土曜日, 12月 05, 2015

ミルトン・フリードマン 資本主義と自由 Milton FriedmanCapitalismandfreedom 1962

                    ( 経済学リンク::::::::::

ミルトン・フリードマン  資本主義と自由  Milton Friedman Capitalism and freedom 1962
http://nam-students.blogspot.jp/2015/12/milton-friedman-capitalism-and-freedom.html
(本頁)  
ハイエク『隷属への道』(The Road to Serfdom 1944 :Hayek)
http://nam-students.blogspot.jp/2015/12/the-road-to-serfdom-1944-hayek.html
NAMs出版プロジェクト: ケインジアンの交差図
http://nam-students.blogspot.jp/2015/03/blog-post_12.html

NAMs出版プロジェクト: トービンのq
http://nam-students.blogspot.jp/2015/10/q.html
トービン「国際為替取引税」(『人間開発報告書1994』より)
http://nam-students.blogspot.jp/2016/02/1994.html
スコット・サムナー「なぜ日銀の政策変更が(おおよそ)信頼を欠いているのか」他 

Milton Friedman Capitalism and freedom 1962 資本主義と自由 (日経BPクラシックス) 単行本 – 2008/4/17 ミルトン・フリードマン (著), 村井 章子 (翻訳)

Capitalism and freedom
著者:     Milton Friedman
出版:     [Chicago] : University of Chicago Press, [1962]
http://www.worldcat.org/title/capitalism-and-freedom/oclc/168498
202 pages ; 23 cm
01.The relation between economic freedom and political freedom --
02.The role of government in a free society --
03.The control of money --
04.International financial and trade arrangements --
05.Fiscal policy --
06.The role of government in education --
07.Capitalism and discrimination --
08.Monopoly and the social responsibility of business and labor --
09.Occupational licensure --
10.The distribution of income --
11.Social welfare measures --
12.Alleviation of poverty.

資本主義と自由 (日経BPクラシックス) 単行本 – 2008/4/17 ミルトン・フリードマン (著), 村井 章子 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/dp/toc/4822246418
序章
第1章 経済的自由と政治的自由
第2章 自由社会における政府の役割
第3章 国内の金融政策
第4章 国際金融政策と貿易
第5章 財政政策
第6章 教育における政府の役割
第7章 資本主義と差別
第8章 独占と社会的責任
第9章 職業免許制度
第10章 所得の分配
第11章 社会福祉政策
第12章 貧困対策
第13章 結論


歴史としてのミルトン・フリードマン. ―文献展望と現代的評価―. 若田部昌澄 2012
http://jshet.net/docs/journal/54/541wakatabe.pdf
 は じ め に.
2012 年はミルトン・フリードマン(1912―. 2006 年)の生誕 100 周年であり,『資本主義と. 自由』(Friedman 1962)の刊行 50 周年である. それにしても,...


________________

『資本主義と自由』1962,『選択の自由』1980.フリードマン

『選択の自由』日本語文庫版はしがきで、フリードマンはハイエクの名前を挙げている。自由な通貨発行権という考え方(バウチャー、クーポン制度案)をハイエクから受け継いでいることが伺える。


http://www.ilec.jp/data/weblet/024/002.html
◎バウチャー制度
  バウチャーを辞書で引いたところ、「証拠書類、領収書、引換券」とありまし た。バウチャー制度は一般的に、教育や福祉などの公的なサービスを提供する国や自治体が、それを必要とする人に事前に利用券を配り、利用者が自ら主体的に 選択したものを利用する制度を言います。教育の分野では、教育への公費助成の方法として、学校に対する補助ではなく、利用者を直接補助するものとして用い られることが多いようです。フリードマン『選択の自由』では、「授業料クーポン制度」として、新たな制度が提唱されています。

M・フリードマンの 「教育バウチャー論」 再考 斉藤 泰雄

https://www.nier.go.jp/kankou_kiyou/kiyou136-149.pdf
フリードマンは、 本章後半で、 高等教育への財政支援の基本的理念と支援 方式 (教育ローンによる資金調達等) を提案するが、 本論では、 それには触れない。 . 教育バウチャーの提唱 国が学校教育の最低限度の水準を定め、 この学校教育の財政をまかなうことは、 教育の近隣効果 によって正当化されうるという。 しかし、 彼は、 第三の措置、 すなわち、 政府が教育機関を直接的 に管理運営すること、 彼の言葉によれば、 「『教育産業』 の大部分を 『国営化』 ( n a t i o n a li z a t i o n ) すること」 はどのような根拠にもとづくのか、 という根本的な問い掛けを提示する。 ここではじめ て、 フリードマンは、 政府による財政支援 (公費) と政府による直接的な学校の管理運営 (公営) の一体化は自明のものではなく、 「この二つの措置は容易に切り離すことができたであろう」 と主 張する。 そして、 それを実現するための手段として、 いうなれば、 教育における公費民営を可能に する 「教育バウチャー」 というアイディアを登場させるのである。

「政府はある最低限水準の学校教育を義務づけ、 それをまかなうには親に証票 (ヴァウチャー) をあたえて、 『公認の』 教育サービスに費やされるならば子供一人一年当たりある一定の最高 限度額までそれが償還されることができよう。 そうすると親はこの金額といくらでも自分で用 意した金額とを合わせて、 自分自身で選んだ 『公認の』 機関から教育サービスを購入するのに 自由に費やすことができよう。 教育サービスは営利を目的とする私企業によって提供されるこ ともあれば、 非営利施設によって提供されることもありうるだろう。 政府の役割は、 それらの 学校が、 授業計画のなかに最低限度必要とされる共通の内容を取り入れているかどうかといっ たような、 ある一定の最低規準を満たすように保証することに限られる」 ( p . 89, 『資本主義と自由』訳 pp . 101 - 102)。

 「自分たちの子供を私立学校にやることを選ぶ親には、 公立学校での子供の推定教育費に等し い金額が、 すくなくともその額だけは公認された学校での教育に費やされるという条件つきで、 支給されるであろう。 ......それは、 親からの正当な苦情、 すなわち、 もしも彼らが子供を補助 のない私立学校にやれば、 教育に対して二回の支払 一度は一般的な税金の形で、 もう一度 は (私立学校の授業料という形で) 直接に を要求されるという苦情に応えるものである。 それは競争の展開を許すであろう。 すべての学校の発展と改善がこうして刺激されるであろう。 競争の導入は、 学校の健全な多様化を助長するのに多大の貢献をするであろう。 それは、 また、 学校制度のなかに柔軟性を導入する点で非常に役立つであろう」 ( p . 93, 訳 p . 同106)。


以下、『選択の自由』原著1980年より


「親がより大きな選択の自由をもてるように保証することができ、 それと同時に現行の学校財政支出のための財源を維持することができるひとつの簡単で有効な方法は、 授業料クーポン (バウチャー) 制度である」

として、 再び、 その持論をもちだす。 さらに ここでは、 バウチャーのイメージとその使用法について、 より具体的な説明を行なっている。

「アメリカ全体でいえば、 平均値として納税者は1978年の時点で、 学校に通学する児童一人当 たり二千ドルの費用を負担させられている。 自分の子弟を公立学校から私立の学校に移籍させ れば、 納税者に年約二千ドルの支出を節約させることになる。 しかしその際でも、 こうして節 約された金額は納税者全体に関して平均値としていえるだけのことで、 逆にいえばじぶんの税 金としては2~3セントにしかあたらない程度で節約され、 その結果減税がなされたとしても、 自分自身はほとんど何も受け取ることはできない。 ......ところが、 その際、 政府が次のように われわれにいったと仮定しよう。 『もしもあなたが、 自分の子弟のための公立学校教育費を使 わないようにしてくれるならば、 その代わりに政府はあなたにバウチャーを与え、 このバウチャー を認可された学校で自分の子弟の学校教育費として支払うために使用するならば、 そして使用 するかぎりにおいて、 バウチャーの額面に明示してある金額だけ支払われることを確約する証 明書を渡すことにしよう』 と。 その額面金額は二千ドルかもしれないし、 節約された金額をあ なたと他の納税者全体との間で分割することにするとすれば、 千五百ドルか千ドルになるかも しれない。 しかし、 その額面が二千ドルであろうがそれより少ない金額であろうが、 今日親が 学校を選択するにあたってその自由を制限されることになっているあの財政的な罰金、 すなわ ち、 学校教育のための税金を支払い、 それと同時に私立学校の授業料も支払わなければならな いという罰金の、 少なくとも一部は取り除かれることになるだろう」 ( pp . 160 - 161, 訳 pp . 367 - 368)

「親たちは私立学校だけではなく、 どこか他の公立学校でもバウチャーを使用することを許可 されることができるし、 許可されるべきだ。 また自分が住んでいる学校区や市や州の学校だけ でなく、 自分の子弟を喜んで受け入れてくれるどんな学校でも、 そのバウチャーを使用できる 自由が親に与えられなければならない。 ......このような制度になれば、 各公立学校はその他の 公立学校とだけでなく、 私立の諸学校とも競争しなければならなくなる」 ( p . 161, 訳 p . 369)。


Fr i e d m a n M ., C ap it a li s m a nd F r ee d o m .
U n i v e r s i t y o f C h i c a g o P r e ss 1962 , 1982 , 2002
 (熊谷尚夫、 西山千明、 白井孝昌訳 『資本主義と自由』 マグロウヒル好学社 1975年)
F r i e d m a n M . & R ., F r ee d o m t o C h o i ce . H a r c o u r t 1980
 (西山千明訳 『選択の自由』 日経ビジネス文庫 2002年
 

資本主義と自由 単行本 – 1975/1 ミルトン・フリードマン (著), 熊谷 尚夫 (翻訳), 西山 千明 (翻訳), 白井 孝昌 (翻訳) 日経から別訳あり

最も参考になったカスタマーレビュー
徹底した強者の論理に驚く 投稿者 Gori トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/1/7

小泉構造改革のバックボーンとなったフリードマンの強者の論理である。

小泉さんも、竹中平蔵さんも読んでいるはずである。

本書の中でフリードマンは、資本主義のもとで政府がやってはいけないコトを14か条にして列挙する。
そのうちのひとつが
13,営利目的での郵便事業の法的廃止
である。小泉さんがこれを旗印に選挙に勝ったことはあまりにも有名だが、
小泉さんは国民が受け入れやすいところから始めたようだ。
(小泉さんは巨大な郵貯マネーの方に関心があったのだけど)
14,公有公営の有料道路の廃止
「日本で言えば道路公団民営化だな」と、簡単に結びつけて背景ない。何でも民営が良いわけではない。
民営なら限り無く通行料を上げても文句が言えないことに気付かねばいけない。
フリードマンが目指すのはとにかく極端だと思えるほどの「小さな政府」国は手を出すな
というのが彼の論なのである。
フリードマンは国がやっている色んなものを廃止せよという。
11,平時の徴兵制(有事には徴兵しても良いということだ)
12,国立公園
10,公営住宅
4,家賃統制、全面的な物価・賃金統制
3,産出規制
6,細部に渡る産業規制
8,事業。職業の免許制度
これは医師免許などを含めてである。但し資格制度は残し、資格をもっ対しと持たない医師が混在する。
「風邪程度なら資格の無い医師でいいか」となる、というのだが「貧しければ資格のない医師」のなるに決まっているではないか。
7,ラジオとテレビの電波規制
これも廃止し、電波オークションで売れと言っている。これに関してはそれで良いかもしれない。
1,いわゆる農業保護
米に補助金などというのは言語道断だということだ。
2,輸入関税または輸出制限
ここらあたりをTPP賛成論者は持ち出してきて、理論的支柱とする懸念がある。
8,現行の社会保障制度
日本で言ったら公的年金、健康保険、介護保険すべてを廃止せよ、やりたい人は民間で。ということである。
フリードマン信者はここまで進んでいくだろう。
オバマはやっと医療保険を導入したが、そういう日本でいいのか。
9,法定の最低賃金や、価格上限
貧乏は貧乏のままでいいということだ、その人達は税金を収める必要はなく、政府が少ない分を補填するのだそうだ。

