水曜日, 5月 13, 2015

『社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」』(ウェーバー)とパーソン ズ:メモ

              (ウェーバーパーソンズリンク::::::::::)  
NAMs出版プロジェクト: ウェーバー『社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」』より
http://nam-students.blogspot.jp/2015/05/blog-post_13.html(本頁)
NAMs出版プロジェクト: 水とダイヤモンド(メンガー、ジェボンズ、ワルラス関連)
http://nam-students.blogspot.jp/2015/06/blog-post_2.html
NAMs出版プロジェクト: マーシャル,Alfred Marshall
http://nam-students.blogspot.jp/2015/04/alfred-marshall.html 


《意味をもった人間の行為の究極的要素について考えてみると、それらはいずれもまず「目的」と「手段」の範疇に結びついている。》
マックス・ウェーバー『学問論集』149頁

《Jede denkende Besinnung auf die letzten Elemente sinnvollen menschlichen Handelns ist zunächst gebunden an die Kategorien Zweck und Mittell.》

マックス・ヴェーバー『社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」』原著1904年,邦訳1998年岩波文庫版30頁参照。


上記は、T.パーソンズ『社会的行為の構造』(後述)1☆エピグラフに使用された。



マックス・ヴェーバー(Max Weber、1864年4月21日 - 1920年6月14日)は、ドイツ社会学者経済学者である。マックス・ウェーバーと表記されることもある(正式な名前はカール・エミール・マクスィミリアン・ヴェーバー (Karl Emil Maximilian Weber)。マックスはマクスィミリアンの省略形である)。同じく社会学者経済学者アルフレート・ヴェーバーの兄である。
社会学の黎明期のコントやスペンサーに続く、第二世代の社会学者としてエミール・デュルケームゲオルグ・ジンメルなどと並び称される。

別訳、世界の大思想(〈12〉ウェーバー)版:
価値判断は、結局のところは、一定の理想にもとづいているのであり、したがって「主観的な」根源をもっているものであるから、そもそもそれにたいしては科学的な討論をばくわえない、ということになるのでは決してない。…
 意味をこめておこなわれる人間の行為の究極の要素を思考によって省察するときはいつのばあいでも、それはまず、「目的」と「手段」の範疇に結びつけておこなわれる。われわれが何かを具体的に意欲するのは、「そのものに固有の価値のため」であるか、それとも、意欲の一番深いところにある目的に役だつ手段としてであるか、そのいずれかである。ところで、とりあえず無条件に、科学的な考察としておこなわれるのは、その手段があたえられた目的にたいして適合したものであるかどうかという問いである。われわれは(われわれの知識のそのときどきの限度内で)われわれの頭にうかぶ日的を達するためには、どんな手段が適しているか、ないし不適当であるかを、正しくきめることができるのであるから、われわれは、このような仕方で、われわれがとりあつかいうる一定の諸手段でもって、特定の目的を一般に達成するチャンスを考慮し、したがってまた、間接的には、目的のたてかたそれ自身をばそのときの歴史的な情況をもととして、実際には意味があるものだとか、あたえられた事情のもとでは意味がないものだとか、批判することができる。

https://itunes.apple.com/jp/book/waido-ban-shi-jieno-da-si/id862363783?mt=11

Max Weber, Die Objektivität sozialwissenschaftlicher und sozialpolitischer Erkenntnis [1/3]
http://www.gleichsatz.de/b-u-t/begin/web152a.html
MAX WEBER

Die "Objektivität"
sozialwissenschaftlicher und
sozialpolitischer Erkenntnis







Max Weber, Die Objektivität sozialwissenschaftlicher und ...


www.gleichsatz.de/b-u-t/begin/web152a.html
Jede denkende Besinnung auf die letzten Elemente sinnvollen menschlichen Handelns ist zunächst gebunden an die Kategorien "Zweck" und "Mittel". Wir wollen etwas in concreto entweder "um seines eigenen Wertes willen" oder als Mittel ...

『学問論論集』(Gesammelte Aufsätze zur Wissenschaftslehre,1922)

Gesammelte Aufsätze zur Wissenschaftslehre : Weber, Max, 1864-1920 : Free Download & Streaming : Internet Archive


