水曜日, 11月 28, 2012

::::::


        _資本論
       /___/|
       |   ||
       |   |PC
       |   ||
       |   ||
    ゲゼル|   ||
  プルードン|   |組織論
       |   |くじ引き
    アソシ|   ||
  エーション|キャピ||
    ___|タル ||
  /________/|
ネーション  ステート |
 | |      | 柄谷
 | |      | |
 | |      坂本龍馬
 | |      | |
文学    美術 |
 | |      | |
 | | カレツキ | |
|   ___|_|______フーコー
 | | /デュルケ|ム| / ウェーバー /|
音楽 |/_____|_|/_______/パーソンズ
 | / マルクス | /  フロイト /  |
 |/___|___|/_______/   | 
 |    |   |       |ラカン
 |    |   |       |    | 
 スポーツ |   |       |アドルノ|  
 |    |   |_______|____|____________________    
 |    |  /|ショーペンハウアー  |  デカルト            /|
 |    | / |       |  | / |              / |
ガンジー  |/  | インド哲学|    |/  |  (教育論:認識)   /  |
 |    /___________|_______|____________/   |  
 |   /|   |       |   /|  (:快、不快)      /|   |ス
 |  / |   |       |/ |   |          / |   |
 | / (:欲求)|      | /  |   |         /  |   |・
 |/___|___________|/___|___|_(性格論:)_/   |   |
 |    |栄養学|       |ニーチェ|   |       |    |   |ポ
 |   |   |  ドゥルーズ|    |   |       |    |  
 |遠   |   |生物学   ハイデガー| ライプニッツ    |    |   |ス
 |平   |   |_______|____|___|_______|____|__
 |和   |  /|       |    |  /|       |    |  /|ト
 |の   | / | 自   然 | の  |形/ |而   上  |学   | /
 |た   |/|       |    |/  |       |    |/  |ゥ
 |め   |___|農業_____|____|___|_______|____|   |
 |に  /|   |     (徳|論) /|   |       |   /|   |ム
 |  / |人 倫|の      |  / |理性の限界内における |  / |   |
 | /(法|学) |形 而 上 学| /  |   |   宗教  | /  |   |ム
 |/___|___|___(原論)|/___|___|_______|/   |   |
 |環境問題|   |       |    |   |       |    |   |
 |    |啓 蒙|と は 何 か|   ヘーゲル |       |    |ボルツァーノ
 |神秘主義|   |_______|____|___|______|____|___|
 |    |  /(テリックシステ|ム)  |  /(空間)(時間)|()|  / 
 |    | /  純   粋 | 理  |性/  批   判  |カテゴリ|ー/
 |    |/(ス ピ ノ ザ )|    |/(物理学)     |    |/
 |    |___________|_老子_アンチノミー______|____/
 |   /            |孔子 /    (美 学)   |   /
 |  / 実 践 理 性 批 判 | /  判 断 力 批 判  |  /
 | /(倫理学/徳or幸福)   | /              | /
 |/_______________|/__________(目的論)|/

 デカルト
    スピノザ
プルードン    ヘーゲル
 マルクス 空海 カント
 坂本龍馬    ハイデガー
     柄谷 フロイト
ドゥルーズ    老子
 アドルノ    パーソンズ
 カレツキ ゲゼル
    ライプニッツ
 スポーツ    文学
     ガンジー
     ラカン
     ニーチェ ショーペンハウアー 
      孔子 
          インド哲学


音楽建築原発政治中国歴史分類図像学

文学東洋思想プラトンアリストテレスリンク::::::

ゲーム理論で解明されたユダヤの知恵

                 (リンク:::::::::数学) 

ゲーム理論で解明されたユダヤの知恵
http://nam-students.blogspot.jp/2012/11/blog-post_28.html(本頁)

参考:
NAMs出版プロジェクト: パレート最適:メモ
http://nam-students.blogspot.jp/2015/04/blog-post_82.html

ディープラーニング
http://nam-students.blogspot.jp/2016/03/blog-post_5.html

ゲーム理論トーマス・シェリング(Thomas Crombie Schelling)


1.破産問題の定式化

ユダヤ教の教典タルムードにおける興味深い議論

3人の債権者がいて、債権額がそれぞれ100、200、300であり、遺産額が100、
200、300の場合、どのように遺産を配分するかという問題に対し、遺産100の場
合は3/100, 3/100, 3/100、遺産200の場合は50, 75, 75、遺産300のときは50,
100, 150と記載されていた。均等配分であったり、比例配分であったりとこの
分割に共通した原理がなんであるのかがよくわからなかった。

近年になって、オーマンがこのルールは提携形ゲームの仁*であることを明らかに
した。これはゲーム理論的考え方が紀元400~500年頃には既に行われていること
を意味し、非常に驚くべきことである。

 __________________________


\相続者| A | B | C
遺\約束|   |   |
産 \額|100|200|300
額__\|___|___|___
    |33と|33と|33と
100 |1/3|1/3|1/3
____|___|___|___
200 | 50| 75| 75
____|___|___|___
300 | 50|100|150
____|___|___|___
タルムードの遺産分配額
『エコノミックゲームセオリー』29頁より


債権者が2人なら、、、

100の
債券者の
受取額|
   |                E=300
100|________________ 
   |               /|
   |      E=150   / |
   |   _____。____/  |
   |  /             |
   | /              |
   |/_______________|
CG原理による受取額の変化(CGは布争いの原理Contested Garment Principleの略)
同33頁より

(債権者が2人だと、携帯電話のパケット定額みたいな図になる)

原典にあるように3人なら、、、

600 ________
   |50|50|50|
450|__|__|__|
   |  |50|50|
350|__|__|__|
   |  |  |50|
300|__|__|__|
   |  |  |50|
250|__|__|__|
   |  |50|50|
150|__|__|__|
   |50|50|50|
  0|__|__|__|
     A  B  C
タルムードの遺産分配額
同34頁より

           A(300,0,0)    
          /\
         /  \  
        /    \
       /      \       
      /        \     
     /          \    
    /____________\    
   /\      \  /   \ 
  /  \_ _ _D\/_ _ _\ 
 /    \     /\コア    \ 
/______\___/__\______\
B(0,300,0)                  C(0,0,300)

3人破産ゲームのコア**
同37頁より 


上記のタルムードの言い伝えは、債券額の小さい方から優遇して救済するという人間の顔の見えるシステムだと、『新ゲーム理論』では解説される。


仁(nucleolus)
「不満をできるだけ小さくする」ためにどのような方法で行うか?
提携の数は有限なので、(できるだけ不満の小さい)ただ一つの配分ができる。これを「仁(nucleolus)」と言う。

**
コア
いかなる配分にも支配されない配分の集合をコアとして提携形ゲームの解と考える。

ジェファーソンの手紙

        (政治学インデックス
To Joseph C. Cabell Monticello, February 2, 1816

As Cato, then, concluded every speech with the words, "Carthago delenda est," so do I every opinion, with the injunction, "divide the counties into wards." Begin them only for a single purpose; they will soon show for what others they are the best instruments.  

http://www.let.rug.nl/usa/presidents/thomas-jefferson/letters-of-thomas-jefferson/jefl241.php

「カトーがあらゆる演説を、カルタゴは滅ぼされざるべからず(Carthago delenda est)という言葉でしめくくったように、私もあらゆる見解を『郡(カウンティ)を区(ウォード)に分割せよ』という命令でしめくくろう。

上記はハンナ・アーレントが『革命について』で引用しているアメリカ第三大統領トーマス・ジェファーソン手紙のなかの言葉(邦訳文庫398頁。452頁のアーレントによる引用先の記述間違っている)。

赤字部分を柄谷行人が『哲学の起源』50頁で引用している。 

 

引用元google翻訳:

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.let.rug.nl/usa/presidents/thomas-jefferson/letters-of-thomas-jefferson/jefl241.php&prev=/search%3Fq%3Dhttp://www.let.rug.nl/usa/presidents/thomas-jefferson/letters-of-thomas-jefferson/jefl241.php%26hl%3Dja%26safe%3Doff%26client%3Dfirefox-a%26hs%3DFsy%26tbo%3Dd%26rls%3Dorg.mozilla:ja-JP-mac:official&sa=X&ei=Ysm1UIrVAbGNmQXapIDACA&ved=0CDMQ7gEwAA
ジェファーソンの手紙

 

 

 

 

 

 

 