フリードマンは。自由であることを維持するにはは自己責任を伴うのだと説く。
その際フリードマンは民主党の大統領ケネディ(初のカトリック教徒)の、次の言葉を引く
「Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.」
「国があなたに何をしてくれるかを尋ねるな。あなたが国に対して何ができるかを尋ねなさい。」


編集

『実証的経済学の方法と展開』 佐藤隆三長谷川啓之訳、富士書房1977年ASIN B000J8Y2AC
『消費の経済理論』 今井賢一宮川公男訳、巌松堂1961年ASIN B000JANEVI
『貨幣の安定をめざして』 三宅武雄訳、ダイヤモンド社1963年ASIN B000JAIRO2
資本主義と自由』 熊谷尚夫西山千明白井孝昌訳、マグロウヒル好学社1975年ISBN 4895010848
『資本主義と自由』 村井章子訳、日経BPクラシックス2008年ISBN 4822246418


共著編集

  • Milton Friedman; Anna Schwartz (1963). A Monetary History of the United States, 1867-1960.
抄訳『大収縮1929-1933「米国金融史」第7章』 久保恵美子訳、日経BPクラシックス、2009年ISBN 482224766X
『選択の自由―自立社会への挑戦』 西山千明訳、日本経済新聞社、1980年ISBN 4122005884

学術論文編集

  • "Professor Pigou's Method for Measuring Elasticities of Demand From Budgetary Data" The Quarterly Journal of Economics Vol. 50, No. 1 (Nov., 1935), pp. 151–163 JSTOR
  • "Marginal Utility of Money and Elasticities of Demand," The Quarterly Journal of Economics Vol. 50, No. 3 (May, 1936), pp. 532–533 JSTOR
  • "The Use of Ranks to Avoid the Assumption of Normality Implicit in the Analysis of Variance," Journal of the American Statistical Association Vol. 32, No. 200 (Dec., 1937), pp. 675–701 JSTOR
  • "The Inflationary Gap: II. Discussion of the Inflationary Gap," American Economic ReviewVol. 32, No. 2, Part 1 (Jun., 1942), pp. 314–320 JSTOR
  • "The Spendings Tax as a Wartime Fiscal Measure," American Economic Review Vol. 33, No. 1, Part 1 (Mar., 1943), pp. 50–62 JSTOR
  • Taxing to Prevent Inflation: Techniques for Estimating Revenue Requirements (Columbia U.P. 1943, 236pp) with Carl Shoup and Ruth P. Mack
  • Income from Independent Professional Practice with Simon Kuznets (1945), Friedman's PhD thesis
  • "Lange on Price Flexibility and Employment: A Methodological Criticism," American Economic Review Vol. 36, No. 4 (Sep., 1946), pp. 613–631 JSTOR
  • "Utility Analysis of Choices Involving Risk" with Leonard Savage, 1948, Journal of Political Economy Vol. 56, No. 4 (Aug., 1948), pp. 279–304 JSTOR
  • "A Monetary and Fiscal Framework for Economic Stability", 1948, American Economic Review, Vol. 38, No. 3 (Jun., 1948), pp. 245–264 JSTOR
  • "A Fiscal and Monetary Framework for Economic Stability," Econometrica Vol. 17, Supplement: Report of the Washington Meeting (Jul., 1949), pp. 330–332 JSTOR
  • "The Marshallian Demand Curve," The Journal of Political Economy Vol. 57, No. 6 (Dec., 1949), pp. 463–495 JSTOR
  • "Wesley C. Mitchell as an Economic Theorist," The Journal of Political Economy Vol. 58, No. 6 (Dec., 1950), pp. 465–493 JSTOR
  • "Some Comments on the Significance of Labor Unions for Economic Policy", 1951, in D. McC. Wright, editor, The Impact of the Union.
  • "Commodity-Reserve Currency," Journal of Political Economy Vol. 59, No. 3 (Jun., 1951), pp. 203–232 JSTOR
  • "Price, Income, and Monetary Changes in Three Wartime Periods," American Economic Review Vol. 42, No. 2, Papers and Proceedings of the Sixty-fourth Annual Meeting of the American Economic Association (May, 1952), pp. 612–625 JSTOR
  • "The Expected-Utility Hypothesis and the Measurability of Utility", with Leonard Savage, 1952, Journal of Political Economy Vol. 60, No. 6 (Dec., 1952), pp. 463–474 JSTOR
  • "Choice, Chance, and the Personal Distribution of Income," Journal of Political EconomyVol. 61, No. 4 (Aug., 1953), pp. 277–290 JSTOR
  • "A Memorandum to the Government of India November 1955", MS first published at University of Hawaii May 21, 1989; first published in the book Foundations of India's Political Economy, edited by Subroto Roy & WE James, Sage 1992
  • "The Quantity Theory of Money: A restatement", 1956, in Friedman, editor, Studies in Quantity Theory.
  • "A Statistical Illusion in Judging Keynesian Models" with Gary S. Becker, Journal of Political Economy Vol. 65, No. 1 (Feb., 1957), pp. 64–75 JSTOR
  • "The Supply of Money and Changes in Prices and Output", 1958, in Relationship of Prices to Economic Stability and Growth.
  • "The Demand for Money: Some Theoretical and Empirical Results," Journal of Political Economy Vol. 67, No. 4 (Aug., 1959), pp. 327–351 JSTOR
  • A Program for Monetary Stability (Fordham University Press, 1960) 110 pp online version
  • "Monetary Data and National Income Estimates," Economic Development and Cultural Change Vol. 9, No. 3, (Apr., 1961), pp. 267–286 JSTOR
  • "The Lag in Effect of Monetary Policy," Journal of Political EconomyVol. 69, No. 5 (Oct., 1961), pp. 447–466 JSTOR
  • "The Interpolation of Time Series by Related Series," Journal of the American Statistical Association Vol. 57, No. 300 (Dec., 1962), pp. 729–757 JSTOR
  • "Should There be an Independent Monetary Authority?", in L.B. Yeager, editor, In Search of a Monetary Constitution
  • "Money and Business Cycles," The Review of Economics and Statistics Vol. 45, No. 1, Part 2, Supplement (Feb., 1963), pp. 32–64 JSTOR
  • "Money and Business Cycles" with A. J. Schwartz, 1963, Review of Economics & Statistics.http://www.nber.org/chapters/c7496.pdf
  • "The Relative Stability of Monetary Velocity and the Investment Multiplier in the United States, 1898-1958", with D. Meiselman, 1963, in Stabilization Policies.
  • "Keynes and the Quantity Theory: A Comment on The Friedman-Meiselman CMC Paper: Reply to Donald Hester," The Review of Economics and Statistics Vol. 46, No. 4 (Nov., 1964), pp. 369-376 with D. Meiselman JSTOR
  • "Reply to Ando and Modigliani and to DePrano and Mayer," with David Meiselman. American Economic Review Vol. 55, No. 4 (Sep., 1965), pp. 753–785 JSTOR
  • "Interest Rates and the Demand for Money," Journal of Law and Economics Vol. 9 (Oct., 1966), pp. 71–85 JSTOR
  • "The Monetary Theory and Policy of Henry Simons," Journal of Law and Economics Vol. 10 (Oct., 1967), pp. 1–13 JSTOR
  • "What Price Guideposts?", in G.P. Schultz, R.Z. Aliber, editors, Guidelines
  • "The Role of Monetary Policy." American Economic Review, Vol. 58, No. 1 (Mar., 1968), pp. 1–17 JSTOR presidential address to American Economics Association
  • "The Definition of Money: Net Wealth and Neutrality as Criteria" with Anna J. Schwartz, Journal of Money, Credit and Banking Vol. 1, No. 1 (Feb., 1969), pp. 1–14 JSTOR
  • "Comment on Tobin," The Quarterly Journal of Economics Vol. 84, No. 2 (May, 1970), pp. 318-327 JSTOR
  • "A Theoretical Framework for Monetary Analysis," Journal of Political Economy Vol. 78, No. 2 (Mar., 1970), pp. 193–238 JSTOR
  • "A Monetary Theory of Nominal Income", 1971, Journal of Political Economy JSTOR
  • "Government Revenue from Inflation," Journal of Political Economy Vol. 79, No. 4 (Jul., 1971), pp. 846–856 JSTOR
  • "Have Monetary Policies Failed?" American Economic Review Vol. 62, No. 1/2 (1972), pp. 11–18 JSTOR
  • "Comments on the Critics," Journal of Political Economy Vol. 80, No. 5 (Sep., 1972), pp. 906–950 JSTOR
  • "Comments on the Critics", 1974, in Gordon, ed. Milton Friedman and his Critics.
  • "Monetary Correction: A proposal for escalation clauses to reduce the cost of ending inflation", 1974
  • Milton Friedman's Monetary Framework: A Debate with His Critics (1975) excerpt and text search
  • "Comments on Tobin and Buiter", 1976, in J. Stein, editor, Monetarism.
  • "Inflation and Unemployment: Nobel lecture", 1977, Journal of Political Economy. Vol. 85, pp. 451–72. JSTOR
  • "Interrelations between the United States and the United Kingdom, 1873-1975.", with A.J. Schwartz, 1982, J Int Money and Finance
  • Monetary Trends in the United States and the United Kingdom: Their relations to income, prices and interest rates, 1876-1975. with Anna J. Schwartz, 1982
  • "Monetary Policy: Theory and Practice," Journal of Money, Credit and Banking Vol. 14, No. 1 (Feb., 1982), pp. 98–118 JSTOR
  • "Monetary Policy: Tactics versus strategy", 1984, in Moore, editor, To Promote Prosperity.
  • "Lessons from the 1979-1982 Monetary Policy Experiment," American Economic ReviewVol. 74, No. 2, Papers and Proceedings ... of the American Economic Association (May, 1984), pp. 397–401.
  • "Has Government Any Role in Money?" with Anna J. Schwartz, 1986, JME
  • "Quantity Theory of Money (PDF) ", In The New Palgrave: A Dictionary of Economics, edited by John Eatwell, Murray Milgate, and Peter Newman, vol. 4, pp. 3-20. New York: Stockton Press; and London: Macmillan, 1987.
  • "Money and the Stock Market," Journal of Political Economy Vol. 96, No. 2 (Apr., 1988), pp. 221–245 JSTOR
  • "Bimetallism Revisited," Journal of Economic Perspectives Vol. 4, No. 4 (Autumn, 1990), pp. 85–104 JSTOR
  • "The Crime of 1873," Journal of Political Economy Vol. 98, No. 6 (Dec., 1990), pp. 1159–1194 JSTOR
  • "Franklin D. Roosevelt, Silver, and China," Journal of Political Economy Vol. 100, No. 1 (Feb., 1992), pp. 62–83 JSTOR
  • Milton Friedman on Economics: Selected Papers by Milton Friedman, edited by Gary S. Becker (2008)

