金曜日, 8月 05, 2016

信用創造:メモ


         (マルクス経済学リンク::::::::::
NAMs出版プロジェクト: 信用創造
http://nam-students.blogspot.jp/2016/08/blog-post_5.html
クルーグマン/マンキュー/スティグリッツ/サミュエルソン:目次
http://nam-students.blogspot.jp/2015/02/httpnam-students.html
NAMs出版プロジェクト: フロー循環図
http://nam-students.blogspot.jp/2015/08/blog-post_38.html#refba


信用創造:

複数銀行による貨幣の拡張
         _________
1ドルの準備金︎ |   ___   |
━︎━━︎━➡︎━━━━━━|銀行1|➡︎┓|
        |  |___| ┃|
        |┏━←━┛   ⬇︎|
        |┃  ___  ┃|
        |┣➡︎|銀行2|➡︎┤| 10ドルの預金貨幣
        |┃ |___| ┣━━━➡︎━━︎━━︎━━━
        |┣━←━┛   ┃|
        |┃  ___  ⬆︎|
        |┣➡︎|銀行3|➡︎┤|
        |┃ |___| ┃|
        |┣━←━┛   ⬆︎|
        |⬇︎ 等々〜10 ┃|
        |_________|

(サミュエルソン、経済学上[原書第11版]16章,319頁,1966,1981,1987岩波書店)

なお、上記図は、独占銀行と同時的拡張という二つの図に書き換えることもできる(16-2図326頁)。こうした信用創造の説明は基礎的かつ重要だと思うが商学に当たると判断されるのか、簡単な貸借対照表まで連記したサミュエルソン(及びマンキューマクロ応用篇)に比べて、それ以外の入門書ではあまり重視されていないように思える。


独占銀行
         _________
        |         |
        |         |
        |         |
        |         |
        |         |
1ドルの準備金︎ |         | 10ドルの預金貨幣
━︎━━︎━➡︎━━━|         |━━━➡︎━━︎━━︎━━━
        |         |
        |         |
        |         |
        |         |
        |         |
        |         |
        |_________|

同時的拡張
         _________
        |   ___   |
       ┏━━➡︎|銀行1|➡︎┓|
       ┃|  |___| ┃|
       ┃|        ⬇︎|
       ┃|   ___  ┃|
       ┣━━➡︎|銀行2|➡︎┤| 10ドルの預金貨幣
1ドルの準備金︎┃|  |___| ┣━━━➡︎━━︎━━︎━━━
━︎━━︎━━➡︎━┤ |        ┃|
       ┃|   ___  ⬆︎|
       ┣━━➡︎|銀行3|➡︎┛|
        |  |___|  |
        |         |
        |  等々〜10  |
        |_________|
参考:
マンキューマクロ経済学(第18章,原著)2:3:7,235~7頁,邦訳第2版217~9頁
http://homepage1.nifty.com/gujyo-economic-res/mankiw/mankiw18.htm


マンキューマクロ応用篇第7章より

     第1銀行の貸借対照表
    資 産      負 債
_____________________
準備 1000ドル |預 金 1000ドル
          |

     第1銀行の貸借対照表
    資 産      負 債
_____________________
準備  200ドル |預 金 1000ドル
貸出金 800ドル |

     第2銀行の貸借対照表
    資 産      負 債
_____________________
準備  160ドル |預 金  800ドル
貸出金 640ドル |


      第3銀行の貸借対照表
    資 産      負 債
_____________________
準備  128ドル |預 金  640ドル
貸出金 512ドル |



最初の預金     =1000ドル
第1銀行の貸し出し =(1-rr)×1000ドル
第2銀行の貸し出し =(1-rr)^2×1000ドル
第3銀行の貸し出し =(1-rr)^3×1000ドル
          ・
          ・
          ・
__________________________
  総貨幣供給   =[1+(1-rr)+(1-rr)^2×1000ドル
           +(1-rr)^3+・・・]×1000ドル
          =(1/rr)×1000ドル

