水曜日, 5月 09, 2018

リービッヒ土壌疲弊理論とデューリング Eugen Dühring 1865



NAMs出版プロジェクト: Liebig ユストゥス・フォン・リービッヒ
http://nam-students.blogspot.jp/2017/06/liebig.html
リービッヒ土壌疲弊説とデューリング Eugen Dühring 1865
弁証法の優先権〜1875 デュ ー リング 再考
http://nam-students.blogspot.jp/2013/04/blog-post_3.html

Major Works of Eugen Dühring
 Carey's Umwälzung der Volkswirtschaftslehre und Socialwissenschaft, 1865. [bk]
ケアリーの経済学と社会科学の革命 未邦訳

佐々木 隆治 『カール・マルクス』ちくま新書にさらりと、

後にエンゲルスから厳しく批判されることになる左派の経済学者、オイゲン・
デューリングも、リービッヒの理論に注目し、「意識的な物質分配の規制」を訴えた。》

と書いてある。これはある意味衝撃的だ。
デューリングはマルクス、エンゲルスよりも先にリービッヒに言及していたことになるが、
基本的にマルクスもエンゲルスもデューリングのリービッヒへの着目は無視しているからだ。
彼らがデューリングのプルードンへの賞賛を意図的に無視しているのと同じパターンだ。
デューリングのリービッヒへの言及は斎藤幸平の以下の研究に詳しい。

Karl Marx’s Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy Kindle版

斎藤は『マルクスとエコロジー』に関連論考を書いているが上の邦訳はない。
書評
http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13158/1/84-3ozawa.pdf
エンゲルスもマルクスも後年デューリングを読んで批判しているが、プルードンに対してと同じく
晩年に至るまでデューリングの功績やそこからの自分達への影響は無視するようにしている。
デューリングはケアリ(1793-1879)のアソシエーション論(タウンシップ論)とリービッヒの
土壌疲弊理論を比喩的につなげている。後の持続可能性議論の嚆矢だ。
デューリング原論考は以下のリンクから飛べる。
Major Works of Eugen Dühring
http://www.hetwebsite.net/het/profiles/duhring.htm Carey's…1865
  • (ec) Carey's Umwälzung der Volkswirtschaftslehre und Socialwissenschaft, 1865. [bk]
[ケアリーの経済学と社会科学の革命 未邦訳]

『反デューリング論』以外にクーゲルマン宛のマルクスの書簡(大月全集32,442頁)等も参照。

斎藤幸平が邦語文献で触れているフラースについては大月全集32,45頁を参照。
フラース(Fraas,1847)の発見もフーリエの方が早いことがこのマルクスの手紙でわかる。

___


参考:
ヘンリー・ケアリーの「アソシエーショニズム」の歴史的意義一一アメリカにおける高賃金経済論の系譜一一高橋和男 
I はじめに「産業革命の到来以降の経験は,経済法則が自動調整的でないことを示している。ゆえに,その摩擦的要素を少しでも克服するには,自発的協力(voluntary associations)だけでなく,立法によって経済法則の作用を補完しなければならない。」1)
ニューイングランドのタウンシップのような「小共和国」を形成する諸個人の自発的結社または自発的協力が,社会と文明の進歩の原動力であるという思想は,19世紀アメリカにとりわけ顕著な思想である2)。A.トクヴィルとならんでこの思想を体系的に説いたへンリー.ケアリー(1793-1879)に対するさまざまな党派的思惑からの一貫した曲解にもかかわらず,彼の「アソシエーショニズムJの思想、が,トクヴイルのそれに劣らず,「もうひとつのアメリカ資本主義」を希求する20世紀のとくに戦間期のさまざまな知的・思想的実践に落す長い影を見逃すことはない。…




《…あるいは、後にエンゲルスから厳しく批判されることになる左派の経済学者、オイゲン・デューリングも、リービッヒの理論に注目し、「意識的な物質分配の規制」を訴えた。アメリカではヘンリ・チャールズ…》

Kohei Saito, Natur gegen Kapital: Marx' Ökologie in seiner unvollendeten Kritik des Kapitalismus, Campus, 2016. 
岩佐茂・佐々木隆治編『マルクスとエコロジー』社会評論社、近刊予定 2016


マルクスより先にデューリングはリービッヒに着目している

Carey’s Revolution of National Economy and Social Science 
Carey’s Umwälzung der Volkswirthschaftslehre und Socialwissenschaft 1865
ケアリーの経済学と社会科学の革命


斎藤幸平の研究に詳しい

Karl Marx’s Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy Kindle版

Karl Marx’s Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished ...https://www.amazon.co.jp/Karl-Marx-s-Ecosocialism-Unfinished-Political-ebook/dp/B06VSFFLDR/
This book is an English version of Natur gegen Kapital: Marx’ Ökologie in seiner unvollendeten Kritik des Kapitalismus (Frankfurt am Main: Campus, 2016),…

Contents 
Acknowledgments
 Introduction 
PART I: ECOLOGY AND ECONOMY 
1. Alienation of Nature as the Emergence of the Modern
 2. Metabolism of Political Economy 
3. Capital as a Theory of Metabolism 
PART II: MARX’S ECOLOGY AND THE MARX-ENGELS-GESAMTAUSGABE
 4. Liebig and Capital 
5. Fertilizer against Robbery Agriculture?
 6. Marx’s Ecology after 1868 
Conclusion 
Notes 
Index

Kohei Saito - 2017 - プレビュー - 他の版
In his book Carey's Revolution of National Economy and Social Science (Carey's Umwälzung der Volkswirthschaftslehre und Socialwissenschaft), Dühring emphasized the meaning of the theory of “soil exhaustion proved by Liebig” for Carey's economic system, maintaining that it “builds a pillar on [Carey's] system.”14 He ...


soil exhaustion

土壌疲弊
Bei Carey versteht sich die von Liebig erwiesene Bodenerschöpfung ganz von selbst.
Sie bildet einen der Pfeiler seines Systems.




