火曜日, 11月 15, 2016

ジョン・ローマー『搾取と階級の一般理論』(未邦訳)/吉原直毅『労働搾取の厚 生理論序説』


                 ( 経済学リンク::::::::::
NAMs出版プロジェクト: ジョン・ローマー
http://nam-students.blogspot.jp/2016/11/blog-post_15.html
A General Theory of Exploitation and Class, 1982, John E. Roemer, Cambridge, MA: Harvard University Press. 
https://archive.org/details/generaltheoryofe00roem[メールアドレスを登録すれば2週間読める]
Analytical Foundations of Marxian Economic Theory (英語) 1989/1/27 John E. Roemer (著)
http://nam-students.blogspot.jp/2016/05/analytical-foundations-of-marxian.html
均斉成長経路(1937): ジョン・フォン=ノイマン (John von Neumann), 1903-1957
http://nam-students.blogspot.com/2016/06/john-von-neumann-1903
NAMs出版プロジェクト: 逃走論 1984,1986


こちらは分析的マルクス主義者のローマー、
A General Theory of Exploitation and Class, 1982, Cambridge, MA: Harvard University Press. #5が重要。以下で検証される。)
3.2:89頁で転化論争(転形問題論争)に関しても触れられる。

参考:
均斉成長経路(1937): ジョン・フォン=ノイマン (John von Neumann), 1903-1957
http://nam-students.blogspot.com/2016/06/john-von-neumann-1903-1957.html 

吉原直毅『労働搾取の厚生理論序説』
http://www.arsvi.com/b2000/0802yn.htm

『労働搾取の厚生理論序説』

吉原 直毅 20080228 岩波書店,298p.




吉原 直毅  20080228 『労働搾取の厚生理論序説』(一橋大学経済研究叢書 55), 岩波書店,298p. ISBN-10: 4000099140 ISBN-13: 978-4000099141 \5460 [amazon][kinokuniya] ※ w01

■出版社による紹介

「格差社会」化やワーキング・プア問題が焦眉の現代において,マルクス『資本論』の労働搾取概念は主流派経済学の理論体系にはない独自性を持つ厚生理論である.本書では,現代経済学の手法によって,労働搾取概念を厚生経済学における一つの非厚生主義的well-being指標として,その理論的再構成を探求するプレリュードである.

■著者による紹介

吉原 直毅 「吉原直毅『労働搾取の厚生理論序説』(岩波書店, 2008年2月刊行予定)について」
吉原 直毅 『労働搾取の厚生理論序説』
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/exploit1.pdf

■目次

第1章 今、なぜ労働搾取理論なのか?
  1.1 現代における貧富の格差問題
  1.2 労働搾取概念に基づく市場経済の厚生的特徴分析
  1.3 本書における方法論と各章の構成について
第2章 マルクス的一般均衡モデルと均衡解概念
  2.1 基本的生産経済モデル
  2.2 再生産可能解
  2.3 再生産可能解の存在定理
  2.4 一般凸錐生産経済の特殊ケース:フォン・ノイマン経済と均斉成長
  2.5 マルクス的均衡解に関する厚生経済学の基本定理
  2.6 労働者階級内の異なる消費選好の存在する経済での均衡解
第3章 レオンチェフ経済体系におけるマルクスの基本定理
  3.1 森嶋型「労働搾取率」及びマルクスの基本定理
  3.2 労働価値説と転化論
  3.3 数理マルクス経済学による,労働価値説の限界の露呈
  3.4 転化問題に関する“New Solution”アプローチ
  3.5 「マルクスの基本定理」の厚生的含意
第4章 一般的凸錘生産経済におけるマルクスの基本定理
  4.1 森嶋型労働搾取に基づくマルクスの基本定理
  4.2 代替的労働搾取の定式に基づくマルクスの基本定理の可能性:その1
  4.3 代替的労働搾取の定式に基づくマルクスの基本定理の可能性:その2
  4.4 労働者階級内の異なる消費選好の存在する経済でのマルクスの基本定理の可能性
  4.5 所得依存的労働搾取の定式の下でのマルクスの基本定理の可能性
  4.6 結論に代えて
第5章 搾取と階級の一般理論
  5.1 基本的生産経済モデルと再生産可能解
  5.2 階級-富対応関係
  5.3 富-搾取対応関係
  5.4 階級-搾取対応原理
  5.5 一般的凸錐生産経済における「階級-搾取対応原理」の成立の困難性
  5.6 新しい労働搾取の定式下での階級-搾取対応原理の成立
  5.7 所得と余暇に対する選好を持つ経済環境での搾取と階級の一般理論
  5.8 マルクス的労働搾取概念の意義――ジョン・ローマーの位置づけ ☆
  5.9 マルクス的労働搾取論の限界?
第6章 搾取・富・労働規律の対応理論 ☆☆
  6.1 基本的生産経済モデルと再生産可能解
  6.2 再生産可能解の存在問題
  6.3 富-労働規律対応関係
  6.4 富-搾取-労働規律対応関係
  6.5 結論
第7章 労働搾取理論の公理的アプローチに向けて
  7.1 「マルクスの基本定理」問題における「労働搾取の公理」
  7.2 「階級搾取対応原理」問題における「労働搾取の公理」
  7.3 労働搾取の3つの代替的アプローチ――労働スキルの個人間格差の存在する生産経済への労働搾取理論の拡張可能性

