日曜日, 9月 11, 2016

ケインズ関連動画:メモ


                  ( 経済学リンク::::::::::
NAMs出版プロジェクト: ケインジアンの交差図 1936
 1雇用(2,5)、利子(消費3,投資4,4-14図)および貨幣(5)の一般理論(1-1),6
http://nam-students.blogspot.jp/2015/03/blog-post_12.html
NAMs出版プロジェクト: バンコール(経済学)1940~2
http://nam-students.blogspot.jp/2016/08/blog-post_11.html
NAMs出版プロジェクト: ケインズ関連動画:メモ
http://nam-students.blogspot.jp/2016/09/blog-post_11.html(本頁)
John Maynard Keynes - Wikipedia, the free encyclopedia
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Maynard_Keynes
ジョン・メイナード・ケインズ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%
ジョン・メイナード・ケインズ (John Maynard Keynes)
http://cruel.org/econthought/profiles/keynes.html
The Bloomsbury Group (Spoken Word) (The spoken Word): Amazon.co.uk: British Library: 9780712305938: CD
(11,John Maynard Keynes The Arts Council of Great Britain (1945) )
Video & Audio: John Maynard Keynes - Life - ideas - Legacy - Metadata movie
http://sms.cam.ac.uk/media/761745

http://www.youtube.com/watch?v=QJVkCbHoUSI




“If we can cure unemployment for the wasted purposes of armaments,
we can cure it for the productive purposes of peace.”
1939年5月23日BBC

「もしわれわれが軍備という無駄な目的のために失業を救済し得るならば、
われわれは平和と言う生産的な目的のためにもそれを救済できる。」
(邦訳全集25巻612頁) 

(追加原稿分を別人が読み上げたのかも知れない)


第四回 ケインズの「雇用、利子および貨幣の一般理論」池上彰
http://youtu.be/lYSzymyReQc



100人の 20世紀  ケインズ 1/2
https://youtu.be/t-ruwf6mlOE



100人の 20世紀  ケインズ 2/2
https://youtu.be/A8DFGbRzCiQ
1931:

1939:

軍備という無駄な目的で失業問題を解決できるなら
私達は平和という建設的な目的でも解決できるはずです
1939年5月23日BBC
邦訳全集25巻612頁参照

「もしわれわれが軍備という無駄な目的のために失業を救済し得るならば、
われわれは平和と言う生産的な目的のためにもそれを救済できる。」
(邦訳全集25巻612頁

書 評Keynes on the  Wireless : John Maynard Keynes(Donald Moggridge 編 Palgrave Macmillan 社刊 2010年) 神 藤 浩 明 
 本書は JohnMaynardKeynes が1925年1月から1945年7月までの間に,英国放送協会(BBC)を通して行ったラジオ放送21回分を収録したものである.…
 Will Re-armamentCureUnemployment?(1939 年5月23日放送)は,1940年度英国防費の前年度比40%増との発表(2月15日),ドイツによるプラハの占領(3月15日),ポーランド領の保全を保証する英仏協定の締結(3月30 日),英国での徴兵制導入の公表(4月26日)等が背景となっている.深刻な失業に悩まされる中,Keynes は再軍備によって慢性病ともみなされる失業が解消されるのかと問う.世間からは楽観主義者とみられていた Keynesが示した試算が示される.国内における公共及び民間投資と,税金で賄われない軍備への国民総支出が昨年より控え目に1.5億ポンド増加する場合,既に雇われている者の仕事量と所得の増加に廻るため,失業の解消分に貢献する直接効果は30万人にとどまる.その一方で第二の効果(いわゆる乗数効果)を2/3とみなすと,支出の波及効果で20万人の新規雇用が見込まれ,全部で50万人の失業解消に繋がることになる.ここに Keynes の乗数理論の一端が垣間見える.Keynes はこの試算を通じて,軍備という無駄な目的のために失業が解消されるならば,平和時における生産的な目的でもそれが可能であるとして,異常な失業状態が終わりに近づいているとまで予見する.

Keynes in 1939: The Coming War Will Solve our Unemployment Problem | Mises Wire

On the eve of World War II, Keynes delivered the following chilling addresson the BBC, talking about the "great experiment" of curing unemployment through war expenditure:
Two years later to the day, in a lecture delivered shortly after his arrival in the U.S., Mises described how the great experiment really looked like: 
We are witnesses to the most frightful and phenomenal occurrence in human history: the decay of Western civilization. London, one of the centers of this civilization... is almost completely destroyed. The buildings of the Parliament of Westminster are in ruins; the House of Commons holds its assemblies in the catacombs. [...] The theater of war is spreading, and the day seems not distant when peace will have lost its last refuge. It is a moral and material collapse without precedent.






Keynes in 1939: The Coming War Will Solve our Unemployment ...


mises.org/.../keynes-1939-coming-war-will-solve-our-u...
2016年4月1日 ... A. A. Home | Blog | Keynes in 1939: The Coming War Will Solve our Unemployment Problem ... Your job is secure only as long as the massive destruction lasts, which logically mean you would feel secure only if you foresaw no end to the war. A strange kind of job ... “If we can cure .”.

J. M. Keynes, When the Day of Peace Comes
https://youtu.be/tomLfciG5z0

John Maynard Keynes Explains Cure to High Unemployment in His Own Voice (1939) | Open Culture
http://www.openculture.com/2012/06/john_maynard_keynes_explains_cure_to_high_unemployment_in_his_own_voice_1939.html
The British economist John Maynard Keynes argued that there is a role for government intervention when aggregate demand for goods and services drops, as it did during the Great Depression. Without increased public spending to make up for decreased private spending, he said, an economy will slide into a vicious circle of low demand and low output, ensuring a prolonged period of high unemployment. Government thrift at such times will only deepen the problem. “The boom, not the slump,” said Keynes, “is the right time for austerity.”
In 1939 dark clouds of war were gathering over Europe, but Keynes saw a silver lining: an opportunity to prove his theory correct. He believed that the massive government-funded war mobilization would finally give sufficient stimulus to end the Great Depression. On May 23 of that year Keynes gave his famous BBC radio address, “Will Re-armament Cure Unemployment?” He said, in part:
It is not an exaggeration to say that the end of abnormal unemployment is in sight. And it isn’t only the unemployed who will feel the difference. A great number besides will be taking home better money each week. (And with the demand for efficient labor outrunning the supply, how much more comfortable and secure everyone will feel in his job. ) The Grand Experiment has begun. If it works–if expenditure on armaments really does cure unemployment–I predict that we shall never go back all the way to the old state of affairs. ☆Good may come out of evil. We may learn a trick or two, which will come in useful when the day of peace comes.
邦訳全集25:612頁では☆に “If we can cure unemployment for the wasted purposes of armaments, we can cure it for the productive purposes of peace.”が入る。
When the day of peace did come, the Great Depression was over and England and America were embarked on a long period of rising economic prosperity. In these times of recession and government austerity, it may be good to remember something else Keynes said in his radio address: “If we can cure unemployment for the wasted purposes of armaments, we can cure it for the productive purposes of peace.”
ケインズ Keynes BBC Will Re-armament Cure Unemployment?(1939 年5月23日放送)
https://youtu.be/ktOwDhHdpHQ

J. M. Keynes, When the Day of Peace Comes
Takahashi Korekiyo, the Japanese Keynes
https://youtu.be/hq5lWtX1D70

Hyman P. Minsky, Stephanie A. Kelton, Scott Fullwiler...:

https://youtu.be/yqA4XIjsq5E

Irving Fisher - Lesson for Europe from 1922
https://youtu.be/zJhwfPA5SU4

Facts & other stubborn things: Keynes on the War Economy
http://factsandotherstubbornthings.blogspot.jp/2011/10/keynes-on-war-economy.html
Doing a little more reading on the war economy and post-war expectations. This was interesting - it's from a radio broadcast "Will Re-armament Cure Unemployment" (1939):


"What a difference all this makes! It is not an exaggeration to say that the end of abnormal unemployment is in sight. And it isn't only the unemployed who will feel the difference. A great number besides will be taking home better money each week. And with the demand for efficient labour outrunning the supply, how much more comfortable and secure everyone will feel in his job. There will be other reasons for plenty of anxiety. But on of the worst anxieties is anxiety about getting and keeping work. There should be less of that than for years past.


I have a special extra reason for hoping that trade unionists will do what they can to make this big transition to fuller employment work smoothly. I began by saying that the grand experiment has begun. If it works, if expenditure on armaments really does cure unemployment, I predict that we shall never go back all the way to the old state of affairs. If we can cure unemployment for the wasted purposes of armaments, we can cure it for the productive purposes of peace. Good may come out of evil. We may learn a trick or two which will come in useful when the day of peace comes, as in fullness of time it must."

(25:607~612頁)
月23日ケインズはBBC放送で再軍備と失業の関係について話した。この談話はその後刊行された。
『リスナー』誌、1939年6月1日
 再軍備は失業を救済するか?

 すべてのことは何という違いをもたらすことであろうか! 異常な失業の終わりが視野に入っているといっても過
言ではない。違いを感じるのは失業者だけではない。それ以外の多くの人は毎週より多くの金を家庭に持って帰るだ
ろう。
そして有能な労働に対する需要が供給を上回っているので、誰でもがその仕事において如何にずっとより快適
で安全であると感じることであろうか。多くの不安には他の理由はあるだろう。しかし最悪の不安のーつは仕事を得
ること、また、それを続けることについての不安である。過去の年よりもそれは少ないに違いない。
 わたしは労働組合員たちがより完全な雇用ヘのこの大きな移行が円滑に働くように彼らがなし得ることをすると望
む特別の追加的な理由を持っている。わたしは大きな実験が始まっていると初めに言った。もしそれがうまくいくな
らば、すなわち軍備への支出が本当に失業を救済するならば、われわれは、はるばると過去の状態ヘ戻ることは決し
てないとわたしは予言する。もしわれわれが軍備という無駄な目的のために失業を救済し得るならば、われわれは平
和と言う生産的な目的のためにもそれを救済できる。
善は悪から生まれるかもしれない。われわれは平和の時が来れ
ば役に立つ一つ二つの秘訣を学ぶだろう、時満ちて必ず然るごとく(訳注*)。


*「ガラテヤ書」第四章四「時満つるに及びては…」。 

keynes 1931 Will Re-armament Cure Unemployment?
https://youtu.be/LIbwKk1z7bk
_________

Professor Keynes is Optimistic
https://youtu.be/0PYSFqCSsGU
_______
John Maynard Keynes | Joseph Stiglitz | Philip Booth
http://mymultiplesclerosis.co.uk/bi/john-maynard-keynes/
Joseph Maynard Keynes

“A great weight is lifted from us… There is no danger of the exchange falling too far. There is no danger of a serious rise in the cost of living. Meanwhile, British trade…”

This is the only known film of Keynes speaking. Its a broadcast about economics, how to share out the world’s resources. But for Keynes, this was no dry science. It was about changing the world for the better.
J.M.ケインズの肉声・金本位制停止を寿ぐ
https://youtu.be/1Qke0SUOMsw
So often in the past 10 years, I have had prophesited evil.
But now, great weight is lifted from us, great tension retreats.
 There is no danger of the exchange falling too far. 
There is no danger of a serious rise in the cost of living. 
The worst I had expected would be returned to the prices some two years ago.
Meanwhile, British trade will recieve an enormous stimulus much more investors have yet realized.
It is a wonderful thing for our businessmen and our manufacturers and our unemployed to taste hope again. But they must not allow anyone to put them back in the gold cage, where they have been paining out their hearts all these years.
もう これ以上 何も恐れることはありません
この10年間--
私は不吉な予言を繰り返してきましたが
今そのプレッシャーは(金本位制離脱によって)なくなりました
ビジネスマンや労働者、そして失業者が
再び希望を持てるようになったのは何とすばらしいことでしょう
Keynes celebrates the end of the Gold Standard 1:03
https://youtu.be/U1S9F3agsUA
___
The Battle of Bretton Woods: John Maynard Keynes, Harry Dexter White, and the Making of a New World Order (Council on Foreign Relations Books (Princeton University Press)) Kindle版 Benn Steil  (著)
This was “a wonderful thing,” Keynes said in rare still-available filmed footage from October 1931. Now, he insisted, British businessmen and unemployed workers “must not allow anyone to put them back in the gold cage, where they have been pining their hearts out all these years.” 74 Britain had, “at one stroke … resumed the financial hegemony of the world,” he offered, somewhat optimistically. 75
74. http:// www.youtube.com/ watch? v = U1S9F3agsUA& feature = related. 75. Rolph (1973: 164).
Rolph, C. H. 1973. Kingsley: The Life, Letters & Diaries of Kingsley Martin. London: Gollancz.

