火曜日, 7月 12, 2016

『ドイツ・イデオロギー』(1846):メモ

                (マルクスリンク::::::::::
『ドイツ・イデオロギー』(1846):メモ
http://nam-students.blogspot.jp/2016/07/blog-post_91.html(本頁)

ドイツ・イデオロギー』(ドイツ語Die deutsche Ideologie)は、1845年から1846年にかけて執筆された、カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスとの共著作である(ただし実際の草稿のほとんどはエンゲルスによって執筆されている)。題名のIdeologieとは、ここでは観念論の意味である。青年ヘーゲル派の批判を通じて、唯物論的な歴史観の基礎を明らかにしようとした著作だが、マルクス・エンゲルスの生前は刊行されず、草稿・原稿の集積として終わり、死後に刊行された。

『ドイツイデオロギー』(1846):
(唯物論)
「われわれが出発する前提はなんら任意のもの、なんら教条ではない。それは、ただ想像のうちでのみ捨象されうるところの現実的な前提である。それは現実的な諸個人、彼らの行動であり、そして目の前に見出されもすれば自分自身の行動によって作り出されもするところの彼らの物質的な生活条件である。したがってこれらの前提は純粋に経験的なやり方で確認されうるのである。」(岩波文庫、23-24頁)
「人間は意識によって、宗教によってそのほか任意なものによって動物から区別されることができる。しかし人間自身は、彼らが彼らの生活手段を生産しはじめるやいなや、自分を動物から区別しはじめる。この一歩は、彼らの肉体的組織によって制約されているものである。人間は、彼らの生活手段を生産することによって、間接に彼らの物質的生活そのものを生産する。
 人間がかれらの生活手段を生産する方式は、まず第一に、眼のまえにみいだされそして再生産さるべき生活手段そのものの性状にかかっている。生産のこの方式は、たんにこれが諸個人の肉体的生存の再生産であるという面からだけ考察されてはならない。それはむしろすでにこれら個人の活動の一定の仕方であり、かれらの生活を表出する一定の仕方であり、かれらの一定の生活様式である。諸個人がかれらの生活を表出する仕方は、すなわちかれらが存在する仕方である。したがって、かれらがなんであるかはかれらの生産に、すなわちかれらがなにを生産するか、ならびにまたいかに生産するかに合致する。したがって諸個人がなんであるかは、かれらの生産の物質的条件にかかっている。」(岩波文庫、24-25頁)



われわれがそこから出発する前提は、なんら任意のものでも教条でもなく、それはただ想像のなかでのみ捨象しうるような現実的諸前提である。それは現実的諸個人であり、かれらの行為とかれらの物質的生活諸条件──既存のものであれ、かれら自身の行為によってうみだされたものであれ──である。したがって、これらの諸前提は純粋に経験的な方法で確認されうるものである。

河出書房新社



・「共産主義は、経験的には、主要な諸民族が《一挙に》、かつ同時に遂行することによってのみ可能なのであり、そしてそのことは生産力の普遍的発展とそれに結びついた世界交通を前提としている。」(45)[マルクス欄外注記]  

・「共産主義とは、われわれにとって成就されるべきなんらかの状態、現実がそれに向けて形成されるべき何らかの理想ではない。われわれは、現状を止揚する現実の運動を、共産主義と名付けている。この運動の諸条件は、いま現にある前提から生ずる。(46[欄外注記])

新日本出版社(服部文男監訳)また合同出版(花崎訳)も参照。

_______

Karl Marx-Friedrich Engels - Die deutsche Ideologie
http://mlwerke.de/me/me03/me03_017.htm
Der Kommunismus ist für uns nicht ein Zustand, der hergestellt werden soll, ein Ideal, wonach die Wirklichkeit sich zu richten haben [wird]. Wir nennen Kommunismus die wirkliche Bewegung, welche den jetzigen Zustand aufhebt. Die Bedingungen dieser Bewegung ergeben sich aus der jetzt bestehenden Voraussetzung. Übrigens setzt die Masse von bloßen Arbeitern - <36> massenhafte, von Kapital oder von irgendeiner bornierten Befriedigung abgeschnittne Arbeiterkraft - und darum auch der nicht mehr temporäre Verlust dieser Arbeit selbst als einer gesicherten Lebensquelle durch die Konkurrenz den Weltmarkt voraus. Das Proletariat kann also nur weltgeschichtlich existieren, wie der Kommunismus, seine Aktion, nur als "weltgeschichtliche" Existenz überhaupt vorhanden sein kann; weltgeschichtliche Existenz der Individuen; d.h. Existenz der Individuen, die unmittelbar mit der Weltgeschichte verknüpft ist.




