木曜日, 9月 29, 2011

20110929 柄谷行人 記者会見における冒頭発言

20110929 柄谷行人 共同声明発表記者会見における冒頭発言  途中欠落あり

「新しいデモの形式を作っている 若いひと達、素人の乱に感謝している。
したがってそれを抑圧する者に抗議したい」柄谷行人

参考:
associations.jp
http://associations.jp/
「9・11原発やめろデモ」でのスピーチ
http://associations.jp/archives/437

質疑応答断片


質疑応答最終部分のみ



「デモと広場の自由」のための共同声明 09/28/11

http://jsfda.wordpress.com/statement/ (日本語)
http://www.fccj.or.jp/node/6921 (English)
【場所】日本外国特派員協会【スピーカー】柄谷行人、雨宮処凛、鵜飼哲、小熊英二ほか
http://jsfda.wordpress.com/2011/09/25/conference/

公式動画アーカイブ(会見冒頭部分のみ):
http://www.ustream.tv/recorded/17570244


同(残り部分)
http://www.ustream.tv/recorded/17570370


共同声明

「デモと広場の自由」のための共同声明
3・11原発事故において、東京電力、経産省、政府は、被害の実情を隠し過小に扱い、近い将来において多数の死者をもたらす恐れのある事態を招きました。これが犯罪的な行為であることは明らかです。さらに、これは日本の憲法に反するものです。《すべて国民(people)は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する》(25条)。しかし、東京電力、経産省、政府はこの事態に対して責任をとるべきなのに、すでに片づいたかのようにふるまっています。
それに抗議し原発の全面的廃炉を要求する声が、国民の中からわき起こっています。そして、その意思がデモとして表現されるのは当然です。デモは「集会と表現の自由」を掲げた憲法21条において保証された民主主義の基本的権利です。そして、全国各地にデモが澎湃(ほうはい)と起こってきたことは、日本の社会の混乱ではなく、成熟度を示すものです。海外のメディアもその点に注目しています。
しかし、実際には、デモは警察によってたえず妨害されています。9月11日に東京・新宿で行われた「9 ・11原発やめろデモ!!!!!」では、12人の参加者が逮捕されました。You Tubeの動画を見れば明らかなように、これは何の根拠もない強引な逮捕です。これまで若者の間に反原発デモを盛り上げてきたグループを狙い打ちすることで、反原発デモ全般を抑え込もうとする意図が透けて見えます。
私たちはこのような不法に抗議し、民衆の意思表示の手段であるデモの権利を擁護します。日本のマスメディアが反原発デモや不当逮捕をきちんと報道しないのは、反原発の意思が存在する事実を消去するのに手を貸すことになります。私たちはマスメディアの報道姿勢に反省を求めます。
2011年9月29日
起草者:柄谷行人、鵜飼哲、小熊英二

PRESS CONFERENCE
Karin Amamiya , Author
Kojin Karatani, Philosopher
Eiji Oguma, Keio University Assistant Professor
Satoshi Ukai , Hitotsubashi University Professor



http://www.fccj.or.jp/node/6921

"Peaceful Rally Ended with Dozens in Handcuffs"
Time: 2011 Sep 29 15:00 - 16:00
Summary:

PRESS CONFERENCE
Karin Amamiya , Author
Kojin Karatani, Philosopher
Eiji Oguma, Keio University Assistant Professor
Satoshi Ukai , Hitotsubashi University Professor
Language:

The speech and Q & A will be in Japanese with English interpretation
Description:

Police arrested 12 demonstrators at a peaceful rally in Shinjuku against nuclear power plants on September 11. Five of the 12 are still in police custody, being held without charge. The arrestees included a French national and his Japanese partner.

Police changed the route for the demonstration just before nearly 10,000 people gathered for the march. During the demonstration, witnesses say the police intentionally divided the protesters into small groups then deliberately provoked sections of the crowd. The incident has barely been reported by the Japanese press, and even some of the few reports that were published alleged misbehavior on the part of the protesters based not on actual observation but entirely on police accounts.

Some allege that this particular group of protesters have been targeted by police because they are made up primarily of young people rather than the middle-aged and older protesters who turn up at many such events. In other words, the police seem to fear the politicization of the young more than other age groups.

Are the Japanese police trying to silence political dissent through a systematic campaign of intimidation against the young in particular? Are the democratic rights to protest being observed in practice by those who claim to be protecting Japan's social order? This event is an opportunity to reflect upon these crucial issues.

Scholars, writers and political analysts have issued a joint statement denouncing police suppression of the September 11 rally. The harsh measures against a peaceful protest may have enormous implications for the future in Japan. Come and hear what the speakers have to say and judge for yourself.




参考:
ポスト新自由主義―民主主義の地平を広げる (札幌時計台レッスン) [単行本]
http://www.amazon.co.jp/dp/4822809846
「個人析出のさまざまなパターン」『丸山眞男集』〈第9巻〉1961-1968 [単行本]
http://www.amazon.co.jp/dp/4000919598/

日曜日, 9月 18, 2011

胎蔵曼荼羅とカント哲学用語

                 (リンク:::::::::仏教

NAMs出版プロジェクト: 胎蔵曼荼羅とカント哲学用語

https://nam-students.blogspot.jp/2011/09/blog-post.html

NAMs出版プロジェクト: 曼荼羅

http://nam-students.blogspot.jp/2016/12/blog-post_14.html

『大日経』を図解した胎蔵曼荼羅(もう一つの金剛界曼荼羅に関しては再考)と()内はそれに対応すると思われるカント哲学用語。
『マンダラは何を語っているか?』(真鍋俊照)、『両界曼荼羅の誕生』(田中公明)などを参照して試作してみた。
顕教がフェノメノン、密教がヌーメノンだとしたら、空海とカントの態度は真逆だが、対照することで見えてくるものもある気がする。→リンク

(その後、両界曼荼羅はスピノザの体系に似ている事に気付いたが(参考サイト)、それでもなお両曼荼羅をカント体系に位置づけるなら、それぞれ感性(及び悟性)と理性ということになろう。「胎蔵曼荼羅が真理を実践的な側面、現象世界のものとして捉えるのに対し、金剛界曼荼羅では真理を論理的な側面、精神世界のものとして捉えていると考えられる。」参考サイト

       金剛  胎蔵

    /\ 精神     
   /理性\能動→
  / 判断力\   
 /  悟性  \  物質
/___感性___\←受動


胎蔵曼荼羅:

外金剛部院(現象、仮象)


文殊院(理性)






(同情)

釈迦院(法)








(道徳)







(感性)
遍知院(知性)






(悟性)


中台

八葉院(心臓=人間)
持明院(判断力)

虚空蔵院(実践理性)


蘇悉地院(仮言命法)





参考:

弘法大師は、「密蔵深玄にして翰墨に載せ難し、更に図画を仮りて悟らざるに開示す」(御請来目録)と述べ、密教の教えは深く言葉では語り尽くせないので、図絵(仏画などの造形)を以って判り易く私達に説き示すとしている。(http://www.ermjp.com/bukyou/manda/oshie/oshie2.html)

