金曜日, 2月 10, 2017

マリリン・ウェアリング Marilyn Waring


                (マルクスリンク::::::::::) 
NAMs出版プロジェクト: マリリン・ウェアリング Marilyn Waring
http://nam-students.blogspot.jp/2017/02/marilyn-waring.html

マリリン・ウェアリング Marilyn Waring (1952–)  
https://en.wikipedia.org/wiki/Marilyn_Waring

新フェミニスト経済学 単行本 – 1994/8
マリリン ウォーリング (著), Marilyn Waring (原著), 篠塚 英子 (翻訳)
女性の「家事労働」は、これまでの経済観念の中では無報酬の労働として無視されてきた。あらゆる生産的な無報酬の労働に貨幣的価値をつけるべきだ、と主張する著者が、従来の経済学の価値観を根底から再検討する。
1988 If Women Counted: A New Feminist Economics

目次:
プロローグ 非生産者としての女性
1章 女性を測る―国際経済システムへのイントロダクション
2章 見直しの必要性―誰がなんのために国民経済計算体系を考案したか
3章 概念の境界―国民経済計算体系はいかに女性を見えなくしているか
4章 ここには性差別主義者などいない―行動にみる統計学者
5章 統計上の陰謀―国民経済計算の出所
6章 邪悪と無関心―経済学者が国民経済計算体系のなかに見ている問題点
7章 死の価値―戦争、貧困、毒薬は経済をいかに支えているか
8章 あなたの時間の価値―女性、子供、および再生産の経済学
9章 経済理論はナンセンス―経済学と惑星の搾取
10章 計測が知性の限度を超えたものだとしたら―国民経済計算体系に代わるものを求めて
11章 垣間見た全貌―グローバル・エコノミックスの新モデル
エピローグ 行動への呼びかけ
補論
(物的生産体系
環境指標
職業名辞典―家事使用人の定義)

Counting for Nothing: What Men Value and What Women are Worth [Kindle edition] by Marilyn Waring | Economics | Kindleストア (改題2ed版1999,kindle化は2015/2/4)

Contents  
Preface by Gloria Steinem  
Acknowledgements  
Introduction to the Second Edition  

Prologue 
1. A Woman’s Reckoning 
2. A Calling to Account 
3. The Boundary of Conception 
4. Nothing Sexist Here 
5. The Statistical Conspiracy 
6. Villainy and Incompetence 
7. The Value of Death 
8. A Value on Your Time 
9. The Eye of the Beholder ☆邦訳ではカット 
10. “Your Economic Theory Makes No Sense” 
11. If Counting was the Limit of Intelligence 
12. Glimpsing the Whole 
Epilogue 

Appendices 
1. The material product system 
2. Environmental indicators 
3. Definition of a housemaid 
Notes 
Bibliography 
Index  

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784492312094
家事、子育てはなぜGNPに計算されないのか? (国連)国民経済計算体系((UN)SNA)の問題点を明らかにし、女性労働を評価するグローバル・エコノミックスを提唱する。

参考:
国民経済計算 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/国民経済計算
国民経済計算(こくみんけいざいけいさん、英語System of National AccountsSNA)とは、一国の経済の状況について、生産消費投資といったフロー面や、資産負債といったストック面を体系的に記録したもの。



邦訳32頁#1「女性を測る」で以下が参照される。ただしウェアリングはマルクス主義を強調してはいない。

 《唯物論的な見解によれば、歴史における究極の規定的要因は、直接的生命の生産と再生産とである。  しかし、これはそれ自体さらに二通りにわかれる。一方では、生活資料の生産、すなわち衣食住の諸対象とそれに必要な道具の生産、他方では、人間そのものの生産、すなわち種の繁殖が、これである。 》


エンゲルス『家族、私有財産および国家の起源』1884(大月書店) 

#2でクズネッツが擁護される。#7でUNSNAの背後にある目的、戦費調達が批判される。#8ではサミュエルソンが批判される。


#11,284頁参照:

Hazel Henderson’s cake diagram never made more sense | GAIA & EROS
https://gaiaeros.com/2008/11/11/hazel-hendersons-cake-diagram-never-made-more-sense/




図3 レアケーキ化した経済
私的部門 工場,労働,売買,貯蓄および投資
公'的部門 州·地方政府支出——防衛,道路,学校,下水など
無償労働 家事,庭仕事,日用大工,ボランテイア
母なる自然 過重担でない限り,污染を吸取し廃案物をリサイクルする

宇沢弘文の共通資本の説明にも通じる。

NAMs出版プロジェクト: 宇沢弘文(1928~2014):メモ
http://nam-students.blogspot.jp/2016/03/blog-post_10.html



