水曜日, 8月 14, 2019

債務ヒエラルキー、貨幣ピラミッド Commons 1934, R. H. Patterson 1865

国家(セサミストリート)                   GND

/シンク           JGP

ケルトンカーブ       完全雇用

貨幣ピラミッド@                     ビーバー

          ╋ 

部門別会計分析   

信用貨幣論

歴史           フクロウ

 


債務ヒエラルキー、貨幣ピラミッド R. H. Patterson 1865

https://nam-students.blogspot.com/2019/08/blog-post_47.html @


コモンズ1934(負債ピラミッド、プルードン)

https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2022/05/1934john-rogers-commons1862-1945.html


コモンズ1934以前の負債ピラミッドという用語の使用を調べている。


(信用貨幣的認識はコモンズで明確になる。コモンズは脱金本位制を視野に入れている)



結論を述べるとR. H. PattersonパターソンThe Economy of Capital or Gold and Trade(1865年。 1864年以前のオリジナル初出は未確認)は後のエクスター(1950年代)などと違い脱金本位制を模索している点で優れている。
政策的にはコモンズより明確だ。再評価されていい。

シアーズは未確認だが趣旨的にはパターソンの方が信用貨幣的で優れている。


George Wilson 1874によると、

Mr. Britton A. Hill 1874?が早いらしい。

Hillの何という書籍かはわからない。

HillのAbsolute Moneyは1875だからもっと古い言及があるのか、初出雑誌があるのか?



Hillはさらに以下を参照。

R. H. Patterson,   R・H・パターソン、Economy of Capital," page 169. 1865

Mr. Charles Sears,チャールズ・シアーズ 未確認

 Stephen A. COLWELL  Ways and Means of Payment", p. 11 and 12. 1859 (ピラミッド言及なし)


https://books.google.co.jp/books?id=rfSQFfMDtZYC&pg=PA11&dq=has+been+most+relied+on,+is+that+of+placing+the+banks+under+stringent+obligations+to+pay+their+currency+on+demand+in+specie.+This+would+be+a+complete+remedy,+if+compliance+were+possible+;+but+that+is+not+the&hl=ja&newbks=1&newbks_redir=0&sa=X&ved=2ahUKEwiV2tjpotz3AhV1tlYBHX2VDpYQ6AF6BAgHEAI#v=onepage&q=has%20been%20most%20relied%20on%2C%20is%20that%20of%20placing%20the%20banks%20under%20stringent%20obligations%20to%20pay%20their%20currency%20on%20demand%20in%20specie.%20This%20would%20be%20a%20complete%20remedy%2C%20if%20compliance%20were%20possible%20%3B%20but%20that%20is%20not%20the&f=false


アレグザンダー1875が

Mr. Charles Sears,チャールズ・シアーズ を引用


Money for All: Or, The Economic Science of Money: National Bank Notes ...

著者: Jesse P. Alexander 1875年




MONEY FOR ALL.

26 

MONEY FOR ALL.

would take the present American monetary sys-

tem-if indeed it can be called a system. We

have but to carry out the gold redemption and

syndicate policy, and America is eternally a

tributary power to European wealth and glory.

It behooves us to be watchful, or we may have to

mourn that our Declaration of Independence was

a farce, and live to see that some of our degener-

ate sons have sold our birthright.

nearly two hundred millions of gold coin in

America to-day, if our call-loan creditors do not

call for it before night, as they have a right to

do; and our citizens owe balances to their Euro-

pean creditors estimated at five hundred millions,

payable in gold, on call.

simply is, that we hold this gold by too preca-

rious a tenure to found a sound financial system

We have

Now our position

In support of the foregoing positions we

upon.

quote from John G. Drew, the following patriotic

utterances: “Nay more, had Mr. Lincoln been

desirous of turning back the hands on the dial-

plate of time, and redelivering us to the slavery

of British Colonism and dependence, and thus

set back the future of all humanity, he in no

other way could so effectually have forwarded

his purpose

did ; for no truth in political economy or in any

thing else is more clearly demonstrated than this:

ANY DEBTOR NATION WHICH BASES ITS CURRENCY,

than by appointing McCulloch as he

AND CONSEQUENTLY ITS PRODUCTION AND COMMERCE,

UPON SPECIE EXISTS FINANCIALLY, PRODUCTIVELY

AND COMMERCIALLY ON THE SUFFERANCE OF ITS CRED-

This is well demonstrated by Mr. Charles

Sears, one of our best political economists :"



26

すべての人に貨幣を。

現在のアメリカの通貨制度-

現在のアメリカの通貨制度-もしそれが本当に制度と呼べるのなら-を取るでしょう。私たちは

金の償還とシンジケートの政策を実行するだけで、アメリカは永遠に支配される。

そうすれば、アメリカは永遠にヨーロッパの富と栄光の従属国になる。

ヨーロッパの富と栄光の従属国となるのだ。

私たちは注意深く行動する必要があります。

独立宣言が茶番であったと嘆くことになるかもしれない。

と嘆くことになるかもしれない。

私たちの生得権を売ったのだ。

今日、アメリカには2億枚近い金貨があります。

今日、アメリカには2億枚近い金貨がある。

夜までに請求する権利がある。

そして、国民はユーロ圏の債権者に5億ドルもの残高を負っている。

国民はユーロ圏の債権者に5億ドルもの残高があります。

金で支払わなければなりません。

しかし、この金塊を保有するには、あまりに慎重すぎる。

健全な金融システムを構築するには、この金の保有期間が短すぎるのです。

私たちは

さて、我々の立場は

上記の立場を支持するものとして、我々は

に基づいている。

ジョン・G・ドリューから、次のような愛国的な言葉を引用します。

を引用する。「もしリンカーンさんが

もしリンカーン氏が、時間の盤の針を戻して、われわれを奴隷制に戻したいと思っていたら

を戻すことを望んでいたなら、私たちはイギリスの植民地支配と依存の奴隷に戻されることになる。

英国植民地主義や依存の奴隷に引き渡し、全人類の未来を後退させようとしたのであれば

全人類の未来を後退させることを望んでいたのである。

他の方法では、これほど効果的にその目的を進めることはできなかったでしょう。

彼の目的

政治経済や他のどんなことにおいても、これほど明確に示された真実はないのですから。

政治経済や他のどんなことでも、これほど明確に示される真実はない。

通貨を基軸とするいかなる債務国も

マッカロクを任命することで

その結果、その生産と商業は

財政的にも、生産的にも、商業的にも、種銭の上に存在する。

商業的に存在するのです。

このことは、わが国最高の政治家であるチャールズ・シアーズ氏がよく証明している。

このことは、最高の政治経済学者の一人であるチャールズ・シアーズがよく証明している。




27


Independently of circumstances and on its Inerits, the Specie Basis' hypothesis is the most disorganizing element that ever obtained place in society, and its ghostly presentiments ought to be laid without benefit of clergy whenever they show in daylight. On this hypothesis our monetary, industrial and commercial systems constitute a large pyramid or cone standing upon its apex. Forty billions of property resting upon six billions of current productions, which rests for its value, upon, say, seven hundred millions of currency, which in turn for its value rests upon two hundred and fifty millions of specie, which, so far

as our possession of it is concerned, depends upon the interest and the good will of our rivals in industry and haters of our political system.

Within the last fifty years pay day has come quite regularly at the end of every ten years.

Something-any one ofa dozen or twenty causes few know what, sets gold flowing out. Fifty millions withdrawn in a short time from their usual place of deposit is quite sufficient to make the whole volume of coin disappear from ordinary commercial circulation as completely as if it never existed. The Metallic Basis' is gone, slipped out ; the pivot of the system is dislocated; somebody wanted it and took it, and the pyramid tumbles down, burying in its ruins three-fourths of a business generation. The creditor class does not, even now, get specie payment of balances from the debtors, but such property as may be in possession, or a list of uncollectable credits. Nor does specie enter into ordinary commercial liquidations, to much extent, at any time. In the im-



状況やその利点とは無関係に スペイシー・ベイスの仮説は、これまでで最も混乱した要素である。社会で最も無秩序な要素であり その幽霊のような予感は、聖職者の恩恵にあずかることなく その幽霊のような存在感は、昼間に姿を見せるたびに聖職者の恩恵にあずかることなく この仮説に基づけば、われわれの月賦は この仮説によれば、我々の貨幣、産業、商業システムは、大きなピラミッドか、その頂点の上に立つ円錐を構成している。400億の財産は、60億の現在の生産物の上にあり、その価値は、例えば7億の通貨の上にあり、その価値は、次に2億5千万の正貨の上にあり、その価値は、我々が所有する限りにおいて、2億5千万の正貨の上にある。

その価値は、2億5000万枚の紙幣に依存しており、その保有に関しては、産業界のライバルや政治体制を嫌う人々の関心と善意に依存しています。

この50年間、給料日は10年ごとに定期的にやってきました。この50年間、給料日は10年ごとに定期的にやってきました。

この50年間、給料日は10年ごとに定期的にやってきて、12や20のうちの何かが、何が原因かはわからないが、金を流出させる。5千万枚が短期間に通常の預金から引き出されるだけで、通常の商業流通から硬貨の全量を、まるで存在しなかったかのように完全に消滅させることができる。金属基盤」が失われ、抜け落ち、システムの軸がぶれ、誰かがそれを求めて奪い、ピラミッドが崩れ落ち、その廃墟にビジネス世代の4分の3が埋没するのである。債権者層は、現在でも債務者から残高の正貨による支払いを受けることはなく、所有する可能性のある財産や回収不能な債権のリストを得るだけである。また、通常の商業的な清算に正貨が使われることは、ほとんどない。このような場合


Specie Basis' hypothesis

種仮説

生物学からの影響


Sears は1873年以前には膾炙されている。


https://books.google.co.jp/books?id=i8JH9NDdGfIC&pg=PA376&dq=charles+sears+pyramid&hl=ja&newbks=1&newbks_redir=0&sa=X&ved=2ahUKEwjWyNzAqNz3AhUzmlYBHaoVDSIQ6AF6BAgIEAI#v=onepage&q=charles%20sears%20pyramid&f=false


https://www.google.co.jp/search?q=charles+sears+pyramid&hl=ja&tbm=bks&sxsrf=ALiCzsZ7VxD6cWf0p_VFPiUJN6MDHQPrCQ%3A1652439342847&ei=Ljl-Yr-fM46w2roP0om2mAw&ved=0ahUKEwi_7qugqNz3AhUOmFYBHdKEDcMQ4dUDCAg&uact=5&oq=charles+sears+pyramid&gs_lcp=Cg1nd3Mtd2l6LWJvb2tzEANQoAhYpRpgoR9oAXAAeAGAAV6IAfcDkgEBNpgBAKABAcABAQ&sclient=gws-wiz-books


ページ

books.google.co.jp › books
1873
次の書籍のコンテンツと一致: – 376 ページ
In this connection we quote Mr. Charles Sears , one of our best political economists : “ Independently of ... “ On this hypothesis our monetary , industrial , and commercial system constitute a huge pyramid or cone standing upon its ...

The Phrenological Journal and Science of Health: ...

books.google.co.jp › books
1873
次の書籍のコンテンツと一致: – 376 ページ
In this connection we quote Mr. Charles Sears , one of our best political economists : " Independently of ... “ On this hypothesis our monetary , industrial , and commercial system constitute a huge pyramid or cone standing upon its ...



The Ways and Means of Payment. A Full Analysis of the Credit ...

books.google.co.jp › books
次の書籍のコンテンツと一致: – 11 ページ
The remedy for these evils which has been most relied on , is that of placing the banks under stringent obligations to pay their currency on demand in specie . This would be a complete remedyif 12 INTRODUCTION . compliance were ...

The Ways and Means of Payment: A Full Analysis of the Credit ...

books.google.co.jp › books
Stephen Colwell · 1859
次の書籍のコンテンツと一致: – 11 ページ
The remedy for these evils which has been most relied on , is that of placing the banks under stringent obligations to pay their currency on demand in specie . This would be a complete remedyif 12 INTRODUCTION . compliance were ...


Absolute Money: A New System of National Finance, Under a ...

books.google.co.jp › books
次の書籍のコンテンツと一致: – 73 ページ
... which has been most relied on , is that of placing the banks under stringent obligations to pay their currency on demand in ... This would be a complete remedy , if compliance were possible ;


以下をウィルソンは参照



Absolute Money: A New System of National Finance, Under a C Unknown Binding – January 1, 1875 


Liberty and Law Under Federative Government, 

by Britton A. Hill  前表紙 Britton A. Hill J. B. Lippincott, 1874 - 263 ページ 0 レビュー


https://www.amazon.co.jp/Liberty-under-federative-government-English-ebook/dp/B07HWPX19K


https://books.google.co.jp/books?id=FSM0QwAACAAJ&dq=Britton+A.+Hill&hl=ja&newbks=1&newbks_redir=0&sa=X&redir_esc=y


books.google.com › books
Britton A. Hill · 1874 · ‎プレビューは利用できません


House documents - 第 16 巻、第 359 巻 - 350 ページ

books.google.co.jp › books
1884
次の書籍のコンテンツと一致: – 350 ページ
For Congress , ninth district , Britton A. Hill , the name Britton A. Hillbeing written immediately at the right of where James O. Broadhead is printed , and across which name , James O. Broadhead , a pencil has been drawn repeatedly ...


The Greenbackers and Their Doctrines

著者: George Wilson 1874


books.google.co.jp › books

books.google.co.jp › books · このページを訳す

George Wilson · 1878

次の書籍のコンテンツと一致: – 32 ページ

He uses the figure of a pyramid . Com . pared with the debt , its specie basis is too small , he says . The small end is down . Therefore , he wants to reverse it , and make the base include the people ...


32

THE GREENBACKERS AND THEIR DOCTRINES.

better off than under the present financial system. Our

products will always bring gold and silver when we have the

products. Absolute money is held up as something better.

It is not possible that the great Absolute plan is thus to

be lacking in the hour of need. The intention, doubtless, is

that the currency issued on the “basis of our total trade and

annual products," is to be in inverse ratio to them,-is

to be based on the lack of trade, and falling off in production.

Each man's share of money will depend on what he does not

raise, instead of what he does raise as at present., The

volume of absolute money is to be "equal to the want of

trade."

CHAPTER XIII.

THE SPECIE BASIS.

"That the pretense of redemption in gold or silver, whether asserted by a government or by a municipal or private corporation,-is of necessity a delusion and an absurdity," says Mr. Hill. He uses the figure of a pyramid. Compared with the debt, its specie basis is too small, he says.

The small end is down. Therefore, he wants to reverse it, and make the base include the people, and all that they have and all that the future holds for them. But we cannot allow his figure of a pyramid. For the sake of argument we will let him say, "frustum of a pyramid with the little end down."

A pyramid is complete. But, by Mr. Hill's own condemnation of society in its present arrangement, he is not entitled to claim more than a frustum of a pyramid. He probably expects to finish it with absolute money. The little end gold and silver; and the upper and larger, is debt. The composition of the structure has much to way to set it up. As a lawyer, Mr. Hill,-and without being lawyers, some of the other Greenbackers,-must know, that, while the small specie end is very solid, the upper, large debt-end, is largely composed of gas. So he fails to convict the "solid men" of the world, and all the governments of com with the proper

32



第十三章

正貨の根拠

「金や銀で償還するという建前は、政府であれ自治体や民間企業であれ、必然的に妄想であり不条理である」と、ヒル氏は言うのです。彼はピラミッドの図を使っている。負債と比較すると、正貨の基盤が小さすぎる、と彼は言う。

小さい方の端が下がっている。そこで彼は、ピラミッドを逆にして、その底辺に国民を、国民が持っているもの、国民が将来手にするものをすべて含ませようと考えている。しかし、彼のピラミッドという図式を許すわけにはいかない。議論のために、「ピラミッドの小端を下げた錐台」と言わせておこう。

ピラミッドは完成している。しかし、ヒル氏自身が現在の社会を非難しているのだから、ピラミッドの挫折以上のものを要求する資格はないだろう。彼はおそらく、絶対的なお金でそれを完成させることを期待しているのだろう。小さな端は金と銀、そして上部の大きな端は負債である。構造物の構成は、それを設置するために多くのことをしなければならない。その構成に大きく関わってくる。弁護士であるヒル氏は-弁護士でなくとも他のグリーンバッカーたちは-、小さな金貨の端は非常に堅固であるが、上部の大きな債務の端は大部分がガスでできていることを知っているはずである。だから、彼は世界中の「堅実な人々」、そして、適切な方法で政府を納得させることができないのだ。

32



コモンズ(『制度経済学』)が負債ピラミッドをマクラウドを論じるなかで自明のものとしている。

(コモンズ1934,邦訳2019#9)


『連邦準備制度理事会月報』1929年7月と12月号の図(「債務のピラミッド 1929年6月29日」邦訳中217頁)という逆ピラミッド?が出典らしい。


制度経済学

Institutional Economics: Its Place in Political Economy, Volume 1

オリジナル1934

https://books.google.co.jp/books?id=dIRXDwAAQBAJ&pg=PT618&dq=debt+pyramid&hl=ja&newbks=1&newbks_redir=0&sa=X&ved=2ahUKEwigprCoo9f3AhWKCd4KHZPlC-8Q6AF6BAgFEAI#v=onepage&q=debt%20pyramid&f=false




books.google.co.jp › books

books.google.co.jp › books · このページを訳す

Sam Sebesta · 2018

次の書籍のコンテンツと一致:

It is upon MacLeod's distinction between the debt market and the commodity market that we are able to build the formula of a Debt Market and a Debt Pyramid, fitting his theory to the Federal Reserve System as of June 29, 1924.


https://books.google.co.jp/books?id=1wFHlGU70ZAC&pg=PA397&dq=1929+debt+pyramid+federal&hl=ja&newbks=1&newbks_redir=0&sa=X&ved=2ahUKEwjvvbiwrNf3AhWAmVYBHXTUDuAQ6AF6BAgIEAI#v=onepage&q&f=false

396~397(邦訳では中216〜217頁):






CHART 7

THE DEBT PYRAMID, JUNE 29, 1929

From Federal Reserve Bulletin, July, 1929, and December, 1929.

