土曜日, 7月 16, 2016

ゲーテ Epigrammatisch エピグラム風に 警句的 より

                   (マルクス文学リンク::::::::::
NAMs出版プロジェクト: ゲーテ Epigrammatisch エピグラム風に 警句的 より
http://nam-students.blogspot.jp/2016/07/epigrammatisch.html(本頁)

http://www.zeno.org/Philosophie/M/Engels,+Friedrich/Deutscher+Sozialismus+in+Versen+und+
Prosa/2.+Karl+Gr%C3%BCn%3A+%C2%BB%C3%9Cber+Goethe+vom+menschlichen+Standpunkte%C2%AB
エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」2、「グリュン『人間的立場からみたゲーテについて』1846」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
プルードンへの嫌味を付け加えて引用している(4:234)

それが後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったらしい
剽窃し盗んだ上でその相手を後から批判する
盗んだことは伏せられたまま

グリュンはプルードンの名を挙げたあと詩を引用している

保守的なゲーテの教理問答が強奪のためのいわゆる財産権を宣言したことを誰かがすでに疑っていたならば、それは穏やかでまともな形で彼がフランスのプロレタリア、プルードンと全く同じ意見であった 人生の最も重要な見方で再び会うのだろうか? それは奇妙に聞こえますが、私達がゲーテが言ったことを言うことができます: "箴言"
彼の詩の第2巻には以下の作品があります。
教師。

'Kmdだと思います! これらの贈り物はどこから来たのですか?
あなたはあなた自身のものを持つことはできません。

子供。




EI! 私が父から持っているすべてのもの。


教師。

そして誰が、どこから手に入れたのでしょうか。

子供。

おじいちゃんから。

先生 まだだ! おじいちゃんb>はどこでしたか

から来るの?

子供。

彼はそれを取った」

Ii "propriete、" 'le le v "j。[所有は盗みである] 私がプルードンにそのことを話した時、彼は言った:彼はゲーテをほとんど読んでいませんでした。 しかし彼はいつも彼を知的な若者と見なしていました。 私はいつも彼をです«彼»un gsreo»インテリジェント!




pp.252~3




 Sollte wohl schon Iemand den konservativen Keheimeurath von Gölhe in Verdacht gehabt haben, daß er das sogenannte Eigenthumsrecht für eine Usurpazion erklärte, daß er in etwas milderer und anständiger Form durchaus derselben Ansicht war mit dem französischen Proletarier Proudhon, mit dem wir ihn an einer anderen Stelle nochmals in einer wichtigsten Lebensanschauung zusammentreffen sehen werden? Es klingt komisch, aber was können wir dafür, daß Göthe gesagt hat: Ii» proxriöte', «'est
 Im zweiten Bande seiner Gedichte steht folgendes Stücklein:

„Karech isazio».

Lehrer.

Bedenk' o Kmd! woher sind diese Gaben? 
Du kannst nichts von dir selber haben. 

Kind.

Ei! Alles Hab' ich vom Papa.


Lehrer.

Und der, woher hat's der?

Kind.

Vom Großpapa.

, Lehrer. Nicht doch! Woher hat's denn der Großpapa b>

kommen?

Kind.

Der hat's genommen."

Ii» propriete, «'est le v«j. Als ich Proudhon das Ding erzählte, meinte dieser: Er habe wenig von Gölhe gelesen; aber er habe ihn stets für einen einsichtigen Burschen gehalten. 5e I'si toujour« er» un gsreo» intelligent!


抜粋: : Grün、Karl. “Ueber Göthe.” C. W. Leske. iBooks. 


グルントリッセ1857~8...(+資本論草稿関連)
http://nam-students.blogspot.com/2016/07/blog-post.html

ラシャートル版は以下、(kindleにはない)
Le capital / par Karl Marx ; traduction de M. J. Roy, entièrement revisée par l'auteur | Gallica
http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k1232830.r=Capital,+Karl+Marx.langFR
K. Marx - Le Capital Livre I : XXVI
https://www.marxists.org/francais/marx/works/1867/Capital-I/kmcapI-26.htm#ftnref1

資本論フランス語(ラシャトル)版1872、本源的蓄積1:26にはじめて引用されたゲーテの警句、
(現行該当箇所1:24にはない) ゲーテ全集では改造社版の邦訳しか見つからなかった。

 Notes
[1] Gœthe, irrité de ces billevesées, les raille dans le dialogue suivant : :
Le maître d'école : Dis-moi donc d'où la fortune de ton père lui est venue ?
L'enfant : Du grand-père.
Le maître d'école : Et à celui-ci?
L'enfant : Du bisaïeul.
Le maître d'école : Et à ce dernier ?
L'enfant : Il l'a prise. »

《原注 ゲーテは、こうした子供だましに腹を立てて、次のような対話でそれを嘲弄している。
先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし)、10行目)


ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、276pからの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)


Katechismus?

