金曜日, 10月 09, 2015

カント 定言命法『人倫の形而上学の基礎付け』より、柄谷行人、プルードン


NAMs出版プロジェクト: カント 定言命法『人倫の形而上学の基礎付け』より
http://nam-students.blogspot.jp/2015/10/blog-post_9.html(本頁)
NAMs出版プロジェクト: カント『道徳形而上学原論』『人倫の形而上学の基礎付け』
http://nam-students.blogspot.jp/2015/10/blog-post_11.html

1785年 - 『人倫の形而上学の基礎付け』Grundlegung zur Metaphysik der Sitten)
「君の人格にある人間性を常に同時に目的として用い,
決して単に手段としてだけしか用いないことがないように行為せよ」

あるいは、

「他者を手段としてのみならず同時に目的として扱え」カント

《君の人格ならびにすべての他者 の人格における人間性を、けっしてたんに手段として用いるのみならず、つねに同時に 目的として用いるように行為せよ》(カント『道徳形而上学原論』岩波文庫)

《こうして実践的な命法は次のように表現されるだろう。君は、みずからの人格と他のすべての人格のうちに存在する人間性を、いつでも、同時に目的として使用しなければならず、いかなる場合にもたんに手段として使用してはならない。》中山元訳『道徳形而上学の基礎づけ』


“Handle so, dass du die Menschheit sowohl in deiner Person, als in der Person eines jeden anderen jederzeit zugleich als Zweck, niemals bloß als Mittel brauchst.”
(“Act in such a way that you treat humanity, whether in your own person or in the person of any other, always at the same time as an end and never merely as a means to an end”)
Immanuel Kant
http://datarella.com/data-courtesy/
https://de.wikipedia.org/wiki/Grundlegung_zur_Metaphysik_der_Sitten

Agis de façon telle que tu traites l'humanité, aussi bien dans ta personne que dans tout autre, toujours en même temps comme fin, et jamais simplement comme moyen.

la Fórmula de Humanidad, ordena que “uses a la humanidad, tanto en tu propia persona o en la persona de cualquier otro siempre al mismo tiempo como un fin y nunca solo como un medio” (4:429)
https://es.wikipedia.org/wiki/Fundamentaci%C3%B3n_de_la_metaf%C3%ADsica_de_las_costumbres#La_F.C3.B3rmula_de_la_Humanidad


Kant - Filosofia Moderna - Imperativo Categorico
Fórmula del fin en si mismo:          
"Obra de tal modo que uses la humanidad, tanto en tu persona como en la persona de cualquier otro, siempre como un fin al mismo tiempo y nunca solamente como un medio"   

“永远都把你的人格中的人性以及每个他人的人格中的人性同时用作目的,而绝不只是用作手段”康德  跨越性批判 康德与马克思 [日]柄谷行人 著;赵京华 译 出版社:中央编译出版社 iBooks(定本181頁では実践理性批判が出典となってしまっている)
“你要这样行动,永远都把你的人格中的人性以及每个他人的人格中的人性同时用作目的,而决不只是用作手段。”
康德道德哲学的三个层次 ——《道德形而上学基础》述评 

- 너는 너 자신의 인격과 다른 모든 사람의 인격에 있어서 인간성을 언제나 동시에 목적으로 간주하여야 하며, 결코 단순한 수단으로 간주해서는 안 된다.” -칸트(Kant) <윤리형이상학의 정초>
http://sgsg.hankyung.com/apps.frm/news.view?nkey=21725&c1=99&c2=03

"`너 자신의 인격이나 다른 모든 사람의 인격에 있어서 인간성을 항상 동시에 목적으로서 대하고 결코 단순한 수단으로서 사용하 지 않도록 행위 하라."
http://study.zum.com/book/11912


"너의 인격 및 모든 타자의 인격에서 인간성을 단지 수단으로서만이 아니라 동시에 항상 목적으로 사용하도록 행위하라."