Carey's Umwälzung der Volkswirthschaftslehre und Socialwissenschaft : 12 Briefe
Dühring, Eugen
Published by ReInk Books, 2017
Print on Demand


6  Marx’s Ecology after 1868


It was Eugen Dühring, a lecturer at the University of Berlin and enthusiastic supporter of Carey’s economic system, who clearly pointed to the commonality between Liebig and Carey. He integrated Liebig’s theory into his own economic analysis as further validation of Carey’s proposal to establish autarchic town-communities without wasting plant nutrients and thus without exhausting soils. In his book Carey’s Revolution of National Economy and Social Science (Carey’s Umwälzung der Volkswirthschaftslehre und Socialwissenschaft), Dühring emphasized the meaning of the theory of “soil exhaustion proved by Liebig” for Carey’s economic system, maintaining that it “builds a pillar on [Carey’s] system.” 14 He argued:

Also the problem of soil exhaustion, which has already become quite threatening in North America, for example, will … be halted in the long run only through a commercial policy built upon the protection and education of domestic labor. For the harmonious development of the various facilities of one nation will result in stable local economic activities. They promote the natural circulation of materials [Kreislauf der Stoffe] and make it possible for plant nutrients to be returned to the soil from which they have been taken. 15


It is not accidental that Dühring’s protectionism is explicitly directed against the neglect of the problem of soil exhaustion in political economy. This is because any serious concern about this problem “inevitably prompts to abandon the principle of laissez faire,” a staple of classical political economy since Adam Smith. Dühring asks for “conscious regulation of material distribution” (bewusste Regulirung der Stoffvertheilung) as the “only countermeasure” against wasteful production in that it would overcome the division between town and country. 16

In the manuscript for volume 3 of Capital, Marx envisioned a future society beyond the antagonism between town and country, one in which “the associated producers govern their metabolic interaction with nature rationally.” He must have been surprised to learn that Dühring similarly demanded this, using Liebig’s theory of soil exhaustion. In other words, Marx’s claim, together with Dühring’s, reflected a popular tendency of the “Liebig school.” In subsequent years, Marx’s view of Dühring grew more critical, as Dühring began to promote his own system as the true foundation of social democracy. This likely reinforced Marx’s suspicion of Dühring’s interpretation of soil exhaustion and its advocates, even if he continued to recognize the usefulness of Liebig’s theory. In any case, at the beginning of 1868, the discursive constellation prompted Marx to intensively study books “against Liebig’s soil-exhaustion theory,” such as those by Karl Arnd, Franz Xavier Hlubek, Carl Fraas, and Friedrich Albert Lange. 17



14. Eugen Dühring, Carey’s Umwälzung der Volkswirthschaftslehre und Socialwissenschaft (Munich: E. A. Fleischmann, 1865), xv. 
15. Ibid., xiii. 
16. Eugen Dühring, Kritische Grundlegung der Volkswirthschaftslehre (Berlin: Alb. Eichhoff, 1866), 230.
17. Hlubek is regarded as the last defender of humus theory. Marx was already familiar with various critiques against it,as both Liebig and Lawes were highly critical of it. Marx’s reading of Hlubek’s Theory of Agriculture (Landwirthschaftslehre) published in 1853 indicates how encompassing his study of agriculture was in the beginning of 1868. He wrote to Kugelmann on March 6, 1868, and reflected that in the past two months despite his health condition he had “gobbled up enormous masses of ‘material,’ statistical and otherwise; this alone would have made sick those whose stomachs are not accustomed to this type of fodder and the rapid digestion of the same.” Marx and Engels, Collected Works, vol. 38, 544.
18. The expression “Malthus’s spectre” is employed by Dühring, though he does not relate this term to Liebig. Dühring, Carey’s Umwälzung, 67. Karl Arnd, in contrast, clearly direct in his critique, calls Liebig’s theory a “spectre of soil exhaustion.” Karl Arnd, Justus Liebig’s Agrikulturchemie und sein Gespenst der Bodenerschöpfung (Frankfurt am Main: H. L. Brönner, 1864). 
19. Liebig, Einleitung, 125–26.



自動翻訳:
1868年以降の6マルクスの生態学

ベルリン大学の講師であるEugenDühringは、Careyの経済システムの熱心な支持者であり、LiebigとCareyの共通点を明確に指摘しました。彼は植物の栄養素を浪費することなく、したがって土壌を枯渇させることなく、自治の町の共同体を確立するキャリーの提案をさらに検証するために、リービッヒの理論を彼自身の経済分析に統合した。彼の著書「Carey's Revolution of National Economy and Social Science」(Carey'sUmwälzungder Volkswirthschaftslehre und Socialwissenschaft)で、DühringデューリングはCareyケアリの経済システムについて「Liebigによって証明された土壌疲れ」理論の意味を強調し、「Carey's システム」14を彼は主張した:

また、北米ですでにかなり脅かされている土壌疲労の問題は、長期的には国内労働の保護と教育に基づいて構築された商業政策によってのみ停止されるだろう。一国の様々な施設の調和のとれた発展が、安定した地域経済活動をもたらすでしょう。それらは物質[Kreislauf der Stoffe]の自然循環を促進し、植物の栄養素を採取した土壌に戻すことを可能にする。 15


Dühringの保護主義が明示的に政治経済における土壌疲労の問題を無視することに向けられていることは間違いではない。これは、アダム・スミス以来の古典的政治経済の定番であるこの問題に関する深刻な懸念が「必然的にレッセフェール理想の原則を放棄することを促す」からです。 Dühringは、都市と国の分裂を克服するという点で、無駄な生産に対する「唯一の対策」として、「物流の意識的規制」(Regulirung der Stoffvertheilungとして)を求める。 16

資本論の第3巻の原稿では、マルクスは、「関連する生産者が自然との代謝的な相互作用を合理的に支配する」町と国の間の敵対関係を超えた将来の社会を構想しました.Dühringは同様にLiebigの土壌枯渇理論を用いて、言い換えれば、デュリンの主張は、「リービッヒ学校」の一般的な傾向を反映していた。マルクス主義のデュホリンに対する考え方は、デュリングが社会民主主義の真の基盤として自らの制度を推進し始めたため、これは、たとえ彼がリービッヒの理論の有用性を認識し続けたとしても、デューリンの土壌疲労とその支持者の解釈に関するマルクスの疑惑を強化すると思われる。いずれにしても、1868年の初めに、話し言葉のコンスタレーションはマルクスに、カール・アンド、フランツ・ザビエ・エルプク、カール・フラス、フリードリッヒ・アルバート・ランゲなどの「リービッヒの土壌枯渇理論」を集中的に勉強するよう促した。 17

14. EugenDühring、Carey'sUmwälzungder Volkswirthschaftslehre und Socialwissenschaft(ミュンヘン:E.A.Fleischmann、1865)、xv。
15. ibid。、xiii。
16. EugenDühring、Kritische Grundlegung der Volkswirthschaftslehre(ベルリン:Alb。Eichhoff、1866)、230。
17. Hlubekは、腐植説の最後の擁護者とみなされている。マルクスは、リービッヒとロイスの両方がそれに対して非常に批判的だったので、それに対する様々な批評にすでに精通していた。 1853年に出版されたHlubekの農業論(Landwirthschaftslehre)のマルクスは、1868年の3月6日にクーゲルマンに書いて、健康状態にもかかわらず過去2ヶ月で「物質的」、「統計的」などの巨大な大衆を抱き締めていた。これだけで、このタイプの飼料に慣れておらず、同じ飼料の素早い消化に慣れていない人は、病気になってしまいました」マルクスとエンゲルス、コレクティブ・ワークスvol。 38,544。
18.「マルサスの幽霊」という表現はデューリンが雇用していますが、彼はこの言葉をリービッヒと関係づけません。 対照的に、彼の批判では明らかに直接的なものであり、リービッヒの理論は「土壌疲労の幽霊」と呼んでいる(Karl Arnd、Justus Liebig's Agrikulturchemie und Sein Gespenst derBodenerschöpfung(フランクフルト・アム・マイン:HLBrönner、1864 )。
 19. Liebig、Einleitung、125-26。

大月全集32,442ページ
参照

【書評】
Kohei  Saito,  Natur  gegen  Kapital:  Marx'  Oekologie  in seiner unvollendeten Kritik des Kapitalismus, campus Verlag Frankfurt 2016, Taschenbuch 328S.1)小 澤 光 利
斎藤幸平氏のドイツ語で書かれた論文『資本に対する自然』,その副題「マルクス未完の資本主義批判におけるエコロジー」は,もともと2014年にベルリン・フンボルト大学に提出された氏の博士学位請求論文(Dissertation)であり,本(2016)年8月になってドイツ・フランクフルトのキャンパス出版社(campus Verlag)から単行本(ポケット版)として公刊されたものである。本論文提出の2014年時点で斎藤氏は,ベルリン・ブランデンブルク科学アカデミー客員研究員(Gastforscher)であり,日本MEGA編集委員会編集委員として『新マルクス・エンゲルス全集(MEGA)』第Ⅳ/18巻の編集に携わっていた。 
第6章    1868年以後のマルクスのエコロジー(フラースと物質代謝論の新地平)   1.リービッヒ(の鉱物理論)への(マルクスの)疑念?2.(リービッヒの土地疲弊理論と)「マルサスの亡霊」3.(フラースの)「農業物理学」との(マルクスの)出会い4. (リービッヒ土地疲弊論批判としての)フラースの強力耕作と沖積理論5.(人間)文明の危険としての気候変動6.素材世界の限界としての気候変動

この論文の中で著者の斎藤氏は,大谷禎之介著『図解 社会経済学』(桜井書店2001年)が氏にとって「多くの点で『資本論』への導きの糸として役立っている」(Dissertation,S.110)と注記している。

he read a series of books by Fraas, including Climate and the Plant World Over Time, a Contribution to the History of Both (Klima und Pflanzenwelt in der Zeit, ein Beitrag zur Geschichte beider) (Landshut, 1847), The History of Agriculture (Die Geschichte der Landwirthschaft) (Prague, 1852), and The Nature of Agriculture (Die Natur der Landwirthschaft) (Munich, 1857). Other books by Fraas are preserved in his personal library such as Historical-Encyclopedic Outline of Agricultural Theory (Historisch-encyklopädischer Grundriß der Landwirthschaftslehre) (Stuttgart, 1848) and Root Life of Cultivated Plants and Increasing Returns (Das Wurzelleben der Kulturpflanzen und die Ertragssteigerung) (Leipzig, 1872). 38 A remark by Marx in his letter to Engels on March 25, 1868, confirms this: 