  Jede denkende Besinnung auf die letzten Elemente sinnvollen menschlichen Handelns ist zunächst gebunden an die Kategorien "Zweck" und "Mittel". Wir wollen etwas in concreto entweder "um seines eigenen Wertes willen" oder als Mittel im Dienste des in letzter Linie Gewollten. Der wissenschaftlichen Betrachtung zugänglich ist nun zunächst unbedingt die Frage der Geeignetheit der Mittel bei gegebenem Zwecke. Da wir (innerhalb der jeweiligen Grenzen unseres Wissens) gültig festzustellen vermögen,  welche  Mittel zu einem vorgestellten Zwecke zu führen geeignet oder ungeeignet sind, so können wir auf diesem Wege die Chancen, mit bestimmten zur Verfügung stehenden Mitteln einen bestimmten Zweck überhaupt zu erreichen, abwägen und mithin indirekt die Zwecksetzung selbst, praktisch sinnvoll oder aber als nach Lage der gegebenen Verhältnisse sinnlos kritisieren. Wir können weiter,  wenn die Möglichkeit der Erreichung eines vorgestellten Zweckes gegeben erscheint, natürlich immer innerhalb der Grenzen unseres jeweiligenWissens, die  Folgen  feststellen, welche die Anwendung der erforderlichen Mittel  neben  der eventuellen Erreichung des beabsichtigten Zweckes, infolge  des Allzusammenhanges alles Geschehens, haben würde. Wir bieten alsdann dem Handelnden die Möglichkeit der Abwägung dieser ungewollten gegen die gewollten Folgen seines Handelns und damit die Antwort auf die Frage: was  "kostet"  die Erreichung des gewollten Zweckes in Gestalt der voraussichtlich eintretenden Verletzung  anderer  Werte? Da in der großen Überzahl aller Fälle jeder erstrebte Zweck in diesem Sinne etwas "kostet" oder doch kosten kann, so kann an der Abwägung von Zweck und Folgen des Handelns gegeneinander keine Selbstbesinnung verantwortlich handelnder Menschen vorbeigehen, und sie zu ermöglichen, ist eine der wesentlichsten Funktionen der  technischen  Kritik, welche wir bisher betrachtet haben. Jene Abwägung selbst nun aber zur Entscheidung zu bringen, ist freilich  nicht  mehr eine mögliche Aufgabe der Wissenschaft, sondern des wollenden Menschen: er wägt und wählt nach seinem eigenen Gewissen und seiner persönlichen Weltanschauung zwischen den Werten, um die es sich handelt. Die Wissenschaft kann ihm zu dem  Bewußtsein  verhelfen, daß  alles  Handeln, und natürlich auch, je nach den Umständen, das  Nicht-Handeln, in seinen Konsequenzen eine  Parteinahme  zugunsten bestimmter Werte bedeutet, und damit - was heute so besonders gern verkannt wird - regelmäßig  gegen andere.  Die Wahl zu treffen, ist seine Sache. 

 しかしながら、その反面「ヴェーバーの仕事が幅広く、結果として断片的であり、『偉大なトルソー』に終わったということもあって、彼の仕事を全体として評価することは極めて難しい」(12)といった声も確かに聞かれる。けれども、この点は幸い彼の死後夫人のマリアンネによって編集された7部10巻からなる論文集、つまり前出の『宗教社会学論集』と『経済と社会』に加えて、『政治論論集』(Gesammelte politische Shriften,1921)、『学問論論集』(Gesammelte Aufsätze zur Wissenschaftslehre,1922)、『社会経済史論集』(Gesammelte Aufsätze zur Sozial- und Wirtschaftsgeschichte,1924)、そして『社会学、社会政策論集』(Gesammelte Aufsätze zur Soziologie und Sozialpolitik,1924)という形で世に問われている。

マックス・ヴェーバー研究 (Adobe PDF) -htmlで見る
repository.shujitsu.ac.jp/file/.../Shujitsuronso_040_085_101.p...
ここで取り上げるマックス・ヴェーバー(Max Weber,1864-1920)といえば、「社会科学 の. 巨人」(1)とか「現代社会科学の巨人」(2) .... 済と社会』に加えて、『政治論論集』( Gesammelte politische Shriften,1921)、『学問論論集』. (Gesammelte Aufsätze zur ...

マックス・ウェーバー(Max Weber) - 翻訳作品集成ameqlist.com/sfw/weber_m.htm マックス・ヴェーバー表記あり。 ... 職業としての学問』 Wissenschaft als Beruf. translator: .... 政治論集』. Two Volumes; translator:中村貞二(Nakamura Teiji)/他 Publisher:みすず書房(Misuzu Shobo); One:1982/10 ISBN4-622-01762-8; Two: 1982/12 ...

http://nam-students.blogspot.jp/2010/09/blog-post_7474.html
 以下、パーソンズの体系(富永健一作成の図、『人間の条件パラダイム』所収より)

                                        ________
                                        /信託シ/社会的共同体
                                      /ステム/___/ |
                                     / 経済/ 政治/社会システム
                                    /___/___/   |
                                    |   |   |   |
                                    |   |   |   |
                                ____|___|___|___|
                               /    |  /   /|  /|
                              /文化   | /___/_|_/ |
                             /システム  |/   /  |/  |
                            /_______|___/___| 行為システム
                           /       /       /    |
                          /行動システム /パーソナリティ/     |
                         /       / システム  /      |
                        /_______/_______/       |
                        |       |       |       |
                        |       |       |       |
                ________|_______|_______|_______|
               /        |      /       /|  /   /
              /         |     /       / |_/___/
             /          |    /       /  |/   /
            / テリック・システム |   /_______/___|___/
           /            |  /       /    |  /
          /             | /       /     | /
         /              |/       /      |/
        /_______________|_______/_______|     生命システム
       /               /               /
      /               /               /
     /               /               /
    /  物理ー科学システム    /     有機体システム   /
   /               /               /
  /               /               /
 /               /               /
/_______________/_______________/
社会システム/行為システム/生命システムの関係 