日曜日, 11月 25, 2012

フィボナッチ数列





フィボナッチ数列は,草木の枝分かれの仕組みを上手く表現できます。木は,幹がある程度太くなると枝を出します。その枝もある程度太くなるとさらに枝を出します。 



フィボナッチ数列は黄金比につながる。

水曜日, 11月 21, 2012

カント三批判書:Z状図解(付:スピノザ『エチカ』図解)

      カント、三批判書:Z状図解(カント:インデックス スピノザ:インデックス

 ______________________________純_粋_理_性_批_判______
|                       緒 言◯  |     |     |量   質|判断表
|                       |     |     |  緒言 |概念分析 |範疇表
|                       | 空間  |  時間 |     |関係 様相|
|                       |  (感 性 論)  |__(論 理 学)_演繹◯
|                       |     |     |  /分 析 論   |
|                       |     |     |   図式| 付録: |
|                       |     |     |原則分析 |反省概念 |
|                       |_原  理  論___|体系_根拠◯___(無)
|                       |  (感性論と論理学)|独断|論争|     |
|                       | 概 念 |  霊魂 |_訓練__| 規準  |
|                       |     |誤謬推理◯|仮説|証明|目的、理想|
|                       |(論 理 学)推 理_|__|方 法 論__善| ◯=
|                       |/弁 証 論  存在論|  (図式)     |初版と
|                       量 世界 質|  神  | 建築術 | 歴史  |第二版
|                       |二律背反 |宇  神学(体系)  |     |に異同
|_______________________関係__様相|宙論___|_____|_____|
|           |     |量   質|           |量   質|量   質|
|  序        | 一原則 |二善悪の概念           |  崇高 |  美  |
|           |     |関係 様相|           |関係 様相|関係 様相|
|    緒論     |___1分析論_自由の範疇表   序論    |___美学、分析論__|
|           |     |     |           |     |     |
|           | 三動機 |     |           | 演繹  | (分類)|
|           |道徳的法則=神聖性/義務           共通感覚  |     |
|一、原  理  論__|_____|_____|___________|__天才論|_____|
|     |     |     |     |     |     |     |  |  |
|     |一理性一般|     |     |     (イントロ)|     |_分析論_|
|     | の弁証論|     |     |     |     |     |  |  |
|___2弁証論____|___二、方法論___|___美学、弁証論__|___目 的 論|__|
|   二最高善    |     |     |     |     |  |  |  |  |
|二律背反 |     |  宇宙/道徳的法則 |二律背反 |     |_弁証論_|_方法論_|
|徳と幸福 |     |     |     |(概念/)|     二律背反  |  |自由|
|_____|_神、自由|_究極目的:最高善__|_____|_____(機械論/)|__|__|
       実 践 理 性 批 判              判 断 力 批 判


     分 析
      |
   量  |  質
 規____|____反
 定    |    省
   関係 | 様相
      |
     総 合


追記:

          カント三批判書:Z状図解(付:スピノザ『エチカ』図解)

 __________1実体_________________純_粋_理_性_批_判______
|           /\          緒 言◯  |     |     |量   質|判断表
|          /無限\         |     |     |  緒言 |概念分析 |範疇表
|         /_無限定_\        | 空間  |  時間 |     |関係 様相|
|________/_2a属性__\_______|  (感 性 論)  |__(論 理 学)_演繹◯
|\知 抑制  / 小←/\→大 完全性  至福/     |     |   分 析 論   |
| \   悪/___2b様態\_____\善   /|     |     |   図式| 付録: |
|  \  /\悲しみ_/\_喜び /\  / |     |     |原則分析 |反省概念 |
|   \/ 憎しみ \努力/ 愛/  \/  |_原  理  論___|体系_根拠◯___(無)
|   /\対象/物体_\/_観念\認識/\  |  (感性論と論理学)|独断|論争|     |
|  /所産的自然_身体欲望精神__\/  \ | 概 念 |  霊魂 |_訓練__| 規準  |
| /  延長\ 受動3感情/能動 /思惟  \|     |誤謬推理◯|仮説|証明|目的、理想|
神/______\___\/_第三種認識_能産的\(論 理 学)推 理_|__|方 法 論__善| ◯=
|        \ 4理性  /     自然| 弁 証 論  存在論|  (図式)     |初版と
|         \    /        量 世界 質|  神  | 建築術 | 歴史  |第二版
|          \_徳_/         |二律背反 |宇  神学(体系)  |     |に異同
|__________5\/__________関係__様相|宙論___|_____|_____|
|          (自由)   |量   質|           |量   質|量   質|
|  序        |  一原則|二善悪の概念           |  崇高 |  美  |
|           |     |関係 様相|           |関係 様相|関係 様相|
|    緒論     |___1分析論_自由の範疇表   序論    |___美学、分析論__|
|           |     |     |           |     |     |
|           | 三動機 |     |           | 演繹  | (分類)|
|           |道徳的法則=神聖性/義務           共通感覚  |     |
|一、原  理  論__|_____|_____|___________|__天才論|_____|
|     |     |     |     |     |     |     |  |  |
|     |一理性一般|     |     |     | イントロ|     |_分析論_|
|     | の弁証論|     |     |     |     |     |  |  |
|___2弁証論____|___二、方法論___|___美学、弁証論__|___目 的 論|__|
|   二最高善    |     |     |     |     |  |  |  |  |
|二律背反 |     |  宇宙/道徳的法則 |二律背反 |     |_弁証論_|_方法論_|
|徳と幸福 |     |     |     |(概念/)|     二律背反  |  |自由|
|_____|_神、自由|_究極目的:最高善__|_____|_____(機械論/)|__|__|
       実 践 理 性 批 判              判 断 力 批 判

              1実体
               /\
              /無限\
             /_無限定_\
    ________/_2a属性__\________
    \知 抑制  / 小←/\→大 完全性  至福/
     \   悪/___2b様態\_____\善   /  
      \  /\悲しみ_/\_喜び /\  /  
       \/ 憎しみ \努力/ 愛/  \/
       /\対象/物体_\/_観念\認識/\
      /所産的自然_身体欲望精神__\/  \  
     /  延長\ 受動3感情/能動 /思惟  \能産的
   神/______\___\/_第三種認識____\自然
            \ 4理性  /   
             \    /
              \_徳_/
               \/
              5自由

           スピノザ『エチカ』図解


 ______純_粋_理_性_批_判______
緒 言◯  |     |     |  手引き=判断表
|     |     |  緒言 |概念分析 |範疇表
| 空間  |  時間 |     |演繹◯  |
|  (感 性 論)  |__(論 理 学)__|
|     |     |  /分 析 論   |
|     |     |   図式| 付録: |
|     |     |原則分析 |反省概念 |
|_原  理  論___|体系_根拠◯___(無)
|  (感性論と論理学)|独断|論争|     |
| 概 念 |  霊魂 |_訓練__| 規準  |
|     |誤謬推理◯|仮説|証明|目的、理想|
|(論 理 学)推 理_|__|方 法 論__善|
|/弁 証 論  存在論|  (図式)     | 
量 世界 質|  神  | 建築術 | 歴史  |
|二律背反 |宇  神学(体系)  |     |
関係__様相|宙論___|_____|_____|

◯=初版と第二版に異同がある。


 ______実 践 理 性 批 判______
|           |     |量   質|
|  序        | 一原則 |二善悪の概念
|           |     |関係 様相|
|    緒論     |___1分析論_自由の範疇表
|           |     |     |
|           | 三動機 |     |
|           |道徳的法則=神聖性/義務
|一、原  理  論__|_____|_____|
|     |     |     |     |
|     |一理性一般|     |     |
|     | の弁証論|     |     |
|___2弁証論____|___二、方法論___|
|   二最高善    |     |     |
|二律背反 |     |  宇宙/道徳的法則 |
|徳と幸福 |     |     |     |
|_____|_神、自由|_究極目的:最高善__|


 _______判 断 力 批 判_______
|           |量   質|量   質|
|           |  崇高 |  美  |
|           |関係 様相|関係 様相|
|     序論    |___美学、分析論__|
|           |     |     |
|           | 演繹  | (分類)|
|           共通感覚  |     |
|___________|__天才論|_____|
|     |     |     |  |  |
|     | イントロ|     |_分析論_|
|     |     |     |  |  |
|___美学、弁証論__|___目 的 論|__|
|     |     |  |  |  |  |
|二律背反 |     |_弁証論_|_方法論_|
|(概念/)|     二律背反  |  |自由|
|_____|_____(機械論/)|__|__|