Very interesting is the book by Fraas (1847): Climate and the Plant World Over Time: A Contribution to the History of Both, namely as proving that climate and flora change in historical times. He is a Darwinist before Darwin, and admits even the species developing in historical times. But he is at the same time an agronomist. He claims that with cultivation—depending on its degree—the “moisture” so beloved by the peasants gets lost (hence also the plants migrate from south to north), and finally steppe formation occurs. The first effect of cultivation is useful, but finally devastating through deforestation, etc. This man is both a thoroughly learned philologist (he has written books in Greek) and a chemist, agronomist, etc. The conclusion is that cultivation—when it proceeds in natural growth and

大月全集32,45ページ
参照
ただしフラース発見もフーリエの方が早いことがマルクスの手紙でわかる


Franz Xaver Wilhelm ¬von Hlubek. Die Landwirthschaftslehre in ihrem ganzen Umfange ... Erster Band. Mit !7 lilhographirien Tafeln. Wien, 1853. Bei L. W. Seidel. Die Landwirthschaftslehre in ihrem ganzen Umfange nach den Erfahrungen und.

Inhalt
Seite
Vorrede V
1.Stellung zur bisherigen Wissenschaft. AdamSmith.
Englische Schule.Bastiat. Friedrich List 1
II.Stellungzupraktischen Fragen,besonders zur Arbeiterfrage 21
III.Lehrevom Grundeder wirtschaftlichen Werthbestimmungen 40
IV.Satzvondem Gange der Bodencultur 58
V.Decentralisation und Schutzzoll 74
VT.Kein Laisserfaire 87
VII.Natürliche Formder Gesellschaft 97
VIII.Verhältnisszum Socialismus 108
IX.Verhältniss zu den politischen Parteien 123
X.Methode 136
XI.System 145
XII.Entwicklungsaussichten 155
自動翻訳
コンテンツ
ページ
序文V
以前の科学の第1位。アダム・スミス。
英語学校。バスティア。 フリードリヒリスト1
II。労働問題、特に労働問題に関する質問21
III。経済的評価の長所40
IV。職業の偉大な土壌文化58
V.地方分権と保護74
VI. laisser faire なし 87
VII.社会の自然形態97
VIII。社会主義との関係108
IX。政党との関係123
X.方法136
XIシステム145
XII.開発の見通し155

XVContrastmitdemBenehmenderParteigängerdesatomisirtenErwerbstriebesistindieser
Hinsichtsehrlehrreich.LiebigwurdenochneuerdingsvonderinDeutschlandnochammeistenvertretenen
VolkswirthschaftslehreundzwargeradenichtmitdergebührendenAchtungangegriffen;
jaihmwurdegradezuUnkuüdederElementederVolkswirthschaftslehrevorgeworfen.
GegenwärtigkannnunderSpeerumgekehrtwerden.DievermeinteVolkswirthschaftslehre,
dieeinenLiebigsoohneWeiteresalsökonomischenDilettantenabzufertigengedachte,
wirdjetztindieVerteidigunggedrängtundderIgnoranzbeschuldigt.GeradeindemPunkt,
inwelchemsieeinenLiebigbelehrenwollte,musssiesichjetztvonjenseitdesOceansselbstbelehrenlassen.
BeiCareyverstehtsichdievonLiebigerwieseneBodenerschöpfungganzvonselbst.Siebildeteinender
PfeilerseinesSystems.AuchgleichtsichdurchebendiesesSystemderWiderspruch,welcherzwischender
ThatsachederbodenerschöpfendenLandwirthschafteinerseitsundderUnmöglichkeit,ohnediese
BodenerschöpfunggegenwärtigAckerbauzutreiben,andererseitsmehroderminderbesteht,zur
ZufriedenheitallerInteressenaus.DerLandwirthkannnichtgegendasGesetzdes
PrivatvortheilshandelnundfürseinePersonzuvielandieWiedergabederverlornenStoffewenden.
DerRaubackerbaukanndahernurmitderUmgestaltungderVolkswirthschaftselbstschwinden,
unddieseUmgestaltungkannnichtvondemaugenblicklichenPrivatinteresse,
sondernnurvondenpolitischenPunktionen,inwelchensichdieGesellschaftalsein
Ganzesgleichsamfindet,erwartetwerden.DerZollschutzodereinErsatzdesselbenistdas
MitteldernationalenCon-centrirungundderLokalisationderWirthschaftundführtmithinzuVerhältnissen,indenensichder
DecentralisationwegendievolleZurückgabederdemBodenentzogenenStoffeganzvonselbstmacht,
indemdanndertheureTransportder