以下の図のように()内の哲学者及び著作が対応する。
                                     IIl________IIi
                                       /信託シ/社会的共同体
                                      /ステム/___/ |
                              (マーシャル)/ 経済/ 政治/社会システム
                                 IIa/___/___/(マルクス)
                                    |   |IIg|   |
                             (*パレート)|   |   |   |
                            IL  ____|___|___|___|II
                             (デュルケム)|  /   /|  /|
                              /文化   | *___/_|_/ |
                             /システム  |/   /  |/  |
                            /_______|___/___|行為システム
                           /       /(フロイト) / (実践理性批判)
                          /行動システム /パーソナリティ/     |
                         /(ウェーバー)/ システム  /      |
                     IA /_______/_______/       |
                        |       |    IG |       |
                        |       |       |       |
                ________|_______|_______|_______|I
             L /        |      /       /|  /   /
              /         |     /       / |_/___/
             /          |    /       /  |/   /
            / テリック・システム |   /_______/___|___/
           / (スピノザ、実体)  |  /       /    |  /
          /             | /       /     | /
         /              |/       /      |/
        /_______________|_______/_______|    生命システム
       /               /               /  (スピノザ、老子、
      /               /               /    ヘーゲル?)
     /               /               /
    /  物理ー科学システム    /     有機体システム   /
   / (純粋理性批判)      /  (判断力批判)      /
  /               /               /
 /               /               /
/_______________/_______________/G

社会システム/行為システム/生命システムの関係



上記の図はAGIL(LIGA)図式を採用しているが、ヘーゲル的トリアーデに応用することもできる。
下記は、Lにあたる部分を省略した。
三角形の方が単純でわかりやすい部分もある。
             生命システム            行為システム     社会システム
                ____________________________
               /\                /\        /社会的共同体
              /__\              /__\      /__\
             /\  /\            /\  /\    /社会システム
            /__\/__\          /__\/__\__/経済\/政治\
           /\      /\        /\      /\ 
          /  \    /  \      /  行為システム  \ 
         /    \  /    \    /行動  \  /パーソナリティ
        /______\/______\__/_システム \/_システム_\
       /\              /\             
      /  \            /  \        
     /    \  生命システム  /    \           
    /      \        /      \        
   /        \      /        \        
  /          \    /          \     
 / 物理・科学システム  \  / 有機体システム    \   
/______________\/______________\



パーソンズの体系(富永健一作成の図、『人間の条件パラダイム』所収より)


http://rakudado.net/?pid=52759961
社会的行為の構造 
タルコット・パーソンズ著 全5冊
The Structure of Social Action(原著1937年)
1 総論
2 マーシャル・パレート論
3 デュルケーム論
4 M.ウェーバー論(Ⅰ)
5 M.ウェーバー論(Ⅱ)
タルコット・パーソンズ著/稲上毅・厚東洋輔・溝部明男訳/木鐸社/Ⅰ1989・Ⅱ1986・Ⅲ1989・Ⅳ1986・Ⅴ1989
四六・カバー/Ⅰ202頁・Ⅱ265頁・Ⅲ239頁・Ⅳ246頁・Ⅴ216頁/Ⅰ4刷・Ⅱ1刷・Ⅲ2刷・Ⅳ4刷・Ⅴ1刷

タルコット・パーソンズTalcott Parsons1902年12月13日 - 1979年5月8日)は、アメリカ社会学者。1927年から1973年まで、ハーバード大学で教鞭を執った。コロラド州コロラドスプリングス出身。パターン変数AGIL図式を提唱するなど、機能主義の代表的研究者と目された。ニクラス・ルーマンロバート・キング・マートンなどと並び、第二次世界大戦後、最もよく知られた社会学者の一人である。


社会的行為の構造 総目次 

序文
第二版への序文

第一部 行為の実証主義的理論
第一章 緒言 ☆☆
1 問題の所在
2 理論と経験的事実
3 残余範疇
4 理論、方法論、そして哲学
5 概念の諸類型
付論・「事実」という概念について

第二章 行為の理論
1 行為体系の単位
2 功利主義的体系
3 行為の実証主義的理論
4 経験主義
5 行為理論における個人主義
付論A・「規範的」という概念について
付論B・行為理論体系の諸類型についての図式的概説
付論C・行為理論の関係からみた非主観的範疇の内容
付論D・心理学と生物学の関係について ☆☆☆☆

第三章 行為理論における個人主義的実証主義の歴史的発展の諸段階
1 ホッブスと秩序の問題
2 ロックと古典経済学
3 マルサスと功利主義の不安定性
4 マルクスと階級対立
5 ダーウィン主義
6 極端な実証主義への他の道筋
7 効用
8 進化
〔以上第一分冊〕__________①


第二部 実証主義的伝統からの行為の主意主義的理論の形成
第四章 アルフレッド・マーシャル―欲求、活動および経済学の研究範囲の問題―
1 活動と効用理論 ☆☆☆
2 生産要素の供給
3 実質費用
4 自由な企業
5 社会進化
6 「自然の秩序」
7 経済的動機
8 経済理論の研究範囲の問題

