木曜日, 5月 11, 2017

的場昭弘「マルクスを再読する 主要著作の現代的意義」 https://itun.es/jp/sPeLib.l

的場昭弘「マルクスを再読する 主要著作の現代的意義」2017
https://itun.es/jp/sPeLib.l


スピノザを弁証法を拒否した思想家と定義したのは正しい。
ただし、マルクスの唯物論は外部に空想家を措定し、攻撃することによって
自らの立場を確かなものとするようなものであり、言い換えれば他者の唯心論の
おかげではじめてマルクスの唯物論は存在できるのだ。
ハイデガーのマルクス批判にも一理ある。
プルードンはこうした弁証法のまやかしに意識的に決別した最初の人間だ。
だからスピノザ(疑いつつ:ある=精神:身体)*を受け継いだのはマルクスではなくプルードンだ。
その単純な集合労働力理論を批判するのは簡単だが、相対的剰余価値として二次的概念に切り下げたことが、安易な政治主義の跋扈をもたらした。プルードンに関して言えば、彼は銀行を作り
自分たちの貨幣を作ろうとした(マルクスだって労働組合における労働証券を想定していた…)。
プルードンの集合労働力理論の肝は銀行を作ることであって共同体を作ることにはない。
ここに民衆の自然権を(国家に対して双務主義的に)重視したスピノザとプルードンの
共通点がある。
またマルクスは自分のユダヤ人出自を隠蔽し、欺瞞的態度をとった。スピノザとは正反対である。
プルードンの出世作『日曜励行論』も内在的ユダヤ人論だった…
『自然的経済秩序』冒頭のゲゼルによるマルクス批判、プルードン賛美を読み直すべきだろう。
ゲゼル(=プルードンを再評価した)とカレツキ(=マルクスから有効需要原理を抽出した)を経由しないマルクス論は退屈である。

ゲゼルであれば商品は減価するのに対応する価値を表す貨幣が目減りしないのはおかしいと
言うことになるし、カレツキであれば投資と投資決意は違うといったことになる。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home