■引用

第1章 今、なぜ労働搾取理論なのか?
  1.1 現代における貧富の格差問題
  1.2 労働搾取概念に基づく市場経済の厚生的特徴分析
 「1970年代における「マルクス・ルネッサンス」の影響下で、現代的な数理的分析手法を用いて、マルクスの経済理論を再構成する研究が活性化した。しかしそれらの研究成果は基本的に、古典的なマルクス主義の経済学体系の理論的土台の堅固性に疑問符を突きつける効果を持っていたのである。具体的には、例えば、古典的なマルクス主義の経済理論はいわゆる投下労働価値説(labor theory of value)」を理論的土台にして構築されたものであるが、この投下労働価値説の理論的頑健性に重大な問題があることが次第に明らかにされてきたのである。マルクスの労働搾取論もまた、投下労働価値説を理論社的土台として構築されたもの故、投下労働価値説への批判は、労働搾取論の学問的影響力低下へと波及する効果があった。」(吉原[2008:8])

第5章 搾取と階級の一般理論
 「剰余生産物が利潤として資本家に帰属するのは、いかなるメカニズムによって説明されるだろうか? それは、労働者からの剰余労働物の掠め取りではなく、むしろ生産手段の不均衡な私的所有と市場における資本の労働に対する相対的希少性ゆえに、その資本財の所有主体である資本家に帰属すべく発生するレント(rentr=賃料)が、正の利潤であるという説明で十分である。」(吉原[2008:171])

第7章 労働搾取理論の公理的アプローチに向けて
 「今や、労働価値説は市場の交換関係を説明する理論社とは成り得ない事が知られる様になり、さらに7.1節と7.2節の結論によって、労働搾取論もまた、資本主義経済の客観的運動法則に関する理論ではなく、むしろ特定の規範的評価基準に基づく、資本主義経済の規範的特徴付けの為の理論である事が明らかになったきたと思う。各労働者もしくは各個人の取得労働時間がどの様に確定されるかという問題は、客観的かつあたかも自然科学的に自ずから一つの数値に確定されるという類いの話ではなく、むしろ人々の納得と合意を以って確定されるべき数値であるという意味において、規範的評価の関わる問題と考えるべきなのである。」(吉原[2008:274])

■書評・紹介

◆立岩 真也 2009/02/01 「二〇〇八年読書アンケート」,『みすず』51-1(2009-1・2 no.569):-


*作成:坂本 徳仁立岩 真也

UP:20080721 REV:20081105, 20090727

吉原 直毅  ◇労働  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK    

pdfで公開されている。図がカラーでお勧め。

第1章:

第2章:

純生産可能性条件は、2×2 型投入産出行列の想定の下、以下のように図示される: 

第3章:


:89頁
_____

A General Theory of Exploitation and Class, 1982, Cambridge, MA: Harvard University Press. 
Contents
Introduction
1. A crisis in Marxism 2
2. A general theory of exploitation 6
3. A simple model of Marxian exploitation 8
4. A brief outline 12
5. A defense of method 23
Part I Exploitation and Class in Subsistence Economies 25
1 ExPloitation in a Precapitalist Subsistence Economy 28
1. Two elementary subsistence economies 28
2. A private ownership,subsistence, production and exchange economy with stocks 33
3. Reswitching 44
4. Another characterization of exploitation in %(p): coalitions and cores 45
5. Summary 53
Appendix 1.1. %(p) as a model of unequal exchange between countries 55