__


https://michaelkitson.files.wordpress.com/2013/02/kitson-gold-standard-june-2012.pdf

“It is  a wonderful thing  for  our  business  men  and  our  manufacturers  and  our  unemployed  to taste hope again. But  they  must  not  allow anyone to  put  them  back in  the  gold  cage, where they have been  pining  out  their  hearts  all  these  years.”  (News  broadcast  quoted  in  Backhouse  and Bateman,  2006,  p.11) 

Backhouse,  R.E.  and  Bateman, B. W. (2006),  ‘A  cunning  purchase:  the life  and  work of  Maynard  Keynes’, in  Backhouse  and  Bateman  (eds),  The  Cambridge  Companion  to  Keynes,  Cambridge:  Cambridge University  Press. 

The Cambridge Companion to Keynes (Cambridge Companions to Philosophy)Kindle版


____

KEYNES, OPORTUNISTA, CELEBRA LA SALIDA DE GRAN BRETAÑA DEL PATRÓN ORO EN 1931.
https://youtu.be/CoyS5zeIluU

______
"There's no danger of the [stock] exchange falling too far. There's no danger of a serious rise in the cost of living."  


Professor Keynes is Optimistic 2:16
https://youtu.be/0PYSFqCSsGU 

Keynes celebrates the End of the Gold Standard

In this rare film of him from October 1931 after the UK abandoned the interwar gold exchange standard (on September 19, 1931):



The Eurozone and EU are the new “gold standard” and “gold cage” of today. If he were here today, I’d like to think Keynes would have been pro-Brexit.

There is also an amusing footnote to this 1930s piece of history.

Ludwig von Mises, prize buffoon of the Austrian school, made a prediction about what would happen after the UK abandoned the gold shackle:

“In September 1931, Ursula Hicks (wife of John Hicks) was attending Mises’ seminar in Vienna when England suddenly announced it was going off the gold exchange standard. Mises predicted the British pound would be worthless within a week, which never happened. Thereafter, Mises always expressed deep skepticism about the ability of economists to forecast.” (Skousen 2009: 286, n. 2).
Mises’ prediction was falsified. By contrast, Keynes was vindicated in predicting that British trade would benefit from abandoning the gold exchange standard and from the currency depreciation that resulted.

ケインズ全集21
John Maynard Keynes, Donald Moggridge, Royal Economic Society (Great Britain) - 1982 - スニペット表示 - 他の版
Now this secondary expenditure will be much better spread and easier to meet than the initial expenditure. For the extra ... state of affairs. If we can cure unemployment for the wasted purposes of armamentswe can cure it for the productive purposes of peace. Good may come out of evil. We may learn a trick or two which will come in useful when the day of peace comes, as in the fullness of time it must.


_____
Professor Keynes is Optimistic 2:16
https://youtu.be/0PYSFqCSsGU 
Professor Keynes is Optimistic | AP Archive
http://www.aparchive.com/metadata/youtube/be7bcd9e815e4700abddc10071a0117b

Professor Keynes is Optimistic

Duration:00:02:17:00

Source: British Movietone
Dateline:
Date: 01/10/1931 00:00 AM

Famous economic expert predicts great future for Britain as result of gold standard suspension.


Close shot of Mr Keynes sitting at desk. CU of same.Says:
 "There really seems to be some providence that watches over this country. Two months ago we were in an impossible position. For years passed our industry had been strangled by the exchange value of our money being to high, with the inevitable results that the cost of our goods was also to high for foreign markets. How on earth were we to get lose in an honourble way? For our bankers who had accepted foreign money at high exchange value felt that it would be wrong to change the value of our money voluntarily. 
 As events have turned out , change has been forced on us under circumstances exordinarily fortunate and favourable. We have nothing to fear, honestly nothing. So often in the past ten years I have had to proficy evil but now a great weight is lifted from us, the great tension relieved.There is no danger of the exchange falling to far, there is no danger of a serious rise in the cost of living. The worse I shall expect will be a return to the prices of some two years ago. But meanwhile British trade will have received an enormous stimulous, much more than most of us have yet realised. 
 it is a wonderful thing for our business men and our manufacturers and our unemployed to taste hope again, but they must not allow anyone to put them back in the gold cage where they have been pining their hearts out all these years."

____
関連:
The Collected Writings of John Maynard Keynes (Volume 9): John Maynard Keynes, Elizabeth Johnson, Donald Moggridge: 9781107625105Amazon.com: Books
https://www.amazon.com/Collected-Writings-John-Maynard-Keynes/dp/1107625106

ジョン・メイナード・ケインズ (John Maynard Keynes)
http://cruel.org/econthought/profiles/keynes.html
"The End of the Gold Standard", 1931, Sunday Express

___
Keynes celebrates the end of the Gold Standard
https://youtu.be/U1S9F3agsUA

金本位制廃止を喜ぶケインズ@Youtube - 山形浩生の「経済のトリセツ」
http://cruel.hatenablog.com/entry/20111004/1317705883
過去10年においては、実にしばしば、私は悪い未来を予言しなくてはなりませんでした。しかし今日、私たちから大きな重荷が取り除かれました。大きな緊張が緩和されたのです。為替レートが下がりすぎる危険はありません。生活の費用が深刻に上昇する危険もありません。予想される最悪のことといえば、二年ほど前の物価に戻ることくらいです。でもその一方で、イギリスの貿易はすさまじい刺激を得たことになります。その規模は他の人が認識しているよりもずっと大きなものです。我が国の事業者や製造業者、そして失業者たちが、再び希望を味わえるというのはすばらしいことです。そして彼らは、誰かに再び黄金の檻に押し込められるのを許してはなりません。彼らは、これまでずっと、その中で心を痛めてきたのですから。
___

ケインズ1931 on Vimeo
https://vimeo.com/183169802
ケインズ1931 from slowslow2772 on Vimeo.

ケインズ1931完全版 on Vimeo
https://vimeo.com/183170368

→half polities?
___



Professor Keynes is Optimistic  Source: British Movietone  Date: 01/10/1931
https://youtu.be/NEWAmvOCiqk

もう これ以上 何も恐れることはありません
この10年間--
私は不吉な予言を繰り返してきましたが
今そのプレッシャーは(金本位制離脱によって)なくなりました
ビジネスマンや労働者、そして失業者が
再び希望を持てるようになったのは何とすばらしいことでしょう

追記:
以下の21:10~に"We must free ourselves from the bondage of old ideas," から始まるバージョン違いの断片がある。
John Maynard Keynes Vida Ideas Legado (Sub. Español)
https://youtu.be/pf1-PUpuZIQ

Debemos temer a ser esclavos de las viejas ideas que tienen nuestras autoridades que,
sin darse cuenta de la imposibilidad de volver al viejo patron oro, nos quieren llevar tan cerca de él como puedan.
Esto no es lo que deberiamos estar pensando.
Deberiamos asegurar el valor futuro de nuestra moneda en mercados extranjeros, de manera de ser estables y al mismo tiempo, realizar un ajuste sobre nuestros salarios, nuestra deuda nacional y demâs cosas.
Es algo maravilloso para nuestros comerciantes.

We must free ourselves from the bondage of old ideas, without realizing the impossibility of returning to the old gold standard , we want to bring as close to him as possible . This is not what we should be thinking. We should ensure the future value of our currency in foreign markets , so as to be stable and at the same time , make an adjustment on our wages , our national debt and other things . It's a wonderful thing for our merchants .

We must free ourselves from the bondage of old ideas, 
that I hard qualittize whose those recognize the impossibility of restoring to the old gold standard , 
we would like get it back near to close as I can .
 This is not what we should be thinking. We ought to fix the future value of our money in foreign markets , 
so as to be stable and at the same time , right adjustment on our wages , our national debt and so on.

私たちは、古い金の標準に戻るの不可能性を実現することなく、我々は可能な限り、彼の近くに持って帰りたいと思う、古い考えの束縛から自分自身を解放しなければなりません。これは私たちが考えてしなければならないものではありません。我々は安定しているように、海外市場における当社の通貨の将来価値を確保すると同時に、私たちの賃金、私たちの国家債務や他のものに調整を行う必要があります。それは私たちの商人のための素晴らしいことです。

We must free ourselves from the bondage of old ideas, 
that I had qualities whose those recognize the impossibility of restoring to the old gold standard , 
we would like get it back near to close as I can .
 This is not what we should be thinking. We ought to fix the future value of our money in foreign markets , 
so as to be stable and at the same time , right adjustment on our wages , our national debt and Soho.

_____
芸術に関しては一般理論の発表と劇場の創設とが同時期にあったことも指摘されている。

The Arts Council: Its Policy and Hopes [8 July 1945]
John Maynard Kaynes 7:37
https://vimeo.com/182952019 
keynes1945 from 
この放送はハロッドによる伝記(下)にも全文引用されている。邦訳全集第28巻499~504頁に別訳
The Life of John Maynard Keynes: Roy Harrod: 9780393300246Amazon.com: Books
https://www.amazon.com/Life-John-Maynard-Keynes/dp/0393300242
p520~

Keynes on the Wireless (英語) ハードカバー – 2010/7/30

In the early days of the war, when all sources of comfort to our spirits were at a low ebb, there came
into existence, with the aid of the Pilgrim Trust, a body officially styled the'Council for the
Encouragement of Music and the Arts', but commonty known from its initial letters as CEMA It was
the task of CEMA to carry music, drama and pictures to places which otherwise would be cut off
from all contact with the masterpieces of happier days and times : to air-raid shelters, to war-time hos-
tels, to factories, to mining villages. ENSA was charged with the entertainrnent of the Services the
British Council kept contact with other countries overseas the duty of CEMA was to maintain the op-
Portunities of artistic performance for the hardpressed and often exiled civilians.
  With experience our ambitions and our scope increased. I should explain that whilst CEMA was

started by private aid, the time soon came when it was sponsored by the Board of Education and entirely
supported by a Treasury grant. We were never given much money, but by care and good housekeeping we
made it go a long way. At the start our aim was to replace what war had taken away but we soon found
that we were providing what had never existed even in peace time. That is why one of the last acts of the
Coalition Government was to decide that CEMA with a new name and wider opportunities should be con-
tinued into time of peace. Henceforward we are to be a permanent body, independent in constitution, free
from red tape, but financed by the Treasury and ultimately responsible to Parliament, which will have to
be satisfied with what we are doing when from time to time it votes us money. If we behave foolishly, any
Member of parliament will be able to question the Chancellor of the Exchequer and ask why. Our name
is to be the Arts Council of Great Britain. I hope you will call us the Arts Council for short, and not try to
turn our initials into a false, invented word. We have carefully selected initials which we hope are
unpronounceable.
  I do not believe it is yet realised what an important thing has happened. strange patronage of the arts
has crept in. It has happened in a very Enghsh, informal, unostentatious way-ha1Fbaked if you like. A
s e mi-independent body is provided with modest funds to stimulate, comfort and suppoft any societies
or bodies brought together on pfivate or local

initiative which are striving with serious purpose and a reasonable prospect of success to present for public
enjoyment the arts of drama, music and painting.
   At last the public exchequer has recognised the support and encouragement of the civilising arts
of life as part of their duty. But we do not intend to socialise this side of social endeavour. Whatever
views may be held by the lately warring parties, whom you have been hearing every evening at this
hour, about socialising industry, everyone, I fancy, recognises that the work of the artist in all its
aspects is, of its nature, individual and free, undisciplined, unregimented, uncontrolled. The artist
walks where the breath of the spirit blows him. He cannot be told his direction he does not know it
himself. But he leads the rest of us into fresh pastures and teaches us to love and to enjoy what we
often begin by rejecting, enlarging our sensibility and purifying our instincts. The task of an official
body is not to teach or to censor, but to give courage, confidence and opportunity. Artists depend
on the world they live in and the spirit of the age.
There is no reason to suppose that less native genius is born into the world in the ages empty of
achievement than in those brief periods when nearly all we most value has been brought to birth.
New work will spring up more abundantly in unexpected quarters and in unforeseen shapes when
there is a universal opportunity for contact with traditional and contemporary arts in their noblest
forms.