Communism is for us not a state of affairs which is to be established, an ideal to which reality [will] have to adjust itself. We call communism the real movement which abolishes the present state of things. The conditions of this movement result from the premises now in existence.
_______



シュティルナーからマルクス経由、デリダに連なる幽霊学みたいなものがある。

参考:
http://www.office-ebara.org/modules/weblog/print.php?blog_id=197
http://www.ne.jp/asahi/anarchy/anarchy/booth/n_essay03.html

廣松のドイデではここら辺がまるまるカットされてしまったが、、、

シュティルナーは人間一般といった類をGespenst幽霊にすぎないとして馬鹿にし、個人主義をとなえた


参考:
http://blog.goo.ne.jp/wamgun/e/fc75f353783eeb6dabaf17254bff6bb5
★ 実際には、マルクスが青年ヘーゲル派の「問題意識」から抜け出るにあたって、シュティルナーによる批判が決定的に働いたことは明らかである。実は、それこそがマルクスに「認識論的切断」をもたらしたといってよい。マルクスは『フォイエルバッハに関するテーゼ』において、「人間とは社会的諸関係の総体である」と書いた。この「人間」とは、シュティルナーが幽霊と呼んだ「類」にほかならない。その批判に応じるかのように、マルクスは『ドイツ・イデオロギー』において、つぎのようにいう。《われわれがそこから出発する諸前提は、――現実的諸個人であり、彼らの行為と彼らの物質的生活諸条件である》。

ヘーゲルからどう脱するかという問題は当時は切実だったと思う
国家が手に負えなくなって行く時代だからだ

当時の国家による共産主義批判はシュティルナーのようなアナキスト的な批判では無いが同じ問題を
はらんでいたのではないだろうか 


http://ratio.sakura.ne.jp/uploads/2013/02/20130204-2.pdf
「あるけなげな男が、かつて、人間が水におぼれるのは彼らが重力の思想に取り付かれているからでしかないと思い込んだ。彼らが、たとえばこの観念を迷信的な観念、宗教的な観念と言明することによって、それを頭から追い払えば、彼らはすべての水難をまぬかれる、というのだ。生涯にわたって、彼は、重力の幻影とたたかった……。このけなげな男こそが、ドイツの新しい革命的哲学者たちの典型であった。」 (「ドイツ・イデオロギー」序文、1845~46年執筆。古典選書『ドイツ・イデオロギー』10ページ) 

【資料3】マルクスの弁証法的方法 
「私の弁証法的方法は、ヘーゲルのそれとはただ単に根本的に異なっているのではなく、それとは正反対のものである。ヘーゲルは思考過程を理念という名のもとに1つの自立的な主体にさえ転化したが、彼にとってはその思考過程が現実的なものの創造者であって、現実的なものはただその外的現象でしかない。私にあっては反対に、観念的なものは、人間の頭脳のなかで置き換えられ、翻訳された物質的なものにほかならない。 ……弁証法がヘーゲルの手のなかでこうむっている神秘化は、彼が弁証法の一般的な運動諸形態をはじめて包括的で意識的な仕方で叙述したということを、決してさまたげるものではない。弁証法はヘーゲルにあってはさか立ちしている。神秘的な外皮のなかに合理的な核心を発見するためには、それをひっくり返さなければならない。 その神秘化された形態で、弁証法はドイツの流行となった。というのは、それが現存するものを神々しいものにするように思われたからである。その合理的な姿態では、弁証法は、ブルジョアジーやその空論的代弁者たちにとっては、忌まわしいものであり、恐ろしいものである。なぜなら、この弁証法は、現存するものの肯定的理解のうちに、同時にまた、その否定、その必然的没落の理解を含み、できあがったどの形態をも運動の流れのなかで、したがってまたそれが過ぎ去って行くという側面からとらえ、なにものによっても威圧されることなく、その本質上批判的であり革命的であるからである。」 (マルクス「『資本論』第2版へのあと書き」1873年、『資本論』新日本新書①28~29ページ) -  2  - 


