水曜日, 12月 21, 2016

ラマヌジャン

                 (リンク:::::::::数学

NAMs出版プロジェクト: ラマヌジャン
http://nam-students.blogspot.jp/2016/12/blog-post_21.html@
NAMs出版プロジェクト: インドのシュリーアントラ(Sriyantra)
http://nam-students.blogspot.jp/2012/10/blog-post_23.html
NAMs出版プロジェクト: インド唯名論と実在論:再送
http://nam-students.blogspot.jp/2011/11/blog-post_30.html
シュリニヴァーサ・ラマヌジャン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/シュリニヴァーサ%E3%83%BBラマヌジャン
シュリニヴァーサ・アイヤンガー・ラマヌジャンSrinivasa Aiyangar Ramanujan1887年12月22日 - 1920年4月26日)はインド数学者。極めて直感的、天才的な閃きにより「インドの魔術師」の異名を取った。

ラマヌジャンも何度か見たであろう 、タンジャブールの 、このブリハディシュワラ寺院を見て疑問が氷解した 。これだけの雄大かつ精緻な石造建築を造営するには 、長い歳月にわたり 、芸術的感性と技巧を有する 、多数の建築家や石工を必要とする 。芸術家の分厚い層がこの地に存在したことを意味する 。美的感覚がこの地には濃厚に存在したのである 。
タンジャブ ールとクンバコナムばかりでなく 、この辺りには 、こんな所と思えるような寒村に 、壮大かつ極端に美しい寺院があったりする 。クンバコナム北方三十キロの 、ガンガイコンダチョ ーラプラムという誰も知らない村にも 、度胆を抜く寺院がある 。それまでにいくつものヒンドゥ ー寺院を見て 、感動することのなかった私が 、この地ではいくたびか息を呑んだ 。そしてこれら寺院が 、私には 、ラマヌジャンの公式自体によく似て見えたのである 。
ラマヌジャンは 、家から歩いて二分のサーランガーパニ寺院をはじめとするこれら寺院を 、毎日訪れては祈り 、また大伽藍のひんやりした石畳にあぐらをかき 、静寂の中で数学を考えていたのである 。

心は孤独な数学者(新潮文庫)Kindle版

6 Comments:

Blogger yoji said...


ラマヌジャンも何度か見たであろう 、タンジャブ ールの 、このブリハディシュワラ寺院
を見て疑問が氷解した 。これだけの雄大かつ精緻な石造建築を造営するには 、長い歳月
にわたり 、芸術的感性と技巧を有する 、多数の建築家や石工を必要とする 。芸術家の分
厚い層がこの地に存在したことを意味する 。美的感覚がこの地には濃厚に存在したのである 。

タンジャブ ールとクンバコナムばかりでなく 、この辺りには 、こんな所と思えるような
寒村に 、壮大かつ極端に美しい寺院があったりする 。クンバコナム北方三十キロの 、
ガンガイコンダチョ ーラプラムという誰も知らない村にも 、度胆を抜く寺院がある 。
それまでにいくつものヒンドゥ ー寺院を見て 、感動することのなかった私が 、この地で
はいくたびか息を呑んだ 。そしてこれら寺院が 、私には 、ラマヌジャンの公式自体に
よく似て見えたのである 。

ラマヌジャンは 、家から歩いて二分のサ ーランガ ーパニ寺院をはじめとするこれら寺院
を 、毎日訪れては祈り 、また大伽藍のひんやりした石畳にあぐらをかき 、静寂の中で
数学を考えていたのである 。

心は孤独な数学者(新潮文庫)Kindle版 藤原 正彦  (著)

5:32 午前  
Blogger yoji said...

日本人にはバラモンのすごさがわかりにくい
天才数学者ラマヌジャンは正統バラモンの末裔だった
_____

 純粋数学というのは 、種々の学問のうちでも 、最も美意識を必要とするものと思う 。
実社会や自然界からかけ離れているため 、研究の動機 、方向 、対象などを決めるガイド
ラインが 、美的感覚以外にないからである 。論理的思考も 、証明を組み立てる段階で
必要となるが 、要所では美感や調和感が主役である 。この感覚の乏しい人は 、いくら頭がよく
とも数学者には不向きである 。
 美からかけ離れたように見える 、インドの如き混沌からラマヌジャンが生まれたという
ことは 、インドに来て以来 、私の脳裏を離れない謎であった 。それは 、モ ーツァルトが
インドで生まれたとしたら 、世界中の人が抱くだろう疑問と 、全く同質のものであった 。


ラマヌジャンも何度か見たであろう 、タンジャブ ールの 、このブリハディシュワラ寺院
を見て疑問が氷解した 。これだけの雄大かつ精緻な石造建築を造営するには 、長い歳月
にわたり 、芸術的感性と技巧を有する 、多数の建築家や石工を必要とする 。芸術家の分
厚い層がこの地に存在したことを意味する 。美的感覚がこの地には濃厚に存在したのである 。