"Free Gold" figure by courtesy of the Federal Reserve Board.


https://fraser.stlouisfed.org/title/federal-reserve-bulletin-62/december-1929-20696


https://fraser.stlouisfed.org/title/federal-reserve-bulletin-62?browse=1920s#20690


https://fraser.stlouisfed.org/files/docs/publications/FRB/1920s/frb_121929.pdf?utm_source=direct_download

 上の図自体は見つからないので、データをもらってコモンズが作図したのだろうか?





1934

金準備法案議論?でピラミッドが言及される

https://fraser.stlouisfed.org/files/docs/meltzer/sengol34.pdf





:397


マクラウド

The Theory and Practice of Banking,  1 

著者: Henry Dunning Macleod

1883

https://books.google.co.jp/books?id=3KstAAAAYAAJ&pg=PA257&dq=Dunning+Macleod,+Theory+and+Practice+of+Banking%E3%80%80pyramid&hl=ja&newbks=1&newbks_redir=0&sa=X&ved=2ahUKEwiO6di5n9f3AhWhm1YBHY_kDOAQ6AF6BAgJEAI#v=onepage&q=pyramid&f=false


SALE OF DEBTS IN ENGLISH LAW

257

 It may well excite surprise that a Judge of the legal fame of Lord Blackburn should, in the year 1873, lay down the broad sweeping doctrine that “ A Chose-in action cannot be transferred in law at all " 

It is a principle of law as well established as the Great Pyramid, that if a Creditor directs, or authorises, his Debtor to pay his debt to a third person, and if the Debtor assents to the arrangement, and communicates such assent to the third person, an irrevocable contract is created, which cannot be broken without the consent of all the the parties to it :  and then the third person can sue the Debtor in his own name.


英国法における債務売却

257

 1873年にブラックバーン卿のような有名な裁判官が、「選択的措置は法律上譲渡できない」という広範な教義を打ち出したことは驚きをもって受け止められるかもしれない。

  債権者が債務者に第三者への債務の支払いを指示または許可し、債務者がその取り決めに同意し、その同意を第三者に伝えた場合、取り消し不能の契約が作成され、その当事者全員の同意なしに破棄することはできないというのは、大ピラミッドと同じくらい確立された法の原則である...。そして、その第三者は自分の名前で債務者を訴えることができる。



ハイエクのエッセイでも脚注でピラミッドとマクラウドに言及されている。ただし編集者による追記でハイエク自身によるものではない。


経済学論集

ケイザイガク ロンシュウ

F.A. Hayek [著] ; 小浪充森田雅憲楠美佐子訳


東京 : 春秋社, 2009.4

上には不採用、所収なし。


The trend of economic thinking : essays on political economists and economic history (The collected works of F.A. Hayek, v. 3)"(Routledge, University of Chicago Press, 1991)


https://play.google.com/store/books/details/The_Trend_of_Economic_Thinking_Essays_on_Political?id=QeL4DwAAQBAJ&hl=ja&gl=JP


https://books.google.co.jp/books?id=QeL4DwAAQBAJ&pg=PT4&dq=The+trend+of+economic+thinking+:+essays+on+political+economists+and+economic+history+(The+collected+works+of+F.A.+Hayek,+v.+3&hl=ja&newbks=1&newbks_redir=0&sa=X&ved=2ahUKEwiWx9_2m9z3AhWpmlYBHWGUDtsQ6AF6BAgLEAI#v=onepage&q=pyramid&f=false


THE PERIOD OF RESTRICTIONS, 1797-1821, AND THE BULLION DEBATE IN ENGLAND


12

[This type of banking structure is known in the literature as the inverted pyramid. The Bank of England issues notes using specie as reserves, and the country and London banks issue their own notes using Bank of England notes as their reserves; that is, they 'pyramid' credit on top of the Bank of England. -Ed.]


13 Cf. Henry Dunning Macleod, Theory and Practice of Banking, reprint of its sixth edition (London and New York: Longmans, Green, 1902–-11), vol. 1, p. 508, from which the exact wording given in the text is taken.

Speaking before the parliamentary investigating committee appointed in 1797 in conjunction with the stoppage of the Bank of England's cash payments, S. Bosanquet formulated the rule in these terms: "Whenever there is an influx of Bullion into the country, the Banks have nothing to fear; when a drain takes place from the country, is in general the period for them to be alarmed." (Cf Reports from the Committees of Secrecy, (1797) On the Outstanding Demands of the Bank of England, p. 25. [Reprinted in the Irish University Press Series of British Parliamentary Papers (Shannon, Ireland: Irish University Press, 1968–71), Monetary Policy, General, vol. 1, pp. 23–142. -Ed.])


12

[このような銀行構造は、文献上では逆ピラミッド型と呼ばれている。イングランド銀行は正貨を準備金として紙幣を発行し、地方銀行やロンドン銀行はイングランド銀行券を準備金として独自の紙幣を発行する、つまり、イングランド銀行の上に信用を「ピラミッド化」している。-編]。


13 参考:ヘンリー・ダニング・マクロード『銀行業の理論と実際』第6版復刻版(London and New York: Longmans, Green, 1902-11)第1巻508頁、本文中の表現はここから引用されたものである。

1797年にイングランド銀行の現金支払い停止に伴って任命された議会調査委員会で、S.ボサンケはこの規則を次のように定式化した。「国内への地金の流入があるときは、銀行は何も恐れることはない。国内からの流出があるときは、一般的に銀行が警戒すべき時期である」。(1797年の秘密委員会の報告書「イングランド銀行の未払い金について」p.25参照。[アイルランド大学出版局の英国議会文書シリーズ(Shannon, Ireland: Irish University Press, 1968-71)『金融政策一般』第1巻、23-142頁に再録されている。-編])


追記

債務ピラミッドで有名なものはエクスター(John Exter)によるものらしい。

ただしエクスターは1950年代に図を描いているはず。

株式はなく、goldが頂点。


Financial Crisis Protection John Exter Pyramid
https://sdbullion.com/blog/financial-crisis-protection


Anyone or anything that can't repav debt -- All insolvent thrifts

Much of the $1.3 trillion in bank loan debt of Third World nations

Large segments of the Eurodollar market.

Juak bonds

acceptan

bankers

AAA corporate bonds..US

Commercial

Treasury bills, notes, bonds

Federal Reserve cash

GOLD


John Exter Pyramid Much of the $1.3 trillion in bank loan debt of Third World nations


負債を返済できない人、または何か -- すべての債務超過の金融機関

第三国が抱える1兆3000億ドルの銀行ローン債務の大部分

ユーロダラー市場の大部分


コモンズは以下も言及、


Principles of Political Economy  1883

Sidgwick


https://www.amazon.co.jp/Principles-Political-Economy-Cambridge-Collection/dp/1108037011


https://www.amazon.co.jp/Principles-political-economy-Henry-Sidgwick/dp/B00AUA89YY


https://www.google.co.jp/books/edition/The_Principles_of_Political_Economy/KB9cpRSxTlsC?hl=ja&gbpv=1&dq=Principles+of+Political+Economy++Sidgwick&printsec=frontcover