同じ図が以下(改題2ed版)でも使われる。
Counting for Nothing: What Men Value and what Women are Worth - Marilyn Waring - Google ブックス
Counting for Nothing: What Men Value and what Women are Worth

Counting for Nothing, originally published in 1988, is a classic feminist analysis of women's place in the world economy brought up to date in this reprinted edition, including a sizeable new introduction by the author. In her new introduction, the author updates information and examples and revisits the original chapters with appropriate commentary. In an accessible and often humorous manner, Waring offers an explanation of the current economic systems of accounting and thoroughly outlines ways to ensure that the significance of the environment and the labour contributions of women receive the recognition they deserve.
Marilyn Waring
University of Toronto Press, 1999 




以下の図(ノルウェー方式=日本も採用)は中途半端だと批判される。

       図2 国民経済针算

         人間(経済)活動
      ↗︎
環境サービス 土地使用上の紛争 …放射物  自然過程
   ↑   ↙︎       ↙︎  ↓   ↙︎
   環境状態  →       環境状魅の    →  環境状態
   第1時点           变化          第2畤点
無償経済
保護
拘束

 Counting for Nothing: What Men Value and what Women are Worth - Marilyn Waring - Google ブックス
https://books.google.co.jp/books?id=oPJfBQ6oWWUC&printsec=frontcover&hl=ja&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false




 邦訳の #10,280でシューマッハが引用される。

Small Is Beautiful: Economics As If People Mattered1:3
To press non-economic values into the framework of the economic calculus, economists use the method of cost/ benefit analysis. This is generally thought to be an enlightened and progressive development, as it is at least an attempt to take account of costs and benefits which might otherwise be disregarded al-together. In fact, however, it is a procedure by which the higher is reduced to the level of the lower and the priceless is given a price, It can therefore never serve to clarify the situation and lead to an enlightened decision. All it can do is lead to self-deception or the deception of others; for to undertake to measure the immeasurable is absurd and constitutes but an elaborate method of moving from preconceived notions to foregone conclusions; all one has to do to obtain the desired results is to impute suitable values to the immeasurable costs and benefits. The logical absurdity, however, is not the greatest fault of the undertaking: what is worse, and destructive of civilisation, is the pretence that everything has a price or, in other words, that money is the highest of all values.

費用便益分析 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/費用便益分析
費用便益分析(ひようべんえきぶんせき、cost-benefit analysis)は、事業社会に貢献する程度を分析する手法である。

スモール イズ ビューティフル - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/スモール_イズ_ビューティフル
Ernst Friedrich "Fritz" Schumacher  1973

Who's Counting? Marilyn Waring on Sex, Lies and Global Economics http://nlopac.lib.fukuoka-u.ac.jp/en/recordID/catalog.bib/KT20705824


NAMs出版プロジェクト: 経済学大図鑑 ナイアル・キシテイニー
http://nam-students.blogspot.jp/2017/01/blog-post_27.html
311頁
マリリン・ウェアリング
Marilyn Waring (1952–)

新フェミニスト経済学 単行本 – 1994/8
マリリン ウォーリング (著), Marilyn Waring (原著), 篠塚 英子 (翻訳)
女性の「家事労働」は、これまでの経済観念の中では無報酬の労働として無視されてきた。あらゆる生産的な無報酬の労働に貨幣的価値をつけるべきだ、と主張する著者が、従来の経済学の価値観を根底から再検討する。
1988 If Women Counted: A New Feminist Economics

関連:
  https://en.wikipedia.org/wiki/Mariarosa_Dalla_Costa


上記書プロローグ参照:

マリア・デラ・コスタ

https://libcom.org/library/power-women-subversion-community-della-costa-selma-james Tailors strike in Italy's Hot Autumn

An influential pamphlet by Mariarosa Dalla Costa and Selma James in 1972 that used a feminist reading of Marx to challenge Left orthodoxy on the role of women, their labour and their struggles.