PC等技術

                 (リンク::::::::::簡易AAエディタ

PC等技術
http://nam-students.blogspot.jp/2012/11/du-20114.html
ディープラーニング
http://nam-students.blogspot.jp/2016/03/blog-post_5.html
ハーバート・サイモン(Herbert Alexander Simon)
http://nam-students.blogspot.jp/2016/03/herbert-alexander-simon.html 
 NAMs出版プロジェクト: 心の社会 Society Of Mind : Marvin Minsky
http://nam-students.blogspot.jp/2017/02/society-of-mind-marvin-minsky.html


FotoForensics
http://fotoforensics.com/

工学系:
NAMs出版プロジェクト: アクセルとブレーキが「ワンペダル」になった画期的な発明器具
http://nam-students.blogspot.jp/2016/12/blog-post_7.html

http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-73.htm
チューリングマシンの原理

 こんな単純な仕掛けでコンピュータが実現できる?もし、チューリングマシンが、ノイマンマシンに取ってかわっていたら、CPUはさぞかし、つましいものになっていただろう。チップの部品数ははるかに少なく、当然、発熱の問題も起こらない。もちろん、インテルの隆盛も怪しい。

 さて、いよいよ、チューリングマシンのプログラミング。チューリングマシンの命令は、下記の5つのパラメータで構成される。
①現在のstate(内部状態)
②現在のメモリセルの値
③新しいメモリセルの値
④新しいstate(内部状態)
⑤ヘッドの移動
以下、パラメータを詳しく説明する。

 「①現在のstate」と「②現在のメモリセルの値」は、この命令が選択・実行される条件である(入力)。また、「③新しいメモリセルの値」と「④新しいstate」と「⑤ヘッド移動」は、この命令の実行内容である(出力)。下記の表にパラメータの詳細を記す。

______________

http://rekitan.net/person/050707.html
17世紀にコンピュータ

コンピュータの分野でもライプニッツはある業績を残しています。17世紀にコンピュータ?と思われるかも知れませんが、別にコンピュータを創ったわけではなく、その源流とも言える考え方を示したのです。どんな理論や思想も記号へと分解し、計算によって解くことが出来るという考え方です。これに関連する形で、ライプニッツは二進法の研究で成果をあげました。ご存じのとおり、二進法は現在のコンピュータの根幹にある記数法です。
今のコンピュータとは全く異なるものですが、ライプニッツは計算機も造りました。それはハンドルを回して動作させる機械式の計算機でした。それまでにも機械式計算機は存在したものの、実行出来るのは加減算だけでした。しかし、ライプニッツのものは乗除も可能だったのです。機械式の計算機はコンピュータが普及を始める二十世紀の半ばごろまで、複雑な計算を行う際に活躍しましたが、その仕組みは基本的にライプニッツが造ったものと変わりないものでした。

__________

http://www.sankeibiz.jp/business/news/121209/bsj1212091903003-n1.htm
"「電子教科書」出版社は複雑な思い 重たい医学書から解放!学生は歓迎の声"

電子書籍の普及が進む中、大阪府立大学(本部・堺市中区)で、教科書の電子書籍化に向けた実証実験が進められている。

今年6月から一部の学生を対象に、電子化した教科書を収めたタブレット端末を配布。
デジタルならではの検索機能に加え、教科書の重さから解放されることが、学生にとって最大のメリットだ。
一方で出版社の側には、電子化による教科書の“価格破壊”への懸念も広がる。
これに対し、タブレットを提供し二人三脚でプロジェクトを進めるシャープは、府立大での実験成果を踏まえて
全国の大学に普及させたい考えだ。(戸津井康之)

◆教科書すべてに動画、国家試験問題集も

「重たい教科書を持ち運ばなくて済むようになったのは便利」。タブレットを使い始めた学生たちからは、
このような歓迎の声が上がっているという。

府立大では6月、総合リハビリテーション学部で臨床実習中の4年生80人に、
11月末までシャープ製のタブレットを貸与。10月から来年7月までは、第2陣として
看護学部の3年生92人が実験に参加している。

これらの学生は臨床実習のために、病院などの施設と、大学や自宅との間を往復する機会が多い。
しかし、理系の学生ならではの悩みが教科書の重さ。学生によっては、15冊にも及ぶ分厚い医学専門書約10キロ分を、
リュックなどに入れて持ち運ばねばならないという。総合リハビリテーション学部では約75%、
看護学部の場合だと約95%を、女子学生が占める。重たい教科書の持ち運びは、学生たちにとって悩みの種だった。

これに対し配布されたタブレットは、大学ノートとほとんど変わらない大きさの10・1インチ画面で、
重さはわずか640グラム。この中に必要な教科書すべてに加え、患者との接し方や採血の手順を学ぶ動画など
府立大が独自に開発した教材、国家試験の問題集も収録されている。

◆書き込み機能も追加 学生の意見をフィードバック

紙の教科書にはない、電子化のもう一つの大きなメリットが検索機能だ。
タブレットでは、収録されているすべての教材を横断的に、一瞬でキーワード検索することが可能。
紙と同様に、重要な部分に付箋(ふせん)をつけたり、マーカー線をひいたりすることもできる。


また実験第1陣の総合リハビリテーション学部の学生から、「電子教科書に書き込みができるといい」
という意見があったことから、看護学部で使用するタブレットにはノートのように書き込める機能も付加。

学生からはほかに、「画面に1冊分しか表示できないのは不便。机の上で何冊も本を広げるような使い方がしたい」
との要望も出ているといい、今後も学生へのアンケート結果やタブレットに記録された使用状況記録を分析し、
実用化へ向けた検証を進めていくという。

総合リハビリテーション学部の高畑進一学部長は「病院での実習中に必要なすべての教科書が検索できるし、
電車などでの移動中にも国家試験の受験勉強ができる。学習効率の高さは目に見えて実感できる」と評価する。

(つづく)

画像
タブレット端末の電子教科書を眺める総合リハビリテーション学部の学生たち=大阪府羽曳野市の大阪府立大学羽曳野キャンパス
http://www.sankeibiz.jp/images/news/121209/bsj1212091903003-p1.jpg
http://www.sankeibiz.jp/images/news/121209/bsj1212091903003-p2.jpg
http://www.sankeibiz.jp/images/news/121209/bsj1212091903003-p3.jpg
http://www.sankeibiz.jp/images/news/121209/bsj1212091903003-p4.jpg

産経Biz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/121209/bsj1212091903003-n1.htm









2 :ベガスρ ★:2012/12/09(日) 23:30:03.08 ID:???
>>1のつづき

◆「紙も電子も両方買って」出版社側の事情

一方で、実用化には、クリアすべき課題も多い。その一つが、出版社側の対応の不透明さだ。


実証実験には出版社約10社が協力し、タブレットに収録された教科書は無償で貸し出された。
だが、実用化に際しては、対応を留保する社が少なくないという。

その大きな原因が、電子教科書は紙の教科書に比べて価格が安く利益が出ないのでは、という懸念が
出版界に根強く残っていることだ。出版社によって事情は異なるが、府立大によると、
電子教科書を販売する条件として、紙の教科書と電子教科書の双方を購入することを挙げる社が複数出てくる可能性があるという。

「そうなれば学生の金銭的負担が大きくなり、大学が電子教科書を推奨するわけにはいかなくなる」。
高畑学部長はこう憂慮する。

◆電子化で広がる教科書の可能性

しかし電子教科書を、これまでの教育界を変えるビジネスチャンスととらえる見方もある。

実験に協力している医学系専門の出版社、三輪書店(東京都文京区)は教科書の電子化に前向きだ。

青山智社長は「電子化によって、教科書に音声や映像を入れることも可能になる。
これまでの教科書の概念を変え、大きく発展する可能性がある。出版社にとっても電子化は有益だ」と期待を込める。

シャープの辰巳剛司・モバイルソリューション事業部長は「府立大での実験で培ったノウハウは、
他の大学へも転用することができる。今後、全国の大学で電子教科書が広まるのでは」と予想。

実証実験チームのリーダー、矢田泰規・同副部長は「電子教科書を導入する大学が増えれば、
出版社側も積極的に電子化を推進するはず」と話している。

(おしまい)

