月曜日, 2月 22, 2016

Monetary Policy, Inflation, and the Business Cycle: Jordi Gali/Monetary Theory and Policy: Carl E. Walsh: 洋書

                       ( 経済学リンク::::::::::

NAMs出版プロジェクト: Monetary Policy, Inflation, and the Business Cycle: Jordi Gali/Monetary Theory and Policy: Carl E. Walsh: 洋書
http://nam-students.blogspot.jp/2016/02/monetary-theory-and-policy-carl-e-walsh.html(本頁)

 Gali(2008,2015)とWalsh(2010)による金融政策教科書。共に2008以降の版はニューケインジアンモデルを追加している。

参考:

NAMs出版プロジェクト: ニュ ー ・ケインジアン ( N K )モデル

http://nam-students.blogspot.jp/2016/02/n-k.html

_______
Monetary Policy, Inflation, and the Business Cycle: An Introduction to the New Keynesian Framework: Jordi Gali: 洋書 2008
http://www.amazon.co.jp/Monetary-Policy-Inflation-Business-Cycle/dp/0691133166/
Galí, J.: Monetary Policy, Inflation, and the Business Cycle: An Introduction to the New Keynesian Framework and Its Applications. (Second Edition) (eBook and Hardcover) 2015
http://press.princeton.edu/titles/10495.html
Table of Contents:
Preface ix
CHAPTER 1 Introduction 1
CHAPTER 2 A Classical Monetary Model 17
CHAPTER 3 The Basic New Keynesian Model 52
CHAPTER 4 Monetary Policy Design in the Basic New Keynesian Model 98
CHAPTER 5 Monetary Policy Tradeoffs: Discretion versus Commitment 126
CHAPTER 6 A Model with Sticky Wages and Prices 163
CHAPTER 7 Unemployment in the New Keynesian Model 199
CHAPTER 8 Monetary Policy in the Open Economy 223
CHAPTER 9 Lessons, Extensions, and New Directions 261
Index 271

http://press.princeton.edu/chapters/s10495.pdf


       \Indeterminacy(不確定性、不確実性、非決定性)
Determinacy \

   K(φπ-1)+(1-β)φy > 0 (10)...
Figure 4.1 illustrates graphically the regions of parameter space for (φπ,φy) associated with determinate and
indeterminate equilibria, as implied by condition (10).
p8

Figure 4.2 represents the determinacy/indeterminacy regions in (φπ,φy)
space, under the baseline calibration for the remaining parameters. Note
that in contrast with the "contemporaneous" rule considered in the previous
subsection, determinacy of equilibrium under the present forward-looking
rule requires that the central bank reacts neither "too strongly" nor "too
weakly" to deviations of ination and/or the output gap from target. Yet,
the figure suggests that the kind of overreaction that would be conducive to
indeterminacy would require rather extreme values of the inflation  and/or
output gap coefficients, well above those characterizing empirical interest
rate rules.
p10

http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.467.3130&rep=rep1&type=pdf 7:2007

Unemployment in an Estimated New Keynesian Model
http://www.nber.org/chapters/c12424.pdf 7:2015

参考:
上級マクロ経済学後半講義資料(担当:塩路) V-3
より本格的なニューケインジアン・マクロモデルへ:
ニューケインジアン・フィリップス曲線(New Keynesian Phillips Curve, NKPC)
http://www.econ.hit-u.ac.jp/~shioji/jokyu/NKPC.pdf

_________

 Monetary Theory and Policy: Carl E. Walsh: 洋書
2010 3ed (1st:1998,2nd:2003)
http://www.amazon.co.jp/Monetary-Theory-Policy-Carl-Walsh/dp/0262013770#customerReviews


http://www2.um.edu.uy/dtrupkin/walsh.pdf 3ed 全文?
Contents
Preface xi
Introduction xvii
1 Empirical Evidence on Money, Prices, and Output 1

2 Money-in-the-Utility Function 33
3 Money and Transactions 91
4 Money and Public Finance 135
5 Money in the Short Run: Informational and Portfolio Rigidities 195
6 Money in the Short Run: Nominal Price and Wage Rigidities 225
7 Discretionary Policy and Time Inconsistency 269
8 New Keynesian Monetary Economics 329
9 Money and the Open Economy 395
10 Financial Markets and Monetary Policy 453
11 Monetary Policy Operating Procedures 511

http://www.amazon.co.jp/dp/toc/0262013770/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=52033011  2ed?

Part 1
Empirical evidence on money and output:
introduction;
some basic correlations;
estimating the effect of money on output;
summary.

Part 2
Money in a general equilibrium framework:
introduction;
the Tobin effect;
money in the utility function;
summary;
appendix - the MIU approximation;
problems.