中台八葉院の中央に座している大日如来を「菩提心(悟りを求める心)」、
蓮弁上の四仏・四菩薩を「大悲(人々の苦しみを救おうとする心)」、
これを取り囲む区画に描かれた諸尊を「方便(衆生の救済活動)」とする。
『大日経』で示される「菩提心」「大悲」「方便」の「三句の法門」の教えを表している。
(東京美術『東寺の仏たち』より)

なお、『大日経』には曼荼羅に対応する区画(=院)の説明はほとんどない(『金剛頂経』のなかに含まれると考えられることもある『理趣経』の方が対応する箇所が多いかも知れない)。金剛界曼荼羅と違って、胎蔵(界)曼荼羅にはまとめあげた空海の師、恵果のオリジナルの部分が大きい。


胎蔵曼荼羅








胎蔵(界)曼荼羅
 _______________________東_持_____________________
|                日  天帝    国  梵                  |
|   _____________天___釈__ _天__天_______________   |
|天大|  |               文殊菩薩        文殊院     |  |最 |
| 黒|__|_________________ _________________|__|外 |
|天歓|  |               釈迦如来        釈迦院     |  |院 |
| 喜|  |_________________ _________________|__|・ |
|  |  |        |      遍 智 院  大 命普|        |  |外 |
|  |  |        |仏准  仏仏  /\  菩勇 菩賢|        |  |金 |
|  |地 |        |母胝  母眼 /__\ 薩猛 薩延|        |除 |剛 |
|  |蔵 | 蓮華部院   |______一切如来智印_____| 金剛手院   |蓋 |部 |
|  |院 | (観音院)  |    中 台 八 葉 院    |        |障 |院 |
|毘 |  |        |      _宝幢__      |        |院 |  |
|沙 |  |  不 如 聖 |   弥勒|     |普賢   |   金    |  |増 |
|門 |  |  空 意 観 |   /_|_____|_\   |   剛    |  |長 |
|天 |地 |  羂 輪 音 |  |  |  大  |  |  |   薩    |除 |天 |
北   蔵 |  索     |天鼓雷音 |  日  | 開敷華王|   埵    |蓋    南
|  |  |        |  |  |  如  |  |  |        |障 |  |
|  |  |        |  |__|__来__|__|  |        |  |  |
|  |  |        |   観音|     |文殊   |        |  |  |
|  |  |        |    \|_無量寿_|/    |        |  |  |
|  |  |        |      (阿弥陀)      |        |  |  |
|  |  |        |_________________|        |  |  |
|  |  |        | 勝  大   般     隆 不|        |  |  |
|  |  |        | 三  威   若 持明院 三 動|        |  |  |
|  |  |        | 世  徳   菩     世  |        |  |  |
|  |  |________|________薩________|________|  |  |
|  |  |  千  |        虚空蔵菩薩 虚空蔵院     | 菩金  |  |  |
|  |__|  手  |_______________________| 薩剛  |__|  |
|  |  |  観  |              蘇悉地院     |  蔵  |  |  |
|  |__|__音__|_______________________|__王__|__|  |
|風        月   弁    水  広  地                   |  |
|天________天___才____天__目_ 天___________________|__|
              天       天 西       

               ___因__菩提心__中台八葉院___
   _______________根__大 悲__中台八葉院と最外院を除く全院______
 _________________究竟_方 便__外金剛部院(最外院)_____________


参考:



            金 剛 杵
 独鈷杵                    三鈷杵 
蓮華部の仏の慈悲を    五鈷鈴       仏部の仏の
あらわす       人々の煩悩を覚まさせ  身、口、意を
 /\        仏を賛嘆する      あらわす 
 ||         /\/\\       /||\
 ||        || ||||     |    |
_||_       ||   ||     | __ |
\__/        \ _ /       \__/
/  \         \_/        /__\
|  |         / \        |__|  
\__/         \_/        \__/
/__\         / \        /__\
 ||         /   \      |    | 
 ||       _|     |_    |    |
 ||   ___/ |     | \___ \||/
 \/__/     |     |     \__ 
  / (独鈷杵の /\_____/\  (三鈷杵)\ 
 /  置き場所) \_______/        \ 
 \__        (五鈷杵)        __/ 
    \___              __/    
      ||\_____/\_____/||      
     /_|     金剛盤      |_\  
        人々の清らかな仏心をあらわす                          
          
        __   五鈷杵    __
       /_ \ ______ / _\
       <<_ |_/  \_| _>>  
       <_  |_\__/_|  _>
       \__/        \__/
           金剛部の仏の五智を
           あらわす(肖像画で空海が所持)
             
「理趣経」入門 50頁より
ただし、空海が請来したのは、以下のような、金剛盤、五鈷鈴、五鈷杵、の三点セットと思われる。
         


         


改訂版:

胎蔵(界)曼荼羅
 _______________________東_______________________
|那伊              日  天帝    天持 梵                 火|
|天舎 _____________天___釈__ __国_天_______________  天|
|天大| 賢|               文殊菩薩        文殊院     | 賢|最 |
| 黒|_瓶|_________________ _________________|_瓶|外 |
|天歓|  |               釈迦如来        釈迦院     |  |院 |
|・喜|  |_________________ _________________|__|・ |
|聖 |  |        |      遍 智 院  大 命普|        |  |外 |
|天 |  |◯  ◯  ◯ |仏准  仏仏  /\  菩勇 菩賢| ◯  ◯  ◯|  |金 |
|  |地 |        |母胝  母眼 /__\ 薩猛 薩延|__ __ __|除 |剛 |
|  |蔵 | 蓮華部院 至大|______一切如来智印_____|  金剛手院  |蓋 |部 |
|  |院 | (観音院) 勢|    中 台 八 葉 院    | ◯      |障 |院 |
|毘 |  |        |      _宝幢__      |__ __ __|院 |  |
|沙 |  |        |   弥勒|     |普賢   |        |  |増 |
|門 |  |      ◯ |   /_|_____|_\   | ◯      |  |長 |
|天 |地 |        |  |  |  大  |  |  |__ __ __|除 |天 |
北   蔵 |羂不 輪如 音聖|天鼓雷音 |  日  | 開敷華王|薩金      |蓋    南
|帝 |  |索空  意  観|  |  |  如  |  |  |埵剛 __ __|障 |焔 |
|釈 |  |        |  |__|__来__|__|  |        |  |摩 |
|天 |  |      多 |   観音|     |文殊   | ◯      |  |天 |
|・ |  |      羅 |    \|_無量寿_|/    |__ __ __|  |  |
|変 |  |        |      (阿弥陀)      |        |  |  |
|化 |  |      ◯ |_________________| ◯      |  |  |
|身 |  |        | 勝  大   般     隆 不|__ __ __|  |  |
|  |  |      馬 | 三  威   若 持明院 三 動|        |  |  |
|  |  |      頭 | 世  徳   菩     世  | ◯  ◯  ◯|  |  |
|  |  |________|________薩________|________|  |  |
|  |  |  千  |        虚空蔵菩薩 虚空蔵院     | 菩金  |  |  |
|  |__|  手  |_十_____________________| 薩剛  |__|  |
|  |賢 |  観  |観一 ◯ 明孔 ◯ 蘇悉地院 ◯ ◯ ◯ ◯ |  蔵  | 賢|  |
|  |瓶_|__音__|音面___王雀________________|__王__|_瓶| 羅|
|風        月   弁    水 天広 地                 在大 | 刹|
|天________天___才____天__目_天_________________天自_|_天|
              天         西       