第五章 ヴィルフレード・パレート〈その一〉―方法論と主要な分析図式―
1 方法論
2 論理的行為と非論理的行為
3 残基と誘導論理
4 非論理的行為の二つの構造的側面

第六章 ヴィルフレード・パレート〈その二〉―構造的分析の拡充と検証―
1 パレートと社会ダーウィン主義
2 行為体系の「論理的側面」
3 社会的効用の理論
4 社会体系の非論理的側面
5 再び経済理論の地位について

第七章 ヴィルフレード・パレート〈その三〉―経験的一般化と結論―
1 イデオロギーの問題
2 社会変動の循環
3 力の果たす役割
4 一般的な結論
〔以上第二分冊〕__________②

第八章 エミール・デュルケーム〈その一〉―初期の経験的研究―
1 社会分業論
2 自殺論
3 職業集団と社会主義

第九章 エミール・デュルケーム〈その二〉―社会学的実証主義の方法論―
1 功利主義のディレンマ
2 「社会的」要因
3 集合表象
4 倫理と社会類型

第十章 エミール・デュルケーム〈その三〉―社会統制論の展開―
1 拘束の意味変化
2 倫理的諸困難
3 制度の役割

第十一章 エミール・デュルケーム〈その四〉―最終局面・宗教と認識論―
1 宗教的理念
2 儀礼
3 認識論
第十二章 第二部の要約―行為の実証主義的理論の解体―
1 実証主義の出発点
2 マーシャル
3 パレート
4 デュルケーム
〔以上第三分冊〕__________③


第三部 理想主義的伝統からの行為の主意主義的理論の形成
第十三章 理想主義的伝統
1 方法論的背景
2 資本主義の問題
3 マルクス
4 ゾンバルト

第十四章 マックス・ウェーバー〈その一〉―宗教と近代資本主義―
A プロテスタンティズムと資本主義
1 資本主義の原理的性格
2 資本主義の精神
3 カルヴィニズムと資本主義の精神
付論・理念の役割について

第十五章 マックス・ウェーバー〈その二〉―宗教と近代資本主義(続き)―
B 比較研究
1 中国
2 インド
3 宗教の体系的類型学
4 プロテスタンティズムと資本主義―図式的要約―

第十六章 マックス・ウェーバー〈その三〉―方法論―
1 客観主義
2 本質直感主義
3 自然科学と社会科学
4 理念型と一般化された分析理論
5 経験的証明の論理
6 説明の適合性
7 行為と意味の複合体
〔以上第四冊〕___________④

第十七章 マックス・ウェーバー〈その四〉―体系的理論―
1 社会的行為の諸類型
2 行為の方向付けに関する諸様式
3 正統的秩序、カリスマそして宗教
4 儀礼
5 嗜好の問題
付論・「ゲマインシャフトとゲゼルシャフト」に関するノート


第四部 結論
第十八章 経験的に検証された結論
1 行為の構造に関する要約的定式化
2 検証された結論

第十九章
1 経験主義と分析理論
2 行為の準拠枠
3 行為体系とその単位 @
4 分析的要素の役割
5 行為理論の一般的地位
6 行為科学の分類
7 社会学の位置

解説
参考文献一覧
人名索引
事項索引
〔以上第五分冊〕__________⑤

☆☆ホワイトヘッドの「具体者取り違いの虚偽」説が言及される。1:56頁
☆☆☆三種類の欲望があるとされる。2:20頁

レビュー:
《意味をもった人間の行為の究極的要素について考えてみると、それらはいずれもまず「目的」と「手段」の範疇に結びついている。》(マックス・ウェーバー)
ウェーバー『社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」』からの一節が冒頭に掲げられたパーソンズのこの作品は評価が難しい。個々の作家論を評価しようとすると物足りなかったり間違っているということになる。だが、後年提示された体系を想定すると、行為システムなるものの位置づけがパーソンズの主眼であることがわかり、驚愕することになる。行為システムから見れば主意主義(1:34頁)と対置される主知主義的上昇(普通こちらが強調される)と生物学的な下降の両方があるというのがポイントである。心理学の位置づけ☆☆☆☆が問題だが、これも後に行為システム内に位置付けられる。目的と手段を巡る機能主義的な議論は、ウェーバーよりもカントに接近する中でその後有意義になる。カントに接近することで(ウェーバーに出来なかった)マルクス的唯物論の克服をなしとげるのは柄谷行人と同じである。