タンジャブ ールとクンバコナムばかりでなく 、この辺りには 、こんな所と思えるような
寒村に 、壮大かつ極端に美しい寺院があったりする 。クンバコナム北方三十キロの 、
ガンガイコンダチョ ーラプラムという誰も知らない村にも 、度胆を抜く寺院がある 。
それまでにいくつものヒンドゥ ー寺院を見て 、感動することのなかった私が 、この地で
はいくたびか息を呑んだ 。そしてこれら寺院が 、私には 、ラマヌジャンの公式自体に
よく似て見えたのである 。

ラマヌジャンは 、家から歩いて二分のサ ーランガ ーパニ寺院をはじめとするこれら寺院
を 、毎日訪れては祈り 、また大伽藍のひんやりした石畳にあぐらをかき 、静寂の中で
数学を考えていたのである 。

心は孤独な数学者(新潮文庫)Kindle版 藤原 正彦 (著)

7:27 午前  
Blogger yoji said...

日本人にはバラモンのすごさがわかりにくい
天才数学者ラマヌジャンは正統派バラモンの末裔だった
_____

 純粋数学というのは 、種々の学問のうちでも 、最も美意識を必要とするものと思う 。
実社会や自然界からかけ離れているため 、研究の動機 、方向 、対象などを決めるガイド
ラインが 、美的感覚以外にないからである 。論理的思考も 、証明を組み立てる段階で
必要となるが 、要所では美感や調和感が主役である 。この感覚の乏しい人は 、いくら頭がよく
とも数学者には不向きである 。
 美からかけ離れたように見える 、インドの如き混沌からラマヌジャンが生まれたという
ことは 、インドに来て以来 、私の脳裏を離れない謎であった 。それは 、モ ーツァルトが
インドで生まれたとしたら 、世界中の人が抱くだろう疑問と 、全く同質のものであった 。


ラマヌジャンも何度か見たであろう 、タンジャブ ールの 、このブリハディシュワラ寺院
を見て疑問が氷解した 。これだけの雄大かつ精緻な石造建築を造営するには 、長い歳月
にわたり 、芸術的感性と技巧を有する 、多数の建築家や石工を必要とする 。芸術家の分
厚い層がこの地に存在したことを意味する 。美的感覚がこの地には濃厚に存在したのである 。

タンジャブ ールとクンバコナムばかりでなく 、この辺りには 、こんな所と思えるような
寒村に 、壮大かつ極端に美しい寺院があったりする 。クンバコナム北方三十キロの 、
ガンガイコンダチョ ーラプラムという誰も知らない村にも 、度胆を抜く寺院がある 。
それまでにいくつものヒンドゥ ー寺院を見て 、感動することのなかった私が 、この地で
はいくたびか息を呑んだ 。そしてこれら寺院が 、私には 、ラマヌジャンの公式自体に
よく似て見えたのである 。

ラマヌジャンは 、家から歩いて二分のサ ーランガ ーパニ寺院をはじめとするこれら寺院
を 、毎日訪れては祈り 、また大伽藍のひんやりした石畳にあぐらをかき 、静寂の中で
数学を考えていたのである 。

心は孤独な数学者(新潮文庫)Kindle版 藤原 正彦 (著)

7:29 午前  
Blogger yoji said...



日本人にはバラモンのすごさがわかりにくい
例えば天才数学者ラマヌジャンは正統派バラモンの末裔だった
_____

 純粋数学というのは 、種々の学問のうちでも 、最も美意識を必要とするものと思う 。
実社会や自然界からかけ離れているため 、研究の動機 、方向 、対象などを決めるガイド
ラインが 、美的感覚以外にないからである 。論理的思考も 、証明を組み立てる段階で
必要となるが 、要所では美感や調和感が主役である 。この感覚の乏しい人は 、いくら頭がよく
とも数学者には不向きである 。
 美からかけ離れたように見える 、インドの如き混沌からラマヌジャンが生まれたという
ことは 、インドに来て以来 、私の脳裏を離れない謎であった 。それは 、モ ーツァルトが
インドで生まれたとしたら 、世界中の人が抱くだろう疑問と 、全く同質のものであった 。

 ラマヌジャンも何度か見たであろう 、タンジャブ ールの 、このブリハディシュワラ寺院
を見て疑問が氷解した 。これだけの雄大かつ精緻な石造建築を造営するには 、長い歳月
にわたり 、芸術的感性と技巧を有する 、多数の建築家や石工を必要とする 。芸術家の分
厚い層がこの地に存在したことを意味する 。美的感覚がこの地には濃厚に存在したのである 。

それまでにいくつものヒンドゥ ー寺院を見て 、感動することのなかった私が 、この地で
はいくたびか息を呑んだ 。そしてこれら寺院が 、私には 、ラマヌジャンの公式自体に
よく似て見えたのである 。

ラマヌジャンは 、家から歩いて二分のサ ーランガ ーパニ寺院をはじめとするこれら寺院
を 、毎日訪れては祈り 、また大伽藍のひんやりした石畳にあぐらをかき 、静寂の中で
数学を考えていたのである 。


参考:
ブリハディシュワラ寺院
http://www.kamit.jp/02_unesco/07_thanjavur/exteri.jpg
サーランガーパニ寺院
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/10/Gopuras_in_Kumbakonam_-_India.JPG/1920px-Gopuras_in_Kumbakonam_-_India.JPG

7:34 午前  
Blogger yoji said...