http://love-and-theft-2014.blogspot.com/2022/05/henry-sidgwick1838-1900.html


~~~~~


:外生的貨幣供給論は商品貨幣論を受け継ぎ単一主義的なマネタリズムを想定するので、アンガス、ヒックス、カルドア、ミンスキー、ムーアのような信用貨幣論及び内生的貨幣供給論の持つ貨幣階層の認識に至らない。
内生的貨幣供給論を一言で言えば、貨幣は借りた時に発生する(=需要に応じて貨幣が供給される)のであって、貨幣プールが元々ありそこから持って来るのではない。

内生的貨幣供給論三派:
ホリゾンダリスト=カルドア、ムーア、貨幣供給量一定、短期
ストラクチャリスト=レイ、貨幣供給量正、市井銀行重視、長期
サーキュレイショニスト=ラヴォア、短期、カレツキやミンスキーに傾倒

Money by Wray 2010 

http://www.levyinstitute.org/pubs/wp_647.pdf

:レイがフォーリー経由で貨幣ピラミッドに言及


Does the rising deficit matter? 
2018/05/11
https://youtu.be/fOirnxb_2UE

HIGHER EDUCATION FUNDING   Stephanie Kelton
2020/05/23
https://youtu.be/SFRtNkTIzH0

MMT-MCT Fields Institute Seminar: Stephanie Kelton 
2012
https://youtu.be/khaypwRG5C0?t=23m
貨幣ヒエラルキー、クナップにも言及。

クナップ

統合政府(consolidated government )再考
https://nam-students.blogspot.com/2019/12/blog-post_98.html

望月慎

貨幣ヒエラルキー

ケルトン教授は2019/7/17来日講演で貨幣、負債ピラミッドについて触れた

債務ヒエラルキー、貨幣ピラミッド
https://nam-students.blogspot.com/2019/08/blog-post_47.html @

アンガス少佐1938 (Major L. L. B. Angas)
ピラミッド認識は以下のラーナーよりはやい。貨幣認識も的確。

ラーナー関連
https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2021/01/1951-lerner.html

https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2021/01/1951.html

ピラミッドの比喩もラーナー1947が早かった

LERNER 1947 https://esepuba.files.wordpress.com/2009/05/lerner.pdf Money as a Creature of the State STOR Abba P. Lerner The American Economic Review, Vol. 37, No. 2,
ピラミッド
ラーナー1947
クリーチャー
There was considerable development of the devices for such economies. Fiduciary issues of currency in addition to that which was backed 100 per cent by gold; fractional backing of currency which stretched gold further; the development of the banking system with the pyramiding of bank money on fractional currency reserves which were in turn backed less than 100 per cent by gold; the use of foreign exchange standards which permitted currency to be used instea…

このような経済を実現するための仕掛けがかなり発達していた。100%金で裏付けられた通貨に加えて、受託者による通貨の発行、金をさらに伸ばした小数通貨の裏付け、100%未満の金で裏付けられた小数通貨の準備金の上に銀行のお金をピラミッド化した銀行システムの発展、通貨の使用を可能にした外国為替基準の使用などです。…

LSE教授、グレゴリー(T. E. Gregory 1890-1970 )の講義からの影響があるらしい。

グレーバー

Ryouji Ishizuka (@ISHIZUKA_R)
階層化システムは「中央銀行貨幣と私的債務証書とが共存する混成的なものであり、「階層化されたピラミッド形態をとった差異のシステム」である。」(アグリエッタ、1982、訳107,179頁)高、1994、207頁。

https://twitter.com/ishizuka_r/status/1317381659340107776?s=21

高英求 貨幣論… 

アグリエッタ、&ルネ・ジラール

ポランニー1957


NAMs出版プロジェクト: トービンのq
http://nam-students.blogspot.jp/2015/10/q.html



_

ものぽーる (@monopole0001)
MMT の債務ピラミッド。債務ヒエラルキーとも呼ばれる。現代における金融システムは、通貨(currency)を最上位としたピラミッド型のヒエラルキーを形成している。中段に銀行預金、下位にノンバンクの債務証書がある。現代の負債構造も、グレーバー の議論と関係しそうですね。 pic.twitter.com/xtDpmcWv5g
ダンカン・フォーリー
https://nam-students.blogspot.com/2019/08/blog-post_47.html


貨幣ピラミッドの指摘はヒックス1977がはやい

《銀行業の発展とともに、この点[債務証書の貨幣化]はより正式なものとなる。金属貨幣を基礎に貨幣の代替物のピラミッドが築き上げられる。》
以下75頁


階層についてはスミスも言及していた(ヒックス1977は鍋島2020もそうだがメソポタミアまで遡るか、レイやマーティンのように中世硬貨価値の切り下げを知らないと商品貨幣を基礎にしてしまう)
Economic Perspectives: Further Essays on Money and Growth (English Edition) Kindle版
John Hicks (著) 形式: Kindle版
その他 2 の形式およびエディションを表示する
Kindle版 (電子書籍) 
¥12,264 
https://books.google.co.jp › books

Further Essays on Money and Growth John Hicks, Sir John Richard Hicks. Fig. ... With generalized borrowing and lending the metallic money assumption is hard to maintain. ... This builds upon the base of the metallic money a pyramid of money substitutes; they gradually become firmer, until finally the transfer of a banker's promise to pay is ... MONETARY EXPERIENCE AND THE THEORY OF MONEY57.

MONETARY EXPERIENCE AND THE THEORY OF MONEY
57
Fig. 1.
_Ceiling
Equilibrium path
Floor
Time
It may well be that as long as we keep to our metallic money assumption, that metallic money is the only means of
payment, the extent of divergence from the equilibrium path that can occur must be very limited; but that is a hard
matter to test, for the rise of the capital market and the rise of banking are developments that historically went
together, and perhaps had to go together. With generalized borrowing and lending the metallic money assumption is
hard to maintain. If it is taken strictly, it implies that all transactions are 'spot transactions-money passing one way
and goods (or services) the other, contemporaneously. Even at a low level of financial development, that can hardly
hold without exception. One of the earliest ways of spending in excess of receipts is by issuing promises to pay. If
goods are delivered now, but payment is only made later, are we to say that the goods have not been sold until they
have been paid for? It is not common practice to do so; yet if we do not do so we must admit that the promise to pay
has become (if only temporarily) a kind of money.
That just becomes more formal with the rise of banking. This builds upon the base of the metallic money a pyramid of
money substitutes; they gradually become firmer, until finally the transfer of a banker's promise to pay is regarded as
closing a transaction. It is unnecessary to go into detail, distinguishing,

indino


経済学の思考法―貨幣と成長についての再論 (日本語) 単行本 – 1985/5/28
J.R.ヒックス (著), 貝塚 啓明 (翻訳)
Monetary Experience and the Theory of Money 1977
貨幣的な経験と貨幣理論


75頁に「貨幣の代替物のピラミッド」
信用貨幣の内生的必然性

内藤によれば
内生的貨幣理論はヒックスの分類に当てはまる
フォンタナ2004い




「貨幣の階層」という考え方について質問です。 こちらのご回答を拝読いたしま...

「貨幣の階層」という考え方について質問です。

こちらのご回答を拝読いたしました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115146314...

いやぁ、はは、、すごいです。笑

なんでこんな物事の捉え方ができるんだ…
と、脱帽でございます。(´゚д゚`)


で、もう少しこれに関して理解を深めたいのですが、

①下記の考え方があっているか。
②素材価値がある場合、貨幣の階層「△」は、どのような形「?」になるか。

という2つについて、ご意見をいただけませんでしょうか?m(__)m


--

①このような考え方であっていますか?
『貨幣を債務として市場で流通させる場合、個々人の債務発行を一括する代理機関(銀行など)が必須であり、そのように代理発行される債務の最終需要者として租税の仕組みも必須となる。』



なぜなら…


まず、
代理機関がなければ個々人の債務のリスクプレミアムをその貨幣の利用市場で毎回いちいち計算しなければならなくなり、それでは支払いや決済が困難。なので代理発行機関が必須。


しかし、
そのような代理発行機関によって貨幣が発行させる場合、その貨幣を受け取る根拠が「誰か(発行代理機関及び、発行代理機関を信用する市場参加者)が受け取ってくれるから」という理由になり、これでは「誰か…」が永遠に続き、貨幣価値が同義反復になってしまい、受け取る根拠として成立しない。
(※もし代理発行機関がなければ、貨幣を受け取る理由は「特定の個人(その債務の発行者)が受け取ってくれるから」となり、貨幣価値の根拠は成立する。)


よって、
同義反復を防ぐために、「最終需要者としての誰か」として「国家」がその役割を担い、その額を租税として、つまりその国の生産力に起因させることで、貨幣を受け取る根拠を成立させることができる。



そんなわけで、
『債務発行代理機関が必須で、かつ租税も必須。』ということになる。


--


②もし素材価値がある貨幣や、金本位制のように「債務貨幣」でなく「資産貨幣」である場合、貨幣の階層はどのような考え方になるのでしょうか?

素材が最上位に位置するかな。と思いましたが、貨幣の額面が素材価値を上回る場合はどうなるんだろう…

と、ちょっとわけがわからなくなってしまいます(;・∀・)


--


以上2つになります。

素人が無理して理解しようとしているのでちょっと意味不明な部分もあるかと思いますが、なんとか、そこをなんとかご理解いただいて(笑)、お手すきの折にご回答いただければ幸甚に存じまする。m(__)m
この「貨幣の階層秩序」という考え方は、
なにもおいらのオリジナルではなくて、
元々はケインズにもあったし、
フランス・イタリアあたりの
サーキュレーショニスト(CT)といわれる人々が
強く主張していたことなんですよね。
そのほかに、アメリカのMMTといわれる人々が
同じような考え方を主張しています。

MMTとCTの違いって、
たくさんあるんですけれど、
最も大きなものが、政府の位置づけでしょうね。
MMTにとっては、民間の行動を一定とすれば
マネーストックを増加させられるのは政府であって、
中央銀行ではない。ベースマネーの残高を
決定しているのも政府であって、逆に
中央銀行は所定のインターバンクレートの下で
国債の流通残高を決定している。租税は
政府の債務として発行されたベースマネーを
回収するための不可欠の機能になる。
CTの場合は、
貨幣(ベースマネー)を発行するのは
金融部門の頂点に立つ中央銀行であって、
政府は金融部門の外部に、企業部門や家計部門と
並ぶ存在として位置付けられている。従って
租税は政府が貨幣財源を集めるための手段であって、
赤字財政とは、政府が中央銀行や金融部門から
貨幣を借り入れている状態になる。

さて、ご質問の①なんですが、
まず、CTの立場に立つなら、
銀行は必須です。しかし、租税は必須ではない。
(もちろん、政府が経済活動を行う上では
必要です。ここで言っているのは、あくまでも
貨幣を流通させるため、ということ。)
逆に、MMTの立場に立てば、銀行も
租税(あるいは、それに代わる貨幣の回収方法)
も必須です。

CTは、次のように考えます。
企業部門は、生産活動を行うためには
まず金融部門から、金融部門の負債(預金通貨)を
調達して、それで賃金を支払うことで
労務者を雇用する。
そうすると、貨幣(金融部門の負債=預金通貨)が
労務者の手許にある間、
生産プロセスあるいは商品は
労務者の預金によって金融されていることになる。
つまり、企業が銀行に負債を負い、銀行は
労務者(預金者)に負債を負っている、ということで
間接的に労務者が商品をファイナンスしていることになる。
そして、労務者(家計)が
商品を購入するとき、
預金通貨が企業部門に戻り、そして
企業の手許に戻った預金が、銀行に対する債務と
相殺される。
この時、
銀行の貸出額+銀行自身の支出
=企業の借入額+銀行への利払い額
=労務者の賃金総額+銀行の金利収入
=労務者の支出額+銀行の支出額
となっていれば、完全にサーキットが閉じることになる。
(経営者の報酬を除く企業の利潤、家計の貯蓄、
企業や銀行の設備投資はゼロ。)この場合、
商品は、必ず貨幣と交換される。
なぜ貨幣が流通するのかといえば、
貨幣が、企業の負債と交換に振出された銀行の負債であり
商品を販売することでこれを回収しなければ
企業が存続できないから。
この場合、貨幣を流通させるために必要なのは
労務者に対して給与支払いできるのは
銀行の負債だけだ、という法的規制だけであり、
租税は必要ないことになる。
銀行は、めいめい自分自身の負債を発行するわけだけれど、
それが流通性を持つためには中央銀行の負債を通じて
相互に決済できるようでなければならない。
こうした循環を核として
政府部門やノンバンク部門があり
手形交換所はあくまでも、銀行が割り引いた企業(またはノンバンク、
政府)の負債を流通させるための場として
位置づけられることになる。

MMTの場合、突き詰めて言えば、銀行は必ずしも
必要ない。最終的に政府のトークンが
交換される手形交換所があれば
それでも純理論的には、何とかなる。政府のトークンを
流通させるためには、租税、あるいはそれに類する
最終需要は必要だが、
これがあれば、政府のトークンがソブリン・マネーとして
あらゆる債務の頂点に立つことになり、
それぞれの債務はこの政府トークンとの交換のしやすさを
基準として割引率が変わることになる。
といっても、これはかなり極端な抽象化で
MMTというより、その原型でもある
カルタリズムといったほうがいいかもしれない。
実際、MMTの中心論点の一つは
政府、中央銀行、銀行間の負債のオペレーションが
実際に、どのようにして現代の貨幣(債務)ヒエラルキー制度を
作り上げているか、ということになります。

おいら自身は、MMTに近いです。租税(あるいは
それに類するもの)は
必ず必要だと考えています。

②そもそも、貨幣の「素材」にどんな意味があるのか、
ということなんですが、 
上記のとおり、貨幣を債務と考えるのであれば、
貨幣の素材は、その債務の担保として考えられます。
つまり、質屋に腕時計や骨とう品を持ち込んで
お金を借りるのと同じようなもんで、
その銀行債務がいざ流通しなくなったときに
その素材分の価値は、とりあえず担保される
というだけのことです。現実にはそこに
刻印する主体の債務として、
その債務者が指定する額面(そして債権者が
要求する割引率)で流通することでしょう。
担保価値の分だけ
その債務証書が割引率を下げてもらえる、ということは
あり得るかもしれません(つまり、
貨幣のヒエラルキーのより上位に移動する)が、
それだけではないでしょうか。
当然、政府がその金貨で納税することを法制化すれば
その素材の価値に関わらず、
額面で流通することでしょう。ヒエラルキーの位置を
決める上で決定的なのは
その素材が何であれ、その債務・貨幣でなければ
納税ができない、とか、賃金を払えない、
債務を決済できない、といった
システム上の決まり事でしょう。

ビットコインのように、発行者がわからない
(債務性がない)貨幣であれば、
素材の価値によって、最低価格が与えられることになりますが、
それって、その貨幣の流通残高が
少なければ素材の市場価値と同じでしょう。
流通残高が大きくなって、
その市場価値を左右するほどになってしまうと、
今度は素材価値の意味があやふやになってしまいます。
その素材に価値があるのから流通しているのか、
流通しているから価値があるのか。

すごく暴力的な想像になりますけどね、
たとえば、銀行が一つしかなく、すべての取引が
その銀行の紙幣で決済されているとし、
そしてその紙幣の発行残高と同額の
金をその銀行が保有しているとして、ですよ、
で、ある時、その銀行が、理由はわからないけれど、
突然、営業を続けられなくなる、
そして、その紙幣をすべて金と交換する、
ということになったとしましょう。
何が起こりますか?
金が、相変わらず貨幣として同じ価格で流通し続けるなら、
紙幣の保有者たちには損失はなく、
平穏でしょう。
しかし、その銀行の紙幣に代わる何か別の
決済手段が登場したら、どうなるでしょうか。
貨幣としては不要になった大量の金が
突然、金市場に出回ることになり、
金価格は急落します。もとの紙幣の保有者は
たとえ金を入手したとしても
それを売却することが出来ず、
困窮するのではないでしょうか。
金本位制を主張する人たちは、
銀行制度が崩壊しても、金の価格が変わらないことを
前提としているように思えます。しかし、
そんなことはあるでしょうか。
金本位制の下で
金の価格がなぜ維持されるのか、と言えば、
中央銀行が所定の価格で金を無限に
購入し続けると約束しているからです。
この約束のもと、金の市場価格が公示価格を
上回れば、紙幣が金と交換され、
金が市場に流通し(実際には、そういうことは
ないのですが)、逆に金の市場価格が
工事価格を下回った時には、
中央銀行がいくらでも金を買い支えることで
金の価格は安定するわけです。
金が貨幣価格を支えているのではなくて
中央銀行が金の市場価格を下支えしているから、
金貨も流通する、というのが
金本位制の実態です。

ただし、
通貨の発行残高が素材である金の量によって
縛られることになってしまう。これは
現代貨幣制度を考える上で大きなマイナスです。
というのは、現代のビジネスは
きわめて柔軟な貨幣制度を前提として成り立っているからです。
実際に、ベースマネーにかぎらず貨幣の量は日々変化しています。
特に建設業などは、当座貸越(入金見合)といった
ごく短期(1日とか2日)の融資に銀行が対応しなければ、
とても維持できないでしょう。
金本位でもなんでもいいですが、
銀行間の決済に使われる
ベースマネーの発行量が実物によって拘束されると、
銀行部門は、毎月末に集中する当座貸越に備えて
一年中、それに対応したベースマネーを
保有していなければなりません。
そのようなことは、とても不可能でしょう。
成長に応じた貨幣の供給というのも
難しくなります。もしも
現代のような信用貨幣制度に替えて
実物貨幣あるいは実物による100%準備貨幣が
法律によってであれ租税制度によってであれ
債務のヒエラルキーの頂点に立つとなると、
すべての債権債務関係が不安定になり、
かえって、価値を維持することは難しくなるのではないでしょうか。
(或いは、それに代わる民間のファシリティーが
開発される?)
いずれにせよ、
銀行間の決済が不確実になり、
決済の遅延、フェイル、あるいはデフォルトがいまより
頻繁となり、経済全体が
不安定化すると思います。

そういう意味では、
金本位制にしろ実物通貨にしろ、
現代の貨幣システムとしては
あまり意味がないと思います。

負債フラクタル:
 _______________________   ___________   _____
|           |           | |     |     | |  |負債|  
|           |           | |     |  負債 | |__家計_|  
|           |           | |     (信用創造)| |個人|個人| 
|           |     負債    | |___民間取引____|_|__|__|
|          (国債発行額=貨幣発行残高) |     |     |
|           |           | | 市中銀行| 企業  |   
|           |           | |     |     |    
|__________統合政府_________|_|_____|_____|
|           |           |     
|           |           |     
|           |           |     
|   中央銀行    |     政府    |
|           |           |
|           |           |    
|           |           |     
|___________|___________|

負債フラクタル:
 _______________________→LETS
|           |     |  |負債|  
|           |負債(信用創造)家計_| 
|           |     |個人|個人| 
|           |___(民間取引)__|
|      負債((国債発行額=貨幣発行残高))
|           (市中銀行)|(企業) |   
|           |     |     |    
|________((統合政府))_|_____|
|           |           |     
|           |           |     
|           |           |     
|  ((中央銀行)) |  ((政府))   |
|           |           |
|           |           |    
|           |           |     
|___________|___________|
Bancor←

四角形はバランスシート的に正確で図を一元化しやすいが、三角の方が統合政府の統合を含意しやすい。



試作、負債フラクタル:   →LETS
               /負債←労働
              /__\             
            個人\家計/個人
            /負債(信用創造)
           /\ 民間取引 /\        
         負債(国債発行額=貨幣発行残高)     
         / 企業 \  /市中銀行\       
        /______\/______\ 
       /\              /\             
      /  \            /  \        
     /    \  統合政府    /    \           
    /      \        /      \        
   /        \      /        \        
  /          \    /          \     
 /     政府     \  /     中央銀行   \   
/______________\/______________\
             バンコール←












試作、負債フラクタル:     ____________________________
               /\                /\        /負債←労働
              /__\              /__\      /__\
             /\  /\            /\負債/\    /\家計/\
            /__\/__\          /(信用創造)\__/個人\/個人\
           /\  負債  /\        /\      /\        
         (国債発行額=貨幣発行残高)     /  \民間取引/  \       
         /    \  /    \    / 企業 \  /市中銀行\       
        /______\/______\__/______\/______\     
       /\              /\             
      /  \            /  \        
     /    \  統合政府    /    \           
    /      \        /      \        