   But do not think of the Arts Council as a schoolroaster. Your enjoyment will be our first aim. We
have but little money to spill, and it will be you yourselves who will by your patronage decide in the
long run what you get. In so far as we instruct, it is a new game we are teaching you to play-and to
watch. Our wartime experience has led us already to one clear discovery the unsatisfied demand and the
enormous public for serious and fine entertainment.
This certainly did not exist a few years ago. I do not believe that it is merely a war-time phenomenon. I
fancy that the BBC has played a big part, the predominent part, in creating this public demand, by
bringing to everybody in the country the possibility of learning these new games which only the few
used to play, and by forming new tastes and habits and thus enlarging the desires of the listener and his
capacity for enjoyment. I am told that today when a good symphony concert is broadcast as many as five
million people may listen to it. Their ears become trained. with what anticipation many of them look
forward if a chance comes their way to hear a live orchestra and to experience the enhanced excite-
ment and concentration of attention and emotion, which flows from being one of a great audience all
moved together by the surge and glory of an orchestra in being, beating in on the sensibilities of
every organ of the body and of the apprehensi on.
The result is that half the world is being taught to approach with a livelier appetite the hving perform ef
and the work of the artist as it comes from his own 
hand and body, with the added subtlety of actual flesh and blood.

_____音声ここまで(以下略)

https://www.coe.int/t/dg4/cultureheritage/culture/Completed/STAGE/DGIV_CULT_STAGE(2003)4_EN.pdf

 “I do not believe it is yet realised what an important thing has happened.  State  patronage of the arts has crept in. …. At last the public exchequer has recognised  the  support and encouragement of the civilising  arts  of life as part of their duty”  said John Maynard Keynes, the first Chairman of the Arts Council of Great Britain, and he continued  describing the purpose of the Arts Council: “The  purpose  of the Arts Council of Great Britain is to create an environment, to breed a spirit, to cultivate an opinion, to offer a stimulus to  such purpose that the artist and the  public  can each sustain and live on the other in that union which has occasionally existed in the past at the great ages of a communal civilised life.”
John Maynard Keynes, in a  radio broadcast quoted in the  Report of the Royal Commission on National Development in the Arts, Letters and Sciences.1949-1951,  at  http://www.nlc-bnc.ca/2/5/h5-400e.html  



In 1942 Keynes was elevated to the peerage and took his seat in the House of Lords, where he sat on the Liberal benches. Around the same time he became chairman of the newly formed Committee for the Encouragement of Music and the Arts which, before the end of the war, was renamed the British Arts Council. Keynes described the purpose of the Arts Council in a radio broadcast:-
The purpose of the Arts Council of Great Britain is to create an environment, to breed a spirit, to cultivate an opinion, to offer a stimulus to such purpose that the artist and the public can each sustain and live on the other in that union which has occasionally existed in the past at the great ages of a communal civilised life.




芸術振興会について

 戦争の初期、われわれの心の慰安のあらゆる源泉が低調であったとき、ピルグリム信託会社の援助によって、公式
には「音楽および芸術奨励委員会」と呼び、一般にはその頭文字をとってC.E.M.Aという名で知られている団
体が生まれました。いまよりもっと幸福であったころの傑作との接触から完全に隔絶されているはずの場所ヘ~~防
空壕ヘも、戦時宿泊所ヘも、工場ヘも、鉱山部落ヘも~~、音楽や、劇や、絵画をもってゆくことが、C.E.M.A
の仕事でありました。E.N.S.Aは軍隊の慰安を担当していました。イギリス文化振興会(British Council)
は海外諸国と接触を統けていました。C.E.M.Aの任務は、困っている文化人や、時には亡命中の文化人たちの
ために、芸術を演ずる機会を維持することでありました。経験を重ねるにつれて、われわれの野心も大きくなり、
範も広くなりました。C.E.M.Aは個人の援助によって出発しましたが、まもなく文部省の後援を受け、大蔵
省の補助金によって全面的に維持されるときがやって来たということを説明しておかなければなりません。われわれ
は決して十分な資金を与えられたのではありませんが、苦心と適切な運営とによってわれわれはそれを大きく発展さ
せました。はじめわれわれの目的は戦争によって奪い去られたものを取り戻すことでした。しかしわれわれはまもな
く、われわれが平時においてさえかつて存在しなかったものを提供しつつあることを発見しました。それが、連立内
閣の最後の決議のひとつによってC.E.M.Aが、新しい名称といっそう広い活動分野とをもって、平和の時代に
まで存統させられることに決まった理由であります。今後われわれは、組織上独立の、官庁の繁雑な手統きにしばら
れない永久的団体となることになりました。しかし、資金が大蔵省によって醵出され、したがって究極的には議会に
対して責任を負うわけではあります。議会は、時々われわれに資金を醵出することを議決する場合、われわれが現在
やっていることで、今後も満足するはずであります。われわれが愚かな行動をした場合には、議員が大蔵大臣に質問
してその理由を尋ねることができるでしょう。われわれの名称はイギリス芸術振興会とすることになっております。
私は皆さんがわれわれを略して呼ぶ場合には芸術振興会と呼んで、われわれの頭文字をとってまやかしの新語をつく
ろうとなさらないことを希望いたします。われわれは頭文字をとってならべてみて発音できないような名称を注意深
く選んだのであります。
 私は、いかに重要なことが起こったかがー般にまだ理解されていないと思います。芸術の国家援助が知らないうち
に忍び込んだのであります。それはまったくイギリスらしい、形式ばらない、じみなやり方で実行されたのでありま
す~~お好きなら未熟なやり方とおっしゃってもいいでしょう。ひとつの半独立的な団体が、個人または地方の発案
によって結成され、まじめな目的とほどほどに成功するだろうという予想とをもって、劇や音楽や絵画などの芸術を
公衆の楽しみのために提供しようと努力しつつある協会や合同団体を激励し、慰め、支持するための、適度な資金を
供給されているのであります。
 遂に大蔵省は、人生の教育的芸術を支持し奨励することが彼らの任務のー部であることを認識するに至ったのであ
ります。しかしわれわれはこの面の社会的努力を社会化しようというつもりはありません。皆さんが毎晩この時間に
その意見をお聞きになっておられる最近闘争しつつある各政党が、産業の社会化についてどんな意見をもっているに
しても、私はだれでも、芸術家の仕事はそのあらゆる側面において、性質上、個人的で自由なものであり、訓練したり
組織化したり統制したりすることのできないのであるということを、認めていると思います。芸術家は精神の息吹
きのままに歩きます。彼は自分の方向を人に教えられることはありませんし、彼自身自分の方向を知りません。しかし
彼はわれわれを新鮮な牧場へ導き入れ、われわれがしばしばはじめに拒否していたものを愛し楽しむことをわれわれ
に教え、われわれの感受性を豊かにし、われわれの直観力を純粋化してくれます。公共団体の仕事は教えることでも
なければ、また検閲することでもなく、勇気と確信と機会を与えることであります。芸術家は彼の住んでいる世界と
時代の精神とに依存します業績の空虚な時代には、われわれが最も高く評価するもののほとんどすべてが生み出さ
れて来た短いいくつかの時期に比べて、生まれながらの天才が世に現われることが少ないのではないか、などと考え
る必要はありません。新しい仕事は、最も高貴な形の伝統的な芸術や同時代の芸術に、だれでも接しうる機会のある
ときに、予期しない場所に、思いがけない形において、豊富に現われるでしょう。
 しかしわれわれは芸術振興会を教育機関として考えているのではありません。あなたがたが楽しむことがわれわれ
の第ーの目標となるのであります。われわれは支出できるわずかな金しかもっていないのでありまして、あなたがた
の後援によって結局あなたがたがなにを得るかを決定するのは、あなたがた自身でしょう。もしわれわれに指導の仕
事があるとすれば、それは、あなたがたに新しいゲームを演ずるように、またそれを見るように教えることでありま
す。われわれは戦時中の経験から、すでにひとつの明確な事実を発見いたしました。まじめでりっぱな娯楽に対する
満たされない需要があり、それを求めるおびただしい大衆がいるということがそれであります。これはたしかに数年
前にはなかったことであります。私はそれを、ただ戦時中だけの現象であるとは信じません。B.B.Cは、全国の
すベての人々にこれまでわずかな人だけが演ずるのを常としたこれらの新しいゲームを習う可能性をもたらすことに
よって、また新しい趣味と習慣をつくり出し、それによって聴取者の欲求と楽しむ能力とを高めることによって、
の大衆の需要を創始するのに偉大な役割、否、支配的な役割を演じたように、思われます。私は、今日りっぱな交響
楽が放送されると五〇〇万人もの人がそれに耳を傾けるであろうという話を聞きました。彼らの耳は訓練されて来て
いるのであります。もし彼らが演奏の場で管弦楽を聞き、じかに聞く管弦楽のうず巻と壮麗さとに陶醉する大聴衆の
ひとりとして、興奮の高まりと、注意と感情の集中とで、五体と頭脳がしびれる思いを経験する機会がやって来ると
したら、彼らの多くはいったいどんな予想をいだいて待ち受けるでしょうか。結果は、世界の人々の半分がいっそう
生き生きとした欲望をいだいて、直接演奏者その人や、芸術家の手と肉体とから生まれ出るそのままの作品に接する
ことを教えられて、生ける身の感覚のこまやかさを増すということであります。

ーーーーーー(音声ここまで)

 芸術振興会に関係するわれわれは、わが国の演劇や音楽や美術に開する生活を地方分権化し分散し、地方的な中心
地を築き上げ、都市や州ごとにこれらのことがらに関する共同生活を発展させることに大きな関心をもっておりま
す。われわれはできるかぎりわれわれ自身の考えを排して行動するつもりでおります。われわれは地方当局と協力
し、地方の機関や協会や地方の事業に指導力をもってもらうように激励したいと思っているのであります。われわれ
はすでに,バーミンガム、ケンブリッジ、マンチェスター、ノッテッンガム、ブリストル、リーズ、ニューカッスル・
オン・タイン、カーディフおよびエディンバラに地方事務所をもっています。スコットランドならびにウェールズの
ための特別委員会も設置されております。……たしかに電撃戦の被害を受けたわが国の各都市では、人々は地方当局
が演劇と音楽と美術のための建物集団のセンターをつくる用意をすることを希望しています。個人の精神の自由を救
うための戦争の記念としてはそれにまさるものはないでしょう。われわれは劇場と音楽会場と美術館があらゆる人々
の教育の生きた要素となり、劇場や音楽会に規則的に行くことが組織化された教育のー部となる時のやって来るのを
楽しんで待ちたいと思います。

 しかし、ロンドンを偉大な芸術的中心地、見物に出かけたり、驚嘆したりする場所にすることもまた、われわれの
仕事であります。この目的のためには今日のロンドンは半ば廃墟であります。クウィーンズ・ホールを失って、音楽
会他適当な場所はなくなっています。コヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスは戦争中ずっと他の目的に
転用されて来ています。クリスタル・パレスは全焼してしまいました。われわれはコヴェント・ガーデン劇場が、来
年早々オペラとバレエの本拠として再開されることを希望しています。ロンドン州会はすでに国立劇場の敷地を決め
ました。芸術振興会はクリスタル・パレス(Crystal Palace)[ 水晶宮。1936年焼失]の管理委員会と共同して、それ
をもういちど偉大な国民宮殿にするための計画の準備をしています。
 時の潮流がわれわれの新造船をどこヘ運ぶか、だれもまだ知りません。イギリス芸術振興会の目的は,過去において
教養ある社会生活の行なわれた偉大な時代にしばしば存在したようなあの団結をもって、芸術家と公衆とが相互に励
まし合いながら生活することができるようにするために、環境をつくり出し、精神を育て、意見をつちかい、刺激を
提供することにあるのであります。
 