 ①『ドイツ・イデオロギー』(1845~46年)
 「各人が活動の排他領域を持たず、むしろそれぞれの任意の部門で自分を発達させることのできる共産主義社会においては、社会が全般的生産を規制し、そして、まさにそのことによって、私は今日はこれをし、明日はあれをするということが可能になり、狩人、漁師、牧人、あるいは批判家になることなしに、まさに好きなように、朝には狩りをし、午後には釣りをし、夕方には牧畜を営み、そして食後には批判をするということが可能になる。」
(古典選書『ドイツ・イデオロギー』44ページ) エンゲルス執筆?


Karl Marx-Friedrich Engels - Die deutsche Ideologie
http://mlwerke.de/me/me03/me03_017.htm
Der Kommunismus ist für uns nicht ein Zustand, der hergestellt werden soll, ein Ideal, wonach die Wirklichkeit sich zu richten haben [wird]. Wir nennen Kommunismus die wirkliche Bewegung, welche den jetzigen Zustand aufhebt. Die Bedingungen dieser Bewegung ergeben sich aus der jetzt bestehenden Voraussetzung. Übrigens setzt die Masse von bloßen Arbeitern - <36> massenhafte, von Kapital oder von irgendeiner bornierten Befriedigung abgeschnittne Arbeiterkraft - und darum auch der nicht mehr temporäre Verlust dieser Arbeit selbst als einer gesicherten Lebensquelle durch die Konkurrenz den Weltmarkt voraus. Das Proletariat kann also nur weltgeschichtlich existieren, wie der Kommunismus, seine Aktion, nur als "weltgeschichtliche" Existenz überhaupt vorhanden sein kann; weltgeschichtliche Existenz der Individuen; d.h. Existenz der Individuen, die unmittelbar mit der Weltgeschichte verknüpft ist.   

EINZELNACHWEIS
Schließen
[8] Der Abschnitt „Das Leipziger Konzil“ beginnt: „Im dritten Bande der Wigand'schen Vierteljahrsschrift für 1845 ereignet sich die von Kaulbach prophetisch gemalte Hunnenschlacht wirklich. Die Geister der Erschlagenen, deren Grimm auch im Tode sich nicht beruhigt, erheben ein Getöse und Heulen in der Luft, wie von Kriegen und Kriegsgeschrei, von Schwertern, Schilden und eisernen Wagen. Aber es handelt sich nicht um irdische Dinge. Der heilige Krieg wird geführt nicht um Schutzzölle, Konstitution, Kartoffelkrankheit, Bankwesen und Eisenbahnen, sondern um die heiligsten Interessen des Geistes, um die ‚Substanz‘, das ‚Selbstbewußtsein‘, die ‚Kritik‘, den ‚Einzigen‘ und den ‚wahren Menschen‘. Wir befinden uns auf einem Konzil von Kirchenvätern. Da sie die letzten Exemplare ihrer Art sind und hier hoffentlich zum letzten Mal in Sachen des Allerhöchsten, alias Absoluten, plädiert wird, so lohnt es sich, über die Verhandlungen procès-verbal <Protokoll> aufzunehmen.“ MEW Bd. 3, S. 78

Bruno Bauer und Max Stirner wurden auf Wilhelm Kaulbachs Gemälde Die Hunnenschlacht (1834–1837) von Marx und Engels wiedererkannt.[8]