The Power of Women and the Subversion of the Community, 3rd Edition Paperback – June 15, 1975 by Mariarosa Dalla Costa (Author), Selma James (Author) https://www.amazon.com/Power-Women-Subversion-Community-3rd/dp/0950270245

 「家事労働」概念の再検討 - J-Stage 大和礼子 著 - 1999
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjoffamilysociology1989/11/11/11_11_113/_pdf

マルクス主義フェミニズム wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%BB
%E7%BE%A9%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

マルクス主義フェミニズムとは資本主義や私有財産において女性がいかに抑圧されているのかを研究し説明することを目的としたフェミニズムの一派である。マルクス主義フェミニストによると、女性は、現在の資本主義経済を抜本的に改革しない限り自由を手にすることがない、という。現在の資本主義経済では、女性労働者の多くは報酬が不十分である[1]

共産党宣言におけるカール・マルクス (1859) とフリードリヒ・エンゲルス (1848) の取り組み、および経済学批判におけるマルクスの取り組みにより[2]資本主義と迫害の関係性に関するの初期の説のいくつかに対し、その元となる土台が提示された。唯物史観と呼ばれた、マルクス (1859) によって展開された研究の理論と方法論によって、経済によって社会全体がどう構築されているのか、日々の生活や行動にどう影響しているのかが明らかにされている[3]唯物史観では、社会の下部構造を決定する過程における経済と技術の要素が果たす役割が強調されている。その下部構造によって、労働者階級をしばしば搾取し権力者の利益を増大させることを目的とした制度や法律が規制されている。マルクス (1859) は、これらの制度は、自身の権力を維持するために階級闘争を続けたり活発化させたりせねばならなかった支配者階級の人間によって制定された、と論じている。しかし、 マルクス(1859) は、新たな支配者階級に権限を与えようとする下層階級の人間による組織や団体行動の可能性をも認めている。 ウラジーミル・レーニン (1917) がこの可能性について論じているように、 労働者階級による革命的な運動にとって前衛党による社会主義の組織が重要な存在となる[4]
1884年、エンゲルスは『家族・私有財産・国家の起源』を出版した[5]。 エンゲルス (1884) は、封建制度から土地私有制に切り替わったことで女性の地位が大きな影響を受けた、としている。私有制において、土地またはその他の生産手段を持たない人は奴隷のような立場にある。エンゲルス (1884) は彼らの立場を、私有制のもとで生活するには所有者のために働くことが「義務」である、と表現した。エンゲルス(1884) は、この種の制度への移行により公私の領域が分断され、賃金を得られる仕事に男性ばかりがありつけるようになった、としている。
エンゲルス (1884) は、女性の地位が低いのはその生物学的性質でなく社会的関係が原因で、女性の労働力とその性別上の能力を制御せねばならないという男性側の取り組みが核家族内で徐々に制度化されたのだ、と述べている 。「マルクス主義唯物史観」の展望を通じ、エンゲルス (1884) は、処女を守る風潮、それを破った者を有罪とし体罰を与える制度、といった女性の性的モラルに関連する社会現象が広まっていくと推測し、女性は自分の夫に従うようにと求める。そしてついには、これらの現象から、古代の生産システムにおける新興の奴隷所有者階級の長による個人資産の包括的支配、そしてそれに伴う自分の財産が自分の子孫にのみ相続されてほしいという考え方が近年増長しているという事実、をつきとめた。エンゲルス (1884) いわく、貞淑で性的に忠実であることが賞賛されるのである。なぜならそれらによって所有者階級の男性に占有された女性の性的な生殖能力を独占的に利用できることが保証されるからである。


成果と行動主義

マルクス主義フェミニストは、闘争を辞さない気質と社会の変化を促進するために力を結集する能力を持ち合わせており、それによって重要な行動主義を貫いてきた。その提案はしばしば論争を呼び批判の的となっているが、それでも新たな学説を支え女性の地位を明確にして資本主義に異を唱えている[7]。この女性達は、歴史的にみて、ヘゲモニー的な資本主義と対決するにいくつかの手段を利用してきた。このことは、女性の自由を実現するための最適な手段についての彼女らの意見の相違をよく表している[1]

家事労働に賃金を

女性が生産労働から排除されているということを女性差別の最たる象徴として着目し、資本主義において家庭内の仕事にも賃金が与えられるよう要求することに自らの行動主義を捧ぐマルクス主義フェミニストもいる。補償がなされる生産労働を産み出そうという考え方は、シャーロット・パーキンズ・ギルマン (1898) などの著書に書かれている。彼は、女性差別は女性が私的領域に追いやられたことがはじまりであった、と論じた[8]。また、女性の立場は、公的領域において仕事が見つかり、認知され、価値を見いだされれば向上するだろう、とも述べている[1]
もしかしたら、再生産労働を補償するための取り組みで最も影響力が強かったのは、「家事への賃金を要求する国際運動」であったかもしれない。この運動は、国際フェミニズム団体の団員によって1972年にイタリアで始まった。セルマ・ジェームス[9]、マリアローザ・ダラ・コスタ[10]、ブリジット・ガルティエ、シルビア・フェデリチ[11] といった団員の多くは、学術の世界や公共の場に自分たちの声を発信するために様々な書を出版した。 この取り組みは、イタリアで比較的少人数の女性たちによって始まったにも関わらず、「家事への賃金を要求する国際運動」は国際規模で活発化することに成功した。このグループはニューヨークのブルックリンで、フェデリチの力をかり、発足した[11]。ハイジ・ハートマン (1981) の認めるように、これらの運動は最終的には失敗に終わったが、家事の価値とその経済との結びつきについての重要な説を打ち立てた[7]
 …
コランタイ (1909) のような批評家は、自由主義フェミニズムによって、労働者階級のおかれた環境を改善しようとするマルクス主義者の取り組みが弱まるだろうと考えた。マルクス主義者は、社会主義革命を通じて女性に自由をもたらすより根本的で政治的な計画を支持した。そして、女性の労働とその環境を大きく改善することを特に強調した。
 