Major Works of Eugen Dühring
http://www.hetwebsite.net/het/profiles/duhring.htm
  • (ec) Carey's Umwälzung der Volkswirtschaftslehre und Socialwissenschaft, 1865. [bk]
  • (ec) Capital und Arbeit: Neue Antworten auf alte Fragen, 1865 [bk].  (Engl. trans. Capital and Labor
  • (ph) Der Werth des Lebens: eine philosophische Betrachtung, 1865 [bk] [1877 2nd ed., 1881 3rd ed, 1891 4th ed, 1902 ed]
  • (ph) Natürliche Dialektik: neue logische Grundlegungen der Wissenschaft und Philosophie, 1865 [bk]
  • (ec) Kritische Grundlegung der Volkswirtschaftslehre, 1866 [bk]
  • (ec)  Die Verkleinerer Carey's und die Krisis der Nationalökonomie, sechszehn Briefe, 1867 [bk]
  • (mx) Die Schicksale meiner Sozialen Denkschrift für das Preussische Staatsministerium, 1868
  • (ph) Kritische Geschichte der Philosophie von ihren Anfängen bis zur Gegenwart 1869 [bk] [1873 2nd ed], [1878 3rd ed]
  • (ec) Kritische Geschichte der Nationalökonomie und des Socialismus, 1871 [1879 3rd  ed] (Critical History of Economics and Socialism)
  • Kritische Geschichte der allgemeinen Principien der Mechanik, 1872 [bk]
  • (ec) Cursus der National- und Socialökonomie einschliesslich der Hauptpunkte der Finanzpolitik, 1873 [bk] [1876 2nd ed]
  • (ph) Cursus der Philosophie als streng wissenschaftlicher Weltanschauung und Lebensgestaltung, 1875 [bk]
  • (mx) Der Weg zur höheren Berufsbildung der Frauen und die Lehrweise der Universitäten, 1877 [bk] [1885 2nded]
  • (ph) Logik und Wissenschaftstheorie, 1878 [bk]
  • (sc) Neue Grundgesetze zur rationellen Physik und Chemie, 1878
  • Robert Mayer der Galilei des neunzehnten Jahrhunderts, 1880 [bk]
  • (lt) Die Ueberschätzung Lessing's und Dessen Anwaltschaft für die Juden, 1881 [bk]
  • (mx) Die Judenfrage als Racen-, Sitten- und Culturfrage, 1881 [bk]  (later editions retitled Die Judenfrage als Frage der Rassenschadlichkeit fur Existenz, Sitte und Kultur der Volkermit einer weltgeschichtlichen Antwort, 1886 3rd ed, 1892 4th ed,, 1901 5th ed]
  • [Anon?] Die Parteien in der Judenfrage, 1882
  • (mx) Sache, Leben und Feinde: Als Hauptwerk und Schlüssel zu seinen sämmtlichen Schriften, 1882 [bk]
  • (mx) Der Ersatz der Religion durch Vollkommeneres und die Ausscheidung alles Judenthums durch den modernen Völkergeist, 1883 [bk] [1897 2nd ed], [1906 3rd ed]
  • (sc) Neue Grundmittel und Erfindungen zur Analysis, Algebra, Functionsrechnung und zugehörigen Geometrie sowie Principien zur mathematischer Reform nebst einer Anleitung zum Studiren und Lehren der Mathematik, with Ulrich Dühring, 1884 [bk]
  • Die Grössen der modernen Literatur populär und kritisch nach neuen Gesichtspunkten dargestellt. 1893, v.1v.2
  • Gesammtcursus der Philosophie: Kritische Geschichte der Philosophie von ihren Anfängen bis zur Gegenwart, 1894 v.1, v.2, v.3
メモ:

斎藤幸平 (@koheisaito0131) | Twitter
twitter.com/koheisaito0131
欲望の民主主義」で言及していた、資本主義が自然素材の枯渇をもたらすことで自滅することを、マルクスが言及していたと。この打破も、個々の主体化 ... ようになりました。 Kohei Saito : « La justice climatique inclut une composante de la lutte des classes ...
 
マルクスとエコロジー ――資本主義批判としての物質代謝論 (Νύξ叢書2) 単行本 – 2016/6/10
岩佐茂 (著), 佐々木隆治 (著), 明石英人 (著), 斎藤幸平 (著), 隅田聡一郎 (著), 羽島有紀 (著), 梁英聖 (著), クォン・オボム (著), ポール・バーケット (著), ジョン・ベラミー・フォスター (著), カール=エーリッヒ・フォルグラーフ (著)
5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
 
マルクスとエコロジー 資本主義批判としての物質代謝論
岩佐茂佐々木隆治明石英人斎藤幸平隅田聡一郎羽島有紀ジョン・ベラミー・フォスターポール・バーケットカール゠エーリッヒ・フォルグラーフ權五範梁英聖
発行:堀之内出版
四六判 368ページ 上製
価格 3,500円+税
ISBN978-4-906708-60-4CコードC0010


序文 岩佐茂

第一部 マルクスのエコロジー論
 第一章 マルクスのエコロジー論の意義と射程―物質代謝論の視点から 岩佐茂 
 第二章 マルクスと自然の普遍的な物質代謝の亀裂 ジョン・ベラミー・フォスター
 第三章 持続可能な人間的発展についてのマルクスのヴィジョン ポール・バーケット 

第二部 経済学批判とエコロジー
 第一章 経済学批判体系における物質代謝論の意義 佐々木隆治
 第二章 資本の弾力性とエコロジー危機 明石英人 
 第三章 資本主義的生産様式における「自然の無償性」とは何か? 羽島有紀

第三部 新MEGAとエコロジー
 第一章 「フラース抜粋」と「物質代謝論」の新地平 斎藤幸平
 
 第二章 マルクスと発展した資本主義的生産における社会の物質代謝の絶え間ない破壊 カール゠エーリッヒ・フォルグラーフ 

第四部 マルクスのエコロジー論の現代的射程
 第一章 マルクス『資本論』における技術論の射程―原子力技術に関する理論的考察 隅田聡一郎
 第二章 マルクスの資本主義に対するエコロジー的批判と二一世紀の食糧危機―過少生産論に対する批判的検討 權 五範(クォン・オボム)(翻訳 梁英聖)
 