簡易AAエディタ
http://iranegi.s5.xrea.com:8080/2ch/aaedit/aaedit.php


史上初のコンピューター音楽を復元、英数学者チューリングが装置開発

AFP=時事 9月26日(月)13時49分配信
史上初のコンピューター音楽を復元、英数学者チューリングが装置開発 AFP=時事 9月26日(月)13時49分配信
 史上初のコンピューター音楽を復元、英数学者チューリングが装置開発 
英南西部ドーセットの名門私立校シャーボーン校に在学中だった16歳のアラン・チューリング(1928年撮影、2012年6月22日提供)。
【翻訳編集】 AFPBB News 
【AFP=時事】第2次世界大戦(World War II)中にナチス・ドイツの暗号機エニグマ(Enigma)の暗号を解読した英国の天才数学者、アラン・チューリング(Alan Turing)が開発した巨大装置を使って1951年に録音された「史上初のコンピューター音楽」の復元に成功したと、ニュージーランドの研究者が26日、発表した。 
  【写真】ナチスの暗号機「エニグマ」公開  
 シンセサイザーから現代のエレクトロ二カ(電子音楽)に至るまで、コンピューターを用いて創作される音楽すべての基礎といえる最初の1曲は、極めて伝統的な楽曲だった。英国歌「ゴッド・セーブ・ザ・キング(God Save the King、神よ国王を守りたまえ)」だ。
  ニュージーランド・クライストチャーチ(Christchurch)にあるカンタベリー大学(University of Canterbury)の研究者らは、この音楽こそ、暗号解読者として名高いチューリングが音楽の分野でも革新者だったことを示す証拠だと指摘。「1940年代後半にコンピューターを楽器に転換したチューリングの先駆的偉業は、これまでほとんど見過ごされてきた」と述べている。
  録音は65年前、英マンチェスター(Manchester)の研究所で英国放送協会(BBC)によって行われた。研究所の1階を埋め尽くすほど巨大な装置を使って、英国歌のほか、童謡「めえめえ黒羊さん(Baa Baa Black Sheep)」、米ジャズミュージシャンのグレン・ミラー(Glenn Miller)楽団の代表曲「イン・ザ・ムード(In the Mood)」の計3曲が奏でられた。
  復元された2分間にわたる演奏は、以下のリンクから聞くことができる。(http://blogs.bl.uk/files/first-recorded-computer-music---copeland-long-restoration.mp3) 【翻訳編集】 AFPBB News

火曜日, 11月 20, 2012

教育学と教育術

リンク::::::::::カント:インデックス人倫の形而上学人間学

 カント『教育学』目次(理想社版全集第16巻参照):

1803: Über die Pädagogik – vom F. T. Rink nach Kants Vorlesungen erstellt
教育学について – カントの講義の後にフリードリヒ・テオドーア・リンクが編集
 <>は引用者メモ。
編者の序言
序   説
論   説
 自然的教育について <保育、教化(絶対的従順、自発的従順p71)>
 実践的教育について <1教師、2家庭教師、3道徳的陶冶p33,p78->
 結  語


 カント『教育学』図解(岩波版全集第17巻参照):  

          自 然 
           |
       自由  | 学校  
      (遊び) |(労働)
 (身体)______|_______(こころ)
       実用  | 道徳
    (熟達/世間)|(良心。宗教へ)
           |
          実 践
         (自 由)

この場合、「身体」が規定に、「こころ」が反省に対応する。
下記分類図の(6)を参照。

岩波全集版第17巻『教育学』目次:
 <>は引用者メモ。
 編者の序言
序  説
本  説
 自然的教育について <養護、教化p242、(絶対的従順、理性的従順p285)>
 こころの教育について <ある程度までは自然的p265。目的体系p275)>
 実践的教育について <1熟達性、2世間的怜悧、3道徳性p293>
 結  語


カントは、「こころの教育について」で小説を避け自然地理学を推奨する(最終的には数学)。 地図作成能力も推奨される。 記憶術の面で、コメニウス『世界図絵』も推奨される(岩波17,p273、理想社16,p61)。


          __________________________________ 
         /|               /|      (教育論/認識)/|オ
        / (//預言)         / |              / |
       / |             /  |             /  |プ
      /___|_______________|____________/   |
     /|  霊|           /|   |   (/快、不快) /|   |ス
    / |   |          / | 個人、民族    感性的 / |   |
   /(/欲求)者|        /(性格論/ +  )   知性的/  |   |・
  /___|___|________/___|_両性、人類______/   |   |
 |    |  の|       |    |   |       |    |   |ポ
 |永   |   |       |    |   |       |    |  論|
 |遠   |  夢|       |    |   |       |    |   |ス
 |平   |   |_______|____|___|_______|____|__理|
 |和   |  /|       |    |  /|       |    |  /|ト
 |の   | / |  自   然| の  |形/ |而   上  |学   | /学|
 |た   |/  |       |    |/  |       |    |/  |ゥ
 |め   |___|_______|____|___|_______|____|   |
 |に  /|   |     (徳|論) /|   |       |   /|   |ム
 |  / |人 倫|の      |  / |理性の限界内における |  / |   |
 | /(法学)  |形 而 上 学| /宗教(目的論)       | /  |   |ム
 |/___|___|_______|/___|___|_______|/   |   |
 |    |   |       |    |   |       |    |   |
 |    |啓 蒙|と は 何 か|    |   |       |    |   |
 |    |   |_______|____|___|_______|____|___|
 |    |  /        |    |  /(空間)(時間)|(数学)|  / 
 |    | /   純   粋 | 理  |性/  批   判  |    | /
 |    |/          |    |/(物理学)     |    |/
 |    |___________|____|___________|____/
 |   /         (倫理|学) /          (美|学) /
 |  / 実 践 理 性 批 判 |  /  判 断 力 批 判  |  /
 | /              | /(目的論)         | /
 |/_______________|/_______________|/



参考:
カントの教育思想の研究 : その哲学的背景と批判的再構成
http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/9722/1/mfl04_203.pdf


カント全体系では、教育学は経験哲学に当る(『人間学』における異論は後記)。





http://www.cohes.org/shnsdn1672.html

カントの教育論の端緒は、「人間とは教育されなければならない唯一の被造物である」(岩波書店『カント全集』17「教育学」217頁)という思想から始まる。動物は、生来の本能によって生き、その生活様式は多くの世代を通じて一定の特徴を保持しているが、未開の状態で生まれてくる人間は、教育をとおしてこそ人間のなかに備わっているさまざまな素質を発展させ、それによってはじめて人間になることができるのである。このことは、「人間は教育によってはじめて人間になることができる」(221頁)というカントの言葉に端的に表れている。したがって、われわれがなさねばならないことは、人間の自然に備わっている素質を調和的に発展させ、そのさまざまな萌芽から人間性を展開させるとともに、人間がその使命を達成するように仕向けるという教育なのである。



後記:
シュタイナーの場合、実践を重んじるので、教育学ではなく教育術となる。  (参考→九九の塔
カントは対話の重要性を指摘しているが、成功していない。

『人間学』における教育は実践理性の現実化というよりはもう少し別の論理学の延長的な位置づけになる。


付録:

図:道徳性の原理における実践的・実質的規定根拠(実質的原理、改変)

   客観的     主観的   
  _______________            
 |       |\      |       
 |  完全性  | \自然的感情|       
内|(ヴォルフ  |(エピクロス)|
 |及びストア派)|   \   |       
的|       |道徳的感情  |       
 |       |(ハチスン) |       
 |______ |______\| 
 |       |\      |       
外| 神の意志  | \  教育 |       
 |(クルージウス|(モンテーニュ)        
的|その他の   |社会組織   |       
 | 神学道徳者)|(マンドヴィル)                    
 |       |     \ |      
 |_______|______\|


                        _教育(モンテーニュによれば)
                   _外的_|_社会組織(マンドヴィルによれば)
             _主観的_|    
            |     |_内的___自然的感情(エピクロスによれば)
道徳性の原理における  |          |_道徳的感情(ハチスンによれば)
実践的・実質的規定根拠_|      _外的___完 全 性(ヴォルフ及びストア派
            |_客観的_|            によれば)
                  |_内的___神の意志(クルージウス、およびその他の
                              神学的道徳論者たちによれば)

                           (『実践理性批判』岩波文庫91頁)

日曜日, 11月 18, 2012

:::::