動画編集

  • The Power of Choice (2007) Free to Choose Media.
  • Free to Choose (1980) (1990) Free to Choose.
  • Free to Choose (1980) (1990) ideachannel.tv
  • PRC Forum: Milton Friedman (1987) The Idea Channel.
  • Milton Friedman interviewed (1991) about America's drug war.
  • Monetary Revolutions (1992) The Idea Channel.
  • Money (1992) The Idea Channel.
  • Efforts in Eastern Europe to Localize Government (1993) The Idea Channel.
  • Privatization Trends in Eastern Europe (1993) The Idea Channel.
  • Health Care Reform (1992) The Idea Channel.
  • Economically Speaking -- Why Economists Disagree (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 01, "What is America?" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 02, "Myths That Conceal Reality" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 03, "Is Capitalism Humane?" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 04, "The Role of Government in a Free Society" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 05, "What Is Wrong with the Welfare State?" and Q & A(1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 06, "Money and Inflation" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 07, "Is Tax Reform Possible?" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 08, "Free Trade: Producer vs. Consumer" and Q & A(1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 09, "The Energy Crisis: A Humane Solution" and Q & A(1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 10, "The Economics of Medical Care" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 11, "Putting Learning Back in the Classroom" and Q & A(1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 12, "Who Protects the Consumer?" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 13, "Who Protects the Worker?" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 14, "Equality and Freedom in the Free Enterprise System" and Q & A (1978) The Idea Channel.
  • Milton Friedman Speaks: Lecture 15, "The Future of Our Free Society" and Q & A (1978) The Idea Channel.
///////////////
参考:
ハイエク『隷属への道』(The Road to Serfdom 1944 :Hayek)
http://nam-students.blogspot.jp/2015/12/the-road-to-serfdom-1944-hayek.html


ハイエク『隷属への道』(The Road to Serfdom 1944 :Hayek)
フリードマンによる序文付】

1944年にイギリスで刊行されたフリードリッヒ・ハイエク(独: Friedrich August von Hayek、1899年5月8日 - 1992年3月23日)の『隷属への道』(The Road to Serfdom, 以下. RS)は,(彼の)著作のうちこれまでに最も売れた本のひとつ...

http://www.press.uchicago.edu/ucp/books/book/chicago/R/bo4138549.html  

//////////

追記:
教育バウチャー制度については以下の教育の章(邦訳上巻終盤)でスティグリッツも検証している。

スティグリッツ 公共経済学 Economics of the Public Sector by Joseph E. Stiglitz
http://nam-students.blogspot.jp/2016/02/economics-of-public-sector-by-joseph-e_65.html

////////////

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリードマン(Milton Friedman)
ふりーどまん
Milton Friedman
(1912―2006) 


アメリカの経済学者。ニューヨーク市生まれ。1932年ラトガース大学を卒業、33年シカゴ大学で修士号を、45年コロンビア大学で博士号を取得。全米経済研究所研究員、財務省租税調査局主任研究員、ウィスコンシン大学客員教授、コロンビア大学統計調査グループ次長などを経て、46年シカゴ大学準教授。48年教授となり、76年までその職にあってシカゴ学派の拡充に努めた。その後シカゴ大学名誉教授となるとともに、スタンフォード大学フーバー研究所主任研究員として活躍した。
 マネタリストとして有名なフリードマンの博士論文は、のちに「人的資本論」として知られることとなった分野に属していた。また、貨幣論を専攻し始める前に、数多くの優れた論文を発表し、1951年にはアメリカ経済学会のJ・B・クラーク賞を授与され、これらの論文集は『実証経済学論文集』Essays in Positive Economics(邦訳書名『実証的経済学の方法と展開』)の名のもとに53年に刊行された。「恒常所得仮説」や「適応期待効果」などの斬新(ざんしん)な理論で著名になったのは、57年に刊行した『消費関数理論』A Theory of the Consumption Function(邦訳書名『消費の経済理論』)であった。フリードマンが貨幣論へとしだいに集中するようになったのは、1946年に彼がシカゴ大学で教鞭(きょうべん)をとるようになって以来、担当させられたのが「価格理論」に加えて「貨幣論」だったからである。その最初の成果は、彼の弟子たちの論文集として『貨幣数量説論集』Studies in the Quantity Theory of Moneyという題のもとに56年に出版された。フリードマン自身の大著『アメリカ合衆国貨幣史 1867―1960年』A Monetary History of the United States, 1867‐1960は、A・シュウォーツを助手として63年に完成、さらにその続編がのちに3冊刊行された。これらの書を通じて、とりわけ「通貨は重要でないとしたケインズ派経済学」を完全に論破した。彼の貨幣理論に関する書としては『貨幣の最適量その他の論文集』The Optimum Quantity of Money and Other Essays(1969)がもっとも重要だと思われるが、関連業績の冊数はきわめて多い。「フィリップス曲線論」を批判し、「自然失業率論」を樹立したのも彼である。「一方においては論理の飽くなき貫徹を、他方においてはあくまでも事実そのものに即して」という、フリードマンの実証経済学主義はきわめて徹底しているが、自由主義経済学者としての彼の貢献も実に偉大である。ことにこの側面では『資本主義と自由』Capitalism and Freedom(1962)と、『選択の自由』Free to Choose(1980)がもっとも重要であり、「小さな政府」とか「草の根減税運動」とか、財やサービスに限らず金融面での急速で広範な自由化が、とくに80年代に入って先進諸国で盛んに行われることとなる一大知的源泉は、フリードマンこそが準備したのであった。多くの賞や名誉学位を受けたが、とくに76年にはノーベル経済学賞を、86年にはわが国から勲一等瑞宝(ずいほう)章を授与された。[西山千明]
『宮川公男・今井賢一訳『消費の経済理論』(1961・巌松堂書店) ▽内田忠夫他訳『価格理論』(1972・好学社) ▽熊谷尚夫他訳『資本主義と自由』(1975・マグロウヒルブック) ▽佐藤隆三・長谷川啓之訳『実証的経済学の方法と展開』(1977・富士書房) ▽西山千明訳『選択の自由』(1980・日本経済新聞社) ▽土屋政雄訳『政府からの自由』(1984・中央公論社) ▽斎藤精一郎訳『貨幣の悪戯』(1993・三田出版会) ▽西山千明編著『フリードマンの思想』(1979・東京新聞出版局)』

Dollars and Deficits: Inflation, Monetary Policy and the Balance of Payments
https://books.google.co.jp/books?id=mGkiAQAAMAAJ
Milton Friedman
Prentice-Hall, 1968 - 279 ページ
0 レビュー
This book also published in a cloth ed. Under title: Dollars and deficits: living with America's economic problems.

Dollars and Deficits: Inflation, Monetary Policy and the Balance of ...
https://books.google.com/books?id=mGkiAQAAMAAJ - このページを訳す
https://www.amazon.co.jp/dp/0132182890/
Milton Friedman - 1968 - スニペット表示 - 他の版

Inflation, Monetary Policy and the Balance of Payments Milton Friedman ... It has a 31-page chapter on "Prospects for Cost-Price Stability" that so far as I have been able to determine has only two passing references to "monetary policy" and does not even contain the word "money"—a treatment of money strictly comparable to the way a rigid Puritan writing a book about love might have handled "sex." In the ...

Friedman had written in 1966 that discussing monetary policy without mentioning money was like writing a book about love without mentioning sex.66

Friedman, Milton (1966). “What Price Guideposts?” In G.P. Shultz and R.Z. Aliber (eds.), Guidelines: Informal Controls and the Market Place. Chicago: University of Chicago Press. 17−39.24頁に該当箇所。

Readings in labour economics : edited readings with commentaries / by J. E. King. - Version details - Trove http://trove.nla.gov.au/work/9003863?q&versionId=45047281

What Price Guideposts? /​ Milton Friedman

Readings in Labour Economics: J. E. King: 9780198771326: Amazon.com: Books https://www.amazon.com/Readings-Labour-Economics-J-King/dp/0198771320/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1486280817&sr=8-2&keywords=Readings+in+Labour+Economics+1980 短縮版

Milton Friedman and US Monetary History: 1961 ... - Semantic Scholar (Adobe PDF) -htmlで見る pdfs.semanticscholar.org/.../ ... Milton Friedman and U.S. Monetary History: 1961-2006. Edward Nelson. This paper, using extensive archival material from several countries, brings together scattered information about Milton Friedman's views and predictions regarding U.S. ... https://pdfs.semanticscholar.org/0723/1e203941ef4bd0d55e737435ac0ab2538601.pdf

(31)したがって、通貨集計量に対する関心の後退をフリードマンは嘆かわしく思っていた。ネルソンによれば、 この点についての彼のお気に入りのアナロジーは、彼が1966年の論文で用いた「マネーに言及せずに金融政策 を論じるのは、セックス抜きで恋愛の本を書くようなもの」というものであったという。


(ピューリタン云々を省略するとフリードマンの悪趣味に読めてしまう)

35 Comments:

Blogger yoji said...


フリードマンの恒常所得仮説
hypothesis (Milton Friedman) and Life-cycle hypothesis,…

1957

Milton Friedman (1957), A Theory of the Consumption Function, Princeton
『 消費者行為の理論』厳松堂書店、1961 年

hakase-jyuku.com>...>消費
ずっとあると思う所得 ---------- アービング・フィッシャー、モジリアーニにつづき、1957年 ミルトン・フリードマンは、恒常所得仮説を提出した。 ケインズが消費者の消費行動を「 現在所得」によるものと考え、 フィッシャーやモジリアーニが「現在所得」と「将来所得 ...
恒常所得仮説(こうじょうしょとくかせつ)とは - コトバンク
kotobank.jp/word/恒常所得仮説-62309
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 恒常所得仮説の用語解説 - 家計の消費は, 恒常所得によって決められると考える M.フリードマンの唱えた消費理論。現実の所得は 恒常的に入手が予想される給料,賃金などの部分と,一時的な入手になる金一封, ...
辞書別に見る:日本大百科全書(ニッポニカ)-世界大百科事典 第2版
フリー ドマンの恒常所得仮説について (Adobe PDF) -htmlで見る
ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/tu/file/761/.../TU10032000001.pdf
2- 恒常所得仮説. フリードマンは, 実際に測定された 「実際所得」 (measuredin。。me) を. 「恒常所得」 (permanent inc。me) と 「変動所得」 (transit。ry inc。me) の. ふたつに 分けている。 「実際所得」をあ 「恒常所得」をぬ 「変動所得」 を y,. とすると, 川式のよう ...
消費の経済理論の形成と消費関数論争 (Adobe PDF)
dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/.../1/18_0016.pdf
hypothesis (Milton Friedman) and Life-cycle hypothesis, and also concern the dispute about ... 得仮説、習慣仮説、流動資産仮説、恒常所得仮説そしてライフ・ サイクル仮説などの消費者行動. 仮説に ...... 消費者行為の理論』厳松堂書店、1961 年 )。 8).
ミルトン・フリードマン - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ミルトン・フリードマン

ミルトン・フリードマン(英: Milton Friedman、1912年7月31日 - 2006年11月16日)は、 アメリカ合衆国の経済学者。 ..... しかし、フリードマンによって提唱された恒常所得仮説 によると、一時的な変動所得が消...
人物概要-経歴-思想・主張-財政政策批判
第164号【論説】(4月24日)「

フリードマンの恒常所得仮説 ...


- 猪瀬直樹
www.inose.gr.jp/news/post2087/
今回とりあげるフリードマンの『消費函数の理論』(1957年。宮川公男・今井賢一両氏 による邦訳のタイトルは『消費の経済理論』巌松堂出版、1961)は恒常所得仮説の古典 である。本書はケインズ『一般理論』からの引用で始まる。 ケインズは、 ...

2:00 午前  
Blogger yoji said...