1^ a b c d Ferguson, A. & Hennessy, R. (2010). Feminist Perspectives on Class and Work. Stanford Encyclopedia of Philosophy.
2^ Marx, K. & Engels, F. (1848). [1], The Communist Manifesto.
3^ Marx, K. (1848). [2], A Contribution to the Critique of Political Economy.
4^ Lenin, V. (1917). The State and Revolution: The Marxist Theory of the State & The Tasks of the Proletariat in the Revolution. [3]
5^ Engels, F.(1884).[4], The origin of the family, private property, and the state
6^ a b Vogel, L. (2013). Marxism and the Oppression of Women: Toward a Unitary Theory [5].
7^ a b c d Hartmann, H. (1981) "The Unhappy Marriage of Marxism and Feminism: Towards a More Progressive Union." Feminist Theory Reader. Ed. by Carole Mccann and Seung-kyung Kim. Routledge, 2013. 187-199.
8^ Gilman, C. P. (1898). [6] Women and Economics: A Study of the Economic Relation Between Men and Women as a Factor in Social Evolution.
9^ a b Gardiner, B. (2012). A Life in Writing. Interview with Selma James.
10^ Dalla Costa, M. & James, S. (1972). The Power of Women and the Subversion of the Community[7]

マルクス・エンゲルス抄録 - グーグル版(その1)
https://sites.google.com/site/gugurubansono1/marukusu-engerusushouroku
エンゲルス『家族、私有財産および国家の起源』1884(大月書店)
 「唯物論的な見解によれば、歴史における究極の規定的要因は、直接的生命の生産と再生産とである。
 しかし、これはそれ自体さらに二通りにわかれる。一方では、生活資料の生産、すなわち衣食住の諸対象とそれに必要な道具の生産、他方では、人間そのものの生産、すなわち種の繁殖が、これである。
 ある特定の歴史的時代およびある特定の国土の人間の生活がいとなまれる社会的諸制度は、2種類の生産によって、すなわち、一方では労働の、他方では家族の発展段階によって、制約される。労働がなお未発達であればあるほど、またその生産物の量が、したがってまた社会の富が乏しければ乏しいほど、社会秩序はそれだけ圧倒的に血縁の紐帯に支配されるものとしてあらわれる。


エンゲルス『反デューイング論』(1878
 「近代的な平等の要求は・・・むしろ、人間であるという右の共通の性質、人間の人間としての右の平等から、人間はみな、あるいは少なくとも一国家の市民または一社会の成員はみな、政治上ないし社会上平等の資格を要求する権利を持っている、という結論を引き出す」
 原生的な共同社会では共同体の構成員の間の権利の平等が問題であり、婦人、奴隷、外来者はこの平等から除外されていた。
 キリスト教は平等に原罪をになっているという平等を認めたが、これは奴隷と抑圧されたものの宗教としてのキリスト教の性格にふさわしいが、間もなく司祭と俗人という対立が固定化された。
 ゲルマン人により複雑な社会的政治的なヒエラルヒー(階層制度)が出来た。
 手工業からマニュファクチュアへ移行する際には、契約当事者として平等の権利をもって工場主と交渉する自由な労働者がいること、ある商品の価値はその中に含まれる社会的に必要な労働により計られる限りにおいて、あらゆる人間労働は平等であるということ、これらの経済的諸関係が自由と平等の権利を要求する。 

電子書籍「マルクス・エンゲルス全集」セット注文書 - 電子書籍版「マルクス・エンゲルス全集」
https://www.marxojisan.com/電子書籍-マルクス-エンゲルス全集-セット注文書/
電子書籍「資本論」 - 電子書籍版「マルクス・エンゲルス全集」
https://www.marxojisan.com/電子書籍-資本論/
エンゲルス & 岡崎次郎「ワイド版世界の大思想 第3期〈5〉エンゲルス」
https://itun.es/jp/EcvRZ.l



0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home