土曜日, 8月 06, 2016

黒澤明



http://ameblo.jp/lull-b/entry-10458093343.html

佐藤「ああ、それそれ。その、戦後派ってやつだよ、君は。遊佐もそうかもしれん。君には遊佐の気持ちが分かりすぎるんだよ」

村上「そうかもしれませんね。僕も復員の時、列車の中でリュック盗まれたんですよ」

佐藤「ほおう…」

村上「ひどく無茶な、毒々しい気持ちになりましてね。あの時だったら、強盗ぐらい平気でやれたでしょう。でも、ここが危ない曲がり角だと思って、僕は…逆のコースを選んで、今の仕事志願したんです」

佐藤「うーん…まあ、やっぱりね…」




勘兵衛「勝ったのはあの百姓たちだ。わしたちではない。」


(赤子を受けた)菊千代「こいつは俺だ !…俺もこのとおりだったんだ!…」 


http://www.asahi-net.or.jp/~AN4S-OKD/okyda/eiga/039024.html
赤ん坊を抱く法師。その赤ん坊に手を伸ばす木こり。「何をする。この赤子から肌着まで剥ぐつもりか」「わしのところに子供が6人いる。6人育てるも7人育てるも同じ苦労だ」「私は恥ずかしいことを言ってしまったようだな」「無理もねえ。今日と言う今日。人を疑わずにいられるはずがねえ。恥ずかしいのはわしだ。わしにはわしの心がわからねえ」「いや。ありがたいことだ。おぬしのおかげで、私は生きていくことができそうだ」赤ん坊を木こりに渡す法師。木こりは赤ん坊を抱えて、羅生門を出て雨の上がった外に向かって歩き出すのであった。


http://www.asahi-net.or.jp/~AN4S-OKD/okyda/eiga/039024.html
赤ん坊を抱く法師。その赤ん坊に手を伸ばす木こり。
「何をする。この赤子から肌着まで剥ぐつもりか」
「わしのところに子供が6人いる。6人育てるも7人育てるも同じ苦労だ」
「私は恥ずかしいことを言ってしまったようだな」
「無理もねえ。今日と言う今日。人を疑わずにいられるはずがねえ。恥ずかしいの
はわしだ。わしにはわしの心がわからねえ」
「いや。ありがたいことだ。おぬしのおかげで、私は生きていくことができそうだ」
赤ん坊を木こりに渡す法師。木こりは赤ん坊を抱えて、羅生門を出て雨の上がった
外に向かって歩き出すのであった。


白痴,黒澤明氏は、明治43年3月26日生まれ、東京府荏原郡大井町で、現在の品川区東 大井で生まれています。 ... 

「あの人のように…人を憎まず、ただ愛してだけゆけたら… 私 …
私なんて馬鹿だったんだろう… 白痴だったの…私だわ!」



大野綾子(久我美子)
「あの人のように…人を憎まず、ただ愛してだけゆけたら… 私 …
私なんて馬鹿だったんだろう… 白痴だったの…私だわ!」


と木下惠介. インタビュー 久我美子:「白痴」で私は、自分の役柄にめぐり会えたと思いました. 1994年 臨時 ...

久我美子 - 略歴・フィルモグラフィー -KINENOTE(キネノート)
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/person.aspx?person_id=97207

対談 :久我美子×香川京子 最終回

2000年12月上旬号

対談 :久我美子×香川京子

2000年11月下旬特別号

特別対談 日本の映画監督を語る:久我美子×香川京子

1998年臨時増刊 黒澤明と木下惠介

インタビュー 久我美子:「白痴」で私は、自分の役柄にめぐり会えたと思いました

1994年臨時増刊 竹中直人の小宇宙

「119」キャスト&スタッフ紹介:久我美子

1978年8月下旬号

メモリアル・ポート:久我美子

1959年9月下旬号

グラビア CLOSE-UP:久我美子

1958年1月上旬新春特別号

特別グラビア:久我美子

1956年11月上旬号

特別口絵:久我美子

1956年7月下旬号

座談会 戦後新人俳優の生活と意見:乙羽信子×久我美子×香川京子×三国連太郎×佐田啓二×南博×井沢淳×田中純一郎

1956年1月上旬新年特別号

特別口絵:久我美子

1955年4月上旬陽春特別号

特別グラフィック ポートレート:久我美子

1955年増刊 日本映画大鑑 映画人篇

グラフィック:久我美子

1954年5月上旬号

現代が求める新しいタイプと演技:久我美子

1954年4月上旬春の特別号

グラフィック 映画人クロースアップ:久我美子

1954年2月上旬ベスト・テン発表特別号

「にごりえ」の感想:

1953年増刊 アメリカ映画大鑑 '53-'54年

アンケート ごひいきスタア:久我美子

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home