日本人にはバラモンのすごさがわかりにくい
例えば天才数学者ラマヌジャンは正統派バラモンの末裔だった
_____

《 純粋数学というのは 、種々の学問のうちでも 、最も美意識を必要とするものと思う 。
実社会や自然界からかけ離れているため 、研究の動機 、方向 、対象などを決めるガイド
ラインが 、美的感覚以外にないからである 。論理的思考も 、証明を組み立てる段階で
必要となるが 、要所では美感や調和感が主役である 。この感覚の乏しい人は 、いくら頭がよく
とも数学者には不向きである 。
 美からかけ離れたように見える 、インドの如き混沌からラマヌジャンが生まれたという
ことは 、インドに来て以来 、私の脳裏を離れない謎であった 。それは 、モ ーツァルトが
インドで生まれたとしたら 、世界中の人が抱くだろう疑問と 、全く同質のものであった 。

 ラマヌジャンも何度か見たであろう 、タンジャブ ールの 、このブリハディシュワラ寺院
を見て疑問が氷解した 。これだけの雄大かつ精緻な石造建築を造営するには 、長い歳月
にわたり 、芸術的感性と技巧を有する 、多数の建築家や石工を必要とする 。芸術家の分
厚い層がこの地に存在したことを意味する 。美的感覚がこの地には濃厚に存在したのである 。

それまでにいくつものヒンドゥ ー寺院を見て 、感動することのなかった私が 、この地で
はいくたびか息を呑んだ 。そしてこれら寺院が 、私には 、ラマヌジャンの公式自体に
よく似て見えたのである 。

ラマヌジャンは 、家から歩いて二分のサ ーランガ ーパニ寺院をはじめとするこれら寺院
を 、毎日訪れては祈り 、また大伽藍のひんやりした石畳にあぐらをかき 、静寂の中で
数学を考えていたのである 。》
心は孤独な数学者(新潮文庫)Kindle版 藤原 正彦 (著)

参考:
ブリハディシュワラ寺院
http://www.kamit.jp/02_unesco/07_thanjavur/exteri.jpg
サーランガーパニ寺院
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/10/Gopuras_in_Kumbakonam_-_India.JPG/1920px-Gopuras_in_Kumbakonam_-_India.JPG

7:35 午前  
Blogger yoji said...


日本人にはバラモンのすごさがわかりにくい
例えば天才数学者ラマヌジャンは正統派バラモンの末裔だった
_____

《 純粋数学というのは 、種々の学問のうちでも 、最も美意識を必要とするものと思う 。
実社会や自然界からかけ離れているため 、研究の動機 、方向 、対象などを決めるガイド
ラインが 、美的感覚以外にないからである 。論理的思考も 、証明を組み立てる段階で
必要となるが 、要所では美感や調和感が主役である 。この感覚の乏しい人は 、いくら頭がよく
とも数学者には不向きである 。
 美からかけ離れたように見える 、インドの如き混沌からラマヌジャンが生まれたという
ことは 、インドに来て以来 、私の脳裏を離れない謎であった 。それは 、モーツァルトが
インドで生まれたとしたら 、世界中の人が抱くだろう疑問と 、全く同質のものであった 。

 ラマヌジャンも何度か見たであろう 、タンジャブールの 、このブリハディシュワラ寺院
を見て疑問が氷解した 。これだけの雄大かつ精緻な石造建築を造営するには 、長い歳月
にわたり 、芸術的感性と技巧を有する 、多数の建築家や石工を必要とする 。芸術家の分
厚い層がこの地に存在したことを意味する 。美的感覚がこの地には濃厚に存在したのである 。

それまでにいくつものヒンドゥー寺院を見て 、感動することのなかった私が 、この地で
はいくたびか息を呑んだ 。そしてこれら寺院が 、私には 、ラマヌジャンの公式自体に
よく似て見えたのである 。

ラマヌジャンは 、家から歩いて二分のサーランガーパニ寺院をはじめとするこれら寺院
を 、毎日訪れては祈り 、また大伽藍のひんやりした石畳にあぐらをかき 、静寂の中で
数学を考えていたのである 。》
心は孤独な数学者(新潮文庫)Kindle版 藤原 正彦 (著)

参考:
ブリハディシュワラ寺院
http://www.kamit.jp/02_unesco/07_thanjavur/exteri.jpg
サーランガーパニ寺院
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/10/Gopuras_in_Kumbakonam_-_India.JPG/1920px-Gopuras_in_Kumbakonam_-_India.JPG

7:36 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home