               ___因__菩提心__中台八葉院___
   _______________根__大 悲__中台八葉院と最外院を除く全院______
 _________________究竟_方 便__外金剛部院(最外院)_____________
    
      宝幢C
            
天鼓雷音D 大日A  開敷華王B

      無量寿A
     (阿弥陀)

定印A、施無畏印B、与願印C、触地印D


胎蔵界を理(物質)、金剛界を智(精神)とするところは、延長と思惟の属性を分けたスピノザに似ている(『空海曼荼羅』所収の藤巻一保の論考が図解入りでわかり易い)。

        大 日 如 来
           |
    ____六大=宇宙の実体_____
   |                 |
   |  地・水・火・風・空 ・識   |
   |  ア・バ・ラ・カ・キャ・ウン  |
   |  __________ __  |
   |   |         |   |
   |  物質         精神  |
   | 胎蔵界         金剛界 |
   |___理_________智___|
            |
           ←|→
三蜜=宇宙の働き        四曼荼羅=宇宙の現れ
   用大                相大
                大曼荼羅   色彩 宇宙の具体像の現れ
身蜜 身体    印      三昧耶曼荼羅 象徴 宇宙の個別の象徴像の現れ
口蜜 言語/波動 真言     法曼荼羅   梵語 宇宙の波動像の現れ
意蜜 精神的   観想     羯磨曼荼羅  立体 全宇宙の姿そのもの
                

(『空海曼荼羅』49頁参照)

「悟る主体を智と呼び、悟られる対象を理と呼ぶ」(同64頁)



以下、(大蔵経内)大日経データベースより
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat3.php?mode=detail&useid=0848
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat3.php?mode=detail&useid=0848_,18,0004a10&key=入漫茶羅具縁眞言&ktn=&mode2=2
入漫茶羅具縁眞言品第二之一

邦訳p59、一九
T0848_.18.0005b26: 爾時金剛手祕密主復白佛言。世尊當云何
T0848_.18.0005b27: 名此*漫*茶羅。漫*茶羅者其義云何。佛言此
T0848_.18.0005b28: 名發生諸佛*漫*茶羅。極無比味無14過上味。
T0848_.18.0005b29: 是故説爲*漫*茶羅。又祕密主哀愍無邊衆
T0848_.18.0005c01: 生界故。是大悲胎藏生*漫*茶羅廣義。祕密



邦訳p62、二二
T0848_.18.0006b13: 爾時薄伽梵 告持金剛慧
T0848_.18.0006b14: 常當於此夜 而作*漫*茶羅
T0848_.18.0006b15: 傳法阿闍梨 如是應次取
T0848_.18.0006b16: 五色修多羅 稽首一切佛
T0848_.18.0006b17: 大毘盧遮那 親自作加持
T0848_.18.0006b18: 東方以爲首 對持修多羅
T0848_.18.0006b19: 至5齊而在空 漸次右旋轉
T0848_.18.0006b20: 如是南及西 終竟於北方
T0848_.18.0006b21: 第二安立界 亦從初方起
T0848_.18.0006b22: 憶念諸如來 所行如上説
T0848_.18.0006b23: 右方及後方 復周於勝方
T0848_.18.0006b24: 阿闍梨次迴 依於涅6哩底
T0848_.18.0006b25: 受學對持者 漸次以南行
T0848_.18.0006b26: 從此右旋遶 轉依於風方
T0848_.18.0006b27: 師位移本處 而居7於火方
T0848_.18.0006b28: 持眞言行者 復修如是法
T0848_.18.0006b29: 弟子在西南 師居伊舍尼
T0848_.18.0006c01: 學者復旋遶 轉依於火方
T0848_.18.0006c02: 師位移本處 而住8於風方
T0848_.18.0006c03: 如是眞言者 普作四方相
T0848_.18.0006c04: 漸次入其中 三位以分之
T0848_.18.0006c05: 已表三分位 地相普周遍
T0848_.18.0006c06: 復於一一分 差別以爲三
T0848_.18.0006c07: 是中最初分 作業所行道
T0848_.18.0006c08: 其餘中後分 聖天之住處

T0848_.18.0006c09: 方9等有四門 應知其分劑
T0848_.18.0006c10: 誠心以殷重 運布諸聖尊
T0848_.18.0006c11: 如是造衆相 均調善分別
T0848_.18.0006c12: 内心妙白蓮 胎藏正均等
T0848_.18.0006c13: 藏中造一切 悲生*漫*茶羅
T0848_.18.0006c14: 十六央具梨 過此是其量
T0848_.18.0006c15: 八葉正圓滿 鬚蕊皆嚴好
T0848_.18.0006c16: 金剛之智印 遍出諸葉間
T0848_.18.0006c17: 從此華臺中 大日勝尊現
T0848_.18.0006c18: 金色10具暉曜 首持髮髻冠
T0848_.18.0006c19: 救世圓滿光 離熱住三昧
T0848_.18.0006c20: 彼東應畫作 一切遍知印
T0848_.18.0006c21: 三角蓮華上 其色皆鮮白
T0848_.18.0006c22: 光焔遍圍遶 皓潔普周遍
T0848_.18.0006c23: 次於其北維 導師諸佛母
T0848_.18.0006c24: 晃曜眞金色 縞素以爲衣
T0848_.18.0006c25: 遍照猶日光 正受11住三昧
T0848_.18.0006c26: 復於彼南方 救世佛菩薩
T0848_.18.0006c27: 大徳聖尊印 號名滿衆願
T0848_.18.0006c28: 眞陀摩尼珠 住於白蓮12華
T0848_.18.0006c29: 北方大精進 觀世自在者
T0848_.18.0007a01: 光色如皓月 商佉軍那華
T0848_.18.0007a02: 微笑坐白蓮 髻現無量壽
T0848_.18.0007a03: 彼右大名稱 聖者多羅尊
T0848_.18.0007a04: 青白色相雜 中年女人状
T0848_.18.0007a05: 合掌持青蓮 圓光靡不遍
T0848_.18.0007a06: 暉發猶淨金 微笑鮮白衣
T0848_.18.0007a07: 1右邊毘倶胝 手垂數珠鬘
T0848_.18.0007a08: 三目持髮髻 尊形猶皓素