rrは、準備預金率。準備金の各々の1ドルは、(1/rr)ドルを生じさせる。

 《準備のおのおのの1ドルは貨幣の(1/rr)ドルを生じさせます。我々の事例では、rr=0.2です。だから最初の1000ドルは5000ドルの貨幣を信用創造します 銀行システムの貨幣創造の能力は、銀行と他の金融機関では根本的に異なります。我々が第3章で最初に議論したように、金融市場は、経済の資源を将来の家計のために彼らの所得のいくらかを貯蓄したい家計から、将来の生産物に使用するため、資本財を買うために借り入れたいと思っている家計と企業にまで移動する重要な機能を持ちます。貯蓄者から借り手まで資金の移動の工程は金融仲介と呼ばれます。経済における多くの制度は、金融仲介のように行動します。:もっとも顕著な事例は株式市場、債券市場、そして銀行システムです。またこれらの金融制度のうち、銀行のみが小切手勘定のような、貨幣供給の一部である資産を創造する法的権限を持ちます。それゆえに、銀行は直接貨幣供給に影響を及ぼす唯一の金融制度です。》*
マンキューマクロ経済学(第18章)2:3:7
http://homepage1.nifty.com/gujyo-economic-res/mankiw/mankiw18.htm
貨幣供給のモデル
http://hakase-jyuku.com/mankiw/category15/entry85.html

*教学注:総貨幣供給量の算式の導出の最終段階では,無限幾何級数の総和の公式を用いている(乗数を計算するのに用いたのと同じ公式).この結果によると,もし x が -1と1の間の値ならば,
  1+x+x^2+x^3+…=1/(1-x)
となる,この例では,x =1-rr.

______

624:
信用創造についてなんですが、銀行から借り入れ1億したとしますよね。
BIS規制で8%ルールだったと思うんですが
これって銀行には1億のうち8%の自己資本があるという解釈でいいですか?

それで、10年後に利子含めて1億1千万完済したとします。
この時の銀行の儲けは1億1千万ですか?

ぐぐったら、貸した1億は消滅するって意見と、1億1千万が儲けだって意見があって困っています。

利子分だけが銀行の利益になるんですか? 


>>624
銀行も企業なので貸借対照表がある。

左側の資産は、貸出金や銀行自身が持ってる現金や不動産、有価証券(国債など)。
右側の負債および資本は、預金者から預かった預金やその銀行が発行した社債と、自己資本。

自己資本は今までに上げた利益を積み立てたものや、株式の発行で得た資金。

BIS規制(自己資本/資産)は直接的には信用創造を制限しない(と思うたぶん)。
貸出金が増えた分だけ自己資本を増やせればなんとかなる。

貸したお金が結局預金されてまた貸せるという信用創造が無限にならないようストップさせるのは準備率。

銀行の収入は利子(貸出金利)。
また貸出先の企業から元本を返済されると、銀行にとっての貸出金という資産は減少するけど、
現金という資産は増えるのでとんとん。 


最初に融資するときは企業の預金口座に印字するだけ。
銀行にとっては貸出金という資産と、預金という負債が同時に発生。

企業が自分の口座からその預金を引き出せば、
銀行にとっては預金という負債と、銀行の中にあった現金という資産が減る。

引き出された現金は、何かに支払われて結局はどこかの銀行に預金されるので、
経済全体で使用される現金は、売買支払などの取引量に比べて少量で済む。
預金があった銀行では預金という負債が増えつつ、現金という資産も増える。

これが信用創造と言われるゆえん。印字するだけでマネーを増やせる。
少ないマネタリーベース(現金+日銀当座預金)から、
多くのマネーストック(現金+預金)が派生的に創造される。 

>>640
ありがとうございます!


企業が元本を返済すれば貸出金という資産がなくなり、預金という負債がなくなるということでいいですか?

もし企業が倒産した場合、もともと通帳に金額を記載しただけである融資は
かえってこなくても銀行からすれば大した問題ではないと思いました。

銀行の持っている現金を貸したわけではないからです。

この考えは間違っていますか?

間接的な影響としては、取り付け騒動に発展する可能性がありますが、
直接的かつ金銭的な影響は無いように思うのですが。

つまり、融資に関して直接的には銀行側にはリスクがないと思います。 

ーーー

信用創造の本質は又貸しです。
銀行の又貸しは違法ではなく暗黙の了解で許されています。

現代の預金システムは、ただ資産を保管するだけの金庫とは異なります。

預金口座≠金庫

なので預金は実質的に個人が銀行にお金を貸している状況に等しいです。

(その証拠に預金者は利子を貰える)

よって銀行は預金者から借りた金を又貸しすることで信用創造を行います。

みなさんが銀行を金庫としてではなく、
預金(=金を貸す)として利用する限り銀行は又貸しを繰り返します。 

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home