 『リスナー』誌、一九四五年七月十二日。



音声がカットされた後半の箇所では地方分権が推奨されているのが興味深い。「ゲーム」という辺りがスポーツ振興にも通じる。

雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─ Kindle版

https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B014W5K7KQ/





Download Publication - Arts Council England

 
(Adobe PDF)

ケインズ放送原稿も載っている。



地域アーツカウンシル-その現状と展望 | ニッセイ基礎研究所 
…参考として、1945年に設立された英国アーツカウンシルの初代会長ジョン・メイナード・ケインズの言葉、そして2012年のアーツカウンシル東京の設立における東京芸術文化評議会の福原義春会長の言葉を紹介したい。

[アーツカウンシル:その政策と希望]
「私たちの最初の目標は戦争が私たちから奪い去ったものを取り戻すことでした。しかし程なく、私たちは平和な時代にすら存在したことのなかったものを提供しようとしている、ということに気がついたのです。だからこそ、C.E.M.A.(訳注:Council for the Encouragement of Music and the Arts音楽・芸術振興評議会、Arts Council of Great Britainの前身)は、新しい名前とより幅広い機会を与えられ、平和の時代にも存続し続けるべきだ、という決定が、連立政権の最後の決議の中に含まれていたのです。これから、私たちは、憲法で独立が保障され、官僚主義に束縛されず、しかし国庫から資金提供を受ける恒久的な機関となるのです。英国議会が私たちへの予算配分を議決する時はいつも、英国議会は私たちの活動に満足していなければなりません。つまり結局のところ、私たちは英国議会に対する責務を有しているのです。もし、私たちが愚かな振る舞いをすれば、国会議員は誰もが財務大臣に問うことができるでしょう、なぜ(訳注:アーツカウンシルに予算配分をすべきなのか)と。私たちの名は、Arts Council of Great Britainとなるのです。

財務省は、ようやく、生活を文明化する芸術を支援し、奨励することが、彼らの職務の一部であると認識したのです。しかし、わたしたちは社会的な企てのこの側面を社会主義化するつもりはありません。最近、紛争を起こしている政党が産業の社会化についてどのような考えを持とうとも、芸術家の仕事というのは、あらゆる意味において、また生まれながらにして、個別のものであり、自由だということ、また、統制されるべきでも、管理されるべきでも、規制されるべきものでもない、ということを誰もが受け入れること。それを私は願っています。芸術家は魂の息吹が導くままに歩みます。芸術家に行き先を告げることは誰にも出来ません。芸術家自身ですら、それを知らないのです。しかし、彼らは私たちを新鮮な牧草地へと導いてくれます。公的機関の仕事は、指導したり、検閲したりすることではなく、勇気と自信とチャンスを与えることなのです。」13
ジョン・メイナード・ケインズ(1945年7月12日)


13 The Arts Council of Great Britain(1946)に転載された原文を抜粋・翻訳



ケインズの世界
http://sky.geocities.jp/kunippi7/wizard/John_Maynard_Keynes.html

「国家による芸術支援が芸術の自由を損なわないか、という疑問に対して、私はアームズ・レングスの原則を提唱したい。即ち、政府はお金は出しても口は極力出さないようにすべきである」
[参考資料] 後藤和子 『文化政策学』(2001)有斐閣コンパクト, p.53 ?

(ケインズ自身の言葉か疑問)

…ケインズは芸術評議会(アーツ・カウンシル)という専門家による予算配分機関を設立し、芸術・文化への公的支援の充実をはかった。
(全集28芸術と国家参照)

《しかし実は「アームズ・レングス」という言葉は、ケインズによる芸術文化関係の著作の中には確認することができません。また、イギリスの文化政策の研究者であるアンナ・アップチャーチ *2は、こういうふうに指摘しています。「もちろんケインズが『アームズ・レングス』と名づけたのではないし、関係機関が共に『距離を置く』という概念の最初の提唱者でもなかった」と。 そもそも「アームズ・レングスの原則」という言葉は、1933年に生まれたものです
2 Upchurch, Anna., Keynes’ s legacy: an intellectual’ s influence reflected in arts policy.  International Journal of Cultural Policy(Volume 17, Issue 1, 2011).》
P06「アーツカウンシル再考 ― ケインズによる提唱と新しい公共性」太下義之

https://ja.wikipedia.org/wiki/アームズ・レングス原則
アームズ・レングス原則 (arm's length principle :ALP) とは、取引関係にある当事者間の独立性や、競争を行う際の諸条件を平等にする条件、またはそれらが実現している事実をいう。 アームズ・レングスの原則やアームスレングスルールとも呼ばれる。

アームズ・レングスは、本来利害関係があり得る当事者間が、一定の適正な距離を保つことを腕の長さになぞらえている。 「複数の当事者が互いに近い距離の(経済上・権限上の)関係を保ちつつ、それぞれ目的を異にする関係や牽制し合う関係であるなど、利害不一致(ないしは対立)の可能性をも保ち、互いに独立の立場を取る」ことを「アームズ・レングス(の関係)」と呼ぶ。「アームズ・レングス原則」はこうした関係が法的・倫理的に求められる状況において妥当する。

26 Comments:

Blogger yoji said...

日本語
「本当にこの国を見守っいくつかの摂理があるようです。二ヶ月前、我々は不可能な位置にあった。我々の業界を渡された年もの間、そのコストは避けられない結果で、ハイにされて私たちのお金の交換価値によって絞殺されていました私達の商品の地球上で私たちはhonourble方法で失わ取得した方法。海外市場のために高いにもあった?高い交換価値で外国資金を受け入れた私たちの銀行のためには、自主的に私たちのお金の値を変更するために間違っているだろうと感じました。
イベントが判明してきたように変化がexordinarily幸運、良好な状況下で私たちに強制されています。我々は、正直何も恐れることは何もありません。だから、多くの場合、過去10年間で、私は悪のProficyしなければなりませんでしたが、今大きな重みが私たちから持ち上げられ、大きな緊張relieved.Thereは交換がはるかに落下の危険性がなく、コストの重大な上昇の恐れがありません生活の。さらに悪い私はいくつかの2年前の価格に戻ることを期待しなければなりません。しかし、一方で英国の貿易は、私たちのほとんどは、まだ実現しているよりもはるかに巨大なstimulousを受けています。
それは私たちのビジネスの男性と我々のメーカーと再び希望を味わうために私たちの失業者のための素晴らしいことですが、彼らは誰もが、彼らはすべてのこれらの年外に彼らの心をピニングされた金のケージにそれらを戻すのを許してはなりません。」

7:23 午前  
Blogger yoji said...

異常な失業の終わりが見えていると言っても過言ではありません。そして、それだけでなく、違いを感じるだろう誰が失業者です。偉大な数は他にも毎週家よりよいお金を取ることになります。かつ効率的な労働需要が供給をoutrunningで、どのようにはるかに快適で安全な、誰もが彼の仕事に感じるでしょう。グランド実験が始まりました。それが動作するかどうか-場合軍備への支出は本当に治すん失業を-私たちは事務の古い状態にすべての道を戻ることはありませんしなければならないと予測しています。グッドは、悪から来るかもしれません。私たちは平和の日が来たときに有用で来るトリックまたは2を、学習することができます。

8:03 午前  
Blogger yoji said...

Facts & other stubborn things: Keynes on the War Economy
http://factsandotherstubbornthings.blogspot.jp/2011/10/keynes-on-war-economy.html
Posted by dkuehn at 12:54 PM
Doing a little more reading on the war economy and post-war expectations. This was interesting - it's from a radio broadcast "Will Re-armament Cure Unemployment" (1939):


"What a difference all this makes! It is not an exaggeration to say that the end of abnormal unemployment is in sight. And it isn't only the unemployed who will feel the difference. A great number besides will be taking home better money each week. And with the demand for efficient labour outrunning the supply, how much more comfortable and secure everyone will feel in his job. There will be other reasons for plenty of anxiety. But on of the worst anxieties is anxiety about getting and keeping work. There should be less of that than for years past.


I have a special extra reason for hoping that trade unionists will do what they can to make this big transition to fuller employment work smoothly. I began by saying that the grand experiment has begun. If it works, if expenditure on armaments really does cure unemployment, I predict that we shall never go back all the way to the old state of affairs. If we can cure unemployment for the wasted purposes of armaments, we can cure it for the productive purposes of peace. Good may come out of evil. We may learn a trick or two which will come in useful when the day of peace comes, as in fullness of time it must."

8:32 午前  
Blogger yoji said...

(25:607~612頁)
5月23日ケインズはBBC放送で再軍備と失業の関係について話した。この談話はその後刊行された。
『リスナー』誌、1939年6月1日
 再軍備は失業を救済するか?

 すべてのことは何という違いをもたらすことであろうか! 異常な失業の終わりが視野に入っているといっても過
言ではない。違いを感じるのは失業者だけではない。それ以外の多くの人は毎週より多くの金を家庭に持って帰るだ
ろう。そして有能な労働に対する需要が供給を上回っているので、誰でもがその仕事において如何にずっとより快適
で安全であると感じることであろうか。多くの不安には他の理由はあるだろう。しかし最悪の不安のーつは仕事を得
ること、また、それを続けることについての不安である。過去の年よりもそれは少ないに違いない。
 わたしは労働組合員たちがより完全な雇用ヘのこの大きな移行が円滑に働くように彼らがなし得ることをすると望
む特別の追加的な理由を持っている。わたしは大きな実験が始まっていると初めに言った。もしそれがうまくいくな
らば、すなわち軍備への支出が本当に失業を救済するならば、われわれは、はるばると過去の状態ヘ戻ることは決し
てないとわたしは予言する。もしわれわれが軍備という無駄な目的のために失業を救済し得るならば、われわれは平
和と言う生産的な目的のためにもそれを救済できる。善は悪から生まれるかもしれない。われわれは平和の時が来れ
ば役に立つ一つ二つの秘訣を学ぶだろう、時満ちて必ず然るごとく(訳注*)。

*「ガラテヤ書」第四章四「時満つるに及びては…」。

9:13 午前  
Blogger yoji said...