あとがき 佐々木隆治 

参考文献
 
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906708604

デューリング
ヘンリーケアリー論 1865年

20160613マルクスとエコロジー | ポラリスの伴星
http://astatel.net/mikia26/2016/06/13/20160613マルクスとエコロジー/
3-1(斎藤幸平)は、マルクスが評価したフラースの議論を紹介する。重要なのは、フラースを読んでマルクスは林業問題、我々の言葉でいうなら「育林生産の超長期性」に注目したという点だ(そもそもマルクスは入会林野問題から経済研究に入ったので、「再」注目である)。3-2(フォルグラーフ)は、フラースを読んだあとのマルクスが、それを著作にどう反映させたのか、あるいは反映させたであろうか、について書く。彼は『資本論』第1巻の改訂のときに急いでそれを入れたし、第2巻の原稿(「生産期間」のところ)にも書いていた。この「短伐期林業は問題だよね」という部分は、林業研究者にはよく知られたところだ。フォルグラーフ稿は、マルクスの同時代人たちも、この問題に注目したことも挙げている。晩期マルクスは林学者コッタやハルティヒの本も持ってたらしい。林学との強いつながりが見える。


『マルクスとエコロジー ――資本主義批判としての物質代謝論』 (堀之内出版) 岩佐 茂 他著 | 佐野波布一のレビューを集めたよ

《斎藤幸平の論考に詳しいのですが、
マルクスの物質代謝論といわれるものは、
抜粋ノート上でリービッヒとフラースの論にマルクスが強い関心を示していることからきています。
リービッヒは農業に必要な土壌の栄養分を、一方的に略奪するだけでは土地が疲弊することを主張しました。
そこでマルクスは、自然から一方的に略奪するだけでは物質代謝が擾乱されるという発想を得ます。

フラースは植物の生育に気候が重要であることを強調しています。
斎藤によれば、過度な森林伐採が自然条件を悪化させるというフラースの結論が、
マルクスに「人間と自然の持続可能な関係性」の構築を促したようなのです。》

『マルクスとエコロジー ――資本主義批判としての物質代謝論』 (堀之内出版) 岩佐 茂 他著 | 佐野波布一のレビューを集めたよ

『マルクスとエコロジー ――資本主義批判としての物質代謝論』 (堀之内出版) 岩佐 茂 他著

  • 2017.07.06 Thursday
  • 22:02
『マルクスとエコロジー   資本主義批判としての物質代謝論』  (堀之内出版) 
  岩佐 茂 /佐々木 隆治/斎藤 幸平 他著 
   ⭐⭐⭐
   エコロジー思想家としてのマルクス?


80年代の消費資本主義の隆盛や90年代の社会主義体制の崩壊や方向転換によって、
マルクスの革命思想は人々にとって魅力あるものと映らなくなりました。
もうマルクス思想は過去の遺物となってしまうのか、
そんな時に思わぬ方向からマルクスの再評価が始まったのです。

現在刊行中の『マルクス・エンゲルス全集(MEGA)』には、
マルクスが残した「抜粋ノート」が収録されています。
勉強家だったマルクスが、『資本論』のために他の著作から注目した部分を抜粋してノートに書き写し、
それにともなって自らの思考を書きつけたものです。
この「抜粋ノート」によってマルクスの関心や、著作に表すことができなかった晩年の思考に接近することができるわけです。
まだ「抜粋ノート」の刊行は半分程度のようなので、
この先の研究の展開はいろいろありそうですが、
本書はマルクスのエコロジー的な関心である「物質代謝論」について、
日本MEGA編集員の佐々木隆治や斎藤幸平をはじめ10人の研究者の論を集めたものとなっています。

その肝心の物質代謝論とはどのようなものか、ということですが、
本書の中で何人もが説明してくれるわりに、僕には明確に把握できませんでした。
マルクスが分析対象とする資本主義社会をひとつの有機体と考えて、
そこでの生産の循環的活動を代謝になぞらえたものに思えるのですが、
大きく人間と自然のあいだで起こる物質的な循環のことだと解釈していいようです。

斎藤幸平の論考に詳しいのですが、
マルクスの物質代謝論といわれるものは、
抜粋ノート上でリービッヒとフラースの論にマルクスが強い関心を示していることからきています。
リービッヒは農業に必要な土壌の栄養分を、一方的に略奪するだけでは土地が疲弊することを主張しました。
そこでマルクスは、自然から一方的に略奪するだけでは物質代謝が擾乱されるという発想を得ます。

フラースは植物の生育に気候が重要であることを強調しています。
斎藤によれば、過度な森林伐採が自然条件を悪化させるというフラースの結論が、
マルクスに「人間と自然の持続可能な関係性」の構築を促したようなのです。

ただ、抜粋ノートに記述があるとはいえ、
マルクスをエコロジーの面から語るのはピンと来にくいところがあります。
そこでマルクス独自の資本主義批判とどう結びつけていくかが問われるわけですが、
本書の第二部「経済学批判とエコロジー」では佐々木隆治と明石英人がそのような考察を行なっています。
しかし、正直に言って物質代謝(素材代謝)を『経済学批判』や『資本論』に接続する程度の内容にとどまり、
これまでとは違う新たな抵抗の視点が見出されているとまではいえない気がしました。