        _資本論
       /___/|
       |   ||
       |   ||
       |   ||
       |   ||
    ゲゼル|   ||
  プルードン|   ||
       |   ||
    アソシ|   ||
  エーション|キャピ||
    ___|タル ||
  /________/|
ネーション  ステート |
 | |      | 柄谷
 | |      | |
 | |      坂本龍馬
 | |      | |
文学    美術 |
 | |      | |
 | | カレツキ | |
 |   ___|_|______フーコー
 | | /デュルケ|ム| / ウェーバー /|
音楽 |/_____|_|/_______/パーソンズ
 | / マルクス | /  フロイト /  |
 |/___|___|/_______/   | 
 |    |   |       |ラカン
 |    |   |       |    | 
 スポーツ |   |       |アドルノ|  
 |    |   |_______|____|____________________    
 |    |  /|ショーペンハウアー  |  デカルト   人         /|
 |    | / |       |  | / |              / |
ガンジー  |/  | インド哲学|    |/  |  (認識/教育論)   /  |
 |    /___________|____間___|____________/   |  
 |   /|   |       |   /|  (快、不快)       /|   |ス
 |  / |   |       |仏教/ |   |          / |   |
 | / (欲求) |  学    | /  |   |         /  |   |・
 |/___|___________|/___|___|__(性格論)_/   |   |
 |    |   |       |ニーチェ|   |       |    |   |ポ
 |   |栄養学|  ドゥルーズ|    |   |       |    |  
 |遠   |   |       ハイデガー| ライプニッツ    |    |   |ス
 |平   |生物学|_______|____|___|_______|____|__
 |和   |  /|       |    |  /|       |    |  /|ト
 |の   | / |  自   然| の  |形/ |而   上  |学   | /
 |た   |/|       |    |/  |       |    |/  |ゥ
 |め   |___|_______|____|___|_______|____|   |
 |に  /|   |     (徳|論) /|   |       |   /|   |ム
 |  / |人 倫|の      |  / |理性の限界内における |  / |   |
 | /(法|学) |形 而 上 学| /宗教(目的論)       | /  |   |ム
 |/___|___|___(原論)|/___|___|_______|/   |   |
 |    |   |       |    |   |       |    |   |
 |    |   |       |   ヘーゲル |       |    |ルツァー
 |    |   |_______|____|___|_______|____|___|
 |    |  /(テリックシステ|ム)  |  /(空間)(時間)|(数学)|  / 
 |    | /  純   粋 | 理  |性/  批   判  |カテゴリ|ー/
 |    |/(ス ピ ノ ザ )|    |/(物理学)     |    |/
 |    |___________|_老子_アンチノミー______|____/
 |   /            |孔子 /    (美 学)   |   /
 |  / 実 践 理 性 批 判 | /  判 断 力 批 判  |  /
 | /(倫理学/徳or幸福)   | /              | /
 |/_______________|/__________(目的論)|/

 デカルト
    スピノザ
プルードン    ヘーゲル
 マルクス 空海 カント
 坂本龍馬    ハイデガー
     柄谷 フロイト
ドゥルーズ    老子
 アドルノ    パーソンズ
 カレツキ ゲゼル
    ライプニッツ
 スポーツ    文学
     ガンジー
     ラカン
     ニーチェ ショーペンハウアー 
      孔子 
          インド哲学


音楽建築原発政治中国歴史分類図像学

文学東洋思想プラトンアリストテレスリンク:::::

プラトンの洞窟の比喩と映画

                 プラトン@ 、『哲学の起源』リンク:::::::::

NAMs出版プロジェクト: プラトンの洞窟の比喩と映画

http://nam-students.blogspot.jp/2012/11/test_18.html@

NAMs出版プロジェクト: 信念について

http://nam-students.blogspot.jp/2015/01/blog-post_17.html
    
洞窟と映画
http://yojiseki.exblog.jp/10632864/

以前紹介したボブ・ディランの以下のインタビュー記事は、プラトンの洞窟の比喩とそっくりなことに気づいた。
(ただしディランは、フーコー及び柄谷行人の言うパレーシアの人=「真の生」開く人で、プラトン=『国家』によって追放される彷徨う詩人側の人間であろう。)


(質問者)これまでに、書こうとしても、どうしても書けなかったようなことは?
         
ディラン あるとも。どんなものでも、書こうとすると書けないものなのだ。僕が何かについて書こうとしたとする−−「馬について書きたい」とか「セントラル・パークについて書きたい」とか「グランド・キャニオンについて書きたい」とか「コカイン産業について書きたい」−−ところが、それじゃ、何もうまくいかないのだ。いつも肝心なものを除外してしまうのだ。ちょうど、あのHurricaneの歌のように。僕はハリケーン・カーターについて曲を書きたかったし、そのメッセージを広めたかった。ところが、ハリケーン・カーターについてなど、どこにも出てこない。ほんとうなんだ、その曲の本質というものは、何かについてではない。つまり、すべてはきみ自身についてなのだ。きみが誰か他人の靴をはいて立っているかぎり、きみにはその感触がどんなものかわからないだろう。それが何についてかさえわからない。
 映画を観に行って、「何についての映画だったんだ?」ということはできる。映画というのは、きみに時間を止められるという幻想を抱かせるものなのだ。きみはどこかに行って、しばらくのあいだじっと坐っている。きみは何かを観ている。わなをしかけられたも同然だ。すべてはきみの脳の中で起こり、いま世界ではそれ以外に何も起こっていないように、きみを思わせる。時間はとまっている。外では世界が終末を迎えようとしていたとしても、きみにとって、時間は止まったままだ。その時、誰かが「何についての映画だったんだ?」と聞く。「うーん。よくわからないな。同じ娘をものにしようとしていた、二人の野郎の話だろ?」あるいは「ロシア革命についての映画だよ」そうだ、それは映画が何についてだったか説明しているが、映画そのものではない。きみに、ずっと座席に坐ってスクリーンに見入ったり、壁のライトを見つめたりさせたのは、それではないはずだ。他のいい方をすれば、きみは、「人生とはいったい何なのだ?」ということもできた。それは、いつだって映画のように過ぎていくだけだ。きみがここに何百年もいようが関係なく、それはただ過ぎ去っていく。誰にも止めることはできない。
 だから、それが何についてかなどということはできないのだ。ただ、きみにできることは、その瞬間の幻を与えようとすることだけだ。だが、それにしたって、それがすべてではない。きみが存在していたという単なる証なのだ。
 どれが何についてだって? それは何についてでもない。それはそれなのだ。
(『ロックの創造者たち』より)


以下は、プラトン『国家』7:1〜2(岩波文庫下巻p94〜)
http://www.qmss.jp/interss/01/materials/plcave.htm

http://www.econ.hokudai.ac.jp/~hasimoto/Resume%20On%20Plato%20Politeia.htm

 「ではつぎに」とぼくは言った、「教育と無教育ということに関連して、われわれ人間の本性を、次のような状態に似ているものと考えてくれたまえ。

 −地下にある洞窟状の住いのなかにいる人間たちを思い描いてもらおう。光明のあるほうへ向かって、長い奥行きをもった人口が、洞窟の幅いっぱいに開いている。人間たちはこの住いのなかで、子供のときからずっと手足も首も縛られたままでいるので、そこから動くこともできないし、また前のほうばかり見ていることになって、縛めのために、頭をうしろへめぐらすことはできないのだ[ab]。彼らの上方はるかのところに、火[i]が燃えていて、その光が彼らのうしろから照らしている。

 この火と、この囚人たちのあいだに、ひとつの道[ef]が上の方についていて、その道に沿って低い壁のようなもの[gh]が、しつらえてあるとしよう。それはちょうど、人形遣いの前に衝立が置かれてあって、その上から操り人形を出して見せるのと、同じようなぐあいになっている」

 「思い描いています」とグラウゴンは言った。









 「ではさらに、その壁に沿ってあらゆる種類の道具だとか、石や木やその他いろいろの材料で作った、人間およびそのほかの動物の像などが壁の上に差し上げられながら、人々がそれらを運んで行くものと、そう思い描いてくれたまえ。運んで行く人々のなかには、当然、声を出すものもいるし、黙っている者もいる」

 「奇妙な情景の譬え、奇妙な囚人たちのお話ですね」と彼。

 「われわれ自身によく似た囚人たちのね」とぼくは言った、「つまり、まず第一に、そのような状態に置かれた囚人たちは、自分自身やお互いどうしについて、自分たちの正面にある洞窟の一部[cd]に火の光で投影される影のほかに、何か別のものを見たことがあると君は思うかね?」

 「いいえ」と彼は答えた、「もし一生涯、頭を動かすことができないように強制されているとしたら、どうしてそのようなことがありえましょう」

 「運ばれているいろいろの品物については、どうだろう?この場合も同じではないかね?」

 「そのとおりです」

 「そうすると、もし彼らがお互いどうし話し合うことができるとしたら、彼らは、自分たちの口にする事物の名前が、まさに自分たちの目の前を通りすぎて行くものの名前であると信じるだろうとは、思わないかね?」

 「そう信じざるをえないでしょう」

 「では、この牢獄において、音もまた彼らの正面から反響して聞えてくるとしたら、どうだろう?[彼らのうしろを]通りすぎて行く人々のなかの誰かが声を出すたびに、彼ら囚人たちは、その声を出しているものが、目の前を通りすぎて行く影以外の何かだと考えると思うかね?」