多分こういう図が描ける。

    ②マーシャル/\ 
        ↙︎/目的\ 社会システム 
   ②パレート/④  +手段 
      ↙︎/⑤ウェーバー\ 行為システム
③デュルケム/________\  
                  生命システム       
マーシャルの欲望(スペンサーの功利主義が批判される)からはじまり、パレートが(上昇する以上に)下降し、デュルケムがさらに下降し、それらをウェーバーが総合する。
前出のウェーバーの客観性論文は、価値自由(Wertfreiheit)や理念型(Idealtypus)といったタームで有名だが、ドイツ歴史学派の名誉回復を図った側面がある(ドイツ流近代経済学であるメンガー*への反論)。パーソンズは上記書籍で近代経済学を批判したのはその流れだろうが、より重要な方向性としてその後ウェーバーの原理的、機能主義的側面(実はカント的)を発展させたと言える(目的と手段から、適応a-目標g-統合i-潜在性lへ**)。なお、パーソンズの体系はウェーバーと同じく共同研究を思考する中で発展したことが特筆される。
歴史学派にとってのこの不名誉は誰かがすすがなくてはならなかったが、その役を買って出たのがウェーバーだったのである。…この独自の方法論的な意味というのが、「理念型」Idealtypus と「没評価性」Wertfreiheit の二つの概念で表示されるのである。》出口勇蔵、世界の大思想解題より






Amazon.co.jp: 経済学方法に関する研究 (岩波文庫): メンガー



オーストリア学派の始祖カール・メンガー(1840‐1921)の「社会科学,特に政治経済学 の方法に関する研究」の全訳.19世紀末,ドイツの学界を風靡していた歴史学派の方法 に対する峻厳な批判を目標として書かれたものである.経済学方法に関して示された  ...
(ちなみに、現行岩波文庫版ウェーバー客観性論文の解説には、メンガーに関する記述がないので、長文だがよくわからないものになっている。)

経済学説の系譜と論点(岩田年浩作成) http://iwata-yamana.jp/_src/sc750/sansyo_jp.pdf

**




AGIL 図式とは - コトバンク


kotobank.jp/word/AGIL+図式-416733
大辞林 第三版 - AGIL 図式の用語解説 - 〔AGILは,適応(adaptation),目標達成( goal attainment),統合(integration),潜在的パターンの維持(latency)から〕 パーソンズの構造機能主義社会システム論のモデル。適応・目標達成・統合・潜在的 パター...

多分こういう図が描ける。
   
  スペンサー(功利主義)
主知  ②マーシャル/\ 
実証      ↙︎/目的\ 社会システム 
主意 ②パレート/④ +手段 
理想    ↙︎/⑤ウェーバー\ 行為システム
③デュルケム/表象______\  
           (DNAなど)生命システム       
マーシャルの欲望(スペンサーの功利主義が批判される)からはじまり、パレートが(上昇する以上に)下降し、デュルケムがさらに下降し、それらをウェーバーが総合する。

パーソンズの体系は多様性を未来に含む。
5:153頁


ウェーバー、パーソンズはメンガーにいたる功利主義の系譜を、原理的に考察することで、あるいは体系的に位置づけることで相対化した。ウェーバーの所属しパーソンズが結果的に擁護した歴史学派は最近の経済学では系譜として(制度学派の出発点としてしか)考慮されないので、双方の流れを汲む陣営にウェーバーとパーソンズの真意が理解されていない。

ウェーバー客観性論文1904より、メンガーへの嫌み
(メンガーは限界効用の提唱者でドイツ歴史学派を批判した。客観性論文はメンガーへの反論。)
 《抽象理論がかかげられるばあいには、みかけのうえでは、心理的な根本動機からの「演繹」
だけがおこなわれているようだが、実際にはむしろ、人間の文化に関する科学に独特なもので、
ある意味では、それなしにはすまされない、概念構成のひとつのかたちのひとつの特殊なあり
かたが、そこにみられるのである。…
…たとえば、現在の「抽象理論」が今後どこまで展開せられねばならぬかという疑問は、結局に
は、科学的研究の経済の問題でもある。科学的研究にたいしては、ほかに諸問題も解決をせま
って待ちかまえているのが実情なのであるから。「限界効用理論」もまた、「限界効用の法則」
にしたがうというわけである。──》

(ワイド版 世界の大思想Ⅱ-12 ウェーバー 政治・社会論集   二〇一三年十一月三〇日 河出書房新社)

16 Comments:

Blogger yoji said...

多分こういう図が描ける。

     ②パレート/\
         /  \
  ②マーシャル/    \
       /      \
③デュルケム/④⑤ウェーバー_\

マーシャルの欲望からはじまり、パレートが上昇し、デュルケムが下降し、ウェーバーが総合する。

7:18 午前  
Blogger yoji said...

多分こういう図が描ける。

     ②パレート/\
        ↗︎/目 \
  ②マーシャル/ 的  \
      ↙︎/④ + 手段\
③デュルケム/_⑤ウェーバー_\

マーシャルの欲望からはじまり、パレートが上昇し、デュルケムが下降し、ウェーバーが総合する。



多分こういう図が描ける。

     ②パレート/\
        ↗︎/目的\
  ②マーシャル/  +手段
      ↙︎/④ウェーバー\
③デュルケム/_⑤______\

マーシャルの欲望からはじまり、パレートが上昇し、デュルケムが下降し、ウェーバーの価値が総合する。

     ②パレート/\
        ↗︎/目 \
  ②マーシャル/ 的  \
      ↙︎/  + 手段\
③デュルケム/④⑤ウェーバー_\

     ②パレート/\
        ↗︎/目 \
  ②マーシャル/④的  \
      ↙︎/ ⑤+ 手段\
③デュルケム/__ウェーバー_\

     ②パレート/④
        ↗︎/目 \
  ②マーシャル/ 的  \
      ↙︎/⑤ + 手段\
③デュルケム/__ウェーバー_\

7:33 午前  
Blogger yoji said...