   /        \      /        \        
  /          \    /          \     
 /     政府     \  /     中央銀行   \   
/______________\/______________\

所謂負債ピラミッド、負債ヒエラルキー↓は取引総額(回転率)を考慮したものだが上の負債フラクタル↑は
よりリテラルにヒエラルキーを重視している








債務ヒエラルキー(負債ピラミッド):
       /\
      /  \統合政府の負債
     /____\
    /      \市中銀行の負債
   /________\
  /          \銀行以外の主体の負債
 /____________\

一般にバランスシートの欠点は普遍的すぎてどのレベルのバランスシートか直感的にわかりにくいことである




試作、負債フラクタル:    
                ________________________________
                \              /\              /
                 \    中央銀行    /  \      政府    /
                  \          /    \          /
                   \        /      \        /
                    \      /        \      /
                     \    /  統合政府    \    /
                      \  /            \  /
      _________________\/______________\/
      \      /\      /  \              /  
       \市中銀行/  \ 企業 /    \            /    
        \  /民間取引\  /      \    負債    /     
_________\/______\/       (国債発行額=貨幣発行残高)  
\個人/\個人/  \  負債  /          \      /  
 \/家計\/    (信用創造)            \    / 
労働→負債/      \  /              \  /   
   \/        \/                \/ 






 負債フラクタル:
 _______________________   ___________   _____
|           |           | |     |     | |  |負債|  
|           |           | |     |  負債 | |__家計_|  
|           |           | |     (信用創造)| |個人|個人| 
|           |     負債    | |___民間取引____|_|__|__|
|          (国債発行額=貨幣発行残高) |     |     |
|           |           | | 市中銀行| 企業  |   
|           |           | |     |     |    
|__________統合政府_________|_|_____|_____|
|           |           |     
|           |           |     
|           |           |     
|   中央銀行    |     政府    |
|           |           |
|           |           |    
|           |           |     
|___________|___________|   









該当会計図は削除された?
ZEKE《気になったのは外部から財源、つまり税金の投入が主な財源だと言われてる部分ですが、始まりのお金は誰が渡してくれるのでしょうか?人生ゲームも最初にお金配られますよね^_^?》

Kelton講演資料p.25

___
国債を買うためのお金とは銀行の資産、日銀当座預金ですね。
この日銀当座預金は国債発行時に発行額と同額政府・日銀に吸収されます。
ところが、財政出動すると、 今度は同額の日銀当座預金が日銀より供給されることに。
従って、国債発行+財政出動では国債を買う日銀当預の増減はありません。(下図)

a)政府預金調達
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債  日銀┃政府  国債┃日銀    ┃
  預金┃    当預┃預金    ┃当預    ┃

b)財政出動
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃政府  政府┃日銀  日銀┃預金  預金┃売上
  支出┃預金  預金┃当預  当預┃      ┃(純資産)
(純債務)

a)+b)
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債    ┃    国債┃預金  預金┃売上
  支出┃      ┃      ┃      ┃(純資産)
(純債務)

https://1.bp.blogspot.com/-HwKo2wgaDGs/XWqp3g1kXzI/AAAAAAABm2U/mW7Gim4lGnszJMZ1Df84QYb1InvDyyQuACLcBGAs/s1600/IMG_8053.JPG


ウィル 『奇跡の経済教室』必読! (@HUANWIL)
「財政支出≠通貨発行」「徴税≠通貨消却」という主張だけれど、政府が通貨供給しなければ納税できないという「スペンディングファースト」と「政府と民間の通貨収支」を組み合わせると、「財政支出=通貨発行」「徴税=通貨消却」という事実となるのだ。
MMTはレンズなのだ。
note.mu/prof_nemuro/n/…


429 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (スププ Sd7f-C0+4)[sage] 2019/09/27(金) 11:37:07.35  ID:lnZm76xZd 
先に王様が貨幣を民に配らなければ、王様は民から貨幣を徴税することも借りることもできない。
王様が民から借りたり徴税したりした貨幣の累計は、王様が配った貨幣の累計を越えられない。


三橋TV第139回【視聴すると現代の貨幣の本質が分かるよ】





サーキットセオリー&債務ヒエラルキー

Monetary Circuit Theory (MCT,CT)

1/4 企業の借り入れによる資金調達

 銀行     企業     家計
資産 負債  資産 負債
━━┳━━  ━━┳━━
貸付┃銀行  銀行┃借入
金 ┃預金  預金┃金

2/4 家計への賃金分配&生産資産形成

 銀行     企業     家計
資産 負債  資産 負債  資産 負債
━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
貸付┃銀行  生産┃借入  銀行┃純資
金 ┃預金  資産┃金   預金┃産
       or┃
       在庫┃
      (実物)

3/4 消費財販売(資金回収)と生産資産償却

 銀行     企業     家計
資産 負債  資産 負債  資産 負債
━━┳━━  ━━┳━━  消費財を獲得
貸付┃銀行  銀行┃借入  →消費により解消
金 ┃預金  預金┃金
(生産資産は減価償却、在庫は売上により消失)


4/4 借入金返済

 銀行     企業     家計
資産 負債  資産 負債  資産 負債

   (銀行預金=銀行負債を用いて、
     借入金を相殺=返済)


MMT論争パート2 MMT四天王・望月夜さんと語る
https://1.bp.blogspot.com/-1Gp8VodeNBU/XTcT12iGZ4I/AAAAAAABlpg/-rcY-EghzIcJ2Q0qaip4M6qm1By_inciwCLcBGAs/s1600/IMG_4359.JPG
*ゴドリーのように銀行を政府に置き換えても同じ(フルワイラー、レイなら政府、民間銀行、企業)。それがMMT基本的考え方。
ただし政府と家計は同じではない。政府は貨幣発行権を持つ。


MMTを会計学に過ぎないと言うが、会計学は経済学の基礎にある。会計というより信用貨幣論と言うべきかもしれない。
主流派の経済学は間違った会計学の上に数式を展開させていきた。
自分を騙し、他人を騙し、決して責任を取らない。代表的個人には倫理的な他者が不在だ。



債務ヒエラルキー


  債務ヒエラルキー(決済ヒエラルキー)

       /\政府のIOU(借用証書)
      /  \
     /    \銀行のIOU
    /      \
   /        \メインバンクのIOU
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)
2019/6/14立命館大学経済学会セミナーシリーズ


レイはミンスキーを援用している

ミッチェル9:145参照




#9:144~5関連
#9MMT: economics for an economy focussed on meeting the needs of mostpeople
figure9.1 The Minsky - Foley pyramid
              /\High powered money
             /  \   
            /    \
           /      \
          /        \  
         /          \ Bank money
        /            \
       /              \  
      /                \
     /                  \ 
    /____________________\Other liabilities
The Minsky - Foley pyramid High powered money Bank money Other liabilities






ミンスキー1986#10
284 第10章 資本主義経済での銀行業 
…いるからである.マネタリスト・アプローチも標準的ケインジアン・アプローチも, とも`こ, 貨幣が制度自勺な取り扱い力,ら全く独立に識芳けさ′Lうるとイ反定している。しかし本当は,何が貨幣であるかは経済の作用によって決定されるのである。そして通常,貨幣は階層構造を成しており,異なった諸目的に各々特定の貨幣手段が対応している。貨幣は単にファイナンスの過程の中から生起するというだけで`まない。相異なる多数の種類の貨幣が経済には存在する。つまり,誰でも貨幣を創造することができる.問題は,それを受け入れさせることである.
銀行および金融機関のポートフォリォ選好が,相異なるタイプの資本資産に対する資本化率と, さまざまな投資に対する融資条件とを決定する。われわれの世界は,異質な資本資産,大がかりな金融を必要とする生産技術,おょび事業と金融にかんする多様な組織形態とによって特徴づけられている.このような世界では,金融上の有利あるいは不利が,生産における有利,不利を相殺することもありうる。つまり生産技術の_Lで成功したとしても,それが金融面における有利さを大きく相殺してしまうのであれば,そのような成功は技術的に劣勢になりうる。われわれの経済を理解するには,批判的で,謹直な観察を銀行機能に向ける必要がある。経済の不安定性を誘発し増幅させるものは,ある崩壊的な力である。たとえそれが,投資および経済成長の金融にとって本質的な要因であるとしても.銀行事業銀行業とは,貨幣貸付ではない。貸付を行うためには,貸し手は貨幣をもっていなければならない。基本的な銀行活動とは,ある者が信用するに足るということを受諾する,つまり保証することである.債務証書を受領することによって,銀行は債務者の意思・能力にかかわらず特定された支払をなすことに同意するのである。 このように銀行によって`受領ないしは裏書された手形は,その後公開市場で販売されるようになる.銀行貸付とは,銀行が受諾した手形を銀イ千/_ヾ購買することに等しい。

金融不安定性の経済学―歴史・理論・政策 単行本 – 1989/1


ケルトン教授は2019/7/17来日公演でこのピラミッドに触れた




牙 龍一:脱財政再建!増税して通貨消滅やめろ! (@kiba_r)
MMTに関して、以下の3項目の概念は合意すべき濃い部分

OMF(明示的財政ファイナンス)
spending first(預金より政府支出が先)
IRMA(利子率維持勘定)

JGPは内容がハッキリしてないから、現時点での合意はムリだろう

https://twitter.com/kiba_r/status/1161877830814162944?s=21

R.レイのMMT入門 第三章第一節 国の通貨建てのIOU

(第七節の紹介に向けてぼちぼちと。原文を載せていませんが、どこかで意味が通らなかったら翻訳ミスの可能性が高いのでお気軽にご指摘いただきたく)

第三章 国内の金融システム:銀行と中央銀行


 第一節 国の通貨建てのIOU ←いまここ
 第二節 決済と債務ピラミッド
 第三節 金融危機における中央銀行のオペレーション:最後の貸し手
 第四節 銀行のバランスシート、銀行の貨幣創造、銀行間決済
 第五節 外生金利と量的緩和
 第六節 中央銀行と財務省の共同オペ、そのテクニカルな詳細
 第七節 財務省の債務オペレーション
 第八節 中央銀行と財務省の役割についてのまとめ

「現代貨幣」制度(ケインズが言ったように「少なくとも4000年前」のものも含まれる)とは、主権者がある一つの貨幣を定めその単位で納税義務を課す形の国定貨幣制度を指す。主権者は国民が納税に使う通貨を発行することができる。この章では現代貨幣制度のオペレーション分析に戻り国定貨幣単位におけるIOU(訳注:借用証書。”I owe you”)の運用を調べよう。
3.1 国の通貨建てのIOU
政府のIOU 
これまでの章で、資産や負債は、政府によって選ばれ徴税メカニズムを通じて強制力を付与された貨幣単位で評価されるということを確認した。変動相場制の場合、政府は独自IOUすなわち独自通貨を持ち、それは「不換」である。不換とは、通貨を貴金属や外貨または他のものと交換する約束を政府はしていないという意味だ。政府が約束するのは政府に対する支払い(主として納税だが、手数料や罰金の支払いなども)を自身のIOUで受け入れることだ。これは必要かつ基本的な約束だ。IOUの発行者はIOUによる支払いを受け入れなければならない。 政府が税の支払いに政府自身のIOUを受け入れると約束している限り、政府のIOUには需要があることになる(少なくとも納税のため需要、普通はさらにその他の用途の需要も出てくる)。
一方、政府が求めによって(外貨または貴金属に)交換することを約束している場合(兌換)、政府負債の保有者は、それらへの交換を要求することができるということになる。 これはある意味、政府の通貨を一般に受け入れやすくする面がある。と同時に(先に論じたように)政府には交換を約束した外貨または貴金属を準備しておく必要が生じる。兌換の場合、皮肉なことに、通貨を受け入れてくれる者は多くなるかもしれないが、通貨の発行を増やすと交換の需要に応えられなくなる可能性が高まる。
このため兌換通貨の場合は政府が発行する通貨の量には限界がある。もし通貨の持ち主が政府による交換ができなくなるかもしれないと疑い始めたら、対応して政府が外貨や貴金属の準備を十分に獲得する道筋を立てない限り(保持して置く分と、準備の貸出分のため)ゲームオーバーになる。この対応ができないと、交換の約束を放棄(デフォルト)せざるを得なくなりかねない。デフォルトが迫っているという噂は通貨の取り付け騒ぎを誘発する。そうなったら準備を100パーセント確保する以外にデフォルトを避ける方法はない(あるいは、それらを持っている誰かに頼み込む)。
その地域でその通貨の需要を確実なものにするために、通貨が兌換でなければならないわけではない。すでに述べた通り、政府が課税徴収することができさえすれば、少なくともその通貨にはいくらかの需要が確実にあることになる。ここで必要なのは税をその通貨で支払わせるようにすることだ。この「税の支払い手段として受け入れる約束」がその通貨の需要を引き起こすのに十分な条件ということになる。
民間のIOU
同様に、民間のIOU発行者もまた、自分への支払い手段として自身の負債を受け入れることを約束している。たとえば銀行から住宅ローンを借りている人は、その銀行の預金口座の小切手を切ることで、元本および利息分を支払うことができる。このように銀行は自らのIOUを自分への支払い手段として受け入れている。
現代の銀行システムでは小切手清算システムが運用されているので、国内の別の銀行の預金口座からの小切手による支払いも受け入れられる。こうして誰でも、国内のどの銀行の口座からでも、小切手を切ることで債務返済の支払いをすることができる。小切手清算システムが多銀行の間の決済を調整してくれるのだ(このことは次の節で詳しく見る)。ここで重要なのは、政府が自身の負債(通貨)を自身に対する負債(税金負債)の支払い手段として受け入れるのとちょうど同じように、民間銀行は自身の負債(預金からの小切手)を自身に対する負債(過去の貸出)への支払い手段として受け入れるという点だ。
レバレッジ
政府と民間銀行には大きな相違点が一つある。銀行は普通、自身の負債を別の形に交換することを約束している。あなたは現金払い買い物の時に、銀行預金からの小切手で支払うことができる。これは「小切手の現金化」と呼ばれるものだ。あるいはATMを使い自分の銀行預金から現金を引き出すこともできる。このどちらの場合も、銀行のIOUが政府のIOUに交換されている。銀行は預金を「需要に応じて」交換する約束(普通預金や当座預金)する場合と、一定期間後に交換する約束(定期預金やCDと言われる譲渡性定期預金)をする場合がある。
この交換業務を行うため銀行は、ある程度の、それほど多くはない量の通貨を金庫に保管している。もしそれで足りなくなりそうになったら警備付きトラックの派遣を中央銀行に要請する。銀行は基本的に大量の現金を持っていたくはないし、通常はその必要もない。現金を多く持ちすぎていると銀行強盗に狙われやすくなるという理由もあるが、持ちすぎないことの一番の理由は、持っていることにコストがかかることだ。目に見えやすいコストとして金庫やガードマンの費用があるが、重要なのは、通貨を準備し持っておくこと自体が利益を生まないという点だ。それを誰かに貸し出して資産の形にしておけば借り手から利息を受け取ることができる。以上のように銀行は通貨準備を「レバレッジ」している。債務としての預金の量と比べ、準備金という形持っている通貨の量はかなり少ない。(セクション3.4では銀行のバランシートを分析する。)
預金者たちが預金を大量に現金に変えようとしてこない通常時はこれで何の問題もない。ところが多くの預金者が同じ日に換金しようとして来る場合、銀行は中央銀行から通貨を獲得してくる必要に迫られる。
極端な場合、銀行に取り付け騒ぎが起こった時に中央銀行が最後の貸し手として準備預金を供給するということもある。このとき中央銀行は自らのIOUを銀行のIOUと交換(担保として引き取る)するのだが、銀行の資産である準備預金に中央銀行からの振り込みがなされ、中央銀行はその銀行のIOUを資産として保持する形になる。現金が銀行から引き出される時に、銀行が中央銀行に置いている準備預金は同額引き落とされ、預金者の口座からも引き落とされている。こうして現金は(もともとの)預金者に持たれることになり、つまり銀行の負債(預金)だったものが中央銀行の負債(通貨)に振り替わったことになる。
次のセクションでは、中央銀行の準備預金を用いて民間銀行同士がどのように互いに決済しあっているかの話題に進む。そこでは債務の「ピラミッド」という議論が展開される。現代経済の中では債務がピラミッド型にレバレッジしていく。通常、負債は、債務ピラミッドでより上位に位置している負債と交換できるという約束で発行されている。この連鎖は最終的には中央銀行、つまり政府の銀行にまで行き着く。


R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ピラミッド

(ぼちぼちと進めております。この節は旧版の教科書とかなり被っていますね。図を入れたのが自慢です(^^)/)
2 決済と債務ピラミッド
「銀行は準備預金を貸し出している」、あるいは、「銀行は貸し出しをする前に準備預金を必要とする」という考え方は認めることができないが、銀行が相互決済のために準備預金を使っているというのは本当だ。準備預金とは、銀行が金庫に持っている現金と中央銀行への預金との合計のことだ。銀行が創出した様々な預金は、部分的には求めがあればすぐに現金または準備預金に転換する約束をしているものだが、銀行が持つ準備預金(ハイパワードマネー)は預金の総額に比較してかなり少額だ。これは一種の「レバレッジ」と言っていい。いつでも通貨または準備預金と交換すると約束しているIOUの量に比して、少量の通貨しか保持していないという運用だからだ。このため民間のIOUには、同時に大量の現金との交換を求められる「取り付け」が起こりうる。銀行はそこまでの量の準備預金は持っていないので、中央銀行は交換が成立するように「最後の貸し手」として自身のIOUを貸し出すことにより、取り付けを止めなくてはならなくなる。このような介入についてはこの本で再び扱う。この節では、銀行間の決済と、政府のIOUを頂点とした債務ピラミッドという概念を論じる。
決済がIOUを消滅させる
銀行は政府のIOUを使って決済を行い、そのために幾分かの現金を金庫に、そして(より重要)中央銀行に準備預金を持っている。さらに、必要に応じもっと多くの準備預金にアクセスすることができる。他の銀行から借りたり(銀行間オーバーナイト市場と呼ばれる。米国ではthe fed funds market)、中央銀行から借りることができるのだ。
現代の金融システムでは、各銀行が必要な通貨と準備預金を確保し、銀行間の決済、そして各銀行の預金者たちの口座の決済をするためのプロシージャが構築されている。第一銀行が第二銀行あての小切手を受け取ると、第一銀行は中央銀行に対し、第二銀行の準備預金から自行の準備預金に振り替えの依頼をする。現代ではこれは電子的に行われる。ここで、第二銀行の資産が減少(準備預金から引き落とされる分)し、負債(当座預金)も同額減少するということに注目。同様に、預金者がATMから現金を引き出すと、銀行の資産(準備預金)が減少し、預金者へのIOU(預金)が同額減少する。
企業もまた自分の口座決済するために銀行の負債を使う。例えば小売業者は商品を卸売業者から受け取る際、一定の期間内に(通常は30日)支払うという約束になっているのが普通だ。卸売業者はそのIOUをその期間が終わるまで、つまり小売業者が銀行口座からの小切手で支払いをするまで保持する(最近は銀行口座間の電子送金が増えている)。卸売業者が保持していた小売業者のIOUは、この支払いがなされた時点で相殺される。
卸売業者が支払期日までの期間を待てないこともある。そのような時、卸売業者は小売業者のIOUを割り引いて(つまり小売業者から期日に受け取る金額よりも安い金額で)売ることもできる。この、小売業者が約束の期日より早く現金化しようとするための割引は利息をもたらす。
通常この割り引かれたIOUの買い手は金融業者だが、この行為は「IOUを”割り引く”(ディスカウント)」と言われる(中央銀行の「割引窓口(ディスカウント・ウインドウ)」というのはこれが語源だ。米国の中央銀行は民間銀行から社債-企業のIOU-を割り引いて購入する)。
通貨をピラミッドとして捉える
民間の金融債務は政府の貨幣単位で評価されているだけではなく、最終的には政府通貨に転換される。
すでに論じたように、銀行は負債を通貨に転換することを公に約束している(普通預金ならば直ちに、定期預金なら時間を置いて)。民間企業は自己の口座の決済に主として銀行の負債を用いる。これは基本的に、決まった期日に「小切手で支払う」ことにより(契約次第だが)、自己の負債を銀行の負債に転換することを約束しているということだ。このため企業は銀行に支払いのための預金を置くか、預金の入手手段を持っておく必要がある。
物事はさらに複雑で、支払いサービスを提供するさまざまな金融業者(非金融業者が金融サービスを提供することも)が存在する。これらの業者は企業に代わって支払いをするのだが、その際これら「ノンバンク系金融機関」(別名「シャドウバンク」)の間では銀行の負債を使った決済がなされる。その銀行は政府の負債を使って決済を行う。
こうして貸し手と借り手の間の口座決済には、最終的には中央銀行の帳簿決済に至る「六次の隔たり」がある(多くのレバレッジ層がある)ということもありうる。
このことを、中央銀行から何段階離れているかによる層で構成される「債務のピラミッド」と考えることができる。下の図を見よ。一番下の層は家計のIOUで、それを持っているのは他の家計だったり、製造業者だったり、銀行やその他の金融機関だったりするだろう。重要なポイントは、家計は通常、債務で上位層にある(通常は)金融機関が発行する負債によって決済をしているということだ。
その一つ上の層は製造業の企業群で、それらの企業の負債を持っているのは主としてピラミッドにおいてより上の層に位置する金融機関で(家計や他の企業に持たれている分もあるとはいえ)、ほとんどの決済はそれらの金融機関によって発行された負債を用いてなされる。
その上が銀行以外の金融機関だ。これらの決済は、さらに上の階層に位置する銀行の負債によってなされる。ピラミッドの頂点の一つ下が銀行で、政府の負債によって決済を行っている。
最後、ピラミッドの最高位は政府で、それより高位の債務は存在しない。
ピラミッド型になっているのには理由が二つある。一つ目は、一般的に高い位置に位置している者が発行した負債ほど受け入れられやすいということだ。いくつかの観点から、信用度の高さが異なっているといえる。(独立政府の不換の負債は信用リスクがない。ピラミッドの上位から銀行、銀行以外の金融機関と下って行って、最後家計のIOUに下がっていくにつれてリスクは高くなっていく。絶対の規則というわけではないが)
第二に、各層の負債は上位層の負債をレバレッジしている傾向がある。この意味で、ピラミッド全体は少ない量の政府債務からレバレッジでできていると言える。少なくとも金融先進的な経済においては、ピラミッドの下に行くほど多量の負債が存在しているのが普通だ。
しかし兌換通貨の場合はピラミッドの頂点に政府通貨が位置しない。政府は需要に応じて通貨を固定の交換比率で別のもの(金や外国通貨)と交換することを約束しているので、その「別のもの」がトップに来る。このことの帰結はすでに論じたとおりで、政府は通貨が交換されるであろう量の当該物を準備しておかなければならない。このことは、政府が完全雇用や強い経済成長といった目標を達成するために使える政策の制約になり得るが、その話題は第五章になる。
このピラミッドはシンプルに作ったものだ。銀行をいくつかの異なるカテゴリーに分類することもできるし、「ノンバンク」のところを企業と家計に分けるといろいろな場合に有益だ。あるいは銀行のIOUとそれ以外の金融機関のIOUを分ける線を引いても構わない。おそらく一番有益なのは、中央銀行に直接アクセスできる銀行とそれ以外の銀行を区別することだろう。
また、構図から次のことが見えてくる。ピラミッドの下の方で何かの問題が起こると(例えば、中央銀行に直接アクセスできないシャドーバンクで)どうなるか?世界金融危機(GFC)で起こったのはまさにこれだった。下層で発行されるIOUは、一定の条件で銀行のIOUと交換できるという条件で発行される。それは結局は政府(中央銀行の準備預金)のIOUと交換できるということにつながる。何か問題が起こったとこにはノンバンクやシャドーバンクは銀行に融通(ノンバンクのIOUに対しての融資)を求める。そして銀行は中央銀行に同じことをする。ところが、景気の見通しが悪いときに銀行は融資しない。かくしてノンバンクは約束を果たせなくなる。2007年暮れの流動性危機はこのようにして始まった。最終的に米国準備制度理事会は、事実上誰に対しても貸し出しをするという決断に至った。投資銀行やその他の「シャドー」銀行部門、さらにはハーレー・ダビッドソンのような非金融企業や外国の中央銀行に対しても。