東京經大學會誌 学術雑誌 164
江夏美千穂 Authorities Quoted in K. Marx "Capital (Vol. I) IX 188~238頁参照
ゲーテからの引用は3つ減り3つ増えているという。要するに入れ替わっている。

Goethe - Gedichte: Katechisation
http://www.textlog.de/17936.html

Katechisation 



Lehrer
Bedenk, o Kind! woher sind diese Gaben?
Du kannst nichts von dir selber haben.

Kind
Ei! alles hab ich vom Papa.

Lehrer
Und der, woher hat's der?

Kind
Vom Großpapa.

Lehrer
Nicht doch! Woher hat's denn der Großpapa bekommen?

Kind
Der hat's genommen.


Goethe - Links für die Literaturwissenschaft
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~mmandel/recherche/goethe.html
Goethe's sämmtliche Werke ... Stuttgart und Tübingen: Cotta 1850-51. 30 Bde. (Google books via Univ. of Michigan).2:276p
Goethe's sämmtliche Werke: Vollständige, neugeordnete Ausgabe - Johann Wolfgang von Goethe - Google ブックス 276p
https://books.google.co.jp/books?id=brM_gxFQGnQC&pg=PA273&hl=ja&source=gbs_toc_r&cad=4#v=onepage&q&f=false


 Epigrammatisch エピグラム風に 警句的

警句集
  之等の贈呈の価値を人間はば、
  深き心の晴れかなる転換と言はむ。   517頁




   *示教問答(Katechisation)
          * 1773年10月26日「ヴアンベツカー、ボーテン」に。

     先生
よく考えてごらん。こんな立派なものを誰に戴いたのです?
あなたが自分で作つたものではないでせう。
     
     子供
え〻。みんなパヽに貰つたの。

     先生
而して、お父さんは誰から貰つたの?

     子供
おぢいさんからだわ。

     先生
さうではないでせう! ではおぢいさんは誰から戴いたの?

     子供
おぢいさんは自分でとつてきたのだわ。

警句集改造社ゲーテ全集第二巻1937年
527~8頁
芳賀檀訳

わたしたちは…
Woher
新潮世界詩人全集1967
168頁
国立国会図書館デジタルコレクション - ゲーテ全集. 第2巻
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1244265




下記には未所収。

ゲーテ全集 1 詩集
版情報   新装普及版
著者名等  ゲーテ/〔著〕  
出版者   潮出版社
出版年   2003.9
大きさ等  19cm 477p
NDC分類 948
要旨    瑞々しい洒落っ気「詩集」。文豪の生涯の全体像を捉え清新な新訳で蘇る。
目次    献げる言葉;小曲集;つどいの歌;物語詩;悲歌その一;悲歌その二;書簡;ヴェネツィ
アのエピグラム一七九〇年;四季;ソネット〔ほか〕
内容    内容: 献げる言葉   山口四郎訳
内容    小曲集   山口四郎訳
内容    つどいの歌   松本道介訳
内容    物語詩   山口四郎訳
内容    悲歌その1   今井寛訳
内容    悲歌その2   今井寛訳
内容    書簡   今井寛訳
内容    ヴェネツィアのエピグラム   高辻知義訳
内容    四季   高辻知義訳
内容    ソネット   高辻知義訳
内容    カンタータ   高辻知義訳
内容    くさぐさの歌   山口四郎訳
内容    ヴィルヘルム・マイスターより   山口四郎訳
内容    人に宛てて   松本道介訳
内容    芸術   松本道介訳
内容    比喩的に   松本道介訳
内容    神と心情と世界   田口義弘訳
内容    格言風に   内藤道雄訳
内容    エピグラム風に   内藤道雄訳
内容    抒情歌   内藤道雄訳
内容    つどい   内藤道雄訳
内容    神と世界   田口義弘訳
内容    芸術   飛鷹節訳
内容    エピグラム風に   内藤道雄訳
内容    比喩的に   内藤道雄訳
内容    穏和なクセーニエ   飛鷹節訳
内容    解説


ISBN等  4-267-01654-2


ゲーテ@資本論(河出)