フロイトなどを見ればわかるがこの時期のラジオは重要だ
ケインズは貨幣論などでフロイトに言及していて敬愛していたようだ

NAMs出版プロジェクト: "My name is Sigmund Freud"
http://nam-students.blogspot.jp/2010/10/my-name-is-sigmund-freud.html
ジークムント・フロイト(ドイツ:Sigmund Freud、1856年5月6日 - 1939年9月23日)
死の前年のラジオ用の音声及びその原稿(録音は1938年12月7日。放送は1938年12月27日)。
リンク:死の欲動:再考、The Battle of the Huns 、Haeckel=Freud 、「…欲望転換について」1916

Freud Says;
"I started my professional activity as a neurologist trying to bring relief to my neurotic patients.
Under the influence of an older friend and by my own efforts, I discovered some important and new facts about the unconscious in psychic life, the role of instinctual urges and so on.
Out of these findings grew a new science, Psycho-Analysis, a part of psychology and a new method of treatment of the neuroses.
I had to pay heavily for this bit of good luck. People did not believe in my facts and thought my theories unsavoury.
Resistance was strong and unrelenting. In the end I suceeded in acquiring pupils and building up an International Psycho-Analytic Association. But this struggle is not yet over. "

"Im Alter von 82 Jahren verließ ich infolge der deutschen Invasion mein Heim in Wien und kam nach England, wo ich mein Leben in Freiheit zu enden hoffe. My name is Sigmund Freud"


「私は、神経症の患者を治そうと、神経科医として専門的な活動を始めました。年上の友人の影響のもとに、また、自分自身の努力によって、私は、心的生活における無意識や、本能的欲動が果たす役割その他についての、新しくて重要な事実をいくつか発見しました。
これらの発見の中から一つの新しい科学である精神分析が育ちましたが、これは心理学の一部分であって、神経症治療の新しい方法だったのです。
このわずかな幸運を手に入れるために、私は大きな犠牲を払わなければなりませんでした。人々は私が言う事実を信じてくれないし、私の学説を味気ないものだと考えたのです。世間の抵抗は強くて容赦ないものでした。ようやく、私は弟子を持つことが出来、国際精神分析教会を設立できました。けれども、まだ闘いは終わっていないのです。
(以下ドイツ語)
82歳の時、ドイツが侵攻したので、私はウィーンを去り、イギリスへ来ました。自由のなかで生涯を終えたいと願っております。
(英語で)
私の名前はジークムント・フロイト。」

参照:邦訳『フロイト最後の日記』(日本教文社、XXII頁及び261頁)

一部分をドイツ語で語ったのは、この放送をドイツ人に聞かせたいというせめてもの抵抗の姿勢であるようだ(前掲書より)。
当時、すでに顎の癌により人工口蓋をつけていたのでかなり話しにくかったと推察される。

参考:
http://www.pakistan.tv/videos-sigmund-freud-on-the-bbc--%5B_sm5YFnEPBE%5D.cfm
http://www.pakistan.tv/videos-sigmund-freuds-voice-bbc-broadcast-recording-[5jJ6Lhk1pNg].cfm
http://www.freud-museum.at/freud/media/audio-e.htm
http://www.dra.de/online/hinweisdienste/wort/2006/mai06.html
http://books.google.co.jp/books?id=RTfJV3fWXWUC&pg=PA32

なお現在刊行中の邦訳『フロイト全集』には上記の草稿は未収録。

9:49 午後  
Blogger yoji said...

フロイトについては
ドスタレール
ケインズの闘い106頁~参照

10:00 午後  
Blogger yoji said...

Our history | Arts Council England
www.artscouncil.org.uk>...>Our organisation
1940 Committee for Encouragement of Music and the Arts (CEMA) set up by Royal Charter. 1941 John Maynard Keynes becomes Chair of CEMA. 1945 46 art ... 1997 Department for Culture, Media and Sport (DCMS) created. Chris Smith ...
Arts Policy Special - Is Keynes s dream still alive? | ArtsProfessional

10:56 午後  
Blogger yoji said...

we must free old ideas that I had policiy whose those recognize the impossibility of restoring to the old gold standard ,

5:38 午前  
Blogger yoji said...

we must free old ideas that I had policiy whose those recognize the impossibility of restoring to the old gold standard ,



I have qualities who those

5:46 午前  
Blogger yoji said...

We must free ourselves from the bondage of old ideas,
that I have criticized whose those recognize the impossibility of restoring to the old gold standard ,

5:49 午前  
Blogger yoji said...

We must free ourselves from the bondage of old ideas that I have criticised whose those recognize the impossibility of restoring to the old gold standard ,

6:12 午前  
Blogger yoji said...

We must free ourselves from the bondage of old ideas that I have criticised whose those recognize the impossibility of restoring to the old gold standard ,

我々は、それらが古い金本位制への復元の不可能を認識し、その私が批判している古い考えの束縛から自分自身を解放しなければなりません

6:14 午前  
Blogger yoji said...

We must free ourselves from the bondage of old ideas but I have policies whose those recognize the impossibility of restoring to the old gold standard ,
、私たちは古い考えの束縛から自分自身を解放しなければなりませんが、私は、そのそれらの古い金本位制への復元の不可能を認識ポリシーを持っています
, Watashitachi wa furui kangae no sokubaku k

7:39 午前  
Blogger yoji said...


ケインズの闘い - 本と奇妙な煙
http://d.hatena.ne.jp/kingfish/20081117
市場が底を打ってもまだ株をもっていることについて、私には何の恥じらいもありません。……冷静な心で自分を責めることなく持株の減価を甘受することは、時には真面目な投資家の義務であると言うべきなのです。それ以外の方針は反社会的であり、信頼を破壊するとともに、経済体系のはたらきとは両立しないものです。投資家は長期的な成果を第一の目的としているし、またそうするべきであるのです。そして投資家は、それらによってのみ判断されるべきであるのです。……市場の底では他人にすべてを売り払い、自分は現金以外に何も持たないようにするべきだという考えは、非現実的であるだけでなく全体系を破壊するものです
結婚のような投資

「投資物件の購入を、あたかも結婚のように、死とかその他重大な原因による以外には解消することのできない恒久的なものにすることが、おそらく今日の害悪を救う有効な方策となるであろう」(略)
 ケインズのポートフォリオは、つねに少数の企業の株式によって占められていた。ときには四つ以下の企業だったのである。
崩壊

新しい不安と希望とが、警告なしに人間行動を支配するであろう。幻滅の力が、突然、価値判断の新しい慣習的基礎を押しつけることになるかもしれない。きれいに鏡板を張った重役室や、巧妙に規制された市場のために作られた、これらすべての見事で洗練された技術は崩壊を免れない。漠然とした恐慌の不安、およびそれと同様に漠然として理由のない希望が現実に静まることは常になく、ただ一本の細々とした道があることを除いては、それらの不安と希望は常に人々の心の内面に横たわっている。
革命は時代遅れ

保守主義と同様に、共産主義は、「経済問題の重要性を途方もなく過大評価している。経済問題は難しすぎて解決できないということはない。私に任せてもらえるならば、私が面倒を見てあげよう」。
[共産主義者と保守主義者]1930年代においても資本主義は機能しつづけると考えていた。ただし共産主義者は、暴力革命だけがブルジョアジーを打倒することによって経済問題を解決することができると信じていた。上述の諸理由からケインズはあらゆる形の暴力的な社会変革に反対していたという事実に加えて、彼は、19世紀以降には権力の所有者が変わったと考えていた。権力は、産業の統率者から賃金稼得者の階級へと移った。けれども、それはプロレタリアートではない。「ウェルズの言うとおり、革命は時代遅れとなっている。なぜなら、革命とは個人的な権力に反対するものであるからだ。今日のイギリスでは、だれも個人的な権力をもってはいない」。共産主義者の企ては、政治的なレベルで誤っていると同時に、まちがった理論的基礎にもとづくものでもあった。
第一次大戦後大蔵省首席代表として他国との交渉にあたる

連合国間のすべての負債を帳消しにし、ヨーロッパの再建を助けるためにアメリカの資金を配分するという提案によってもまた、彼は非難を受けた。さらに彼は、ドイツの債務を大きく削減し、「ドイツの領土内に希望と企業意欲が再生するのを可能に」するような仕方で、ヴェルサイユ条約の諸条項を抜本的に改訂することを提案した。
『平和の経済的帰結』

は1919年12月12日に公刊された。発売当初の売れ行きは好調ではなかったものの、その本は世界中で並はずれた成功を収めた。公刊の六ヵ月後には、イギリスとアメリカでの売り上げは10万部を超え、すでに1ダースもの言語に翻訳されていた。これ以後の彼のすべての著書がそうであったように、ケインズは、すべての利益を自分のものとし、利益の10%に相当する権利料を彼の本の出版社であるマクミランに支払うことにして、印刷・流通・広告の費用を自分で負担することにした。こうして彼は巨額の富を得た。
(略)
 彼はまた、いくつかの批判の的になった。政治指導者のなかには、機密情報を利用したことについて彼を非難した者もいた。彼の本は、イギリスとアメリカの関係を害することになるとも考えられた。しかし、もっとも敵意に満ちた批判はフランスから寄せられたのであり、ケインズは反仏派であり、親独派であるとして非難された。ごく当然のこととして、その書物はドイツやオーストリアではきわめて好意的に迎えられた。のちにケインズの思想に対するもっとも厳しい批判者となるフリードリッヒ・ハイエクは、当時ケインズは、彼とその友人たちにとって英雄であったと書いている。
マネー(1919年の手紙より)

お金とは不思議なものです。現行の制度が今後も許容されつづけると考えることは不可能であるように思われます。ほんのわずかの余分な知識と、特殊な経験の成果として、お金は簡単に(そして、いかなる意味においても不当に)転がり込んでくるのです
1922年のヴァージニア・ウルフによるブルームズベリー・グループ回想

突然ドアが開いたかと思うと、長身で意地悪そうな姿のリットン・ストレイチー氏が入口に立っていた。彼は、ヴァネッサの白いドレスについたシミを指さした。そして彼は、「ザーメンか」と言った。
 何てことを言うのだろう、と私は思った。そして私たちはどっと笑った。その一言で、寡黙と遠慮という壁が崩れた。聖なる液体の洪水が私たちを圧倒したかのように思われた。性が私たちの会話に浸透した。男色者という言葉さえも、私たちは口にするようになった。善の性質について議論したときと同じような興奮と率直さをもって、私たちは性交について議論した

9:35 午後  
Blogger yoji said...


ケインズの闘い - 本と奇妙な煙
http://d.hatena.ne.jp/kingfish/20081117
市場が底を打ってもまだ株をもっていることについて、私には何の恥じらいもありません。……冷静な心で自分を責めることなく持株の減価を甘受することは、時には真面目な投資家の義務であると言うべきなのです。それ以外の方針は反社会的であり、信頼を破壊するとともに、経済体系のはたらきとは両立しないものです。投資家は長期的な成果を第一の目的としているし、またそうするべきであるのです。そして投資家は、それらによってのみ判断されるべきであるのです。……市場の底では他人にすべてを売り払い、自分は現金以外に何も持たないようにするべきだという考えは、非現実的であるだけでなく全体系を破壊するものです


結婚のような投資

「投資物件の購入を、あたかも結婚のように、死とかその他重大な原因による以外には解消することのできない恒久的なものにすることが、おそらく今日の害悪を救う有効な方策となるであろう」(略)
 ケインズのポートフォリオは、つねに少数の企業の株式によって占められていた。ときには四つ以下の企業だったのである。


崩壊

新しい不安と希望とが、警告なしに人間行動を支配するであろう。幻滅の力が、突然、価値判断の新しい慣習的基礎を押しつけることになるかもしれない。きれいに鏡板を張った重役室や、巧妙に規制された市場のために作られた、これらすべての見事で洗練された技術は崩壊を免れない。漠然とした恐慌の不安、およびそれと同様に漠然として理由のない希望が現実に静まることは常になく、ただ一本の細々とした道があることを除いては、それらの不安と希望は常に人々の心の内面に横たわっている。


革命は時代遅れ

保守主義と同様に、共産主義は、「経済問題の重要性を途方もなく過大評価している。経済問題は難しすぎて解決できないということはない。私に任せてもらえるならば、私が面倒を見てあげよう」。
[共産主義者と保守主義者]1930年代においても資本主義は機能しつづけると考えていた。ただし共産主義者は、暴力革命だけがブルジョアジーを打倒することによって経済問題を解決することができると信じていた。上述の諸理由からケインズはあらゆる形の暴力的な社会変革に反対していたという事実に加えて、彼は、19世紀以降には権力の所有者が変わったと考えていた。権力は、産業の統率者から賃金稼得者の階級へと移った。けれども、それはプロレタリアートではない。「ウェルズの言うとおり、革命は時代遅れとなっている。なぜなら、革命とは個人的な権力に反対するものであるからだ。今日のイギリスでは、だれも個人的な権力をもってはいない」。共産主義者の企ては、政治的なレベルで誤っていると同時に、まちがった理論的基礎にもとづくものでもあった。


第一次大戦後大蔵省首席代表として他国との交渉にあたる

連合国間のすべての負債を帳消しにし、ヨーロッパの再建を助けるためにアメリカの資金を配分するという提案によってもまた、彼は非難を受けた。さらに彼は、ドイツの債務を大きく削減し、「ドイツの領土内に希望と企業意欲が再生するのを可能に」するような仕方で、ヴェルサイユ条約の諸条項を抜本的に改訂することを提案した。