恒常所得 仮説(permanent income hypothesis)
フリードマンの恒常所得仮説
hypothesis (Milton Friedman) and Life-cycle hypothesis,…

1957

Milton Friedman (1957), A Theory of the Consumption Function, Princeton 消費函数の理論
『 消費者行為の理論』厳松堂書店、1961 年

hakase-jyuku.com>...>消費
ずっとあると思う所得 ---------- アービング・フィッシャー、モジリアーニにつづき、1957年 ミルトン・フリードマンは、恒常所得仮説を提出した。 ケインズが消費者の消費行動を「 現在所得」によるものと考え、 フィッシャーやモジリアーニが「現在所得」と「将来所得 ...
恒常所得仮説(こうじょうしょとくかせつ)とは - コトバンク
kotobank.jp/word/恒常所得仮説-62309



消費の経済理論の形成と消費関数論争 (Adobe PDF)
dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/.../1/18_0016.pdf
hypothesis (Milton Friedman) and Life-cycle hypothesis, and also concern the dispute about these theories. キーワード……消費関数 絶対所得仮説 相対所得仮説 恒常所得仮説. ライフ・サイクル仮説. 1. はじめに. 経済学 ... hypothesis)と恒常所得 仮説(permanent income hypothesis)を中心とした実証分析をサーベイした ...... Milton Friedman (1957), A Theory of the Consumption Function, Princeton PP.169-182.
消費者行動に関する個票を用いた先行研究のサーベイ (Adobe PDF) -htmlで見る
www.geocities.jp/kqsmr859/hoshoron/gyoseki/shohi.pdf
って提示されたライフサイクルモデル(Life Cycle Model)と、Friedman(1957)によって 提示. された恒常所得仮説(Permanent Income Hypothesis )であるが、両者は本質的 に同じこと. であるため、略してライフサイクル・恒常 ...... Browning, M. and C. Lusardi( 1996), “Household saving: micro theories and micro facts”,. Journal of Economic ...
ライフサイクル/恒常所得仮説と予備的貯蓄: 理論的合意と実証上の問題点 (Adobe PDF)
www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis002/e_dis002a.pdf
The life cycle/permanent income hypothesis has been regarded as the most important theory on .... 恒常所得仮説. フリードマンは,ある時点に保有する全ての非 人的資産と,その個人の能力に基づく将. 来所得の(適当な割引因子による)割引現在 価値の ...

2:02 午前  
Blogger yoji said...


行動経済学的にサイモンが例示していた。
ハイエクが基本にあるが、行動経済学的にフリードマンは読める

フリードマンの実証的経済学の方法 (1952年) ( その他経済 ) - 平井俊顕 (ひらい・としあきToshiaki Hirai)ブログ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/49382896.html


フリードマンの実証的経済学の方法(1952年)

 ここで実証的経済学というのは、「である」経済学であり、「べきである」という「規範的経済学」と識別されるものである。フリードマンは実証的経済学の方法論として、仮説による予測力を重視する立場をとる。だが、それは理論モデル(それはトートロジカルであり、それゆえ形式論理学や数学の力を借りる)を無視する立場ではない(フリードマンの論文は批判者、支持者によってかなり誤解されている面がある。しばしば仮定は非現実なものであって差し支えない、という立場の道具主義と解されている)。彼は理論モデルの存在を認めている。そのうえで、経済理論がより重要なものになるためには、予測することのできるものでなければならない、と主張するのである。
 フリードマンは、「仮定」は非現実的であってよいと述べたとよくいわれるが、これには少なくない誤解がある。あくまで彼は、これをパラドキシカルな表現として述べているだけである。このことを忘れてはフリードマンにたいする公平性を欠く。
 葉の例(葉はあたかも最大の日光を浴びるように行動している、という仮説は、樹木の茂る状況を予測するのに非常に有益であるという話)と、優れたビリヤード・プレーヤーの例(ビリヤード・プレイヤーはあたかも計算をしたかのように行動するという話)を、フリードマンは同じ話であるかのように論じているが、これは問題がある。
 葉の例の場合、実際には葉は最大の日光を浴びようとして行動しているのかいなかは証明の不可能な問題である。しかし、そのように仮説を立てることで樹木の形状について、より確かな予測が可能になるので、その仮説は非常に有益である(これは確かである)。
 しかしビリヤードの場合はこれとは異なる。プレイヤーは最適な行動を自らの経験と感性に基づいて意識的に選択しており(そうでなければ、このプレーヤーは生き残ることはできない)、そして力学的・数学的に最適な行動を計算しようとして隣室にいるエンジニアは、このプレイヤーと同じ行動をとれるような数値をはじき出す。これはプレイヤーとエンジニアは同じ目的意識(つまり最適のプレイ)をもっているということにほかならない。
 したがって、自然現象を説明する事例と人間行動を説明する事例とは、自ずから性格を異にする。しかるに、フリードマンは、それをまったく同じ事例として描いている(ように思う)。彼が物体の落下法則について語る事例についても同様のことがいえる。
 こうした事例の立て方は、彼が自然科学と社会科学の方法論を、基本的に同じものとみていることと関係があるように思われる。これはハイエクの見解とは対照的である。
 この論文は、不完全競争理論およびマークアップ原理の流行するなかで、それにたいする激しい批判的意識をもって書かれたものである。フリードマンは、それらの理論が、既存の理論の仮定を「非現実的」とみ、それに対峙する理論を「現実的な」仮定にもとづくものとみる方法論に危惧の念を表明している。
「非現実的な仮定」と「現実的な仮定」の評価基準をどのようにして定めるのか、という彼の批判は鋭い。
 しかし、一方でフリードマンは既存の理論として、相対価格の理論としてはマーシャルの理論をあげ、また貨幣の理論としては貨幣数量説をあげ、これらにたいし絶大なる信頼を表明している。これらと不完全競争理論のいずれが優れているのかについて、フリードマンはこの論文において説得力のある立論を示しているわけではない。あたかも独占的競争の理論は「現実的な仮定」をおこうとすることで、既存の理論にとって代わろうとしているが、それにたいし、フリードマンは暗黙裏に、上記、葉の事例、ビリヤードの事例を持ち出してくることで、批判を加えているにすぎない。すなわち、企業家が実際に意識的に行っている価格設定行動を、市場の分析があたかも企業家は限界原理に基づいて行動しているという仮説でとらえても問題はないのだ、といわんばかりである。
 フリードマンが後年行った貨幣数量説についての膨大な実証研究は、この論文で主張されている実証分析の方法論に、はたして従ったものとみることができるのであろうか。予測可能性というよりも、彼には当初から貨幣量が物価を決定するという仮説があり、それがデータ的にも証明されている、ということである。しかし、貨幣量と物価の因果関係をみる方法には逆の見方も可能である。より重要なのは、もっと一般的な実証分析における、モデル・ビルディングとそのデータによる検証という作業であろう。
 ともあれ、この論文にはいろいろと考えるべき知恵が詰め込まれていて、非常に参考になる点が多く存在する。


Amazon.co.jp: 実証的経済学の方法と展開 (1977年): M.フリードマン ...
www.amazon.co.jp/実証的経済学の方法と展開-1977年.../B0...
Amazon.co.jp: 実証的経済学の方法と展開 (1977年): M.フリードマン, 佐藤 隆三, 長谷川 啓之: 本.


Friedman, M. (1953) “The Methodology of Positive Economics,” in Essays in Positive Economics, Chicago: Chicago University Press, pp. 3-43.

参考
http://www2.tamacc.chuo-u.ac.jp/keizaiken/discussno167.pdf

2:49 午前  
Blogger yoji said...

http://www.amazon.co.jp/実証的経済学の方法と展開-1977年-M-フリードマン/dp/B000J8Y2AC

実証的経済学の方法と展開 (1977年) - – 古書, 1977/4
M.フリードマン (著), 佐藤 隆三 (翻訳), & 1 その他

-: 347ページ
出版社: 富士書房 (1977/04)
ASIN: B000J8Y2AC
発売日: 1977/04
商品パッケージの寸法: 21.2 x 16 x 3.2 cm
おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,232,054位 (本の売れ筋ランキングを見る)
カタログ情報を更新する、画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

2:51 午前  
Blogger yoji said...

ヘリコプター‐マネー(helicopter money)

あたかもヘリコプターから現金をばらまくように、中央銀行あるいは政府が、対価を取らずに大量の貨幣を市中に供給する政策。米国の経済学者フリードマンが著書「貨幣の悪戯」で用いた寓話に由来。中央銀行による国債の引き受けや政府紙幣の発行などがこれにあたる。ヘリコプタードロップ。
[補説]中央銀行は通常、市場に資金を供給する際、対価として民間金融機関が保有する国債や手形などの資産を買い入れる(買いオペレーション)。ヘリコプターマネーの場合、そうした対価を取らずに貨幣を発行するため、中央銀行のバランスシートは債務だけが増え、それに見合う資産は計上されず、債務超過の状態になる。その結果、中央銀行や貨幣に対する信認が損なわれる可能性があるため、平時には行われない。


「ヘリコプターマネー」用いる時機到来か - WSJ
jp.wsj.com/.../SB10406094258013494445204581614311942...
2016年3月22日 ... 財政および金融政策が限界に達しつつある中、低成長・低インフレの世界にとっての 新たな解決策が「ヘリコプターマネー」に求められるようになった。 この手法は、経済 学者ミルトン・フリードマンが1969年に著わした論文「最適貨幣量」で用いた言葉で ...

12:32 午前  
Blogger yoji said...

ヘリコプターマネーの誘惑、日本国民に大惨事招くとJPモルガン警告 ...
www.bloomberg.co.jp/news/...04.../O5VKPU6S972L01
2016年4月20日 ... ... 増刷で賄うヘリコプターマネーは、ノーベル経済学賞受賞者のミルトン・フリードマン氏 が1969年に提唱した。20カ国・地域( ... 今年度も日銀の国債保有増が財政赤字の2倍 超に上るため、「追加財政を打つ分だけヘリコプターマネー的になる ...
「ヘリコプター・マネー」とは?(グローバル)/マーケット情報 - 三井住友 ...
www.smam-jp.com>...>マーケット・キーワード>グローバル・新興国
2016年4月27日 ... そのため最近は市場で金融政策の限界がささやかれる一方、「ヘリコプター・マネー」の 議論が盛り上がっています。この「ヘリコプター・マネー」は、米経済学者のミルトン・ フリードマン氏が、1969年の論文(”TheOptimum Quality of Money”)の ...

12:33 午前  
Blogger yoji said...

マネタリスト(monetarist)とは、マクロ経済の変動において貨幣供給量(マネーサプライ)、および貨幣供給を行う中央銀行の役割など、経済のマネタリー(貨幣的)な側面を重視する経済学の一派およびその主張をする経済学者を指す。マネタリストの理論および主張の全体をマネタリズム(monetarism)と呼ぶ。

目次
概要 編集

貨幣供給量の変動が、短期における実質経済成長、および長期におけるインフレに対して、決定的に重要な影響を与えるとする。裁量的な財政政策への傾斜を強めていっていたケインズ的総需要管理政策への対立軸として生まれ、貨幣数量説に再び光を当てるとともに、裁量にかわってルールに基づいた政策の実行を主張する点に特色がある。主唱者はミルトン・フリードマン。彼の「経済生産より早いペースで貨幣供給量が増えることによってのみ生まれ得るという意味で、インフレーションとはいついかなる場合も貨幣的現象である」という言葉が有名である。

12:37 午前  
Blogger yoji said...

