日曜日, 3月 31, 2013

民俗学(人類学):インデックス

             (リンク::::::::::民俗学@)
ダブルバインド(Double bind)Bateson, G.1956
http://nam-students.blogspot.jp/2017/02/double-bindbateson-g1956.html
NAMs出版プロジェクト: イロコイ連邦:メモ
http://nam-students.blogspot.jp/2013/02/blog-post_7662.html
折口信夫の文学史「日本文学系図」
http://nam-students.blogspot.jp/2009/11/blog-post.html
『方丈記』英訳 南方熊楠 ビクター・ディキンズ (1905年)
http://nam-students.blogspot.jp/2012/06/japanese-thoreau-of-twelfth-century.html?m=0
柳田國男:メモ(全集目次)
http://nam-students.blogspot.jp/2013/03/blog-post_30.html
柳田国男:メモ(文庫版全集目次)
http://nam-students.blogspot.jp/2014/01/321989919912_19.html
NAMs出版プロジェクト: 柳田国男と孝(柄谷行人『遊動論』をめぐって)&蝸牛考
http://nam-students.blogspot.jp/2014/01/blog-post_30.html
NAMs出版プロジェクト: エマニュエル・トッド - Wikipedia
http://nam-students.blogspot.jp/2017/02/wikipedia-httpsja.html

The Silent Trade(1903) 『沈黙交易―異文化接触の原初的メカニズム序説』グリアスン

http://nam-students.blogspot.jp/2017/04/the-silent-trade1903-1997.html

群馬県広報番組ぐんま一番「南牧村」(H26.8.29放送)
http://youtu.be/EvqWh5sQ3A8
転載:100分de名著 レヴィ・ストロース“野生の思考”#1 「構造主義の誕生」   書き起こし
http://nam-students.blogspot.jp/2016/12/20161205-httpkakiokoshihatenablogcoment.html
NAMs出版プロジェクト: 一遍上人
http://nam-students.blogspot.jp/2016/12/blog-post_24.html
フィジーの思い出と互酬性 : 別ブログ
http://yojiseki.exblog.jp/7821401/

作家別作品リスト:柳田 国男
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1566.html

https://kindle.amazon.co.jp/work/x67f3-x7530-x56fd-x7537-japanese-ebook/B00BS5O58E/B00BS4K2U0/posts
《日本では、古代においても、中世においても、武士は山地に住んで平地を制御したのであります。古代には九州の山中にすこぶる獰悪の人種が住んで居りました。歴史を見ると肥前の基肆郡、豊後の大野郡、肥後の菊池郡というような地方に、山地を囲んで所々に城がありまするのは、皆この山地の蛮民に対して備えたる隘勇線であります。蛮民大敗北の後移住して来た豪族も、また概ね山中に住んで居りました。後年武士が平地に下り住むようになってからは、山地に残れる人民は、次第にその勢力を失い、平地人の圧迫を感ぜずには居られなかったのであります。いわば米食人種、水田人種が、粟食人種、焼畑人種を馬鹿にする形であります。この点については深く弱者たる山民に同情を表します》
柳田國男「九州南部地方の民風」より

-------------------
『遊動論』目次及び、文庫版『柳田国男全集』、柄谷行人言及箇所:メモ
http://nam-students.blogspot.jp/2014/01/20140120.html


「固有信仰は民俗学によってしか接近できない。と同時に、それは民俗学では接近できない」
(『遊動論』133頁)

柳田国男と靖国神社
 柄谷行人「遊動論-山人と柳田国男(前篇)」「文学界」2013.10:メモ

柄谷は柳田国男の後継者にコモンズを導入した宇沢弘文を置く。
講演時に柄谷の語った(柳田の)死後の魂のアソシエーションは靖国の論理に近いと思ったが、 実際靖国が「先祖の話」を模倣したという。
以下柄谷が参照した川田順造の文章から引用。

 経世済民の志と学問のあり方をめぐって、初期柳田に執着する私がこだわらずにいられないのは、敗戦直後、GHQの政策で存亡の危機に立たされた靖国神社を、新暦の盆に当たる七月一五日を中心とする「みたままつり」を民俗に基づく行事としてGHQに認めさせ、それを基礎に靖国神社を存続させたことへの、民俗学者柳田国男の関与だ。(『靖国神社百年史』資料篇(略)などを主に参照)
 昭和二〇年(一九四五)、三月に折口信夫の養子春洋(はるみ)が硫黄島で戦死したこともおそらく契機のひとつとなって、柳田は空襲下の東京で四月から五月にかけて『先祖の話』を書き(刊行は筑摩書房から昭和二一年(一九四六))、仏教の盂蘭盆会で「精霊」とされる以前の「みたま」とそのまつり方について、考察をすすめた。これを読んだ当時の靖国神社禰宜・総務部長坂本定夫は、度々柳田を訪ねて教えを乞い、昭和二一年七月一五日に、長野県遺族会有志が盆踊りを奉納した機会に、七月二五日から柳田に三回の民俗学講座「氏神と氏子について」の連続講演を依頼し、実現させた。九月から一一月にかけても、ほぼ毎週土曜日に「民間伝承の会」主催の民俗学講義を靖国会館講堂で開き、講師として柳田国男も何度も招いている。
 翌昭和二二年七月からは、柳田の『先祖の話』を基礎に神社側でもパンフレットを作って準備し、一三日から一六日までを正式に「みたま祭」として、踊りの奉納、雪洞の奉納を中心に、夜店も出し、伝統的民俗行事として靖国神社で執り行うことにした。GHQにも「フォーク祭」(民俗行事)として説明して了承を得、担当官も招いた。このようにして靖国神社は、占領下も無事存続した。
 ただ、「みたま」の性格からして、それまで靖国神社に祀られていた祭神(戦死者)以外の死者の「みたま」も祀ることになるので、昭和二四年(一九四九)からは、神社側でもみたま祭前夜祭に先立ち、七月一三日午後六時から、新たに「諸霊祭」を行うようになった。

(川田順造「最初期の柳田を讃える」「現代思想」2012年10月 臨時増刊号 柳田国男 134ー5頁より)

(上記はA級戦犯合祀の問題などとも関連するが話を柳田にもどすと)柳田は報徳社などを否定的媒介(by花田清輝)としたので、江戸の可能性を切り捨てた。
だから個人的には包括的協同組合論とは思うが評価出来ない。
柳田国男の協同組合論を読んでも何もでてこない。
柳田国男は協同組合に関して近代主義だ。
言っていることとやっていることが違う。

柳田国男は報徳社の意義を理解できなかったのだと思う。NAMのように報徳社は母体であって主体ではない。協同組合社会は法律だけでは獲得出来ない。柄谷論考でも引用されている以下の並松論文を読んで改めてそう思う。

http://ksurep.kyoto-su.ac.jp/dspace/bitstream/10965/448/1/AHSUSK_SSS_27_83.pdf

ただし靖国のそれは片務的契約で柳田のそれは双務的ではあろう。

追儺&追儺考



追儺考

 1.緒言
 2.追儺の概略
 3.追儺儀礼
 4.変遷
 5.方相氏
 6.参考文献




1.緒言

 本稿は、節分儀礼とその元となった追儺についての概説である。
 まず追儺とは何か、どのような儀礼であったのかについて述べ、その後現代の節分儀礼にまで至る歴史的変遷を辿る。最後にその原型と考えられる中国大陸における方相氏について触れる。

                              ***
2.追儺の概略

 「追儺(ついな)」とは我が国の宮中で古くから行われていた年中行事の一つである。元々は大陸で行われていた「大儺(たいな)の礼」が、本邦にも取り入れられたと考えられている。
 この儀式の形式は、おそらく、『唐書』「礼楽志」にあるような唐代の儀式が伝えられたものであろう。本来「儺(だ)」という漢字は、疫病を駆逐するという意味を持つ。この儀式は大陸では季節の変わり目に行われていたらしい。
 大儺の礼とは、方相氏(ほうそうし)が窮奇(きゅうき)や騰根(とうこん)等の十二頭の野獣に扮したもの達と百二十人の子供を引き連れて妖魔を祓うというものである。我が国では、これに相当する儀礼を「儺遣(なや)らう」、「儺遣(なや)らい」、「鬼遣らい」などともいう。これは重要な宮中行事であり、後世には変質しながら民間にも広がって行ったとされる。
 我が国には7世紀頃には既に伝わっていたらしい。『続日本記』の慶雲三年(西暦706年)に大儺が行われた記事があり、これが文献に表れた最初であるとされている。

                              ***

10-10

郷人飮酒、杖者出斯出矣、郷人儺、朝服而立於祚*階、

郷人(きょうじん)の飲酒には、杖者(じょうじゃ)出ずれば、斯こに出ず。郷人の儺(おにやらい)には、朝服して祚*階(そかい)に立つ。

村の人たちで酒を飲むときは、杖をつく老人が退出してから初めて退出する。村の人たちが鬼遣いをするときは、朝廷の礼服をつけて東の階段に立つ。 

土曜日, 3月 30, 2013

柳田國男:メモ(全集目次)

                            (リンク::::::文庫版のみ
 定本版全集目次文庫版全集目次最新版全集目録 


NAMs出版プロジェクト: エマニュエル・トッド - Wikipedia

http://nam-students.blogspot.jp/2017/02/wikipedia-httpsja.html

NAMs出版プロジェクト: 柳田国男と孝(柄谷行人『遊動論』をめぐって)&蝸牛考

http://nam-students.blogspot.jp/2014/01/blog-post_30.html





Book


『柳田国男全集』全32巻(筑摩書房、1989.9~1991.2、ちくま文庫)
10
11121314151617181920
21222324252627282930
3132

 

第1巻 1989.9.26
 
海上の道……………………………………… 7
海南小記…………………………………… 297
島の人生…………………………………… 525
海女部史のエチュウド…………………… 681
*解説(福田アジオ)…………………… 689
*解題……………………………………… 704
 


第2巻 1989.9.26
 
雪国の春……………………………………… 7
秋風帖……………………………………… 185
東国古道記………………………………… 303
豆の葉と太陽……………………………… 345
旅中小景…………………………………… 565
丹波市記…………………………………… 572
樺太紀行…………………………………… 578
遊海島記…………………………………… 603
海上文化…………………………………… 622
*解説(宮田登)………………………… 653
*解題……………………………………… 661
 


第3巻 1989.10.31
 
水曜手帖……………………………………… 7
北国紀行…………………………………… 111
五十年前の伊豆日記……………………… 317
瑞西日記…………………………………… 327
ジュネーブの思い出……………………… 389
菅江真澄…………………………………… 401
*解説(米山俊直)……………………… 589
*解題……………………………………… 598
 


第4巻 1989.10.31
 
遠野物語……………………………………… 7
山の人生………………………………………77
史料としての伝説………………………… 255
山人外伝資料……………………………… 385
山神とオコゼ……………………………… 419
木地屋物語………………………………… 430
山立と山臥………………………………… 441
「イタカ」及び「サンカ」……………… 454
所謂特殊部落ノ種類……………………… 483
*解説(永池健二)……………………… 507
*解題……………………………………… 519
 


第5巻 1989.12.4
 
後狩詞記……………………………………… 7
山島民譚集(一)……………………………55
山島民譚集(二)(初稿草案)………… 245
山島民譚集(三)(副本原稿)………… 329
掛神の信仰について……………………… 485
勝善神……………………………………… 496
猿廻しの話………………………………… 510
絵馬と馬…………………………………… 516
板絵沿革…………………………………… 520
山民の生活………………………………… 529
*解説(野本寛一)……………………… 545
*解題……………………………………… 558
 


第6巻 1989.12.4
 
妖怪談義……………………………………… 7
一目小僧その他…………………………… 213
おとら狐の話……………………………… 517
片目の魚…………………………………… 590
*解説(飯島吉晴)……………………… 607
*解題……………………………………… 618
 


7巻 1990.1.30
 
伝説…………………………………………… 7
木思石語…………………………………… 157
神を助けた話……………………………… 353
生石伝説…………………………………… 493
夜啼石の話………………………………… 501
矢立杉の話………………………………… 508
曽我兄弟の墳墓…………………………… 513
地蔵殿の苗字……………………………… 521
水引地蔵…………………………………… 524
廻り地蔵…………………………………… 527
子安地蔵…………………………………… 532
黒地蔵白地蔵……………………………… 537
西行橋……………………………………… 540
細語の橋…………………………………… 552
橋の名と伝説……………………………… 556
片葉蘆考…………………………………… 563
諸国の片葉の蘆…………………………… 573
伝説の系統及び分類……………………… 575
伝説とその蒐集…………………………… 583
伝説のこと………………………………… 587
*解説(大島広志)……………………… 603
*解題……………………………………… 614
 


第8巻 1990.1.30
 
口承文芸史考………………………………… 7
昔話と文学………………………………… 209
昔話覚書…………………………………… 451
*解説(野村純一)……………………… 685
*解題……………………………………… 697
 


第9巻 1990.2.27
 
物語と語り物………………………………… 7
笑の本願…………………………………… 201
不幸なる芸術……………………………… 321
東北文学の研究…………………………… 465
世間話の研究……………………………… 511
御伽噺と伽………………………………… 531
童話小考…………………………………… 535
昔話を愛する人に………………………… 575
昔話のこと………………………………… 589
*解説(福田晃)………………………… 601
*解題……………………………………… 615
 


第10巻 1990.2.27
 
桃太郎の誕生………………………………… 7
女性と民間伝承…………………………… 423
竜王と水の神……………………………… 591
*解説(小松和彦)……………………… 597
*解題……………………………………… 608
 


第11巻 1990.3.27
 
妹の力………………………………………… 7
巫女考……………………………………… 305
毛坊主考…………………………………… 417
俗聖沿革史………………………………… 547
立山中語考………………………………… 589
一言主考…………………………………… 593
鬼の子孫…………………………………… 605
唱門師の話………………………………… 615
俗山伏……………………………………… 626
桂女由来記………………………………… 630
*解説(宮本袈裟雄)…………………… 647
*解題……………………………………… 657
 


第12巻 1990.3.27
 
婚姻の話……………………………………… 7
家閑談……………………………………… 273
農村家族制度と慣習……………………… 463
親方子方…………………………………… 499
常民婚姻史料……………………………… 527
葬制の沿革について……………………… 618
葬制沿革史料……………………………… 649
*解説(鳥越皓之)……………………… 687
*解題……………………………………… 699
 


第13巻 1990.4.24
 
先祖の話……………………………………… 7
日本の祭…………………………………… 211
神道と民俗学……………………………… 431
祭礼と世間………………………………… 543
神道私見…………………………………… 587
神社のこと………………………………… 627
人を神に祀る風習………………………… 644
忌と物忌の話……………………………… 681
魂の行くえ………………………………… 700
大嘗祭ニ関スル所感……………………… 712
*解説(新谷尚紀)……………………… 721
*解題……………………………………… 737
 


第14巻 1990.4.24
 
神樹篇………………………………………… 7
祭日考……………………………………… 247
山宮考……………………………………… 389
氏神と氏子………………………………… 503
*解説(赤田光男)……………………… 691
*解題……………………………………… 703
 


第15巻 1990.5.29
 
石神問答……………………………………… 7
大白神考…………………………………… 201
みさき神考………………………………… 421
田社考大要………………………………… 435
塚と森の話………………………………… 460
十三塚……………………………………… 510
境に塚を築く風習………………………… 535
七塚考……………………………………… 539
耳塚の由来について……………………… 548
民俗学上における塚の価値……………… 554
*解説(佐野賢治)……………………… 561
*解題……………………………………… 571
 


第16巻 1990.5.29
 
年中行事覚書………………………………… 7
新たなる太陽……………………………… 237
月曜通信…………………………………… 393
行器考……………………………………… 527
苗忌竹の話………………………………… 545
御刀代田考………………………………… 553
家の神の問題……………………………… 580
浜弓考……………………………………… 587
神送りと人形……………………………… 607
*解説(宮田登)………………………… 661
*解題……………………………………… 670
 