 「いいえ、けっして」と彼。

 「こうして、このような囚人たちは」とぼくは言った、「あらゆる面において、ただもっぱらさまざまの器物の影だけを、真実のものと認めることになるだろう」

 「どうしてもそうならざるをえないでしょう」と彼は言った。

 「では、考えてくれたまえ」とぼくは言った、「彼らがこうした束縛から解放され、無知を癒されるということが、そもそもどのようなことであるかを。それは彼らの身の上に、自然本来の状態へと向かって、次のようなことが起る場合に見られることなのだ。

 −彼らの一人が、あるとき縛めを解かれたとしよう。そして急に立ち上がって首をめぐらすようにと、また歩いて火の光のほうを仰ぎ見るようにと、強制されるとしよう。そういったことをするのは、彼にとって、どれもこれも苦痛であろうし、以前には影だけを見ていたものの実物を見ようとしても、目がくらんでよく見定めることができないだろう。

 そのとき、ある人が彼に向かって、『お前が以前に見ていたのは、愚にもつかぬものだった。しかしいまは、お前は以前よりも実物に近づいて、もっと実在性のあるもののほうへ向かっているのだから、前よりも正しく、ものを見ているのだ』と説明するとしたら、彼はいったい何を示して、それが何であるかをたずね、むりやりにでも答えさせるとしたらどうだろう?彼は困惑して、以前に見ていたもの[影]のほうが、いま指し示されているものよりも真実性があると、そう考えるだろうとは思わないかね?」

 「ええ、大いに」と彼は答えた。


 「それならまた、もし直接火の光そのものを見つめるように強制したとしたら、彼は目が痛くなり、向き返って、自分がよく見ることのできるもののほうへと逃げようとするのではないか。そして、やっぱりこれらのもののほうが、いま指し示されている事物よりも、実際に明確なのだと考えるのではないだろうか? 」

(略)
 「だから、思うに、上方の世界の事物を見ようとするならば、慣れというものがどうしても必要だろう。――まず最初に影を見れば、いちばん楽に見えるだろうし、つぎには、水にうつる人間その他の映像を見て、後になってから、その実物を直接見るようにすればよい。そしてその後で、天空のうちにあるものや、天空そのものへと目を移すことになるが、これにはまず、夜に星や月の光を見るほうが、昼間太陽とその光を見るよりも楽だろう。」「思うにそのようにしていって、最後に、太陽を見ることが出きるようになるだろう」



参考:
http://homepage2.nifty.com/eleutherion/lecture/politeia2004/politeia2004.html
道新文化センター2004年度
「プラトン『国家』を読む」資料

http://homepage2.nifty.com/eleutherion/lecture/politeia2004/node9.html#SECTION00032100000000000000
言論の上での国家の建設
最も必要なものだけの国家(第2巻第11-12章)

「そもそも国家というものがなぜ生じてくるかと言えば,それは,人間がひとりひとりでは自給自足もできず,多くのものに不足しているからだ。…ある人はある必要のために他の人を迎え,また別の必要のためには別の人を迎えるというようにして,人間は多くのものに不足しているから,多くの人々を仲間や 助力者として一つの居住地に集めることになる。このような共同居住にわれわれは〈国家〉という名前をつけるわけなのだ。」(369B-C)

http://homepage2.nifty.com/eleutherion/lecture/politeia2004/node11.html
個人における正義(第4巻11章-19章)
第4巻12章 矛盾律 ここで哲学史上初めて「矛盾律」というものが明確に表明される。

「いうまでもなく,同一のものが,それの同一側面において,しかも同一のものとの関係において,同時に,相反することをしたりされたりすることはできないだろう。したがって,もし問題となっているものの間に,そういう事態が起るのをわれわれが見出すとすれば,それらは同一のものではなくて, 二つ以上のものであったことがわかるだろう」(436B-C)
「同じものが同じものについて同時に反対の判断をもつということは,不可能である」(602E)
「同じものを,知っていて知っていないとか,知らないでいて知っているとかいうことは不可能である。」(プラトン『テアイテトス』188A)


http://www7a.biglobe.ne.jp/~mochi_space/ancient_philosophy/stoics/stoics.html

古代ギリシア哲学 ストア派
(図多数)


付録:
【動画】-人間は洞窟にとらわれた囚人である-プラトンの洞窟の世界観をクレイアニメで表現したショートフィルム
The Cave: An Adaptation of Plato's Allegory in Clay

http://youtu.be/E4XXItJYFKA

Leibniz:Metaphysical Consequences of the Principle of Reason (1712)

Leibniz :Principium ratiocinandi fundamentale est , nihil esse sine ratione,... (1712)

Leibniz:

Metaphysical Consequences of the Principle of Reason (1712)

(ライプニッツ「理由律からの形而上学的帰結」)

 I. The fundamental Principle of reasoning is that there is
nothing without a reason ;or,to explain the matter more dis-
tinctly,that there is no truth for which a reason does not
subsist.The rcason for a truth consists in the conncxion of
the Predicate with the subject, that is, that the Predicate is in
the su司cct.This is either mani拓st,as in the case of identical
ProPositions--for examPle, `A man is a man゛, or ‘A white
man is white'?,。r it is concealed, but concealed insuch a way
that theconnexion canbe shown by theanalysis of notions一
応r examPle/ Nine is a square'. For nine is three times three,
which is three multiplied by three, which isa nunlber multi-
Plied by itself; which is a square.
 2. This PrinciPle disPosesof all inexPlicable occult qualities,
and other similar ngments. For as ofienas vvriters introduce
some Primitiveoccult quality they imPillge on this princiPle.
ForexanlPle,suPPose that someone thinks that there is in
nlatter sorneattractive force which is Primitive, and there-
fore not derivable from the intelligible notionsof body
(namely,magnitude, shaPe and motion).And suPpose he
wants it to haPPen that by this attractive fi)rce bodies tend
to゛ards some other body without being Pushed, assorne
conceive gravity-namcly, as if heavy things were attracted
by the body of the eal'thj or as if they were attracted to it by
some symPathy, insuch a way that the ulteriorreasonof this
cannot be given 仔om the nature of bodies, and the method or
attraction ca“lot be eM)hlined. Such a Personadmits that
there is no reason for the truth that a stone tends towards the
earth・ Fol`if he thillks th21t this occurs, not by an occult
quality of the body5 but by the will of God or by a divinely
estabnshed law, by that very fact he givessonle reason,but a
                 l72



     173
suPernatural or miraculous one.The same is to be said of a11
those who, where bodily Phenomena a17e to be exPlained, have
recourse to bal`e faculties, symPathies, antiPathies,arch3ei,3
operatiollal ideas, Plastic fi)rce,so111s alld other incorPoreal
entities,which(as they have to admit)have no connexion
with the Phenornenon.
 3. The consequcnceof this is that in thecaseof bodies
everythingoccurs nlechanically,that is, through the intc1-
ngible qualities of bodies, namely magnitude, shaPe and
motion; in thecaseofsouls,everything is to be explained in
vital terms, that is, through the intelligible qualities of the
soul,namely PerccPtions and aPPetites. However,we detect
in alli“lated bodies a bealltif111 h21mlolly between vitality
and mechanism, such that what occurs mechanically in the
body is rePresented vitally in thesou1; and what are Per-
ceived exactly in thesoul are handed over comPletely fi)「
execution in the body.
 4. From this it fi)11ows that we call onen heal thesoul fiom
the known qualities or the body, andcanonell heal the body
fiヽom the known aflilctions of the sou1. For it is o丘en easier to
know what haPPens in thesoul than what haPPens in the
body; ofien, again,the contrary is thecase.As oRen as we
use what thesoul indicates to he1P the body, this may be
called vital medicine; this extends more widely than is
commonly thought. For the body corresPOIlds to the soul
not only in the so-called voluntary motions, but in all others
as well; though, on account of habit, we do not notice that the
soul is aflkcted by or agrees with the motionsof the body, or
that the latter corresPond to the Perceptions and aPPetites
of thesoul. For the PercePtionsof these are confused, so that
their agreement does not aPPear soeasily.Thesoul gives
orders to the body in so nlr as it has distinct PercePtions, and
serves it in so fllr as it has confused ones; however, anyone
who hassorneperceptioll in hissoul can be certain that he
has received some emごct of that in his body, and vice versa.
XVhatever is good, then,in the archaeists or similar writers
is reduced to this; 拓revenif there do not exist in the body
the disturbances of thearchaeus(which they say are anger)
and its setdings, and these cannot beconceived excePt as in
jl