Part 3
Money and transactions:
introduction;
shopping-time models;
cash-in-advance models;
other approaches;
summary;
appendix - the CIA approximation;
problems.

Part 4
Money and public finance:
introduction;
bugdet accounting;
equilibrium seigniorage;
optimal taxation and seigniorage;
Friedman's rule revisited;
nonindexed tax systems;
problems.

Part 5
Money and output in the short run:
introduction;
flexible prices;
sticky prices and wages;
a framework for monetary analysis;
inflation persistence;
summary;
appendix;
problems.

Part 6
Money and the open economy:
introduction;
the Obstfeld-Rogoff two-country model;
policy coordination;
the small open economy;
summary;
appendix;
problems.

Part 7
The credit channel of monetary policy:
introduction;
imperfect information in credit markets;
macroeconomic implications; does credit matter?;
summary.

Part 8
Discretionary policy and time inconsistency:
introduction;
inflation under discretionary policy;
solutions to the inflation bias;
is the inflation bias important?;
do central banking institutions matter?;
lessons and conclusions;
problems.

Part 9
Monetary-policy operating procedures:
introduction; from instruments to goals;
the instrument-choice problem;
operating procedures and policy measures;
problems.

Part 10
Interest rates and monetary policy:
introduction;
interest-rate rule and the price level;
interest rate policies in general equilibrium models;
the term structure of interest rates;
a model for policy analysis;
summary;
problems.


______

東京大学公共政策大学院HPより
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/courses/2013/5113172.htm
…本講義では金融政策にかかわるトピックをマクロ経済学の分析手法を用いて解説する。取り上げる分野は、金融政策の波及経路、ニューケインジアンモデル、最適金融政策、中央銀行の独立性、資産市場と金融政策等である。
講義は、単一の教科書に基づくものではないが、以下の教科書が有用である。

"Monetary Policy, Inflation, and the Business Cycle" by Gali,
"Monetary Theory and Policy" by Walsh. 

講義ノートはウェブページで入手可能。
To learn various topics on monetary policy. Topics covered include: identification of the monetary transmission mechanism, the New-Keynesian models, optimal monetary policy, central-bank independence, financial markets and monetary policy.
The course will not be based on a single textbook, but the following textbooks are useful: 

“"Monetary Policy, Inflation, and the Business Cycle" by Gali,
 "Monetary Theory and Policy" by Walsh. 

Additional readings will be made available to students through the course homepage.





\Indeterminacy(不確定性、不確実性、非決定性)
決定性\

K(φπ-1)+(1-β)φY> 0(10)...
図4.1は、確定に関連したグラフィカル(φπ、φY)のためのパラメータ空間の領域を示し、
条件(10)によって示唆されるよう不定平衡、。
P8

図4.2(φπ、φY)で決定性/不確定領域を表し、
スペース、残りのパラメータのベースラインキャリブレーションの下で。 注意
以前に考え、「同時」のルールとは対照的に、その
現在の前向きの下で均衡のサブセクション、決定性
ルールはあまりにも「中央銀行はいずれも「強すぎる」に反応することが必要でも、
弱 "‡エーションおよび/またはターゲットからGDPギャップ内の偏差に。しかし、
図は、過剰反応の種類がに資するであろうということを示唆しています
不確定性が‡flationでのかなり極端な値を必要とする、および/または
GDPギャップ係数、同様にそれらの特徴づける経験的関心上記
レートルール。
P10

月曜日、2月22、2016

金融政​​策、インフレ、およびビジネス・サイクル:ジョルディガリ/貨幣理論と政策:カール・E.ウォルシュ:洋書


NAMの出版プロジェクト:金融政策、インフレ、およびビジネス・サイクル:ジョルディガリ/貨幣理論と政策:カール・E.ウォルシュ:洋書
http://nam-students.blogspot.jp/2016/02/monetary-theory-and-policy-carl-e-walsh.html
_______
金融政策、インフレ、およびビジネス・サイクル:ニューケインジアンフレームワークの概要:ジョルディ・ガリ:洋書2008
http://www.amazon.co.jp/Monetary-Policy-Inflation-Business-Cycle/dp/0691133166/

ガリ、J .:金融政策、インフレ、およびビジネス・サイクル:ニューケインジアンフレームワークとその応用の紹介。 (第2版)(電子書籍とハードカバー)2015
http://press.princeton.edu/titles/10495.html
目次:
はじめにix
第1章はじめに1
第2章古典的な金融モデル17
第3章基本的なニューケインジアンモデル52
基本的なニューケインジアンモデル98における第4章金融政策のデザイン
第5章金融政策のトレードオフ:コミットメント126対裁量
第6章スティッキー賃金と物価163とモデル
ニューケインジアンモデル199における第7章失業
開放経済223における第8章金融政策
第9章レッスン、拡張機能、および新しい方向261
インデックス 271

http://press.princeton.edu/chapters/s10495.pdf

http://www.tau.ac.il/~razin/galich3Gali.pdf
http://crei.cat/people/gali/pdf_files/monograph/ch4Gali.pdf