2 The Labor Market and the Emergence of Class 61
1. A subsistence economy with labor market 62
2. Exploitation at reproducible solutions in %(p ,ω) 65
3. The division of society into classes in %(p,ω) 69
4. The Class Exploitation Correspondence Principle(CECP) 78
Appendix 2.1. The transforination problenl and the CECP 82
Appendix 2.2. The private ownership core of %(p,ω) 84

3 The Functional Equivalence of Labor and Credit Markets 87
1. A subsistence economy with credit market 87
2. The isomorphism between %(p,ω) and %(p,r) 89
3. The existence of reproducible solutions in %(p,ω) and %(p,r) 95
4. Exploitation versus alienation 104

Part II
Exploitation and Class in an Accumulating Economy 107
4 The Class Exploitation Correspondence Principle 113
1. A model of accumulation 113
2. A definition of exploitation 121
3. The characterization of producers′exploitation status and class position 123
4. The Class Exploitation Correspondence Principle(CECP) 129
5. A preference‐dependent deinition of exploitation 132.
6. Summary 134
Appendix 4.1. Exploited and exploiting coantions of producers 135

5 The Dependence of Labor Value on the Market 147
1. A summary ofthe idea 147
2. The model of production and accumulation for a core technology 153
3. The CECP in the von Neumann model: a special case 164
4. Labor embodied as compounded dated labor 160

6 Marxian Exploitation and Heterogeneous Labor 174
1. The CECP with differentiallabor endowment 176
2. Heterogeneous labor 178
3. The scope of the labor theory of exploitation 183
Appendix 6.1. on the exploitation of steel in a productive economy 186

Part III
Exploitation, Socialism, and Historical Materialism 189
7 A General Definition and Taxonomy of Exploitation 194
1. Exploitation and altematives 194
2. Feudal exloitation 199
3. Capitalist exploitation (with identical labor endowments) 202
4. Capitalist exploitation (the general case) 2θ∂
5. Socialist exploitation 212
6. Formal specifications Of exploitation 216
7. Exploitation with increasing returns to scale 219
8. The canonical exploited coalition and class struggle 226
9. Conclusion 233

8 Exploitation in Existing Socialism 238
1. Socialist exploitation under socialism 240
2. Status exploitation in existing socialism 243
3. Socially necessary exploitation and policy 248
4. Capitalist exploitation in existing socialism 250
5. Planning versus syndicalism and the market 257
6. Conclusion 259

9 Links with Historical Materialism 264
1. Socially necessary exploitation 265
2. The historical materialist imperative 270
3. Desert, return, and surplus 276
4. Needs 279
5. Why the labor theory of exploitation? 283
6. A sociology of injustice 288
References
Index


A General Theory of Exploitation and Class - John E. Roemer - Google ブックス
https://books.google.co.jp/books?id=kKa2AAAAIAAJ

吉原によるRoemer#5の図解:

\   P   |
 \↗︎     |
 \\     |
   \    |
  \ \   |
   \ \  |\
   \\ \ | \
     \ \|  \         
    \ \ |   \
       \|\ 搾 \
e2-a2\  \ \   \
        |\ \   \
      \ |被\ \   \
        |\搾\ \   \
       \| \取\ \ 取 \ 
        |_CP_\_\___\_____
        | ̄-_CS\ \CH
        |    ̄-_\ \ 
        |       ̄-_\ 
        |          ̄-_e1-a1

         5.7 階級-搾取対応原理



CECP 
搾取-階級対応原理(吉原191~2頁)
Exploitation Correspondence Principle (CECP) [Roemer (1982)]
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/Reexamination_of_the_Marxian_Exploitation.pdf