第17巻 1990.6.26
 
木綿以前の事………………………………… 7
食物と心臓………………………………… 299
手拭沿革…………………………………… 513
民間些事…………………………………… 540
稗の未来…………………………………… 573
米櫃と糧と菜……………………………… 590
親の膳……………………………………… 605
小豆の話…………………………………… 617
塩雑談……………………………………… 637
*解説(倉石あつ子)…………………… 645
*解題……………………………………… 655
 


第18巻 1990.6.26
 
民謡覚書……………………………………… 7
民謡の今と昔……………………………… 309
踊の今と昔………………………………… 391
獅子舞考…………………………………… 440
掛け踊……………………………………… 455
風流と我面白……………………………… 464
郷土舞踊の意義…………………………… 471
仮面に関する一二の所見………………… 480
田植のはなし……………………………… 493
*解説(小島美子)……………………… 503
*解題……………………………………… 514
 


第19巻 1990.7.31
 
蝸牛考………………………………………… 7
西は何方…………………………………… 177
毎日の言葉………………………………… 417
*解説(真田信治)……………………… 559
*解題……………………………………… 569
 


第20巻 1990.7.31
 
地名の研究…………………………………… 7
風位考……………………………………… 291
大唐田または唐干田という地名………… 357
アテヌキという地名……………………… 359
和州地名談………………………………… 363
水海道古称………………………………… 375
名字の話…………………………………… 379
家の話……………………………………… 419
垣内の話…………………………………… 438
食料名彙…………………………………… 450
*解説(谷川彰英)……………………… 499
*解題……………………………………… 512
 


第21巻 1990.8.28
 
方言覚書……………………………………… 7
国語史 新語篇…………………………… 295
標準語と方言……………………………… 441
国語史論…………………………………… 575
*解説(井上史雄)……………………… 627
*解題……………………………………… 639
 


第22巻 1990.8.28
 
国語の将来…………………………………… 7
方言と昔…………………………………… 287
小さき者の声……………………………… 335
少年と国語………………………………… 459
喜談日録…………………………………… 533
幼言葉分類の試み………………………… 555
村荘閑話…………………………………… 566
*解説(庄司和晃)……………………… 575
*解題……………………………………… 586
 


第23巻 1990.9.25
 
こども風土記………………………………… 7
なぞとことわざ…………………………… 103
火の昔……………………………………… 197
村と学童…………………………………… 367
村のすがた………………………………… 535
*解説(谷川彰英)……………………… 619
*解題……………………………………… 635
 


第24巻 1990.9.25
 
野草雑記……………………………………… 7
野鳥雑記…………………………………… 119
信州随筆…………………………………… 265
孤猿随筆…………………………………… 423
「黒」を憶う……………………………… 631
狸とデモノロジー………………………… 637
狸とムジナ………………………………… 647
*解説(篠原徹)………………………… 659
*解題……………………………………… 671
 


第25巻 1990.10.30
 
日本の昔話…………………………………… 7
日本の伝説………………………………… 155
俳諧評釈…………………………………… 319
俳諧評釈続篇……………………………… 585
別座鋪の歌仙…………………………… 587
子規一門の連句………………………… 605
芭蕉の恋の句…………………………… 617
*解説……………………………………… 629
*解説「日本の昔話」「日本の伝説」(松谷みよ子)…… 629
*解説 俳諧(高藤武馬)…………… 634
*解題……………………………………… 645
 


第26巻 1990.10.30
 
明治大正史 世相篇………………………… 7
国史と民俗学……………………………… 395
現代科学ということ……………………… 567
社会科教育と民間伝承…………………… 585
歴史教育について………………………… 598
民俗学研究所の成立ち…………………… 610
民俗学研究所の事業について…………… 618
日本を知るために………………………… 633
*解説(佐藤健二)……………………… 645
*解題……………………………………… 658
 


第27巻 1990.12.4
 
郷土誌論……………………………………… 7
青年と学問………………………………… 115
北小浦民俗誌……………………………… 351
「郷土研究」の休刊……………………… 479
東北と郷土研究…………………………… 486
郷土科学について………………………… 508
実験の史学………………………………… 518
平凡と非凡………………………………… 543
比較民俗学の問題………………………… 563
*解説(岩本由輝)……………………… 577
*解題……………………………………… 589
 


第28巻 1990.12.4
 
郷土生活の研究法…………………………… 7
民間伝承論………………………………… 245
女性生活史………………………………… 507
文化運搬の問題…………………………… 588
文化と民俗学……………………………… 611
*解説(福田アジオ)…………………… 631
*解題……………………………………… 645
 


第29巻 1991.1.29
 
時代ト農政…………………………………… 7
日本農民史………………………………… 229
都市と農村………………………………… 333
生産組合の性質について………………… 543
中農養成策………………………………… 550
農民史研究の一部………………………… 587
農村雑話…………………………………… 623
行商と農村………………………………… 637
*解説(藤井隆至)……………………… 675
*解題……………………………………… 692
 


第30巻 1991.1.29
 
最新産業組合通解…………………………… 7
日本産銅史略……………………………… 185
農政学……………………………………… 255
農業政策学………………………………… 393
農業政策…………………………………… 579
*解説(藤井隆至)……………………… 677
*解題……………………………………… 693
 


第31巻 1991.2.26
 
退読書歴……………………………………… 7
自序………………………………………… 9
批評集………………………………………12
金田一京助著「アイヌ研究」…………12
中田千畝著「和尚と小僧」……………15
文野白駒著「加無波良夜譚」…………17
岡田蒼溟著「動物界霊異誌」…………20
中山太郎著「日本巫女史」……………23
鷹野弥三郎著「山窩の生活」…………26
E・キース著「東側の窓」 ……………29
矢部鴨北著「千葉県郷土誌」…………31
木戸忠太郎著「達磨と其諸相」………34
野口恒重復刻「箋註倭名類聚抄」……38
序跋集………………………………………41
佐喜真興英著「女人政治考」…………41
高木敏雄著「日本神話伝説の研究」…44
土橋里木著「甲斐昔話集」……………47
佐々木喜善著「聴耳草紙」……………54
高田十郎編「大和の伝説」……………57
青木純二著「山の伝説」………………59
早川孝太郎編「能美郡民謡集」………67
三上永人編「東石見田唄集」…………74
沢田四郎作編「ふるさと」……………78
伊能嘉矩著「遠野方言誌」……………80
荒垣秀雄著「北飛騨の方言」…………81
大田栄太郎編「滋賀県方言集」………83
桂又三郎著「岡山動植物方言図譜」…86
早川孝太郎著「花祭」…………………89
宮良当壮編「沖縄の人形芝居」…… 102
伊能嘉矩著「台湾文化志」………… 105
江川俊治著「ハルマヘイラ島生活」…… 109
鈴木覚馬編「岳南史」……………… 111
鈴木皷村著「耳の趣味」…………… 114
自編「郷土会記録」………………… 122
読書雑記………………………………… 125
偶読書抄……………………………… 125
「耳袋」とその著者………………… 126
百年前の散歩紀行…………………… 129
一青年の旅行記……………………… 132
霜夜談………………………………… 136
読書懺悔……………………………… 141
読書術雑談…………………………… 149
新傾向………………………………… 155
読物の地方色………………………… 158
愛書家の立場から…………………… 160
半暴露文学…………………………… 163
婦人雑誌のこと……………………… 166
煕譚書屋間話………………………… 172
雑記…………………………………… 178
「日本志篇」に題す………………… 180
古書保存と郷土……………………… 182
郷土叢書の話………………………… 187
老読書歴…………………………………… 227
自序……………………………………… 229
批評集…………………………………… 232
鷹野つぎ著「子供と四季」………… 232
中西悟堂著「野禽の中に」………… 233
山階芳麿著「日本の鳥類と其生態」…… 234
小寺融吉著「郷土民謡舞踊辞典」… 236
福永恭助・岩倉具実共著「口語辞典」…… 237
東条操著「方言と方言学」………… 239
小谷方明著「大阪府民具図録」…… 241
序跋集…………………………………… 244
田中喜多美著「山村民俗誌」……… 244
山口貞夫著「地理と民俗」………… 247
楢木範行著「日向馬関田の伝承」… 249
江馬三枝子著「飛騨の女たち」…… 252
瀬川清子著「海女記」……………… 254
能田多代子著「村の女性」………… 257
大藤ゆき著「児やらひ」…………… 263
女性民俗学研究会編「女の本」…… 267
高田十郎著「随筆民話」…………… 269
別所梅之助著「地を拓く」………… 279
福原信三編「武蔵野風物」………… 282
川崎隆章編「岳」…………………… 285
松木時彦著「神都百物語」………… 289
辻本好孝著「和州祭礼記」………… 290
須山計一・諸田益男共著「信濃の祭」…… 298
日本放送協会編「日本民謡大観関東篇」…… 300
小笠原謙吉著「紫波郡昔話集」…… 305
島袋盛敏訳「遺老説伝」…………… 308
水原岩太郎著「備中土面子の図」… 312
石川県図書館協会編「町村誌編纂の栞」…… 315
岩手県教育会九戸郡部会編「九戸郡誌」…… 323
富木友治編「百穂手翰」…………… 327
佐藤氏日記「菻沢歳時記」………… 333
川口孫治郎著「日本鳥類生態学資料」…… 348
小林保祥著「高砂族パイワヌの民芸」…… 354
柳田国男編「沖縄文化叢説」……… 358
大田陸郎著「支那習俗」…………… 360
解題集…………………………………… 364
帝国文庫「紀行文集」……………… 364
赤松宗旦著「利根川図志」………… 379
根岸守信編「耳袋」………………… 390
横山重編「琉球史料叢書」………… 400
田辺泰・巌谷不二雄共著「琉球建築」…… 404
館柳湾著「林園月令」……………… 405
読書雑記………………………………… 410
書物が多過ぎる……………………… 410
文庫本について……………………… 419
古典の発掘…………………………… 428
ささやかなる昔…………………………… 433
ささやかなる昔………………………… 435
萩坪翁追懐……………………………… 441
国木田独歩小伝………………………… 446
這箇鏡花観……………………………… 449
花袋君の作と生き方…………………… 453
「東京の三十年」……………………… 460
重い足踏みの音………………………… 466
「破戒」を評す………………………… 474
蘆花君の「みみずのたはこと」……… 477
野鳥と海洋文学………………………… 479
露伴をしのぶ…………………………… 484
南方熊楠………………………………… 487
南方熊楠先生…………………………… 498
「新仏教」のことなど………………… 507
無意識の歴史家………………………… 511
法制局時代の上山氏…………………… 514
「追思録」その他……………………… 527
境を歩む人……………………………… 530
三条商太郎翁事業推薦書……………… 535
「土の香」の思い出…………………… 541
菅江真澄のこと………………………… 545
少年読書記……………………………… 550
漱石の「猫」に出る名………………… 552
童心画巻………………………………… 556
予が出版事業…………………………… 562
芳賀郡と柳田氏………………………… 571
私の信条………………………………… 584
柳田国男自伝…………………………… 592
幽冥談……………………………………… 599
乱読の癖…………………………………… 618
*解説(岡谷公二)……………………… 625
*解題……………………………………… 637
 


第32巻 1991.2.26
 
初期文学作品………………………………… 7
野辺のゆきゝ……………………………… 9
序………………………………………… 9
夕ぐれに眠のさめし時…………………12
年へし故郷………………………………12
野末の雲…………………………………13
ある時……………………………………13
○〔なぐさむよしもありやとて〕……14
海の辺にゆきて…………………………15
友なし千鳥………………………………16
磯間の宿…………………………………16
人に別るとて……………………………17
思ひ出でゝ………………………………18
鶯がうたひし……………………………18
美しき姫に若者がいひし………………19
花陰の歌…………………………………21
都の塵……………………………………23
園の清水…………………………………25
○〔あしびきの山のあらゝぎ〕………25
月の夜……………………………………26
○〔妹といこひてかたらひし〕………27
○〔あすの別をかなしとて〕…………28
母なき君…………………………………28
○〔そは何ゆゑの涙ぞと〕……………29
夕のみちに………………………………30
野の家……………………………………30
小百合の花………………………………32
一夜………………………………………34
○〔人のこゝろをうたがへば〕………34
ある折に…………………………………35
暁やみ……………………………………35
はかなきわかれ…………………………37
○〔我が恋やむは何時ならん〕………38
野辺の小草…………………………………41
かなしき園生……………………………41
あこようたへ……………………………42
わかれ……………………………………43
谷の草……………………………………44
磯の清水…………………………………45
逝く水……………………………………46
ある時……………………………………48
○〔恋て男子の死ぬといはゞ〕………49
夕づゝ……………………………………50
うたかた…………………………………50
夕やみ……………………………………51
春の夜……………………………………53
川の岸に立て……………………………53
友よいざ…………………………………54
心の花……………………………………55
拾遺詩篇……………………………………59
我がさほ姫の君に………………………59
おぼろ夜…………………………………61
○〔わが世の春のにひ月の〕………61
○〔春よ月夜よわが恋よ〕…………61
筑波山を望みて…………………………62
野辺の小草………………………………63
○〔かすみたなびく葛飾に〕………63
○〔はてなきものを思ひつゝ〕……64
○〔わか菜摘む子が黒髪に〕………65
○〔並木の松にかよひ来る〕………65
抂花操……………………………………66
永き名……………………………………67
夕かげ草…………………………………68
桐花歌……………………………………69
桂子………………………………………82
短歌行のこゝろを………………………82
別離………………………………………84
人に………………………………………86
八洲海……………………………………87
短歌…………………………………………89
散文……………………………………… 103
鸚鵡…………………………………… 103
古戦場………………………………… 105
利根の夜船…………………………… 108
歌評…………………………………… 112
壷すみれ…………………………… 112
磯うつ波…………………………… 113
夢がたり……………………………… 117
菫摘みし里の子…………………… 117
籠の鶯……………………………… 118
あはれなる浪……………………… 119
影…………………………………… 120
小さき星…………………………… 121
比翼の鳥…………………………… 122
森の下草……………………………… 124
露わけ衣……………………………… 128
草もみぢ……………………………… 133
独坐記………………………………… 139
女の子生みたる友の許へ…………… 141
干潟の霜……………………………… 143
西楼記………………………………… 149
すゞみ台……………………………… 154
栗の花………………………………… 159
炭焼日記………………………………… 163
自序…………………………………… 165
昭和十九年…………………………… 169
昭和二十年…………………………… 323
*解説(岡谷公二)……………………… 483
*解題……………………………………… 496
*全巻総目次……………………………… 501
*全巻収録著作索引……………………… 547


参考:
http://www.geocities.jp/yanagita_dokusyo/yanagitatyosaku1.html
/////////////

柳田國男全集1〜33 東京 : 筑摩書房, 1997.10- (最新版全集、目録のみ)
 http://www.chikumashobo.co.jp/author/002489/
222324252627282930313233

柳田國男全集 1 産業組合ほか
産業組合
講義録『農政学』『農業政策学』
後狩詞記
石神問答
明治45年度講義録『農業政策』


柳田國男全集 2 遠野物語ほか
 遠野物語
 時代ト農政
 山島民譚集

柳田國男全集 3 赤子塚の話
海南小記
雪国の春山の人生
炉辺叢書第1次・第2次の4著作「日本農民史」他


柳田國男全集 4 青年と学問
青年と学問
都市と農村
日本神話伝説集
民謡の今と昔

柳田國男全集 5 蝸牛考ほか
 口承の昔話を再話した『日本昔話集』、各地の呼称を分析、方言周圏論の例証とした『蝸牛考』、「目に映ずる世相」を書いた『明治大正史 世相篇』を収める。
日本昔話集
蝸牛考
明治大正史 世相篇