1:1:3:c:2
「概念の欠けているところへは、言葉がちゃんとやってくる」〔ゲーテ『ファウスト』〕

1:2
わが商品所有者たちは当惑して、ファウストのように考える。太初に行為ありき…

1:22:3
「あア! 彼の胸には二つの霊が宿っていて、その一方は他方から離れようとする!」〔ゲーテ『ファウスト』〕

1:23:5:f
「こんな大地主だのに、なんと人間らしいことよ!」〔ゲーテ、「ファウスト』中のメフィストの言葉。〕

シェークスピアとマルクスも本があるが、ゲーテも負けていない。バルザック、ダンテ、も多い。














Karl Theodor Ferdinand Grün - Wikipedia

en.wikipedia.org/wiki/Karl_Theodor_Ferdinand_Grün
Karl Theodor Ferdinand Grün also known by his alias Ernst von der .... 1846Über Goethe vom menschlichen Standpunkte. [On Goethe from the Human Standpoint.] 1860: Louis Napoleon Bonaparte, ...












Karl Grün – Wikipedia

sv.wikipedia.org/wiki/Karl_Grün
Karl Grün (1885) ... in Frankreich und Belgien (1845) och Über Goethe vom menschlichen Standpunkt (1846) stammar.












herders humanitätsidee und ihre bedeutung für unsere zeit - J-Stage

www.jstage.jst.go.jp/article/dokubun1947/14/.../ja/
23) Fr. Engels, Karl Grün: “Über Goethe vom menschlichen Standpunkte”, Darmstadt, 1846. Marx, Engels, Über Kunst ...












ゲーテの詩 - J-Stage

www.jstage.jst.go.jp/article/dokubun1947/43/.../ja/
1) Engels: “Karl GrünÜber Goethe vom menschlichen Standpunkte 1846” 1847. 2) Eckermann: Gespräche mit Goethe, ...

22 Comments:

Blogger yoji said...

ゲーテ全集 1 詩集
版情報   新装普及版
著者名等  ゲーテ/〔著〕  ≪再検索≫
出版者   潮出版社
出版年   2003.9
大きさ等  19cm 477p
NDC分類 948
要旨    瑞々しい洒落っ気「詩集」。文豪の生涯の全体像を捉え清新な新訳で蘇る。
目次    献げる言葉;小曲集;つどいの歌;物語詩;悲歌その一;悲歌その二;書簡;ヴェネツィ
アのエピグラム一七九〇年;四季;ソネット〔ほか〕
内容    内容: 献げる言葉   山口四郎訳
内容    小曲集   山口四郎訳
内容    つどいの歌   松本道介訳
内容    物語詩   山口四郎訳
内容    悲歌その1   今井寛訳
内容    悲歌その2   今井寛訳
内容    書簡   今井寛訳
内容    ヴェネツィアのエピグラム   高辻知義訳
内容    四季   高辻知義訳
内容    ソネット   高辻知義訳
内容    カンタータ   高辻知義訳
内容    くさぐさの歌   山口四郎訳
内容    ヴィルヘルム・マイスターより   山口四郎訳
内容    人に宛てて   松本道介訳
内容    芸術   松本道介訳
内容    比喩的に   松本道介訳
内容    神と心情と世界   田口義弘訳
内容    格言風に   内藤道雄訳
内容    エピグラム風に   内藤道雄訳
内容    抒情歌   内藤道雄訳
内容    つどい   内藤道雄訳
内容    神と世界   田口義弘訳
内容    芸術   飛鷹節訳
内容    エピグラム風に   内藤道雄訳
内容    比喩的に   内藤道雄訳
内容    穏和なクセーニエ   飛鷹節訳
内容    解説
ISBN等 4-267-01654-2
書誌番号  3-0203063675

8:30 午後  
Blogger yoji said...

警句集
  之等の贈呈の価値を人間はば、
  深き心の晴れかなる転換と言はむ。   517頁


   *示教問答(Katechisation)
          * 1773年10月26日「ヴアンベツカー、ボーテン」に。

     先生
よく考えてごらん。こんな立派なものを誰に戴いたのです?
あなたが自分で作つたものではないでせう。
     
     子供
え〻。みんなパヽに貰つたの。

     先生
而して、お父さんは誰から貰つたの?

     子供
おぢいさんからだわ。

     先生
さうではないでせう! ではおぢいさんは誰から戴いたの?

     子供
おぢいさんは自分でとつてきたのだわ。

警句集改造社ゲーテ全集第二巻1937年
527~8頁
芳賀檀訳

わたしたちは…
Woher
新潮世界詩人全集1967
168頁

11:35 午後  
Blogger yoji said...