著 編集
Milton Friedman (1953). Essays in Positive Economics. University of Chicago Press.
『実証的経済学の方法と展開』 佐藤隆三・長谷川啓之訳、富士書房、1977年。ASIN B000J8Y2AC。
Milton Friedman (1957). A theory of the consumption function. Princeton University Press.
『消費の経済理論』 今井賢一・宮川公男訳、巌松堂、1961年。ASIN B000JANEVI。
Milton Friedman (1959). A Program for Monetary Stability. Fordham University Press.
『貨幣の安定をめざして』 三宅武雄訳、ダイヤモンド社、1963年。ASIN B000JAIRO2。
Milton Friedman (1962). Capitalism and Freedom. University of Chicago Press.
『資本主義と自由』 熊谷尚夫・西山千明・白井孝昌訳、マグロウヒル好学社、1975年。ISBN 4895010848。
『資本主義と自由』 村井章子訳、日経BPクラシックス、2008年。ISBN 4822246418。
Milton Friedman (1963). Inflation: Causes and consequences. Asia Pub. House.
Milton Friedman (1969). The Optimum Quantity of Money and Other Essays. Macmillan.
ミルトン・フリードマン 『インフレーションとドル危機』 新開陽一訳、日本経済新聞社、1970年。ASIN B000J9TPSU。
Milton Friedman (1970). The counter-revolution in monetary theory. Institute of Economic Affairs.
ミルトン・フリードマン 『価格理論』 内田忠夫・西部邁・深谷昌弘訳、好学社、1972年。ASIN B000J9TON6。
Milton Friedman (1974). Monetary Correction: A proposal for escalation clauses to reduce the cost of ending inflation. Institute of Economic Affairs.
ミルトン・フリードマン 『インフレーションと失業』 保坂直達訳、マグロウヒル好学社、1978年。ASIN B000J8QFZM。
ミルトン・フリードマン 『政府からの自由』 土屋政雄訳、中央公論社、1991年。ISBN 4120012719。
ミルトン・フリードマン 『貨幣の悪戯』 斎藤精一郎訳、三田出版会、1993年。ISBN 489583123X。


12:39 午前  
Blogger yoji said...

貨幣の悪戯 : ミルトン フリードマン, Milton Friedman, 斎藤 精一郎 : 本 : 一般・投資読み物 : Amazon.co.jp

1993

5つ星のうち 2.0貨幣論というより、金銀複本位制擁護の書
投稿者 風狂 投稿日 2011/10/19
形式: 単行本 Amazonで購入
フリードマンの貨幣論ということで期待して読んだが、期待はずれ。これがフリードマンでなかったら★3つ以上を点けたが、フリードマンとしては手抜きの内容だったと思われるので★2つにした。

最初の方は、貨幣とは何か、貨幣的現象とはなにか、ということで壮大なテーマが提示される…ような感じがするのだが、途中から金銀複本位制の擁護の話になり、かなり技術的な話まで立ち入って、「金銀複本位制は一見非効率的だけどね、精密に見てみるとそうでもないんだよ」という話が延々と続く。

そうかもしれないが(私は経済学徒ではないので、その妥当性は判断できない)、すくなくとも現代に金銀複本位制の意味を学ぶ必要性は高くなく、正直、時代遅れの感じが否めなかった。

しかも、それらの論考も基本的に学術誌等に掲載されたものを再編集したものであり、寄せ集め感が否めない。

ただし、貨幣論はあまりいい本がないので、本書も「貨幣論を学ぶ」ということを目的とすれば十分に読む価値はあると思う。体系的に貨幣論を語った本ではなく、金銀複本位制の話が中心ではあるが、いろいろなヒントが散らばっている本であることは事実だ。

12:42 午前  
Blogger yoji said...

価格理論
著者名等  フリードマン/〔著〕  ≪再検索≫
著者名等  内田忠夫,西部邁,深谷昌弘/訳  ≪再検索≫
出版者   好学社
出版年   1972.7
大きさ等  22cm 349p
注記    Price theory : a provisional text, rev. 
ed./の翻訳
NDC分類 331.84

12:46 午前  
Blogger yoji said...

M.フリードマン著

『最適通貨量』

単著

昭和45年1月

世界経済

161号(p40~p45)

Milton Friedman;

The Optimum Quantity of Money And other Essays. 1969.


昭和45年11月

世界経済

171号(p33~p38)





Harry G.Johnson;”Canada’s Floating Dollar in Historical Perspective”,

12:57 午前  
Blogger yoji said...

国立国会図書館デジタルコレクション - 世界経済 = Journal of world economy. 25(1)(復刊161)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2283602?tocOpened=1

1:13 午前  
Blogger yoji said...

預金にまわるだけで効果がない、商品券の方が有効だ」 [無断転載禁止]©2ch.net

1 : 海江田三郎 ★2016/07/28(木) 13:08:53.68 ID:CAP_USER
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-07-27/OAYF4R6JTSES01

空からの現金ばらまきは成長押し上げに効果がなく、むしろ商品券の方がうまくいくかもしれない。
経済協力開発機構(OECD)のチーフエコノミスト、キャサリン・マン氏はこのような見方を披露した。
  マン氏はブルームバーグテレビジョンの番組で、「ヘリコプターマネーそれ自体は、各国・地域の中央銀行が既に
実施している政策に比べ、経済成長の実現に一段と効果があるとは言えない」と指摘。
ヘリマネを受け取ったら、これまでの手持ち現金の場合と同様、たんす預金に回すだけだろうと話した。
一方で今、配られるのが商品券なら、実際に消費せざるを得なくなると論じた。


マン氏は「名目ベースで見た国内総生産(GDP)の伸びをこのような低水準のまま放置しておくわけにはいかない」とコメント。
「政策当局者や政治家として、われわれには複数の手段があることを認めなければならない」とした上で、
若者に雇用やより良い将来、高齢者には年金資金を確保できるよう、一連の手段を使って成長を刺激するのが「政治家、当局者としての責務だ」と語った

1:39 午前  
Blogger yoji said...

【経済対策】低所得者に1万5千円給付 対象2200万人 政府 ★2©2ch.net

1 :リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net:2016/07/28(木) 19:47:08.44 ID:CAP_USER9
 政府は28日、経済対策を大筋で取りまとめ、低所得者に1万5千円を給付する方針を固めた。給付対象は2200万人。
地方自治体を含めた追加歳出を7兆円程度とし、うち2016年度第2次補正予算案の計上額は2兆円台後半で調整する。
財源が不足するため借金(建設国債)を積み増して公共事業を行い「アベノミクス」を加速する。
金融政策決定会合を29日まで2日間開く日銀と一体で経済の底上げを目指す。

 年度途中での国債増発は4年ぶり。民間支出や融資をかき集めて事業費を28兆円超に膨らませる苦肉の策となる。

http://this.kiji.is/131326986122543106
2016/7/28 18:36

★1:2016/07/28(木) 18:43:53.81
前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1469699033/

4:36 午前  
Blogger yoji said...

フリードマンの議論の要旨は以下のようになろう.つまり,「もし,各個人が通貨の保有を節約するような行動を取るならぱ,経済的効率性は期待できない・経済構成員の行動は,彼個人の所得の流列の平均によってのみ制約を受けるべきで,一時的な通貨保有残高の欠如によって制約を受けるべきではない。人々が通貨の保有を節約しようと考えるのは,通貨保有に機会費用がかかるからであり,もし通貨の保有によって時間選好率に等しい実質金利が得られるのなら   ・ぱ,通貨保有に対する非効率的な過度な節約は生じない.」このような状況の738

1969

5:49 午後  
Blogger yoji said...

通貨と不確実性下の資源配分序説 : 最適通貨量の考え方とその問題点を巡って山崎, 昭一橋論叢, 104(6): 738-762 Issue Date 1990-12-01

5:52 午後  
Blogger yoji said...

ジェフマドリック & 池村千秋「世界を破綻させた経済学者たち──許されざる七つの大罪」
https://itun.es/jp/0MFP9.l
出版社: 早川書房 (2015/8/21)

第3章にフリードマン(主に『資本主義と自由』)批判

解説     主流派経済学にひそむ欺瞞
東京大学大学院教授(経済思想史、社会経済学)   松原隆一郎

「インフレ・ターゲット」は、金利操作を通じてインフレ率を目標値である二%以下にしようと
するも の。インフレになると市場で合理的な価格付けがゆがめられるとして、「見えざる手」を実現する
ためにも唯一、政府(中央銀行)が行なうべき経済政策とする。それを正当化する論拠に、フリー
ドマンの「自然失業率仮説」がある。財政赤字で総需要を無理に増やしても一時的に失業率が
低下するだけで、長期的に失業率は自然な水準に戻り、インフレだけが残るという説である。失
業率は自然な水準以下には下げようがないのだからインフレ率はなるべく低い二%に抑えよう、
というわけだ。ちなみに日本のアベノミクスではデフレ脱却が目的であるため、「インフレを抑え
る」という本来のあり方とは逆の用い方がされている。

 経済学者たちは近年、ケインズ主義は無効であるとか政府は「市場の失敗」にのみ対処す
べきだとかいった経済学界の思想潮流は、著名な経済学者が支持するから「コンセンサス」な
のだと喧伝するようになった。完全には確証がなされずイデオロギーとしての側面を払拭でき
ないにせよ、多くの賢者が支持する潮流は正しいと言いたいのだろう。私はこれはまさに、ケイ
ンズの言う「美人投票」だと思う。

5:54 午前  
Blogger yoji said...


https://www.amazon.co.jp/日経BPクラシックス-世界一シンプルな経済学-Henry-Hazlitt-ヘンリー・ハズリット/dp/4822248135/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1480483171&sr=1-4&keywords=世界一シンプル
経済学は時事問題を取り扱うことが多いし、目新しい理論がしばしば脚光を浴びるので、何十年も昔の入門書など価値がないと思うかもしれない。だがそれは誤解である。経済学は人間の行為についての学問であり、人間の本質が変わらないかぎり、過去に見出された真理が古びることはない。米国のジャーナリスト、ヘンリー・ハズリットが1946年に著した本書を読めば、それがよくわかる。

たとえば、現在の日本でも政治家や一部の経済評論家から根強く支持される公共投資について、ハズリットは、公共投資が雇用を創出するとか、富を生むといった考えは幻想だと斬り捨てる。公共投資で橋を建設するとしよう。橋の建設に使われるのは税金である。納税者は、自分が一番必要とするものに使えたはずのお金を取られることになる。ハズリットは続ける。

「したがって、橋建設プロジェクトで公共の雇用が一つ創出されるごとに、どこかで民間の雇用が一つ失われたはずだ。橋の建設に雇われた労働者は目に見えるし、彼らが働くのも見える。このため、雇用創出という政府が掲げる名目は大いに説得力を持ち、おそらく多くの人が納得するだろう。だがじつは、存在しなかったがために目に見えないものがある。それは、納税者が〔橋の建設にかかる〕一〇〇〇万ドルを失ったせいで、生まれなかった雇用である」(38頁)

だから建設プロジェクトで実現したのは、好意的に言っても、雇用の転換でしかない。公共投資のまやかしを見抜くには「直接的な結果だけでなく間接的な結果にも注意を払うこと」(40頁)が必要なのである。

ハズリットによれば、経済学というものはたった一つの教えに還元することができ、それはたった一つの文章で表すことができる。すなわち「経済学とは、政策の短期的影響だけでなく長期的影響を考え、また、一つの集団だけでなくすべての集団への影響を考える学問である」(8-9頁)。本書の原題『一つの教えの経済学』(Economics in One Lesson)はここから来ている。

世界に悲劇をもたらすような経済学上の誤りは、その大半が、この教えを無視した結果にほかならないとハズリットは言う。短期的影響だけを見て長期的影響を見落とすか、ある特定集団への影響だけを見て他の集団への影響を顧みないかの、どちらかまたは両方が原因となり、誤りは起こる。

ハズリットが生きた時代の米国同様、今の日本でも、そうした近視眼的な政策による経済の混乱は絶えることがない。それは洋の東西や時代を問わない政府の愚かさを示すとともに、人間にかんするハズリットの洞察の深さを証明している。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?
はい
いいえ
違反を報告
5つ星のうち 5.065年に耐えうる本