T0848_.18.0007a09: 圓光色無2主 黄赤白相入
T0848_.18.0007a10: 次近毘倶胝 畫得大勢尊
T0848_.18.0007a11: 彼服商佉色 大悲蓮華手
T0848_.18.0007a12: 滋榮而未敷 圍遶以圓光
T0848_.18.0007a13: 明妃住其側 號持名稱者
T0848_.18.0007a14: 一切妙瓔珞 莊嚴金色身
T0848_.18.0007a15: 執鮮妙華枝 左持鉢胤遇
T0848_.18.0007a16: 近聖者多羅 住於白處尊
T0848_.18.0007a17: 髮冠襲純3帛 鉢曇摩華手
T0848_.18.0007a18: 於聖者前作 大力持明王
T0848_.18.0007a19: 晨朝日暉色 白蓮以嚴身
T0848_.18.0007a20: 赫奕成焔鬘 吼怒牙出現
T0848_.18.0007a21: 利爪獸王髮 4何耶掲利婆
T0848_.18.0007a22: 如是三摩地 觀音諸眷屬
T0848_.18.0007a23: 復次華臺表 大日之5右方
T0848_.18.0007a24: 能滿一切願 持金剛慧者
T0848_.18.0007a25: 鉢孕遇華色 或復如緑寶
T0848_.18.0007a26: 首戴衆寶冠 瓔珞莊嚴身
T0848_.18.0007a27: 間錯互嚴飾 廣多數無量
T0848_.18.0007a28: 左執6跋折羅 周環起光焔
T0848_.18.0007a29: 金剛藏之右 所謂忙莽雞
T0848_.18.0007b01: 亦持堅慧杵 嚴身以瓔珞
T0848_.18.0007b02: 彼右次應置 大力金剛7針
T0848_.18.0007b03: 使者衆圍遶 微笑同瞻仰
T0848_.18.0007b04: 聖者之左方 金剛商8朅羅
T0848_.18.0007b05: 執持金剛鎖 自部諸使倶
T0848_.18.0007b06: 其身淺黄色 智杵爲幖幟
T0848_.18.0007b07: 於執金剛下 忿怒降三世
T0848_.18.0007b08: 摧伏大障者 號名月黶尊

T0848_.18.0007b09: 三目四牙現 夏時雨雲色
T0848_.18.0007b10: 阿吒吒笑聲 金剛寶瓔珞
T0848_.18.0007b11: 攝護衆生故 無量衆圍遶
T0848_.18.0007b12: 乃至百千手 操持衆器械
T0848_.18.0007b13: 如是忿怒等 皆住蓮華中
T0848_.18.0007b14: 次往西方畫 無量持金剛
T0848_.18.0007b15: 種種金剛印 形色各差別
T0848_.18.0007b16: 普放圓滿光 爲諸衆生故
T0848_.18.0007b17: 眞言主之下 依涅哩底方
T0848_.18.0007b18: 不動如來使 持慧刀羂索
T0848_.18.0007b19: 頂髮垂左肩 一目而諦觀
T0848_.18.0007b20: 威怒身猛焔 安住在盤石
T0848_.18.0007b21: 面門水波相 充滿童子形
T0848_.18.0007b22: 如是具慧者 次應往風方
T0848_.18.0007b23: 復畫忿怒尊 所謂勝三世
T0848_.18.0007b24: 威猛焔圍遶 寶冠持金剛
T0848_.18.0007b25: 不顧自身命 專請而受教
T0848_.18.0007b26: 已説初界域 諸尊方位等
T0848_.18.0007b27: 持眞言行人 次往第二院
T0848_.18.0007b28: 東方初門中 畫釋迦牟尼
T0848_.18.0007b29: 圍遶紫金色 具三十二相
T0848_.18.0007c01: 被服袈裟衣 坐白蓮華臺
T0848_.18.0007c02: 爲令教流布 住彼而説法
T0848_.18.0007c03: 次於世尊右 顯示遍知眼
T0848_.18.0007c04: 熙怡相微笑 遍體圓淨光
T0848_.18.0007c05: 喜見無比身 是名能寂母

邦訳p65、二五


http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat3.php?mode=detail&useid=0848_,18,0022b16&key=%E8%BB%A2%E5%AD%97&ktn=&mode2=2


T0848_.18.0022b04: 轉字輪漫茶羅行品第八

p118、七八
T0848_.18.0022c16: 爾時毘盧遮那世尊。復決定説大悲藏生*漫
T0848_.18.0022c17: *茶羅王。敷置聖天之位。三昧神通眞言行。
T0848_.18.0022c18: 不思議法。彼阿闍梨。先住阿字一切智門。
T0848_.18.0022c19: 持修多羅。稽首一切諸佛。東方申之旋轉而
T0848_.18.0022c20: 20南。以及西方。周於北方。次作金剛薩埵。以
T0848_.18.0022c21: 執金剛加持自身。或以彼印或以嚩字。入於
T0848_.18.0022c22: 内心。置*漫*茶羅。如是第二*漫*茶羅。亦本
T0848_.18.0022c23: 寂加持自身故。無二瑜伽形。如來形空性形。
T0848_.18.0022c24: 次捨所行道二分聖天處。遠離三分住如來
T0848_.18.0022c25: 位。東方申修多羅。周匝旋轉。所餘二*漫*茶
T0848_.18.0022c26: 羅。亦當以是方便作諸事業。復以大日加持
T0848_.18.0022c27: 自身。念廣法界而布衆色。眞21言者應以潔白
T0848_.18.0022c28: 爲先。22説伽陀曰
T0848_.18.0022c29: 以此淨法界 淨除諸衆生
T0848_.18.0023a01: 自體如如來 遠離一切過
T0848_.18.0023a02: 如是而觀想 思惟囉字門
T0848_.18.0023a03: 寂然光焔鬘 淨月商佉色

T0848_.18.0023a04: 第二布赤色 行者當憶持
T0848_.18.0023a05: 思惟字明照 本無大空點
T0848_.18.0023a06: 煥炳初日輝 1最勝無能壞
T0848_.18.0023a07: 第三眞言者 次運布黄色
T0848_.18.0023a08: 定意迦字門 當隨於法教
T0848_.18.0023a09: 身相猶眞金 正受害諸毒
T0848_.18.0023a10: 光明遍一切 金色同牟尼
T0848_.18.0023a11: 次當布青色 超度於生死
T0848_.18.0023a12: 思惟麼字門 大寂菩2提座
T0848_.18.0023a13: 身色如虹霓 除一切怖畏
T0848_.18.0023a14: 最後布黒色 其彩甚玄妙
T0848_.18.0023a15: 思惟訶字門 周遍生圓光
T0848_.18.0023a16: 如劫災猛焔 寶冠擧手印
T0848_.18.0023a17: 能怖一切惡 降伏諸魔軍
T0848_.18.0023a18: 爾時世尊毘盧遮那。從三昧起。住於無量勝
T0848_.18.0023a19: 3定佛於定中。顯示遍一切無能害力明妃。於
T0848_.18.0023a20: 一切如來境界中生。其明曰南麼薩婆怛
T0848_.18.0023a21: 他 引 蘗帝弊 毘也*反
4一 薩婆目契弊 同上
二 阿娑迷 三
T0848_.18.0023a22: 鉢囉迷 四 阿者麗 五 伽伽泥薩麼 二合 囉嬭 *平六
T0848_.18.0023a23: 薩婆怛5羅 引二
合 弩蘗帝 七 莎訶 6八
T0848_.18.0023a24: 次調彩色。頂禮世尊及般若波羅蜜。持此明
T0848_.18.0023a25: 妃八遍。從座而起。旋繞漫*茶羅。入於内心。
T0848_.18.0023a26: 以大慈大悲力。念諸弟子。阿闍梨復以羯7磨
T0848_.18.0023a27: 金剛薩埵。加持自身。以嚩字門及施願金剛
T0848_.18.0023a28: 已。當畫大悲藏生大*漫*茶羅。彼安8祥在於
T0848_.18.0023a29: 内心而造大日世尊。坐白蓮華首戴髮髻。鉢
T0848_.18.0023b01: 吒爲裙。上9被綃縠。身相金色周身焔鬘。或