____





differential ownership of productive assets(DOPA)
生産的資産の差別的所有権

☆☆
^ H. Gintis & S. Bowles (1990). “Contested Exchange: New Microfoundations of the Political Economy of Capitalism”. Politics & Society 18(2).
資本主義的労働過程に内在する権力関係の構造を分析するモデルとして抗争交換モデルを提示して、労働現場への参加の決定権(採用/解雇の権限)を握る雇用者が、労働者による労働努力の発揮態度を自己に有利な方向に誘導することを示し、同じく雇い主-労働者の間の情報の非対称性の点から出発するが、交渉の参加主体の構成を所与と考える取引費用経済学プリンシパル=エージェント理論とは異なる分析視座を提供した。抗争交換モデルは、労働市場だけでなく、借り手がどのような条件を提示しても資金を調達できない現象が生じる資本市場の分析にも用いられる。抗争交換モデルは、初出論文の副題「資本主義の政治経済学のための新しいミクロ的基礎」が示す通り、これまでマクロ・レベル(階級間レベル)でとらえられがちだった資本主義内の権力関係を、ミクロ・レベル(個人間レベル)から分析し得るツールである。




__
P. Samuelson (1982) :"The normative and positive inferiority of Marx's vales
paradigm,"Southern Economic Journal 49-1, pp. 11-18.
1979関連書籍、

サミュエルソン経済学体系 〈9〉 リカード,マルクス,ケインズ…

経済学の成立を担った古典派経済学より現代の種々の学派にいたるまでの経済学の潮流と経済学の巨人たちの業績・生涯を,現代の巨人たる教授が鋭く論評する。

【目次】
第1部 古典派経済学
 賃金と利子―マルクス経済モデルの現代的解剖
 賃金と利子―マルクス経済モデルの現代的解剖:返答
 リカード経済学の現代的分析Ⅰ
 リカード経済学の現代的分析Ⅱ

 経済学としてのマルクス経済学
 マルクス的搾取概念を理解する:マルクス的価値と競争価格との間のいわゆる
 転化問題の総括
 マルクスの「価値」から競争「価格」への「転化」:廃棄と置き換えの過程
 ブルジョア的利潤率を導入した合理的計画のための新しい労働価値論

12 Comments:

Blogger yoji said...


A General Theory of Exploitation and Class, 1982, Cambridge, MA: Harvard University Press. 
Contents
Introduction
1. A crisis in Marxism 2
2. A general theory of exploitation 6
3. A simple model of Marxian exploitation 8
4. A brief outline 12
5. A defense of method 23
Part I Exploitation and Class in Subsistence Economies 25
1 ExPloitation in a Precapitalist Subsistence Economy 28
1. Two elementary subsistence economies 28
2. A private ownership,subsistence, production and exchange economy with stocks 33
3. Reswitching 44
4. Another characterization of exploitation in %(p): coalitions and cores 45
5. Summary 53
Appendix 1.1. %(p) as a model of unequal exchange between countries 55

2 The Labor Market and the Emergence of Class 61
1. A subsistence economy with labor market 62
2. Exploitation at reproducible solutions in %(p ,ω) 65
3. The division of society into classes in %(p,ω) 69
4. The Class Exploitation Correspondence Principle(CECP) 78
Appendix 2.1. The transforination problenl and the CECP 82
Appendix 2.2. The private ownership core of %(p,ω) 84

3 The Functional Equivalence of Labor and Credit Markets 87
1. A subsistence economy with credit market 87
2. The isomorphism between %(p,ω) and %(p,r) 89
3. The existence of reproducible solutions in %(p,ω) and %(p,r) 95
4. Exploitation versus alienation 104

Part II
Exploitation and Class in an Accumulating Economy 107
4 The Class Exploitation Correspondence Principle 113
1. A model of accumulation 113
2. A definition of exploitation 121
3. The characterization of producers′exploitation status and class position 123
4. The Class Exploitation Correspondence Principle(CECP) 129
5. A preference‐dependent deinition of exploitation 132.
6. Summary 134
Appendix 4.1. Exploited and exploiting coantions of producers 135

5 The Dependence of Labor Value on the Market 147
1. A summary ofthe idea 147
2. The model of production and accumulation for a core technology 153
3. The CECP in the von Neumann model: a special case 164
4. Labor embodied as compounded dated labor 160

6 Marxian Exploitation and Heterogeneous Labor 174
1. The CECP with differentiallabor endowment 176
2. Heterogeneous labor 178
3. The scope of the labor theory of exploitation 183
Appendix 6.1. on the exploitation of steel in a productive economy 186