174     
thesou1,yet there is something in the body which corresPonds
to these.
 5. Furtherjt is a fllct that we can sometimes arrive at the
truth about natulヽal things through final causes, when we
cannot arrive at it easily through emcient causes. This is
shown,not only by the anatomical doctrine of theuseofthe
members,where xve reasoncorrectly fiom the end to the
means,but also (as l myselfhaveshown)by a notable examPle
in oPtics.b For just as in animated bodies what is organic
corresponds to what is vital, motions to aPpetites, so also in
the whole of nature emcicnt causes corresPond to final
causes}becauseeverything Proceeds 丘orn a causewhich isnot
only Powernllj but also wise; and with the rule of power
through emcient causes, there is involved the rule of ゛isdom
through nnalcauses.This harmony of corporeal and sPiritual
is one of the fillest and most evident argllmellts for a Divinity;
fi)r,since the innux of one kind on another is inexPlicable, a
harmony of thillgs which are entirely diflkrent can arise only
fi・om theone conlnlon cause,that is, God.
 6. But we shall arrive at the same Point in a more general
way by returning to our fundamentaI PrinciPle. VVe must
renect that sPace, time and matter-bare matter, in which
nothing is considered besides extension and impenetrabilityc-
are dearly indifRrent with resPect to any magnitudes, shapes
and motions.Consequently no reason can be foundjn these
indiflerent and indeterminate things, fi)r what is determinate;
that is, why the world should exist insuch and such a way,
and should not have been Produced in any other noless
Possible form. Theconsequenceof this is that thereason柘r
the e`istence of colltingent things must eventually besought
olltside mattel`alld in a necessary cause; namely, in that
whose reason for existing is not outside itse1£This,therefi)re,
is sPiritual-in a word, a mind-and is also the most perfkct
mind,since on account of the connexion of things it extends
to a11.
 7.Further,all creatures are either substantial or accidental.
Those which are substantial are either substances or sub-
stantiated. l give the name ‘sllbstantiated'd to aggregates of
substances,such as an army of men, or a nock of sheeP; and


175
all bodies are such aggregates. A substance is either silnpie,
such as a sou1, which has noParts,or it is comPosit(ちsuch as
an anima1, which consists ofasoul and an organic body. But
an organic body, 1ikeevery other body, is merely an aggre-
gate of animals or other things ゛hich are li゛ing and theren)17e
organic,or nnally of sm2111 objects or masscs; but these also
are nnally resolved into living things, fiolll ゛hich it is e゛ident
that all bodies are nnally resolved into living things5 and that
whatjn theanalysis of substances, exist ultimatelyaresimPle
substances-namely,souls,or,if you Prelr a lnoregenel`al
term,アフ?θyz?J,which are without Parts. For even though
every simple substallce hasanorganic body whichcorres-
Ponds to it-other゛ise it would not have ally killd of orderly
relation to other things ill the universe5nor xvould it act or be
acted uPon in an ordcrly ゛ay-yet by itself it is without
parts. And because an orgallic body3 or ally other body
whatsoever,canagain be reso1゛ed illto sllbstances endowed
with organic bodies, it is evident that in the end there are
simPlesubstancesalone,andthat in them arethe sources of
all things and of the modmcations that come to things.
 8.But because lnodincations vary,and whatever is the
sourceof variations is truly active, it must therefore be said
that simPle substallces are active or thesourcesof actionsタ
and that they Produce in themselves a certaill sel`ies ofinternal
variations.And because there isnolneansby whichonesimple
substance could innuence anotherjt follows that every simple
substance is sPontaneous3 or theone and onlysourceof its
own modincations.Further,since the nature of a simPle
substance consists of PercePtionand apPetite, it is clear that
there is ineach soul a scries of aPPetites and percePtions,
through which it is led 仔om the end to the means, nヽom the
pelcePtion of olle objcct to the PercePtion of another. So the
soul does not dependon anything excePt a universal causeタ
or God, through whom (like all things)it continually exists
and is conserved; but the rest it has liom its own nature.
 9. But there would be no orderanlong these simPle sub'
stances,which lack the interchange of mutual innux3 unless
they at least corresPOIlded to each other mutllally. Hence it is
necessary that there is between them a certain relation of



176    
perceptions orphenonlena,through which it can be discerned
how much their modincations difRir fFom each other in
sPace or tiIIle; fi)r in these two-time and Place?-there con-
sists the order of things which exist either successively or
sim?taneously. From this it also follows that every simPle
substance rePresents an aggregate of external things, and that
in those e`ternal things, rePresented in diverse ways, there
consists both the diversity and the harmony of souls. Each
soul wi11 rePrescnt Proximately the phenornenaof its own
orgallic body, but remotely thoseof others which act on its
own body・
  lo. lt mustjalso be known that, because of the nature of
things,in the whole of the univcrse ‘all things consPire゛, as
HiPPocrates says of the body ofananimal,and everything
collsPil`es with e゛el`ythillg else in a certain nxed way. For
sincea1I Places al`e nlled with bodies, and all bodies are en-
dowed`゛ith a certaill degl`ee of nuidity, so that they give way
somewhat to Pressure, hoxvever snla11,it follows 丘om this
that no body can be moved without its neighbour being
moved somewhat, and,fi)r the same reason, the neighbour
of its neighbour, and soon over any distance, hoxvevergreat.
From this it follows that each corPusde is acted on by all
the bodies in the universe, and is variously aflicted by them,
in such a way that the omniscient being knows, in each
Particle of the ulliverse, everything which haPPens in the
entire universe. Thiscould not haPPenunless matter were
everywhere di゛isible, and indeed actually divided ?fzz-
鳶7面詞.There拓re,since every organic body is afkcted by the
entire universeby relations which are determinate with res-
Pect to each part of the universejt is not surprising that the
sou1,which represents to itself the rest in accordance with the
relationsofits bodyjs a kind ofmirror ofthe universe, which
rePresents the rest in accordance with (so to speak)its Point
ofview?just as thesanlecity P゛esell喘to a person who looks
at it fi-om varioussides,Pr(!jectiorls which are quite dimうrent.
  I I. But it must not be thought that, when l sPeak of a
mirror,l mean that external thingsarealways dePicted in
the organs and in thesoul itselfl For it is sumcient for the
exPression()f one thing in 211other that thereshould be a

177
certain constant re121tional law, by which Particulars in the
one can be refi2rred to corresPonding Particulars in the other.e
Thus,a cirdecanbe rePresented by an emPse (that is, an
oval cu“e)in a PersPccti゛a1 P「(t」ectiol15 and indeed by a
hyPerbola,which is most unlike it, and does not even return
uPon itself; fi)r to any poillt of the hyperbola a corresponding
Point ofthe circle ゛hich pl7(!jects the hyPerbolacanbe assigned
by the same constant law. From this it comes about that a
created soul necessarily has many confused PercePtions,
rePresenting an aggregation of innulnerable external things,
but it Perceives distinctly what is closeror nloreprominentタ
and accommodated to its organs.But since it also under-
standsreasons,the mind is not only a mirror of the created
universe,but is also an image of God. Bllt this belongs to
rational substances alone.
  12. From this it fo11ows that a simPle substance does not
come into existellce natuially(゛nless ゛ith the oligin of
things),nor can it cease to exist, but it always relllains the
same. For since it does not have Parts, it cannot suner dis'
golution; since it is thesourceof variations, it Proceeds in a
continuousseriesofchange;andsillcebyitso゛nnatureifisa
mirror of the universe, itno nlore ceases toexist than the
universe itselfl But if it should arrive at that state in which
it has PcrcePtions whicharealmost all confused, we call this
`death≒fi)r then a stuPor arises, as in a Profoulld sleeP or in
apoPle`y. But since natごe Fadllally u=avelscon丘1sions,
then that which we suPPose to be dcath cannot be PerPeula1.
But is is only rational substances which Preserve, not only
their individuality, but also their Personality, by retaining or
recovering consciousnessof themselves, so that they can be
citizens in the city of God, caPable of reward and punish-
ment・ ln them, thercらre,the kingdom of naulre serves the
kingdom of grace.f
  l3. 1ndeed l go伍rther, and l assert that not ollly thesoul
but also the animal itself lasts PerPetually, fi`om the vcry
beginning of things. For a soul is always elldo゛ed ゛ith an
organic body, so th21t it has that thlough ゛hich it IIlay l`ep'
resent the other e`ternal things in an ordel`1y way; alld so its
body can indeed be reduced to a great nneness, but cannot be

178    
utterly destroyed. And though it may be that the body con-
sists of a perPetual nll`5 alld it callnot be said that any Pal'ticle
of matter is constantly assigned to thesarne soul,yet an entire
organic bodycan neverbe given to or taken away fiom the
sou1.Hoxvever nluch the anilllal gl`o゛s at concePtion, yet it
had a seminal organism before it could be brought forth
through concePtionand could grow; and hoxvever nluch it
may diminish at death, yet once its skin has been cast, it
retains a subtle organism suPerior to all the fi)rcesof nature,
since it extends to innnity through rePeated subdivisions. For
since nature has been made by a most wise artincer, it is
everywhere orgallic within, and the organism of living things
is nothing other than a divine mechanism, increasing in
subtlety to infinity. Noonenttingly understands the works of
God unless he sumcientlyrecognises in them this fllct: that
the enect is the trace of its cause.