T0848_.18.0023b02: 以如來頂印。或以字句。謂阿字門。東方一切
T0848_.18.0023b03: 諸佛。以阿字門及大空點。伊舍尼方一切如
T0848_.18.0023b04: 來母虚空眼。應書伽字。10火天方一切諸菩
T0848_.18.0023b05: 薩。畫眞陀摩尼寶。或置迦字。夜叉方觀世自
T0848_.18.0023b06: 在。蓮華印并畫一生補處菩薩眷屬。或作11娑
T0848_.18.0023b07: 字。焔摩方。越三分位置金剛慧印。持金剛祕
T0848_.18.0023b08: 密主并眷屬。或12書嚩字。彼復棄三分位。畫
T0848_.18.0023b09: 一切諸執金剛印。或書字句。所謂䙖字。次涅
T0848_.18.0023b10: 哩底方。於大日如來下。作不動尊。坐於石上。
T0848_.18.0023b11: 手持羂索慧刀。周匝焔鬘擬作障者。或置彼
T0848_.18.0023b12: 印。或書字句。所謂唅字。風天方。降三世尊。
T0848_.18.0023b13: 摧大障者。上有光焔。大勢威怒猶如焔摩。其
T0848_.18.0023b14: 形黒色。於可怖中極令怖畏。手轉金剛。或作
T0848_.18.0023b15: 彼印。或書字句。所謂訶字 長聲 次於四方。畫
T0848_.18.0023b16: 四大護。帝釋方名無畏結護者。金色白衣。面
T0848_.18.0023b17: 現少忿怒相。手持檀13茶或作彼印。或置字
T0848_.18.0023b18: 句。所謂作嚩字。夜叉方。名壞諸怖結護者。白
T0848_.18.0023b19: 色素衣。手持朅伽。并14布光焔。能壞諸怖。或
T0848_.18.0023b20: 畫。彼印。或置字句。所謂15嚩字。龍方名難降
T0848_.18.0023b21: 伏結護者。16亦如無17憂華色。18被朱衣面像微
T0848_.18.0023b22: 笑。在光焔中。而觀一切衆會。或置彼印。或置
T0848_.18.0023b23: 字句。所謂索字。焔摩方名金剛無勝結護者。

T0848_.18.0023b24: 黒色玄衣。毘倶胝形眉間浪文。上戴髮冠。自
T0848_.18.0023b25: 身威光照衆生界手持檀*茶。能壞大爲障者。
T0848_.18.0023b26: 或作彼印。或置字句。所謂19吃讖 二合 字。及一
T0848_.18.0023b27: 切眷屬使者。皆坐白蓮華上。眞言者如是敷
T0848_.18.0023b28: 置已。次當出外。於第二分畫釋迦種牟尼王。
T0848_.18.0023b29: 被袈裟衣。三十二導師相。爲説最勝教施一
T0848_.18.0023c01: 切衆生無畏故。或袈裟20鉢印。或以字句。所
T0848_.18.0023c02: 謂21婆字。次於外*漫*茶羅。以法界性加持
T0848_.18.0023c03: 自身。發菩提心。彼捨三分位。當三作禮。心念
T0848_.18.0023c04: 大日世尊。如前調色。於第三分。帝釋方。作施
T0848_.18.0023c05: 願金剛童子形。三昧手持青蓮華。上置金剛
T0848_.18.0023c06: 慧杵。以諸瓔珞而自莊嚴。上妙22綃縠。爲裙。
T0848_.18.0023c07: 極輕細者。用爲上服。身欝金色。23頂有五髻。
T0848_.18.0023c08: 或置密印。或置字句。眞言曰
T0848_.18.0023c09: 南麼三曼多勃馱喃 一 鑁
T0848_.18.0023c10: 於其右邊。光網童子。一切身分皆悉圓滿。三
T0848_.18.0023c11: 昧手執持寶24網慧手持鉤。或置彼印。或書字
T0848_.18.0023c12: 句。所謂染字。依焔摩方。除一切蓋障菩薩。金
T0848_.18.0023c13: 色髮冠。持如意寶。或畫彼印。或置字句。所謂
T0848_.18.0023c14: 噁字 長聲 夜叉方地藏菩薩。色如鉢孕遇華。手
T0848_.18.0023c15: 持蓮華。以諸瓔珞莊嚴。或置彼印。或置字句。
T0848_.18.0023c16: 所謂伊字。25龍方虚空藏。白色白衣。身有光
T0848_.18.0023c17: 焔。以諸瓔珞莊嚴。手持朅伽。或置彼印。或置

T0848_.18.0023c18: 字句。所謂伊字 長聲

p121、八一

祕密漫荼羅位品第十一

T0848_.18.0031a25: 眞言者圓壇 先置於自體
T0848_.18.0031a26: 自足而至臍 成大金剛輪
T0848_.18.0031a27: 從此而至心 當思惟水輪
T0848_.18.0031a28: 水輪上火輪 火輪上風輪
T0848_.18.0031a29: 次應念持地 而圖衆形像
p148、一〇八

参考:

真言者は円壇を    先ず自体に置け
足より臍に至るまで  大金剛輪を成じ
此れより心に至るまで 当に水輪を思惟すべし
水輪の上に火輪あり  火輪の上に風輪あり
次に応に持地を念じて 衆もろの形像(ぎょうぞう)を図すべし

邦訳p148、一〇八


    _       空 大空輪頂上
  _( )_    (風 風輪眉上
 (     )   (火 火輪心上
 _\ X /_   ( 水輪臍中
(__\_/__)(、金 金剛輪腰下
              阿字地大 

尊勝佛頂脩瑜伽法軌儀卷上
阿字地大。金剛輪腰下。大空輪頂上。風輪眉上。火輪心上。水輪臍中
http://www.suttaworld.org/big5-txt/sutra/kgin/kgin19/973-1.htm


『大日経』では、大日如来の悟りの境地を地・水・火・風・空の五大に喩える中、阿字は地大に配され、「喩えば大地は一切衆生の依たるが如く、是の如く一切 智智も天・人・阿修羅の依たり」とあり、『大日経蔵』には、世の中に存在する総てのものは大地から生まれ、差別のない深い愛情で育てられ、そしてそこに 帰っていくところの、総ての存在の依り処になる大地の喩(取意)として釈している。
http://heartland.geocities.jp/sirarezaru_sisouka/library/yamazaki/yamazaki90.html


「真言者、円壇をまず自体に置け」
http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-2685.html
(真言の行者よ、自分自身をマンダラとせよ)
 この身このままでみ仏となる方法を説く『大日経』は、自分という心(識)を持ち空(クウ)である身体はマンダラであると説きます。

 修行では、座禅を組んだ足からヘソのあたりまでは「地」、そこから胸あたりまでは「水(スイ)」
その上に「火(カ)」、一番上に「風(フウ)」と観想します。

 同時に、色もイメージします。
 下から黄色、白、赤、黒、そして頭のてっぺんは「空」の消長で青です。
 こうして、行者には「地・水・火・風・空」の五輪と、眼に見えない「識」との六つによるマンダラが表れています。