またピラミッドの概念は、誰かのIOUの支払いに使えるのは誰のIOUだろうかを考えるときに有益だ。
自分のIOUを自分のIOUで返済することはできない(それではまだ借りている)。 それができるのは主権政府だけだ(前に議論したように、女王に5ポンド紙幣を渡しても、彼女は別の5ポンド紙幣をくれるだけだ。彼女はまだ借りている。裁判を起こしてもそれ以外は出てこない!)。 あなたがあなた自身のIOUを返済するときは、誰か別の主体のIOUを使う。これを第二者のIOU、第三者のIOUと言う。(第一者はあなた自身、第二者はあなたへの貸し手、第三者は無関係の主体)。自分自身のIOUを「決済」するとき、ビラミッドの下の方の主体は銀行のIOUを通常使い、そして銀行は政府のIOUを使う。


3,4,5

本当のMMTのエッセンス(?): R.レイのMMT入門 第三章第六節

すみませんこれ余りに有益と思うのでこの部分だけゲリラ的に。この次の3.7節とか最高なんですけど、まずここを見ないと。
6.中央銀行と財務省の共同オペ、そのテクニカルな詳細:FEDの場合
ここまで政府支出、徴税、国債の一般的な事例について説明した。その要点はこうだった。政府が支出を行う際、誰かの銀行預金とその銀行への準備預金への記帳が同時に行われる。徴税は、ちょうどこれと正反対の操作で、銀行預金とその銀行の準備預金が引き落とされる。国債の販売では銀行の準備預金から引き落とされる。
財務省と中央銀行の口座を「政府口座」として統合すると一番シンプルに説明できるので便利ではある。しかし、現実世界はもちろんもっと複雑だ。中央銀行と財務省は別々に存在していて、定まった業務手順が採用されている。さらにその操作には制約が課されている。一般的で重要な制約は次の二つだ。 (a)財務省は中央銀行に預金口座を持ち、支出の際にはここから引き出さなくてはならず、(b)中央銀行が財務省から直接国債を購入することと、財務省に貸付を行うこと(これは財務省の預金を直接増加させることになる)が禁じられている 。
ご多分に漏れず米国もこの両方の制約を持っている。この節では、FEDと米国財務省における複合的な操作の手順を見ていこう。スコット・フルワイラーはこの論点にについて一番詳しい経済学者の一人だ。以下の議論は下で引用する彼の説明に依っている。より深く知りたくなった読者は彼の論文に当たるとよい。彼はストック-フロー一貫アプローチを用い、明示的に結論を示している。
ではまず最初に、単純な統合政府(中央銀行+財務省)の例で政府支出の帰結を見てみよう。それを踏まえて現代米国の実例に進もう。 ここでは簡単なT字勘定を用いる。一部の読者には多少の忍耐が必要かもしれないが、これを理解すれば、ここまでこの教科書に出てきた事例をバランスシートを使って学ぶのに役立つだろう。(注:以下のバランスシートは部分的なものだ。何が起こっているかを示すための最低限の項目についてを載せている。)まず、政府が税を課してジェット機を購入する場合をケース1aとして示す。
図3.1 ケース1a:政府は納税義務を課した上で、民間銀行の口座に振り込むことでジェット機を購入
政府はジェット機を、民間のジェット機販売者は預金を獲得している。売り手の純資産は税金義務によって減少し、政府の純資産は増加することに注意せよ(とどのつまり、税の目的とはこれだ。リソースを政府に移管する)。民間銀行は準備預金を得ている。
さて、税が支払われる。このとき納税者の預金と銀行の準備預金からの引き落としがなされる。
図3.2 ケース1aの最終ポジション
政府が「均衡予算」として徴税して支出する場合の帰結は、ジェット機を政府部門所有に移動させ、民間部門の純資産を減らすということになっている。政府はジェット機のようなリソースを獲得するという「公共の目的」を達成するために金融システムを使っているというわけだ。
では次に、政府が赤字財政支出するときは何が起こるかを見てみよう(混乱しないでほしいのだが、税が不必要と論じているわけではない。「税が貨幣を駆動する」と説明したとおりだ。つまりこの場合税制度は別に存在するが、このジェット機は追加の徴税なしで買おうと政府は決めたというわけだ。)
下のように、ジェット機は政府に移動するが、赤字財政支出の場合は民間部門に純金融資産(準備預金)が創出されたことになる(ジェット機の売り手は政府の金融負債である準備預金と同額の預金を保有)。ここで銀行は準備預金をそれだけ余分に持つことになる。銀行としては金利を得たいので、政府は国債を売ってこれに対応する(目標金利を維持するための金融政策の一環として国債が売却される)。
図3.3 ケース1b:赤字財政支出が民間に純資産を創出
図3.4 ケース1b:最終ポジション
純金融資産に変化はないが、準備預金ではなく国債という形態になっている。ケース1aと比較すると、民間部門がだいぶ幸せな状態だ。民間全体の総資産は変わらないまま、実物資産(ジェット機)が金融資産(政府への債権)に形を変えている。
ところが、ああ、これでは簡単すぎる。政府は赤字支出の前に国債を売らなければならないと自分自身を縛ろうと決めていたのだった! そこで下は、銀行が国債を買って政府の預金に入金されたときのバランスだ。
図3.5 政府は赤字支出の前に国債を売っておかなければならない
図3.6 政府が民間銀行に小切手を切ることでジェット機を購入
銀行は、ジェット機の代金分を政府預金から引き落とし売り手の預金に振り込む。最終的なポジションは以下のようになる。
図3.7 ケース2の最終ポジション
これはケース1bと全く同じであることに注目せよ。赤字財政支出に先立って国債を売っても、民間銀行が国債を買い政府が預金から小切手を切るならば、結果は何も変わらない。
ところがさてさて、これでもはまだまだ単純すぎる。では政府の両足も縛ってしまおう。政府は中央銀行以外に持つ口座から小切手を切ることができないという制約を加える。最初のステップ、政府は民間銀行に国債を売って民間銀行の口座に預金を得た。
図3.8 財務省は中央銀行の口座からしか小切手を切れない
そこで財務省はジェット機を買う前にその預金を中央銀行の口座に移しておく必要がある。
図3.9 財務省は中央銀行の口座に預金を移す
財務省が預金を移すときに、移される民間銀行がそのための準備預金をあらかじめ保持しているとは想定できないので、中央銀行が民間銀行に準備預金を貸し出す(あとで見るようにこれは一時的なもの)。さあここまで来てようやく財務省は中央銀行の口座に預金を得たのでジェット機を買う小切手を切ることができる。
図3.10 財務省がジェット機を購入
財務省が支出をすると、それは民間銀行の準備預金に振り込まれるので、民間銀行は中央銀行から一時的に借りていた準備預金を返済することができる。(民間銀行のバンスシートの資産側準備預金に入金し、それと同時に借りていた準備預金が返済として引き落とされる様子を載せることもできるが、図をシンプルに保つために省略した)。最終的なポジションはこうなる。
図3.11 ケース3の最終ポジション
驚いたことにCase 2 や Case 1b と全く同じだ!政府の両手を後ろに縛り、両足を縛っても何も変わらないのだ。
さて、以上はまだ単純化した思考実験だった。米国の現実では、これがどのように行われているだろう。実際、財務省は民間銀行と連邦準備制度の両方の口座を保持しており、小切手を書くことができるのは連邦準備制度理事会だけで、財務省から国債を直接購入することは禁止されている(そして財務省の口座は当座貸越はできないとされている)。 民間銀行にある財務省口座の預金は(ほとんど)税収から来ている、その預金で小切手を切ることはできない。 したがって財務省は、支出する前に預金を民間銀行から移転する必要があり、納税額が低いときには預金を得るために国債を売却する必要が出てくる。次の節では、その実際の手順を見ていく。 警告:うんざりだぞ。



7,8





























IOUとは - コトバンク


kotobank.jp/word/IOU-418371
大辞林 第三版 - IOUの用語解説 - 〔I owe you.(私は君に借りがある)という文のごろ合わせ〕 借用証書。






























買掛金 - Wikipedia

ja.wikipedia.org/wiki/買掛金
買掛金(かいかけきん、英: accounts payable)とは、掛け取引によって商品を購入した場合に代金を支払う義務(債務)をいう。





























買掛金(かいかけきん)とは - コトバンク

kotobank.jp/word/買掛金-42165
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 買掛金の用語解説 - 仕入先との通常の取引に基づいて発生した営業上の代金の未払 ...





























仕入でよく使う買掛金の基本から応用まで解説します | アクシグ

aqcg.jp>ホーム>物販
2019年1月17日 ... この際、仕入れが計上されるタイミングは以下の通りです。 前提として、自社が仕入先に対して ...





























買掛金(かいかけきん)とは何か|会計ソフトはフリーウェイ

freeway-keiri.com/blog/view/101
買掛金とは、代金を後払いで仕入た場合の仕訳で使う勘定科目です。掛けで仕入れる、 ツケで仕入れる、と様々な表現方法が ...





























売掛金・買掛金とは?仕訳はどうしたらいい?時効はある?|スモビバ!

www.sumoviva.jp>スモビバ!>トレンド&TIPS
2018年12月7日 ... 商売をするときに「売掛金(うりかけきん)」という言葉を聞かないことはありません。売上と売掛金は似ているよう ...

       /\
      /  \
     /    \  
    /______\
   /\      /\
  /  \    /  \   
 /    \  /    \ 
/______\/______\


duncan foley monetary pyramidで検索しています。duncan foley nonetary pyranidで再検索。
Working Paper No. 647 Money - Levy Economics Institute of Bard ...(Adobe PDF) -htmlで見る
www.levyinstitute.org/pubs/wp_647.pdf
(2) Money is always debt; it cannot be a commodity from the first proposition because, if it ...... lower in the pyramid use the IOUs issued by entities higher in the pyramid to make .... Foley, Duncan. 1989.

http://www.levyinstitute.org/pubs/wp_647.pdf
Money by L. Randall Wray
Levy Economics Institute of Bard College
December 2010



Foley, Duncan. 1989. “Money in Economic Activity.”
in John Eatwell, Murray Milgate, and Peter Newman (eds.), The New Palgrave: Money. New York and London: W.W. Norton.
https://www.amazon.co.jp/Money-New-Palgrave-John-Eatwell/dp/0393027260



Foley は p.250でPyramid という単語を使っているだけだった

『Money』1989年
Duncan編


D.Foley


経済活動におけるお金
より社会的に受け入れられるように、国家は金銭で商品金を支払わなければならない
システム、およびの抽象的な単位で特定のものを支払う必要はありません
アカウントシステムは個々のエージェントに違いをもたらしません。商品でも
お金のシステム、その負債があるエージェントのピラミッドの開発
許容度が異なると、システム内のほとんどのエージェントが
お金の商品自体。国家が厳しい状況に直面する危機の時のみ
負債の金銭への交換可能性を維持することが困難
商品、お金の商品はの金融決定に影響します
個々のエージェント
国が発行した通貨など、社会的受容性の高い負債、または
個人の支払い手段として銀行預金が優先される場合があります
トランザクション、ただし、ほとんどすべての商品生産社会で他の負債
重要な支払い機能も実行します。たとえば、承認された法案
民間トレーダーの交換は、広く受け入れられている手段として頻繁に流通しています
資本主義社会の企業間の支払い。さらに、負債の発行者
高い受容性のあるエージェントは、エージェントが
他の資産よりも低い収益率を支払います。これらの負債の発行者ができる場合
銀行が
国が支援する中央銀行は、彼らが支払う利子を制限することができます
最小限の負債。場合によっては、この最小値がゼロに達する可能性があるため、
最も社会的に受け入れられている負債はゼロ金利を支払います。エージェントは続けます
支払いとして広く受け入れられるため、これらの負債を資産として保有し、
そして、彼らが非常事態に備えて非常によく役立つので
エージェントは借りることができません
社会関係としてのお金の性質のこの検査から、私たちは次のことができます
お金の議論の基礎となるいくつかの重要な結論を引き出し、
経済活動。まず、お金の形の価値、
特定の商品は、生産の組織に固有のものです
交換。第二に、お金の出現は同時に起こる
交換自体の成長。第三に、金銭的価値は普遍的
商品生産の特徴、お金の形態は多様であり、
変化。特に、経済主体の負債、または支払う約束
お金の商品の代わりに役立つことができ、お金の代わりを取ることができます
すべての商品。

第四に、お金の商品があるかないか
許容度が異なる負債の階層が発達する傾向があります。
このピラミッドの1つのレベルのエージェントに対する支払いには、負債の配送が必要です
次のレベルのエージェントのこのピラミッドの存在はかなりを作成します

経済活動の資金調達における柔軟性。
お金と経済活動の関係は両側です。お金のフォーム
価値のあるものは、経済活動の特定の組織を反映しています
商品の生産。経済活動の資金調達に役立つ負債は
経済活動自体の資金調達の過程で作成されました。この観点から
お金は経済活動を反映するものであり、
金融現象は、独立した開発によって決定されます
250

Money in Economic Activity
more socially acceptable the State has to pay in gold in a commodity money
system, and does not have to pay any particular thing in an abstract unit of
account system makes no difference to the individual agents. Even in a commodity
money system, the development of a pyramid of agents whose liabilities have
different degrees of acceptability insulates most of the agents in the system from
the money commodity itself. Only in periods of crisis, when the State faces severe
difficulties in maintaining the convertibility of its liabilities into the money
commodity, will the money commodity influence the financial decisions of
individual agents
Liabilities of high social acceptability, like currency issued by the State, or
bank deposits, may come to be preferred as the means of payment for individual
transactions, though in almost all commodity producing societies other liabilities
also perform important payment functions. For example, endorsed bills of
exchange of private traders have often circulated as widely accepted means of
payment among firms in capitalist societies. Furthermore, the issuers of liabilities
of high acceptability find that agents are willing to hold them even when they
pay a lower rate of return than other assets. If the issuers of these liabilities can
exercise some monopoly power, as banks organized under the leadership of a
State-sponsored central bank can, they will restrict the interest paid on their
liabilities to a minimum. This minimum may in some cases reach zero, so that
the most socially accepted liabilities pay a zero interest rate. Agents continue to
hold these liabilities as their assets because of their wide acceptability as payment,
and because they serve very well as a reserve against the contingency that the
agent will not be able to borrow
From this examination of the nature of money as a social relation, we can
draw several important conclusions on which to base a discussion of money and
economic activity. First, the money form of value, value separated from a
particular commodity, is inherent in the organization of production through
exchange. Second, the emergence of money takes place simultaneously with the
growth of exchange itself. Third, while the money form of value is a universal
characteristic of commodity production, the forms of money are diverse and
changing. In particular, the liabilities, or promises to pay, of economic agents
can serve in place of a money commodity, and can take the place of the money
commodity altogether. Fourth, whether there is or is not a money commodity
there tends to develop a hierarchy of liabilities of different degrees of acceptability.
Payment for agents at one level of this pyramid requires their delivery of liabilities
of agents at the next level up. The existence of this pyramid creates considerable
flexibility in the financing of economic activity.
The relation between money and economic activity is two-sided. Money forms
of value are a reflection of the particular organization of economic activity through
commodity production. The liabilities that serve to finance economic activity are
created in the course of financing economic activity itself. From this perspective
it is tempting to argue that money is a reflector of economic activity, and that
monetary phenomena are determined by the independent development of
250





#32:548 MMT, The Euro and The Greatest Prediction of the Last 20 Years Posted on July 8, 2012 by Stephanie Kelton By L. Randall Wray
https://nam-students.blogspot.com/2019/08/mmt-euro-and-greatest-prediction-of.html


    ペッグ制  クローリング  クローリング
共通通貨 (固定相場制)   ペッグ制   ·バンド制  完全な変動相場制
(通貨同盟)
                       
  ←為替固定的      為替制度·通貨制度        為替変動的→

カレンシーボード制   固定バンド制         管理変動相場制
        

完全な変動相場制

管理変動相場制
クローリング·バンド制
クローリングペッグ制
為替固定的
為替制度·通貨制度
為替変動的
固定バンド制
ペッグ制(固定相場制)
カレンシーボード制
共通通貨(通貨同盟)

*一般に、為替変動的であるほど金融財政政策の制約は弱くなり、為替固定的であるほど金融財政政策の制約は強くなる。



https://1.bp.blogspot.com/-QdBw09623H0/XUffvnIx_hI/AAAAAAABl48/epntQzVszGA4-N_quc7du5Laa_ZgYwsTACLcBGAs/s1600/IMG_5436.PNG


_

2020/10/3
「MMTの真髄を知る」第2回 井上、望月
https://youtu.be/iiROxIsMiL0
17:00
https://i.imgur.com/Iw6Ncgx.jpg





73 Comments:

Blogger yoji said...

  債務ヒエラルキー(決済ヒエラルキー)

       /\政府のIOU(借用証書)
      /  \
     /    \銀行のIOU
    /      \
   /        \メインバンクのIOU
  /          \
 /____________\

8:24 午後  
Blogger yoji said...


キーン115
ミンスキー「原理的に言って、いずれの単位もマネーを創出できる~~ただ問題はそれを受け取らせることだ」1986p86

(2008) [1st. Pub. 1986]. Stabilizing an Unstable Economy. McGraw-Hill Professional, New York. 『金融不安定性の経済学』

5:46 午前 削除
Blogger yoji さんは書きました...
#10:284頁


誰でも貨幣を創造することができる.問題は,それを受け入れさせることである.

7:52 午後  
Blogger yoji said...

同じ批判を繰り返すのは他者が不在だから
他者が不在なのは主流派経済学の特徴
彼らは信用貨幣論が理解出来ない
簿記、会計学というよりも貨幣論か


MMT gang (@KF0612)
2019/08/13 22:00
リアルビジネスサイクルは代表的個人、ロビンソン・クルーソー1人居れば成立するけど、サーキット
セオリーは貸借関係なので最低でも主体が2人必要。

7:48 午後

7:55 午後  
Blogger yoji said...

791 名無し名人[] 2019/08/16(金) 12:07:30.17 ID:jYhESr9s
AIは対戦相手ではなく教育システム
菫さんに合ったカリキュラムをAIが作っていくべきだ

8:08 午後  
Blogger yoji said...

通貨のピラミッド構造

  負債のピラミッド

       /\政府の負債
      /  \
     /    \銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している
ミッチェル9:145参照

https://twitter.com/shavetail/status/1167776186216222720?s=21

国債を買うためのお金とは銀行の資産、日銀当座預金ですね。
この日銀当座預金は国債発行時に発行額と同額政府・日銀に吸収されます。
ところが、財政出動すると、 今度は同額の日銀当座預金が日銀より供給されることに。
従って、国債発行+財政出動では国債を買う日銀当預の増減はありません。(下図)

a)政府預金調達
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債  日銀┃政府  国債┃日銀    ┃
  預金┃    当預┃預金    ┃当預    ┃

b)財政出動
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃政府  政府┃日銀  日銀┃預金  預金┃売上
  支出┃預金  預金┃当預  当預┃      ┃(純資産)
(純債務)

a)+b)
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債    ┃    国債┃預金  預金┃売上
  支出┃      ┃      ┃      ┃(純資産)
(純債務)
https://1.bp.blogspot.com/-HwKo2wgaDGs/XWqp3g1kXzI/AAAAAAABm2U/mW7Gim4lGnszJMZ1Df84QYb1InvDyyQuACLcBGAs/s1600/IMG_8053.JPG

4:05 午後  
Blogger yoji said...

通貨のピラミッド構造

  負債のピラミッド

       /\政府の負債
      /  \
     /    \銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している
ミッチェル9:145参照

https://twitter.com/shavetail/status/1167776186216222720?s=21
国債を買うためのお金とは銀行の資産、日銀当座預金ですね。
この日銀当座預金は国債発行時に発行額と同額政府・日銀に吸収されます。
ところが、財政出動すると、 今度は同額の日銀当座預金が日銀より供給されることに。