多分こういう図が描ける。

     ②パレート/\ 
        ↗︎/目的\社会システム
  ②マーシャル/  +手段 
      ↙︎/④ウェーバー\行為システム
③デュルケム/_⑤______\
                 生命システム

7:45 午前  
Blogger yoji said...

多分こういう図が描ける。
   
  スペンサー(功利主義)
主知  ②マーシャル/\ 
実証      ↙︎/目的\ 社会システム 
主意 ②パレート/④ +手段 
理想    ↙︎/⑤ウェーバー\ 行為システム
③デュルケム/________\  
           (DNAなど)生命システム       
マーシャルの欲望(スペンサーの功利主義が批判される)からはじまり、パレートが(上昇する以上に)下降し、デュルケムがさらに下降し、それらをウェーバーが総合する。

8:02 午前  
Blogger yoji said...

The Structure of Social Action(1937年)
『社会的行為の構造』稲上毅、厚東洋輔訳(木鐸社 1976年)
総論、マーシャル/パレート論、デュルケム論、マックス・ウェーバー論1・2の五分冊)
The Social System(1951年)
『社会体系論』佐藤勉訳(青木書店 1974年、現代社会学大系)
Structure and Process in Modern Societies(1960年)
Theories of Society(1961年)
『社会システム概論』倉田和四生訳(東洋書房 1978年、パート2の序論他の部分訳)
『文化システム論』丸山哲央訳(ミネルヴァ書房 1991年、パート4の序論のみの訳)
Social Structure and Personality(1964年)
『社会構造とパーソナリティ』武田良三監訳 丹下隆一等共訳(新泉社 1973年、フロイトに言及)
Societies: Evolutionary and Comparative Perspectives(1966年)
『社会類型 進化と比較』矢沢修次郎訳(至誠堂 1971年)
Sociological Theory and Modern Society(1967年)(カール・マルクスへの言及を含む。未邦訳)
Politics and Social Structure(1969年)
『政治と社会構造』新明正道監訳(誠信書房 1973-74年。下巻でAGIL図式を解説)
The System of Modern Societies(1971年)
『近代社会の体系』井門富二夫訳(至誠堂 1977年)
The Sociology of Knowledge and the History of Ideas(unpublished, in Parsons Papers, Harvard Archives, 1974-75年)
『知識社会学と思想史』油井清光監訳 土屋淳二、杉本昌昭訳(学文社 2003年)
Social Systems and the Evolution of Action Theory(1977年)
『社会体系と行為理論の展開』田野崎昭夫監訳(誠信書房 1992年)
Action Theory and the Human Condition(1978年)
『宗教の社会学―行為理論と人間の条件第三部』徳安彰ほか訳、『人間の条件パラダイム—行為理論と人間の条件第四部』富永健一ほか著訳、勁草書房 2002年、前者は、ルネ・C・フォックス Renee C. Fox およびヴィクター・リッツ Victor Lidz との共同執筆を含む。後者は単独執筆で、カント主義者を自称)
『社会システムの構造と変化』倉田和四生編訳 (創文社 1984年、1978年来日時の講演録)
共著
Working Papers in the Theory of Action(- with Bales, A.Shils) 1953年)
Family, Socialization and Interaction(- with Bales, Robert Freed, 1955年)
R・F・ベールズ『核家族と子どもの社会化』橋爪貞雄等訳(黎明書房 1970-1972年)、『家族』1981年改題
Economy and Society( - with N. Smelser, 1956年)
N・J・スメルサー『経済と社会―経済学理論と社会学理論の統合についての研究』富永健一訳(岩波書店 1958年)
The American University( - with G. Platt, 1973年)
Zur Theorie sozialen Handelns( - with Alfred Schütz, 1977年)
アルフレート・シュッツ、W.M.スプロンデル編『社会理論の構成 社会的行為の理論をめぐって A.シュッツ=T.パーソンズ往復書簡』佐藤嘉一訳(木鐸社 1980年)『社会的行為の理論論争』と改題 
共編著
The present position and prospect of systematic theory in sociology (1945年).=「社会学における体系的理論の現状と将来」『ギュルヴィッチ、ムーア編二十世紀の社会学第4巻』(誠信書房 1959年)
Toward a General Theory of Action ( - with Schills and Klucklohn, 1951年)=(E・A・シルス)『行為の総合理論をめざして』日本評論新社 1960年、作田啓一、永井道雄、橋本真共訳による部分訳。パターン変数への言及あり)
The Principal Structure of Community, Structure and Process in Modern Society(1960年).=論文「コミュニティの基本構造」『都市化の社会学』(誠信書房、1978年所収)
Death in American society ( - with M.Lidz, 1967年)=(ヴィクター・M・リッツ)論文「アメリカ社会における死」『自殺の病理』(岩崎学術出版社 1972年所収)
American Sociology (a collection of essays edited by Talcott Parsons, 1968年).=『現代のアメリカ社会学』東北社会学研究会訳(誠信書房 1969年)

7:20 午後  
Blogger yoji said...