T0848_.18.0035c06: 復次南方印 除一切蓋障
T0848_.18.0035c07: 大精進種子 謂眞陀摩尼
T0848_.18.0035c08: 住於12火輪中 翼從端嚴衆
T0848_.18.0035c09: 當知彼眷屬 祕密之標誌
T0848_.18.0035c10: 次第應圖畫 我今廣宣説
T0848_.18.0035c11: 除疑以寶瓶 置一股金剛
T0848_.18.0035c12: 聖者施無畏 作施無畏手
T0848_.18.0035c13: 除一切惡趣 發起手爲相
T0848_.18.0035c14: 救意慧菩薩 悲手常在心
T0848_.18.0035c15: 大慈生菩薩 應以執華手
T0848_.18.0035c16: 悲念在心上 垂屈火輪手
T0848_.18.0035c17: 除一切熱惱 作施諸願手
T0848_.18.0035c18: 甘露水流注 遍在諸指端
T0848_.18.0035c19: 具不思議慧 持如意珠手
T0848_.18.0035c20: 皆住蓮華上 在漫荼羅中
T0848_.18.0035c21: 北方地藏尊 密印次當説
T0848_.18.0035c22: 先作莊嚴座 在因陀羅壇
T0848_.18.0035c23: 大蓮發光焔 間錯備衆色
T0848_.18.0035c24: 於彼建大幢 大寶在其端
T0848_.18.0035c25: 是名爲最勝 密印之形像

大日経大蔵出版p160、一二〇

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat3.php?mode=detail&useid=0848_,18,0036b06&key=入秘密&ktn=&mode2=2

入祕密漫荼羅位品第十三

T0848_.18.0036c01: 爾時世尊。復告執金剛祕密主言。善男子諦
T0848_.18.0036c02: 聽内心漫荼羅。祕密主。彼身地。即是法界自
T0848_.18.0036c03: 性。眞言密印加持。而加持之。以本性清淨故。
T0848_.18.0036c04: 羯磨金剛所護持故。淨除一切塵垢。我人衆
T0848_.18.0036c05: 生壽者意生。儒童造立者等。株杌過患。方壇
T0848_.18.0036c06: 四門。西向通達。周旋界道。内現意生八葉
T0848_.18.0036c07: 大蓮華王。抽莖敷蕊綵絢端妙。其中如來。一
T0848_.18.0036c08: 切世間最尊特身。超越身語意地至於心地
T0848_.18.0036c09: 逮得殊勝悦意之果。於彼東方寶幢如來。南
T0848_.18.0036c10: 方開敷華王如來。北方鼓音如來。西方無量
T0848_.18.0036c11: 壽如來。東南方普賢菩薩。東北方觀自在菩
T0848_.18.0036c12: 薩。西南方妙吉祥童子。西北方慈氏菩薩。一
T0848_.18.0036c13: 切蕊中。佛菩薩母。六波羅蜜三昧眷屬。而自
T0848_.18.0036c14: 莊嚴下列持明諸忿怒衆。持金剛主菩薩。以
T0848_.18.0036c15: 爲其莖。處于無盡大海。一切地居天等。其
T0848_.18.0036c16: 數無量。而環繞之

大日経大蔵出版p163、一二三


    
      宝幢C
            
天鼓雷音D 大日A  開敷華王B

      無量寿A
     (阿弥陀)

定印A、施無畏印B、与願印C、触地印D


 胎蔵界曼荼羅には、中央の大日如来を初めとして409尊の仏、菩薩、明王、天部の諸尊がグループ別に12院を構成している。

 その12院の構造についていくつかの分類法があるが、大日経の説く三句の法門である「菩提心を因とし、大悲を根とし、方便を究竟とす」によって分類すると、

 因 ──菩提心──中台八葉院
 根 ──大 悲──中台八葉院と最外院を除く全院
 究竟──方 便──外金剛部院(最外院)


大日如来は法界定印(ほうかいじょういん)を結び、五仏の宝冠を戴くきらびやかな菩薩形である。法界定印は衆生を表わす左掌(五本の指は五大を表わす)の上に、仏を表わす右掌(同じく五指は五大を表わす)を重ねる事によって、仏と衆生が一体である事を象徴する印相である。正に大悲大定の威光に包まれた姿と言える。

 これに対して四仏は、赤い袈裟を着けた如来形となっている。
宝幢如来の与願(よがん)印は、衆生の願いをかなえようとする誓願を表し、
開敷華王如来の施無畏(せむい)印は、何ものも畏れる事のないよう衆生を守護する仏の威力を示している。
阿弥陀如来の定印は、心に安らぎを与える禅定の印である。
また天鼓雷音如来の触地(そくち)印は降魔(ごうま)印とも呼ばれ、釈尊があらゆる魔障に打ち克って悟りを開かれた時の成道の姿である。

 これら四仏の印相は、釈尊の成道をはじめとする代表的事績を象徴するもので、金剛界四仏も同様の印相である。


 また四仏は、私達が心の内に本来具わる仏性に目覚め、

菩提心を発して(宝幢如来)、
修行をし(開敷華王如来)、
やがて菩提(悟り)に至り(阿弥陀如来)、
涅槃の境地に向かう(天鼓雷音如来)

心の発展過程(発心→修行→菩提→涅槃)を示している。

 四隅の四菩薩は、各四仏の働きを側面的に支援している。
(普賢菩薩は宝幢如来を文殊菩薩は観音菩薩を……)

中台八葉院の上方(東)は遍知院と呼ばれるように、中央には一切如来智印(三角智印)という火炎に包まれた三角形の象徴的造形がある。これは一切如来の燃えさかる智火を表わし、釈尊が成道された時の大勇猛心に由来している。胎蔵曼荼羅が大悲の徳を表としている反面、それを裏付けるべき大智の力をここにシンボリックに表現している。
下方(西)の持明院は、これを受ける形で大智の力を具体的に忿怒の形相をした明王として表現している。
その中央には正に智恵の仏である般若菩薩が鎮座している。

http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/mandara2.htm

追記:
『金剛頂経』を説く金剛界曼荼羅は中心を起点にした渦巻き状の運動(円錐)と考えられる(逆の動きも考えられる)。カント哲学に無理矢理当てはめれば、第一批判から第三批判及び人間学への研究の軌跡に近い。
なお胎蔵曼荼羅は上が東、金剛界曼荼羅は上が西を表し、向かい合わせに飾るのが通例のようだ(人は南側から入ってくる)。