『平和の経済的帰結』

は1919年12月12日に公刊された。発売当初の売れ行きは好調ではなかったものの、その本は世界中で並はずれた成功を収めた。公刊の六ヵ月後には、イギリスとアメリカでの売り上げは10万部を超え、すでに1ダースもの言語に翻訳されていた。これ以後の彼のすべての著書がそうであったように、ケインズは、すべての利益を自分のものとし、利益の10%に相当する権利料を彼の本の出版社であるマクミランに支払うことにして、印刷・流通・広告の費用を自分で負担することにした。こうして彼は巨額の富を得た。
(略)
 彼はまた、いくつかの批判の的になった。政治指導者のなかには、機密情報を利用したことについて彼を非難した者もいた。彼の本は、イギリスとアメリカの関係を害することになるとも考えられた。しかし、もっとも敵意に満ちた批判はフランスから寄せられたのであり、ケインズは反仏派であり、親独派であるとして非難された。ごく当然のこととして、その書物はドイツやオーストリアではきわめて好意的に迎えられた。のちにケインズの思想に対するもっとも厳しい批判者となるフリードリッヒ・ハイエクは、当時ケインズは、彼とその友人たちにとって英雄であったと書いている。


マネー(1919年の手紙より)

お金とは不思議なものです。現行の制度が今後も許容されつづけると考えることは不可能であるように思われます。ほんのわずかの余分な知識と、特殊な経験の成果として、お金は簡単に(そして、いかなる意味においても不当に)転がり込んでくるのです


1922年のヴァージニア・ウルフによるブルームズベリー・グループ回想

突然ドアが開いたかと思うと、長身で意地悪そうな姿のリットン・ストレイチー氏が入口に立っていた。彼は、ヴァネッサの白いドレスについたシミを指さした。そして彼は、「ザーメンか」と言った。
 何てことを言うのだろう、と私は思った。そして私たちはどっと笑った。その一言で、寡黙と遠慮という壁が崩れた。聖なる液体の洪水が私たちを圧倒したかのように思われた。性が私たちの会話に浸透した。男色者という言葉さえも、私たちは口にするようになった。善の性質について議論したときと同じような興奮と率直さをもって、私たちは性交について議論した

9:36 午後  
Blogger yoji said...

030ジル・ドスタレール著(鍋島直樹・小峯敦監訳)『ケインズの闘い――哲学・政治・経済学・芸術――』 - akamac book review
http://d.hatena.ne.jp/akamac/20090306/1236347583
ケインズの闘い―哲学・政治・経済学・芸術
作者: ジルドスタレール,鍋島直樹,小峯敦
出版社/メーカー: 藤原書店
発売日: 2008/09/30
メディア: 単行本
購入: 2人 クリック: 9回
この商品を含むブログ (13件) を見る
--

2009年2月28日午後5時20分読了!「大部で,しかも幅広い内容を扱う書物ではあるけれども,読者には,ぜひ最初から最後までゆっくりとページをめくって本書を通読していただきたい」(監訳者あとがき,626ページ)を身をもって実践したことになる。苦節5ヶ月の「ケインズの闘い」への闘いはようやく完了した。

政治哲学や道徳哲学との繋がりを重視するケインズの闘いの資料は,全集,アーカイブズ,二次文献を含めると壮観である。ケインズ非専門家をして5ヶ月もねばらせたわけだから,欧米ではなかなか認知されない経済思想史(経済学史)の分野ではひとり日本が「多元主義と寛容の地」(「日本語版への序文」,1ページ)とし,原書(英語),フランス語に続いていち早く日本語の翻訳書を慫慂した著者の日本観はみごとあたっていたというべきであろう。

本書は「経済理論の著作でもなければ経済思想史の著作でもない」(29ページ)。政治的ビジョンや哲学的見解と結びついたケインズ経済学を浮き彫りにする本書は,哲学・政治・経済学・芸術――この副題は原書にはなく,序論での著者による概要から採ったもの――各領域でのケインズの軌跡を縦横に絡ませている。「通読」せよという監訳者の勧めはあたっている。

ケインズの生涯は,二度の世界大戦,ロシア革命,大不況,ファシズム,アメリカの覇権の確立と未曾有の歴史と背中合わせであった。同時代人ケインズは目の前の貧困,不平等,失業,経済恐慌から世界秩序の確立にかかわる金本位制や国際機関の設立にいたるまでなんらかの改革による可能性を提示しようとした。著者はこの問題意識からケインズその人を「伝記的・歴史的な文脈」(26ページ)に位置づけ,倫理学に始まり,美学に終わる「闘い」を入念に跡づけた。

哲学の領域では,大きく倫理(ケインズのビジョンの源泉)と知識(不確実性,確率,モラル・サイエンス)を扱い,ブルームズベリーとアポスルズとのかかわりを補章として挿入している。ここではヴィクトリア朝のイデオロギーの基礎には宗教的道徳観にあると見抜いたケインズが,ムーアの善の観念をヴィクトリア朝の道徳に代わるものとみたことやフロイトとの出会いによる道徳観念の相対化に進化する姿を見る。同時に著者は,ヴィクトリア朝的道徳を理論的には否定しながらも,実践においては遵守しているケインズを描き,現代の極端な自由主義が道徳上の厳格主義,保守主義,宗教的原理主義ときわめて親和的であることを指摘することで,初期の自由主義やケインズの闘いは未了であることを確認する。ブルームズベリーとアポスルズの補章では純粋芸術と応用芸術とは一致するとしたフライ(文化経済学ではよく引き合いに出される)や宗教的な反啓蒙,性道徳への反逆で共感を見いだしたフロイトとの交遊が目を引く。知識の章では,初期から晩年までの著作などを中心に,父との関係,『一般理論』に及ぼした影響,モラル・サイエンスとしての経済学と自然科学との相違に触れる。なかでも,経済学はモラル・サイエンスであり,自然科学で用いられる方法を適用することができないことや一般均衡の観点から概念化することに反対したことを特徴的に描く。著者は,ケインズ経済学が「社会物理学」・「物理学モデル」(「日本語版への序文」,2,3ページ)のそれとはまったく異なり,文明の進歩に資するものであるとし,ケインズ再評価を試みる。ケインズ経済学の底流には若き時代からの哲学的ビジョンが存在することを確認している。

政治の領域では,ケインズの政治的ビジョンと戦争(ボーア戦争と第一次世界大戦)時の対応を扱い,当時のイギリス政治史を補章としている。バークに関する初期著作から,ケインズ政治思想の中心的見解であるマルクス主義と共産主義にたいするケインズの思想源泉を抽出する。同時に,民衆の能力についての懐疑や知的エリートへの期待をともなう,ケインズの立場――反動と革命のあいだ,つまりニュー・リベラリズム,ソーシャル・リベラリズム,リベラル・ソーシャリズムと表現される――を明らかにする。ケインズ的ユートピアがマルクスのそれと似ているとして,『ドイツ・イデオロギー』の一節を引き,両者のちがいが「変革の手段」だとする著者の意見は,マルクスを毛嫌いしたケインズの再解釈としておもしろい。戦争時の対応は,良心的兵役拒否と『平和の経済的帰結』にいたる軌跡が中心である。良心的兵役拒否と戦闘に加わる決意とのあいだには矛盾がなかったこと,耐乏生活を弱い立場にある人々に押しつけてはならないことを内容とするケインズの戦争と平和が史実とともに語られている。

ケインズの主領域である経済学では,『貨幣改革論』(1923年),『貨幣論』(1930年),『雇用・利子および貨幣の一般理論』(1936年)という3つの書物を繙き,経済的原動力にして社会的病理である貨幣,ケインズ前後の失業分析とケインズ理論,国際通貨体制を扱う。貨幣についてはフロイトからの影響として,肛門愛と保蔵性向および貨幣と排泄物との同一視があるとし,『一般理論』における貨幣不浄視に繋げている。あわせて,貨幣数量説への懐疑,貨幣需要のうち金融動機を付加した理由,流動性選好需要の解説がある。労働については失業理論の系譜とケインズ失業論の特徴が明快に述べられている。とくに失業理論の系譜についてはケインズ理論の登場を必要とした「社会が直面しつづけている問題」(438ページ)だけでなく,理論史上の位置を知る上でもきわめて有益である。マルクスの資本の一般的定式に賛意を表明していたこと(388ページ),シスモンディをマルクスとケインズの先駆者と位置づけること(409ページ以降),さらにはマルクス産業予備軍との関連を問うていること(410ページ以降)など著者の視野は広い。国際通貨体制では,ケインズがその生涯をとおして国際経済の諸問題,とりわけ貨幣的・金融的な性格をもつ問題に熱意を示していたことを確認することからはじめ,完全雇用と成長を促進し戦争のない世界をつくるための国際金融秩序の設計が,周知のブレトン・ウッズにいたる確執とともに微細に描かれている。ケインズのように選挙で選ばれたのではない専門家たちが縦横に活躍した舞台裏(「テクノクラートの権力」499ページ)の物語は政治の世界との緊張関係をともなうものでもあった。

貨幣愛を論いながら,ケインズは貨幣蓄積に大きな精力を注いだ。実業家たちを「芸術家や科学者になれる見込みのなかった」(507ページ)人物とみなしながら,ケインズはとてつもなく貨幣への執着をみせた。「美への接近」(507ページ)のゆえである。ケインズは芸術の理論家であり,消費者であり,後援者でもあった。伝記類は別として,ケインズと芸術(美学)については論じられることがすくないことを考えれば,本書の最終章に芸術を論じる章をおき,ケインズの学生時代からの美学理論を詳述する構成は本書の魅力のひとつといえるだろう。美の観照能力や審美眼教育という「ヴィクトリア朝的なエリート主義」(514ページ)を残すとはいえ,経済理論家としての使命以上に芸術および芸術家の後援者としての使命をみたケインズの生き様が活写されている。いまなお残るケンブリッジの芸術劇場はケインズの遺産というべきであり,芸術評議会の創設――著者は触れていないが,at arm's length原則で知られる芸術支援の一類型――は,ブレトン・ウッズ協定よりも心血を注いだケインズの生涯をあますところなく伝えている。ニュートン文書のコレクションに関連して,「彼(ケインズ:引用者注)の最後の論文の一つはニュートンについてのものだった」(530ページ)と簡単である。近代科学者ニュートンが実は錬金術に最後まで興味を失っていなかったというケインズの発見(ニュートン像への問題提起)についてはあえて省略したのだろうか。

ジョン・ロビンソンが残した,ある会合でのケインズの言葉「そこでは私は,ただ一人の非ケインジアンであった」,あるいはフリードマンが記者に語ったという「いまや,われわれは皆ケインジアンである」とは,ケインズ主義の多様な受容を示している。著者が本書をとおして訴えたかったことは,ケインズの社会についての総体的な理解であり,経済・政治・倫理・知識・芸術と複雑に結びついていたことの再構成である。もし社会に病弊があるとしたら,その治療法は状況や時期や場所によって異なってくる。この意味で「『ケインズ政策』なるものは存在しない」(567ページ)のではなく,存在してはならないのだ。

関連エントリー
経済学史学会『経済学史研究』第50巻第2号→http://d.hatena.ne.jp/akamac/20090207/1234016184
(追記)監訳者のおひとり小峯さんによると,この度重版になったそうだ。「厚高」(厚い,高い)もなんのその,快挙といっていいかもしれない。(2009年3月14日記)

経済学史の授業・研究日誌→http://komine-gakushi.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-1fdb.html

9:39 午後  
Blogger yoji said...

ミダスの呪い
1931ケインズ言及

ミダス王の話
http://members.jcom.home.ne.jp/a-tkms/newpage34.htm


 ミダス王のブドウ畑に、ディオニュソスの育ての親・サチュロス(野山の神)が酔っ払ってよろよろとさまよっていました。

 それを見つけたお百姓達が、ミダス王の所へ連れて行きました。ミダス王は彼を見ると、すぐにディオニュソスの所へ

連れて行ってあげました。彼の親切を嬉しく思ったディオニュソスは、お礼にどんな願いでも叶えてあげようと言いました。

 ミダス王の願いは「自分が触るとどんな物でも金に変わる力が欲しい」でした。・・・そんな願いをしなければよかった、

と彼が後悔するのはずっと後の事でした。


 願いは確かに聞き届けられました。ミダス王が触るとどんな物でも金に変わりました。―木の枝も石も。なんと食べ物や

飲み物まで!