第四部は「マルクスのエコロジー論の現代的射程」と題され、
隅田聡一郎が原子力技術について『資本論』による考察を展開しています。
隅田も佐々木と同じく、労働者によるアソシエーションの形成を重視し、
それが生産者から自立した科学技術を生産者の手に取り戻しコントロールすることで、
持続可能な社会を実現していくという考えのようでした。

個人的にはマルクスが再評価される流れは歓迎ですし、
あまり水を差したくはないのですが、
物質代謝論に関してだけいえば、これによってマルクスを読み直す行為は少し退屈に思えました。
少し意地悪な見方をすれば、マルクスは古い共同体への憧憬を抱いていたように思えるので、
物質代謝論もそのようなノスタルジーの現れだと受け取ることもできます。

エコロジー的な視点はマルクスを持ち出すまでもなく重要です。
しかしマルクスがマルクスという名前で人々に抱かせた夢はやはりオルタナティブな世界像だと思いますし、
資本主義に内在する問題を取り出すだけのマルクスはもはや撤退戦でしかありません。

冒頭で岩佐茂も少し触れていましたが、
エコロジカルなマルクス像は、過去の社会主義体制や環境破壊を進める中国などの黒歴史から、
マルクスを救い出すための方策という面が大きいのではないかと疑ってしまいます。
マルクス研究者にとってはその目的も意義のあることかもしれませんが、
僕にとっては去勢された「退屈なマルクス」という印象でしかありませんでした。


______

《労働はその生産する使用価値の、すなわち素材的富の、唯一の源泉ではない。

ウィリアム・ペティがいうように、労働はその父であって、土地はその母である。》資本論1:1:2


マルクスにとっては労働と自然が価値の源泉で

その点はペティを継承している

C+V+M

のCに自然、

Vに労働が当てられていると考えて良い

(人間も自然の一部なのだがこれにはスピノザのフレームワークが参照されるべき。

 労働力は潜勢力であり、[条件付きで]能産的自然なのだ。)


問題はMだ

これは集合力と考えるといい

相対的剰余価値という名称から分かるように

これを二次的なものとマルクスが定義してしまったために

その後集合力の肯定的運用の理論化が遅れてしまった

5 Comments:

Blogger yoji said...

このコメントは投稿者によって削除されました。

6:53 午後  
Blogger yoji said...

佐々木隆治×斎藤幸平 『マルクスとエコロジー』刊行記念対談「マルクスのアクチュアリティ」|堀之内出版ブログ(公式)|note
https://note.mu/horipub/n/n81771f5788bf
久留間派の潮流を受け継いで
斎藤 「物質代謝」(Stoffwechsel)とも関連しますが、今回、マルクスのエコロジーに結びついた着眼点はStoffつまり、「素材」、「物質」という概念で、それがフォスターたちの研究とも交差しています。
 この「素材の思想」は佐々木さんが独自に展開したものですが、佐々木さんの『資本論』の読解は、大谷禎之介先生、平子友長先生といったMEGA編集にもかかわっている日本の研究者たちに通じていて、さらに遡ると久留間鮫造先生の研究につながっています。ただ残念なことに、久留間先生の研究はあまり知られていませんね……。
佐々木 久留間先生は、東京帝国大学を卒業後、住友銀行に入行しますが、米騒動の労働者の運動に衝撃を受けて退行し、大原社会問題研究所に入所して研究者として活動された方です。
 久留間先生はまずスミスやリカードに関心を持ち、マルクスがスミスやリカードを研究した、いわゆる『剰余価値学説史』、いまでいえば『一八六一—六三草稿』を読むことからマルクス研究を開始されました。だから、いわゆる「マルクス主義」といわれるような政治的なマルクス解釈にとらわれることなく、マルクスをあくまでもテキストに即して研究したのです。間違いなく、久留間先生は、マルクスの経済学批判の核心を圧倒的に高い水準で明らかにした方だと思います。自分の独自の枠をつくるとか、独自の学派を展開するとか、一見、派手そうなことではなく、マルクスをきちんと理解するという点、とりわけ貨幣論や恐慌論では世界随一の仕事をされた。誤解を恐れずにいえば、価値形態論を本当にわかっているのは、管見のかぎり、久留間先生の仕事を継承する潮流だけです。
斎藤 久留間先生自身がまさにそのようにいっていますね。「マルクスの書いていることを正しく理解しようとして繰り返し読んだ結果、なるほどこれはこういうことだったのかというふうに、自分なりに納得がいくようになった。……もしぼくが、弁証法とか分析的方法とかについての先入見をもってマルクスを読んでいたら、へたをすれば、かえってとんでもないまちがった解釈をすることになったかもしれないと思うのです。」久留間先生の研究の成果が『マルクス経済学レキシコン』(大月書店)として出版され、それがドイツの出版社の目にとまりドイツ語版が出版されたことで、海外でも業績が認められるようになりました。久留間先生の弟子である大谷先生も、『資本論』草稿をアムステルダムで解読して、一文一文エンゲルス版と比較して検討し、その成果が海外の研究者たちに高く評価されている。
 だから、MEGAは九〇年代に入ってソ連が崩壊したときにプロジェクトの存続が危ぶまれたのですが、国際体制で政治的には中立な新プロジェクトとしてMEGAが継続されることが決まったときに、日本のグループとしても参加してくれ、と言われたのは大谷先生だったわけですね。

5:54 午前  
Blogger yoji said...