柳田國男全集 6 秋風帖
 中部地方・佐渡・熊野を旅した紀行『秋風帖』、各地に広がる和泉式部の伝説を解き明かす『女性と民間伝承』、桃太郎や瓜子織姫など昔話の深奥を照らす『桃太郎の誕生』。
秋風帖
女性と民間伝承
桃太郎の誕生

柳田國男全集 7 小さき者の声
 本巻には、名字や旅 行の話をまとめた『地名の話その他』、子供の遊びを考察した『小さき者の声』、書評・序文跋文・読書論の集成『退読書歴』、伝説に神と人の関係を探った 『一目小僧その他』を収録。
地名の話その他
小さき者の声
退読書歴
一目小僧その他

柳田國男全集 8 民間伝承論
 柳田民俗学の精髄をまとめた『民間伝承論』『郷土生活の研究法』、山民の信仰に光をあてた『山の神とヲコゼ』(以上3編全文収録)、全国的視野の地名解釈『地名の研究』を収録。
民間伝承論
郷土生活の研究法
地名の研究
山の神とヲコゼ

柳田國男全集 9 昔話と文学 ─昔話と文学 昔話と文学
 樹木信仰を説く『信州随筆』、言葉造りを論述する『国語史 新語篇』、女性に語りかける『木綿以前の事』、『昔話と文学』に付録「New Year Dreams」を収める。
信州随筆
国語史 新語篇
昔話と文学
木綿以前の事

柳田國男全集10 国語の将来
 稗栽培の歴史を説いた『稗の未来』、常民の活きた言葉をとらえた『国語の将来』、獣の話の集成『孤猿随筆』、平凡な食生活に光をあてた『食物と心臓』の4編を収録。
稗の未来
国語の将来
孤猿随筆
食物と心臓

柳田國男全集11 民謡覚書
民謡覚書
妹の力
伝説

柳田國男全集12 子どもの風土
 自然へ愛情を注いだ『野草雑記・野鳥雑記』と風景論『豆の葉と太陽』、伝統的な遊びの意味を語った『こども風土記』、民俗学の先人の伝記研究『菅江真澄』。
野草雑記・野鳥雑記
豆の葉と太陽
こども風土記
菅江真澄

柳田國男全集13 方言
方言覚書
木思石語
日本の祭
昔話覚書

柳田國男全集14 火の昔 ─火の昔 ほか
神道と民俗学
国史と民俗学
史料としての伝説
火の昔
村と学童・母の手毬歌

柳田國男全集15 先祖の話
先祖の話
笑の本願
毎日の言葉
物語と語り物
家閑談

柳田國男全集16 新国学談 ─新国学談ほか
 神社の祭 日・神を祀る場所・氏神の起源と変遷について考察した『祭日考』『山宮考』『氏神と氏子』の「新国学談三部作」と、文字によらない「口承文芸」の広がりと 歴史を論じた『口承文芸史考』を収録。
新国学談(祭日考
山宮考
氏神と氏子)
口承文芸史考

柳田國男全集17 俳諧評釈ほか ─俳諧評釈ほか
 芭蕉・曾良らの歌仙の鑑賞『俳諧評釈』、国語の変遷をたどる方言研究『西は何方』、日本の文化の歩みをとらえる『村のすがた』、戦後、新しい時代へ向けての『婚姻の話』。
俳諧評釈
西は何方
村のすがた
婚姻の話

柳田國男全集18 北国紀行
 旅の記録と評論『北国紀行』、一年の行事の考察『年中行事』、佐渡を描いた作品『北小浦民俗誌』、国語政策批判の書『標準語と方言』、批評・序跋・解題集『老読書歴』。
北国紀行
年中行事
北小浦民俗誌
標準語と方言
老読書歴

柳田國男全集19 方言 ─方言と昔ほか
 永年のテーマを集大成したオシラサマ考『大白神考』、各地の神木をめぐる『神樹篇』、シマの人生の探究『島の人生』、『笑の本願』の続編『不幸なる芸術』、ほか3編。
方言と昔他
大白神考
島の人生
東国古道記
なぞとことわざ
神樹篇
不幸なる芸術

柳田國男全集20 月曜通
 「民間伝承」連載の『月曜通信』、正月行事を探った『新たなる太陽』、妖怪や不可思議を語る『妖怪談義』、言葉を認識させる『少年と国語』、大戦末期に綴った『炭焼日記』。
月曜通信
新たなる太陽
妖怪談義
少年と国語
炭焼日記

柳田國男全集21 故郷七〇年
 民族と文化の起源についての洞察の書「海上の道」と、白眉の自伝「故郷七十年」を収録。
故郷七十年
海上の道

柳田國男全集22 編集篇 ─炉辺叢書解題 郷土会記録
 『おとら狐の話』『炉辺叢書解題』『郷土会記録』『真澄遊覧記』『昔話採集の栞』『日本人』など、編集・監修・校訂者としての柳田の業績を概観する一巻。定本未収録多数。
校訂近世奇談全集
萩の古枝
南方二書
おとら狐の話
炉辺叢書解題
郷土会記録
来目路の橋 真澄遊覧記
伊那の中路 真澄遊覧記
わがこゝろ 真澄遊覧記
奥の手ぶり 真澄遊覧記〔ほか〕


1 校訂近世奇談全集  15
2 萩の古枝   明治三十八年七月   16-17
3 南方二書   明治四十四年   18
4 おとら狐の話   大正九年二月   19-60
5 炉辺叢書解題   大正十三年十一月   61-70
6 炉辺叢書解題   大正十四年七月   71-73
7 郷土会記録   大正十四年四月   74-177
8 来目路の橋   真澄遊覧記   178-210
9 伊那の中路   真澄遊覧記   211-242
10 わがこゝろ   真澄遊覧記   243-266
11 奥の手ぶり   真澄遊覧記   267-294
12 菴の春秋   真澄遊覧記   295-317
13 ひなの一ふし   昭和五年九月   318-379
14 山村語彙   昭和七年十二月   380
15 昔話採集の栞   昭和八年四月   381-401
16 山村語彙   続編   昭和十年一月   402-403
17 山村生活調査第一回報告書   昭和十年三月   404-407
18 産育習俗語彙   昭和十年十月   408-409
19 日本民俗学研究   昭和十年十二月   410-425
20 風位考資料   昭和十年十二月   426-458
21 増補風位考資料   昭和十七年七月   459-463
22 山村生活調査第二回報告書   昭和十一年三月   464-466
23 昔話採集手帖   昭和十一年八月   467-475
24 婚姻習俗語彙   昭和十二年三月   476-477
25 山村生活の研究   昭和十二年六月   478-485
26 分類農村語彙   昭和十二年七月   486-488
27 分類農村語彙   上巻   増補版   489-490
28 葬送習俗語彙   昭和十二年九月   491-492
29 採集手帖   沿海地方用   493-507
30 禁忌習俗語彙   昭和十三年四月   508-509
31 服装習俗語彙   昭和十三年五月   510-512
32 海村調査報告   第1回   昭和十三年六月   513
33 分類漁村語彙   昭和十三年十二月   514-517
34 居住習俗語彙   昭和十四年五月   518-520
35 分類山村語彙   昭和十六年五月   521-523
36 喜界島方言集   全国方言集 1   524-528
37 伊豆大島方言集   全国方言集 3   529-533
38 佐渡島昔話集全国昔話記録 磐城昔話集全国昔話記録 島原半島昔話集全国昔話記録   昭和十七年七月   534-536
39 日本民俗学入門   昭和十七年八月   537-540
40 日本民俗学入門   下巻   昭和二十二年六月   541
41 周防大島方言集   全国方言集 4   542-545
42 族制語彙   昭和十八年五月   546-549
43 南天荘集   井上通泰翁歌集   550-551
44 直入郡昔話集   全国昔話記録   552-556
45 伊予大三島北部方言集   全国方言集 5   557-559
46 雪国の民俗   昭和十九年五月   560-570
47 火の鳥   世界昔ばなし文庫・ロシヤ   571
48 日本昔話名彙   昭和二十三年三月   572-578
49 十三塚考   昭和二十三年八月   579-581
50 分類児童語彙   上巻   昭和二十四年一月   582-583
51 海村生活の研究   昭和二十四年四月   584-590
52 祭のはなし   社会科文庫   591-596
53 祭の話   三省堂百科シリーズ 4   597
54 日本伝説名彙   昭和二十五年三月   598-606
55 本邦離島村落の調査   趣旨及び調査項目表   607
56 民俗学辞典   昭和二十六年一月   608-611
57 改訂新しい国語   中学3年上   昭和二十七年二月   612-618
58 改訂新しい国語   中学3年下   昭和二十七年六月   619-622
59 年中行事図説   図説全集 6   623-624
60 日本のしゃかい   2ねん   昭和二十九年一月   625-626
61 日本のしゃかい   3年上   昭和二十九年一月   627-628
62 日本の社会   4年上   昭和二十九年一月   629-630
63 日本の社会   5年上   昭和二十九年一月   631-632
64 日本の社会   6年上   昭和二十九年一月   633-634
65 明治文化史   13 風俗編   昭和二十九年九月   635-669
66 日本人   昭和二十九年十二月   670-691
67 日本民俗図録   昭和三十年四月   692-693
68 学年別日本のむかし話   一年生〜六年生   694-695
69 綜合日本民俗語彙   第1巻   昭和三十年六月   696-701
70 JAPANESE CULTURE in the MEIJI ERA   Volume 4 Manners and Customs   昭和三十二年三月   702-708

柳田國男全集 23 明治22年〜明治43年
 https://www.lib.adachi.tokyo.jp/licsxp-opac/WOpacTifTilListToTifTilDetailAction.do?tilcod=1000610037579
1 五色の歌よみけり中に黒を   15
2 野遊   19
3 雲雀   19
4 秋元安民伝   19-21
5 地   21-23
6 をりにふれたる   23
7 むさゝび   27
8 桂園叢話   8-19   27-46
9 をりにふれたる   46
10 銭塘蘇小々更値一年秋といへる詩のこゝろを   47
11 をりにふれて   51
12 校者曰   「児山紀成真間の紅葉見の記」に   51
13 海辺松風   52
14 行路柳   52
15 春江夜泊   52
16 こは我兄   松岡国男輯「井上通泰歌集第一」に   52-53
17 夢見落花   53
18 夏富士   54
19 夏逢恋   54
20 をりにふれて   54
21 寄松祝   54
22 をりにふれて   55
23 をりにふれて   55
24 をりにふれて   59
25 雷神の太鼓を   59
26 をりにふれたる   59
27 故郷子規   60
28 待月   60
29 萩見のをりに   60
30 即事   60-61
31 折にふれて   65
32 薩摩なる友のもとへたよりのつひてに   65
33 暮春鶯   65
34 越中の国にや花の木の   65
35 松上鶴   66
36 をりにふれて   66
37 水郷新緑   66
38 鸚鵡   67
39 古戦場   71-72
40 即事   73
41 八洲海   73
42 有栖川宮の御内人寺井某氏   74
43 まとのともし火   74
44 夕ぐれに眠のさめたるとき   75
45 酔夢談余   79-81
46 利根の夜船   82-83
47 歌学私議   84-85
48 一小魔曰   85-86
49 都の塵   86-87
50 初紅葉   紅葉会詠草   87
51 仙人になる法   88-89
52 歌評   90-92
53 花かげ   92-93
54 年へし故郷   93
55 園の清水   93
56 月の夜   93-94
57 磯間の宿   94
58 夏の頃旅に在りて   94
59 父の喪にこもりてあるほど   95
60 こひ草   95-97
61 夢がたり   101-104
62 野の家   104-107
63 夕づゝ   107
64 うたかた   107-108
65 夕やみ   108
66 ある時   108-109
67 春の夜   109
68 夢とはなしに   109
69 川の岸にたちて   109-110
70 我がさほ姫の君に   110
71 野辺のゆきゝ   111-123
72 おぼろ夜   123-124
73 筑波山を望みて   124
74 野辺の小草   124-125
75 ある時に   125-126
76 野辺のゆきゝ   126-127
77 かなしき園生   127-128
78 あこようたへ   128
79 わかれ   128-129
80 谷の草   129
81 磯の清水   129-130
82 逝く水   130
83 森の下草   131-132
84 露わけ衣   133-135
85 草もみぢ   136-139
86 独唑記   139-140
87 女の子生みたる友の許へ   143-144
88 野辺の小草   144-152
89 干潟の霜   152-155
90 にひ草   155-156
91 抂花操   156
92 永き名   157
93 夕かげ草   157
94 桐花歌   161-166
95 桂子   166
96 短歌行のこゝろを   166-167
97 別離   167-168
98 人に   168
99 西楼記   169-171
100 業を卒へけるとき   175
101 塩原の山中にて貞山師に逢ひて   175
102 ゐなかに旅寝しける時   175
103 すゞみ台   1-3   176-179
104 漫夏消息   180-182
105 生産組合の性質に就て   182-185
106 商業人口に就て   186-191
107 柳田法学士の産業組合談   1-4   192-196
108 産業組合に付て   197-210
109 南信途上   210
110 諏訪にて   210
111 田中温泉即景   211
112 農業界に於ける分配問題   215-225
113 栗の花   225-227
114 伊勢の海   228-237
115 柳田法制局参事官の談片   237-238
116 日本産銅史略   1-3   241-283
117 中農養成策   1-4   287-308
118 産業組合講習会講習筆記   311-392
119 幽冥談   393-403
120 塔の絵葉書   1・2   403-406
121 産業組合に就て   407-416
122 大学生の日記   419-421
123 『破戒』を評す   421-423
124 自治農政   423-426
125 馬政私議   427-433
126 イブセン雑感   433-437
127 旅行の趣味   437-442
128 産業組合資金融通所の話   1-5   442-461
129 樺太の漁業   1-5   462-468
130 農業用水ニ就テ   1・2   471-479
131 樺太雑談   480-482
132 写生と論文   482-483
133 農業組合論   484-491
134 乱読の癖   491-494
135 マッチ商標の採集   495-496
136 法制局参事官柳田学士の講演   497-510
137 産業組合講話   510-516
138 地方の産業組合に関する見聞   上中下   516-528
139 産業組合の話   528-533
140 産業組合の講話   534-537
141 官吏の読む小説   538-540
142 記者日記   540-542
143 蚕業の一本山たる高山社   542-545
144 保護論者が解決すべき一問題   545-549
145 読書余談   550-551
146 貯蓄の要件   551-552
147 土地と産業組合   1-5   555-572
148 読者より見たる自然派小説   572-575
149 文芸雑談   オスカー、ワイルドに就いて   575-576
150 農民の危機   1-4   577-584
151 柳田参事官談片   584-585
152 柳田参事官の談片   585
153 産業組合   1-4   586-591
154 柳田参事官の近詠   591
155 肥筑の民風   592-593
156 報徳講演会   1・2   594-595
157 町村是に就て   1-7   595-604
158 天草の産業   605-607
159 地価高きに過ぐ   607-613
160 事実の興味   613-614
161 九州の水利事業   614-617
162 「生」の合評   621
163 我々は繰延説だ   622-623
164 春鳥   624
165 水辺秋風   624
166 巌上蔦   624
167 舟中千鳥   624
168 鶏   624
169 九州南部地方の民風   624-631
170 霙降る春の夜   631-633
171 夜花   633
172 クロポトキンとツルゲーネフ   634-639
173 山民の生活   上下   639-642
174 夏   643-644
175 新旧両時代の文芸   644-646
176 言文の距離   646-649
177 山民の生活   649-658
178 潟に関する聯想   658-663
179 山川の五百枝八十隈   663
180 春見つる少女は住まず   663
181 萩坪翁追懐   664-666
182 美濃紙現状   667-672
183 茨城県西茨城郡七会村   672-674
184 十三塚   正続   677-683
185 屋根の話   684-687
186 怪談の研究   688-691
187 山人の研究   692-696
188 石神、シヤグジ   696
189 下田より   柳田国男氏   697
190 和田君の談   697-698
191 宝暦六年駒ケ嶽一覧記 識語   699
192 石神の信仰   699-701
193 春   701-702
194 無題   702
195 産業組合の道徳的分子   702-706
196 神護石に就て   707-708
197 アイヌの家の形   709-710
198 伝説の系統及分類   710-714
199 村の址   715-717