上の絵はドイツイデオロギー内、ライプツィヒ宗教会議 (邦訳全集3,74頁)で観念性の揶揄の例に使われた。

「…カウルバッハによって予言的に描かれた匈奴の戦いが現実におこっている。…」大月全集3,74頁

「 一八四五年度の『ヴィーガント季刊誌』第三巻のなかで、カウルバッハによって予言的に描かれた匈奴の戦いが現実におこっている。死んでもなお怨み消えやらぬ斃(たお)された者、たちの霊どもが空中でどよめかす叫喚と号哭に戦いの音、鬨(かちどき)の声、剣、楯、鉄車の響きがまざる。しか問題は地上の事どもにあるのではない。聖なる戦いは保護関税、憲法、馬鈴薯病、銀行制度、鉄道のためにおこなわれるのではなくて、霊のいとも神聖なる関心事、つまり「実体」、「自己意識」、「批判」、「唯一者」、「真の人間」のためなのでる、われわれは教父たちの宗教会議の座にいるのである。彼らはこの種の人たちの最後の標本であり、それにおらくはこれが至高のもの、つまり絶対的なものの事柄で弁護がおこなわれる最後の機会であろうから、審理の模様について記録をとるだけの値うちはある。
 まずはじめに聖ブルーノがいる。….」(大月全集3,74頁)

ちなみにフロイトはこの絵(フン族の戦い/匈奴の戦い)を肯定的に引用した。
NAMs出版プロジェクト: The Battle of the Huns
http://nam-students.blogspot.jp/2010/07/battle-of-huns.html

Karl Marx-Friedrich Engels - Die deutsche Ideologie
http://www.mlwerke.de/me/me03/me03_078.htm

Das Leipziger Konzil

<78> Im dritten Bande der "Wigand'schen Vierteljahrsschrift" für 1845 ereignet sich die von Kaulbach prophetisch gemalte Hunnenschlacht wirklich.Die Geister der Erschlagenen, deren Grimm auch im Tode sich nicht beruhigt, erheben ein Getöse und Heulen in der Luft, wie von Kriegen und Kriegsgeschrei, von Schwertern, Schilden und eisernen Wagen. Aber es handelt sich nicht um irdische Dinge. Der heilige Krieg wird geführt nicht um Schutzzölle, Konstitution, Kartoffelkrankheit, Bankwesen und Eisenbahnen, sondern um die heiligsten Interessen des Geistes, um die "Substanz", das "Selbstbewußtsein", die "Kritik", den "Einzigen" und den "wahren Menschen". Wir befinden uns auf einem Konzil von Kirchenvätern. Da sie die letzten Exemplare ihrer Art sind und hier hoffentlich zum letzten Mal in Sachen des Allerhöchsten, alias Absoluten, plädiert wird, so lohnt es sich, über die Verhandlungen procès-verbal <Protokoll> aufzunehmen.

(ヴィーカント季刊誌1845年に掲載されたバウアー論文を批判)