間宮陽介
市場社会の思想史

は社会学派と限界効用に触れている
個別に記述だが

プルードンに触れていないのが残念

2:06 午前  
Blogger yoji said...

カール・メンガー「限界効用理論」の誕生|めちゃくちゃわかるよ経済学 ...
diamond.jp/articles/-/3003
シュンペーターが第4学期と第5学期を過ごしていた1903年、ウィーン大学教授カール・ メンガーが退官し、名誉教授となった。「限界革命」のオーストリア学派(ウィーン学派)を 先導した経済学者は63歳で一線を退き、以後は没するまで目立った ...
限界効用理論 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/限界効用理論
限界効用理論(げんかいこうようりろん、英: marginal utility theory)とは、限界効用 概念を軸にして形成された経済学上の理論。1870年代にウィリアム・スタンレー・ ジェヴォンズ、カール・メンガー、レオン・ワルラスによって学問体系として樹立した。従来 の労働 ...
限界革命-関連項目
限界革命(げんかいかくめい)とは - コトバンク
kotobank.jp/word/限界革命-60288
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 限界革命の用語解説 - 1870年代,イギリスの W.S.ジェボンズ,オーストリアの C.メンガー,フランスの L.ワルラスらの主著が相次いで 刊行され,経済学の価値論,生産,分配理論などに大きな変革が生じた状況をさす。
辞書別に見る:日本大百科全書(ニッポニカ)-世界大百科事典 第2版-大辞林 第三版

3:49 午前  
Blogger yoji said...

ウェーバー、パーソンズの仕事は
功利主義のひとつである限界革命を

体系内に収めることで相対化する試みだった

3:51 午前  
Blogger yoji said...

ウェーバー、パーソンズの仕事は
功利主義のひとつである限界革命を

体系内に収めることで相対化する試みだった

3:51 午前  
Blogger yoji said...

客観性論文より
ウェーバーのメンガーへの嫌み

経済的な考察のしかたの「一面性」をば、それを一般的な社会経済にまで拡大することによって、なくすることが、科学研究の進歩の課題なのである、などと信じることには、まず次のような認識が欠けている。すなち「社会的なもの」、したがって人間相互の関係という観点は、なんらかの特殊な内容をもった述語がそなわるときにのみ、学問上の問題を限定するのに十分な正確さをもってくるのだという認識が、そこでは欠けているのである。

科学の研究領域の根底にあるものは、「物」の「即物的なあるいは実在的な」連関ではなくして、問題の思想上の連関なのである。


たとえば、現在の「抽象理論」が今後どこまで展開せられねばならぬかという疑問は、結局には、科学的研究の経済の問題でもある。科学的研究にたいしては、ほかに諸問題も解決をせまって待ちかまえているのが実情なのであるから。「限界効用理論」もまた、「限界効用の法則」にしたがうというわけである。──


たとえば「価値」という述語──これは経済学上のかの有名な不肖の子であって、もしそれになにかはっきりした意味があたえられるとすれば、まさに理念型的な意味だけである──あるいは「生産的」だとか「国民経済的


河出12より

5:43 午後  
Blogger yoji said...

ソローモデルはマルサスと比較されるが
ラムゼイモデルはカント的で統整的理念である

5:48 午後  
Blogger yoji said...

ドイツ歴史学にはヴェブレンも入る

無視されがちだが重要だ


https://lh3.googleusercontent.com/-cvsg3wKoaxM/VVOTkzA4QOI/AAAAAAAAufI/RHbxEEwhMsU/s1600/blogger-image--368718010.jpg


5:50 午後  
Blogger yoji said...

客観性論文より末尾


科学はその研究に意味と方向とがさししめされるただ一つのよすがである星をもとめて、すすんでゆく。ゲーテとともにいうならば──

「……新しい願望が目覚める。
女神の永遠なる光が飲みたさに
夜を背にし昼を面にし、
空を負い波に俯して、己は駆ける。」

二四(「……新しい願望が……」) 『ファウスト』第一部、閭門の前、でのことば。鷗外の訳文による。

5:56 午後  
Blogger yoji said...

 抽象理論がかかげられるばあいには、みかけのうえでは、心理的な根本動機からの「演繹」だけがおこなわれているようだが、実際にはむしろ、人間の文化に関する科学に独特なもので、ある意味では、それなしにはすまされない、概念構成のひとつのかたちのひとつの特殊なありかたが、そこにみられるのである。

ウェーバー客観性論文より

6:15 午後  
Blogger yoji said...