金曜日, 11月 16, 2012

福岡正信と老子

自然農法で世界的に知られる福岡正信(1913-2008)は老子の愛読者として知られる。
粘土団子はギリシアなどで成功を収めているらしい。




34. Control  

大道氾兮、其可左右。萬物恃之而生而不辭。功成不名有。愛養萬物而不爲主。常無欲、可名於小。萬物歸之而不爲主、可名爲大。是以聖人、終不自大、故能成其大。

 
大いなる「道」はすべて普及する。
そして、あちらへ、こちらへと行く。
万物はそこにとどまり、成長する。
そして、そこから閉め出されるものは何もない。
仕事を完成しても功績を求めない。
万物を養っても支配することはない。
意図をもたないから小さなものと呼ばれ、
万物がそれに向かっていても、それらを所有しないから、
大いなるものと呼ばれる。
だから、賢人は偉大になろうとしない。
ここから、その偉大さが達成されるのである。



27. Perfection

善行無轍迹。善言無瑕謫。善數不籌策。善閉無關鍵、而不可開。善結無繩約、而不可解。 是以聖人、常善救人、故無棄人。常善救物、故無棄物。是謂襲明。故善人者、不善人之師、不善人者、善人之資。不貴其師、不愛其資、雖智大迷。是謂要妙。

すぐれた行為者は痕跡(善であれ悪であれ)を残さない。
すぐれたことばを使う人は少しのきず(善であれ悪であれ)も残さない。
すぐれた計算者は計算器具を使わない。
門をとざすのにすぐれた者はかんぬきを使わないが、誰れもその戸は開くことはできない。
結ぶのにすぐれた者は縄を使わないが、誰れもそれをほどくことはできない。
このように賢人は人を救うのにすぐれており、だからどんな人も見捨てない。
彼はまた物を救うのにすぐれており、だから何物をも見捨てない。
これは明を洞察すると呼ばれる。
だから、善である者は善でない者の師であり、
善でないものは善であるものの源である。
善ある者をありがたく思わず、善なき者を大事にしないならば、
どんなに知恵があっても迷いがある。



37. Tranquillity

道常無為、而無不爲。侯王若能守之、萬物將自化。化而欲作、吾將鎮之以無名之樸。 無名之樸、夫亦將無欲。不欲以靜、天下將自定。

「道」は実在し、何事もしない。
だが、それによって為されるということはない。
もし統治者がそこにとどまるならば、あるゆるものは自然に変わるだろう。
もし変わる過程で意図があらわあれるならば、
名前のないもともとの非区別によって抑制するべきである。
名前のないもともとの非区別を経験すれば、意図のない状態があらわれる。
意図がなくなれば静かになり、天下は自然に安らかになるであろう。
 


 

・・・

福岡正信
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/cat_50073870.html?p=4

福岡正信。自然農法家。1913年愛媛県生。横浜の検疫所で働いていた時、山下公園を歩行中、「人間は、実はなにもしていない!」と悟り、それを実証すべ く職を辞し、帰農。彼の農法の特徴は、『不耕起、無除草、無肥料、無農薬』を実践すること。人為を排除した農法。「現代の老子」と評される

福岡正信(1913-2008年)。自然農法の創始者。アジアやアフリカ諸国では、国家予算をつけ、その農法を学ぶ国もあるほどだが、日本ではマイナーで ある。アジアのノーベル賞とされる「マグサイサイ賞」を受賞。著作としては「自然農法・わら一本の革命」、「自然に還る」など。愛媛県出身。

福岡正信。自然農法の創始者。「粘土団子」と呼ばれる、様々な種を百種類以上混ぜた団子によって、世界十数か国の砂漠緑化を試み、特に東南アジア諸国では 荒野をバナナ園などに変えた。1988年、ロックフェラー兄弟財団の出資で発足したフィリピンの「マグサイサイ賞」(アジアのノーベル賞)を受賞


・・・

自然農法への、きっかけ


福岡正信。岐阜高等農林学校(現岐阜大学応用生物科学部)卒。横浜税関の植物検査科に所属し研究に没頭していたが、急性肺炎にかかり死に直面すると、「こ の世には何もない」と悟り、仕事をやめ地元に戻り農業を始めた。「やらなくてもいい」ことを探す中、科学農法を否定し、自然農法を確立していった


・・・

自然農法


自然農法。1988年にアジアのノーベル賞とされるマグサイサイ賞を受賞した福岡正信が提唱。土そのものが持つ力や種の生命力を引き出す。人間と自然の関 係や社会のあり方についても問いを投げかけた。世界各国を奔走し砂漠化した大地を再生。その農法はインドやギリシャ、アフリカ諸国などに広まった

福岡正信の自然農法。①水田に苗を言えず、種もみを土の上にじかにまく。②化学肥料も農薬も一切使わず、代わりに、藁(わら)をまく。それで土地が肥え、 雑草を抑える。③最も特徴的なのが、稲を刈る前に、麦をまくこと。すると稲を刈った時、既に麦が生えているので、雑草が生える余地がない、という

福岡正信の自然農法。『不耕起(耕さない)、無肥料、無農薬、無除草』。『米麦連続不耕起直播』は、①稲を刈る前にクローバーの種を蒔き、②裸麦の種の粘 土団子を蒔き、③稲を刈ったら稲わらを振りまく。④麦を刈る前に稲籾の粘土団子を蒔き、⑤麦を刈ったら麦わらを振りまく、という栽培技術。


・・・

粘土団子


福岡正信の自然農法。「粘土団子」(ねんどだんご)。土に様々な種を加え、水を加えて練りこむ。果樹、野菜、クローバー、薬草など。この粘土団子を、農園 内の、どこにでも、まいて回る。粘土団子になっているため、スズメ等が喰わず、一雨降ると、水分で発芽して、根がおりる。だから、耕す必要がない

福岡正信の粘土団子。百種以上の種(たね)を混ぜる。「たくさんの種類をまいておけば、必ずどれかが成功する。種類を限定して、まいてはダメ。(人間の方 が)この土地には大根がよかろう、ここはカボチャがよかろうと判断してまくと、大きな発見ができない。こんなところに、ゴボウが生えるんか、と」


・・・

ソマリア等で砂漠の緑化


福岡正信。1985年、72歳でソマリアへ。自然農法を実践。「粘土団子」を使い、土地の改良や食料の増産に力を尽くした。この功績により、1988年、 アジアのノーベル賞と言われる「マグサイサイ賞」を受賞。「砂漠地帯へ行って、自分の自然農法が、役立つのか、役立たないのか、見てみたかった」


・・・

哲学・思想


「何もしないのが最高の農法になる。耕さない。雑草を抜かない。農薬も化学肥料も与えない。…人間の知恵と力は、全く役に立っていないということに、25 歳の春に気付いてしまった。…科学は無用で、無能。人間の一切の科学的知識が無駄に終わる、ということを証明しようとしているのだ。」 福岡正信

「革命というものは、この藁(わら)1本からでも起こせる。この藁は、軽くて小さい。だが人々は、この藁の重さを知らない。この藁の真価を、人々が知れ ば、人間革命が起こり、国家社会を動かす力となる。」 福岡正信(1913-2008年)。著書「自然農法 わら一本の革命」1983年、春秋社

「人間は灯火の下に事物を認め、手探りでそれを確かめ、一つの科学的真理を発掘したと驚喜。さらに新しい真理が次々発見されると期待。事実、発見が続出 し、人間社会は発展。だが科学的真理は、真の真理ではなかった。昨日の真理は今日の真理ではなく、今日の真理は明日は忘れ去られる運命」 福岡正信

『無3 自然農法』より

わら一本の革命 総括編(旧版)より


『無2 無の哲学』より

「我思う、ゆえに、そこにすでに我なし」                         
  福岡正信(1913年2月2日 - 2008年8月16日『無2 無の哲学』1985,春秋社、22頁)