日経BPクラシックス 世界一シンプルな経済学 | Henry Hazlitt(ヘンリー・ハズリット), 村井 章子 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/日経BPクラシックス-世界一シンプルな経済学-Henry-Hazlitt-ヘンリー・ハズリット/dp/4822248135/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1480483171&sr=1-4&keywords=世界一シンプル
本書の初版は1946年
最終章のタイトルは「The Lesson After Thirty Years」
最終章を加えた第三版の発行が30年後の1979年
この翻訳本の発行は2010年

経済学という変化の激しい領域の中で、この本は65年経った今でも十分に耐えられるだけの内容があります。
さすがに例示は、第二次世界大戦だったり、イギリスの産業革命だったりしますが、それはそれで時代考察として面白い。

公共事業、インフレ、物価などの基本的なことについて、改めて別の時代感を持って再認識できます。

世の中の公共事業の大部分が如何にムダなものなのか?
それがとてもよくわかります。

現代に生きるものとしては、65年前から指摘されていても改善できないその進歩のない現状に、少し複雑な気持ちになりさえします。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?
はい
いいえ
違反を報告
5つ星のうち 4.0リバタリアニズム入門書



まず驚くべきは、本書の元々の執筆が1946年だということだ。しかしながら、現在読んでもまったく違和感が無いことは、喜ぶべきことか悲しむべきことか悩ましいところではあるが。
見開きにある通り、著者はWSJやNYTの記者や編集者を歴任したリバタリアンのエコノミストにしてジャーナリスト。従って、経済学者の書く本と違い、わかりやすい著述がなされているのはいい。格好のリバタリアニズムの入門書であることは間違いなく、本書はフリードマンやハイエクの絶賛を受けたそうだ。当然だと思う。現在の日本は、長年にわたる政治経済の混乱と混迷が続いているが、だからこそリバタリアンの主張は一度を目を通しておいた方がいいのでは無いだろうか?本書を読んでの正直な読後感だ(もっとも、ここで主張されていることは著者も指摘するように、実際には政治的に実行不可能なことも多いのだが。)。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?
はい
いいえ
違反を報告
5つ星のうち 5.0新自由主義へと続くリバタリアニズムの入門書

9:23 午後  
Blogger yoji said...


商品の説明
内容紹介
原題はEconomics in One Lessonで1946年初版。One Lessonとは、
「経済学とは、政策の短期的影響だけでなく長期的影響を考え、また、一つの集団だけで
なくすべての集団への影響を考える学問である」という原則。この原則に従って、税金、
公共事業、関税、政府による価格安定策、最低賃金法などについて明快に論じていく。

ハイエク、フリードマンに絶賛されたアメリカ人ジャーナリストによる経済学の啓蒙書。
著者のヘンリー・ハズリットは、思想的には自由市場主義のオーストリア学派に近く、
リバタリアン(自由主義者)で、大きな政府や共産主義、はたまたケインズ主義とは反対
の立場に立つ。

経済学者が書く理屈・理論中心の経済学ではなく、市民のコモンセンス(常識)に沿った
経済学の入門書。本書の位置づけについては、巻末に若田部昌澄早稲田大学教授の解説に
詳しい

内容(「BOOK」データベースより)
ハイエク、フリードマンが絶賛したリバタリアン(自由主義)の古典。英米圏で読み継がれてきた経済学啓蒙書の本邦初訳。

商品の説明をすべて表示する
登録情報
単行本: 366ページ
出版社: 日経BP社 (2010/6/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4822248135
ISBN-13: 978-4822248130
発売日: 2010/6/24
商品パッケージの寸法: 19.4 x 12 x 2.6 cm

9:24 午後  
Blogger yoji said...

最近よく耳にするヘリコプターマネー~その内容と実現可能性は~ | 大和 ...
www.bank-daiwa.co.jp/column/articles/2016/2016_17.html
2016年7月6日 ... フリードマン氏は発表した論文「最適貨幣量」の中で、政府が新たに印刷した貨幣を ヘリコプターからばらまくようなイメージで ... 日本でも、1931年に発足した犬養毅内閣の 高橋是清蔵相が、国債の日銀引き受けによる財政拡張政策を断行し、 ...
もし小泉進次郎がフリードマンの資本主義と自由を読んだら | 田代 真人 ...
www.amazon.co.jp/ ...
もし小泉進次郎がフリードマンの資本主義と自由を読んだら
Amazonで田代 真人, 藤咲 ユイ, 池田 信夫のもし小泉進次郎がフリードマンの資本 主義と自由を読んだら。アマゾンならポイント還元本が...
価格:1,296円 (2017年2月3日現在)
日本銀行が国債の引受けを行わないのはなぜですか? : 日本銀行 Bank ...
www.boj.or.jp>...>教えて!にちぎん>国庫金・国債事務、対政府取引
日本銀行における国債の引受けは、財政法第5条により、原則として禁止されています( これを「国債の市中消化の原則」と言います)。 これは、中央銀行がいったん国債の 引受けによって政府への資金供与を始めると、その国の政府の財政節度を失わせ、 ...
「ヘリコプターマネー」導入で日本が操縦不能になるシンプルな理由 ...
www.mag2.com>HOME>ニュース
2016年7月19日 ... 日本では、1931年に高橋是清蔵相が「日銀の国債直接引き受け」を実施して、世界 恐慌からいち早く日本経済を立て直しました。これは「国債直接 ... 生前退位騒動=斎藤 満 · From Wikimedia Commons George Friedman | George Soros ...
【No.241】ヘリコプター・ベンのヘリコプター・マネー - 三井住友アセット ... (Adobe PDF) -htmlで見る
www.smam-jp.com/documents/www/market/.../irepo160427.p...
2016年4月27日 ... ヘリコプター・マネーの一般的な解釈は、中央銀行による国債の引き受け(財政 ファイナンス)。 ○ バーナンキ ... 米連邦準備制度理事会(FRB)の元議長であるベン・ バーナンキ氏は、2002年11月の講演でフリードマン ... MFFPsは米国で実施される可能 性は極めて低いが、物価目標の達成に苦労している欧州や日本など、米国外.
もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら – アゴラ
agora-web.jp/archives/1668921.html
2016年2月5日 ... これを止めるには日銀が国債の引き受けを止めるしかないが、それは日本政府の債務 不履行を意味する。山柿首相は歳出を凍結し、消費税を20%に引き上げる「緊急財政 再建法案」を通常国会に提出したが、主民党の後原誠司代表が「歳出 ...
池田信夫 blog : もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を ...
ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51500721.html
2015年最初の国債入札では、長期国債が大量に売れ残る「札割れ」が起こり、長期 金利が急上昇した。谷垣首相は「財政非常事態宣言」を出し、財政法第5条に定める 国会決議によって売れ残った国債を日本銀行にすべて引き受けさせた。
もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら|ちょっき ...
ameblo.jp/n-akihiro2013/entry-11097031846.html
インフレを止めるには日銀が国債の引き受けをやめるしかないが、すなわちそれは日本 政府の債務不履行を意味する。そんな状況下、総選挙が行われ、 物語の主人公である 小泉Jr首相はフリードマンの提言を公約に掲げ、見事内閣総理大臣 ...
黒田日銀が国債を直接引き受けたら超インフレの悪夢 | 経済プレミア ...
mainichi.jp/premier/business/articles/20160915/biz/.../021000c
2016年9月20日 ... 浜さん 国債をこれ以上市場から買い続け、日銀の保有する国債が日本の国内総生産( GDP)よりも大きくなってしまう状況に ... この言葉は、ミルトン・フリードマンという経済 学者が、「公共事業というまどろっこしいことをしなくても、空からカネを ...

10:44 午後  
Blogger yoji said...

           リフレ政策→
           ヘリコプターマネー→
←中央銀行の国債引受け
←物価水準の財政理論
           マネタイゼーシヨン→

デフレ               インフレ

10:47 午後  
Blogger yoji said...




以下の図は木下栄蔵『アメリカの次の覇権国はどこか?』2012、『資本主義の限界』2016より

イ                         
ンギ           |        
フャ          /|\        
レッ         /バ|バ\       
 プ 通常経済   /ブ | ブ\ 恐慌経済 
_________/ル  |  ル\______________
         発   |   崩\          デ
デ       生    |    壊\______   フ
フギ インフレ      |      デフレ   |  レ
レャ 経済成長する時期     次の経済成長のための|  ギ
 ッ              社会的共通インフラを|  ャ
 プ              構築する時期    金\ ッ
                          融 \プ
    主役=市場         主役=国家   緩  \
    〇財政再建         〇財政出動   和
    ×財政出動         ×財政再建


                 ←リフレ政策
             ←ヘリコプターマネー
             ←マネタイゼーション
            ←中央銀行の国債引受け☆
             ←物価水準の財政理論☆

 インフレ               デフレ

フリードマン(上の4つ) vs. シムズ(☆4,5番目、ケインズ)
現在の日本の状況的に金融政策は効かないので上の3つは間違い。
ただし唯一有効と思われる地域再投資法(CRA)は財政出動であり金融政策でもある。


木下の本で分かりやすいのは、『経済学革命』(木下栄蔵, 三橋貴明 著) 2011年
無料サンプル http://a.co/2VgMLHG
馬鹿にするかもしれないがこれはいい本

ヘリコプターマネーの元ネタのフリードマン(『最適通貨量』邦訳なし、及び『貨幣の悪戯』)
を読むよりずっといい



シムズに関しては以下のサイト
http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20160831/Sims_Jackson_Hole_paper_2016
《必要なのは、財政政策がインフレ率を上昇させることを狙っている、と見做されることで
ある。その際、その目標達成に向かって金融財政政策が協調する必要がある。日本では、
将来の消費増税計画を明示的にインフレ目標の達成と維持に結び付けることによって、
それが果たされるであろう。》

12:44 午前  
Blogger yoji said...

国債引き受けはフリードマンも推奨している

12:46 午前  
Blogger yoji said...

ただし国債引き受けをしても緊縮策ならケインズ的ではない

12:47 午前  
Blogger yoji said...




以下の図は木下栄蔵『アメリカの次の覇権国はどこか?』2012、『資本主義の限界』2016より

イ                         
ンギ           |        
フャ          /|\        
レッ         /バ|バ\       
 プ 通常経済   /ブ | ブ\ 恐慌経済 
_________/ル  |  ル\______________
         発   |   崩\          デ
デ       生    |    壊\______   フ
フギ インフレ      |      デフレ   |  レ
レャ 経済成長する時期     次の経済成長のための|  ギ
 ッ              社会的共通インフラを|  ャ
 プ              構築する時期    金\ ッ
                          融 \プ
    主役=市場         主役=国家   緩  \
    〇財政再建         〇財政出動   和
    ×財政出動         ×財政再建


                 ←リフレ政策
             ←ヘリコプターマネー
             ←マネタイゼーション
            ←中央銀行の国債引受け☆
             ←物価水準の財政理論☆

 インフレ               デフレ

フリードマン(上の4つ) vs. シムズ(☆4,5番目、ケインズ)
現在の日本の状況的に金融政策は効かないので上の3つは間違い。

(国債引き受けはフリードマンも推奨。ただ国債引き受けをしても公共事業なしなら意味がない)

ちなみに有効と思われる地域再投資法(CRA)は財政出動であり金融政策でもある。


木下の本で分かりやすいのは、
『経済学革命』(木下栄蔵, 三橋貴明 著) 2011年
無料サンプル http://a.co/2VgMLHG
馬鹿にするかもしれないがこれはいい本


ヘリコプターマネーの元ネタのフリードマン(『最適通貨量』邦訳なし、及び『貨幣の悪戯』)

を読むよりずっといい



シムズに関しては以下のサイト
http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20160831/Sims_Jackson_Hole_paper_2016
《必要なのは、財政政策がインフレ率を上昇させることを狙っている、と見做されることで
ある。その際、その目標達成に向かって金融財政政策が協調する必要がある。日本では、
将来の消費増税計画を明示的にインフレ目標の達成と維持に結び付けることによって、
それが果たされるであろう。》

12:50 午前  
Blogger yoji said...