従って、国債発行+財政出動では国債を買う日銀当預の増減はありません。(下図)

a)政府預金調達
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債  日銀┃政府  国債┃日銀    ┃
  預金┃    当預┃預金    ┃当預    ┃

b)財政出動
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃政府  政府┃日銀  日銀┃預金  預金┃売上
  支出┃預金  預金┃当預  当預┃      ┃(純資産)
(純債務)

a)+b)
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債    ┃    国債┃預金  預金┃売上
  支出┃      ┃      ┃      ┃(純資産)
(純債務)
https://1.bp.blogspot.com/-HwKo2wgaDGs/XWqp3g1kXzI/AAAAAAABm2U/mW7Gim4lGnszJMZ1Df84QYb1InvDyyQuACLcBGAs/s1600/IMG_8053.JPG

4:07 午後  
Blogger yoji said...

通貨のピラミッド構造 (三橋資料参照)

  貨幣ピラミッド

       /\統合政府の負債
      /  \
     /    \市中銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している
ミッチェル9:145参照

https://twitter.com/shavetail/status/1167776186216222720?s=21
国債を買うためのお金とは銀行の資産、日銀当座預金ですね。
この日銀当座預金は国債発行時に発行額と同額政府・日銀に吸収されます。
ところが、財政出動すると、 今度は同額の日銀当座預金が日銀より供給されることに。
従って、国債発行+財政出動では国債を買う日銀当預の増減はありません。(下図)

a)政府預金調達
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債  日銀┃政府  国債┃日銀    ┃
  預金┃    当預┃預金    ┃当預    ┃

b)財政出動
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃政府  政府┃日銀  日銀┃預金  預金┃売上
  支出┃預金  預金┃当預  当預┃      ┃(純資産)
(純債務)

a)+b)
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債    ┃    国債┃預金  預金┃売上
  支出┃      ┃      ┃      ┃(純資産)
(純債務)
https://1.bp.blogspot.com/-HwKo2wgaDGs/XWqp3g1kXzI/AAAAAAABm2U/mW7Gim4lGnszJMZ1Df84QYb1InvDyyQuACLcBGAs/s1600/IMG_8053.JPG

8:54 午後  
Blogger yoji said...

ミンスキー
金融不安定性の経済学

ミンスキー1986#10
284 第10章 資本主義経済での銀行業
…何が貨幣であるかは経済の作用によって決定されるのである。そして通常,貨幣は階層構造を成しており,異なった諸目的に各々特定の貨幣手段が対応している。貨幣は単にファイナンスの過程の中から生起するというだけで`まない。相異なる多数の種類の貨幣が経済には存在する。つまり,誰でも貨幣を創造することができる.問題は,それを受け入れさせることである.

5:41 午前  
Blogger yoji said...

ミンスキー
金融不安定性の経済学

ミンスキー1989^1986#10
284 第10章 資本主義経済での銀行業
…何が貨幣であるかは経済の作用によって決定されるのである。そして通常,貨幣は階層構造を成しており,異なった諸目的に各々特定の貨幣手段が対応している。貨幣は単にファイナンスの過程の中から生起するというだけではない。相異なる多数の種類の貨幣が経済には存在する。つまり,誰でも貨幣を創造することができる.問題は,それを受け入れさせることである.

5:42 午前  
Blogger yoji said...

Minsky, H. (1957) „Central Banking and Money Market Changes‟, Quarterly Journal of Economics 71 (2): 171-187.

5:48 午前  
Blogger yoji said...

ケルトンの貨幣ピラミッドは家計を入れて四分割
https://1.bp.blogspot.com/-NVCcXjOlHv4/XVTX0pzV6OI/AAAAAAABmVQ/lDL2tynwP0ces1SuxTSaPPvADDhnnCLAwCLcBGAs/s1600/IMG_6466.PNG

5:17 午後  
Blogger yoji said...

duncan foley monetary pyramidで検索しています。duncan foley nonetary pyranidで再検索。
Working Paper No. 647 Money - Levy Economics Institute of Bard ...(Adobe PDF) -htmlで見る
www.levyinstitute.org/pubs/wp_647.pdf
(2) Money is always debt; it cannot be a commodity from the first proposition because, if it ...... lower in the pyramid use the IOUs issued by entities higher in the pyramid to make .... Foley, Duncan. 1989.

http://www.levyinstitute.org/pubs/wp_647.pdf
Wray
Money
by
L. Randall Wray
Levy Economics Institute of Bard College
December 2010
Foley, Duncan. 1989. “Money in Economic Activity.”
in John Eatwell, Murray Milgate, and Peter Newman (eds.), The New Palgrave: Money. New York and London: W.W. Norton.
https://www.amazon.co.jp/Money-New-Palgrave-John-Eatwell/dp/0393027260

Duncan K. Foley - Wikipedia
en.wikipedia.org/wiki/Duncan_K._Foley
Duncan K. Foley (born June 15, 1942) is an American economist. He is the Leo Model Professor of Economics at the New School for Social ... (1976–1981), and of ''Journal of Economic Behavior and Organization'' (1989–2014), and on the ...

Duncan K. Foley ON MARX'S THEORY OF MONEY The Theory of ...(Adobe PDF) -htmlで見る
www.laure-van-bambeke.ovh/textes.../1983-Foley.pdf
Duncan K. Foley, "On Marx's Theory of Money", Social Concept 1(1), 5-19, 1983. Duncan K. Foley. ON MARX'S ...... elimination of gold as the apex of the pyramid of promises to pay. The state instead ...
Duncan K. Foley - Cruel.org
cruel.org/econthought/profiles/foley.html
Major works of Duncan K. Foley ... "Optimal Fiscal and Monetary Policy and Economic Growth", with M. Sidrauski and K.
The Inherent Hierarchy of Money - IEOR Columbia (Adobe PDF) -htmlで見る
ieor.columbia.edu/.../Mehrling_P_FESeminar_Sp12-02....
Prepared for Duncan Foley festschrift volume, and ... Always and everywhere, monetary systems are hierarchical. .... help to visualize the hierarchy as a symmetric pyramid rising on a ...
The hierarchy of money. - Levy Economics Institute of Bard College(Adobe PDF) -htmlで見る
www.levy.org/pubs/wp231.pdf
social relation (Foley 1987, Ingham 1996). Keynes ... For Minsky, there is nothing special or elusive about money. ..... Therefore, the 'hierarchy of money' can be thought of as a multi-tiered pyramid where the tiers represent ..... Foley, Duncan.
The role of the state and the hierarchy of money - University of ... (Adobe PDF)
cas.umkc.edu/.../ ...
Minsky, 1986; Foley, 1987; Wray, 1990) have recognised as a debt-pyramid or ' hierarchy of money', which exists in all ...
Notes on the Theoretical Foundations of Political Economy (Adobe PDF)-htmlで見る
www.economia.unam.mx/jarojas/poleconprintFoley.pdf
1Notes by Duncan K. Foley, Fall, 1997. All rights reserved ..... on the grounds that in the short run in monetary economies demand ...... pyramids of credit are vulnerable to sudden crises, in which the fail-.
Duncan K. Foley | IDEAS/RePEc
ideas.repec.org/f/pfo220.html
Duncan K. Foley: current contact information and listing of economic research of this author provided by RePEc/IDEAS. ... "Unemployment and Price Dynamics in a Monetary-Fiscal Policy Model," ...

5:21 午後  
Blogger yoji said...


シェイブテイル (@shavetail)
2019/08/29 10:47
⁦‪@hirohitorigoto‬⁩ 日銀当座預金は「中央銀行を含む金融部門全体から経済に対して供給される通貨」ではないですね。むしろ
日銀当預が我々の経済には供給「されない」通貨であることが重要です。図は「日本銀行の機能と業務」p7から。PDFは
無料で読めます。 pic.twitter.com/leD1ohr0CS

http://www.imes.boj.or.jp/japanese/pf.html
第1章
http://www.imes.boj.or.jp/japanese/pf/chapter1.pdf 7頁
「通貨」の分類
https://1.bp.blogspot.com/-5DJjGd7oItk/XYLLpfWWZKI/AAAAAAABnTQ/AL2hKIYnFMAiOod3kkPtwwxzKunEajO3gCLcBGAsYHQ/s1600/IMG_9481.PNG


5:30 午後

5:32 午後  
Blogger yoji said...

ミンスキー
金融不安定性の経済学

ミンスキー1989^1986#10
284 第10章 資本主義経済での銀行業
…何が貨幣であるかは経済の作用によって決定されるのである。そして通常,貨幣は階層構造を成しており,異なった諸
目的に各々特定の貨幣手段が対応している。貨幣は単にファイナンスの過程の中から生起するというだけではない。
相異なる多数の種類の貨幣が経済には存在する。つまり,誰でも貨幣を創造することができる.問題は,それを受け入れ
させることである.

5:32 午後  
Blogger yoji said...

通貨のピラミッド構造 (三橋資料参照)
三橋TV第139回【視聴すると現代の貨幣の本質が分かるよ】
https://youtu.be/SXLftIb5Vg8

  貨幣ピラミッド

       /\統合政府の負債
      /  \
     /    \市中銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している
ミッチェル9:145参照

https://twitter.com/shavetail/status/1167776186216222720?s=21
国債を買うためのお金とは銀行の資産、日銀当座預金ですね。
この日銀当座預金は国債発行時に発行額と同額政府・日銀に吸収されます。
ところが、財政出動すると、 今度は同額の日銀当座預金が日銀より供給されることに。
従って、国債発行+財政出動では国債を買う日銀当預の増減はありません。(下図)

a)政府預金調達
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債  日銀┃政府  国債┃日銀    ┃
  預金┃    当預┃預金    ┃当預    ┃

b)財政出動
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃政府  政府┃日銀  日銀┃預金  預金┃売上
  支出┃預金  預金┃当預  当預┃      ┃(純資産)
(純債務)

a)+b)
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債    ┃    国債┃預金  預金┃売上
  支出┃      ┃      ┃      ┃(純資産)
(純債務)
https://1.bp.blogspot.com/-HwKo2wgaDGs/XWqp3g1kXzI/AAAAAAABm2U/mW7Gim4lGnszJMZ1Df84QYb1InvDyyQuACLcBGAs/s1600/IMG_8053.JPG

5:33 午後  
Blogger yoji said...

ミンスキー『金融不安定性の経済学』1989^1986284頁
第10章 資本主義経済での銀行業
《…何が貨幣であるかは経済の作用によって決定されるのである。そして通常,貨幣は階層構造を成しており,異なった諸
目的に各々特定の貨幣手段が対応している。貨幣は単にファイナンスの過程の中から生起するというだけではない。
相異なる多数の種類の貨幣が経済には存在する。つまり,誰でも貨幣を創造することができる.問題は,それを受け入れ
させることである.》

通貨のピラミッド構造 (三橋資料参照)
三橋TV第139回【視聴すると現代の貨幣の本質が分かるよ】
https://youtu.be/SXLftIb5Vg8

  貨幣ピラミッド

       /\統合政府の負債
      /  \
     /    \市中銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している
ミッチェル9:145参照

5:35 午後  
Blogger yoji said...

ミンスキー『金融不安定性の経済学』1989^1986、284頁
第10章 資本主義経済での銀行業
《…何が貨幣であるかは経済の作用によって決定されるのである。そして通常,貨幣は階層構造を成しており,異なった諸
目的に各々特定の貨幣手段が対応している。貨幣は単にファイナンスの過程の中から生起するというだけではない。
相異なる多数の種類の貨幣が経済には存在する。つまり,誰でも貨幣を創造することができる.問題は,それを受け入れ
させることである.》

通貨のピラミッド構造 (三橋資料参照)
三橋TV第139回【視聴すると現代の貨幣の本質が分かるよ】
https://youtu.be/SXLftIb5Vg8

  貨幣ピラミッド

       /\統合政府の負債
      /  \
     /    \市中銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している
ミッチェル9:145参照

ケルトンは家計を入れて四分割
https://1.bp.blogspot.com/-NVCcXjOlHv4/XVTX0pzV6OI/AAAAAAABmVQ/lDL2tynwP0ces1SuxTSaPPvADDhnnCLAwCLcBGAs/s1600/IMG_6466.PNG

5:36 午後  
Blogger yoji said...



https://twitter.com/shavetail/status/1167776186216222720?s=21
国債を買うためのお金とは銀行の資産、日銀当座預金ですね。
この日銀当座預金は国債発行時に発行額と同額政府・日銀に吸収されます。
ところが、財政出動すると、 今度は同額の日銀当座預金が日銀より供給されることに。
従って、国債発行+財政出動では国債を買う日銀当預の増減はありません。(下図)

a)政府預金調達
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債  日銀┃政府  国債┃日銀    ┃
  預金┃    当預┃預金    ┃当預    ┃

b)財政出動
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃政府  政府┃日銀  日銀┃預金  預金┃売上
  支出┃預金  預金┃当預  当預┃      ┃(純資産)
(純債務)

a)+b)
    政府    中央銀行    A行    企業a
  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
  政府┃国債    ┃    国債┃預金  預金┃売上
  支出┃      ┃      ┃      ┃(純資産)
(純債務)
https://1.bp.blogspot.com/-HwKo2wgaDGs/XWqp3g1kXzI/AAAAAAABm2U/mW7Gim4lGnszJMZ1Df84QYb1InvDyyQuACLcBGAs/s1600/IMG_8053.JPG

5:39 午後  
Blogger yoji said...


シェイブテイル (@shavetail)
2019/08/29 10:47
⁦‪@hirohitorigoto‬⁩ 日銀当座預金は「中央銀行を含む金融部門全体から経済に対して供給される通貨」ではないですね。むしろ
日銀当預が我々の経済には供給「されない」通貨であることが重要です。図は「日本銀行の機能と業務」p7から。PDFは
無料で読めます。 pic.twitter.com/leD1ohr0CS

http://www.imes.boj.or.jp/japanese/pf.html
第1章
http://www.imes.boj.or.jp/japanese/pf/chapter1.pdf 7頁
「通貨」の分類
https://1.bp.blogspot.com/-5DJjGd7oItk/XYLLpfWWZKI/AAAAAAABnTQ/AL2hKIYnFMAiOod3kkPtwwxzKunEajO3gCLcBGAsYHQ/s1600/IMG_9481.PNG

5:40 午後  
Blogger yoji said...



《…何が貨幣であるかは経済の作用によって決定されるのである。そして通常,貨幣は階層構造を成しており,異なった諸
目的に各々特定の貨幣手段が対応している。貨幣は単にファイナンスの過程の中から生起するというだけではない。
相異なる多数の種類の貨幣が経済には存在する。つまり,誰でも貨幣を創造することができる.問題は,それを受け入れ
させることである.》ミンスキー『金融不安定性の経済学』1989^1986、284頁

通貨のピラミッド構造 (訳語は三橋TV参照 https://youtu.be/SXLftIb5Vg8 )

  貨幣ピラミッド

       /\統合政府の負債
      /  \
     /    \市中銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している。ミッチェル2019,p.145も参照

ケルトンは家計を入れて四分割
https://1.bp.blogspot.com/-NVCcXjOlHv4/XVTX0pzV6OI/AAAAAAABmVQ/lDL2tynwP0ces1SuxTSaPPvADDhnnCLAwCLcBGAs/s1600/IMG_6466.PNG

5:44 午後  
Blogger yoji said...



《…何が貨幣であるかは経済の作用によって決定されるのである。そして通常,貨幣は階層構造を成しており、異なった諸
目的に各々特定の貨幣手段が対応している。貨幣は単にファイナンスの過程の中から生起するというだけではない。
相異なる多数の種類の貨幣が経済には存在する。つまり、誰でも貨幣を創造することができる.問題は、それを受け入れ
させることである。》ミンスキー『金融不安定性の経済学』1989^1986、284頁

通貨のピラミッド構造 (訳語は三橋TV参照 https://youtu.be/SXLftIb5Vg8 )

  貨幣ピラミッド

       /\統合政府の負債
      /  \
     /    \市中銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している。ミッチェル2019,p.145も参照

ケルトンは家計を入れて四分割
https://1.bp.blogspot.com/-NVCcXjOlHv4/XVTX0pzV6OI/AAAAAAABmVQ/lDL2tynwP0ces1SuxTSaPPvADDhnnCLAwCLcBGAs/s1600/IMG_6466.PNG

5:49 午後  
Blogger yoji said...

duncan foley monetary pyramidで検索しています。duncan foley nonetary pyranidで再検索。
Working Paper No. 647 Money - Levy Economics Institute of Bard ...(Adobe PDF) -htmlで見る
www.levyinstitute.org/pubs/wp_647.pdf
(2) Money is always debt; it cannot be a commodity from the first proposition because, if it ...... lower in the pyramid use the IOUs issued by entities higher in the pyramid to make .... Foley, Duncan. 1989.

http://www.levyinstitute.org/pubs/wp_647.pdf
Money by L. Randall Wray
Levy Economics Institute of Bard College
December 2010



Foley, Duncan. 1989. “Money in Economic Activity.”
in John Eatwell, Murray Milgate, and Peter Newman (eds.), The New Palgrave: Money. New York and London: W.W. Norton.
https://www.amazon.co.jp/Money-New-Palgrave-John-Eatwell/dp/0393027260

5:51 午後  
Blogger yoji said...



Monetary Circuit Theory (MCT,CT):

1/4 企業の借り入れによる資金調達

 銀行     企業     家計
資産 負債  資産 負債
━━┳━━  ━━┳━━
貸付┃銀行  銀行┃借入
金 ┃預金  預金┃金

2/4 家計への賃金分配&生産資産形成

 銀行     企業     家計
資産 負債  資産 負債  資産 負債
━━┳━━  ━━┳━━  ━━┳━━
貸付┃銀行  生産┃借入  銀行┃純資
金 ┃預金  資産┃金   預金┃産
       or┃
       在庫┃
      (実物)

3/4 消費財販売(資金回収)と生産資産償却

 銀行     企業     家計
資産 負債  資産 負債  資産 負債
━━┳━━  ━━┳━━  消費財を獲得
貸付┃銀行  銀行┃借入  →消費により解消
金 ┃預金  預金┃金
(生産資産は減価償却、在庫は売上により消失)

4/4 借入金返済

 銀行     企業     家計
資産 負債  資産 負債  資産 負債

   (銀行預金=銀行負債を用いて、
     借入金を相殺=返済)

MMT論争パート2 MMT四天王・望月夜さんと語る https://youtu.be/Ug9TpX68qk0 より

https://1.bp.blogspot.com/-1Gp8VodeNBU/XTcT12iGZ4I/AAAAAAABlpg/-rcY-EghzIcJ2Q0qaip4M6qm1By_inciwCLcBGAs/s1600/IMG_4359.JPG
*ゴドリーのように銀行を政府に置き換えても同じ(フルワイラー、レイなら政府、民間銀行、企業)。それがMMT基本的考え方。
府と家計は同じではない。政府は貨幣発行権を持つ。

MMTを会計学に過ぎないと言うが、会計学は経済学の基礎にある。会計というより信用貨幣論と言うべきかもしれない。
主流派の経済学は間違った会計学の上に数式を展開させてきた。
自分を騙し、他人を騙し、決して責任を取らない。代表的個人には倫理的な他者が不在だ。

6:27 午後  
Blogger yoji said...


Holey は p.250でPyramid という単語を使っているだけだった

『Money』1989年
Duncan編

12:43 午前  
Blogger yoji said...

マーティン21世紀ではピラミッドを使ったのはブローデル

4:29 午後  
Blogger yoji said...

                ____________________________
               /\                /\        /負債←労働
              /__\              /__\      /__\
             /\  /\            /\負債/\    /\家計/\
            /__\/__\          /(信用創造)\__/個人\/個人\
           /\  負債  /\        /\      /\        