最初の通読には原書頁数入りの岡崎訳を揃えるのがいいと自分も思う
(宇野柄谷が岩波準拠になる場合が大いので岩波文庫もいいが原書頁数がない)
ただ世界の大思想版をタブレットに入れてから
資本論の読み方が変わった
三千四百円×4冊分なので初心者には勧めないが
脚注を細かく読めるようになった
検索がとにかく便利だ
大月デジタル版もあるが…

あと第一巻後半部に関してはフランス語版の邦訳に早めに目を通すべきだ
例えば以下のゲーテからの引用はフランス語版にはじめて追加された

先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」(La 314.1,大月②933ページ、10行目)

1:26(現行1:24)

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、276pからの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)



熊野純彦『マルクス 資本論の思考』
https://www.amazon.co.jp/dp/4796703268 2013/9 せりか書房


「とほうもない商品のあつまり」

…熊野純彦東大教授の「マルクス 資本論の思考」は、こんなふうにはじまる。
《....永山の目に飛び込んできたのは、まずはこういう一節であったはずである。〈資本制的な生産様式が支配している社会の富はひとつの「とほうもない商品のあつまり」として現象し、個々の商品はその富の原基形態として現象している。私たちの研究は、それゆえ商品の分析からはじめられるのである〉......》8頁まえがき

<資本主義的生産様式が支配している諸社会の富は、「商品の巨大な集まり」として現れ、個々の商品はその富の要素形態として現れる。それゆえ、われわれの研究は、商品の分析から始まる。>
(平井規之訳、新日本出版社、1982年、第一巻59頁、新書全13巻)

<資本主義的生産様式が支配している諸社会の富は、「商品の巨大な集まり」として現われ、個々の商品はその富の要素形態として現われる。それゆえ、われわれの研究は、商品の分析から始まる。>
(新日本出版社、1997年、[上製版]第一巻59頁)



<資本主義的生産様式が支配している社会の富は、「膨大な商品の集積物(1)」として現われている。
したがって、この富の要素形態である商品の分析は、われわれの研究の出発点である。
   (1) カール・マルクス『経済学批判』、ベルリン、一八五九年、三ページ。>
(江夏美千穂、上杉聡彦訳、フランス語版資本論、1979年、法政大学出版局,3頁)@ 1872年ラシャトル版

G-W-G'が
M-A-M'という記載法になる

8:12 午後  
Blogger yoji said...

色彩としての神
www.eonet.ne.jp/~orion-n/ESSAY/TETUGAKU/7.html
ベンヤミンは『ドイツ悲劇の根源』の冒頭に、ゲーテ『色彩論』歴史編からの引用を掲げて いる。<…芸術がつねに個々の芸術作品のなかに自己を完全に表出するように、学問も またその扱う個々の対象のなかに、そのつど、完全に表出されるべきものだろう。

11:19 午後  
Blogger yoji said...

図説 仕事から逃げたくなった時に見る言葉~人生観が変わる名言90~
https://books.google.co.jp/books?id...

ビジネス格言研究会 - 2015 - ‎プレビュー
ヨ第 10 何度も言い聞かせ続けていれば、絶対に成功できるのです。ジョン・レノン(イギリスのミュージシャン)向こう見 ずは天才であり、力であり、魔法です。ゲーテ(ドイツの詩人)心配事の% %は取り越し苦労だ。藤村正宏( マーケティングコンサルタント)行動する前から叩かれてしまうこともあります。それでも行動するのがほんとうの勇気です。ハーパー・リー(アメリカの作家)楽しい顔で食べれば、皿一つでも宴会だ。プルデンティウス(スペインの詩人 ...
市場ベースの経営 ——価値創造企業コーク・インダストリーズの真実
https://books.google.co.jp/books?isbn...

チャールズ・G・コーク - 2016 - ‎プレビュー
向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です」ーゲーテ(この言葉を初めてゲーテの言葉だと言ったのは、ウィリアム・ ハッチンソン・マレー著『ザ・スコティッシュ・ヒマラヤン・エクスペディション『TheScottish Himalayan Expedition」』)私が初めてメディアで「コーク兄弟」という言葉を目にしたのは、七○歳の誕生日をとうに過ぎたときのことだった。私たちは四人兄弟だが、この言葉はほとんどの人にとってデビッドと私だけを意味する。フレデリックとビルが ...
ファウスト(II)
https://books.google.co.jp/books?id...