Part III
Exploitation, Socialism, and Historical Materialism 189
7 A General Definition and Taxonomy of Exploitation 194
1. Exploitation and altematives 194
2. Feudal exloitation 199
3. Capitalist exploitation (with identical labor endowments) 202
4. Capitalist exploitation (the general case) 2θ∂
5. Socialist exploitation 212
6. Formal specifications Of exploitation 216
7. Exploitation with increasing returns to scale 219
8. The canonical exploited coalition and class struggle 226
9. Conclusion 233

8 Exploitation in Existing Socialism 238
1. Socialist exploitation under socialism 240
2. Status exploitation in existing socialism 243
3. Socially necessary exploitation and policy 248
4. Capitalist exploitation in existing socialism 250
5. Planning versus syndicalism and the market 257
6. Conclusion 259

9 Links with Historical Materialism 264
1. Socially necessary exploitation 265
2. The historical materialist imperative 270
3. Desert, return, and surplus 276
4. Needs 279
5. Why the labor theory of exploitation? 283
6. A sociology of injustice 288
References
Index

A General Theory of Exploitation and Class - John E. Roemer - Google ブックス
https://books.google.co.jp/books?id=kKa2AAAAIAAJ


吉原によるRoemer#5の図解:

\   P   |
 \↗︎     |
 \\     |
   \    |
  \ \   |
   \ \  |\
   \\ \ | \
     \ \|  \         
    \ \ |   \
       \|\ 搾 \
e2-a2\  \ \   \
        |\ \   \
      \ |被\ \   \
        |\搾\ \   \
       \| \取\ \ 取 \ 
        |_CP_\_\___\_____
        | ̄-_CS\ \CH
        |    ̄-_\ \ 
        |       ̄-_\ 
        |          ̄-_e1-a1

         5.7 階級-搾取対応原理

2:52 午前  
Blogger yoji said...


John Roemer - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Roemer
ジョン・ローマー - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC
(A General Theory of Exploitation and Class, 1982, Cambridge, MA: Harvard University Press. #5が重要。以下で検証される。)

吉原直毅『労働搾取の厚生理論序説』
http://www.arsvi.com/b2000/0802yn.htm
20080228 岩波書店,298p.

吉原によるRoemer#5の図解:

\   P   |
 \↗︎     |
 \\     |
   \    |
  \ \   |
   \ \  |\
   \\ \ | \
     \ \|  \         
    \ \ |   \
       \|\ 搾 \
e2-a2\  \ \   \
        |\ \   \
      \ |被\ \   \
        |\搾\ \   \
       \| \取\ \ 取 \ 
        |_CP_\_\___\_____
        | ̄-_CS\ \CH
        |    ̄-_\ \ 
        |       ̄-_\ 
        |          ̄-_e1-a1

         5.7 階級-搾取対応原理

CECP
搾取-階級対応原理(吉原191~2頁)
Exploitation Correspondence Principle (CECP) [Roemer (1982)]
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/Reexamination_of_the_Marxian_Exploitation.pdf

2:57 午前  
Blogger yoji said...

吉原労働搾取はpdfで公開されている
図がカラーなのでオススメ
HERMES-IR : Research & Education Resources: 労働搾取の厚生理論序説. 第5章
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/16189

2:43 午前  
Blogger yoji said...

#2
p7
図2.1: レオンチェフ生産体系の下での純生産可能性 上記の図2.1では、財1の1単位粗産出のために、 11 0必要である事、そして、財1産業の1単位粗産出活動 1 10 1 a− () 11 a ≥ の財1と 21 0 a > の財2の投入がe = ⎡ ⎤ ⎢ ⎥ ⎣ ⎦ 1 a ⎡⎤だけの純産の結果、 11 21 − a − ⎢⎥ ⎣⎦ a > の出ベクトルを生産する事を表している。同様に、財2の1単位粗産出のために、 12 0財1と 22 0 a ≥ の財2の投入が必要である。そして、財2産業の1単位粗産出活動 2 01⎡⎤ e = ⎢⎥の⎣⎦ −結果、 12 22 ⎡⎤ ⎢⎥ 1 − a aだけの純産出ベクトルを生産する。さらに、図2.1は、産出活動 1eと産出活⎣⎦動 2eの適切な 1 次結合によって得られる産出活動スカラー倍qx (但し、 0 =+− 1 tt () xe e (但し01 12 t ≤≤)の適当なq > )によって、 2+R上の任意の点をカバーできる事を示している。


