達に、今の資本主義経済(お金の仕組み)に対する問題意識を持って頂きたい思いで一杯です。
[...]
これからの日本を本当に救う、真の指導者が現れることを心から願います。
コメント  このレビューは参考になりましたか?  はいいいえ  不正使用の報告
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 zono 投稿日 2013/8/11
形式: 単行本
金融海賊と言うべき欧米の金融機関が詐欺的手法で経済と格差を拡大させてきたことには納得だ。しかし反グローバリズムを説くのは現実にそぐわない理想郷のように思えた。
コメント  このレビューは参考になりましたか?  はいいいえ  不正使用の報告
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 ポコたぬき 投稿日 2013/11/14
形式: 単行本
政府や中央銀行ではなく民間銀行がお金を創りだしている
その方法は「信用創造」という方法であり
これは「無」から「有」を生み出す錬金術だ
(「詐欺的行為」とまで著者は述べている)

この錬金術の弊害で世界が疲弊ないし搾取されている
という本書の前半部分の「物語」は面白い
また金融海賊のせいでカジノ経済と化した現在の世界は
「100%マネー」で解決できる
という本書後半部分の「処方箋」も興味深い

「物語」と言ったのは
前半部分に出てくる数字の根拠が不明確だから

学術書ではないから煩雑な注のようなものはもちろん不要だが
せめて外国為替取引に占める世界貿易に必要な金額は1%にすぎず
残りの99%は博打だという本書の要のあたりの数字の出所は欲しい
あるいは企業の株式による資金調達額は全株式取引の1%未満であり
残り99%は博打であるというあたりの数字

巻末に参考文献は示されているが
数値統計に関するものはないように思う

繰り返しになるが「物語」としては大変おもしろい
読みやすい文体でもあり
今の経済を自分の頭で考える素材としては最高級
コメント  このレビューは参考になりましたか?  はいいいえ  不正使用の報告

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home