柳田國男全集24 明治四十四年〜
 雑誌『郷土研究』第1巻第1号〜第3巻第9号の記事を中心に、「生石伝説」(『太陽』)から「神秘の大嘗祭」(『日本勧業銀行月報』)まで、単行本未収録の文章を網羅する。
生石伝説
木地屋物語
踊の今と昔
子安の石像
「イタカ」及び「サンカ」
越前万歳のこと
二たび越前万歳に就きて
掛神の信仰に就て
地方見聞集
塚と森の話〔ほか〕


1 生石伝説  17-20
2 木地屋物語  21-26
3 踊の今と昔  1-5  27-54
4 子安の石像  55-59
5 「イタカ」及び「サンカ」  1-3  60-75
6 越前万歳のこと  76
7 二たび越前万歳に就きて  77-79
8 掛神の信仰に就て  80-85
9 地方見聞集  86-94
10 塚と森の話  1-5  95-123
11 新道、旧道  124-127
12 「ヰロリ」と主客の坐席  128-130
13 勝善神  131-138
14 農村問題の二三  139-144
15 十三塚の分布及其伝説  145-149
16 巫女考  1-12  150-213
17 蝦夷の内地に住すること  214-216
18 宅地の経済上の意義  217
19 山人外伝資料  1-5  218-237
20 紙上問答  問1  238
21 紙上問答  問3  238
22 千曲川のスケッチ(島崎藤村著)  239
23 謹告  239-240
24 蒲葵島  241-247
25 鯨の位牌の話  248
26 地蔵の新和讃  249
27 紙上問答  問9  250
28 紙上問答  問10  250
29 漫遊人国記(角田浩々歌客)  250
30 所謂特殊部落ノ種類  251-264
31 屋敷地割の二様式  265-266
32 境に塚を築く風習  267-269
33 紙上問答  問17  270
34 紙上問答  問18  270
35 考古学会遠足会  270
36 石見三瓶山記事  271
37 杜鵑に関する研究  271
38 寺と門前部落  272
39 特殊部落の話  272
40 宮田沿革史稿  272
41 地蔵殿の苗字  273-274
42 ネリソ  275
43 紙上問答  問22  275
44 紙上問答  問23  276
45 郷土研究の気運  276
46 地学雑誌  276
47 歌垣考  277
48 棄老の伝説  277
49 津附近の古塚考証  277
50 郷土奇蹟二本松伝説  278-280
51 農政の新生面  281-293
52 木地屋土着の一二例  294
53 紙上問答  問28  294
54 紙上問答  問29  295
55 「尾参乃風土」発刊  295
56 徳島県の郷土研究  295
57 郷土問題の懸賞論文  296
58 左近太郎問題  296
59 浮島沼区域の地質研究  296
60 学会講演記事  296
61 伊豆半島  297
62 紙上問答  問31  297
63 紙上問答  問34  297
64 報徳会と盆踊  298
65 隠語の研究  298
66 伝説の史的評価問題  298
67 日本伝説集の出版  299
68 西洋史論(松本彦次郎広瀬哲士共著)  299
69 全訳アラビヤンナイト(本間久訳)  299
70 奈良と平泉(黒田鵬心著)  300
71 那須野原殺生石  300
72 水麦栽培  300
73 溜池の恩恵  301
74 国土産  301
75 火牛戦伝説問題  301
76 由井正雪事件と徳川幕府養子法  302
77 考古学(高橋健自著)  302
78 鉄道沿線遊覧地案内(鉄道院)  303
79 飛驒案内  303
80 社告  303
81 妹背山  304-305
82 馬力神  306
83 規則正しい屋敷地割  306
84 馬の寄託  307
85 紙上問答  問45  307
86 紙上問答  問47  307
87 人狸同盟将に成らんとす  308
88 古木の目録  308
89 能登の久江及石動  309
90 神道談話会  310
91 全国農事視察便覧  310
92 社告  310
93 水引地蔵  311
94 動物盛衰  312
95 紙上問答  問51  313
96 紙上問答  問52  313
97 紙上問答  問53  313
98 東京市史稿編纂事業近況  314
99 坂田郡誌成る  314
100 科野佐々礼石  314
101 スタール教授動静  315
102 農村と娯楽(天野藤男著)  315
103 鴻の巣  316
104 竹籠を作る者  317
105 紙上問答  問57  318
106 淀橋の橋姫祭  318
107 石巻氏の山男考  319
108 文部省蒐集日本民間童話調査  319
109 あいぬ物語(山辺安之助著金田一京助編)  320-322
110 氏子の特徴  323
111 動物文字を解するか  324
112 山男報告  324
113 紙上問答  問58  325
114 紙上問答  答15  325
115 甲寅叢書刊行基金  325
116 著作権侵害の流行  326
117 柱松考  326
118 人類学雑誌  327
119 我が国土(小田内通敏著)  327
120 神奈川県案内誌  327
121 巡礼通信  328
122 日本神話(開闢の巻)  328
123 水の神としての田螺  328-330
124 甲寅叢書続刊予告  331
125 紙上問答  問61  332
126 紙上問答  答44  332
127 過去一年間の回顧  333
128 沼田氏の穴大役考  333
129 美濃産古象化石  333
130 人類学雑誌  333
131 神籠石問題  334
132 甲寅叢書  334
133 出雲民族と天孫民族の関係  334
134 三千里  続・巻上  334
135 蕃族調査報告書  335
136 朝鮮の迷信と俗伝(楢木末実著)  335
137 社告  336
138 毛坊主考  1—11  337-410
139 磐次磐三郎  411-413
140 柳田附説す  414
141 紙上問答  問64  415
142 紙上問答  問66  415
143 今後の郷土研究  415
144 南紀郷土研究  416
145 信濃国分寺の蘇民将来  416
146 大日本老樹名木誌  416
147 最近朝鮮事情要覧  417
148 神田の伝説(清水晴風遺著)  417
149 二十世紀大雑書(石橋臥波著)  417
150 予告いたし候国文学の  418
151 隣の姥  418
152 編輯者申す  419
153 上野中之条の口碑  420
154 柳田附記す  420
155 紙上問答  問70  420
156 紙上問答  問71  421
157 紙上問答  問72  421
158 紙上問答  答65  421
159 甲寅叢書  422
160 伝説の神杉  422
161 蝦夷人の命名  422
162 天安河  423
163 神代の研究(福田芳之助著)  423
164 社告  424
165 甲寅叢書刊行趣意書  424
166 廻り地蔵  425-427
167 紙上問答  問74  428
168 紙上問答  問77  428
169 紙上問答  答7  428
170 紙上問答  答56  428
171 紙上問答  答58  429
172 紙上問答  答60  429
173 紙上問答  答62  430
174 雑誌の批評  430
175 武州立川の六面塔  431
176 阿威の鎌足塚  431
177 奥羽人の移住  432
178 屈斜路火山地方  432
179 安芸風土記  432
180 筑前の水城  433
181 神社の建築学  433
182 安房両総の概観  433
183 大阪温古会  434
184 北蝦夷古謡遺篇  434
185 社告  434
186 片葉蘆考  435-439
187 ボウギは多分  440
188 紙上問答  問82  440
189 紙上問答  問83  441
190 「民俗」第二年第二報  441
191 文明史上の仏教  441
192 泉州の柑橘  441
193 土俗覚帳  442
194 伊予土佐の老樹伝説  442
195 剣神社文書  442
196 鏡の話  443
197 醬油沿革史  443
198 日台俚諺詳解  444
199 尻取文句考  444
200 山人の衣服  445
201 大唐田又は唐干田と云ふ地名  446
202 柳田附記す  447
203 編者附記す  447
204 編者申す  447
205 犬神に因ある地名の二三  447
206 紙上問答  問87  448
207 紙上問答  問88  448
208 紙上問答  問89  448
209 編輯室より  448
210 読売新聞の事業  449
211 東京帝国大学文科大学紀要  1  450
212 故郷見聞録  450
213 浅草区誌  451
214 山林公報  451
215 江戸時代史講演会  451
216 甲寅叢書刊行趣意書  452
217 子安地蔵  452-453
218 編者附記す  454
219 用水と航路  455
220 紙上問答  問91  456
221 紙上問答  問92  457
222 紙上問答  問95  457
223 紙上問答  答81  457
224 地誌刊行の事業  458
225 地誌大系再着手  458
226 張州府志  459
227 作陽誌と東作誌  459
228 芸藩通志  459
229 信濃史料叢書  460
230 房総叢書  460
231 編者附記  461
232 立山中語考  461-462
233 編者附記  463
234 記者申す  463
235 編者申す  463
236 記者申す  464-465
237 座頭制度の末路  466
238 蟹嚙  466
239 紙上問答  問96  467
240 紙上問答  問98  467
241 紙上問答  問100  467
242 紙上問答  問101  468
243 紙上問答  問102  468
244 紙上問答  問103  468
245 紙上問答  問104  468
246 紙上問答  問105  468
247 紙上問答  答7  469
248 紙上問答  答87  469
249 山に行く青年  469
250 旅客の社会上の地位  470
251 鉄道旅行案内  471
252 飛驒史談会  471
253 瀬戸内海の島々  471
254 社告  472
255 政子夢を購ふこと  473
256 白い鶏  474-475
257 紙上問答  問106  476
258 紙上問答  問110  476
259 紙上問答  問115  476
260 紙上問答  答53  476
261 紙上問答  答99  477
262 京都叢書刊行会の設立  478
263 出水被害と架橋権問題  478
264 ヱール大学の留書類購入  479
265 本邦建築用材調査  479
266 童話及伝説に現れたる空想の研究  479
267 高倍神考  480
268 言継卿記  480
269 遊行婦考  480
270 甲斐の口碑と伝説  481
271 郷土奇談  481
272 社告  481
273 甲寅叢書第六編として  482
274 紙上問答  問118  482
275 紙上問答  問119  483
276 紙上問答  問125  483
277 紙上問答  答49  483
278 紙上問答  答49  484
279 紙上問答  答49  484
280 紙上問答  答114  484
281 信州の高天原  485
282 諏訪研究の曙光  485
283 大阪の郷土研究  486
284 地蔵の新説  486
285 史蹟名勝天然紀念物保存協会  487
286 無形の天然記念物  487
287 俚謡集  487
288 阿波美馬郡誌  488
289 陶山鈍翁遺稿  488
290 細語の橋  488
291 若殿原  490-491
292 編者申す  492
293 ナカマと云ふ部落  492
294 紙上問答  問130  492
295 紙上問答  問131  492
296 紙上問答  問132  493
297 紙上問答  問133  493
298 紙上問答  問134  493
299 紙上問答  前号117  493
300 都市と村落  494
301 雑誌「風俗図説」  494
302 金沢博士の国語教科書  494
303 三河関係地誌の募集  495
304 岐蘇古今沿革誌  495
305 宮城野  496
306 総水房山  496
307 朝鮮へ行く人に  496-498
308 黒地蔵白地蔵  499
309 編者申す  500
310 編者申す  501
311 尚古党の哀愁  501
312 趣味が学問を侮る傾向  502
313 古墳鑑定学の発達  502
314 古典攻究会  503
315 家族制度調査会  503
316 大和志料  上  504
317 夜啼石の話  504-507
318 石見の鼠  508
319 毛坊主考筆者申す  509
320 上州の春駒に就て  509
321 編者申す  510
322 紙上問答  問146  510
323 紙上問答  答104  510
324 郷土研究の二星霜  511
325 大正三年の古書刊行  511
326 地理的日本歴史  512
327 印旛郡誌  512
328 南予史  512
329 東白川村誌  512
330 奥山村誌  513
331 甲寅叢書近況  513
332 謹告  513
333 社告  514
334 国産奨励の根本問題  514-519
335 編者申す  520
336 編者申す  521
337 柳田申す  521
338 茨城県の箕直し部落  522
339 紙上問答  問149  523
340 紙上問答  問150  523
341 和歌山県誌  523
342 兵庫県川辺郡誌  524
343 郷土研究と云ふ文字  524
344 日光に関する講演  524
345 各地名物競争  525
346 中地主減少の傾向  525
347 煙草と蚕  525
348 西ケ原の一里塚二本榎  526
349 女夫杉枯れたり  526
350 郷土研究第二巻索引  526
351 編者申す  527
352 編者申す  527
353 紙上問答  問156  527
354 散居制村落の研究  527
355 飛驒双六谷記文  528
356 雑誌「農村農家」  528
357 雑誌「民俗」  529
358 米価平準策の歴史  529
359 善光寺研究  529
360 雑誌「白潮」  529
361 渋谷町誌  530
362 松本と安曇  530
363 諸国通信状況  530
364 曾我兄弟の墳墓  531-534
365 風呂の起原  535-538
366 編者申す  539
367 本報告には  539
368 紙上問答  問157  539
369 紙上問答  答3  540
370 五月と郷土研究  540
371 穀物がまだ降る  541
372 鹿の住む島  541
373 新式の御霊祭  541
374 雁類図説鴨類図説  542
375 山路愛山氏の見る田舎  542
376 絵馬行脚  542
377 ポストヰーラー氏の事業  543
378 社告  543
379 神符降臨の話  544
380 正誤  545
381 紙上問答  問162  545
382 六月の雪  545
383 台湾蕃族調査報告書  546
384 元寇史蹟の新研究  546
385 仙台巡杖記  547
386 古書保存会の事業  547
387 荘司瓦全君  547
388 七塚考  548-552
389 三家分流の古伝  553-555
390 山に住んだ武士  556
391 編者申す  557
392 国々の言習はし  557
393 紙上問答  問170  557
394 紙上問答  答149  557
395 紙上問答  答149  558
396 記者申す  558
397 徐福纜を解く  558
398 各地の初夏の祭  559
399 野中の水  560
400 平家谷新考証  560
401 木曾山中の境塚  561
402 前号「国々の言習はし(八)」  562
403 紙上問答の質問  562
404 乳のぬくみ  563
405 南総の俚俗  563
406 日光  563
407 美馬郡郷土誌  564
408 奉公叢書  564
409 最新農業経済教科書  565
410 七塚考補遺  565
411 柳田申す  566
412 紙上問答  問174  566
413 紙上問答  問175  566
414 紙上問答・編者申す  567
415 紙上問答  答145  567
416 此問答欄  567
417 行脚研究者の不能事  568
418 清田国里二村村是  569
419 割地と永小作  569
420 紀州西牟婁郡伝説  569
421 各地の蒐集事業  570
422 痘痕の方言  570
423 御礼降り年代記  571
424 編者申す  572
425 紙上問答  答134  572
426 古伝説の和邇  572
427 所謂布施屋遺跡  573
428 阿曾沼古譚  574
429 平凡の不朽  574
430 石仏流転  574
431 伝説蒐集の流行  575
432 肥後山鹿の灯籠祭  575
433 折口君の祭屋台考  575
434 柳田申す  576
435 垣内の成長と変形  576
436 食人風俗志  577
437 高越山  578
438 中房温泉  578
439 「日本及日本人」の郷土号  578
440 謹告  579
441 将来の農政  579-595
442 不謹慎な参列者  596
443 微かに聖姿を拝す  597
444 神秘荘厳無比の儀式  597
445 聖上の渡御を拝して  598
446 神代ながらの霊域  599
447 大嘗祭を拝して  599
448 世界列強に対して権威ある誇  600
449 黎明の皇宮還幸  601
450 御大礼目出度終了  601
451 壮麗を極めた夜宴  602
452 御親謁を拝して  603
453 大嘗祭より大饗まで  604-606
454 神秘の大嘗祭  607-609