         (国債発行額=貨幣発行残高)     /  \民間取引/  \       
         /    \  /    \    / 企業 \  /市中銀行\       
        /______\/______\__/______\/______\     
       /\              /\             
      /  \            /  \        
     /    \  統合政府    /    \           
    /      \        /      \        
   /        \      /        \        
  /          \    /          \     
 /     政府     \  /     中央銀行   \   
/______________\/______________\

所謂負債ピラミッド、負債ヒエラルキーは取引総額を考慮したものだが上の負債フラクタルは
よりリテラルにヒエラルキーを重視している

6:58 午後  
Blogger yoji said...

  債務ヒエラルキー(負債ピラミッド)

       /\政府のIOU(借用証書)
      /  \
     /    \銀行のIOU
    /      \
   /        \メインバンクのIOU
  /          \
 /____________\

7:00 午後  
Blogger yoji said...

354 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (アウアウウー Sa3b-aVZR)[] 2019/12/17(火) 18:40:17.05 ID:oIY1+3jsa
同じ借金(負債)でも 債務債権の関係で 資金の名義が変更する場合
債務債権の二倍の資金(現金と負債証書という資金)になる。

また、名義変更がない場合 資金と借金の関係に過ぎない。

この2通りの考え方が存在すると。

2:52 午前  
Blogger yoji said...



________________________________
\              /\              /
 \     政府     /  \     中央銀行   /
  \          /    \          /
   \        /      \        /
    \      /        \      /
     \    /  統合政府    \    /
      \  /            \  /
       \/______________\/_________________
        \              /  \      /\      /
         \            /    \ 企業 /  \市中銀行/
          \    負債    /      \  /民間取引\  / 
         (国債発行額=貨幣発行残高)      \/______\/_________
            \      /          \  負債  /  \個人/\個人/
             \    /            (信用創造)    \/家計\/
              \  /              \  /      \負債←労働
試作、負債フラクタル:    \/________________\/________\/
    

4:42 午前  
Blogger yoji said...



________________________________
\              /\              /
 \     政府     /  \     中央銀行   /
  \          /    \          /
   \        /      \        /
    \      /        \      /
     \    /  統合政府    \    /
      \  /            \  /
       \/______________\/_________________
        \              /  \      /\      /
         \            /    \ 企業 /  \市中銀行/
          \    負債    /      \  /民間取引\  / 
         (国債発行額=貨幣発行残高)      \/______\/_________
            \      /          \  負債  /  \個人/\個人/
             \    /            (信用創造)    \/家計\/
              \  /              \  /      \負債←労働
試作、負債フラクタル:    \/                \/        \/
    

4:43 午前  
Blogger yoji said...

このコメントは投稿者によって削除されました。

4:59 午前  
Blogger yoji said...


試作、負債フラクタル:    
                ________________________________
                \              /\              /
                 \     政府     /  \     中央銀行   /
                  \          /    \          /
                   \        /      \        /
                    \      /        \      /
                     \    /  統合政府    \    /
                      \  /            \  /
      _________________\/______________\/
      \      /\      /  \              /  
       \ 企業 /  \市中銀行/    \            /    
        \  /民間取引\  /      \    負債    /     
_________\/______\/       (国債発行額=貨幣発行残高)  
\個人/\個人/  \  負債  /          \      /  
 \/家計\/    (信用創造)            \    / 
労働→負債/      \  /              \  /   
   \/        \/                \/ 
    

5:10 午前  
Blogger yoji said...

試作、負債フラクタル:     ____________________________
               /\                /\        /負債←労働
              /__\              /__\      /__\
             /\  /\            /\負債/\    /\家計/\
            /__\/__\          /(信用創造)\__/個人\/個人\
           /\  負債  /\        /\      /\        
         (国債発行額=貨幣発行残高)     /  \民間取引/  \       
         /    \  /    \    / 企業 \  /市中銀行\       
        /______\/______\__/______\/______\     
       /\              /\             
      /  \            /  \        
     /    \  統合政府    /    \           
    /      \        /      \        
   /        \      /        \        
  /          \    /          \     
 /     政府     \  /     中央銀行   \   
/______________\/______________\

所謂負債ピラミッド、負債ヒエラルキー↓は取引総額(回転率)を考慮したものだが上の負債フラクタル↑は
よりリテラルにヒエラルキーを重視している




債務ヒエラルキー(負債ピラミッド):
       /\
      /  \統合政府の負債
     /____\
    /      \市中銀行の負債
   /________\
  /          \銀行以外の主体の負債
 /____________\

一般にバランスシートの欠点は普遍的すぎてどのレベルのバランスシートか直感的にわかりにくいことである
https://1.bp.blogspot.com/-eX_YoTI2amY/XZZHNi5IvjI/AAAAAAABn34/Jph7BY-mBnwPPzRrEYohtKjTgdR0k7khACLcBGAsYHQ/s1600/IMB_EIsvCE.GIF




試作、負債フラクタル:    
                ________________________________
                \              /\              /
                 \    中央銀行    /  \      政府    /
                  \          /    \          /
                   \        /      \        /
                    \      /        \      /
                     \    /  統合政府    \    /
                      \  /            \  /
      _________________\/______________\/
      \      /\      /  \              /  
       \市中銀行/  \ 企業 /    \            /    
        \  /民間取引\  /      \    負債    /     
_________\/______\/       (国債発行額=貨幣発行残高)  
\個人/\個人/  \  負債  /          \      /  
 \/家計\/    (信用創造)            \    / 
労働→負債/      \  /              \  /   
   \/        \/                \/ 
    

12:38 午後  
Blogger yoji said...

試作、負債フラクタル:     ____________________________
               /\                /\        /負債←労働
              /__\              /__\      /__\
             /\  /\            /\負債/\    /\家計/\
            /__\/__\          /(信用創造)\__/個人\/個人\
           /\  負債  /\        /\      /\        
         (国債発行額=貨幣発行残高)     /  \民間取引/  \       
         /    \  /    \    / 企業 \  /市中銀行\       
        /______\/______\__/______\/______\     
       /\              /\             
      /  \            /  \        
     /    \  統合政府    /    \           
    /      \        /      \        
   /        \      /        \        
  /          \    /          \     
 /     政府     \  /     中央銀行   \   
/______________\/______________\

                ________________________________
                \              /\              /
                 \    中央銀行    /  \      政府    /
                  \          /    \          /
                   \        /      \        /
                    \      /        \      /
                     \    /  統合政府    \    /
                      \  /            \  /
      _________________\/______________\/
      \      /\      /  \              /  
       \市中銀行/  \ 企業 /    \            /    
        \  /民間取引\  /      \    負債    /     
_________\/______\/       (国債発行額=貨幣発行残高)  
\個人/\個人/  \  負債  /          \      /  
 \/家計\/    (信用創造)            \    / 
労働→負債/      \  /              \  /   
   \/        \/                \/ 
    

12:40 午後  
Blogger yoji said...

土地を担保にしているから通貨発行量は無限大ではない

9:11 午後  
Blogger yoji said...

bca

700,1000,100
1000,700,100

9:12 午後  
Blogger yoji said...

レイ2010

This gives rise to the concept of liquidity: how quickly can an asset be converted with little loss of value? Generally, the most liquid asset is the state’s own IOUs, so the conversion of other liabilities is often to HPM. Banks hold some HPM so that they can meet demands for conversion, but it is access to deposit insurance as well as to the central bank that makes the bank’s promise to convert secure. We can think of a pyramiding of liabilities on banks—IOUs issued by other institutions and households are convertible to bank liabilities (Bell 2001; Foley 1989). These other entities then work out arrangements that make it more likely that they can meet demands for conversion, such as overdraft facilities. Everything is then pyramided on the state’s IOUs—we can think of that as a leveraging of HPM (Wray 1998).

3:24 午後  
Blogger yoji said...

りぶらりあ選書
資本論を理解する―マルクスの経済理論

りぶらりあ選書
資本論を理解する―マルクスの経済理論

フォーリー,ダンカン・K.【著】〈Foley,Duncan K.〉/竹田 茂夫/原 伸子【訳】

法政大学出版局(1990/01発売)
ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20X14cm
商品コード 9784588021244
NDC分類 331.6
Cコード C1333

目次
第1部 資本論を理解する(マルクスを読む:方法;商品:労働、価値、貨幣;資本と剰余価値の理論;資本主義における生産;資本の再生産;利潤率の均等化;剰余価値の分割;利潤率の低下;資本主義的恐慌の理論;社会主義)
第2部 貨幣、蓄積、恐慌(価格と価値;商品・価値・貨幣;価値と労働;資本主義的生産;資本の循環;単純再生産と拡大再生産;資本循環における総需要;均斉成長をはずれた蓄積と実現;貨幣価値の変化;信用と利子;中央銀行の政策;単純再生産と拡大再生産の比例性;蓄積;経済恐慌)
出版社内容情報
マルクスの方法論及び体系構成を堅持しつつ,価値と価格,貨幣の価値,労働力の価値等の基礎的諸概念を再構築して「転形問題」及び価値論論争に新たな地平を拓く。

3:34 午後  
Blogger yoji said...

『資本論を理解する -マルクスの経済理論』 Understanding Capital/Money, Accumulation and Crisis
translator:竹田茂夫(Takeda Shigeo)/原伸子(Hara Nobuko) Publisher:法政大学出版局(Hosei University Press)/りぶらりあ選書
1990/ 1
ISBN4-588-02124-9
「資本論を理解する」
「貨幣、蓄積、恐慌」

3:35 午後  
Blogger yoji said...


アダム・スミスの誤謬―経済神学への手引き
アダム・スミスの誤謬―経済神学への手引き
ダンカン・K.フォーリー, 亀崎 澄夫他 | 2011/9/9
単行本
¥2,970¥2,970
プライム会員限定 最大5%ポイント還元中
Amazon ポイント: 89pt (3%)
明日中12/28に無料配送
残り1点(入荷予定あり)
こちらからもご購入いただけます
¥837 (12点の中古品と新品)
成長と分配 (ポスト・ケインジアン叢書)
成長と分配 (ポスト・ケインジアン叢書)
ダンカン・K. フォーリー, トマス・R. マイクル他 | 2002/10/1
5つ星のうち4.0 1
単行本
こちらからもご購入いただけます
¥4,475 (8点の中古品)
資本論を理解する―マルクスの経済理論 (りぶらりあ選書)
資本論を理解する―マルクスの経済理論 (りぶらりあ選書)
ダンカン・K. フォーリー, 竹田 茂夫他 | 1990/1/1
5つ星のうち3.6 4
単行本
こちらからもご購入いただけます
¥703 (8点の中古品)
ペーパーバック
¥4,669¥4,669
配送料無料
通常4~5日以内に発送します。
こちらからもご購入いただけます
¥1,102 (21点の中古品と新品)
成長と分配 (ポスト・ケインジアン叢書)
成長と分配 (ポスト・ケインジアン叢書)
トマス・R・マイクル、 ダンカン・K・フォーリー | 2017/10/1

3:42 午後  
Blogger yoji said...


アダム・スミスの誤謬―経済神学への手引き
アダム・スミスの誤謬―経済神学への手引き
ダンカン・K.フォーリー, 亀崎 澄夫他 | 2011/9/9
単行本
¥2,970¥2,970
プライム会員限定 最大5%ポイント還元中
Amazon ポイント: 89pt (3%)
明日中12/28に無料配送
残り1点(入荷予定あり)
こちらからもご購入いただけます
¥837 (12点の中古品と新品)


成長と分配 (ポスト・ケインジアン叢書)
成長と分配 (ポスト・ケインジアン叢書)
ダンカン・K. フォーリー, トマス・R. マイクル他 | 2002/10/1
5つ星のうち4.0 1
単行本
こちらからもご購入いただけます
¥4,475 (8点の中古品)


資本論を理解する―マルクスの経済理論 (りぶらりあ選書)
資本論を理解する―マルクスの経済理論 (りぶらりあ選書)
ダンカン・K. フォーリー, 竹田 茂夫他 | 1990/1/1
5つ星のうち3.6 4
単行本
こちらからもご購入いただけます
¥703 (8点の中古品)
ペーパーバック
¥4,669¥4,669
配送料無料
通常4~5日以内に発送します。
こちらからもご購入いただけます
¥1,102 (21点の中古品と新品)


成長と分配 (ポスト・ケインジアン叢書)
成長と分配 (ポスト・ケインジアン叢書)
トマス・R・マイクル、 ダンカン・K・フォーリー | 2017/10/1

3:43 午後  
Blogger yoji said...


HOME > BOOK >
『成長と分配』

Foley,Duncan K. & Michl,Thomas R. 1999 Growth and Distribution,Harvard University Press.
=20021025 佐藤 良一・笠松 学 監訳,日本経済評論社,379p.

last update:20161128

このHP経由で購入すると寄付されます


■Foley,Duncan K. & Michl,Thomas R 1999 Growth and Distribution,Harvard University Press. =20021025 佐藤 良一・笠松 学 監訳 『成長と分配』,日本経済評論社,379p ISBN-10:4818814555 ISBN-13:9784818814554 3800+ [amazon]/[kinokuniya] ※ d/e05

■内容

[amazon]より

 新たにクローズアップされる成長理論。多様な成長理論(古典派、マルクス派、新古典派)と幅広いトピックス―所得分配、技術変化、枯渇資源、財政、金融などをていねいに解説。日本の低成長を基礎から理解するにも最適の書。
■目次

第1章 序論
第2章 成長と分配の測定
第3章 生産のモデル
第4章 労働市場
第5章 消費と貯蓄のモデル
第6章 古典派の経済成長モデル
第7章 古典派モデルにおける偏向的技術変化
第8章 新古典派成長モデル
第9章 新古典派モデルにおける技術変化
第10章 投資に制約される経済成長
第11章 土地に制約される成長
第12章 枯渇資源
第13章 公債と社会保障:世代重複モデル
第14章 貨幣と経済成長
第15章 技術変化へのさまざまなアプローチ
第16章 内生的技術変化
■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩﨑 弘泰
UP:20161128 REV:
◇経済(学) economics  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK

3:47 午後  
Blogger yoji said...

バンコール←                                          →LETS
 試作、負債フラクタル:    ____________________________
               /\                /\        /負債←労働
              /__\              /__\      /__\
             /\  /\            /\負債/\    /\家計/\
            /__\/__\          /(信用創造)\__/個人\/個人\
           /\  負債  /\        /\      /\        
         (国債発行額=貨幣発行残高)     /  \民間取引/  \       
         /    \  /    \    / 企業 \  /市中銀行\       
        /______\/______\__/______\/______\     
       /\              /\             
      /  \            /  \        
     /    \  統合政府    /    \           
    /      \        /      \        
   /        \      /        \        
  /          \    /          \     
 /     政府     \  /     中央銀行   \   
/______________\/______________\

所謂負債ピラミッド、負債ヒエラルキー↓は取引総額(回転率)を考慮したものだが上の負債フラクタル↑は
よりリテラルにヒエラルキーを重視している

11:08 午後  
Blogger yoji said...

負債フラクタル:
 _______________________   ___________   _____
|           |           | |     |     | |  |負債|  
|           |           | |     |  負債 | |__家計_|  
|           |           | |     (信用創造)| |個人|個人| 
|           |     負債    | |___民間取引____|_|__|__|
|          (国債発行額=貨幣発行残高) |     |     |
|           |           | | 市中銀行| 企業  |   
|           |           | |     |     |    
|__________統合政府_________|_|_____|_____|
|           |           |     
|           |           |     
|           |           |     
|   中央銀行    |     政府    |
|           |           |
|           |           |    
|           |           |     
|___________|___________|

4:48 午前  
Blogger yoji said...


負債フラクタル:
 _______________________→LETS
|           |     |  |負債|  
|           |  (信用創造)家計_| 
|           |     |個人|個人| 
|           |___(民間取引)__|
|        ((国債発行額=貨幣発行残高))
|           (市中銀行)|(企業) |   
|           |     |     |    
|________((統合政府))_|_____|
|           |           |     
|           |           |     
|           |           |     