ウェーバー客観性論文1904より、メンガーへの嫌み
(メンガーは限界効用の提唱者でドイツ歴史学派を批判した。客観性論文はメンガーへの反論。)
 《抽象理論がかかげられるばあいには、みかけのうえでは、心理的な根本動機からの「演繹」
だけがおこなわれているようだが、実際にはむしろ、人間の文化に関する科学に独特なもので、
ある意味では、それなしにはすまされない、概念構成のひとつのかたちのひとつの特殊なあり
かたが、そこにみられるのである。…
…たとえば、現在の「抽象理論」が今後どこまで展開せられねばならぬかという疑問は、結局に
は、科学的研究の経済の問題でもある。科学的研究にたいしては、ほかに諸問題も解決をせま
って待ちかまえているのが実情なのであるから。「限界効用理論」もまた、「限界効用の法則」
にしたがうというわけである。──》

6:26 午後  
Blogger yoji said...

―(1) “鉄の檻再訪”再訪― (Adobe PDF)
www.gbrc.jp/journal/amr/free/dlranklog.cgi?dl=AMR10-4...
ウェーバーの「鉄の檻」が実はパーソンズの. 誤英訳で、本当は「殻」の意味だったことを 知り、そのイメージが自分の下積み時. 代の記憶と重なって想像力をかきたてられ、「殻」 概念を企業経営の視角として敷. 衍してみようと企図するまでを描く。 キーワード:資本 ...
マックス・ヴェーバー - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/マックス・ヴェーバー

マックス・ヴェーバー(Max Weber、1864年4月21日 - 1920年6月14日)は、ドイツの 社会学者・経済学者である。マックス・ウェーバーと表記されることも .... タルコット・ パーソンズがハイデルベルク留学中に師事した社会...
略年譜-主な業績-著書-伝記・書簡集
報告3 機能主義ーパーソンズとウェーバー - 日本社会学史学会
www.jashs.jp/s2000/2000takagi.html
1)パーソンズからウェーバーへの道を探る:パーソンズは、ウェーバーをどのような方向 において、継受・批判・克服しようとしたのか ... 4 ウェーバーの「鉄の檻」というペシミズム にたいする批判:ウェーバーにしたがえば、官僚制的合理化の進展の結果、「資本主義 ...
戦後日本の社会科学とパーソンズ研究 (Adobe PDF) -htmlで見る
appsv.main.teikyo-u.ac.jp/tosho/ktakagi20.pdf
日本の社会科学を考察し、そのなかに日本におけるパーソンズ研究を浮. かべて、その 特質 ... パーソンズ研究はいまどんな状態にあり、どんな課題に直面しているの. であろ うか。 ..... かつて筆者は、パーソンズとウェーバーが、「鉄の檻」問題をめぐっ. て、 真正面 ...
社会学と市民社会の理念 - So-net
www007.upp.so-net.ne.jp/inuhashi/syakai.htm
最初にパーソンズを、革命に期待することなく自由・平等の理念を実現するための社会 的条件を考え続けた思想家として評価し、次に ... ウェーバーについては、ナチズムを 生みだしかねない近代社会の緊張と不安定性をみた点を高く評価しつつも、「鉄の檻」に 見 ...
Amazon.co.jp: 鉄の檻―マックス・ウェーバー・一つの人間劇: アーサー ...
www.amazon.co.jp/鉄の檻―マックス・ウェーバー・一つの人...
Amazon.co.jp: 鉄の檻―マックス・ウェーバー・一つの人間劇: アーサー・ミッツマン, 安藤 英治: 本.
The Annual Review of Sociology 26: 123-134 (2013) - J-Stage (Adobe PDF)
www.jstage.jst.go.jp/article/kantoh/2013/26/.../_pdf
ばJ・ハーバーマスは、ヴェーバーの同時代診断として「鉄の檻」と「神々の闘争」の双 ... まず2章では「機械的化石化」と「神々の闘争」の対照性に関する先行研究と「鉄の檻」 ... ところがこの比喩表現を「倫理」論文を英訳する際にT・パーソンズが“iron cage”と.
殻 - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社
www.minervashobo.co.jp/book/b108331.html
マックス・ウェーバーの「鉄の檻」は実は誤訳で、本当は「殻」と訳すべきであった ?—— 本書は、この啓示から生まれた。「殻」は、組織が誕生し、育っていく過程では外部から 身を守る盾のような役割を果たすが、成熟期ともなれば、その裏側に ...
ヴェーバーと官僚制 (Adobe PDF) -htmlで見る
archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/SO/.../SO00540L033.pdf
ヴェーバーは官僚制を否定的に捉えていたのだ,という解釈はよく見られるもので. ある。 だが,彼の官僚制に対する ..... 倫理論文」において資本主義を「鉄の檻」に喩えたのも 同様の理由によるであろう。合理的. な制度・組織は一度完成されると ...
ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を解読する ...
www.philosophyguides.org>...>詳細解読コーナー
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』は、社会学者マックス・ヴェーバー( 1864年~1920年)の代表作だ。1905年に発表された。ヴェーバーに ..... 今日では、 禁欲の精神は—最終的にか否か、誰が知ろう—この鉄の檻から抜け出してしまった。 ともかく ...

1:27 午後  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home