柳田國男全集25 大正六年〜
「獅子舞考」(『郷土研究』)から、翰長辞職を経て、国際連盟委任統治委員会委員としての報告等まで。「産業組合対社会」(『産業組合』),「南遊詠草」(『台湾日日』)、「炭焼長者譚」(『大阪朝日』)など。大正5年〜大正10年までの作品・論考。

獅子舞考
甲賀三郎
諸国の片葉の蘆
大礼の後
神社と宗教
所謂記念事業
旧式の新著
耳塚の由来に就て
蛙の居らぬ池
編者申す〔鹿島増蔵「家筋と作物禁忌」に〕〔ほか〕


1 獅子舞考   13-20
2 甲賀三郎   21-24
3 諸国の片葉の蘆   25
4 大礼の後   26
5 神社と宗教   27
6 所謂記念事業   28
7 旧式の新著   28
8 耳塚の由来に就て   29-31
9 蛙の居らぬ池   32
10 編者申す   33
11 紙上問答   問182   34
12 紙上問答   答134   34
13 紙上問答   答152   35
14 斐太後風土記   36
15 常陸の甲賀三郎   36
16 甲州の石芋   37
17 編者申す   37
18 小さな峠の上から   37-38
19 方言と農屋   39
20 一言主考   40-45
21 方言の研究   46
22 この地名蒐集   47
23 福井案内記   48
24 肥後八代   48
25 風俗画報   48
26 所謂ムケカラ宗   49
27 「紙上問答」の中止   49
28 読者交詢の必要   50
29 裏日本   50
30 伊那史料叢書   50
31 肥後郷土研究会   51
32 大阪府史蹟調査委員会   51
33 社告   51
34 唱門師の話   52-57
35 上げ山の風習   58-59
36 丹波市記   60-62
37 高見山近傍の口碑   63-65
38 ユヒ   66
39 八丈島の人の始   67
40 籾殻の用途   67
41 渋江抽斎   67
42 信濃郷土史研究会   68
43 美濃の祭礼研究   68
44 御断り   68
45 御大礼参列感話   69-70
46 白米城の話   71-75
47 鬼の子孫   76-80
48 柳田申す   81
49 柳田申す   81
50 此類の農作禁忌   83
51 編者曰く   83
52 シンガイ   83
53 ツクラヒバ   84
54 「出雲方言」の編輯   84
55 ソリコと云ふ舟   84
56 和泉式部   85-92
57 越後の白米城   93
58 編者申す   93
59 右の御手権現は   94
60 柳田申す   94
61 稲むらのことを   95
62 八郎権現の出身地に就て   95-96
63 川口君の「杜鵑研究」   97
64 黒木と筏に就て   97
65 青年団の自覚を望む   98-102
66 燃ゆる土   103
67 泥炭地の利用方法   104
68 貧しい日本語   105
69 ユヒアンマ   105
70 稲むらをケラバと云ふ   106
71 出羽地方   106
72 屋根を葺く材料   106
73 松井七兵衛君より   107
74 江戸叢書刊行   108
75 京都叢書近況   108-113
76 掛け踊   109-113
77 編者申す   114
78 編者申す   114
79 編者曰く   114
80 正月十五日   115
81 籾をアラと謂ふ   115
82 童話の変遷に就て   115
83 編者注意   116
84 阿波名西郡志   117
85 斐太後風土記刊行   117
86 古版地誌解題   117
87 海岸と牧   118
88 西行橋   121-126
89 浜弓考   上・下   127-138
90 鮭と兄弟と   139
91 面白い狐   139
92 風の名のつゞき   139
93 越前大野郡西谷村辺   140
94 土佐高知より   140
95 勝善神   141
96 結婚年齢の定め   142
97 越後の鮭捕る   142
98 酒泉伝説存するかと思はるゝ地   142
99 柴塚の風習   143
100 旅中瑣聞   143
101 報告者に申す   144
102 風の名のつゞき   145
103 摘田耕作の手間   145
104 タウボシに非ざる赤米   146
105 長者と池   146
106 楊枝を売る者   146
107 社告   147
108 俗山伏   147-148
109 マタギと云ふ部落   149
110 信州松本   151
111 風俗問状答書   152
112 産業組合対社会   153-165
113 地主諸君の考究すべき新問題   166-198
114 石占の種類   199
115 手毬歌には限らず   200
116 川村生曰く   200
117 尾佐竹猛氏   201
118 奈良県吉野川上流地方   201
119 風の名のつゞき   201
120 鍛冶屋の話   202
121 箸倉山のこと   202
122 咳のヲバ様   203
123 石敢当   203
124 杓子の種類   203
125 フロ屋と云ふ家筋   204
126 矢立杉の話   204-206
127 片目の魚   207-216
128 第二巻第五号の報告に   217
129 編者注意   217
130 陸中鹿角   217
131 自分が九州南部の旅行中   218
132 日向椎葉山の話   218
133 岐阜県益田郡誌   218
134 社告   219
135 謹告   219
136 テテと称する家筋   219
137 神の眼を傷けた植物   220
138 松童神   221
139 松浦小夜姫   222
140 十貫弥五郎坂   223
141 沓掛の信仰   224-225
142 京都の耳塚の史実   226
143 人丸の社   226
144 シントイズム   227
145 七難の揃毛   228
146 神仏を盗むこと   229
147 郷土研究の休刊   230
148 社告   233
149 南遊詠草   234
150 六十余日の旅を了へて   235
151 五万の苦力が英仏へ   236
152 南支那の苦力   237-238
153 松本市の小会に於て   239
154 神道私見   245-267
155 本場の広東料理   268-272
156 将来の農政問題   273-285
157 民俗学上に於ける塚の価値   286-288
158 河野省三氏に答ふ   289-292
159 郡誌調査員会に於て   293-302
160 「同人」小集   303-304
161 雑誌は採集者の栞   305-307
162 かんなべ   308
163 地名の当て字   308
164 国々の巫女   1   309
165 真継氏   309
166 狸とデモノロジー   310-316
167 津久井の山村より   317
168 古い家と古い村   318
169 燕の巣の蜆貝   318
170 よそゞめ・どゝめ   319
171 問答   問16   319
172 問答   答10   320
173 新式占法伝授   321-323
174 幽霊思想の変遷   324-328
175 雪を知る木   329
176 同人小集   第2回   330-334
177 炭焼長者と芋掘長者   上・下   335-340
178 几上南洋談   7—9   341-359
179 卓上南洋談   1-6   360-399
180 第四回同人小集   400-401
181 第五回同人小集記   402-403
182 鹿垣   404
183 第六回同人小集記   405-406
184 小さな手帖から   407-411
185 児童に神仏の観念を与ふるの可否   412
186 第八回同人小集記   412-413
187 柳田翰長の談   414-418
188 猿のロマンス   上・中・下   419-424
189 猿廻しの話   425-428
190 二階から見て居た世間   429-432
191 能力万力の話   433-436
192 独逸四皇子負傷皇帝憤怒   437
193 古臭い未来   438-442
194 佐渡の海府から   443-447
195 秋風帖   448-449
196 海と小舟と船頭さん   450
197 蛇の伝説と蛇の鱗の美   451
198 炭焼長者譚   1-7   451-466
199 俗聖沿革史   1-5   467-490
200 石垣島にて   491
201 現代の社会的不安に対する覚悟   491-492
202 第二十二回同人小集記   493
203 柳田国男氏より   494
204 独逸餓鬼道   494
205 暗殺暗殺又暗殺   494
206 激励語録   495
207 First meeting   495
208 Sixth meeting   496
209 Seventh meeting   496
210 柳田委任統治委員会委員ヨリ山川部長宛   497-499
211 委任統治委員会ニ関スル柳田委員ノ報告   500-503


柳田國男全集26 大正十一年〜
国際連盟委任統治委員としての報告・私信・委員会議事録と『東京朝日新聞』に執筆を始めた論説を中心に、「移民の移民論」(『植民』)、「俳諧とFolk‐Lore」(『日光』)などを収録する。

Dear Mr.Rappard
国際聯盟の発達
将来のチョコレート
第三十五回同人小集記
賽の河原の話
琉球の地蔵に就て
第三十六回同人小集記
春の武蔵野横断
SECOND MEETING
TWELFTH MEETING〔ほか〕



1 Dear Mr・Rappard   11-12
2 国際聯盟の発達   13-17
3 将来のチョコレート   18-20
4 第三十五回同人小集記   21
5 賽の河原の話   22-25
6 琉球の地蔵に就て   26
7 第三十六回同人小集記   26-27
8 春の武蔵野横断   28-30
9 Second meeting   31
10 Twelfth meeting   31
11 山川端夫様私信   32-39
12 子供の遊戯   40-43
13 九月二十日午前ノ聯盟総会ニテ   44-47
14 此冬何方ニマヰルニシテモ   48-49
15 図書館の恩恵   50-54
16 Second meeting   55
17 Sixth meeting   55
18 Seventh meeting   56
19 Eighth meeting   57
20 Ninth meeting   58
21 Tenth meeting   58
22 Eleventh meeting   59
23 Fourteenth meeting   59
24 Sixteenth meeting   60
25 Twentieth meeting   61
26 Twenty-first meeting   62
27 Twenty-fourth meeting   62
28 Twenty-eighth meeting   63
29 Thirty-second meeting   64
30 The welfare and development of the natives in mandated territories   64-81
31 拝啓委任統治常設委員会ハ   82-85
32 土人の為めに正義を   86-88
33 瑞西の鐘と時計   89
34 政治生活更新の期   90-95
35 特権階級の名   96-103
36 普通選挙の準備作業   104-111
37 旅中小景   1-4   112-115
38 帝大新聞に寄する言葉   116
39 新しき政治は民衆化   116-118
40 魚の移住   119
41 海豚文明   120
42 七月一日から   121-122
43 加藤総理の善処   123-124
44 小作争議の将来   125
45 野党の進化   126-127
46 鷺も烏も   128
47 地方の三派提携   129-130
48 あなおもしろ   131
49 エクスプレッション其他   132-134
50 誌上談話会   1-11   135-175
51 太平洋民族の将来   正・続   176-178
52 窮屈なる行政整理   179-180
53 貿易促進   181-182
54 餠屋の餠   183
55 文政革新の機会   184-185
56 党人の臆病   186-187
57 小麦の国産主義と食料自給   188-189
58 選挙費会計を公開せしめよ   190
59 所謂軍事教育の意味如何   191-192
60 官界の成人教育   193-194
61 寧ろ策士を歓迎す   195-196
62 発見と埋没と   197
63 水産政策と実業教育   197-198
64 土人保護の事業   199-200
65 床次氏の演説を排す   201-202
66 積極政策と農林省問題   203-204
67 国際労働問題の一面   1-10   205-222
68 根本的整理とは何か   222-224
69 泥棒公認   225
70 郡役所全廃論の価値   226
71 現政府対失業問題   227-229
72 改造せらるべき日本郵船   230
73 三派決裂の時期及び辞柄   231-232
74 勤倹週間の感想   233-234
75 自治権拡張の準備ありや   235
76 軍事教育に反対すべき理由   236-237
77 関西財務家の楽観に就て   238-239
78 所謂全国町村長会   240-241
79 是れ暗礁に非ざる也   242-243
80 昔風と当世風   244-247
81 通信現業員待遇問題   248
82 政海の波瀾と暗礁   249-250
83 猿落しの実験   251
84 機密費を必要とする政治   252
85 解散の予言   253
86 国策としての鉄問題   254
87 教育費問題の帰趣   255-256
88 市民の為に   257-260
89 Simabito no kotoba   261-264
90 必ず現はるべきもの   265
91 反動団体の今年   266-267
92 綱紀粛正と世論   268-269
93 政治を解する町村長   270-271
94 革新倶楽部の特殊使命   272
95 秩父宮殿下の御外遊   273-274
96 市町村制の改正に就て   275-276
97 童話   277
98 高橋農相の力量   278-279
99 文官軍相制の準備   280
100 都市生活の病弊   281-282
101 政治家生活の考察   283-284
102 米価平準事務の所管に就て   285-286
103 選挙法案の運命   287-288
104 普選と封建思想   289
105 移民の移民論   1-5   290-323
106 三十歳か二十五歳か   324
107 衆議院の婦人日   325-326
108 上院改革案の秘密条件   327
109 国民教育革新の機運   328-329
110 政府信任するに足るか   330-331
111 政府対上院   332
112 護憲内閣の実験   333
113 内大臣の重責   334
114 俳諧とFolk-Lore   335-343
115 分解作用の第一期   344
116 裸体の田中男   345
117 文部大臣の新責任   345-346
118 米穀法と国民生活安定   347-348
119 桂女由来記   349-357
120 這箇鏡花観   358-359
121 青年日本の為に   360-361
122 政界革新事業の中止   362
123 銀婚式賀詞   363-364
124 旧勢力とは何ぞや   365
125 先づ愛都心の復興を望む   366-367
126 童児と神   368-369
127 大陸政策の首途   370
128 地租委譲論の真剣味   371-373
129 次の二十五年   374-378
130 北海道を移民に   379-380
131 更に地方農会の活躍を望む   381
132 政友本党の立場   382-383
133 米価と政府   384
134 移民政策と生活安定   384-391
135 文化史上の日向   392-400
136 消極政策の側面観   401
137 学士院を代表するやうに   402
138 青年団の将来   402-403
139 不景気に直面せよ   404
140 自作農維持   405
141 永く記念すべし   406
142 海洋政策の転回期   407
143 拝啓近いうちに御目にかゝつて   408-409
144 現政局の未知数   410-411
145 農民の自覚   412
146 自動車道路の問題   413-414
147 決裂の日来る   415
148 移民問題不振   416
149 人の顔   417-421
150 日本の人口問題   422-437
151 第三党出現の機運   438-439
152 責任は将来に在り   440
153 政友会の活路   441-442
154 張合ひの無い選挙   443-444
155 人間哀愁の日   445
156 在営年限短縮の問題   446-447
157 女性と学問   448-454
158 二百二十日を送る   455-456
159 学制改革と時論改造   457
160 公認せられんとする私曲   458-459
161 壮大なる新事業   460
162 漁民投票方法の問題   460-461
163 完成はまだ遠し   462-463
164 地方文化建設の序説   464-470
165 当面の国際語問題   上・下   471-476
166 政党と階級意識   477-478
167 黄金仏供養   479
168 階級意識を長養する者   480-481
169 帝国農会の監督者   482-483
170 私の考へでは   484
171 編輯者の一人より   485
172 北方文明研究会の創立   486-487
173 啓明会と南島研究   488
174 おもろ草子の校訂刊行   489
175 瀬戸内海の海人   490
176 妖怪種目   491-494
177 耳たぶの穴   495
178 百姓の服制   495
179 編輯者より   495
180 支部除名の意味如何   496-497
181 感謝すべからざる財政手腕   498
182 無気力政治の流行   499-500
183 埼玉県知事に申す   501
184 正業の欠乏   502-503
185 二大政党論の将来   504
186 青年と語る   505-509
187 御誕生を喜ぶ   510
188 農村振興のために   511-512
189 単なる文政問題に非ず   513-514
190 仙人の話   515
191 補欠選挙の新経験   516
192 同情週間の収穫   517-519




柳田國男全集 27 大正15年〜昭和3年 」

 『東京朝日新聞』論説・『民族』論考・きっちょむ話研究の目標・THE READING PUBLIC OF JAPAN・東北研究者に望む・教育と民間伝承・方言研究の意義・郷土教育その他、など。
農村雑話
編輯者より
南部叢書刊行の計画
紀州粉河の観音堂
慶すべき新傾向
新年号の誤植
保健学者に一言
家計調査
抱負か空談か
「むかしばなし」の面白さ〔ほか〕