ゲーテ/高橋健二訳 - 2013 - ‎プレビュー
ゲーテ/高橋健二訳. 力の加わった腕で女を高々と持ちあげる。つれて逃げるのかな? (ファウスト)向こう見ずの愚か者! 思い切ってやるんだな!聞こえないのか。待て!そいつはひどすぎるぞ! (メフィスト)ご自分でやってるんですよ、幽霊相手の道化を! (天文博士)ひとことだけつけ加えます!これまでの経過によって、私はこの芝居をヘレネの略奪と名づけます。(ファウスト)なに、略奪だと!わしはこの場にむなしくいるのか。このかぎがわしの手中にあるではないか ...

4:52 午前  
Blogger yoji said...

向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です|社会学的キャリア論 ...
ameblo.jp/sociologicalstyle/entry-11986488073.html
【社会学的キャリア論】 第464号 ======================================= ======== 今日は、 【 向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です 】 というテーマで。 昔からゲーテが好きなのですが、 昨日は、猛烈な興奮で、寝付けなかったこともあり、 ぱらぱらと本を手に取っておりました。 そんな中で、 ピタッと目に留まったのがこの一言 。 【 あなたにできること、あるいは できると夢見ていることがあれば、 今すぐ始めなさい。 向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。 さあ、今すぐ始めなさい ...
ゲーテの名言・格言(英語、詩、ファウストなど) | 名言+Quotes
meigen-ijin.com/goethe/
Page: 1. 幸福な人間とは、自分の人生の終わりを始めにつなぐことのできる人のことで ある。 He is the happiest man who can set the end of his life in connection with the beginning. あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ 始めなさい。向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。 Whatever you can do, or dream you can, begin it. Boldness has genius, power, and magic in it. 我々は つねに、自らを変え、再生し、若返らせなければならない。さもなくば、凝り固まってしまう 。
ゲーテの名言・格言 - goo辞書
dictionary.goo.ne.jp>...>辞書>世界の名言・格言
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの名言・格言. あなたにできること、あるいは夢見て いることがあれば、今すぐ始めなさい。向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。 ゲーテ 名言一覧 | Wiki · Facebook にシェア · ツイートする. 堕落した人間であっても、彼 だけにできる最良の方法によって、幸せになることができる。 ゲーテ 名言一覧 | Wiki · Facebook にシェア · ツイートする. 知識を身につければ十分? 否。何事かに応用せよ。 望むだけで十分? 否。行動を起こせ。 ゲーテ 名言一覧 | Wiki · Facebook にシェア.
向こう見ずは天才であり、魔法であり、力です。 - 名言から学ぶコーチング
www.meigenshu.net/2010/05/post_1217.html
ゲーテの名言をワンポイントコーチング付きで紹介している名言集|ゲーテ.
ゲーテ名言まとめ(日本語、英語) - e-StoryPost
estorypost.com/名言・格言/goethe-quotes-matome-jp-en/
あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。 向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です. Whatever you can do or dream you can, begin it. Boldness has genius, power and magic in it! 今日始めなかったことは 、明日終わることはない. What is not started today is never finished tomorrow. 自分 の一生の終わりを初めと結びつけることのできる人は、最も幸福である. He is the happiest man who can set the end of his life in connection with the beginning
向こう見ずに挑戦 – 成功する人の考え方
ekusia.com/quote/6811.html
2017年6月12日 ... あなたにできること、 あるいはできると夢見ていることがあれば、 今すぐ始めなさい。 向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。 さあ、今すぐ始めなさい。 <続く>. 「 ゲーテ」ドイツの詩人. 向こう見ずは天才。なんて素晴らしい言葉なんだろう。 向こう見ず に挑戦するとき、多くの人はキミを馬鹿にするだろう。 でも、他人が想像する自分なんて 物は、とても小さい。 だから、他人から見れば、何でも失敗すると言いたくなるし、. 成功 されると自分より上になるから困るんだ。 他人の意見を聞かず、さぁ向こう見ず ...
ヨハン・W・V・ゲーテ 名言集(英語付)|心の常備薬
medicines.aquaorbis.net>ホーム>名言集>海外>文学家
ヨハン・W・V・ゲーテの名言を集めて心の常備薬として紹介します。(英語付) ドイツを ... Johann Wolfgang von Goethe. ゲーテ90, 1749年8月28日 – 1832年3月22日. ドイツ の詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家. ドイツを代表する文豪であり、 小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマン とドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。 著書, ・タウリス島 の ... 向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。 Whatever you ...
ゲーテ:あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今 ...
www.kyoucando.com>HOME>詩人、小説家>ゲーテ
「ゲーテ」の名言・格言あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今 すぐ始めなさい。向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。さあ、今すぐ始めなさい 。 by 「ゲーテ」Whatever you can do, or dream you can, begin it. Boldness has geniu...
ゲーテ - 向こう見ずは天才である - 名言・座右の銘
www.kokin.rr-livelife.net>...>人生・生き方にまつわる名言
人生・生き方にまつわる名言. ゲーテ. 向こう見ずは天才であり、魔法であり、力です。 さあ、今すぐ始めなさい。 関連タグ: ゲーテ. << 前のページ | ランダム | 次のページ >>, . 名言集の新規作成用(Cookieに保存). 作成済み名言集の編集用(DBに保存). 追加 ボタンで本項の名言「向こう見ずは天才である(ゲーテ)」が名言リストに追加されます。 詳しくは名言集を作成するを参照してください。 . . Page Top. スポンサードリンク. . 座右の銘. 人生・生き方にまつわる名言 · 愛・友情にまつわる名言 · その他の偉人の 名言 · ドラマ・ ...
名言ナビ - あなたにできること、あるいはできると夢見ていること
www.meigennavi.net/word/030/030152.htm
あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。 向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。 さあ、今すぐ始めなさい。 [ 出典 ]. ゲーテ[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ] (18~19世紀ドイツの詩人・小説家・劇 作家、1749~1832). [ 別表現/別訳 ]. (ver.1) あなたができること、あるいはできると 夢見ていることは何でも始めよ。 大胆であるということは、才能、力、魔力があるという ことだ。 (ver.2) あなたができること、あるいはできると夢見ていることがあれば、何でも 始めてみること ...
向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です ゲーテに関するQ&A(1件)-Yahoo!知恵袋
Q.
ゲーテの言葉、ドイツ語原文「あなたにできること、あるいはできる...
A.
読んだとき、ゲーテらしくないと思いましたが、やはりその引用はドイツ語のウェブでもはやっています。 次のよ...
解決済み-回答数:1-質問日時:2011年3月30日