 さすがに食べ物まで金になってしまうとなると、ミダス王は空腹を満たす事が出来ません。飲み物が金になってしまえば、

喉を潤す事もできません。ミダス王の心は重く悲しくなってきました。まるで心臓や心までも金になってしまった気分です。

 ミダス王は金の掛け布団をして、金の枕をして眠りましたが、休まる事はありませんでした。自分の力で、大切な人達を

金の石像に変えてしまうかもと思うと! ミダス王には、金銀宝石が一番醜い物に見えてきました。その考えはある意味

正解です。どんなにお金があっても、肝心の商品がないとお金は使えないし、金銭問題で命を奪われる事もありますからね。


 翌朝、ミダス王はディオニュソスの所に行って、この力を取り消して欲しいと言いました。

「じゃあパクトロスの川の泉に行って、体をよく洗ってくる事だ。そうすればその力は消えるよ。」
 彼は笑いながら言いました。ミダス王がその通りにすると、その力は消え、ミダス王はすがすがしい心になりました。

 因みにそれ以来、パクトロスの川の砂は、ミダス王の持っていた不思議な力のせいで金色になってしまいました。多分、今でも砂は

金色に輝いているはずですよ。

6:42 午後  
Blogger yoji said...

Amazon.co.jp: Keynes: Aspects of the Man and His Work: Donald Moggridge: 洋書
1974

芸術関連

6:33 午後  
Blogger yoji said...




約 151,000 件中 2 ページ目 (0.35 秒)
検索結果
[PDF]Page 1 京都大学 京都大学学術情報リポジトリ 紅 | KYOTOUNIVERSITY ...
repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/145326/1/ykeik00195.pdf
持元江津子 著 - ‎2004
と実践より」は序と6章及び終章がらなり、芸術の持つ公共性を保持育成するための財政支援のあり方をケインズの芸術論 ... のことを芸術家に任せたまま、財政支出を受けながら政府介入を最小に抑えた半独立的な国家機関の必要性を見いだし、ア. ー 210ー ...
研究紹介
www.saitama-u.ac.jp/koho/intro/keyaki/2002-3/keyaki_06/kenkyu/01.html
しかし、現代的には、ケインズ(芸術支援の原則を提唱)やボウモル(芸術を産業として分析)、ピーコック(文化市場の二重性を ... 60年代には、多くの福祉国家において芸術・文化支援が本格化するとともに、1973年には、国際文化経済学会が創設されている。
今後の文化政策 — 課題と展望|伊藤 裕夫|ネットTAM
www.nettam.jp/course/cultural-policy/5/
2008/08/01 - 本連載の最初に、「文化政策が芸術文化の振興をめざすものという見方は、第二次大戦後になってはじめて、日本や欧米 ... 学者のケインズは就任演説で、支援は芸術を「社会化」し統制していくためではなく、芸術家に「勇気と確信と機会を与える」ために行われると述べています。 ... また同時期に進んだヨーロッパの統合(EUの成立)は、これまでの(国民文化の形成という点で)文化政策の原点であった「国民国家」の ...
[PDF]ケインズの経済思想 - 東北学院大学
www.tohoku-gakuin.ac.jp/research/journal/bk2013/pdf/no11_02.pdf
小沼宗一 著 - ‎関連記事
(F.A.Hayek,1899-1992)は,ケインズという人物は,知識や芸術における多くの分野での偉大. な愛好家であり,政策立案者で ... 1914年に帝国主義諸国家間の争いとして始まった第一次大戦は,交戦国が国の総力をあげて戦. う総力戦となり,1918年11月に ...
ケインズとケンブリッジ芸術劇場 リディアとブルームズベリー・グループ - HMV
www.hmv.co.jp › 本・雑誌・コミック › 経済・ビジネス › 中矢俊博
ケインズとケンブリッジ芸術劇場 リディアとブルームズベリー・グループ | 中矢俊博 | 発売国:日本 | 書籍 | 9784495439217 | ローチケHMV 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利 ... 本. 経済認識の歩み 国家と経済システム 南山大学経済研究叢書.
ケインズとケンブリッジ芸術劇場 リディアとブルームズベリー・グループ/中矢 ...
honto.jp › 本の通販ストア › 経済・ビジネス
ケインズとケンブリッジ芸術劇場 リディアとブルームズベリー・グループ/中矢 俊博(経済・ビジネス) - 人生の目的は愛と美の享受と真理の追求にある! 芸術を愛し、芸術家の妻との愛に ... 経済認識の歩み 国家と経済システム. 専門書. 経済認識の歩み 国家と ...
ケインズの予言: 幻想のグローバル資本主義(下) - Google ブック検索結果
https://books.google.co.jp/books?id=Ok7OCgAAQBAJ
佐伯啓思 - 1999 - ‎Business & Economics
この経済的利益という原則に従うことによって、われわれは、田舎の美しさを破壊し、星や太陽を遮り、ロンドンを芸術の都にすることに失敗したので ... しかも、それらの価値を保証できるものがあるとすれば、それはあくまで「国家」という枠の中でのことであろう。
池上惇書評
members.jcom.home.ne.jp/tekato/Ikegami.html
無論、「資本主義の全般的危機」や「国家独占資本主義」もない。でてくるのは、ケインズであり、西村伊作であり、とりわけ、J・ラスキンである。ただし、ケインズはイギリス芸術評議会の文化芸術政策の創設者として、西村は「財産家であり『人類の協同生活』を ...
[PDF]オープンフォーラム 「都市と地域の未来に向かう ... - アーツカウンシル東京
https://www.artscouncil-tokyo.jp/uploads/2015/02/2014_openforum_finalreport.pdf
2015/02/07 - つのテキストで彼は政府から半ば独立した、「半自治的な組織」という概念を提唱しています。これ. は例えば大学なども含めた組織の外形的なあり方を提案したものです。 さらにケインズは、「芸術と国家」や「アーツカウンシル、その政策と期待」.
芸術文化の公的支援に関する理論的根拠について― 英国 ... - 帝塚山大学
www.tezukayama-u.ac.jp/tlr/nakagawa/nakagawa2_j.htm
国家的威信」や「国民的アイデンティティ」の源としての芸術文化を主として意識しているだろう国はともかくとして、住民や芸術家と .... 結局、ケインズの宣言にもかかわらず、ACGBの官僚化や、助成に伴う反射的な創造行為への影響がやはり今[190頁]日指摘 ...

10:54 午後  
Blogger yoji said...

ケインズの世界
http://sky.geocities.jp/kunippi7/wizard/John_Maynard_Keynes.html

1. 学者の力

 

「経済学者や政治学者の思想は、それが正しい場合にも間違っている場合にも、一般に考えられているよりはるかに強力である。事実、世界を支配するものはそれ以外にないのである」

J. M. 『雇用・利子および貨幣の一般理論』(原著1936年、塩野谷祐一訳、
東洋経済新報社、1983, p.386)

…非常に有名な文章。「一般に考えられているより」という箇所に非常にリアリティを感じる。

Keynes
2. 国内経済の視点

 「ケインズは理解を容易にするためにたまたま失業の問題を一国経済の枠の中で論じたわけではない。当然ながら失業という現象はナショナル・エコノミーを前提とするのである。つまり労働者は容易には国境を超える事はできない。余剰労働を速やかに他国に輸出する事はできない。ここに労働力と通常の財や資本との違いがあるのであって、失業を論じる際は、資本や商品ではなく一国経済の枠を設定する必要がある。」

(佐伯啓思(1999)『ケインズの予言』PHP新書より)
 

 「我々の貯蓄を国外に投資するのも国内に投資するのも差別はないという既存のシステムを我々は当然の事と受けとめている。…しかし、本当だろうか。確かに投資家の私的利益からすれば、海外であろうと国内であろうと無差別である。ただ利益とリスクの勘案だけが投資の場所を決める。しかし、これはナショナル・エコノミーの観点からすれば決して公益とはならない。対外投資は確かに一部の投資家の利益になり、利子収入はイギリスに還元するかもしれない。しかし、これはせいぜい利子生活階級の利益でしかなく、決してイギリス国内の産業の発展や技術の進歩を、また生活空間の向上をもたらすわけではないのである。つまりそれは『国民の利益』とはならない」

(佐伯啓思(1999)『ケインズの予言』PHP新書より)
 

Keynes
3.経済学者の素質

「経済学の研究のためには、非常に高度な天賦の才といったものは必要ない。経済学は哲学や自然科学に比べればはるかに易しい学問といえるだろう。にもかかわらず優れた経済学者は稀にしか生まれない。このパラドックスを解く鍵は、経済学者がいくつかの全く異なる才能を持ち合わせなければならない、というところにある。彼は数学者であり、歴史家であり、政治家であり、哲学者でもなければならない。記号を理解し、しかも言葉で語らなければならない。個々の問題を一般的な視点にたって考えなければならないし、抽象と具体を同時に兼ね備えた考察を行わなければならない。未来のために、過去に照らし、現在を研究しなければならない」

吉川洋『マクロ経済学』(2001)岩波書店,p40

…経済学の難しさと面白さが、まさにこの言葉によってほぼ言い尽くされていると思います。さらに、「演出家 」や「芸人(エンターテイナー)」の要素があれば最高ですが…。

 

Keynes
4.芸術への態度

 

「国家による芸術支援が芸術の自由を損なわないか、という疑問に対して、私はアームズ・レングスの原則を提唱したい。即ち、政府はお金は出しても口は極力出さないようにすべきである」

[参考資料] 後藤和子 『文化政策学』(2001)有斐閣コンパクト, p.53

 

…ケインズは芸術評議会(アーツ・カウンシル)という専門家による予算配分機関を設立し、芸術・文化への公的支援の充実をはかった。

 芸術・文化への公的支援の根拠として、アメリカのボウモルとボウエンは「芸術・文化が持つ正の外部性」 として以下のような項目を挙げているそうである。(後藤(2001)参照。)

①舞台芸術が国家に付与する威信

②文化活動の広がりによる周辺のビジネスの拡大

③将来世代の芸術水準の向上

④コミュニティにもたらされる教育的貢献

 

…地域経済の景況に厳しさが見られる昨今であるが、公共政策が向かうべき方向性について、上記のケインズの姿勢が非常に参考になる。

10:55 午後  
Blogger yoji said...

アームズ・レングス原則 (arm's length principle :ALP) とは、取引関係にある当事者間の独立性や、競争を行う際の諸条件を平等にする条件、またはそれらが実現している事実をいう。 アームズ・レングスの原則やアームスレングスルールとも呼ばれる。
アームズ・レングス原則 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アームズ・レングス原則

10:57 午後  
Blogger yoji said...