\Indeterminacy(不確定性、不確実性、非決定性)
決定性\

K(φπ-1)+(1-β)φY> 0(10)...
図4.1は、確定に関連したグラフィカル(φπ、φY)のためのパラメータ空間の領域を示し、
条件(10)によって示唆されるよう不定平衡、。
P8

図4.2(φπ、φY)で決定性/不確定領域を表し、
スペース、残りのパラメータのベースラインキャリブレーションの下で。 注意
以前に考え、「同時」のルールとは対照的に、その
現在の前向きの下で均衡のサブセクション、決定性
ルールはあまりにも「中央銀行はいずれも「強すぎる」に反応することが必要でも、
弱 "‡エーションおよび/またはターゲットからGDPギャップ内の偏差に。しかし、
図は、過剰反応の種類がに資するであろうということを示唆しています
不確定性が‡flationでのかなり極端な値を必要とする、および/または
GDPギャップ係数、同様にそれらの特徴づける経験的関心上記
レートルール。
P10

http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.467.3130&rep=rep1&type=pdf 7:2007

目安ニューケインジアンモデルの失業
http://www.nber.org/chapters/c12424.pdf 7:2015

参考:
上級マクロ経済学後半講義資料(担当:塩路)V-3
より本格的なニューケインジアン・マクロモデルへ:
ニューケインジアン・フィリップス曲線(ニューケインジアン・フィリップス曲線、NKPC)
http://www.econ.hit-u.ac.jp/~shioji/jokyu/NKPC.pdf



_________

貨幣理論と政策:カール・E.ウォルシュ:洋書
2010 3ED
http://www.amazon.co.jp/Monetary-Theory-Policy-Carl-Walsh/dp/0262013770#customerReviews


http://www2.um.edu.uy/dtrupkin/walsh.pdf 3ED全文?
コンテンツ
はじめにxi
はじめにxvii
マネー、価格、および出力1に1実証的証拠
2マネー・イン・ザ・ユーティリティ機能33
3お金とトランザクション91
4お金および財政135
短期的には5マネー:情報およびポートフォリオ剛性195
短期的には6マネー:名目価格と賃金硬直225
7裁量政策と時間の矛盾269
8ニューケインジアン金融経済学329
9お金と開放経済395
10金融市場と金融政策453
11金融政策操作手順511

http://www.amazon.co.jp/dp/toc/0262013770/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=52033011 2ED?
パート1
お金と出力に関する実証的証拠:
導入;
いくつかの基本的な相関関係。
出力にお金の影響を推定します。
概要。

パート2
一般均衡の枠組みでマネー:
導入;
トービン効果。
ユーティリティ関数のお金。
概要;
付録- MIU近似。
問題。

パート3
お金との取引:
導入;
ショッピング時間モデル。
現金・イン・アドバンスモデル。
他のアプローチ;
概要;
付録- CIA近似。
問題。

パート4
お金および財政:
導入;
会計をbugdet。
平衡シニョレッジ。
最適課税とシニョレッジ。
フリードマンのルールは、再訪します。
索引なし税制。
問題。

パート5
短期的にお金と出力:
導入;
柔軟な価格;
粘着性の物価と賃金。
金銭的な分析のためのフレームワーク。
インフレの持続性。
概要;
付録;
問題。

パート6
お金と開放経済:
導入;
Obstfeld-ロゴフ2国モデル。
政策協調。
小さ ​​な開放経済。
概要;
付録;
問題。

パート7
金融政策の信用チャンネル:
導入;
信用市場の不完全な情報。
マクロ経済の影響; 信用問題はありません?;
概要。

パート8
裁量的政策と時間の矛盾:
導入;
裁量的政策の下でインフレ。
インフレバイアスの解決策。
インフレバイアスが重要です?;
中央金融機関は関係ありません?;
レッスンと結論。
問題。

パート9
金融政策の操作手順:
導入; 楽器のゴールへ。
楽器の選択肢の問題。
操作手順や政策措置。
問題。

パート10
金利と金融政策:
導入;
金利ルールと価格水準。
一般均衡モデルにおける金利政策。
金利の期間構造。
政策分析のためのモデル。
概要;
問題。

1 Comments:

Blogger yoji said...

Monetary Policy, Inflation, and the Business Cycle: An Introduction to the New Keynesian Framework (英語) ハードカバー – 2008/2/11
Jordi Gali (著)

7:50 午後  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home