もっと見る

4:57 午前  
Blogger yoji said...


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1458948029?__ysp=5ZCR44GT44GG6KaL44Ga44Gv5aSp5omN44Gn44GC44KK44CB5Yqb44Gn44GC44KK44CB6a2U5rOV
44Gn44GZIOOCsuODvOODhg%3D%3D


ゲーテの言葉、ドイツ語原文「あなたにできること、あるいはできると夢見ているこ...
シェア
ツイート
はてブ
知恵コレ
プロフィール画像
sprin9_haruさん2011/3/3002:43:55
ゲーテの言葉、ドイツ語原文「あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。さあ、今すぐ始めなさい。」
ゲーテの言葉「あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。さあ、今すぐ始めなさい。 」この原文を御存じの方がいらっしゃったら教えてください。

共感した 0
閲覧数:1,984 回答数:1違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答
プロフィール画像
beruntoさん編集あり2011/3/3021:42:29
読んだとき、ゲーテらしくないと思いましたが、やはりその引用はドイツ語のウェブでもはやっています。
次のようです。Was immer du tun kannst oder erträumst zu können, beginne es. Kühnheit besitzt Genie, Macht und magische Kraft. Beginne es jetzt.
しかし、出典はどこでも述べていないなのです。
そして次のページを見つけました。
http://www.goethesociety.org/pages/quotescom.html
つまり、ゲーテはそういう文章を書いたことないらしいです。むしろ、ジョン・アンスターがかなり自由にパラフレーズした『ファウスト 第一部』英訳のなか、「劇場での前戯」からの引用です。
そのセリフは(森鴎外訳、近代デジタルライブラリーより)以下にアタッチしました。読みにくいので申し訳ありませんが、ファイルサイズはヤフーの制限です。とにかく、内容はかなり違うと思います。

読んだとき、ゲーテらしくないと思いましたが、やはりその引用はドイツ語のウェブでもはやっています。...
ナイス 1
違反報告

4:59 午前  
Blogger yoji said...


エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
プルードンへの嫌味を付け加えて引用している

4:234

それが後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったらしい

11:55 午後  
Blogger yoji said...