|  ((中央銀行)) |  ((政府))   |
|           |           |
|           |           |    
|           |           |     
|___________|___________|
Bancor←

1:55 午後  
Blogger yoji said...

負債フラクタル:
 _______________________→LETS
|           |     |  |負債|  
|           |負債(信用創造)家計_| 
|           |     |個人|個人| 
|           |___(民間取引)__|
|      負債((国債発行額=貨幣発行残高))
|           (市中銀行)|(企業) |   
|           |     |     |    
|________((統合政府))_|_____|
|           |           |     
|           |           |     
|           |           |     
|  ((中央銀行)) |  ((政府))   |
|           |           |
|           |           |    
|           |           |     
|___________|___________|
Bancor←

四角形はバランスシート的に正確で図を一元化しやすいが、三角の方が統合政府の統合を含意しやすい。



試作、負債フラクタル:   →LETS
               /負債←労働
              /__\             
            個人\家計/個人
            /負債(信用創造)
           /\ 民間取引 /\        
         負債(国債発行額=貨幣発行残高)     
         / 企業 \  /市中銀行\       
        /______\/______\ 
       /\              /\             
      /  \            /  \        
     /    \  統合政府    /    \           
    /      \        /      \        
   /        \      /        \        
  /          \    /          \     
 /     政府     \  /     中央銀行   \   
/______________\/______________\
             バンコール←

2:03 午後  
Blogger yoji said...

貨幣ピラミッドの指摘もヒックス1977がはやい



Economic Perspectives: Further Essays on Money and Growth (English Edition) Kindle版
John Hicks (著) 形式: Kindle版
その他 2 の形式およびエディションを表示する
Kindle版 (電子書籍)
¥12,264

経済学の思考法―貨幣と成長についての再論 (日本語) 単行本 – 1985/5/28
J.R.ヒックス (著), 貝塚 啓明 (翻訳)
Monetary Experience and the Theory of Money 1977
貨幣的な経験と貨幣理論


75頁に「貨幣の代替物のピラミッド」
信用貨幣の内生的必然性

内藤によれば
内生的貨幣理論はヒックスの分類に当てはまる
フォンタナ2004

2:49 午前  
Blogger yoji said...

ピラミッドの比喩もラーナー1947が早かった

LERNER 1947 https://esepuba.files.wordpress.com/2009/05/lerner.pdf Money as a Creature of the State STOR Abba P. Lerner The American Economic Review, Vol. 37, No. 2,
ピラミッド
ラーナー1947
クリーチャー
There was considerable development of the devices for such economies. Fiduciary issues of currency in addition to that which was backed 100 per cent by gold; fractional backing of currency which stretched gold further; the development of the banking system with the pyramiding of bank money on fractional currency reserves which were in turn backed less than 100 per cent by gold; the use of foreign exchange standards which permitted currency to be used instea

返信削除

4:30 午後  
Blogger yoji said...

https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2021/01/1951-lerner.html

https://love-and-theft-2014.blogspot.com/2021/01/1951.html
ピラミッドの比喩もラーナー1947が早かった

LERNER 1947 https://esepuba.files.wordpress.com/2009/05/lerner.pdf 国家の創造物としての貨幣 STOR Abba P. Lerner The American Economic Review, Vol.
ピラミッド
ラーナー1947
クリーチャー
このような経済を実現するための仕掛けがかなり発達していた。100%金で裏付けられた通貨に加えて、受託者による通貨の発行、金をさらに伸ばした小数通貨の裏付け、100%未満の金で裏付けられた小数通貨の準備金の上に銀行のお金をピラミッド化した銀行システムの発展、通貨の使用を可能にした外国為替基準の使用などです。

返信削除

4:32 午後  
Blogger yoji said...

ピラミッド説はグレゴリーによる?


経済学者

概要書籍編著他の人はこちらも検索
概要
内容
説明英語から翻訳-セオドア・エマニュエル・グゲンハイム・グレゴリーはイギリスの経済学者でした。 セオドア・グレゴリーは、1890年9月10日にロンドンで生まれました。グレゴリーは、イズリントンのアリス・オーエンダム学校で教育を受けました。彼はロンドンスクールオブエコノミクスアンドポリティカルサイエンスに出席しました。 ウィキペディア(英語)
原文を見る
生年月日: 1890年9月10日
出生地: イギリス ロンドン
死亡日: 1970年12月24日, ギリシャ アテネ
学歴: デイム・アリス・オーウェンズ・スクール
編著: London Essays in Economics: In Honour of Edwin Cannan、 もっと見る 投稿

返信削除

yoji2021年1月6日 9:52

Theodore Gregory - Wikipedia
Gregory was Cassel Reader in International Trade at the LSE in 1920. Gregory was Sir E. Cassel Professor of Economics in the University of ...
Education: Dame Alice Owen's School
Imagewww.gregorythwaites.com
Gregory Thwaites
In 2015 I received my PhD in economics from LSE under the supervision of Silvana Tenreyro. I have broad theoretical and empirical research ...
Imagewww.econ.ryukoku.ac.jp › ro...PDF
1 2006.3.13 第7章 LSE の連邦主義 ロビンズとベヴァリッジ 小峯 敦 1 ...
2006/03/13 — Bowley 1869-1957、経済統計学教授)、グレゴリー(T. E. Gregory 1890-1970 、. 金融論教授)等 LSE の俊英を集めて書かれた .

返信削除

4:55 午後  
Blogger yoji said...

Sir Theodore Emmanuel Gugenheim Gregory (10 September 1890 – 24 December 1970) was a British economist.


Professor Theodore Emmanuel Gugenheim Gregory, c. 1938
Theodore Gregory was born in London on 10 September 1890.[1] Gregory was educated at Dame Alice Owen's School in Islington. He attended the London School of Economics and Political Science. Gregory was an Assistant and Lecturer at the LSE between 1913 and 1919. Gregory was Cassel Reader in International Trade at the LSE in 1920. Gregory was Sir E. Cassel Professor of Economics in the University of London between 1927 and 1937. He was Dean of the Faculty of Economics at London University between 1927 and 1930. Gregory was a Senator of London University between 1928 and 1930. Gregory was the Newmarch Lecturer at University College London in 1929.[2]

Gregory was a member of the Macmillan Committee on Industry and Finance from 1929 to 1931. He was Economic Adviser for the Niemeyer Mission to Australia and New Zealand in 1930. He was a member of the Irish Free State Banking Commission from 1934 to 1937. Gregory was Economic Adviser to the Government of India from 1938 to 1946. Gregory was Chairman of the Food Grains Policy Committee (India) in 1943.[2]

Gregory was appointed an Honorary Fellow of the London School of Economics in 1958. He was appointed a Commander of the Order of George I of Greece. He was appointed a Commander of the Austrian Order of Merit. Gregory was appointed President of Section F of the British Association in 1930.[2]

Gregory died in Athens on 24 December 1970.[3]

List of works Edit
Present Position of Banking in America (1925)
The Return to Gold (1925)
First Year of the Gold Standard (1926)
Foreign Exchange (1927)
Introduction to Tooke and Newmarch's History of Prices (1928)
The Practical Working of the Federal Reserve System in the US (1930)
The Gold Standard and its Future (1932)
Gold, Unemployment, and Capitalism (1933)
The Westminster Bank Through a Century (1936)
India on the Eve of the Third Five-Year Plan (1960)
Ernst Oppenheimer and the Economic Development of Southern Africa (1962)
Select Statutes, Documents and Reports relating to British Banking (1964)
Further reading Edit
'Gregory, Theodore Emanuel Gugenheim (1890–1970)' by Neil Skaggs in The Biographical Dictionary of British Economists Published by Continuum Published in print January 2004 | Published online January 2010 | e-ISBN 9780199754717

References Edit
^ "Gregory, Theodore Emanuel Gugenheim (1890–1970)". oup.com.
^ a b c "Gregory Sir Theodore Emmanuel Gugenheim 1890–1970 Kt Professor of Economics". archiveshub.ac.uk.
^ "Theodore Emanuel Gugenheim Gregory". oup.com.
Professional and academic associations

4:57 午後  
Blogger yoji said...

https://cdn.mises.org/The%20Gold%20Standard%20and%20Its%20Future_2.pdf

5:31 午後  
Blogger yoji said...

1964
Select Statutes, Documents and Reports Relating to British Banking, 1832-1928: Volume 1 (English Edition) Kindle版
Theodore Gregory (著, 編集) 形式: Kindle版
その他 の形式およびエディションを表示する
Kindle版 (電子書籍)
¥6,510
獲得ポイント: 65pt
今すぐお読みいただけます: 無料アプリ

ISBN-13
978-0415415231
出版社
Routledge
Next page
販売: Amazon Services International, Inc.

5:52 午後  
Blogger yoji said...

https://www.amazon.co.jp/Statutes-Documents-Reports-Relating-1832-1928-ebook/dp/B00F2J6WMY/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=Gregory+Theodore&qid=1609894865&s=digital-text&sr=1-2

6:11 午後  
Blogger yoji said...

https://www.amazon.co.jp/Statutes-Documents-Reports-Relating-1832-1928-ebook/dp/B00GHJHPOW/ref=mp_s_a_1_5?dchild=1&qid=1609899170&refinements=p_27%3ATheodore+Gregory&s=digital-text&sr=1-5&text=Theodore+Gregory

https://www.amazon.co.jp/Statutes-Documents-Reports-Relating-1832-1928-ebook/dp/B00F2J6WMY/ref=mp_s_a_1_6?dchild=1&qid=1609899170&refinements=p_27%3ATheodore+Gregory&s=digital-text&sr=1-6&text=Theodore+Gregory


https://www.amazon.co.jp/Statutes-Documents-Reports-Relating-1832-1928-ebook/dp/B00F2J6WMY/ref=mp_s_a_1_6?dchild=1&qid=1609899170&refinements=p_27%3ATheodore+Gregory&s=digital-text&sr=1-6&text=Theodore+Gregory

6:15 午後  
Blogger yoji said...

来日講演

2:19 午前  
Blogger yoji said...




望月慎(望月夜)
⁦‪@motidukinoyoru‬⁩


MMTの中心的議論である政府の赤字容認と民間の純資産蓄積の不可能性
togetter.com/li/1652792
政府を貨幣の「ユーザー」であるという"擬制"と『イデオロギー暴露』としての中銀国債引受
togetter.com/li/1652794
去年一年のツイートの中で、気になったものだけをまとめてもこの分量になる……。

2021/01/15 16:28





https://twitter.com/motidukinoyoru/status/1349981853608886273?s=21

iPhoneから送信

11:14 午前  
Blogger yoji said...

ryoji
2021/01

今井さんの論文、IS-LM「モデルでは、i とY が内生変数である。ところが、MMT ではi は中央銀行が操作する外政変数」。今井さんは金利という変数はただひとつだと仮定している。それが現実と違うのです。
そのうえで、投資を実質利子率の関数としている。



ピケティは上掲註で、利子率は「借り手の身元次第で大きく変動する」と書いている。その通りだ。

11:29 午前  
Blogger yoji said...

ついでにいうと、ピケティがr>gという場合のrは利子率ではない。『21世紀の資本』、第1章注15を参照。rは資本の収益率で利子率より高いとしている。ただし、ピケティの議論は不明瞭なところがあり、それが誤解を生じさせる。

1:42 午後  
Blogger yoji said...

https://twitter.com/ishizuka_r?s=11

1:42 午後  
Blogger yoji said...

サーキットセオリーは国家がない
mmtが国家を加えた

5:49 午前  
Blogger yoji said...

ケルトン
2021/02/02
https://1.bp.blogspot.com/-MZGoZ8Av8HA/YCVikZE_s7I/AAAAAAACAgM/KiKLGilVSPkHSewUydU9YPJr1KA8fv4zwCLcBGAsYHQ/s1334/6F1A88C1-999F-4AF3-BB2B-B0D49B1447DC.png

9:04 午前  
Blogger yoji said...


主流派の外生的貨幣供給論だと一元的なので以下のような
認識にはならない

通貨のピラミッド構造 (三橋資料参照)

  貨幣ピラミッド

       /\統合政府の負債
      /  \
     /    \市中銀行の負債
    /      \
   /        \銀行以外の主体の負債
  /          \
 /____________\

R.レイのMMT入門 第三章第二節 決済と債務ビラミッド
http://econdays.net/?p=9759
より引用。(IOUは借用証書の意味)
租税による最終需要付与により、政府のIOU=通貨(currency)をトップとした信用のヒエラル
キー構造が形成される。下位の信用は、上位の信用によって決済することができる。(例:負
債である買掛金を、銀行預金=銀行負債で支払う。銀行預金の引き出し請求に対して、現金
を支払う。)

https://1.bp.blogspot.com/-NEc4f3qU4oo/XTbtZGQ3nCI/AAAAAAABloE/vZ7BWEuFOQEDDKZhHHbED4K3v9rbjqJlwCLcBGAs/s1600/IMG_4338.PNG
レイはミンスキーを援用している


ケルトン
2021/02/02
https://1.bp.blogspot.com/-MZGoZ8Av8HA/YCVikZE_s7I/AAAAAAACAgM/KiKLGilVSPkHSewUydU9YPJr1KA8fv4zwCLcBGAsYHQ/s1334/6F1A88C1-999F-4AF3-BB2B-B0D49B1447DC.png
2019
https://1.bp.blogspot.com/-p19cPDwHrJE/X5w0J_opMxI/AAAAAAABuj4/748czBGIfvkLXf4jDQfWxE1w0aqel7r8wCLcBGAsYHQ/s1600/33CACB95-1D20-49FE-8397-4BE87464DE17.png



2020/10/3
「MMTの真髄を知る」第2回 井上、望月
https://youtu.be/iiROxIsMiL0
17:00
https://i.imgur.com/Iw6Ncgx.jpg

9:08 午前  
Blogger yoji said...

ビットコインは拡大派と現状維持派で一度分裂した
拡大派は投機に頼る道なので未来はない
貨幣には
多様な供給実体が重要だ
電力本位制でも同じ

9:16 午前  
Blogger yoji said...


ビットコインは拡大派と現状維持派で一度分裂した
拡大派は投機に頼る道なので未来はない
貨幣には
多様な供給実体が重要だ
拡大しても多様にはならない
投機家を呼び込むだけ
電力本位制でも同じ
自給自足が理想
そこへのインセンティブが必要

9:19 午前  
Blogger yoji said...

主流派の外生的貨幣供給論にはグラデーションがない

9:27 午前  
Blogger yoji said...


貨幣ピラミッドの現代的認識は
ラーナー1947が早い方だと思っていたが、
投資コンサルタントの草分け?のアンガス少佐1937の方が早かった

Lerner Money as a Creature of the State", 1947, AER.
https://esepuba.files.wordpress.com/2009/05/lerner.pdf

Major Lawrence Lee Bazley Angas - Slump Ahead in Bonds [1937]
https://fdocuments.in/download/major-lawrence-lee-bazley-angas-slump-ahead-in-bonds-1937

参考:
https://en.wikiquote.org/wiki/Banking
~ Major L. L. B. Angas
"The modern banking system manufactures "money" out of nothing; …

投資用語としてのpyramidingも使っているから紛らわしい

9:30 午前  
Blogger yoji said...


https://twitter.com/monopole0001/status/1218838189571334144?s=21
MMT の債務ピラミッド。債務ヒエラルキーとも呼ばれる。現代における金融システムは、通貨(currency)を
最上位としたピラミッド型のヒエラルキーを形成している。中段に銀行預金、下位にノンバンクの債務証書が
ある。現代の負債構造も、グレーバー の議論と関係しそうですね。
https://pbs.twimg.com/media/EOou3itUwAAg-wz.jpg

9:33 午前  
Blogger yoji said...

フェリックス・マーティンの見立てでは
ビットコインは商品貨幣、電力本位制への回帰だが
信用貨幣論的には貨幣ピラミッドの底辺に吸収される
現実のビットコインは拡大派と維持派で分裂したが
フェリックス・マーティンの説と反対に
拡大すれば投機に使われて終わる
国境を越えた合法的タックスヘイブンが求められているが
ブロックチェーンの良さは縮小、方法論開示にある

訂正
縮小→自律分散

8:25 午後  
Blogger yoji said...

195 あ[sage] 2021/02/13(土) 02:36:53.13 ID:D+ueDrcr
マイニングにかかる費用を省エネしたグループが覇権を持つ

196 あ[sage] 2021/02/13(土) 02:39:03.98 ID:D+ueDrcr
電力を握った者が世界を制する

9:42 午前  
Blogger yoji said...

言語
ウォッチリストに追加
編集
ニクソン・ショック(英: Nixon Shock)とは、1971年にアメリカ合衆国のリチャード・ニクソン大統領が電撃的に発表した、既存の世界秩序を変革する2つの大きな方針転換を言う。当初は一番目のもの(7月15日のショック)を指し、二番目のものは「ドル・ショック」と言われていたが、その後、後者もニクソン・ショックと呼ばれることが多く、両者を併せて「2つのニクソン・ショック」と呼ばれることもある。

第1次ニクソン・ショック(ニクソン訪中宣言)は、1971年7月15日に発表された、ニクソン大統領の中華人民共和国への訪問を予告する宣言から、翌1972年2月の実際の北京訪問に至る『新しい外交政策』をいう。→ニクソン大統領の中国訪問
第2次ニクソン・ショック(ドル・ショック)は、1971年8月15日に発表された、米ドル紙幣と金との兌換一時停止を宣言し、ブレトン・ウッズ体制の終結を告げた新しい経済政策をいう。→この頁で説明。

9:44 午前  
Blogger yoji said...

一昔前は金 or 銀だったが
(とは言えニクソンショックは金流出を防ぐためだ)

9:45 午前  
Blogger yoji said...




New School for Social Research
⁦‪@NSSRNews‬⁩


Yesterday, Duncan Foley, Leo Model Professor of Economics, officially retired from NSSR and ⁦‪@TheNewSchool‬⁩.

Read more about this leading global thinker on political economy and mathematical modeling in the thread below 🧵🔽

#EconTwitter pic.twitter.com/OmhXExrh7e

2022/07/03 1:50


https://twitter.com/nssrnews/status/1543275913005203457?s=21

5:05 午後  

コメントを投稿

<< Home