佐々木 隆治 著『カール・マルクス』ちくま新書にさらりと、

《後にエンゲルスから厳しく批判されることになる左派の経済学者、オイゲン・
デューリングも、リービッヒの理論に注目し、「意識的な物質分配の規制」を訴えた。》

と書いてある。これはある意味衝撃的だ。
デューリングはマルクス、エンゲルスよりも先にリービッヒに言及していたことになるが、
基本的にマルクスもエンゲルスもデューリングのリービッヒへの着目は無視しているからだ。
彼らがデューリングのプルードンへの賞賛を意図的に無視しているのと同じパターンだ。
デューリングのリービッヒへの言及は斎藤幸平の以下の研究に詳しい。
Karl Marx’s Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy Kindle版
Kohei Saito (著)2017 https://www.amazon.co.jp/dp/B06VSFFLDR/
斎藤は『マルクスとエコロジー』に関連論考を書いているが上の邦訳はない。
書評
http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13158/1/84-3ozawa.pdf
エンゲルスもマルクスも後年デューリングを読んで批判しているが、プルードンに対してと同じく
晩年に至るまでデューリングの功績やそこからの自分達への影響は無視するようにしている。
デューリングはケアリ(1793-1879)のアソシエーション論(タウンシップ論)とリービッヒの
土壌疲弊理論を比喩的につなげている。後の持続可能性議論の嚆矢だ。
デューリング原論考は以下のリンクから飛べる。
Major Works of Eugen Dühring

http://www.hetwebsite.net/het/profiles/duhring.htm Carey's…1865

(ec) Carey's Umwälzung der Volkswirtschaftslehre und Socialwissenschaft, 1865. [bk]
https://books.google.co.jp/books?id=zkEVAAAAYAAJ&pg=PR1&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false
[ケアリーの経済学と社会科学の革命 未邦訳]

『反デューリング論』以外にクーゲルマン宛のマルクスの書簡(大月全集32,442頁)等も参照。

斎藤幸平が邦語文献で触れているフラースについては大月全集32,45頁を参照。
フラース(Fraas,1847)の発見もフーリエの方が早いことがこのマルクスの手紙でわかる。

7:21 午後  
Blogger yoji said...

《自然科学的見地からする近代的農業の消極的側面の展開はリービヒの不朽の功績の一つである。》資本論1:13:10注

《資本制的生産様式にともなって、生産および消費の廃物の利用が拡大される。
…なるほど、ロンバルディや南中国や日本でのような園芸式にいとなまれる小規模農業でも、この種の
大きな節約が行なわれる。だが、だいたい、こうした体制では、農業の生産性が、ほかの生産部面から
とりあげられる人間労働力の多大の浪費によって購われている。》資本論3:5:4

リービヒ関連:
化学の農業および生理学への応用ed.9 [初版は1840]部分訳 吉田武彦 全153頁
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010823879.pdf

以下は上記20頁を参照。
リービヒのみた日本農業 吉田武彦
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/14/11/14_11_732/_pdf
…人糞尿施肥を中心とした日本,中国の施肥法に拍手と絶賛を惜しまなかった人物がある.農芸化学の父とい
われる19世紀のドイツ化学界の巨人ユストゥス・リービヒがその人である.彼の主著「化学の農業および生理
学への応用」第9版(1876)には,幕末の日本農業に触れたところが2,3個所ある…   


7:24 午後  
Blogger yoji said...


佐々木 隆治 著『カール・マルクス』ちくま新書にさらりと、

《後にエンゲルスから厳しく批判されることになる左派の経済学者、オイゲン・
デューリングも、リービッヒの理論に注目し、「意識的な物質分配の規制」を訴えた。》

と書いてある。これはある意味衝撃的だ。
デューリングはマルクス、エンゲルスよりも先にリービッヒに言及していたことになるが、
基本的にマルクスもエンゲルスもデューリングのリービッヒへの着目は無視しているからだ。
彼らがデューリングのプルードンへの賞賛を意図的に無視しているのと同じパターンだ。
デューリングのリービッヒへの言及は斎藤幸平の以下の研究に詳しい。
Karl Marx’s Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy Kindle版
Kohei Saito (著)2017 https://www.amazon.co.jp/dp/B06VSFFLDR/
斎藤は『マルクスとエコロジー』に関連論考を書いているが上の邦訳はない。
書評
http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13158/1/84-3ozawa.pdf
エンゲルスもマルクスも後年デューリングを読んで批判しているが、プルードンに対してと同じく
晩年に至るまでデューリングの功績やそこからの自分達への影響は無視するようにしている。
デューリングはケアリ(1793-1879)のアソシエーション論(タウンシップ論)とリービッヒの
土壌疲弊理論を比喩的につなげている。後の持続可能性議論の嚆矢だ。
デューリング原論考は以下のリンクから飛べる。
Major Works of Eugen Dühring

http://www.hetwebsite.net/het/profiles/duhring.htm Carey's…1865

(ec) Carey's Umwälzung der Volkswirtschaftslehre und Socialwissenschaft, 1865. [bk]
https://books.google.co.jp/books?id=zkEVAAAAYAAJ&pg=PR1&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false
[ケアリーの経済学と社会科学の革命 未邦訳]

『反デューリング論』以外にクーゲルマン宛のマルクスの書簡(大月全集32,442頁)等も参照。

斎藤幸平が邦語文献で触れているフラースについては大月全集32,45頁を参照。
フラース(Fraas,1847)の発見もフーリエの方が早いことがこのマルクスの手紙でわかる。

7:35 午後  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home