月曜日, 10月 17, 2016

年金の2つの原理:


年金の2つの原理:

      第1期   第2期   第3期

     貯蓄の側面(積立方式)
      ___ ① ___
 第1世代|若者A|→|老人A|
     |___| |___|
             ↑ ②所得再分配の側面(賦課方式)
            ___   ___
       第2世代|若者B|→|老人B|
           |___| |___|

注:この模式図で、各期とは、数十年の期間を適当に区切って考えたものである。図には、
第3世代や4世代などは省略してしている。

(清水克俊『国債危機と金融市場 』161頁より)





年金の2つの原理:

      第1期   第2期   第3期

     貯蓄の側面(積立方式)
      ___T2 ___
 第1世代|若者A|→|老人A|
     |___| |___|
             ↑ T1所得再分配の側面(賦課方式)
            ___   ___
       第2世代|若者B|→|老人B|
           |___| |___|

注:この模式図で、各期とは、数十年の期間を適当に区切って考えたものである。図には、
第3世代や4世代などは省略してしている。
(清水克俊『国債危機と金融市場 』161~3頁より)

年金のバランスシート
At=(1+r)(At-1+T-S)
At=(1+r)(At-1+T1+T2-S1-S2)

r利子率、T年金保険料、S年金受給額
賦課1、積立2

年金の2つの原理:

      第1期   第2期   第3期

     貯蓄の側面(積立方式)
      ___ ☆ ___
 第1世代I若者AI→I老人AI
     I___I I___I
             ↑ ☆ 所得再分配の側面(賦課方式)
            ___   ___
       第2世代I若者BI→I老人BI
           I___I I___I

注:この模式図で、各期とは、数十年の期間を適当に区切って考えたものである。図には、
第3世代や4世代などは省略してしている。

清水克俊『国債危機と金融市場 』161頁より)

______

年金試算、不適切な計算式を使用 塩崎厚労相が認める (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000001-asahi-pol

年金試算、不適切な計算式を使用 塩崎厚労相が認める

朝日新聞デジタル 10月21日(金)23時52分配信

  •  

 厚生労働省が年金の試算で不適切な計算方式を使い、現役世代の平均的な収入に対する年金額の割合(所得代替率)が高く算出されるようになっていた。塩崎恭久厚労相が21日の衆院厚労委員会で明らかにした。政府は厚生年金の所得代替率について「50%以上を維持」と公約しているが、将来的に割り込む可能性が高くなった。

【写真】衆院厚生労働委員会で質問する民進党の長妻昭氏=21日午後、岩下毅撮影

 年金の試算は5年に1度、時々の経済情勢に応じて年金制度を見直す財政検証で行う。厚労省は所得代替率を計算する際に、分母となる現役世代の収入は税や社会保険料を除いた手取りとし、分子の高齢者の年金は税や社会保険料を含めた収入としていた。

 21日の衆院厚労委では、民進党の長妻昭氏の質問に対し、塩崎氏は年金の試算について「役割を果たしていないこともありうる」と述べ、不十分だと認めた。その上で「次期財政検証に向けて議論する」として、2019年度の財政検証の際に新しい計算方式を検討する考えを示した。

 会社員の夫と専業主婦の2人のモデルケースでは、13年度の厚生年金の所得代替率は62・6%とされている。厚労省によれば、仮にいずれも手取りで計算すれば53・9%に低下。いずれも税や社会保険料を含めると50・9%になるという。

______
20161017
<年金新ルール>厚労省試算は3%減 過去10年間当てはめ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00000082-mai-soci
ここから本文です

<年金新ルール>厚労省試算は3%減 過去10年間当てはめ

毎日新聞 10月17日(月)21時9分配信

  •  

 厚生労働省は17日、今国会に提出中の年金制度改革関連法案に盛り込んだ年金額を決める新たなルールを直近の過去10年間に当てはめた場合、年金をもらえる額は今より3%減るとの試算を発表した。民進党の試算(5.2%)より下げ幅は小さいが、国民年金で月2000円、厚生年金(夫婦2人のモデル世帯)で月7000円程度減る。厚労省は「あくまで過去の試算で、法案の成立後すぐに年金額が減るわけではない」と説明している。

 法案の新ルールは、賃金の下落に合わせて年金額を引き下げる内容。世代間の公平を図るためとして、2021年度からの適用を目指している。これに対して民進党は「年金カット法案」と批判し、国に新ルールを当てはめた過去分の試算を出すよう求めていた。

 試算によると、リーマン・ショックなど不況による影響で物価より賃金の下落幅が大きい年が多かったため、年金額は下がる。ただし、基になる賃金変動率の計算で年金保険料の上昇分などを加味した結果、民進党の試算より減少幅が約2ポイント小さくなったという。

 一方で現役世代については、年金額の伸びを抑制する「マクロ経済スライド」を続ける時期が現行の43年度までより短くなるため、将来の国民年金の額が7%(月5000円程度)増えるとした。

 17日に同省から説明を受けた民進党の会合では「前提条件を都合良くいじっている。年金額が下がるのを過小評価し、将来世代の上がる部分を過大評価している」と反発の声が出た。【阿部亮介、熊谷豪】

最終更新:10月17日(月)21時56分

毎日新聞

  •  

1 Comments:

Blogger yoji said...

<年金新ルール>厚労省試算は3%減 過去10年間当てはめ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00000082-mai-soci
エンタメ
スポーツ
IT・科学
ライフ
地域
アーカイブ
<年金新ルール>厚労省試算は3%減 過去10年間当てはめ
毎日新聞 10月17日(月)21時9分配信

 厚生労働省は17日、今国会に提出中の年金制度改革関連法案に盛り込んだ年金額を決める新たなルールを直近の過去10年間に当てはめた場合、年金をもらえる額は今より3%減るとの試算を発表した。民進党の試算(5.2%)より下げ幅は小さいが、国民年金で月2000円、厚生年金(夫婦2人のモデル世帯)で月7000円程度減る。厚労省は「あくまで過去の試算で、法案の成立後すぐに年金額が減るわけではない」と説明している。

 法案の新ルールは、賃金の下落に合わせて年金額を引き下げる内容。世代間の公平を図るためとして、2021年度からの適用を目指している。これに対して民進党は「年金カット法案」と批判し、国に新ルールを当てはめた過去分の試算を出すよう求めていた。

 試算によると、リーマン・ショックなど不況による影響で物価より賃金の下落幅が大きい年が多かったため、年金額は下がる。ただし、基になる賃金変動率の計算で年金保険料の上昇分などを加味した結果、民進党の試算より減少幅が約2ポイント小さくなったという。

 一方で現役世代については、年金額の伸びを抑制する「マクロ経済スライド」を続ける時期が現行の43年度までより短くなるため、将来の国民年金の額が7%(月5000円程度)増えるとした。

 17日に同省から説明を受けた民進党の会合では「前提条件を都合良くいじっている。年金額が下がるのを過小評価し、将来世代の上がる部分を過大評価している」と反発の声が出た。【阿部亮介、熊谷豪】

【関連記事】
<年金改革、真っ向対立 「カット法案」民進が攻勢/首相「制度を持続可能に」>
<「老後は1億円必要」におびえなくてもいい理由>
<年金を受け取れないと思う若者が多いがたぶん大丈夫>
<年金開始を70歳まで待つと… 受給額はいくら増えるか>
<離婚、認知症、孤立……銀行員を襲った老後の貧困>
最終更新:10月17日(月)21時56分毎日新聞

6:39 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home