四印会→




一印会→




理趣会↓






供養会↑




成身会↓




降三世会↓




微細会↑




三昧耶会←


降三世

三昧耶会↓



金剛界曼荼羅




金剛界曼荼羅


 _______________________西______________________
| __________________________________________文様帯|
||     /  \     | ____________ | ____________ ||
||    |    |    ||  /      \  |||  / /  \ \  |||
||    | 金剛法|    || /        \ ||| / | 愛金剛| \ |||
|| ___ \__/ ___ ||/     大    \|||/__ \__/ __\||| 
||/   \/  \/   \||      日     |||/  \/ 金\/  \|||
||金剛宝   大日  金剛業 ||      如     |||触金剛  薩剛  慢金剛|||
||\___/\__/\___/||      来     |||\__/\埵_/\_と/|||
||     /  \     ||\          /|||\   /  \/その妃|||
||    | 金剛 |    || \        / ||| \ |欲金剛 | / |||
||四印会 | 薩埵 |    |一印会\______/__||理趣会\_\__/_/__|||
||_____\__/_____|______________|______________||
|| ____________ | ____________ | ____________ ||
|||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||
||| / |    | \ ||| / | 阿弥陀| \ ||| / |    | \ |||
|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||
|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/不空\|||/  \/  \/  \|||
南||            ||| 宝生  大日  成就 |||            ||北
|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||
|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||
||| \ |    | / ||| \ | 阿閦 | / ||| \ |    | / |||
||供養会\_\__/_/__||成身会\_\__/_/__||降三世会_\__/_/__|||
||______________|______________|______________||
|| ____________ | ____________ | ____________ ||
|||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||
||| / |    | \ ||| / |    | \ ||| / |    | \ |||
|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||
|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/  \|||
|||            |||            |||            |||
|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||
|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||
||| \ |    | / ||| \ |    | / ||降三世 |    | / |||
||微細会\_\__/_/__||三昧耶会_\__/_/__||三昧耶会_\__/_/__|||
||______________|______________|______________||
|_______________________東______________________|
    

 __________________西__________________
| _________________________________文様帯|
||    /金\    | _________ | _________ ||
||   | 剛 |   ||  /   \  |||   / \   |||
||   | 法 |   || /     \ ||| /|愛金剛|\ |||
|| __ \_/ __ ||/   大   \|||/_ \_/ _\||| 
||/  \/大\/  \||    日    |||/触\/金\/ \|||
||金剛宝  日  金剛業||    如    ||| 金 薩剛 慢金剛|||
||\__/\_/\__/||    来    |||\剛/埵_/\と/|||
||    / \    ||\       /|||\  / \その妃|||
||   |金剛 |   || \     / ||| \|欲金剛|  |||
||四印会|薩埵 |   |一印会\___/__||理趣会_\_/___|||
||____\_/____|___________|___________||
|| _________ | _________ | _________ ||
|||   / \   |||   / \   |||   / \   |||
||| /|   |\ ||| /|阿弥陀|\ ||| /|   |\ |||
|||/_ \_/ _\|||/_ \_/ _\|||/_ \_/ _\|||
|||/ \/ \/ \|||/ \/大\/不空|||/ \/ \/ \|||
南||         ||| 宝生 日  成就|||         ||北
|||\_/\_/\_/|||\_/\_/\_/|||\_/\_/\_/|||
|||\  / \  /|||\  /阿\  /|||\  / \  /|||
||| \|   |/ ||| \| 閦 |/ ||| \|   |/ |||
||供養会_\_/___||成身会_\_/___||降三世会\_/___|||
||___________|___________|___________||
|| _________ | _________ | _________ ||
|||   / \   |||   / \   |||   / \   |||
||| /|   |\ ||| /|   |\ ||| /|   |\ |||
|||/_ \_/ _\|||/_ \_/ _\|||/_ \_/ _\|||
|||/ \/ \/ \|||/ \/ \/ \|||/ \/ \/ \|||
|||         |||         |||         |||
|||\_/\_/\_/|||\_/\_/\_/|||\_/\_/\_/|||
|||\  / \  /|||\  / \  /|||\  / \  /|||
||| \|   |/ ||| \|   |/ ||降三世|   |/ |||
||微細会_\_/___||三昧耶会\_/___||三昧耶会\_/___|||
||___________|___________|___________||
|__________________東__________________|



金剛界曼荼羅
 _______________________西______________________
| __________________________________________文様帯|
||     /  \     | ____________ | ____________ ||
||    |    |    ||  /      \  |||  / /  \ \  |||
||    | 金剛法|    || /        \ ||| / | 愛金剛| \ |||
|| ___ \__/ ___ ||/     大    \|||/__ \__/ __\||| 
||/   \/  \/   \||      日     |||/  \/ 金\/  \|||
||金剛宝   大日  金剛業 ||      如     |||触金剛  薩剛  慢金剛|||
||\___/\__/\___/||      来     |||\__/\埵_/\_と/|||
||     /  \     ||\          /|||\   /  \/その妃|||
||    | 金剛 |    || \        / ||| \ |欲金剛 | / |||
||四印会 | 薩埵 |    |一印会\______/__||理趣会\_\__/_/__|||
||_____\__/_____|______________|______________||
|| ____________ |華_____鎖______灯| ____________ ||
|||  / /  \ \  |||水 / /  \ \ 風|||  / /  \ \  |||
||| / |    | \ ||| /鬘| 阿弥陀|歌\ ||| / |    | \ |||
|||/__ \__/ __\|||/__ (無量寿)__\|||/__ \__/ __\|||
|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/不空\|||/  \/  \/  \|||
南||            ||索 宝生  大日  成就 鈴||            ||北
|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||
|||\   /  \/  /|||\ 嬉 /  \/舞 /|||\   /  \/  /|||
||| \ |    | / |||火\ | 阿閦 | /地||| \ |    | / |||
||供養会\_\__/_/__||成身会\_\__/_/__||降三世会_\__/_/__|||
||______________|香_____鉤______塗|______________||
|| ____________ | ____________ | ____________ ||
|||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||
||| / |    | \ ||| / |    | \ ||| / |    | \ |||
|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||
|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/  \|||
|||            |||            |||            |||
|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||
|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||
||| \ |    | / ||| \ |    | / ||降三世 |    | / |||
||微細会\_\__/_/__||三昧耶会_\__/_/__||三昧耶会_\__/_/__|||
||______________|______________|______________||
|_______________________東______________________|

中央成身会:詳細(参考:大法輪閣『曼荼羅図典』参照サイト

 __________西__________
|華_________鎖_________灯|
||   /   / 語 \   \   ||
||水 /   |  無  |   \ 風||
|| /  鬘 |利 量 因| 歌  \ ||
||/     |     |     \||
||  ___  \_法_/  ___  ||
|| / 幢 \ /   \ / 護 \ ||
南||  宝  |  大  |  不  ||北
|索|笑 生 宝|  日  |業 空 拳|鈴|
|||     |     |     |||
|| \_光_/ \___/ \_牙_/ ||
||       / 薩 \ /     ||
||\   嬉 |  阿  | 舞   /||
||火\    |愛 閦 王|    /地||
||  \   |     |   /  ||
|成身会_\___\_喜_/___/___||
|香_________鉤_________塗|
           東

金剛笑菩薩と金剛喜菩薩は十六大菩薩のメンバーです。

金剛 笑 菩薩は宝生如来の隣(南側)で徹底的に笑っています。
金剛 喜 菩薩は阿シュク如来の下(東側)で大喜びしています。
因みに金剛界の方位配当は上が西になっています。
このユニットの名前は覚え方があって

薩王愛喜(さっ。とう。あい。き)
宝光幢笑(ほう。こう。どう。しょう)
法利因語(ほう。り。いん。ご)
業護牙拳(ごう。ご。げ。けん)