以下の上の図のみ、木下栄蔵『アメリカの次の覇権国はどこか?』2012、『資本主義の限界』2016より

イ                         
ンギ           |        
フャ          /|\        
レッ         /バ|バ\       
 プ 通常経済   /ブ | ブ\ 恐慌経済 
_________/ル  |  ル\______________
         発   |   崩\          デ
デ       生    |    壊\______   フ
フギ インフレ      |      デフレ   |  レ
レャ 経済成長する時期     次の経済成長のための|  ギ
 ッ              社会的共通インフラを|  ャ
 プ              構築する時期    金\ ッ
                          融 \プ
    主役=市場         主役=国家   緩  \
    〇財政再建         〇財政出動   和
    ×財政出動         ×財政再建

                   ←リフレ政策
               ←ヘリコプターマネー
               ←マネタイゼーション
              ←中央銀行の国債引受け☆
               ←物価水準の財政理論

   インフレ               デフレ

フリードマン(上の4つ) vs. シムズ(4,5番目=ケインズ)
現在の日本の状況的に金融政策は効かないので上の3つ(に期待すること)は間違い。
☆国債引き受けはフリードマンも推奨。国債を引き受けても公共事業なしなら意味がないが。
ちなみに有効と思われる地域再投資法(CRA)は財政出動であり金融政策でもある。

木下の本で分かりやすいのは、『経済学革命』(木下栄蔵, 三橋貴明 著) 2011年
馬鹿にするかもしれないがこれはいい本(無料サンプル http://a.co/2VgMLHG)
ヘリコプターマネーの元ネタのフリードマン(『最適通貨量』『貨幣の悪戯』)を読むよりいい 。

シムズ(物価水準の財政理論)に関しては以下のサイトがいい。
http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20160831/Sims_Jackson_Hole_paper_2016
《必要なのは、財政政策がインフレ率を上昇させることを狙っている、と見做されることで
ある。その際、その目標達成に向かって金融財政政策が協調する必要がある。日本では、
将来の消費増税計画を明示的にインフレ目標の達成と維持に結び付けることによって、
それが果たされるであろう。》

1:01 午前  
Blogger yoji said...

シムズは思想はフリードマン寄りだが現状認識がケインズ寄り

1

1:54 午前  
Blogger yoji said...

購買力平価説 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/購買力平価説
購買力平価説
購買力平価説(こうばいりょくへいかせつ、英: purchasing power parity、PPP)とは、 外国為替レートの決定要因を説明する概念の一つ。為替レートは自国通貨と外国通貨 の購買力の比率によって決定されるという説である。19...
絶対的購買力平価-相対的購買力平価-PPPレートの推...-OECD統計の相...
主要通貨購買力平価(PPP)|公益財団法人 国際通貨研究所
www.iima.or.jp/research/ppp/
過去の内外不均衡が十分小さかった一時点を起点としてその後の当該国間のインフレ 格差から時系列的に物価を均衡させる為替相場を算出するものを「相対的購買力平価」 と言います。当研究所はこの相対的購買力平価の理論を用いてグラフを作成してい ...
購買力平価とは-辞書(コトバンク)
各国通貨の対内購買力相互の比価のこと。各国通貨の対内購買力は物価指数の逆数としてとらえられるところから,各国の物価水準を通じて得られる異種通貨間の交換比率は外国為替相場の重要な決定要因の一つとなる。-ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
辞書検索結果をもっと見る

2:02 午前  
Blogger yoji said...

現代マネタリズムの潮流 | デヴィッド レイドラー, 久保田 哲夫, 松本 直樹 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4393621522
現代マネタリズムの潮流 単行本 – 1987/10
デヴィッド レイドラー (著), 久保田 哲夫 (翻訳), & 1 その他
カスタマーレビューを書きませんか?
その他()の形式およびエディションを表示する
単行本
¥ 1 より
¥ 1 より 8 中古品の出品
¥ 12,880 より 1 コレクター商品の出品
注意: この商品は、Amazon.co.jp 以外の出品者(すべての出品を表示)から購入できます。
キャンペーンおよび追加情報
Amazon出品(出店)サービス: この本をお持ちですか?Amazon.co.jpで簡単に本が販売できます。 >詳細はこちら
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら。
商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
ケイシジアン=マネタリスト論争を概観すると共に、現代の金融政策論、マクロ経済学の現状についてバランスのとれた見解を提供してくれる待望の好著。金融政策の理論的基礎を知ろうとする金融実務家・研究者・学生必読の文献。

登録情報
単行本: 236ページ
出版社: 春秋社 (1987/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4393621522
ISBN-13: 978-4393621523
発売日: 1987/10
商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 2.2 cm
おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,646,124位 (本の売れ筋ランキングを見る)
380位 ─ 本 > 科学・テクノロジー > 工学 > 工業基礎
6366位 ─ 本 > ビジネス・経済 > 産業研究 > 銀行・金融
60686位 ─ 本 > 投資・金融・会社経営

3:12 午前  
Blogger yoji said...

Friedman had written in 1966 that discussing monetary policy without mentioning money was like writing a book about love without mentioning sex.66


Friedman, Milton (1966). “What Price Guideposts?” In G.P. Shultz and R.Z. Aliber (eds.), Guidelines: Informal Controls and the Market Place. Chicago: University of Chicago Press. 17−39.

Readings in labour economics : edited readings with commentaries / by J. E. King. - Version details - Trove
http://trove.nla.gov.au/work/9003863?q&versionId=45047281

What Price Guideposts? /​ Milton Friedman

Readings in Labour Economics: J. E. King: 9780198771326: Amazon.com: Books
https://www.amazon.com/Readings-Labour-Economics-J-King/dp/0198771320/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1486280817&sr=8-2&keywords=Readings+in+Labour+Economics+1980


Milton Friedman and US Monetary History: 1961 ... - Semantic Scholar (Adobe PDF) -htmlで見る
pdfs.semanticscholar.org/.../ ...
Milton Friedman and U.S. Monetary History: 1961-2006. Edward Nelson. This paper, using extensive archival material from several countries, brings together scattered information about Milton Friedman's views and predictions regarding U.S. ...
https://pdfs.semanticscholar.org/0723/1e203941ef4bd0d55e737435ac0ab2538601.pdf

(31)したがって、通貨集計量に対する関心の後退をフリードマンは嘆かわしく思っていた。ネルソンによれば、
この点についての彼のお気に入りのアナロジーは、彼が1966年の論文で用いた「マネーに言及せずに金融政策
を論じるのは、セックス抜きで恋愛の本を書くようなもの」というものであったという。

61頁








エビローグー晚年のフリード一、ン最隆までマネタリストとして
展蔆にこの章のエビローグト)して、フリード一、ンが晚年一、オ、タリズムにっいてど..)杉、。(ていたかウー
再び一尸·一公eコ(にっっ叫)によってみてお)」、。ーフリード一·ンが逝木ーしたのはワー门0 00年-)一」あー)锉
飣年か·,リ始まる金融危城のー年ほレ)前グリーンスハンの金融业本速常が神涡化苎八ていた隋代であ

一)の峙期フリードマンは一·ネタリズムが.):除の政策実俏に翻ポ然八る睽の典型的な洋相みが不
润屋宇,廿一iである、方、グリーンスバンの现実の政策莲常が一·ネタリズムの政策巡営か、わ期待气」れー心
ハフ对ーマンスを卜同:勾パフオー「·ンス九一」あげている一)と务)再一、一切ーめ。白よ、っになった
と/\
')·2 nu nv 3年ら门ヒフリード一、ンが通货集计一里ターゲテイング:一っいて述、~人一「通货址令)门
襟とする政策一成功して一)なかった
现住自分がかっての自分がゆ一、、っしたよ、,ーに弦硬にMすーの)·)
は思えない」との発
大ふー口なインバクトがあった。一部にはフリードマンの一·ネタリズム隶教ーペ
一一のよ、,ーに受け取られ郁桧された八もした
しかし、
フリード「、ンはりーハリロヨ年吕门一日のウオール·ストリート、ジヤーナルで直近の米闰の
金融政策が通货集计はターゲテイング沪)ヒ回るパフ+、ーマンスをあげてい、圆一)とメゲ」ギニ食
r (L t. . \ )
通货の流通速度は既ね安一一亡ておー)、ンーくH一)一、という闃保が自勤安比化のカギであ呻なニン)多てー个一张し
「.ネクリストとしての信一·一がー仙るぎないーーとひ\」一一ーした。

またフリードマンはこの論考を執筆中の7月
21日にネルソンにeメールを送り、「一定の通貨量の伸び率を保つことで大いに満足できる物価経路
が実現できるし、それで連邦準備制度をお払い箱にできるのであれば、そのことのメリットはより洗
練された何かしらの政策ルールによって得られるかもしれない改善の可能性を犠牲にするというコスト
を十分償うもの」としている。フリードマンは最後までマネタリストであった。
56頁

ポスト・マネタリズムの金融政策 | 翁 邦雄 |本 | 通販 | Amazon2011
https://www.amazon.co.jp/ポスト・マネタリズムの金融政策-翁-邦雄/dp/4532354684/ref=cm_cr_othr_d_product_top?ie=UTF8

商品の説明
内容紹介
「失われた20年」以前に機能していたマネタリズム的金融政策に綻びが見え、それに代わる手法が模索されている。量的緩和やデフレ脱却の方策など新しい枠組みはどう運営されるかを金融政策のエキスパートが詳説する。

内容(「BOOK」データベースより)
新古典派総合はスタグフレーションを招き、マネタリズムはマネーと物価の関係性が薄れて色褪せ、「インフレ目標+バブル崩壊後の後始末戦略」の組合わせは金融危機を増幅させた。完成したかにみえた政策の枠組みが砂上の楼閣に終わるたび新たな体制の模索が始まる。先進国の中央銀行が今日抱える課題とその先に見えてくるものを提示する注目書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
翁/邦雄
1951年生まれ。74年東京大学経済学部卒業、日本銀行入行。83年シカゴ大学Ph.D.取得。筑波大学助教授、日本銀行調査統計局企画調査課長、企画参事、金融研究所長等を経て、京都大学公共政策大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品の概要に戻る
登録情報
単行本: 286ページ
出版社: 日本経済新聞出版社 (2011/6/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4532354684
ISBN-13: 978-4532354688
発売日: 2011/6/11





What price guideposts? / Milton Friedman
Verfasser: Friedman, Milton
In: Readings in labour economics. - Oxford : Oxford Univ. Press. - 1980, S. 386-396
Bibliogr. Zusammenhang: . - 1980, S. 386-396

Schlagwörter: Geld und Währung / Inflation


12:21 午前  
Blogger yoji said...

king編纂は部分のみ


以下が多分完全版



https://www.amazon.com/GUIDELINES-INFORMAL-CONTROLS-MARKET-PLACE/dp/B00126JQBU/
GUIDELINES,INFORMAL CONTROLS,AND THE MARKET PLACE:POLICY CHOICES IN A FULL EMPLOYMENT ECONOMY Hardcover – 1966
by George Shultz (Author), Robert Z. Aliber (Author)

1:52 午前  
Blogger yoji said...