#5

縦は所得

9:00 午前  
Blogger yoji said...


https://www.blogger.com/blogger.g?blogID=28938242#publishedcomments

Blogger: NAMs出版プロジェクト - 公開されているコメントマルクス:インデックス の (転形問題とパターンは同じ) 反論は、 資本家も損をしているから みんな得をしている場合もあるから 労働力商品を特権視しなければいい だいたいこの三つ マルクスの再生産表式が三つの場合とも含んでいる 問題は集合力を根源に置かないから その正当な扱いを想定できなくなっている、ということ
コンテンツを削除 | 削除 | スパム
yoji
(17/11/27)

マルクス:インデックス の マルクスの基本定理 http://matsuo-tadasu.ptu.jp/yougo_fmt.html 【マルクスの基本定理への批判】  マルクスの基本定理は、経済学世界に衝撃を与え、最初は次々と批判が出されたが、それらのほとんどはことごとく論破された。例えば、ときどきこの証明がレオンチェフ的な固定技術を前提していて、技術代替が考慮されていないように誤解する思い込みが見られるが、全くそんなことはない。固定技術であろうが可変技術であろうが、ともかくある技術のもとで正の利潤が出ていたならば、その技術のもとで搾取が存在するのである。また、固定資本を考慮しようが、技術進歩を考慮しようが、この定理は成り立つことも証明されている。  しかしなお、現在まで残っている批判は次の二つである。 1. 結合生産される財のうち一部の種類だけを資本家が取得する場合。 2. いわゆる「一般的商品搾取定理」  以下でこの二点を一つずつ紹介しよう。 【結合生産とマルクスの基本定理】  結合生産とは、一つの工程によって二種類以上の財が生産される事態を指す。スティードマンは、結合生産を考慮した場合、正の利潤が存在しても搾取が負になる数値例ができることを示し、マルクスの基本定理を批判した。しかし、このときの投下労働価値計算は、結合生産がない場合と同様の連立方程式を用いており、しかもこの数値例では、同一の労働投下に対して、一方の工程の純生産量は他方の工程の純生産量よりもすべての財について少ない想定になっている。このような工程をも含めて連立方程式で投下労働価値を計算すると、「負の価値」が出てきて、そのために搾取がマイナスに計算される。  このような明らかに劣った工程を含めて価値計算するのはおかしい。実質賃金の投下労働価値を測る時も、優秀な工程だけを動かせばより少ない労働投下で生産できるので、それで計算すれば十分である。『マルクス経済学』における置塩や『価値、搾取、成長』における森嶋は、スティードマンの反例をこのように批判した。  そうすると、結合生産を考慮した場合、ある財の組み合わせ全体の投下労働価値は、それを不足なく純生産するための最小限労働として定式化されることになる。労働1単位の見返りに入手できる実質賃金の諸財の投下労働価値も、同様にそれを不足なく純生産するための最小限労働で

2:55 午前  
Blogger yoji said...

ちょっと概念の整理。

>>698さんがお書きになっているのがおそらくはいわゆる「置塩の定理」のことで、
>>703さんがお書きになっているのはおそらくは「マルクス=置塩の定理」のことで、
これは後に森嶋通夫さんが「マルクスの基本定理」と呼んだものでしょうね?

前者の「置塩の定理」は、ある条件が成り立つならば、
マルクス学派のいう「利潤率の傾向的低下」の命題が必ずしも成立しない
ことを論証しているもの。
後者の「マルクスの基本定理」(マルクス=置塩の定理)は、
プラスの利潤が成り立つ場合に労働価値説なしにいつでも搾取が成り立つ
ということを論証したものですね。

>>709さんのご指摘はおそらくピケティさんらが集めた『21世紀の資本』の
データがマルクス学派のいう「利潤率の傾向的低下」と整合しないんじゃないか
って話ですね?

7:43 午前  
Blogger yoji said...


