日曜日, 11月 13, 2016

織田信長「大坂は凡そ日本一の境地なり」( 『信長公記』):ブラタモリ#大阪

                 (歴史学日本史リンク::::
織田信長「大坂は凡そ日本一の境地なり」 『信長公記』:ブラタモリ#大阪






「大坂は凡そ日本一の境地なり」

信長公記 巻十三
http://yoshiok26.p1.bindsite.jp/bunken/cn14/pg212.html
宇治橋御見物の事
抑も大坂は、凡そ日本一の境地なり。其の子細は、奈良、堺、京都に程近く、殊更、淀・鳥羽より大坂城戸口まで、舟の通ひ直にして、四方に節所を抱へ、北は賀茂川、白川、桂川、淀・宇治川の大河の流れ、幾重ともなく、二里、三里の内、中津川、吹田川、江口川、神崎川引き廻し、東南は、尼上ケ嵩、立田山、生駒山、飯盛山の遠山の景気を見送り、麓は道明寺川・大和川の流に新ひらき淵、立田の谷水流れ合ひ、大坂の腰まで三里四里の間、江と川とつゞひて渺々と引きまはし、西は滄海漫々として、日本の地は申すに及ばず、唐土・高麗・南蛮の舟、海上に出入り、五畿七道こゝに集まり、売買利潤、富貴の湊なり。


(14)石山本願寺、撤退
そもそも大坂は、日本一の土地である。その理由は、奈良・堺・京都に近く、特に鳥羽・淀(2)から大坂の町口まで舟の交通が直結しており、同時に四方が自然の要害となっている。北は、鴨川・白川・桂川・淀川・宇治川という大河が幾筋にも流れ、また二里(3)、三里の範囲内に中津川・吹田川・江口川・神崎川が流れている。東南から東北へかけて、尼上ガ岳(4)・立田山(5)・生駒山(6)・飯盛山(7)という遠山の景色を見て、その麓には道明寺川・大和川に新開の運河や立田の谷水(8)が流れ込むという具合で、大坂の城の足元まで三里、四里(9)の間は、大小の河川が広範囲に網目のように流れている。西は、広々とした海で、日本の各地は無論、唐土(10)・高麗(11)・南蛮(12)の船が出入りする。五畿七道(13)の産物が集まって売買され、その利潤で潤う経済力豊かな港町である。
現代語訳 信長公記 より

織田信長が天下を統一していたら本拠地を大阪に移していまし... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14108106479?__ysp=5aSn6ZiqIOe5lOeUsOS%2FoemVtyDlpKflnYIg5pel5pys5LiA

可能性は非常に高いと思います。

信長は早くから大坂の地を注目しているようですので。

永禄11年(1568)の上洛後、信長は石山本願寺に対し、5000貫の矢銭(軍資金)を課していますが、この頃はさらに「大坂の石山は日本無双の名城と成すべき地なり」と言って、「貰いかけ」るべく圧力をかけていたようです。

「信長公記」にも、「大坂は凡そ日本一の境地なり」とあります。

石山本願寺がある場所は、京・奈良・堺・西国への水路の交通の要衝であり、高低差のある上野台地によって防衛にも適した土地であることに注目していたのでしょう。信長は商工業の振興と流通の発展に尋常でない思い入れがあり、また南蛮との貿易を促進させるためにも、是非とも大坂の地に本拠地を持っていきたかったと考えられます。

信長は大坂の地が要害の地であるとともに、その立地条件から近代都市への発展の可能性を見通していたと思われます。

ルイス・フロイスは「日本六十六ヶ国の絶対君主となった暁には、一大艦隊を編成して中国を武力で制圧し、諸国を自らの子息に分かち与える考えであった」と叙述しており、信長は天下統一後のビジョンをもっていたようで、場合によっては海外制覇のため、さらに本拠地を移転していたかもしれません。

このことから信長の後継者である秀吉は、信長の政策をなぞっていったといえます。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home