토요세미나 - 토요 즐거운 책읽기 -가라타니 고진 <윤리 21>-조광제 선생님과 함께 3/22 오후 4시
http://www.acaphilo.or.kr/xe/1438092

"너의 인격 및 모든 타자의 인격에서 인간성을 단지 수단으로서만이 아니라 동시에 항상 목적(자유로운 주체)으로 사용하도록 행위하라."韓国語TC200頁

《君の人格ならびにすべての他者 の人格における人間性を、けっしてたんに手段として用いるのみならず、つねに同時に目的(=自由な主体)として用いるように行為せよ》ITC188頁(カント『道徳形而上学原論』岩波文庫)


「カントは、「他者を手段としてのみならず同時に目的として扱え」という格率を、普遍的な
道徳法則として見いだしました。「目的として扱う」とは、自由な存在として扱うということ
です。…そして、この場合、「他者」は、生きている者だけではなく、死者およびまだ生ま
れていない未来の他者をふくみます。たとえば、私たちが環境を破壊した上で経済的
繁栄を獲得する場合、それは未来の他者を犠牲にすること、つまり、たんに「手段」とし
て扱うことになります。》
柄谷行人『世界共和国へ』

ex.NAMs出版プロジェクト: 人倫の形而上学:付リンク
http://nam-students.blogspot.jp/2012/08/blog-post_2934.html?m=0#note4
http://nam-students.blogspot.jp/2010/09/blog-post_5252.html?m=1#98
道徳形而上学原論
(1785年 - 『人倫の形而上学の基礎付け』Grundlegung zur Metaphysik der Sitten)
人間性の権利は,「君の人格にある人間性を常に同時に目的として用い,決して単に手段としてだ けしか用いないことがないように行為せよ」という命令に表現される。これは定言命法であり,先 の「人間性の法則」の命令だと考えられる。


http://tatoeba.org/jpn/sentences/show/417109

Act in such a way that you treat humanity, whether in your own person or in the person of any other, never merely as a means to an end, but always at the same time as an end.

Handle so, dass du die Menschheit sowohl in deiner Person, als in der Person eines jeden anderen jederzeit zugleich als Zweck, niemals bloß als Mittel brauchst.

Agis de façon telle que tu traites l'humanité, aussi bien dans ta personne que dans tout autre, toujours en même temps comme fin, et jamais simplement comme moyen.


eng
Act in such a way that you treat humanity, whether in your own person or in the person of any other, never merely as a means to an end, but always at the same time as an end.

deu
Handle so, dass du die Menschheit sowohl in deiner Person, als in der Person eines jeden anderen jederzeit zugleich als Zweck, niemals bloß als Mittel brauchst.

fra
Agis de façon telle que tu traites l'humanité, aussi bien dans ta personne que dans tout autre, toujours en même temps comme fin, et jamais simplement comme moyen.



//////
「アンチノミーは解消されない。ヘーゲル哲学が全体として根本的にダメなところは
ここだ。アンチノミーをなす二つの項は互いに、あるいは、他のアンチノミックな
二項との間でバランスをとる」
(プルードン『革命と教会における正義』斉藤悦則氏のHPより)
http://www.kagomma.net/saito/works.html

L’antinomie ne se résout pas ; là est le vice fondamental de toute la philosophie hégélienne. Les deux termes dont elle se compose se BALANCENT, soit entre eux, soit avec d’autres termes antinomiques : ce qui conduit au résultat cherché. Mais une balance n’est point une synthèse telle que l’entendait Hégel et que je l’avais supposée après lui : cette réserve faite, dans un intérêt de logique pure, je maintiens tout ce que j’ai dit dans mes Contradictions.

Oeuvres de Proudhon iBooks

メモ:
柄谷行人韓国語TC200頁



http://m.blog.daum.net/yaesansja419/31
3:1
두째 정식은 "너 자신의 인격에서나 모든 타인의 인격에 있어서 인간성을 단순히 수단으로서만 사용하지 말고 동시에 목적으로 사용하도록 행위하라"이다. 이 명법에 따르면 인간은 자타를 막론하고 언제나 목적으로 대우 받아야 한다. 그러나 사람을 어떠한 의미에 있어서도 반드시 수단으로 사용해서는 안된다는 의미가 아니라 때에 따라서는 인간성을 수단으로 사용하여야할 경우가 있다고 하더라도 그 인간성을 언제나 동시에 목적과 함께 사용하여야 한다는 의미이다.

@Kojin_bot: 도덕법칙이란 "너의 인격 및 모든 타자의 인격에서 인간성을 단지 수단으로서만이 아니라 동시에 항상 목적으로 사용하도록 행위하라"는 것이다. 이 명령은 밖으로부터 오는 것이 아니다.

@(null): 道徳法則とは、あなたの人格およびすべてのタイプの性格で人間性をただの手段としてだけではなく同時に目的として使用するように行為する事である。このコマンドは、外から来ることではない。


0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home