“Naturbetrachtung aus, mit dem Sozialisten Proudhon zusammentreffen, der ebenfalls die Gleichgültigkeit oder Aequivalenz jeder Beschäftigung in seiner ,Schöpfung der Ordnung in der Menschheit" nachgewiesen hat. „Mache ein Organ aus dir, heißt es bei Göthe, und erwarte, was für eine Stelle dir die Menschheit im allgemeinen Leben wohlwollend zugestehen werde. Wer es nicht glauben will, der gehe seinen Weg, auch der gelingt zuweilen; ich aber sage: von unten herauf zu dienen ist überall nöthig. Sich auf ein Handwerk zu beschränken ist das beste. Für den geringsten Kopf wird es immer ein Handwerk, für den besseren eine Kunst, und der beste, wenn er Eins thut,'thut er Alles, oder, um weniger paradox zu sein, in dem Einen, was er recht thut, sieht er das Gleichniß von allem, was recht gethan wird." Proudhon sagt, jedes Werk von des Menchen Hand sei eine Produkzion einer künstlichen Serie,! ebenso werthvoll wie jede andere. Iede Beschäftigung sei in sich einer höchsten Vervollkommnung fähig, und so ruhe jede in der allgemeinen Wissenschaft, deren Boden jeder Arbeiter mit dem anderen theile, wie verschieden auch jene künstlichen Serien oder Produkzivnen unter sich seien. „In dem Einen, was er recht thut, sieht er das Gleichniß von allem, was recht[…]”

抜粋: : Grün、Karl. “Ueber Göthe.” C. W. Leske. iBooks.
この素材は著作権で保護されている可能性があります。

2:41 午前  
Blogger yoji said...

「自然を考慮して、人類における秩序の創造においてあらゆる職業の無関心または同等性をも証明した社会主義者Proudhonと会いなさい」とGötheは言う、そしてどんな場所を期待するたとえ成功したとしてもそれがうまくいくとは思わない彼は言うが、私は言う:どこからでも下から奉仕することが必要である。頭が一番小さいものは常に工芸品になり、より良い芸術のためには、そして最も良いのは、彼がそれをするとき、彼はすべてをするか、あるいは逆説的でないためには、彼は正しいこと、彼は寓話を見る正しく行われたすべてのもののうち」 Proudhonは、人間の手によるすべての作品は人工シリーズの制作であると言っています。他と同じくらい価値があります。すべての職業はそれ自体で最高の完成度を発揮することができ、したがって、各労働者が他の人と共有している土の科学のすべては、それらの人工的なシリーズまたはプロダクションがそれら自身の間でどれほど異なるかを休みます。 「彼が正しいことの一つに、彼は正しいことすべてのたとえ話を見ている[...]」

抜粋::グリーン、カール。 "ゲーテについて。" C. W.レスケ。 iBook。
この素材は著作権で保護されている可能性があります。

2:41 午前  
Blogger yoji said...

七月革命ののち、自由主義的な銀行家ラフィットがその相棒のオルレアン公を市庁に案内したとき、
彼は次のことばをもらした。「これからは銀行家が支配するだろう」と。ラフィットは革命の秘密を
もらしたのであった。-マルクス7.9
https://twitter.com/maruenbot/status/1081418375706726401?s=21

信用制度の発展とともに、ロンドンのような大規模な集中した貨幣市場がつくりだされるが、
それらは同時に証券取り引きの本拠地でもある。銀行家たちは、庶民の貨幣資本を大量に
証券取引業者一味の手にゆだねる。こうして賭博師一味が増大する。(資本論第3部第32章)
https://twitter.com/marx_kapital/status/1081056428385722368?s=21

12:00 午前  
Blogger yoji said...

リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するのが最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,2010)
マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ) 2010^2015/2/11
川越 敏司 (著) kindleあり

12:03 午前  
Blogger yoji said...

《原注 ゲーテは、こうした子供だましに腹を立てて、次のような対話でそれを嘲弄している。
先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし)、10行目)


ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、276pからの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)


エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
プルードンへの嫌味を付け加えて引用している
(全集4:234より)

それが後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったらしい
グリュンの名はマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった


リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するのが最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,2010)
マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ) 2010^2015/2/11
川越 敏司 (著) kindleあり

12:06 午前  
Blogger yoji said...

資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある


先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし)、10行目)

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、276pからの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードンに言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている
(全集4:234より)

それが後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンの名はマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった


リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するのが最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,2010)
マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ) 2010^2015/2/11
川越 敏司 (著) kindleあり

12:09 午前  
Blogger yoji said...