アームズ・レングスは、本来利害関係があり得る当事者間が、一定の適正な距離を保つことを腕の長さになぞらえている。 「複数の当事者が互いに近い距離の(経済上・権限上の)関係を保ちつつ、それぞれ目的を異にする関係や牽制し合う関係であるなど、利害不一致(ないしは対立)の可能性をも保ち、互いに独立の立場を取る」ことを「アームズ・レングス(の関係)」と呼ぶ。「アームズ・レングス原則」はこうした関係が法的・倫理的に求められる状況において妥当する。

この原則は、法学においては「アームズ・レングス取引(独立当事者間取引)」とも呼ばれる。契約法においては「契約の当事者が、たとえ互いに利害を共有する当事者(例えば雇用者と被用者)の場合、あるいはあまりに親密な関係の当事者間(例:家族や親戚)の場合でも、厳密な法的精査にたえる公平な契約を結ぶ」という用法で使われている。

企業の場合は、親子会社間・関連会社間の取引は、常に公平であり市場価格で行うべきである、といった事例に使われることが多い。目的は顧客との利益背反を回避するためのルールである。銀行や証券会社などにもグループ内会社との取引における健全性を担保するために用いられる。こうした金融業界のグループ内において、顧客との通常の取引と異なる条件で金融商品取引等を行うことは、公平な経済活動を阻害し、顧客の利益を毀損する可能性が大きいため、日本では金融庁が規制している[1]。
使用例

親子間

アームズ・レングス原則が適用される、すなわちアームズ・レングス関係が求められる場面のシンプルな例は、親から子への不動産の譲渡の場合である。

親は、時価を下回る価格で自分の子供に財産を売却したい(低額譲渡)と思う可能性があるが、そうした取引は税務署から税法上「譲渡」ではなく「贈与」であると認定され、取引価額と時価との差額に贈与税が課税されるなど法的な問題が生じることがある。こうした認定を避けるためには、当事者は取引内容がどんな第三者に対して行われたとしても同じであったことを示す必要がある(例えば、譲渡価格が不動産の真の価値に見合った適切なものであると証明できる専門家に委託して可能となる。日本では不動産鑑定士が法令に基づき鑑定を行なっている)。

政府組織と独立団体

この原理は、報道機関や学術、文化芸術領域など、一定の自律性が重要とされる領域を対象とした法や制度・事実状態を論評する際に「政府が他の主体に対して過度な影響を与えることを避けるべき」という旨を述べる際にも引き合いに出される。

例えば、英国では報道機関が警察とあまりに親密であることを批判する際に、「両者がarms-length relationshipであることを求める」とか[2]、アーツ・カウンシルが政府から受け取った文化振興助成金の配分事業をat arm's lengthで実施している(芸術分野の自立性確保のため)という。また英国には、Arms Length Management Organisations[ALMOs]というNPOがある。これは日本の地方特殊法人である地方住宅供給公社と類似の機能を果たすNPOで、地方自治体の長期的な住宅政策とは別の(アームズ・レングスの)立場で、住宅を管理供給する機関であることを強調したネーミングが特徴的である。

アームズ・レングス原則は、例えば行政委員会や行政の外郭団体など、母体となる行政部門からある程度独立した形でその所管する特定の行政権を行使する(あるいは補完する)地位を認められた機関に対しても使用されることがある。 英国ではこのような政府から独立性を持ちつつ、その運営に対する政府からの助成・支援を受ける機関を一般的にアームズ・レングス・ボディ(Arm's length bodies [ALBs] )という。これは通称Quangoとも呼ばれる(正式名称はnon-departmental public body (NDPB)、非政府部門公共機構)。上述したアーツ・カウンシルもアームズ・レングス・ボディの一つである。2010年には、それまで600を超える数に達していたALBs/Quangoの大幅な整理・統合・廃止が行われた(2010 UK quango reforms)。

10:58 午後  
Blogger yoji said...



ケインズの世界
http://sky.geocities.jp/kunippi7/wizard/John_Maynard_Keynes.html
 

Keynes
4.芸術への態度


「国家による芸術支援が芸術の自由を損なわないか、という疑問に対して、私はアームズ・レングスの原則を提唱したい。即ち、政府はお金は出しても口は極力出さないようにすべきである」

[参考資料] 後藤和子 『文化政策学』(2001)有斐閣コンパクト, p.53


…ケインズは芸術評議会(アーツ・カウンシル)という専門家による予算配分機関を設立し、芸術・文化への公的支援の充実をはかった。


全集28芸術と国家参照




アームズ・レングス原則 (arm's length principle :ALP) とは、取引関係にある当事者間の独立性や、競争を行う際の諸条件を平等にする条件、またはそれらが実現している事実をいう。 アームズ・レングスの原則やアームスレングスルールとも呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アームズ・レングス原則

アームズ・レングスは、本来利害関係があり得る当事者間が、一定の適正な距離を保つことを腕の長さになぞらえている。 「複数の当事者が互いに近い距離の(経済上・権限上の)関係を保ちつつ、それぞれ目的を異にする関係や牽制し合う関係であるなど、利害不一致(ないしは対立)の可能性をも保ち、互いに独立の立場を取る」ことを「アームズ・レングス(の関係)」と呼ぶ。「アームズ・レングス原則」はこうした関係が法的・倫理的に求められる状況において妥当する。

11:06 午後  
Blogger yoji said...

Keynes, J. M. ([1936b] 1982) 'Art and the state', The Listener, 26 August, reproduced in The Collected Writings of John Maynard Keynes, vol. XXVIII, London: Macmillan,

11:17 午後  
Blogger yoji said...

Open Economics: Economics in Relation to Other Disciplines
https://books.google.co.jp/books?isbn=1134045689 - このページを訳す
Richard Arena, ‎Sheila Dow, ‎Matthias Klaes - 2009 - ‎Business & Economics
Keill, J. ([1718] 1721) An Introduction to the true Astronomy, London: Strahan (translated from Latin). Kelly, G. A. (1963) A Theory of Personality, ... Keynes, J. M. ([1936b] 1982) 'Art and the state', The Listener, 26 August, reproduced in The Collected Writings of John Maynard Keynes, vol. XXVIII, London: Macmillan, for the ...

11:17 午後  
Blogger yoji said...

bloomsbury
http://britannia.xii.jp/a_z/bloomsbury.html
ブルームズベリー・グループとは

1906年から30年頃に活躍した知識人や芸術家の集まりのこと。 彼らの多くは豊かな教養を備えたアッパーミドルクラスの出身で、19世紀の古い道徳観念を批判する一方で、知性と美に満ちた20世紀の自由な文化を開拓しようとした。 文芸においてはヴァージニア・ウルフやE.M.フォースターら、美術の分野においてはロジャー・フライとクライブ・ベルが企画した「ポスト印象派展」、オメガ・ワークショップの装飾芸術などが挙げられる。

バージニア・ウルフ(作家)、E・M・フォースター(作家)、ジョン・メイナード・ケインズ(経済学者)、リットン・ストレーチー(批評家・伝記作家)、ロジャー・フライ(美術批評家)、クライブ・ベル(美術批評家)、ダンカン・グラント(画家)、ヴァネッサ・ベル(画家)、レナード・ウルフ(作家・出版者)

先輩格として、哲学者バートランド・ラッセル、G・E・ムーア、政治学者G・L・ディキンソンも広義には含まれる

ブルームズベリー・グループのはじまり

著名な文芸批評家レズリー・スティーブンの4人の子供、長女ヴァネッサ(後のヴァネッサ・ベル)、長男トゥービー(Thoby)、次女ヴァージニア(後のヴァージニア・ウルフ)、末弟エイドリアンは、父レズリーの死をきっかけにロンドンの文教地区ブルームズベリーのゴードン・スクウェア46番地にある家に転居。 ここにThoby(1906年に夭折)のケンブリッジ時代の友人たちが集まるようになり、毎週木曜の夜に開かれたサロンがブルームズベリー・グループのはじまりとなった。

 

ケンブリッジ使徒会(The Apostles)とブルームズベリーグループ

ゴードン・スクウェアの家に集まってきたのは主にThobyのケンブリッジ大学時代の友人が中心だったが、その中にはシークレット・ソサエティとして知られる「ケンブリッジ使徒会(The Apostles)」のメンバーが少なくなかった。 そもそも、リットン・ストレイチーと彼の友人レナード・ウルフが使徒会の中に作った小グループが発展して、ブルームズベリーグループへとつながって行ったのだ。このグループにはロジャー・フライやデズモンド・マッカーシー、ケインズらがいた。

ケンブリッジ使徒会は、1820年の創立以来詩人のテニソンや哲学者バートランド・ラッセル、ヴィトゲンシュタイン、経済学者ケインズ、作家E.M.フォースターやリットン・ストレイチー、そしてイギリスを震撼させたダブルスパイのガイ・バージェスやアントニー・ブラントら、さまざまな分野に多くの足跡を残した知識人たちを輩出した。

ブルームズベリーグループのメンバーやグループに関わりを持った人々のうち、主な使徒会員は以下の通り。 (括弧内の数字は会員となった年)

バートランド・ラッセル/Bertrand Russell(1892)哲学者・数学者

G・E・ムーア/George Edward Moore(1894)哲学者

G・L・ディキンソン/Goldsworthy Lowes Dickinson (1885)政治学者

ロジャー・フライ/Roger Fry(1887)美術評論家

デズモンド・マッカーシー/Desmond MacCarthy(1896)

E・M・フォースター/E. M. Forster(1901)

サクソン・シドニー=ターナー/Saxon Sydney-Turner (1902)

リットン・ストレーチー/Lytton Strachey(1902)

メイナード・ケインズ/John Maynard Keynes(1903)

アーサー・ホブハウス/Arthur Lee Hobhouse (1905)

フランク・ロレンス・(愛称ピーター)ルーカス/Frank Lawrence Lucas (1914)
第二次大戦中はブレッチレー・パーク勤務

クライブ・ベルは使徒でなかったが、息子のジュリアン・ベルは使徒会員となった(スペイン内戦で死亡)

ヴァネッサとヴァージニアの従兄で切り裂きジャックの容疑者のひとりJ.K.・スティーブン(クラレンス公の家庭教師)も使徒会員

 

良心的兵役拒否(conscientious objector)

第一次大戦が勃発すると、ブルームズベリーグループの人々は「良心的兵役拒否者」としての立場をとるものが少なくなかった。

バートランド・ラッセルは第一次大戦が勃発すると反戦運動を展開したため、1916年にはケンブリッジを追われ、1918年には獄中生活を余儀なくされる。 労働党のクリフォード・アレン率いる徴兵反対同盟(NCF)とも関わりを持っていた。

リットン・ストレイチーは「徴兵反対国民会議」に参加。実際は次々と医者の診断書を持ち出して何とか兵役を逃れようとしていたらしい。

ダンカン・グラントと当時の恋人デイビッド・ガーネットは良心的兵役拒否者として農家での仕事をするために、イースト・サセックスに移った。

自由党議員フィリップ・モレルと彼の妻オットリーン・モレルは、オックスフォード郊外のガーシントン・マナーに、良心的懲役拒否をする知識人たちに農作業などの職を与えて兵役を免除させ、庇護した。 平和主義者のフィリップは主に自由党員らによって組織された「民主的支配同盟 (UDC:Union of Democratic Control)」のメンバーだった。

 

 

ブルームズベリー・グループの人々とその周辺

ヴァージニア・ウルフ / Virginia Woolf (1882-1941)

1882年1月25日、著名な文芸評論家レズリー・スティーブンと才色兼備の母ジュリア・ダックワースの三子としてロンドンのHyde Park Gate 22番地の家に生まれ、学校には行かず両親によって家庭で教育を受ける。幼い頃、父がコーンウォール半島のセント・アイヴズに借りていた別荘「タランド・ハウス(Talland House)」をしばしば訪れ、後にここが『灯台へ』のモデルとなる。

1912年に、政治評論家のLeonard Woolf (1880-1969)と結婚(レナードセイロンから帰ってきた)し、Brunswick Square 38番地に転居。 この建物の1階にはケインズとその当時の恋人ダンカン・グラント、2階にヴァージニア・ウルフ、3階には弟のエイドリアン、4階にはレナード・ウルフがそれぞれ住んでいた。1912~17年にレナードとヴァージニアは イーストサセックスのエイシャム(Asheham)にあるウーズ川(に近い邸宅を別荘として借り、週末をここで過ごしていた。 1919年の夏にすぐ近くRodmellのMonk's Houseを別荘として借りる。

ホガース・プレス

ヴァージニアの精神状態が悪化したこともあって、1914年にロンドン郊外リッチモンドのザ・グリーン17番地に転居、翌1915年Paradise Roadのホガースハウスに転居。 1917年に夫妻は印刷機を購入し、ここで出版社ホガース・プレスを設立。T.S.エリオットの『荒地(Waste Land)』(1922)を始めとして、ロバート・グレイブスの詩集、キャサリン・マンスフィールドやフロイドの著作なども手がけている。

やがて1924年にブルームズベリー地区のTavistock Square52番地に戻る。

1:13 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home