スコット・サムナー「60年代との共通点はどこ?」 — 経済学101
http://econ101.jp/スコット・サムナー「60年代との共通点はどこ?」/

スコット・サムナー「60年代との共通点はどこ?」
2014年4月14日 by 227thday leave a comment
Scott Sumner “Let’s play 1960s-era Fed” (TheMoneyIllusion, April 2, 2014)

ジャネット・イエレンとマーティン・フェルドシュタインの考え方を比較する良記事をマーカス・ニューンズが書いている。私たちが1960年代の過ちを繰り返しつつあることをフェルドシュタインは心配しているようだ。
過去の経験は、インフレが非常に急速に上昇しうることを示している。1.1%という現在の消費者物価指数は、1960年代前半の平均インフレ率である1.2%と似たようなものだ。その後60年代末にはインフレは5.5%まで急速に上昇し、さらにその後の9年間で9%に達した。

私たちが1960年代のFedの過ちを繰り返しそうにあるのかどうか考えてみる前に、そうした過ちとは実際に何であったのかを正確に復習しておこう。以下は1966年11月のデータだ。

失業率=3.6%、下降中

インフレ率=3.6%(過去12カ月で)。これはさらに12カ月前の1.7%、そのさらに一年前の1.3%からすると大きな上昇だ。「大インフレ」はここで始まったのだ。

フェデラル・ファンド・レートは5.76%だった。

ふむ、このような状況においてFedは何をすべきだろうか。インフレは加速し始めている。失業率は平時としては史上最低に近い。さてさてどんな決断を下すべきか。経済学1011 は履修済みとして、次にするのはなんだろうか。

答えは簡単だ。にもかかわらずFedは経済には緊急かつ大量のイージーマネーというカンフル剤が必要だと判断した。1966年12月までに、フェデラル・ファンド・レートは5.40%へ切り下げられた。1967年1月には4.94%まで下げられた。その4月には4.05%。1967年10月には3.88%となったのだ。1960年代後半をつうじて名目GDPは6%から8%で上昇していたことを頭に入れておいてほしい。「具体的な手段2 」としてマネタリーベースがお好みなのであれば、1960年代が進むにつれてこの指標がずっとより急速に拡大し始めたことも言っておこう。

ここで2008年9月の議事録を読んでみよう。すなわち、金融パニックの胎動の真っただ中においてFedがインフレへの懸念を理由として金利の切り下げを拒否したときのものだ。インフレ連動債(TIPS)のスプレッドはその後5年間でのインフレ率を1.23%と示していたし、商品価格も下落していたのにも関わらずだ。これが果たしてインフレが目標を超えた水準で急上昇しており、失業率が3.6%であるときに金利を引き下げるようなFedと似ていると言えるだろうか。

追記:大インフレはオイルショックやベトナム戦争、財政赤字、労働組合、それ以外の何か意味不明なものによって起こされたのだとアホどもが言ってきたときには、このデータを思い起こすといい。

追追記:経済学者(若干の例外あり)は1966年の犯罪的な所業の共謀者だ。Fedは基本的に、Fedはこうすべきだとコンセンサスが考えることを行う。「最高で最も聡明な人々(best and the brightest)3 」やとても真摯な人たちというわけだ。それでもまだ2008~09年の経済学者全体が私が主張するほどに頭がいかれていたなんてあるわけがない、と考えるかい?50年後において2008年のFedの行動はどのように見られているだろうか。1966年~67年のFedが今日見られているのと同じようなものだと私は思うね。マジで頭がおかしいってことだ。そしてECBなんてものもあるわけだが…。

追追追記:何が起きているかを理解していた経済学者の一人はフリードマンだ。面白いと思うので、下に引用しよう(出典もとはエドワード・ネルソンの論文)。

1966年4月からその年の年末にかけて、金融政策引締めの証拠はマネーサプライの各指標全てに渡って表れ始めたのであり、1966年の「信用収縮(credit crunch)」は他の金融指標においても明らかで、金融引締の期間であると広く認識されている (Romer and Romer, 1993, pp. 76−78)。Fedは1967年になって緩和へと乗り出すことになるのだが、フリードマンはこの緩和を分岐点と捉えた。彼は1967年を物価安定からの大きな逸脱の始まりの年としている。それまでの金融政策は1954年に彼が設定したパターンと物価の安定を調和させていた。上昇傾向を保ちつつインフレは乱高下を行うとともに、金融引締への乗りだしを反映して時折そうした上昇傾向の下へと逸脱したが、そうした引締めはひとたび景気後退が進展すると放棄された。

FOMCはしかしながら、1967年におけるその緩和の大きさをしっかりと理解してはいなかった。高い名目金利を引締め政策と明示的に結び付けつつ、Fedの当局者たちは実質と名目金利の区別を見逃していた。フリードマンはそれとは対照的に、そうした区別の重要性を政策決定者に対して強く強調し、マーティン議長はそうした批判を無視することはできなかった。特に、フリードマンが議会におけるマーティン議長への質問者の関心を集めていたのだからなおさらだった。フリードマンによるフィッシャー効果の復活は、マーティン議長が1968年2月14日の合同経済委員会に出席した際に触れられている。(1968, p. 1980)

サイミングトン上院議員:イージーマネーが金利を幼少させるという理論をとある有名な経済学者が構築した。あなたがこの概念を検討していないというのであれば、職員にそれをさせるつもりはありますか。これは興味深い理論です。私はこれをその経済学者とほんの一週間前に議論したところです。これを誰かに研究させるつもりはありますか。

マーティン議長:喜んでそうさせて頂きます。

「有名な経済学者」というのは、もちろんフリードマンのことだ。

2008年にバーナンキに対して、低金利はしばしば金融政策が引締め気味になっていることの印であるというとある無名のベントレー大学の経済学者4 の理論を研究するよう尋ねた上院議員はいなかった。

訳注;本サイトの名前でもあるが、元々はアメリカの大学における経済学の入門コースのこと。 [↩]
訳注;原文は”concrete steppe”となっており、具体的措置”concrete step”とコンクリートの平原”concrete steppe”をひっかけたダジャレになっている。サムナーは別のエントリにおいて、Fedはマネタリーベースをいじっていないから2008年金融危機を起こしたのはFedではないことを主張する人を指して、”people of concrete steppe”と呼んでいる。つまり、マネーサプライを一定(平原=フラット)に保つことを教条的に主張することに皮肉を言っていると思われる。 [↩]
訳注;もともとはケネディとジョンソン政権の下でベトナム戦争を引き起こした閣僚たちを指した言葉が出典だが、実際大インフレが起きたのもこの時期である。 [↩]
訳注;もちろん本エントリの筆者、サムナー自身のこと。 [↩]

5:48 午前  
Blogger yoji said...

連邦準備制度はなぜ判断を間違えたか ―― グレートリセッションと金融政策 | FOREIGN AFFAIRS JAPAN
https://www.foreignaffairsj.co.jp/articles/201606_sumner/
連邦準備制度はなぜ判断を間違えたか
―― グレートリセッションと金融政策
スコット・サムナー/ ジョージ・メイソン大学教授

The Fed and the Great Recession

Scott Sumner ジョージ・メイソン大学マーカタスセンターディレクター(金融政策)。ベントレー大学名誉教授。ブログ、マネーイリューション(http://www.themoneyillusion.com/)の著者。

トップページ 論文データベース 連邦準備制度はなぜ判断を間違えたか ―― グレートリセッションと金融政策
2016年6月号掲載論文
シェア ツイート
一般に考えられるのとは違って、住宅市場の崩壊、壊滅的な自然災害、株式市場のクラッシュなどのショックによって、リセッションに陥る訳ではない。むしろ、深刻なリセッションを引き起こすのは金融政策の判断ミスであることが多い。実際、グレートリセッションを引き起こしたのは、住宅市場の崩壊と混乱ではなく、連邦準備制度(Fed)の金融政策上の判断ミスだった。住宅市場が崩壊への道をたどり始めて2年後の2008年半ばには、さらに深刻な問題が表面化していた。失業率が上昇し、住宅部門だけでなく、経済の全てのセクターへと失業が広がっていた。だが、Fedは、おそらくは原油価格の上昇に派生するインフレを警戒して、問題を相殺するのに必要な迅速な利下げを実施せず、その結果、名目国内総生産(NGDP)は急速に低下し、失業率が急速に上昇した。・・・

何が金融政策の適切な指標なのか
何が本当の原因だったのか
金融危機からマクロ経済危機へ
自然利子率と名目金利と金融政策
インフレターゲットを超えて
NGDPターゲットを
この論文はSubscribers’ Onlyです。

メールアドレス


パスワード


ログイン情報を記憶



論文を読むために購読を開始する
パスワードをお忘れですか ?

フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします(クレジットカード決済ですとリアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます)。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、ご入金確認後にご覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

2016年6月号に掲載

関連論文

非伝統的金融政策の悪夢 ―― なぜ危険が待ち構えているか

2016年6月号 マーチン・フェルドシュタイン


米金融政策の国際的衝撃 ―― 量的緩和縮小と新興国経済

2014年8月号 ベン・ステイル

(C) Copyright 2016 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

5:55 午前  
Blogger yoji said...

Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: 禅学入門 (講談社学術文庫) (Kindle版)
本書は鈴木大拙の英語著作を基にしている(“An Introduction to Zen Buddhism”~ただし同名書籍日本発売英語kindleはなぜか不完全版である)。1934年に出ているので現代禅学の源流と言っていい。
(この日本語版は本人監修の二度目の邦訳で、経緯から岡倉天心の『茶の本』1906を想起させる。)
フロムは『禅と精神分析』(邦訳1960)で本書から多く引用している。

《 「禅には文字で説くべきものはない 、聖教として珍重すべきものはない 。たとい道い得るとも三十棒 、道い得ざるとも三十棒 。黙するも得ず 、説くも得ず 」と 。》「禅は虚無主義か」『禅学入門』より

これは臨済録などにも再録された徳山宣鑑(780~865)の公案で、ベイトソンも「精神分裂病の理論化に向けて」『精神の生態学』で引用し、ダブルバインドの肯定的例としている。

柄谷行人はさらに「自然脳」『隠喩としての建築』で笑いと分裂病を分けるものとして上を引用しゲーデルを踏まえた論を展開している。ダブルバインド理論から鈴木大拙を振り返ることは禅を神秘思想から救うには有効だろう。


徳山 宣鑑(とくざん せんがん、780年 - 865年)は、中国唐代の禅僧。 俗姓は周氏、剣南(四川省)の出身である。
古来、禅者の間では徳山の峻厳な禅風を表す「徳山の棒」は「臨済の喝」と並んで有名である。
宗門葛藤集が元ネタだが、臨済録の方がダブルバインドを理解した言葉使いになっている。碧巌録は晩年の徳山の姿を伝える。

6:04 午前  
Blogger yoji said...

ヘリコプターマネーとはなにか | TATE-MAGA
https://tate-maga.tateru.co/real-estate-investment/160908/
「量的緩和」とヘリマネはどう違うのか

デフレに苦しむ日本は、2012年に発足した安倍内閣とともに、黒田日銀体制のもとで年間80兆円もの国債買い上げをしてきました。政府負債となる1,075兆円のうち3分の1は日銀が保有しています。これが黒田総裁の言う「量的緩和」です。

ヘリマネは、この量的緩和とは違います。量的緩和は、中央銀行が買い取った国債に利子をつけて、政府がいずれ買い戻す約束が付いているのに対し、ヘリマネは中央銀行が国債を保有し続け、政府は元利返済に伴う将来の負担増加を懸念する必要がなくなるのです。

ゼロ金利、量的緩和、そして、マイナス金利も「やらないよりやる方がマシ」だが、それ以上の需要喚起には「金融政策と財政政策の一体化が必要だ」というのがヘリマネ論の主張です。

4:56 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home