吉原によるRoemer#5の図解:

\   P   |
 \↗︎     |
 \\     |
   \    |
  \ \   |
   \ \  |\
   \\ \ | \
     \ \|  \         
    \ \ |   \
       \|\ 搾 \
e2-a2\  \ \   \
        |\ \   \
      \ |被\ \   \
        |\搾\ \   \
       \| \取\ \ 取 \ 
        |_CP_\_\___\_____
        | ̄-_CS\ \CH
        |    ̄-_\ \ 
        |       ̄-_\ 
        |          ̄-_e1-a1

         5.7 階級-搾取対応原理

CECP
搾取ー階級対応原理(吉原191~2頁)
Exploitation Correspondence Principle (CECP) [Roemer (1982)]
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/Reexamination_of_the_Marxian_Exploitation.pdf

9:16 午後  
Blogger yoji said...

https://lh3.googleusercontent.com/-Cened4msYNk/WDbfuKHStHI/AAAAAAABGhk/SFcIK0UZiVY/s640/blogger-image-611479011.jpg

吉原によるRoemer#5の図解:

\   P   |
 \↗︎     |
 \\     |
   \    |
  \ \   |
   \ \  |\
   \\ \ | \
     \ \|  \         
    \ \ |   \
       \|\ 搾 \
e2-a2\  \ \   \
        |\ \   \
      \ |被\ \   \
        |\搾\ \   \
       \| \取\ \ 取 \ 
        |_CP_\_\___\_____
        | ̄-_CS\ \CH
        |    ̄-_\ \ 
        |       ̄-_\ 
        |          ̄-_e1-a1

         5.7 階級-搾取対応原理

CECP
搾取ー階級対応原理(吉原191~2頁)
Exploitation Correspondence Principle (CECP) [Roemer (1982)]
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/Reexamination_of_the_Marxian_Exploitation.pdf

9:21 午後  
Blogger yoji said...

A General Theory of Exploitation and Class — John E. Roemer | Harvard University Press
http://www.hup.harvard.edu/catalog.php?isbn=9780674435865&content=reviews
目次のみ

6:33 午前  
Blogger yoji said...

1 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2010/09/23(木) 09:10:19 ID:N0SswEhC
ローマー(John E. Roemer)
ギンタス(Herbert Gintis)
ボールズ(Samyuel Bowles)
コーエン(Gerald A. Cohen)
エルスター(Jon Elster)
置塩信雄
森嶋通夫

3:53 午後  
Blogger yoji said...

酸っぱい葡萄 合理性の転覆について
叢書名   双書現代倫理学  ≪再検索≫
著者名等  ヤン・エルスター/著  ≪再検索≫
著者名等  玉手慎太郎/訳  ≪再検索≫
著者等紹介 【ヤン・エルスター】1940年生まれ.コロンビア大学ロバート・K・マートン社会科
学教授(政治学・哲学),ならびにコレージュ・ド・フランス終身教授.著書に『社会科
学の道具箱』(ハーベスト社)など.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され
ていたものです)
著者等紹介 【玉手慎太郎】東京大学特任研究員.共著に『権利の哲学入門』(社会評論社,2017
年)ほか.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
出版者   勁草書房
出版年   2018.9
大きさ等  20cm 371,19p
注記    原タイトル:SOUR GRAPES
NDC分類 115.3
件名    合理主義  ≪再検索≫
要旨    適応的選好形成という倫理学そして功利主義の重要問題を抉出する。
目次    第1章 合理性;第2章 本質的に副産物である状態;第3章 酸っぱい葡萄;第4章 
信念・バイアス・イデオロギー
ISBN等 4-326-19970-9

8:26 午後  
Blogger yoji said...

390 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2019/03/03(日) 22:38:58.46 ID:+PQJ04Sg
Duncan Foley 1989 Ideology and Methodology
https://docs.google.com/a/newschool.edu/viewer?a=v&pid=sites&srcid=
bmV3c2Nob29sLmVkdXxkdW5jYW4tZm9sZXktaG9tZXBhZ2V8Z3g6MzQw
Y2M2NTIwODc4MzU3MQ

(長すぎて受け付けないので、URLを折り返した。繋げて見るか、Dancan Fpley's Homepage
のpapersの一番下の方を見てほしい。)

30年前にDuncan Foleyがパークレーの大学院生向けに話した内容だが、いま読んでもすば
らしいし、今こそ話の内容が妥当するとも言える。

☆本文が長すぎるようだから、3回に分けて投稿する。

391 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2019/03/03(日) 22:40:32.07 ID:+PQJ04Sg
経済学の主流=体制派に対し、反対派ないし主流経済学に違和感を覚える学生がどう考
えていったらいいかを体系付けている。