1 農村雑話   15-21
2 編輯者より   22
3 南部叢書刊行の計画   23
4 紀州粉河の観音堂   24
5 慶すべき新傾向   24-25
6 新年号の誤植   26
7 保健学者に一言   27
8 家計調査   28-29
9 抱負か空談か   30
10 「むかしばなし」の面白さ   31
11 女子高等教育の問題   31-32
12 選挙法施行令   33-34
13 労働組合法案の運命   35
14 農政議員の将来   36-37
15 親心を無視して居る   38-39
16 下戸の飲物   40-41
17 編輯者より   42
18 紀州東牟婁郡田原村木葉神社の神事   42
19 ひだる神のこと   42
20 伊頭園茶話から   43
21 暗から暗へ   44
22 覚めよ本願寺門徒   45-46
23 あゝ審査未了   47-48
24 党首難の時代去らんとす   49-50
25 桜こゝかしこ   51-52
26 お花見の起り   53
27 病的土地評価法   54-55
28 大東文化学院の問題   56
29 政党の責任   57-58
30 右に対して   59
31 きつちよむ話研究の目標   60-62
32 海女部史のエチュウド   63-68
33 重い足踏みの音   69-72
34 編輯者より   73
35 杖成長の例   74
36 文部省編纂の俚謡集   74
37 産業組合の自立   74-75
38 The reading public of Japan   76-80
39 理論としては   81
40 金歯の国   82-83
41 角力道の将来   84-85
42 中山君の小生が言といふもの   86
43 旋風   86-89
44 「孤島苦の琉球」序   90
45 市議改選の日迫る   90-92
46 郷土舞踊の意義   93-96
47 大臣病の病院   97-98
48 未来の海外協会   99-100
49 台湾はどうなるか   101-102
50 編輯者より   103
51 竈神と馬の沓   104
52 猿屋土着の例   104
53 紀州粉河寺絵馬堂   104
54 図書館事業の改造   105
55 郵便年金制と国家義務   106-107
56 学生と社会制度   108-109
57 暴動と自治   110-111
58 「旋風」作後感   5   112
59 汎太平洋学術会議   113-114
60 東北研究者に望む   1-3   115-118
61 郊外生活のために   119-120
62 遊説員養成   121-122
63 隊商の門出に   123
64 眼前の異人種問題   124-129
65 社会科学は如何   130
66 現実暴露の教訓   131-132
67 見られて居る日本   133-134
68 地名に関する質問   135
69 右の古伝の   135
70 編者云<沢田四郎作「雨乞ひと踊」に>   136
71 編者云<矢頭和一「抜け参りの慣習」に>   136
72 編者云<沢田四郎作「家に関する事一二」に>   137
73 編者云<吉原春園「筑波山の猿」に>   138
74 編者云<松本楢重「祭礼と頭屋頭人」に>   138
75 編者云<井上頼寿「八幡と魚の牲」に>   139
76 まんのふ長者物語   140-145
77 怪写真の怪   146-147
78 あつい待遇   148
79 これ責任の回避のみ   149
80 学生運動の限度   150-151
81 普選即行論   152
82 公事業の試煉   153-154
83 政務官と陰謀   155
84 学士院の新容   156-157
85 日本農民党の誕生   158-159
86 諸制度の欠陥   160-161
87 編輯者より   162
88 人を神に祀る風習   163-183
89 右の第一の話   184
90 編者申す<矢頭和一「山の神の祭」に>   184
91 少女を主とした   185
92 柳田云<鈴木重光「貉和尚の遺物遺跡」に>   185
93 紫草紙   186
94 編者云<日野巌「万年青のこと」に>   186
95 柳田云<田中喜多美「二度咲く野菊」に>   186
96 編者云<高木誠一「磐城の大人足跡」に>   187
97 西洋かぶれ   188
98 女子青年団   189
99 明治四十三年五月   191
100 天未だ明けず   192
101 川下の   193
102 けちな悪人   194
103 青年団の現状について   194-195
104 市の教育権の承認   196-197
105 不景気と政治   198-199
106 御代始の議会に   200-204
107 国語の管理者   205-215
108 編輯者より   216-217
109 柳田云[中道等「菅江真澄が事ども」に]   217
110 菅江真澄の故郷   218
111 柳田云[小川五郎「樹の占と和泉式部」に]   218
112 天神様と雷   218
113 諸国新年習俗の比較   219-221
114 日本が分担すべき任務   222-223
115 文章対社会   224-225
116 町村吏員に対する期待   226
117 海事教育の不足   227-228
118 貴族院の決議能力   229-230
119 新団体の将来   231
120 都市趣味の風靡   232-234
121 都市建設の技術   235-243
122 現政局の常識的解釈   244
123 市会議員の「功績」   245-246
124 編輯者より   247
125 答[諏訪藤馬「チギリを持つ女」に]   248
126 北方文明研究会の現状   248-249
127 柳田申す[西村真次「説話伝説神話対歴史」に]   250-251
128 各地婚姻習俗比較   252-254
129 春の始の火祭   255
130 質問地震と鯰   255
131 新野は   255
132 息神社の歌詞   256
133 讃岐高松附近   257
134 青年と禁酒   257
135 私欲政治の勝算   258-259
136 偶読書抄   260-261
137 移民組合と移民国策   262-263
138 友食ひの犠牲   264-265
139 政友会の場合   266-267
140 書籍の大量生産   268-269
141 国木田独歩小伝   270
142 人口と食糧   271-272
143 学問に対する期待   273
144 果して更新の実ありや   274-275
145 知らぬことばかりにて   276
146 天長節   276
147 各種の解散促進論   277-278
148 鳥の来る日   279
149 伊豆の大島の話四篇   280
150 編者云[銘苅正太郎「伊平屋列島の話」に]   281
151 瀬戸内海の島々   282-285
152 私生児を意味する方言   285
153 貴族院の現状   286-287
154 海上興業論   288-289
155 教へるよりは学ばせたい   290
156 全く賛成   290
157 文学の実業化   291-292
158 農民史研究の一部   1-3   293-311
159 市長無為   312-313
160 青年の立場より   314-315
161 災難の永続   316
162 小児のことなど   316
163 拝啓さし当つて   317-318
164 民間些事   1-3   319-336
165 私生児の方言   337
166 芸術と民衆と   338
167 青年訓練の現況について   339-340
168 不良住宅問題   341
169 統計病   342-343
170 遙かなる島まで   344-345
171 国語純化運動   346-349
172 養蚕業の将来   350-351
173 農村往来に題す   352-355
174 教育と民間伝承   356-362
175 編輯者の一人より   363
176 八月十五夜の行事   364-366
177 各地俗信比較   367
178 購買力の問題   367-368
179 国土山川   369-370
180 選挙戦術の新味   371-372
181 農村家族制度と慣習   373-392
182 明るい政治   393-394
183 農地法制定の諸条件   395-396
184 大学教育と外国語   397-398
185 幼児の災害   399-400
186 糸価安定策を評す   401
187 海洋調査事業の将来   402-404
188 童時読書   405
189 編輯者より   406
190 編者曰く[高木誠一「猪の話その他」に]   406
191 猪垣のこと   407
192 編者云[酒井伊乙「道祖神と餠」に]   407
193 亥子祭の例   408
194 各地俗信比較   409
195 産婆を意味する方言   409-410
196 私生児のこと   411
197 末子のこと   412
198 永遠の明治節   412-413
199 懐柔政治の末期現象   414
200 蛙の王様   415-416
201 政局と世相   417-418
202 実業補習教育の前途   419-420
203 何物を信任すべきか   421-422
204 待合政治の考察   423
205 右に就て   424
206 民政党の陣容   425-426
207 東北研究の意義   427-432
208 戊辰年頭の詞   433
209 編輯者より   434
210 交易と贈答   435-436
211 虫の名の方言   437-438
212 創刊のことば   439-440
213 農民合同の新機運   441-442
214 党略線の将来   443-444
215 肥料管理論   445
216 警察と選挙   446-447
217 湯村の霞   448-451
218 柳田国男より盛敏氏へ   452
219 混乱を利用する者   452-453
220 和気と闘志   454-455
221 一万五千号   456
222 尚地盤を説く   456-457
223 二党対立の勢   458-459
224 諸国祭祀暦に就て   460-462
225 感情政治の得失   463
226 二十年前の遠野物語   464
227 小児語調査   465
228 編者云[嬉野英秋「上巳の節供の由来(昔話)」に]   466-468
229 童話と   469
230 市日に   469
231 是は曾て   470
232 各地俗信比較   471
233 教育不振とその対策   471-472
234 失敗の教訓   473-474
235 国民的鑑賞と収集   475-476
236 群の勇気と統一   477
237 左傾教授と学園の自由   478-479
238 オシラ尚遊ぶ   480-481
239 変節議員に関する所感   482-483
240 天長節寿言   484
241 編輯室より   485
242 池沼淵井等の伝説比較   486
243 五月節日行事   487
244 大田植の例   488
245 土佐国群書類従   488
246 コトがRiteを   489
247 鹿島人形   489
248 観賞植物の起原   490
249 編者云[山口麻太郎「壱岐国テェモン集」に]   490
250 南和俚諺集   490
251 なほ楽観せむ   491
252 武士道の研究   492-493
253 与党は反省せよ   494-495
254 友人橋浦泰雄   496
255 方言研究の意義   496-498
256 思想善導費   499
257 宗教大会の成績   300-301
258 憲法の番人   502-503
259 取残されんとする農地法   504-505
260 記念事業の意義   506-507
261 編輯者の一人より   508
262 オツリとウツリ   508
263 各地雨乞習俗   509
264 神送り行事諸例   509
265 中元行事のさまざま   510
266 博士濫造論   513-514
267 批評せらるゝ民政党   515-516
268 志士仁人の業   517
269 旅館票   518
270 婦人読物の現状に付て   519-521
271 人魚のこと   522
272 まづ博物館を理解せしめよ   523-525
273 映画か落語か   526
274 民政党の損失   527-529
275 多難孤立の都府   530
276 狐火は   531
277 諸国禁忌事例   532
278 芸術の秋に   533
279 司法大臣と東京市長   535-536
280 微なるかな野党の声   537
281 地方利権の擁護   537-538
282 県の大恩人たる真澄翁の事共   539-540
283 市島春城著春城筆語   541
284 政治道徳建設のために   541-542
285 蚯蚓の神秘な歌を聴く度に忘れられぬ唯一つの実録   543
286 農村政策の荒廃   544-545
287 市会解散論について   546-547
288 オイローパ来る   548
289 何を読むか   549
290 船員保険法案   550-551
291 郷土教育その他   552-555
292 積極政策と調査会   556-557
293 諸国市日記事   558
294 御発輦   559
295 大嘗祭と国民   560-562
296 大嘗宮の御儀   563-564
297 局面は更に展開せん   565
298 国際教育と小学女教員   566-567
299 省線電車の今後   568-569
300 無産党合同計画と内闘   570-571
301 米穀法の存廃   572-573
302 青年御親閲   574
303 同情週間の成長   575
304 信用組合の信用   575-577


柳田國男全集 28 昭和4年〜昭和7年

 郷土館と農民生活の諸問題・蛇聟入譚・凡人史の省察・日本人は如何にして渡つて来たか・桃太郎根原記・花袋君のこと・都会と農村・義務教育の条件など、定本未収録多数。
郷土館と農民生活の諸問題
諸国さへの神祭記事
編者云〔小池直太郎「串柿を詠じた唄」に〕
編者云〔安成三郎「道祖神の唄」に〕
新しき生産へ
蛇聟入譚
土木行政の情弊現はる
陰性政治の末路
婦人運動の一転回期
田中外交と弊原外交〔ほか〕


1 郷土館と農民生活の諸問題   13-18
2 諸国さへの神祭記事   19
3 編者云<小池直太郎「串柿を詠じた唄」に>   19
4 編者云<安成三郎「道祖神の唄」に>   20
5 新しき生産へ   20-21
6 蛇聟入譚   22-28
7 土木行政の情幣現はる   29-30
8 陰性政治の末路   31
9 婦人運動の一転回期   32-34
10 田中外交と弊原外交   35
11 郵便貯金利下   36
12 国民審判と倒閣運動   37
13 日支交渉決裂か   38
14 米価問題と地方分権   39-40
15 新たなる政局不安定   41-42
16 柳田国男氏   43
17 興味ある市会選挙の現況   44-45
18 選挙法案と党略   46-47
19 限月改悪案と貴族院   48
20 市の選挙と青年団   49
21 地方不安と解散の機運   50
22 第五十六議会の記録と実験   51-53
23 依然たる中等教育問題   54-55
24 風土と美人系   56-61
25 日魯漁業の問題   62-63
26 旧式政党心理   64-65
27 地方選挙と政党   66-67
28 産業組合の理想郷   68-71
29 海難防止   72-73
30 庶民階級と与党   74-75
31 誰に見せう   76
32 学校と自由   76
33 商店従業員の労働保護   77-78
34 盲従是非の論   79
35 政局一転回の期近づく   80
36 自治と新選挙   81-82
37 風流と我面白   83-86
38 廃娼運動の行方   87
39 改造か崩壊か   88
40 社会教育の限界   89
41 還幸を拝して   90
42 根本問題の一   91
43 訓示無用   92-93
44 思想より政治   94
45 葬制の沿革について   94-110
46 小作問題の推移   111-112
47 青年訓練の補習教育化   113
48 山の季節来る   114
49 無産党と政局   115
50 防衛の途なきか   116
51 声明書の不備   116-117
52 産業政策の合理化   118-119
53 花を駅頭に   120
54 落語と放送   120
55 消費節約の意味   121
56 伝説とその蒐集   122-123
57 補助金問題を解決せよ   124
58 悲観よりも努力   125
59 堀切市長の財政案   126-127
60 陳情攻めと選挙   128
61 失業問題を正視せよ   129
62 浜口首相の訓示   130-131
63 旅行の改良   132
64 思想の啓導と教育の刷新   133
65 炭坑殺人   134
66 金解禁と農村経済   135-136
67 酒場制限問題   137
68 合法的左翼政党樹立の提案   138
69 農村の夏羽織   139
70 旅行略暦   140
71 生産制限論   141-142
72 伊那の中路・わがこゝろ   143-144
73 精神復興の前駆として   145-146
74 義務教育費と減税   147
75 医者は多過ぎるか   148
76 植民地の米作   149
77 大東京の脅威   150
78 蔣介石の地位   151-152
79 国定教科書の権威無し   153
80 積極政見を示せ   154
81 困難なる米穀対策   155
82 大臣の表決権   156
83 学術鎖国   157-158
84 欧洲聯盟と日本   159
85 昔風と当世風   160-161
86 式年御遷宮の新意義   162-163
87 仮面に関する一二の所見   164-173
88 女子の教化総動員   174
89 買換も可なり   175
90 財政不安を除却せよ   176
91 選挙区制論と犬養総裁   177-178
92 日本地理大系   179-187
93 精神科学と補助   188
94 凡人史の省察   188-191
95 入学難は依然たり   192-193
96 小学教育と自治   194-195
97 流言飛語の害   196-197
98 暴力団と警察   198-199
99 農業の合理化   200
100 鉄道会議改革   201
101 自動車網の目的   202
102 都市生活意識   203-204
103 学校騒動の根絶へ   205
104 春を待つ心   206-210
105 世間と書斎   3   211-219
106 更に一歩前へ   220
107 絵馬と馬   221-222
108 合理化と失業   223-224
109 新生の国語協会に   225
110 肥料政策と産業組合   226-227
111 小売制度の改善   228
112 ナ・名   228-229
113 刑事被告人の立候補   230-231
114 無産派と選挙費公開   232
115 女工賃銀不払問題   233
116 選挙と青年団   234-235
117 紀元節日所感   236
118 投票の集合取引を戒めよ   236
119 浮動投票の力   237
120 農会の市場統制   238
121 日本人は如何にして渡つて来たか   239-241
122 選挙法と政友会   242-243
123 国家教育主義の一難関   244-245
124 肥料を安くさせぬ政治   246-247
125 不景気対策以上の急務   248-249
126 養蚕業の将来   250-251
127 私は今   252
128 「黒」を憶ふ   252-254
129 海運界の局面展開策   255-256
130 米価基準案   257-258
131 漸く収穫期にいる   259-260
132 桃太郎根原記   261-268
133 東京市長の辞任   269
134 蚕糸政策と政友会   270-271
135 経済政策転換の当否   272-273
136 社会人類学の方法及び分類   274
137 花袋君のこと   275
138 花袋君の作と生き方   1-3   276-279
139 旅と故郷   280
140 国産愛用の本旨   281-282
141 民情御視察の聖旨を拝して   283
142 地名の話   284-298
143 田螺聟入譚   299
144 林政改革は急務   300-301
145 東北と郷土研究   302-314
146 政策転換論   315-316
147 狼の話   317-319
148 横の合理化と消費本位   320-321
149 国立公園と地方運動   322-323
150 組合製糸の試錬時代   324-325
151 実費診療事業   326-327
152 農村金融の現状   328-329
153 地方政策の樹立へ   330-331
154 開こんと失業救済   332-333
155 農業改革の機運に面して   334-335
156 先づ米価を安くせよ   336-337
157 米価維持と産業組合   338-339
158 生産増進と夜店政策   340-341
159 郷土史研究に就いての希望   342-343
160 明治大正史第四巻世相篇   344
161 The new year ritual and the feast of lanterns   344-348
162 都会と農村   349-356
163 方言研究会例会   357
164 序『創価教育学体系第一巻』牧口常三郎著   358
165 柳田国男先生より   359-362
166 柳田国男氏より   363
167 諸君に考へて頂きたいこと   363-367
168 成人教育の好機関   368
169 芳賀郡と柳田氏   369-376
170 行商と農村   377-397
171 系図部を読みて   398
172 義務教育の条件   399-409
173 我郷土の伝説   410
174 国学院大学国文学会大会講演会   411
175 慶応大学地人会   411
176 採集者と話主   412-413
177 郷土科学に就いて   414-419
178 質問   1   420
179 質問   2   420
180 世間話の研究   421-431
181 ポール・セビオ「海の伝説信仰及び俗信」   432-436
182 東北農村の構成   437-445
183 山民語彙・序   446
184 「癲癇」の方言   447
185 民俗資料分類表   448
186 南島談話会第四回例会   449
187 大百科事典   450-465
188 南島談話会第5回例会   466
189 日本文学大辞典   467-541
190 南島談話会例会   542
191 民族の採集と分類   543-545
192 南島談話会第七回例会   546
193 郷土資料の蒐集と分類   546-548
194 信濃柿その他   549
195 「ばいたま」といふ風の名   549-551
196 書籍は自分の書斎に置きたい   552-553
197 南島談話会   554
198 柳田国男氏曰く   555