資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある


先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし)、10行目)

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、276pからの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードンに言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている
(全集4:234より)

この詩は後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンはマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる人物
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった

リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するのが最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,2010)
マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ) 2010^2015/2/11
川越 敏司 (著) kindleあり

12:11 午前  
Blogger yoji said...

資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある

《先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし)、10行目)

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、276pからの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードンに言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている
(全集4:234より)

この詩は後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンはマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる人物
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった

参考:
リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するのが最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,2010)
マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ) 2010^2015/2/11
川越 敏司 (著) kindleあり

12:12 午前  
Blogger yoji said...

資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある

《先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし))

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、p.276からの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードンに言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている
(全集4:234より)

この詩は後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンはマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる人物
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった

参考:
リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するのが最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,2010)
マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ) 2010^2015/2/11
川越 敏司 (著) kindleあり

12:14 午前  
Blogger yoji said...

資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある

《先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし))

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、p.276からの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードン「所有とは盗みである」に言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている
(全集4:234より)

この詩は後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンはマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる人物だ
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった

参考:
リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するのが最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,2010)
マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ) 2010^2015/2/11
川越 敏司 (著) kindleあり

12:16 午前  
Blogger yoji said...

資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある

《先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」》
(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし))

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、p.276からの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードン「所有とは盗みである」に言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている
(全集4:234より)

この詩は後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンはマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる人物だ
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった

参考:
リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するのが最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,2010)
マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ) 2010^2015/2/11
川越 敏司 (著) kindleあり

12:16 午前  
Blogger yoji said...

資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある

《先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」》
(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし))

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、p.276からの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードン「所有とは盗みである」に言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている
(全集4:234より)

この詩は後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンはマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる人物だ
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった

参考:
リサーチという経験のデザイン 小野滋
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
目標のデザイン(Becker, DeGroot, & Marshak, 1966)
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するの
が最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,マーケット・デザイン 2010)

12:19 午前  
Blogger yoji said...

661 a[sage] 2019/01/05(土) 17:19:17.31 ID:0
資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある

《先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」》
(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし))

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、p.276からの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードン「所有とは盗みである」に言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている(全集4:234より)
この詩は後年に資本論フランス語訳に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンはマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる人物だ
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった

参考:
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するの
が最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,マーケット・デザイン 2010)

12:19 午前  
Blogger yoji said...

661 a[sage] 2019/01/05(土) 17:19:17.31 ID:0
資本論フランス語版だけに引用されたゲーテの詩がある

《先生「お父さんの財産はどこから入ったのですか?」
小学生「お祖父さんからです」
先生「お祖父さんのは?」
小学生「ひいお祖父さんからです」
先生「じゃあ、そのひいお祖父さんのは?」
小学生「人から取ったのです(Il l'a prise)」》
(La 314.1,大月②933ページ(*改訂前の該当箇所だが引用はなし))

ゲーテ『教理問答』ゲーテ全集、コッタ、1850年、第2部、p.276からの引用
林直道1975年245頁、1976年128~9頁より(江夏訳1979,394頁参照)

エンゲルス「詩と散文におけるドイツ社会主義」によるとエンゲルスはグリュン経由でゲーテの詩を知ったらしい
グリュンはプルードン「所有とは盗みである」に言及しつつゲーテの詩を紹介していた
それをエンゲルスはプルードンへの嫌味を付け加えて孫引きしている(全集4:234より)
この詩は後年に資本論フランス語訳の脚註に採用されるくらいマルクスの気に入ったようだ
グリュンはマルクス、プルードン往復書簡に名が出てくる人物だ
ちなみにゲーテは画期的な印税方式を提案していたくらいなので経済に強かった

参考:
http://elsur.jpn.org/resource/201611JACS_rXD_Web.pdf p.23
例) ゲーテの印税 (1797年)
ゲーテは叙事詩「ヘルマンとドロテア」の印税について、出版社に次のように提案した
• ゲーテは要求額を記した書類を封印し、弁護士に渡す
• 出版社はゲーテに、いくら支払う気があるかを提案する
• もしそれが要求額より低かったら、ゲーテは書類を取戻し、交渉を中止する
• もしそれが要求額より高かったら、(提案額ではなく)要求額で取引する出版社にとっては、真の評価額を表明するの
が最適 (=インセンティブ整合的)実際には、弁護士が出版社に要求額を漏らしてしまい、出版社は要求額を提案した
(川越,マーケット・デザイン 2010)

12:20 午前  

コメントを投稿

<< Home