Duncan Foley は、紹介の必要がないと思うが、最近の学生には知らない人がいるかもし
れない。アメリカでは数少ないマルクス経済学者で、MIT やStanfordの准教授になりながら、
マルクス経済学者であることを理由にtenureを取れなかった人だ。ただ、彼はそれでくじけた
りせず、いまはNew School for Social Research の教授兼複雑系で有名なSanta Fe研究所
の院外教授を勤めている。

Foleyは、日本では想像のつかないほど厳しい圧力に耐えてきた人であり、その彼が反主流
経済学に取り組もうとする大学院生向けに話した内容であたるだけに、説得力がある。

詳しくは本文を読んでもらうに如くはないが、簡単に紹介しておこう。

第2節では、反対派(dissidents)が採用しなければならない戦略について主流派が
学ばなければならなことについて語っている。

①有用で正しい方法、データ、理論、結論などは偏見をもつことなく採用すること

②主流派経済学の構築物は代替的理論を構築する上でのモデルとなりうること

③主流の経済学が持つと同じように、代替的経済学は、あらゆる水準の抽象さと科学的知識
の再生産のすべて分節構造とを持たなければならないこと、したがってわれわれには科学
研究の如何なる分野であろうと、それが抽象的過ぎるとか複雑過ぎるとかいう贅沢は許され
ない。

第3節では、方法とイデオロギーの関係を間違えないよう、「方法の批判」について語っている。
方法は、3つの観点から批判的に吟味しなければならない。

①方法が正しく用いられているか。
②問題に答えるのに間違った方法が使われていないか。
③間違った問題が問われていないか。


392 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2019/03/03(日) 22:41:09.82 ID:+PQJ04Sg
第4節は、代替的経済学を構築する上での注意点である。

①強くかつ正直に自己批判的であること
②問題にかなった方法を採用し、好き嫌いをしないこと
③方法論的にアグレッシブであること
④問題設定を明確にし、それらを一貫した枠組みで捉えること
⑤われわれは生き延びなければならない。

それぞれの項目には、詳しい解説があるので参考にしてほしい。⑤はFoleyの
実人生からの教訓だ。代替的な経済学を構築するには、アカデミーの中で
生き延びなければならない。そのためにどう行動すべきか。それが次の第5節の
主題だが、省略する。院生としては一番気になるところだろう。

第6節は、主流の経済学の弱点と傾向を語っている。これも5点あるが、さすがに
30年後の今日から見ると、やや楽観的すぎる観測や外れた見通しがある。

たとえば、④では計量経済学の発展によって方法論的に疑わしい方法は棄却され
やすくなってきたと指摘しているが、DSGEやcalibrationの横行のような事態は
想像できなかったのだろう。②でPaul Romerの内生的成長理論に期待している向き
があるが、これは正しい判断だったのだろうか。こうしたいくらか留保すべき点が
あるものの、主流の経済学に違和感をもつ経済学者が考えるべきこととして、この
講話内容は日本でも十分熟読に値する。

いや、ひょっとすると日本でこそ、読むべき内容かもしれない。というのも、日本の
マルクス経済学は、いいかげんに体制化していたためか、方法論的にアグレッシブ
ではなく、方法論的にきわめて保守的でむしろ既存の狭い枠に閉じこもってきた感
じがある。

たとえば、日本ではマルクス派は、スラッファ派やケインズ派と僅かの観点の違い
を巡って対立してきたが、主流の経済学に対抗し、代替的理論を構築するという努力
において欠けていたと思う。第1節の「"主流派"経済学のヘゲモニー」では、Foleyは
知的ヘゲモニーは、政治的なイデオロギーよりも、方法面で経済学を支配していると
指摘し、その一例として一般均衡という枠組みを挙げてある。

考えてみれば、明示的に一般均衡を標榜しなかっただけで、多くのマルクス経済学者は
実質的には一般均衡の枠組みで経済を理解しようとしてきたとも言える。これはアメリカのような厳しい抑圧の中で耐え抜いたFoleyだからこその明察とも言える。

5:57 午後  

コメントを投稿

<< Home