柳田國男全集 29 昭和8年〜昭和11年

 民俗採集と言葉・農村生活と産業組合・村の生活史を語る・昔話の分類に就て・昔話採録様式・郷土研究と民俗学・八戸地方の昔話・交易の原始形態など、定本未収録論考は93編。
民俗採集と言葉
農村語彙・序
おかちん三題
常民婚姻史料・緒言
年中行事調査標目・緒言・後記
我々の求むるもの
序・「種子島方言集」故鮫島松下
国学院大学方言学会
故人寄贈の桜悲し
喜談小品〔ほか〕

1 民俗採集と言葉   11-20
2 農村語彙   序   22
3 おかちん三題   中・下   23-25
4 常民婚姻史料   緒言   26
5 年中行事調査標目   緒言・後記   27-29
6 我々の求むるもの   30
7 序「種子島方言集」故鮫島松下   31
8 国学院大学方言学会   32
9 故人寄贈の桜悲し   33
10 喜談小品   34-36
11 『島』を公けにする趣意   37
12 計画   37-38
13 漁村語彙   序跋   39
14 同人寄語   40-41
15 忌と物忌の話   42-53
16 其後如何   54
17 島の数   54
18 何の為に方言を集めるか   55-63
19 島の個性   64
20 編輯後記   64
21 地名の研究   65-74
22 霊山と神話   75
23 民俗学の話   76-78
24 国語学講習会   79
25 宗谷の岬の   79
26 序『花月随筆』飯島花月著   79-81
27 農村生活と産業組合   82-92
28 柳田国男先生から   93
29 隠岐の観光事業   93-96
30 社会経済史学会   97-98
31 郷土研究家としての佐々木喜善君   99-100
32 解放された絵の愉快さ   101
33 頒布会開催について   101-104
34 門松と民俗   1-3   105-109
35 児童語彙   序跋   110
36 そやさかいに   111-117
37 村の生活史を語る   118-131
38 江湖雑談   132-135
39 雑誌への希望   136
40 漱石の猫に出る名   137-138
41 序『笹森儀助翁伝』横山武夫著   139-140
42 近郊一日   141-142
43 国語史論   143-172
44 村荘閑話   上・下   173-176
45 今日の郷土研究   177-182
46 旅行の上手下手   183-185
47 拝啓「島」   第2巻   186
48 田植のはなし   187-190
49 毛虫と松毬   191-199
50 神送りと人形   200-230
51 狗の心   231-235
52 つぐら児の心   236-237
53 葬制沿革史料   緒言   238
54 柳田国男氏   239
55 郷土研究の方法   239-244
56 序『五島民俗図誌』久保清・橋浦泰雄共著   245-246
57 万人を魅読   247
58 文化運搬の問題   247-260
59 昔話の分類に就て   261-266
60 『いはふ』といふ心持   267
61 『野鳥』への諸家の評   268-270
62 民俗覚書   271-275
63 青木貞計   276
64 フィンランドの学問   276-287
65 善き日本的童話を   288
66 童話小考   1-10   289-310
67 塩雑談   311-314
68 小児生存権の歴史   315-318
69 柳田国男先生の還暦祝賀会   319
70 在京会員   320
71 小さい問題の登録   320-321
72 郷土生活の研究法柳田国男著   322
73 能登酉雄談話聞書   323
74 狩と山の神   323-328
75 『きょろろ鶯』に寄せて   329
76 九月十四日華族会館   329
77 私から   329
78 高橋宥明上人神変記   330
79 茨城県の伝説   330
80 忘れ難い郷里のたべ物   331
81 編輯雑記   331
82 一、蓍とメドハギとは   332
83 秋田追分に新説   333
84 三週間の旅行   334
85 大和の問題   335-338
86 山神にヲコゼを   339-342
87 初夢と昔話   343
88 農業と言葉   343-347
89 鉄輪区域   348-349
90 各地資料   350-351
91 成長は自然   352-353
92 夢合せと夢の種類   354
93 近畿民俗   354
94 北越雪譜(活版本)   354
95 金星堂刊行   355
96 コモチジロ   356
97 春亥子   356
98 「かちかち山考」抜刷分配   357
99 方言覚書   357-360
100 アテフダ   361
101 風邪と木綿   362-363
102 今日の民俗学   上・下   364-370
103 昔話採録様式   371-376
104 墓場の制度   上・中・下   377-379
105 採集手帳のこと   380-381
106 郷土研究と民俗学   1-5   382-404
107 八戸地方の昔話   1-10   405-472
108 木曜会第58回例会   473
109 祭礼名彙と其分類   1・2   473-476
110 世界文芸大辞典   477-480
111 鎌倉の椿   481
112 村の個性   482-483
113 伝承と伝説   484
114 カゼとクサ   484
115 木曜会第61回例会   485
116 テルテルバウズについて   485-486
117 かぐやひめ   487-488
118 ひなまつり   489
119 アテヌキといふ地名   490-491
120 木曜会第62回例会・第63回例会   492
121 塩の路   493
122 政治教育の為に   494-495
123 交易の原始形態   496-520
124 木曜会第64回・第65回   521
125 漸く春になり候所   521
126 昔話   521
127 木曜会第67回   523



柳田國男全集 30 昭和12年〜昭和17年

越中と民俗
神奈川県と民間伝承
山茶花のことから
木曜会
梅紅白
幼言葉分類の試み(二)
童神論
木曜会
広島へ煙草買ひに
木曜会〔ほか〕

1 越中と民俗   13
2 神奈川県と民間伝承   14-20
3 山茶花のことから   21
4 木曜会   22
5 梅紅白   23-24
6 幼言葉分類の試み   2   25-29
7 童神論   30
8 木曜会   31
9 広島へ煙草買ひに   32-33
10 木曜会   34
11 御願ひ   35-36
12 童心画巻   37-39
13 餅と団子   40
14 鹿児島県と民俗研究   41
15 日本民俗学講座婦人座談会   42
16 「野方」解   43
17 柳田国男先生より   43
18 伝統について   44-51
19 民俗資料の分類要目   52
20 柳田国男氏より   53
21 木曜会   53
22 飛驒と郷土研究   54-59
23 柳田先生より   60
24 日本民俗学講座婦人座談会   60
25 木曜会   61
26 諸名家の重胤観   61
27 民俗覚書   62-63
28 日本民俗学講義   64
29 序文『越後方言考』小林存著   65
30 木曜会   66
31 橋の名と伝説   1-2   66-70
32 親方子方   71-88
33 御伽噺と伽   89-90
34 木曜会   91
35 郷土研究に就いて   91-95
36 民俗学講座婦人座談会   96
37 服装語彙分類案   1-2   96-99
38 雛人形の話   100-101
39 ツルウメモドキ   102
40 やせ男   102
41 境を歩む人   103-105
42 考へさせられた事   106-107
43 セビオの方法   108-109
44 木曜会   110
45 平凡と非凡   111-121
46 無意識の歴史家   122-123
47 問題と感想   124-125
48 木曜会   126
49 国語に対する山本有三氏の意見について   127
50 前兆   127
51 問題と感想   128-129
52 夏祭進化   130
53 耳たぶの穴   131-132
54 松原湖より   133
55 問題と感想   133-135
56 石見佐次右衛門   136-142
57 ドルメン再刊の企を聞いて   143
58 前号から   143-145
59 前号から   146
60 Gleanings from Japanese folklore   147-160
61 稗を語る   161-166
62 前号から   167-168
63 木曜会   169
64 名家印譜と由緒   170
65 私と本   171
66 前号から   171-172
67 前号から   173
68 アジアに寄する言葉   174
69 木曜会話題   175-176
70 文化映画と民間伝承   177-179
71 伝承者   180
72 喜談小品   180-181
73 珍しい御菓子   182
74 ツナクレ   183
75 日本橋と夢   183
76 前号話題   183-184
77 祭礼と固有信仰   185
78 東京に杜鵑の多かつたこと   186
79 追思録その他   187-188
80 喜談小品   189-190
81 対外文化工作への直言   191
82 奥南新報   191
83 木曜会   191
84 忌言葉   192-193
85 翻訳は比較   194
86 村及部落に就て   195-225
87 親のしつけ   上・中・下   226-228
88 ちからの語義   229-230
89 木曜会   231
90 東京方言学会   231
91 民族芸術と文化映画   232-233
92 木曜会   234
93 予が出版事業   234-242
94 東北の芹の塩漬   243
95 食の民俗   1-6   243-255
96 採集批評   256-258
97 木曜会   259
98 あくたいまつり悪態祭   260
99 うじがみ氏神   260
100 うぶすな本居   261
101 この書を薦む   1   262
102 木曜会   262
103 ちから   262-263
104 習俗覚書   264-266
105 霊出現の地   267-268
106 日本民俗学講座   269
107 木曜会   270
108 鳥の緑地帯   270-271
109 野中の清水   272-278
110 対馬北部見聞   279
111 木曜会   280
112 蔵書に埋れて本を馬鹿にする!   281
113 新緑   282
114 古い手帖から   283
115 木曜会   284
116 木曜会   285
117 都市の性格に就て   285-293
118 木曜会   294
119 御懇篤な御手紙   294
120 日本を知る為に   294-299
121 序文『支那風俗綺談』井東憲訳著   300
122 Th islands of cats   300-306
123 「農家と人」審査感想   307
124 笠神について   308
125 野鳥と海洋文学   308-310
126 郷土研究の話   311-314
127 米食の歴史   315-319
128 農村生活と水   320-325
129 感覚の記録   326-327
130 木曜会   328
131 学問と民族結合   328-329
132 水曜手帖   1-7   330-346
133 ヒタキ供養   347-352
134 人事   1月-7月   353-357
135 米櫃と糧と菜   358-365
136 女性生活史   1-9   366-414
137 地方娯楽を自主的に   415-416
138 民俗学の話   417-424
139 木曜会   425
140 跋さゝやかなる昔   425-428
141 次の代のために   429-434
142 何か記念の出版物に   435
143 農村保健の今昔   435-441
144 板絵沿革   442-445
145 私の勉強部屋   446
146 たのしい生活   447-459
147 文化政策といふこと   460-465
148 方言研究の参考書   466
149 木曜会   467
150 郷土研究のものは   468
151 感想   468
152 感想   468-469
153 東北車中三吟   470-471
154 南会津に於ける高倉宮御旧蹟   472-475
155 黄芬亭唱和   476
156 木曜会   477
157 竜王と水の神   478-480
158 木曜会   481
159 ことわざ採集の要領   482-483
160 牛のこと   484
161 何をこの本は説いて居るか   484-487
162 木曜会   488
163 問題は地方に在る   489
164 法制局時代の上山氏   490-496
165 南方熊楠翁のこと   497-500
166 正月風土記   501-503
167 和州地名談   504-511
168 木曜会記事   512
169 小豆の話   上・下   513-523
170 日本民俗学   524-566
171 歌と国語   567-571
172 新たなる目標   572
173 親の膳   573-578
174 読書訓感情を以て書物に対するな   579-580
175 無名の道徳   581
176 昔話新談   上・下   581-585
177 木曜会   586
178 新麦の歌仙   587-598
179 魚の飯食ふ話   599
180 編輯後記   599
181 知識と判断と   600-604
182 井上頼寿著『京都古習志』   605-606
183 伝承文化と少国民文化   607-618
184 小鳥の社会   619-620
185 にが手の話   621-622
186 木曜会   623
187 郷土   上・下   624-641
188 文化と民俗学   642-652
189 木曜会   653
190 にが手と耳たぶの穴   654-656
191 女性と文化   657-659
192 耳たぶの穴の一例   660
193 木曜会   660
194 日本の母性   661-663
195 冬至と南瓜   664-666



柳田國男全集31 作品・論考編 昭和18年〜昭和24年
 教育と国語国策・婚姻の歴史・美と民族学・歴史学と民俗学・沖縄文化聯盟の為に・処女会の話・昔の旅これからの旅・民家史について・垣内の研究など、定本未収録多数。
手拭沿革 一〜四
木曜会
江戸の松飾
編輯後記
出版界新編成への期待
HISTORIETT´E OF JAPANESE FESTIVALS
朗読文学のために
教育と国語国策 一〜三
白秋さんと小鳥
菅江真澄のこと〔ほか〕

