火曜日, 8月 30, 2016

BOIDS【生物学】群れを動かす3つのルール


                    (生物学 、リンク::::::::::
NAMs出版プロジェクト: BOIDS【生物学】群れを動かす3つのルール
http://nam-students.blogspot.jp/2016/08/boids.html

ボイド(Boids)は、アメリカのアニメーション・プログラマ、クレイグ・レイノルズが考案・作製した人工生命シミュレーションプログラムである。名称は「鳥もどき(bird-oid)」から取られている。

概要:

コンピュータ上の鳥オブジェクトに以下の三つの動作規則を与え、多数を同時に動かして群れの振る舞いをシミュレーションする。

分離(Separation)
鳥オブジェクトが他の鳥オブジェクトとぶつからないように距離をとる。
整列(Alignment)
鳥オブジェクトが他の鳥オブジェクトと概ね同じ方向に飛ぶように速度と方向を合わせる。
結合(Cohesion)
鳥オブジェクトが他の鳥オブジェクトが集まっている群れの中心方向へ向かうように方向を変える。

結果としてこのプログラムは驚くほど自然な動きを見せ、単純な規則を用いて群体としての複雑な振る舞いを再現できることを示した。以後、改良されたアルゴリズムが映画のCGアニメーションなどに応用されている。

_____

以下、『プレミアムカフェ ハイビジョン特集 北の海にホッケが舞う〜群れ、その神秘の物語[再]』NHKBSプレミアム 2016年8月30日(火)より

CGアニメの専門家
クレイグ・レイノルズ(1998年アカデミー科学技術賞受賞)

コンピュータの中に
「本物そっくりに飛び回る群れ」を
作ることは出来ないか?

①仲間と同じ方向に向かう
②互いにぶつからない
③群れの中心を目指す

3つのルール

BOIDSと命名
群れの原理3つ

バットマンリターンズのペンギンの群れで再現された。

ホッケの渦
BOIDS
+エサに向かう
+下へさがる


bitwiseben (@bitwiseben)
Experimenting with #molecular - #blender boids particles are hugging a cube. #b3d pic.twitter.com/waHuQSSzB7

kumezo (@mutsumi_tomato)
すごい ホッケが渦を作る!?『プレミアムカフェ ハイビジョン特集 北の海にホッケが舞う〜群れ、その神秘の物語[再]』NHKBSプレミアム 8月30日(火) 24:45〜26:28 詳細: ggm.bangumi.org/web/v6/detail.…

2 Comments:

Blogger yoji said...


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000032-jij_afp-env
絶滅危機のツル、「なりきり」スーツで個体数回復 英国
AFP=時事 11/9(水) 15:32配信

絶滅危機のツル、「なりきり」スーツで個体数回復 英国
英イングランド南西部サマセットで、灰色の全身スーツとツルの頭を模した道具を使って餌やりをする保護活動家(2016年11月8日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英イングランド南西部サマセット(Somerset)で、中世に食用として狩猟の対象となり絶滅寸前にまで追い込まれたツルを国内の湿地帯に呼び戻そうと、自然保護団体がツルに似た格好で飼育を行い、個体数の回復で成果を上げた。

 この活動では、ツルの繁殖計画「グレート・クレイン・プロジェクト(Great Crane Project)」の一環として、英国鳥類保護協会(RSPB)が幼鳥を卵から飼育した。これまでに、ツル93羽を育て、英国の野生ヅルの総個体数を160羽にまで回復させるプロセスにおいて重要な役割を果たした。

 メンバーの一人、デーモン・ブリッジ(Damon Bridge)氏は「これは信じられないほど有益な手法で、人が親鳥の代わりになることができる」と話す。

 2014年に終了したこの活動では、灰色の全身スーツを着たブリッジ氏と野鳥愛好家らが、ツルの頭に見立てた道具を用いて幼鳥と交流し、餌を与えた。

 ブリッジ氏によると、この活動の目的は幼鳥を育てて野生に放つまでの間に、人に対する「刷り込み」が起きないようにすることだったという。餌を採集する際に人に依存しないようにするためだ。この手法で育てた幼鳥は、野生で生き延び、自力で繁殖を始めるまでになった。

「ツルの個体数は、個体群の維持に最低限必要な数に達するほどにまで増加したと考えられる」と、ブリッジ氏は述べた。

 グレート・クレイン・プロジェクトは、RSPBと英国水禽湿地協会(WWT)、自然保護団体「ペンスソープ・コンサベーション・トラスト(Pensthorpe Conservation Trust)」が共同で実施している。

 WWTで野生生物の保全と繁殖に取り組んでいるレベッカ・リー(Rebecca Lee)氏は、「夢がかなった。ツルたちは英国の自然保護活動における真の成功事例になりつつある」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

5:33 午前  
Blogger yoji said...

「カラス侵入禁止」警告文、なぜか効果 東大の研究施設
朝日新聞デジタル 5/12(金) 5:50配信

「カラス侵入禁止」警告文、なぜか効果 東大の研究施設
カラスが食い破ったとみられる断熱材の周りに警告文をつるす佐藤克文教授=岩手県大槌町赤浜2丁目
 「カラス侵入禁止」。そう書いた紙をつるしたら、本当に来なくなった――。岩手県大槌町にある東大の研究施設は春になると、カラスに「警告文」を出す。研究者が放つ奇策だ。今年で3年目、東大が連勝している。

【写真】上空を飛ぶカラス・警告文をぶら下げる様子……攻防の一部始終!

 4月中旬の午後、大槌湾に面した「東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター」の1階で、佐藤克文教授(動物行動学)がパイプや窓枠に紙をつるしていた。パイプ周りの断熱材はむしられてボロボロだ。「カラスが巣作りで持っていきました」。佐藤教授は苦笑いする。

 センターは世界的な海洋研究の拠点として1973年に前身がオープンした。だが、震災の津波は3階建ての最上階まで到達した。その後、3階だけ仮修復したが、1、2階はがれきの撤去後、物置になった。

 佐藤教授によると、カラスの被害が目立ち始めたのは15年春。むき出しになった1階天井のパイプの断熱材がむしり取られ、羽根やフンが落ちるようになった。

 津波で周囲の住宅が壊滅して人影が消え、センターも扉や窓がなくなった。このためカラスが繁殖期に建物に入り込み、巣作りの材料として断熱材を「拝借」するようになったらしい。

 センター職員から相談を受けた佐藤教授も決定打がなく、知人で「カラスの専門家」の宇都宮大「雑草と里山の科学教育研究センター」の竹田努研究員(環境医学)に相談したところ、「警告文を出してみては」とアドバイスがあった。

 佐藤教授は「冗談だろう」と思ったが、試しに警告文をつるしてみると、カラスはすぐ来なくなった。一時的かと思われた効果も長続きした。

 竹田研究員によると、警告文を目にした職員や学生がカラスに視線を向けたり指さしたりすることで警戒して寄りつかなくなる、ということらしい。「不思議に思って、みんな空を見るでしょ」

 佐藤教授は今年も数十枚の警告文を建物にぶら下げた。津波の痕跡が生々しいセンターの頭上を数羽のカラスが飛び交うが、スタッフや学生は出入りの際、ちらちらと空に目をやる。「見る人が増えれば増えるほど効果が上がる。お気軽にお越しください」(星乃勇介)

5:43 午後  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home