と、十六尊をひとまとめに覚えます。二番目の金剛王菩薩は「おう」ですが覚える時は音便で「とう」と
読みます。

 ______西_______
|華_____鎖______灯|
||水 / / 語\ \ 風||
|| /鬘|利無量因|歌\ ||
||/__ \_法/ __\||
南|/ 幢\/  \/ 護\|北
|索笑宝生宝 大日 業不空拳鈴|
||\_光/\__/\_牙/||
||\ 嬉 / 薩\/舞 /||
||火\ |愛阿閦王| /地||
|成身会\_\_喜/_/__||
|香_____鉤______塗|
       東
さらに、

四摂 智 菩薩 非行人間を
金剛 鉤 菩薩(ひっかけて)
金剛 索 菩薩(たぐりよせ)
金剛 鎖 菩薩(動けなくして)
金剛 鈴 菩薩(警鐘を鳴らす)

(『「理趣経」入門』大栗道栄117ー8頁より)


    阿弥陀B
            
宝生C 大日E  不空成就A

    阿閦D

施無畏印A、定印B、与願印C、触地印D、智拳印E(胎蔵とはAとBが逆)
 


_五仏___九識____四方__五智_____五印______
不空成就  五識    北  成所作智   施無畏(せむい)印
阿弥陀   意識6   西  妙観察智   禅定印
宝生    末那識7  南  平等性智   与願(よがん)印
阿閦    阿羅耶識8 東  大円鏡智   触地(そくち)印
大日如来  阿摩羅識9 中央 法界体性智  智拳印

九識・五智・五仏の対応関係

http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/gochigobutsu.htm
http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/mandara2.htm


補足:

定印(じょういん 別名:禅定印、法界定印)
坐像で、両手の手のひらを上にして腹前(膝上)で上下に重ね合わせた形である。これは仏が思惟(瞑想)に入っていることを指す印相である。
釈迦如来、大日如来(胎蔵界)の定印は左手の上に右手を重ね、両手の親指の先を合わせて他の指は伸ばす。これを法界定印(ほっかいじょういん)といい、座禅の時結ぶ事でなじみ深い印相である。阿弥陀如来の定印は密教では法界定印とされるが、浄土教などでの場合は同じように両手を重ねて親指と人差し指(または中指、薬指)で輪を作るものもある。阿弥陀如来の印相には沢山のバリエーションがある。





智拳印 (ちけんいん)
左手は人差し指を伸ばし、中指、薬指、小指は親指を握る。右手は左手人指し指を握り、右親指の先と左人指し指の先を合わせる。大日如来(金剛界)、一字金輪仏頂、多宝如来が結ぶ。



なお、二つの曼荼羅の大日如来のまわりを取り囲む如来達が結ぶ印は四種類あって、(如来の名は違っても)共通している。
それはカントが、質、量、関係、様相という四つのカテゴリーでものごとを分析したことと似ている。
各如来が結ぶ、定印、施無畏印、与願印、触地印は上記カテゴリーにそれぞれ対応し得るかも知れない。

施無畏印(せむいいん)、与願印(よがんいん)



触地印(そくちいん)




追記:
横浜弘明寺(もとは求明寺)所蔵の曼荼羅(江戸時代作、幅三メートル以上)







リンク

http://nam-students.blogspot.com/2011/11/blog-post.html
スピノザ

http://nam-students.blogspot.com/2011/10/blog-post_29.html
マルクス

http://nam-students.blogspot.com/2011/10/blog-post_27.html
カント

http://nam-students.blogspot.com/2011/10/blog-post_18.html
柄谷

http://nam-students.blogspot.com/2011/10/blog-post.html
空海

    スピノザ

マルクス 空海 カント

     柄谷

リンク

     スピノザ
 ヘーゲル    カント
 マルクス 空海 フロイト
プルードン    坂本龍馬  
      柄谷

日曜日, 9月 11, 2011

Kojin KARATANI 20110911@shinjuku






「私はこの四月から反原発のデモに参加しています。このアルタ前にも、6・11デモで参加しました。
私がデモに行くようになってからいろんな質問を受けます。それは大概否定的な質問です。
その一つはデモで何が変わるのか?デモで社会を変えられるのか?というものです。
私はこう答えます。もちろんデモで社会を変えることはできる。確実に変えられます。
なぜならデモをすることでデモをする社会をつくれるからです。(歓声)

考えてほしい。今年の3月以前に、日本には沖縄をのぞいてデモはほとんどなかった。
それが今、日本全国、今日でも多分100箇所以上でデモがおこなわれています。その意味で日本の社会が少しは変わった。これは明らかです。
例えば福島原発の事故のようなことがドイツやイタリアでおこればどうなるか?あるいは韓国でおこったらどうなるか? 巨大なデモが国中で起こるでしょう。
しかしそれに比べれば日本でのデモは異様に小さい。それでもデモが起こったことはすごい。デモが起こったことは救いであると私は思います。
デモは主権者である国民にとっての権利です。デモが出来ないなら国民は主権者ではない。例えば韓国では20年前までデモが出来なかった。軍事政権があったからです。しかしそれを倒して、国民主権を実現した。
デモをデモによって倒したのです。そのような人達がデモを手放す筈がありません。
ではなぜ日本ではなぜデモが少ないのか? それは変なことだと思われているのか?
それは国民主権を自分達の手で闘争によって獲得したものではないからです。日本人は戦後国民主権を得ました。しかしそれは敗戦よるものであり、事実上占領軍によるものです、つまり、自分で得たのではなく与えられたのです、
それでは自分自身のものにするにはどうしたらいいか? 
それはデモをすることです。

私が受けるもうひとつの質問は、デモ以外にも手段があるのではないのかというものです。
確かにデモ以外にも手段があります。そもそも選挙がある。その他様々な手段があります。しかしデモが根本的です。
デモがある限りその他の方法も有効になりますが、デモがなければそれらは機能しません。今までと同じことになります。
さらに私が受ける質問はこのままデモは下火になっていくのではないかというものです。
戦後日本にはいくども国民、全国的規模のデモがありました、しかしそれらは長続きしなかった。今回のデモもそうなるのではないかというものです。
確かにその恐れはあります。
マスメディアではすでに福島の事故は片付いた。経済復興に取りかかるべきだという意見が強まっています。
むろんそんなことはない。福島では何も片付いていないのです。
しかし当局やメディアは片付いたかのようにいっている。最初からそうです。
かれらは最初から事実を隠し、たいしたことがなかったかのようによそおってきたのです。有る意味でそれは成功しています。多くの人達が信じている。信じたいからです。
そうしたら反原発のデモは下火になっていくようにみえます。
しかし違います。福島原発事故は片付かない。むしろ今後に被曝者の病状がはっきり出てきます。また福島の住民は永遠に郷里を離れることになります。
つまり我々が忘れようとしてもまた実際に忘れても原発の方が執拗に残る。それはいつまでも続きます。原発が恐ろしいのはこのことです。
それでも人々はおとなしく政府や企業の言うことを聞いているでしょうか? そうであれば日本人は物理的に終わりです。

だから私はこう信じています。
第一に反原発運動は長く続くということです。
第二にそれは原発に留まらず日本の社会を根本的に変える力となるだろう、ということです。
みなさん粘り強く闘いましょう。
以上です。」