大月書店 マルクス=エンゲルス全集 online 3, 





第1巻 最近のドイツ哲学―─それの代表者フォイエルバッハ,B.バウアーおよびシュティルナーにおける──の批判9
まえがき11
Ⅰ フォイエルバッハ 唯物論的見方と観念論的見方の対立13
序論13
A イデオロギー一般,とくにドイツ・イデオロギー14
1 歴史23
2 意識の生産について32
B イデオロギーの現実的土台46
1 交通と生産力46
2 所有にたいする国家と権利の関係57
3 自生的および文明的な生産用具と所有形態61
C 共産主義──交通形態そのものの生産66
ライプツィヒ宗教会議74
Ⅱ 聖ブルーノ77
1 フォイエルバッハにたいする「討伐行」77
2 フォイエルバッハとシュティルナーのあいだの闘争にかんする聖ブルーノの考察86
3 聖ブルーノ対『聖家族』の著者たち88
4 「M.ヘス」への告別の辞96
Ⅲ 聖マックス100
1 唯一者とその所有101
旧約,人間103
1 生い立ち〔創世期〕,すなわち一つの生涯103
2 旧約の経綸113
3 古代人119
4 新時代人129
A 霊(純粋な霊物語)134
B 憑かれた人々(不純な霊物語)139
a 化けもの145
b 妄念149
C 不純な不純な物語152
a 黒人と蒙古人152
b カトリシズムとプロテスタンティズム161
D ヒエラルヒー164
5 御自身の構成に御満悦の「シュティルナー」179
6 自由人188
A 政治的自由主義188
B 共産主義199
C 人道的自由主義232
新約,「自我」241
1 新約の経綸241
2 自己と一致するエゴイストの現象学,あるいは,その正当化の教え244
3 神学者ヨハネの啓示,あるいは「新しき知恵の論理学」278
4 固有性311
5 固有者328
A 我が力328
1 正〔法,権利〕328
A 一般的な聖化328
B 簡単な対偶式によって我がものとすること334
C 組み合わされた対偶式によって我がものとすること337
2 おきて〔法律〕345
3 犯罪355
A 犯罪および刑罰の簡単な聖化356
a 犯罪356
b 刑罰358
B 対偶式によって犯罪および刑罰を我がものとすること360
C 普通の意味での犯罪と通常外の意味での犯罪363
5 市民社会としての社会370
2 反逆403
3 結社417
1 土地所有417
2 労働の組織420
3 貨幣425
4 国家430
5 反逆434
6 結社の宗教と哲学434
A 所有435
B 資産439
C 道徳,交通,利用説440
D 宗教447
E 結社への追加448
C 我が自己享楽450
6 ソロモンの雅歌,あるいは唯一者462
2 弁明的注釈481
ライプツィヒ宗教会議の終結489
第2巻 ドイツ社会主義─―それのさまざまな予言者たちにおける──の批判491
真正社会主義493
Ⅰ 『ライン年誌』あるいは真正社会主義の哲学496
A 『共産主義,社会主義,人間主義』496
B 『社会主義の建築石材』510
第1の建築石材514
第2の建築石材517
第3の建築石材522
Ⅳ カール・グリュン『フランスおよびベルギーにおける社会運動』(ダルムシュタット,1845年)あるいは真正社会主義の歴史的記述526
サン-シモン主義534
1 『同時代人にあてたジュネーヴの一住民の手紙』540
2 『産業者の政治的問答書』543
3 『新キリスト教』547
4 サン-シモン学派548
フーリエ主義554
「偏狭なカベーおやじ」とグリュン氏564
プルードン576
Ⅴ 「ホルシュタイン出のゲオルク・クールマン博士」あるいは真正社会主義の予言579
〔補録〕


1 Comments:

Blogger yoji said...

カール・マルクス、フリードリヒエンゲルス-ドイツ・イデオロギー
http://mlwerke.de/me/me03/me03_017.htm
共産主義は製造される条件ではない、現実が一致していなければならないた理想的な私たちのために[あります]。 私たちは、現在の状態を廃止実際の動き共産主義を呼び出します。 今、既存の状態からこの運動の結果の条件。 -ちなみに、単なる労働者の大量構成する<36>による先駆け世界市場での競争に、したがってまたの、もはや生活の安全な供給源として、作品自体の一時的な損失、 -質量、資本のまたは任意の偏狭な満足働く力のabgeschnittneを。 プロレタリアートは、このようにだけ世界的に歴史的に存在することができ、共産主義のように、唯一の「世界史的」存在としての彼の行動は全く存在していてもよいです。 個人の世界史的存在。 直接世界の歴史にリンクされている個人のすなわち存在。

SINGLE PROOF 決算
[8] セクションには、「ライプツィヒ協議会」を開始します。 "1845年のためのワイガンドVierteljahrsschriftの第三巻では、フォン・カウルバッハが予言Hunnenschlachtが本当に起こった塗装しました。 その怒り殺された者、の幽霊は、剣、盾と鉄の戦車の戦争と戦争のうわさ、として、喧騒を上げ、空気中にハウリング、さらには死で落ち着かなくなります。 しかし、それは物事を地上のことではありません。 聖戦は批判'、唯一のもの」と「真の男'は、自己意識、「どの物質に保護関税、憲法、ジャガイモの葉枯れ病、銀行や鉄道にではなく、精神の最も神聖な利益'。 私たちは、教会の父親の協議会です。 彼らはその種の最後のものであり、最も高い、別名絶対、擁護の面で最後の時間のために、できればここになりますので、調書には、交渉。 "MEWを引き継ぐことを支払うので巻。 3、P.78


https://de.m.wikipedia.org/wiki/Die_deutsche_Ideologie

ブルーノ・バウアーとマックス・シュティルナーは上にあったヴィルヘルムカウルバッハマルクスとエンゲルスのフン族の戦い (1834から1837)を塗装認識した。 [8]

10:09 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home