1 手拭沿革   1〜4   11-25
2 木曜会   26
3 江戸の松飾   27
4 木曜会   27
5 編輯後記   27
6 出版界新編成への期待   28
7 Historiette of Japanese festivals   28-36
8 木曜会   37
9 朗読文学のために   38-40
10 教育と国語国策   1〜3   41-73
11 木曜会   74
12 白秋さんと小鳥   75
13 菅江真澄のこと   75-77
14 婚姻の歴史   78-88
15 序『農村信仰誌』   89-94
16 氏神篇調査に関する柳田国男先生講演の概要   95-111
17 美と民族学   112-118
18 家の神の問題   119-122
19 木曜会   123-126
20 風景と生活   127-128
21 氏神様と教育者   129-133
22 木曜会   134
23 鳴沢即事   135
24 黄芬亭両【キン】   136
25 Die japanische Volkskunde   137-208
26 お正月   209
27 明治神宮に奉納した連句   210-211
28 特攻精神をはぐくむ者   212
29 笑ひ   213-216
30 若き後輩の為に   217
31 農村と秋まつり   218-225
32 祭政分離は当然   226-230
33 喜談日録   1〜4   231-243
34 民俗風習の教へ   1〜5   244-264
35 日刊新聞を   265
36 輿論の技巧   266
37 教育の原始性   267
38 木曜会だより   268-271
39 史学興隆の機会   272-276
40 木曜会   277
41 歴史教育の使命   278
42 山帽子   279-281
43 ジュネーブの思ひ出   282-287
44 小さな手形   288-291
45 民俗学の文庫作業   292-300
46 昭和二十二年に望むこと   301
47 文章革新の道   上・下   301-302
48 柳田国男折口信夫佐々木喜善鈴木重男先生書簡   303-305
49 執筆者通信   306
50 閑雲集   307
51 ほしいもの・したいこと   307
52 静臥随想   上・下   307-309
53 歴史を教へる新提案   310-318
54 俳諧雑記   319-323
55 よい自治体はこの一票から   324
56 私は共産党へ投票する   324
57 関東の民間信仰   325-335
58 歴史学と民俗学   336-342
59 日本文化の発達に貢献した人々   343
60 苗忌竹の話   343-347
61 文化人から出版危機への言葉   348
62 日本民俗学の前途   1・2   348-349
63 歌及び序   350-351
64 東京の三十年   352-355
65 村を楽しくする方法   356-360
66 久々に御近況を   361
67 大きな世界   361-362
68 柳田国男先生をめぐる座談会   363-366
69 始祖放談   367-368
70 執筆者通信   369
71 私の書斎   369
72 民俗学研究所例会   370-371
73 沖縄文化聯盟の為に   372
74 婚姻の要件、夫婦財産制及び離婚手続   372-383
75 現代科学といふこと   384-393
76 伊波君の業蹟   394
77 煕譚書屋閑話   395-401
78 病める俳人への手紙   402-406
79 婚姻の話   407-408
80 成城の地理書   409-416
81 女   417
82 処女会の話   418-428
83 昔の旅これからの旅   429-434
84 三たび春を迎う   435-436
85 平和のために何をなすべきか何をなしつゝあるか   437
86 郷土生活の中にある学校   438-441
87 柳田先生講演二つの人類学   442
88 柳田先生講演日本民衆の日常語   443
89 柳田先生講演説話の成長   443
90 研究例会   444
91 神社と信仰に就て   444-447
92 歌とフォクロア   448-451
93 民家史について   1・2   452-473
94 研究例会   474
95 女性民俗研究会   474
96 女性民俗研究会   475
97 「村のすがた」と社会科教育   475
98 山旅民俗随談   476-480
99 社会科教育と民間伝承   481-487
100 民俗学研究所の事業に就いて   488-495
101 研究例会   496
102 談話会   496
103 子規一門の連句   497-502
104 狸とムジナ   503-508
105 新聞学習の二つの立場   509
106 食物と迷信   510-512
107 垣内の話   513-518
108 研究例会   519
109 女性と俳諧   520-523
110 新日本風物誌   524
111 コトワザと女   525-528
112 山の休日   529-532
113 国語教育の急務   533
114 小序『胡桃沢勘内集』胡桃沢勘内著   533
115 学問用語の改良   534-537
116 新教育についての断想   538-540
117 地方自主の教育   541-545
118 芭蕉の恋の句   546-554
119 話し方と読み方   555-556
120 一九四九年の希望はどこにあるか一九四九年の希望をどこに置くか   557
121 新しい統一   557
122 談話会   558
123 女性民俗研究会   559
124 現代と俳諧   560-568
125 鶴談叢に就いて   569
126 会員諸兄へお願ひ   570
127 談話会   570
128 節句考   570-571
129 サケ酒   572-576
130 マツリ祭   577-590
131 批判   2   591-595
132 研究例会   596
133 談話会(木曜会)   597
134 女性民俗研究会   598
135 喜談小信   599-600
136 手巾序説   601-603
137 話の話   604-608
138 談話会   609
139 女性民俗研究会   610
140 作之丞と未来   上・下   610-613
141 喜談日録   614-616
142 梅についてのお願ひ   617
143 研究例会   617
144 談話会   618
145 女性民俗研究会   618
146 垣内の研究   619-630
147 御遺稿漸うのことにて   631
148 会報二ノ三早速拝見   631
149 国語検定教科書を監修して   632
150 コヤスガヒのこと   632-634
151 読書人群像   635
152 研究例会   635
153 談話会   636
154 両吟「宝冠の」   637
155 風景と民俗   638-640
156 学生と旅行道   641-644
157 社会科問答   645
158 研究例会   646
159 談話会   646
160 研究会   647
161 日本を知りたい   648-649
162 文体の歴史   650
163 教師は公人   650
164 談話会   651
165 女性民俗学研究会   651
166 日本を知る為に   652-658
167 魂の行くへ   659-664
168 談話会   665-666
169 序『遠野』   667
170 二階と青空   668-669




柳田國男全集32 作品・論考編 昭和25〜29年 2004.7
 千代田文庫の思い出、史論・抄物、南方熊楠について、日本語の造語力、海上生活の話、桂園派との関係、耳の国文学、わがとこよびと、信仰と民俗、など、定本未収録多数。
新春閑話
銘苅正太郎翁の話―伊是名島の葬制
この頃の民間伝承には
迷信の実態
お歯黒と白い馬
談話会
村の信仰
臼の歴史
鴉の悪意
田植の夢〔ほか〕


1 新春閑話   11
2 銘苅正太郎翁の話伊是名島の葬制   12-15
3 この頃の民間伝承には   16
4 迷信の実態   17
5 お歯黒と白い馬   18
6 談話会   18
7 村の信仰   19-46
8 臼の歴史   47
9 鴉の悪意   47
10 田植の夢   48
11 毎月第二日曜の   49
12 近畿方言学会の復活に寄せて   49
13 研究会   49
14 談話会   50
15 柳田国男先生書簡集   51-101
16 寄り物の問題   102
17 旅と文章と人生   103-104
18 女房一日天下の日   105
19 研究会   105
20 研究会   106
21 談話会   106
22 尋常人の人生観   107-120
23 迷信と邪教   121-125
24 家刀自の話   126-129
25 南方熊楠   130-135
26 採訪の新らしい意味   136
27 研究会   137-139
28 談話会   140
29 序文『民俗学研究第一輯』   140
30 神社のこと   141-149
31 故郷の山桜   150
32 離婚をせずともすむやうに   151-153
33 研究会   154
34 談話会   154
35 女性民俗学研究会   155
36 研究会   156
37 談話会   156
38 研究会   157
39 談話会   158-159
40 研究会   160
41 談話会   160
42 女性民俗学研究会   161
43 田社考大要   1-3   162-176
44 人を喚ぶ力   177
45 新仏教のことなど   177-179
46 御あいさつ   180
47 談話会   181
48 女性民俗学研究会   182-184
49 伊勢の古俗   185
50 談話会   186
51 女性民俗学研究会   187
52 春来にけらし   1-3   187-190
53 私の信条   191-194
54 談話会   195
55 研究会   196-197
56 水海道古称   198-199
57 談話会   200-201
58 女性民俗学研究会   202
59 千代田文庫の思い出   202-206
60 これからの琉球   207
61 民俗学の恩人   208
62 日本人の顔   209
63 談話会   210
64 女性民俗学研究会   211
65 史論・抄物   212-215
66 談話会   216
67 女性民俗学研究会   217
68 研究会   217
69 土の香の思ひ出   217-219
70 南方熊楠先生   220-224
71 思い言葉   225
72 新郷土誌の目的と方法   226-228
73 談話会   229
74 女性民俗学研究会   230
75 研究会   230
76 「少年の悲み」などのこと   231
77 南方熊楠について   232-233
78 柳田先生よりの返書   234
79 談話会   235
80 女性民俗学研究会   236
81 研究会   236-237
82 個性の教育に   238
83 談話会   239
84 言語生活   239-253
85 はなしことば   254-262
86 俳諧と俳諧観   263-266
87 編集室より   267
88 談話会   268
89 女性民俗学研究会   268
90 研究会   269
91 ワラジで書いた「民俗学」   270-271
92 瑞穂国について   272-285
93 速記と国語改良   286-288
94 二つの新しい用途   289
95 談話会   290
96 女性民俗学研究会   291
97 推薦文『日本鳥類大図鑑』   291-294
98 新たなる統一へ   295-296
99 母語と人生   297-299
100 談話会   300
101 女性民俗学研究会   301
102 談話会   302
103 女性民俗学研究会   303
104 研究会   303
105 南島研究会   304
106 序『人神考序説』柳田国男著   304
107 談話会   305
108 女性民俗学研究会   306
109 研究会   307
110 悲しむべき経験   308
111 談話会   309
112 研究会   309
113 女性民俗学研究会   310
114 南島研究会   310
115 改訂新しい国語(中学)   311
116 考へない文化   314
117 談話会   315
118 女性民俗学研究会   316
119 談話会   317
120 研究会   318
121 日本社会民俗辞典   319-332
122 本について   333-335
123 女性民俗学研究会   336
124 研究会   337
125 談話会   338
126 研究会   338
127 談話会   339
128 女性民俗学研究会   340
129 研究会   340
130 やたらにあさるなベスト・セラーの本   341-342
131 これさま節と五反田節   343-346
132 古典と国語   347-353
133 すみやきこごろう   354
134 実地の国語教育   355-361
135 日本における新造語の問題   362-372
136 新らしい光   373
137 民俗学と岩手   1-6   373-385
138 歴史教育について   386-391
139 日本語の造語力   392-396
140 わらべうた   397
141 町の話題   398-399
142 生活の中にある歴史を   400
143 上代民衆の姿   401
144 母の話では   402
145 海上生活の話   403-419
146 目的と方法   420
147 南島研究の目途   421-424
148 国語教育の古さと新しさ   425-431
149 小序『鹿角方言考』大里武八郎著   432-433
150 国語史のために   434-446
151 桂園派との関係   447-449
152 日本の笑い   450-457
153 私の愛誦する去来作品とその鑑賞   458
154 箱根山中三吟   458-468
155 甲斐南都留郡道志村   469-473
156 榎戸懐古   474-479
157 弟子の遺業を継ぐ   480
158 社説と文化評論   480
159 序『つきもの持ち迷信の歴史的考察』速水保孝著   481-484
160 単語の年齢と性質   485-487
161 耳の国文学・上下   488-508
162 和歌の未来といふことなど   509
163 わがとこよびと   510-522
164 私の仕事   523-529
165 序『拾椎雑話・稚狭考』   530-533
166 推薦文『朝鮮民俗誌』秋葉隆著   534
167 「日本の社会」編集の趣意   534-535
168 郷土研究会の想ひ出   536-544
169 海上の移住   545
170 一心になりきる真率さ   546
171 日本語のふるさと   547-552
172 国史教育に就いて   553-561
173 トンチボウと団三郎   562
174 信仰と民俗   563-571
175 河童の話   572-576
176 民俗学入門   577-602


柳田國男全集 33 昭和30年〜昭和37年 2005.3

 海上移住の話、田山のこと、国語の進むべき道、神道史の一問題、米と日本人、入墨の話、折口君の学問、日本における内と外の観念、俳談、柳翁閑談など、定本未収録多数。
便り
今までの日本語
歌会始の儀
七万の“知られざる日本語”
二つの精進
海上移住の話
郷土研究と東筑摩教育会の思い出
貴重な三年間
国語教育の進むべき道
柳田国男氏の国語研究所への祝辞〔ほか〕

1 便り   11
2 今までの日本語   1・2   11-24
3 歌会始の儀   25
4 七万の“知られざる日本語”   25
5 二つの精進   25-32
6 海上移住の話   32-40
7 郷土研究と東筑摩教育会の思い出   40-48
8 貴重な三年間   48-54
9 国語教育の進むべき道   54-59
10 柳田国男氏の国語研究所への祝辞   60-61
11 田山のこと   61-65
12 国語講座によせて   65-66
13 監修者の言葉   66
14 国語の進むべき道   67-71
15 神道史の一問題   72-79
16 みさき神考   80-87
17 若い人々の熱意   87-88
18 前代の農村生活   88-90
19 日本人の来世観について   91-97
20 あなたは現代・歴史的かなづかいのどちらをお用いになりますか   97
21 米と日本人   98-105
22 柳田国男氏書簡   106-115
23 私の歩んだ道   119-122
24 地方の人々に   123
25 『新俳句歳時記』に寄せて   124-126
26 日本の言葉   1・2   126-135
27 水罰の話   1・2   135-144
28 聞きことばの将来   144-151
29 信頼できる業績   151
30 入墨の話   1・2   152-161
31 民謡と歌謡と   161-163
32 序『夜啼石の話』小池直太郎著   163-164
33 <日本の碩学>柳田国男   164-165
34 柳田先生書翰   1・2   165-167
35 序『福間三九郎の話』胡桃沢勘内著   168-169
36 必要にして又完備した書物   169-170
37 折口君の学問   173-174
38 家刀自の話   175-180
39 新しい国語教育のありかた   180-190
40 国語研究者に望む   191-202
41 穀母信仰のことども   202-206
42 稲の文化史・序   207-209
43 地名研究の御雑誌   209
44 心づかぬ変遷   210-213
45 Rice:a mirror of Japanese history   214-223
46 昔話の研究について   223-228
47 次の代の人々と共に   228-235
48 稲の日本   1・2   236-243
49 「日本地名学」拝受   243
50 俳句を愛する六人の意見 柳田国男氏の意見   247-249
51 故郷七十年   30 狐信仰のことから   249-250
52 寄木の親   251-254
53 すいせんのことば   254
54 心からの声援をおくる   255
55 本当に結構な企画   255
56 明治三十九年樺太紀行   256-268
57 これからの問題   268-271
58 日本における内と外の観念   271-285
59 民族信仰の跡を繫ぎ留める   285
60 近代文芸の源流をたづねて   286-302
柳田 国男/対談 新井 寛/対談
61 推薦のことば『中国風土記』宮本常一著   302
62 話し方教育の方向   302-307
63 民間伝承と文学   311-334
64 サンフランシスコまでの日誌より   335-337
65 オヤという言葉   1・2   337-341
66 伊太利だより   342-343
67 義経記   344-345
68 国語は世を新しくする   346
69 序『沖縄の歴史』比嘉春潮著   346-351
70 フランスより   351-353
71 スイスにて   353-354
72 序文『日本古代稲作史研究』安藤広太郎著   355-356
73 小序第二(増補版)『大和の伝説(増補版)』高田十郎編   357
74 五十年前の伊豆日記   1〜3   358-363
75 こと「民俗学」となるとトシには見えぬ元気   363-365
76 「童神論」について   1〜3   365-374
77 推薦のことば   377
78 在学中の思い出・其の他   377-379
79 日本人の根性を明らかにする手引   380
80 童神論   1〜12   380-421
81 俳談   1〜4   422-471
82 船   471-472
83 オーストリアにて   472-473
84 わたしの方言研究   477-485
85 序『遠藤民俗聞書』丸山久子著者代表   486-487
86 旅へ誘った花袋   487-489
87 峡ふかくの巻   489-490
88 明治人の感想   491-503
89 柳翁閑談   1〜15   503-528
90 島々の話   528-537
91 沖縄がたり   1 柳田さんと沖縄   538-539
92 豊かな国語のために   540-541
93 心にのこる風景   541-543
94 伊波普猷君のこと『伊波普猷選集 中巻』伊波普猷著   543-544
95 御刀代田考   545-559
96 柳翁新春清談   上中下   563-568
97 創刊六十一号に寄せる   568
98 燕の子の巻   569-570
99 影膳の話   570-573
100 別座鋪の歌仙   574-583
101 七部集の話   584-588